ねずみ くん の チョッキ 折り紙。 「ねずみくんのチョッキ」のラストの結末が衝撃!内容のねらいと教育効果を調査!

ねずみくんのチョッキ(絵本)の対象年齢とあらすじは?感想も紹介!

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

おかあさんがあんでくれた赤いチョッキ。 「ぴったり にあうでしょう」 ねずみくんはうれしそうに言います。 いいチョッキです。 すると、あひるくんがやってきて言うのです。 「ちょっと きせてよ」 そうやってあひるくんがチョッキを着ていると、今度はさるくんが言います。 「ちょっと きせてよ」 さらにあしかくん、ライオンくん・・・・次々に動物がやってきてねずみくんの赤いチョッキを着るのです。 あれれ、チョッキはだいじょうぶなのかな? 小さくて可愛いねずみくんの、ちょっぴり自慢気な表情から始まるこの絵本。 「ねずみくんのチョッキをきる」というくり返しだけなのに、姿も大きさも違う個性的な動物たちが登場するたびに子どもたちはドキドキしながら次のページを見守ります。 みんなチョッキがきれてうれしそう。 でも、なんかちょっとへん? ねずみくんの大切な赤いチョッキ、最後はどうなっちゃうのかな? 『ねずみくんのチョッキ』は1974年に誕生して以来、ずっと子どもたちに愛されて続けているロングセラー絵本です。 緑色のわくに囲まれた画面、モノクロで描かれたねずみくんや動物たち、絵を見ているだけでも伝わってくるストーリー、そして予測のつかない最後の場面。 どの部分をとっても印象的なので、記憶に残っているお父さんやお母さんも多いでしょうね。 ユーモアと優しさにあふれた「ねずみくんの絵本」の世界。 この後もたくさんの続刊が出ています。 絵本をひらけばいつでもそこにいるねずみくん、子どもたちみんなのおともだちですね。 そこへ動物たちがやってきて、「ちょっときせてよ」とつぎつぎにチョッキを着ていきます。 1974年の出版以来、読みつがれているロングセラー。 やさしさあふれるねずみくんの世界は、こどもたちから大人まで愛されています。 動物たちの個性をいかして描かれたユーモアのある展開には、ちいさくても大切なものがあるんだよとメッセージが込められています。 この本が愛読書だったこどもがお父さん、お母さんになって、今度は自分のこどもに読み聞かせている、という素敵なエピソードも数多く聞かれます。 愛されつづけるねずみくんと、おともだちになってみませんか? 子どものころよく読みました。 大人気のわけがわかります。 背景があるわけでもない、 動物が勢ぞろいするわけでもない、 余白があるからこそ、 シンプルだからこそ、表情や動きが生きています。 言葉も簡単なやり取りの繰り返しなのですが、 それぞれの動物の表情がとても良いです。 「すこしきついがにあうかな?」 と言っている時の顔と言ったら…。 息子が1歳3カ月の時に読んでいたら、 教えた訳でもないのにいつのまにやら そのセリフの時には肩を張って 同じような体勢、 表情をしていて大笑いしました。 もうすこし大きくなったら劇あそびにしても おもしろそうです。 (空色のかわうそさん 30代・ママ 1歳).

次の

「ねずみくんのチョッキ」のラストの結末が衝撃!内容のねらいと教育効果を調査!

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

ねずみくんのチョッキとは? ねずみくんのチョッキは、なかえよしを作・上野紀子絵により1974年に発表した絵本。 この話が人気を博し、「ねずみくん」シリーズは約50冊の絵本が出ています。 あらすじは? 「おかあさんが編んでくれたぼくのチョッキピッタリ似合うでしょう?」というねずみくん。 鳥(あひる?)が出てきて「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」と言われ「うん」と承諾するねずみくん。 今度は鳥が「少しきついが似合うかな?」とポーズをとります。 そこへサルもやってきて、「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」「うん」…そうしてオットセイ、ライオン、ウマ、そしてゾウも次々と試着。 ゾウが着て伸び伸びになったチョッキをみて「うわーぼくのチョッキだ!」と叫ぶねずみくん。 ラストは伸び伸びになったチョッキを着てしょげるねずみくんの後ろ姿で終わります。 対象年齢は? ポプラ社のホームページによると、主な対象年齢は 3歳・4歳・5歳とされています。 しかし非常にシンプルなストーリーなので、2歳のわが子も理解していたので、2歳から楽しめると思います! 感想は? 我が子に読んだ感想は以下のとおり。 (それぞれポーズするのを見て)似合わなーい! といった具合。 割とチョッキが伸びていくのがかわいそう、というのがあるみたいで、4歳児は当初はこわごわ見ていました。 しかし、回を重ねるごとに、「ちょっと貸して」「似合うかな?」の何度も反復する展開を覚え、「次はライオンが着るよね」と次のページを言ったり、何度も楽しんでいました。 2歳児もカンタンなストーリー、しかも絵も登場人物だけのシンプルなものでよく理解して楽しんでいました。 6歳・8歳は救いを求めていましたが(笑)、エピローグのような最後のページの小枠でねずみくんがチョッキをブランコにしてゾウと遊んでいたので、少しは気が晴れた模様。 ちなみに私は… すごく話も絵もシンプル。 絵が鉛筆画かな?だけどチョッキは赤に塗ってあって、コントラストもいい と思いました。 「ねずみくん」シリーズは夫妻で制作? この本を制作したなかえよしを氏・上野紀子氏はご夫婦です。 「ねずみくんのチョッキ」は前作がアメリカで発刊された絵本「ゾウのボタン」に続いて、大きなゾウに対して小さなねずみを主人公にした話として生み出されました。 夫妻の秘話は以下ページも参照ください。 ねずみくんの他のメディアは? DVDはこちら。 (楽天) ねずみくんのグッズは? 長年愛されるこの作品、子どものころに読んだという人が親になってわが子に与えたり、根強い人気です。 グッズも様々に出ています。 (楽天) ループタオル (楽天) 生地 小物入れキーホルダー (絵本ナビ) ソックス (絵本ナビ) どれも可愛いですね!.

次の

全ページ読める|ねずみくんのチョッキ|絵本ナビ : なかえ よしを,上野 紀子 みんなの声・通販

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

ママとは、ずっと、おともだちでした。 「おかあさんが あんでくれた ぼくの チョッキ。 ぴったり にあうでしょう」と得意げなねずみくん。 ところが、「ちょっときせてよ」とどんどん仲間がやってきて…… 『ねずみくんのチョッキ』が出版されて、今年 2014年 で40年。 刊行当時は、「しゃれているけど、子どもにはむずかしいのでは」という声もありましたが、子どもたちは、広い画面の中で自由に想像をふくらませ、大好きになってくれました。 この一冊からねずみくんは、累計500万部をかぞえる人気シリーズの主人公に。 最初の読者は、大人になってしまったけれど、ねずみくんはやっぱりねずみくんのまま。 小さなからだで、一生懸命がんばるねずみくんに、くすっと笑ったり、共感したり、元気や勇気をもらったり……。 世代をこえて愛される、ずっと かわらないおともだちです。 1975年講談社出版文化賞絵本賞 「よい絵本」選定図書受賞 おかあさんがあんでくれた、かわいいチョッキ。 あらあら、チョッキがどんどんのびて……。

次の