吉 高 由里子 ドラマ。 吉高由里子のドラマ「正義のセ」の衣装その他のファッション小物をチェック!

【知らなくていいコト 吉高由里子ドラマ衣装】コートやバッグ・ブラウスなどお洋服のブランドは?

吉 高 由里子 ドラマ

主演のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)の初回が1月8日に放送。 インターネット上では、怒涛の展開に注目が集まった。 週刊誌編集部を舞台に、主人公の記者・真壁ケイト(吉高)が、出生の秘密に人生を狂わされながらも、働く女性としても人としても成長していく、お仕事系ヒューマンドラマ。 週刊イーストの特集班記者・ケイトは、仕事に恋に充実した日々を過ごしていた。 そんな中、映画翻訳家で、ハリウッドスターが来日する際は通訳としても活躍していたケイトの母・杏南(秋吉久美子)が突然亡くなってしまう。 死の直前、杏南は、ケイトに向かって「言っておきたいことがある。 ケイちゃんのお父さんはキアヌ・リーブス……」と告げる。 葬儀の後、彼女の書斎からキアヌと杏南のツーショット写真を発見。 2人の出会いから計算すると、彼女が生まれてもおかしくない状況だった。 忌引き後、仕事復帰をしたケイトは、ネットで出会った架空の男に恋をして大金を貢ぐ、茶道教室の先生・多賀笑子(倍賞美津子)のもとへ潜入取材を試みる。 自分のプライベートを明かしつつ「先生も愛をお求めになられますか?」とエサをまいても、どこまでも凛としている笑子。 手ごわい彼女に取材は難航を極めた。 そんな中、アラスカ取材から帰国したカメラマンで元カレの尾高由一郎(柄本佑)が自宅に線香をあげにやって来た。 彼は杏南の遺影を撮影しており、その時に撮った親子写真をケイトにプレゼント。 ケイトは「よく撮れている」と感動した後、キアヌとの一件を報告した。 キアヌとの関係をどこか疑っていたケイトに対して「きっとそうだよ。 素敵な話じゃないか」と、尾高はどこまでも否定しなかった。 後日、杏南の書斎で指輪を見つけたケイト。 自分の父親は、キアヌではなく、ノトアという人物なのではないかと考えたケイトは、早速ネット検索を試みる。 すると、ノトアが殺人を犯していたことを知る。 その後、尾高とノトアに接点があることもわかり、彼に関する重要なことを隠しているのではないかと尾高に詰め寄るが、はぐらかされてしまう。 また彼氏・野中春樹(重岡大毅・ジャニーズWEST)にも父のことを打ち明けたケイト。 ネット上では、「予想外に深刻な展開だった」「こんなに謎がある展開のお話だと思ってなかったわ?! 」「どこまでが本当なのか、実父にまだ何かが隠されている気がする……」さらに、「元カレ尾高さん優しい男だと思ってたら何やら怪しい感じだし別れた理由も気になるし……?? 」「尾高さんどう関係してるんだろ?? 」と次回以降の展開に期待を寄せる声や、謎が深まるノトアと尾高の関係に興味を示す声もあった。 そして、「母親が最後に残した言葉。 実は殺人犯の娘だった……? これがタイトル回収なのかな〜思ってたより闇深くて見応えあるかも」「週刊誌編集部が舞台のドラマタイトルが『知らなくていいコト』なのがじわってきてる」、また野中のプロポーズから婚約破棄までの衝撃的な展開に「結婚しようと言った後になんらかの知らなくていいコトを聞いてしまい、次の日には会社も休み、結婚はなかったことにしようと言った」など番組タイトルである『知らなくていいコト』に反応する声も。 外部サイト.

