意味 が 分かる と 怖い 話 マイクラ。 【マイクラ】意味が分かると怖い話「ワケがわからないよ」解説

意味がわかると怖い話・解説付き「母の愛情」

意味 が 分かる と 怖い 話 マイクラ

視線 こないだ、帰り道にお腹を壊してしまって、 普段は絶対入らないような、公園の公衆トイレに入った時の話。 私、綺麗なトイレじゃないと嫌なんだけど、 その時は、我慢出来ずに仕方なく駆け込みました。 無事に用を足して立ち上がると、不意に背後から視線を感じました。 ふと後ろのドアの方を見ると、トイレの床から約5センチの隙間から覗かれてたんです! 男性の目が、そこに2つ横に並んで私をジッと見てました。 つまり一部始終を見られたってこと。 あーー最悪。 とにかくその時は、もう恐怖と動揺で頭がパニックになって、 震えが止まらなかったです。 他の誰かがトイレに入って来るまで外に出られませんでした。 変態には、みなさんも気をつけて下さいね。 加奈ちゃん 加奈ちゃんという女の子がいました。 加奈ちゃんのおじいちゃんは、病気で入院しており、もう先が長くないそう。 病院にお見舞いに行った加奈ちゃんは、悲しそうな顔で「おじいちゃんいなくなるの?」と聞きました。 するとおじいちゃんは、「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」と言いました。 加奈ちゃんはそれを聞いて、泣きながら「うん…でも死んじゃいやだよ」とつぶやきました。 その後加奈ちゃんは家に帰ることになり、その次の日に、おじいちゃんは帰らぬ人となりました。 1ヶ月後、とある記事が新聞の隅に載りました。 「一家心中、動機は全くの不明。 女の子の名前は斎藤加奈ちゃん」.

次の

【マイクラ】意味が分かると怖い話「デスノート」

意味 が 分かる と 怖い 話 マイクラ

意味が分かると怖い話35:【誘拐】 「娘を誘拐した!今すぐ一億円を用意しろ!さもなければ娘がどうなっても知らないぞ」 誘拐犯から電話が掛かってきたのは昨晩だった。 電話を受けた私と妻はあわてた。 とりあえず警察に電話をする。 直ぐに警察はやってきて自宅の電話に逆探知器がセットされ次の犯人からの接触を待った。 「娘さんはどんな感じのお嬢さんですか?」 警察官に聞かれた。 「恥ずかしながら、手の付けられない不良娘なんです」 私は答えた。 隣で妻がすすり泣いている。 「不良娘で、毎日毎日遊び歩いていて私たちにも暴力を振るうんです。 でも本当はいい子なんです」 妻が涙目で訴える。 「一応聞くのですが変な薬とか売春とかはしてないですよね」 「覚せい剤はやっているかも知れません。 注射器を見たことがあります」 「そうですか…」 警察官がため息をつく。 「売春は?」 「それはわかりませんが何人もの男をとっかえひっかえしています。 入れ墨の入ったヤクザみたいなのばかりです。 私は娘の相手に殴られたこともあります」 「では犯罪歴は?逮捕されたことあります?」 「鑑別所と少年院に入っていたことがあります」 その時犯人から電話が掛かってきた。 「警部!犯人からです」 一瞬にして緊張が走った。 電話から犯人の声が流れてくる。 「金は用意できたんだろうな?」 「すぐに一億なんて無理だ」 私が答える。 「そんな悠長なこと言ってると娘を送り返すぞ」 「それだけは…」 妻が横で泣き叫んだ。 「せっかくいなくなったのに」 覚せい剤やってるしお父さんを殴る様なヤクザと付き合ってるし、マジでお母さんが言うようにいなくなってくれて良かった感じなんだろうな。 寂しいけど仕方がないな。 それが現実だしあんたがやってきたことの積み重ねだもんね セコムって会社の調べによると日本の年間での誘拐事件(警察で認知している数)は100件から300件の間で推移しているらしい。 多い日は1日1件くらいで誘拐事件が起きていることになる。 この数が多いのか少ないのかは、受け止める人によって変わってくるんだろうけど、私には少なくとも「怖い数」には感じられる。 意味が分かると怖い話でも誘拐事件はたくさん登場して笑いのネタにしているけど、笑い話じゃない深刻な事件に発展していることもある。 また日本全国で少女たちが大量に蒸発しているという都市伝説の噂もある。 どうやらSNSで誘惑されて・・・という事らしいのだが。 Scary-Story. net編集部:青鬼.

次の

マイクラ】意味が分かると怖い話「隣人がヤバいやつ」

意味 が 分かる と 怖い 話 マイクラ

意味がわかると怖い話 サイコパスな隣人 隣の家庭からよく怒鳴り声が聞こえてくる。 「お母さん、お母さん!」 「うるさいなっ!!」 隣には、母親と4~5歳くらいの女の子が住んでいる。 「お母さん・・・お腹すいた。 」 「さっきから、うるさい!もう、いい加減にしてよ!」 「え?お母さん?怖いよ・・・ギャー、んーんーんー・・・」 なに今の会話? 隣の声が聞こえてしまっただけなのだけれど、今の会話は不思議を通り越して恐怖さえ感じるほどだった。 さすがに心配になり、隣の家を訪ねることにした。 インターホンを押す。 ピンポーン 「・・・・はーい・・・」 中からは母親の女性と、少し奥に厚めのマスクをした女の子が泣きながら立っていた。 あ、女の子が殺されたわけではなかったのか・・・ 少し安心する。 「あ、あの。 今さっき、大きな音が聞こえたものですから、気になってしまって。 」 「あ、それはご心配おかけしました。 大丈夫ですので、お気になさらずに。 」 うーん、気のせいだったのか? でも、なんだか嫌な予感もするんだよな。 母親の女性は、手には針を糸を持っていて、手が血まみれだったのだ・・・・ 解説 子供のことをあまりにうるさく感じた母親は、子供の口を針で縫ってしまったのだ。 マスクをつけていたのは、縫った口を隠すためのものだったのだ・・・・.

次の