次の

吉高由里子|出演ドラマ、映画一覧 おすすめ5選。

吉 高 由里子 ドラマ

女優の吉高由里子さんが、2020年1月8日スタートの日本テレビの新水曜ドラマ「知らなくていいコト」(水曜午後10時)に主演することが12月2日、わかった。 脚本家の大石静さんが描くお仕事系ヒューマンドラマで、吉高さんは、世の真実を暴く立場でありながら、自身の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる。 吉高さんは、「これまでの水曜10時のドラマとは、またひと味違った作品になりそうな予感がしています。 ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(同局系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石さんのオリジナル脚本。 週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者・真壁ケイト(吉高さん)は、自信家ながらも母譲りのウケの良さと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。 そんなある日、シングルマザーとして、ケイトを育てあげた母が急死してしまう。 最期の言葉として、母は、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前を告げる。 それは、誰もが知るハリウッドスターの名前だった。 自分の出生の謎と父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリーが展開する。 吉高さん演じるケイトは、映画評論家で字幕翻訳の第一人者・真壁杏南の一人娘。 戸籍に父の名前はなかったが、華やかに社会で活躍する母を、ケイトは誇りに思い、尊敬もしており、父がいなくてもコンプレックスを感じたことはなかった。 ほどほどの私立大学に行き、大学の成績もほどほどだったが、卒業後、難関の東源出版に就職し、週刊誌の編集者として懸命に働いている……という設定。 1話完結で、毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、ケイトが記者としてだけではなく、人として成長する姿を描いていく。 これまで取材される側だったのが取材する側に立つので、最近はよくニュースを見るようになったり、ニュースを受け取る側の気持ちを考えたりするようになりました。 プロデューサーも監督も初めての方ばかりなので、新しいところに飛び込んでいく不安もありますが、また新たな景色を見ることができるという期待のほうが、今は膨らんできています。 これまでの水曜10時のドラマとは、またひと味違った作品になりそうな予感がしています。 ぜひ楽しみにしていてください。 時にトリッキーにさえ見えるヒロインではありますが、その猪突猛進力、絶望からの回復力、想い全開力が、視聴者の皆様の日頃の憂さを、爽快に吹き飛ばしてくれることを願って書いています。 またヒロインと共に、週刊誌の使命、マスコミの使命とは何かを考えてみたいとも思っています。 キャリアウーマンとしてのリアリティーはあるけれど、正直、愛されヒロインになるのか心配だった部分もあります。 でも吉高由里子さんご本人にお会いした瞬間、その不安は吹き飛びました。 「家売るオンナ」シリーズでご一緒した大石静先生には全幅の信頼を寄せています。 勢いのあるストーリー展開、ドキッとするような鋭い台詞たち。 さすがの一言です。 何はともあれ、1話を見てください。 テレビの前のお客さんがどんな気持ちになるのか……今からドキドキしています。

次の

わたし定時で帰ります衣装【吉高由里子】服やバッグのブランドは?

吉 高 由里子 ドラマ

経歴 高校1年生の時にで買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。 スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。 女優に対する憧れはまったくなかったとのこと。 その後、当初の所属事務所ウィルコーポレーションがされたことにより、アミューズ所属となった。 、映画『』でデビューし 、第28回最優秀新人賞を受賞。 9月に交通事故に遭って顎の骨を折る重傷となり入院した。 オーディションで『』の主演が決まった数日後のことだった。 同作ではデビュー以来初のヌードを披露し 、新人俳優賞、新人賞などを受賞し 、ブレイクを果たす。 10月期、系ドラマ『』のヒロインに抜擢される。 7月期、系『』で地上波連続ドラマ初主演。 に出演した映画『』で第68回女優助演賞などを受賞。 4月期でフジテレビ系ドラマ『』の第2シーズンのヒロインを演じる。 4月期、『』ではオーディションなしでヒロイン役に抜擢され 、同年放送の『』で紅組司会を務めた。 、『大逆走』で舞台に初挑戦 した。 ドラマ『花子とアン』出演時には、主役のモデルとなったが右利きのために、普段の食事も右手で箸を持つように変えた。 焼肉店やディスカウントショップでアルバイトをしていたこともある。 また、コンビニエンスストアで働いた事もある。 女優としての転機となった出来事として2007年、映画『蛇にピアス』の撮影直前に起きた交通事故だと答えている。 このことについて吉高は「死も覚悟したその事故を通して、仕事が無くふてくされていた自分が、いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」と振り返っている。 別のインタビューでも「あの頃の私は人間的にとんがっていたし、人に感謝することも知りませんでした。 お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、ああいう事故の経験が与えられたんだと思います」と語っている。 役が決まるたびにもう数年後には女優を続けていないのではないかと思うほど、深く悩むと語っている。 2009年からファッション雑誌にて、『吉高補完計画』に出演。 その中でアート分野に挑戦する企画があり、12月号までの時点で「連載史上、一番難しかった」のは押し花だと語っている。 2010年3月にの「世界的に名前は知られていないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれている。 趣味・特技・嗜好 趣味は絵を描くこと 、音楽鑑賞。 好きな女優は で、「あんな風にキレイに大人になっていきたい」と語っている。 好きな料理は肉と魚。 好きな色は、黒色や濃い紫色。 好きな映画はの作品。 中でも『』が好き。 とを自在に操れる。 父親は広島の出身。 交友 は、4月6日に娘(カーカ・当時小2)が通う小学校に用事があった際、新入生のお世話をする吉高由里子(当時小6)をたまたま見かけ、彼女の振る舞いに一目惚れ。 その後彼女を探し「写真を撮らせて欲しい」と手紙を送り、家の前や近所の公園で写真を撮らせてもらった。 その時の写真は詩集「バイバイまたね」に掲載された。 その後芸能界で活躍した吉高が当時の少女だとは、友達に教えてもらうまで気づかなかった。 とは『』で共演する以前から親交があり 、互いに「由里子」「コウちゃん」と呼び合っている。 他には同作の映画版『』で共演したとも仲が良く、互いに「由里ちゃん」「杏ちゃん」と呼び合っている。 司会を務めたを迎える特別番組にて、の子供やの子供と同級生であることを明かした。 「SEVEN ROOMS」(2005年3月19日公開) - ROOM7の女 役• (2006年9月23日公開) - 島原ユカ 役• (2007年3月17日公開) - 瀬田 役• 第6話 ざんげの値打ちもない(2007年5月12日公開) - 少女 役• (2007年11月10日公開) - ふふみ 役• 「イタリアの歌」(2008年1月26日公開) - 咲子 役• (2008年5月31日公開) - ミエ(22世紀の学生) 役• (2008年7月26日公開) - 花井恭子 役• (2008年9月20日公開) - ルイ 役• (2009年5月23日公開) - 夏子 役• (2009年10月10日公開) - 石田裕美 役• (2010年1月23日公開) - 椚しず子 役• (2011年1月29日公開) - 小島多恵 役• (2011年4月1日公開) - 池下チエ 役• GANTZ PERFECT ANSWER(2011年4月23日公開) - 小島多恵 役• (2011年9月10日公開) - 近藤恵 役• 「kamome」(2011年10月22日公開)• (2011年11月5日公開) - 石田裕美 役• (2012年1月14日公開) - 佐々木葉子 役• (2012年1月14日公開) - ミキ 役• 前篇(2012年3月17日公開)・後篇(2012年4月21日公開) - 高橋七美 役• (2013年2月23日公開) - 与謝野祥子 役• (2013年6月29日公開) - 岸谷美砂 役• (2017年9月23日公開) - 美紗子 役• (2018年8月24日公開) - ヒロイン・橘沙穂 役• (2020年公開予定)- 柏木明香里 役 テレビドラマ• 第6話(2006年2月、) - 真弓 役• (2006年5月、) - 青木美春(高校時代) 役• 第2話(2006年7月、テレビ朝日) - 園田ゆかり 役• (2006年、) - 中村美香 役• 今夜もワンダフルバーで3(2007年8月、〔ローカル〕) - 小日向結花 役• 第8話(2007年6月、TBS)• (2007年10月2日、) - 中里 役• (2008年1月 - 3月、) - 宵町しのぶ 役• 第4回・第12回(2008年、) - 於哲 役• (2008年3月 - 4月、WOWOW) - 紺野美雪 役• (2008年7月 - 9月、フジテレビ) - 屋嶋灯里 役• (2008年10月 - 12月、) - 柏葉ミカ 役• (2008年10月11日、フジテレビ) - B子 役• 吉高由里子20歳、奈良着。 〜小さな恋のお手伝い〜(2008年12月14日、関西テレビ〔ローカル〕)• (2009年1月 - 3月、TBS) - 早川海里 役• 血ぬられた旅館(2009年2月3日、関西テレビ) - 安田萌 役• (2009年4月 - 6月、関西テレビ) - 西田栞 役• 第5話(2009年8月1日、日本テレビ) - 祖師谷グリコ 役• コイシグレ〜恋はときどき泪が出る〜(2009年9月、フジテレビ) - 朗読、PV出演• (2009年10月 - 12月、フジテレビ) - 松永由岐 役• (2010年7月 - 8月、WOWOW) - 三姉妹 役• (2010年7月 - 9月、日本テレビ) - 峰岸美丘 役• (2011年10月 - 12月、フジテレビ) - 小倉咲 役• ヴァンパイア検事2(2012年9月 - 11月、) - ルナ 役• (2013年4月 - 6月、フジテレビ) - 岸谷美砂 役• ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)(2013年6月22日) - 岸谷美砂 役• (2014年3月31日 - 9月27日、NHK) - 役• スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、)• (2017年1月18日 - 3月22日、日本テレビ) - 鎌田倫子 役• (2018年4月11日 - 6月13日、日本テレビ) - 竹村凜々子 役• 2019年4月16日 - 6月25日、TBS) - 東山結衣 役• (2020年1月8日 - 3月11日 、日本テレビ) - 真壁ケイト 役 舞台• 大逆走(2015年10月9日 - 11月1日、) - 佐久間道子 役• レディエント・バーミン(2016年7月12日 - 7月31日、) - ジル 役 WEBドラマ• 性病先生(2006年3月20日 - 2006年5月、) - 水口さとみ 役• 「woh woh」(2009年1月26日 - 2009年2月、FUJIPACIFIC MUSIC) - 瞳 役• 婚前特急-ジンセイは17から-(2009年9月7日 - 28日、 ドラマ) - 池下チエ 役• 婚前特急-ジンセイやっぱ21から-(2011年1月、au LISMOドラマ) - 池下チエ 役• 婚前特急-結婚まであと117日-(2011年9月2日 - 9月30日、全5話、au LISMOドラマ) - 池下チエ 役 テレビアニメ• (2009年1月、フジテレビ) - ヴァネッサ・リー 役 CM• (2004年)• ウェブCM『帰宅』篇(2004年 - 2005年)• ポスター(2005年)• 企業CM(2006年)• プレス発表会用PV(2006年)• 『四つ葉のクローバー』篇(2006年)• (2006年)• グループ(2006年)• チキンフィレサンド『Let's フィレサンド』篇(2007年)• 『クリエイターズ』篇• タフマン• いちごミルフィーユパフェ『ゆびさし篇』(2009年)• ハーバルクリア(2009年)• 『OK牧場』篇• 『鏡(似てる)』篇• 『ワンピース』篇• 『トークLIVE IN ラクティス! 』篇(2009年) と共演• (2010年 - )• 『ガールズミルフィーユ』篇(2010年)• 『パナップいかがですか』篇(2016年)• (2010年)• ナビゲーター(2011年)• (2011年)• (2011年)• (2011年)• 『恋するレーベル 101回目のプロポーズ』篇• 『恋するレーベル ビューティフルライフ』篇• 江崎グリコ『みんなに笑顔を届けたい。 冬』篇(2012年)• 「トヨタレンタカー」(2012年)、、、と共演。 『秩父さんぽ旅』篇(2013年)• 『デビュー』篇(2013年)• 江崎グリコ• 『チーザの妖精』篇(2014年)• 『ハイ、チーザッ! 』篇(2013年)• ネイチャーラボ モイスト・ダイアン オイルシャンプー• 『温泉旅行(ダメージ)』篇(2014年)• 『温泉旅行(ふわつや)』篇(2014年)• 『モイスト&リペア』篇(2013年)• 『ボリューム&スカルプ』篇(2013年)• (2010年 - )• エクストラ、トリスウイスキー ハイボール缶(2010年)• 『OPENトリスバー』篇(2014年)• トリスクラシック 『君とトリスといつまでも』篇(2017年)• 「いくぞ、ミライ」(2014年 - )• 「鍋キューブ」(2016年9月23日 - )• 「ソフランアロマリッチ」(2018年 - )• 江崎グリコ• 『プチリセット』篇(2018年6月1日 - )• (2018年 - )• 食べログる彼女(後輩)篇・食べログる彼女(友達)篇(2018年11月24日 - ) PV• アナ「WEST」• 「」(2008年2月20日)• 「」 CD• 「みんな頑張りすぎないで」というセリフを担当(2011年) ドキュメンタリー• 吉高由里子 ロンドンの6日間 -マクベスに挑んだわたし-(2011年10月4日、BSプレミアム) 書籍 写真集• 吉高由里子写真集(撮影:橋本雅司、、2008年9月1日、) フォトエッセイ• 吉高由里子のあいうえお(著:吉高由里子、写真撮影:、リトルモア、2008年9月1日、) 受賞歴 映画• 2006年度• 第28回 最優秀新人賞(『』)• 2008年度• 第23回 最優秀助演女優賞(『』)• 新人賞(『』)• 新人俳優賞(『蛇にピアス』)• 第18回 新人賞(『蛇にピアス』)• 2011年度• 第33回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『』)• 2013年度• 第5回 最優秀女優賞(『』、『』)• 女優助演賞(『横道世之介』)• 2017年度• 優秀主演女優賞(『』) テレビ• 2013年度• 第77回 助演女優賞(『』)• 2014年度• 第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』)• 2019年度• 第16回 主演女優賞(『』)• 第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『わたし、定時で帰ります。 』) その他• 2012年 新人賞 脚注 []• 日本タレント名鑑. VIP TIMES. 2015年5月23日閲覧。 Smart ザ・テレビジョン. 2016年9月12日閲覧。 アミューズオフィシャルサイト. AMUSE INC. 2016年9月9日閲覧。 2015年2月13日閲覧。 産経新聞. 2006年9月23日. の2015年1月8日時点におけるアーカイブ。 2016年9月9日閲覧。 Livedoor News. 2016年9月9日閲覧。 SANSPO. COM. 2016年9月9日閲覧。 産経ニュース 2009年11月15日. 2009年11月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年9月9日閲覧。 ドラマのヒロイン役としてはこの作品が初めてだが、レギュラー出演としては7月期の『』が初めてである。 2014年1月21日. 2016年9月9日閲覧。 スポーツ報知 2015年6月15日. 2015年6月15日閲覧。 2014年4月17日. 2016年9月9日閲覧。 太田出版 2011年10月12日. 2014年5月3日閲覧。 双葉社. 2012年11月12日. CNN Travel Cable News Network. 2010年3月25日. 毎日新聞. 2009年9月10日. 、2005年9月2日号140頁• 朝日新聞デジタル. 2011年8月3日. 2014年5月3日閲覧。 スポーツニッポン. 2011年8月3日. 2014年5月3日閲覧。 銀色夏生日記「つれづれノート」より• 「柴咲コウofficial Blog(2013年8月17日付)」より• オリコン. 2014年3月18日. 2017年3月15日閲覧。 ニュース. 2014年12月29日. com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2017年7月24日. 2017年7月24日閲覧。 とW主演。 シネマトゥデイ. 2019年10月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2013年6月25日. 2013年6月25日閲覧。 コミックナタリー 2016年9月8日. 2016年9月8日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2018年1月22日. 2018年1月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年1月24日. 2019年2月19日閲覧。 2019年12月2日. 2019年12月4日閲覧。 MANTANWEB. 2016年3月16日. 2016年3月16日閲覧。 サントリー. 2014年8月26日. 2014年8月26日閲覧。 マイナビニュース. 2014 年10月24日. 2014年10月26日閲覧。 PR TIMES. 2018年11月21日. 2019年3月3日閲覧。 2012年1月2日参照• 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM. 2013年10月14日閲覧。 中山雄一朗、(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。 2018年3月3日閲覧。 「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」『関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、、 6-10頁。 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会、2012年1月26日参照。 外部リンク•

次の