今はレイワ何年。 令和×年に「018(レイワ)」を足すと...西暦になる! 覚えやすすぎる換算法が早くも発見: J

レイワのアリス

今はレイワ何年

大阪の「新築・築浅」をお探しならこちらをご覧ください。 新しい物件は最新の設備が充実しており、セキュリティーも整い安心して暮らせます。 こちらの特集には分譲・タワー・デザイナーズなどの「ラグジュアリー」なマンションを豊富にご用意しました。 ご自身のスタイルに合った新生活を始めませんか? レイワ不動産おすすめのペットと暮らせる物件は、こちらの特集をご覧になって下さい。 気兼ねなくワンちゃん・ネコちゃんと楽しく暮らせるお部屋を取り揃えました。 ひとり暮らしのお引越しをお考えの皆様は、こちらの「ひとりで暮らす特集」で最適なお部屋をお探し下さい。 ワンルームから1LDKまで幅広くご用意いたしました。 ご家族でのお引越しはこちらの「家族と暮らす特集」から希望に合った物件をお探し下さい。 様々な物件を大阪市内中心にご用意いたします。 この度は、「株式会社レイワ不動産」のホームページをご覧いただきありがとうございます。 弊社は不動産賃貸業に特化し、お客様にとって「より最適な物件」の「情報収集」を日々行ない、可能な限りホームページやスーモ・ホームズなどのポータルサイトへ随時、情報発信を行なっています。 この「情報収集」とは、新しい物件を仕入れるだけではなく、同時に契約済み物件の確認作業も行なっており、閲覧いただいた物件が常に「空室」であることを「社内目標」として日々の業務に取り組んでいます。 お客様の中には、気になる物件があり不動産会社に来店したが、物件を「内覧」することすら出来なかった。 と言った経験はございませんでしたか? 不動産会社の中には、意図的に「空室」でない物件を常時掲載していたり、実際には契約をする意向のない物件を掲載していたり、中には架空の物件の掲載をしたりと、さまざまな不動産会社がございます。 弊社はこのような、お客様にとって不利益となる情報発信を「最小限」に留めるべく日々、「情報収集」を行なっています。 では何故「最小限」と表現しているかと申しますと、既にお気付きのお客様もいらっしゃるかと存じますが、賃貸マンションの特性上、昨日「空室」でも、極端ですが1時間前には「空室」だったのに、ご来店時には他から入居申込みが入り貸主(管理会社)から内覧をお断りされるといったケースや、内覧は可能ですがあくまでも2番目といった対応となる可能性がある為に、「最小限」という表現とさせていただきました。 但し、「社内目標」といたしましては、閲覧いただいた物件が常に「空室」であることを目指している不動産会社だと、ご理解下されば幸いでございます。 また、ホームページやポータルサイトへの情報発信を禁止されている「未公開物件」も多数ご用意しています。 ご来店の際にはお問合せの物件はもちろん、インターネットに掲載されていない「未公開物件」もお時間の許す限りご提案させていただき、お客様にとって「より最適な物件」のご紹介をお約束いたします。 弊社は、浪速区・東成区・天王寺区・中央区・西区・西成区・都島区・城東区・生野区をメインとしていますが、あらゆる地域にネットワークを構築していますので、大阪市内はもちろん、東大阪市・堺市・吹田市など大阪府下も地元不動産会社に負けない物件情報を準備しています。 どちらの地域でも喜んで「より最適な物件」をお探しいたします。 入居条件(ペット・保証人・初期費用・入居審査・福祉・外国籍・LGBT フレンドリーなど)も何なりとご相談下さい。 すべてのお客様のご要望に対して最大限お応え出来るよう精一杯努めさせていただきます。 遠方で大阪に行く時間がないといったお客様もご安心下さい。 弊社は「VR 内覧」機能を採用しています。 多くのお客様から「すごく臨場感がある」「実際にお部屋の中に居るみたい」と大変好評をいただいています。 弊社の社員は全員が大阪出身者ですので、お探し地域の施設・環境も他府県出身者とは一味違った正確な情報提供をさせていただきます。 大阪の不動産賃貸業のご用命は「株式会社レイワ不動産」にすべてお任せ下さい。 お客様との出会いを大切に・・・過去から未来へのお部屋探しをご提案いたします。 エリア 駅 市区町村選択 指定なし 大阪市都島区 大阪市福島区 大阪市此花区 大阪市西区 大阪市港区 大阪市大正区 大阪市天王寺区 大阪市浪速区 大阪市西淀川区 大阪市東淀川区 大阪市東成区 大阪市生野区 大阪市旭区 大阪市城東区 大阪市阿倍野区 大阪市住吉区 大阪市東住吉区 大阪市西成区 大阪市淀川区 大阪市鶴見区 大阪市住之江区 大阪市平野区 大阪市北区 大阪市中央区 東大阪市 駅選択 指定なし 東海道本線• 東淀川• 新大阪• 塚本 大阪環状線• 西九条• 弁天町• 芦原橋• 新今宮• 天王寺• 寺田町• 森ノ宮• 桜ノ宮• 天満 阪和線• 天王寺• 美章園• 南田辺• 鶴ヶ丘• 我孫子町• 杉本町 片町線• 鴻池新田• 京橋 福知山線• 大阪 関西本線• 久宝寺• 東部市場前• 天王寺• 新今宮• JR難波 東西線• 大阪天満宮• 北新地• 新福島• 海老江• 御幣島• 加島 桜島線• 西九条 おおさか東線• 新大阪• JR淡路• 城北公園通• 高井田中央• JR河内永和• JR俊徳道• JR長瀬• 衣摺加美北• 新加美• 久宝寺 東海道新幹線• 新大阪 山陽新幹線• 新大阪 地下鉄御堂筋線• 東三国• 新大阪• 西中島南方• 淀屋橋• 心斎橋• なんば• 大国町• 動物園前• 天王寺• 昭和町• 西田辺• あびこ 地下鉄谷町線• 太子橋今市• 千林大宮• 関目高殿• 野江内代• 天神橋筋六丁目• 中崎町• 東梅田• 南森町• 天満橋• 谷町四丁目• 谷町六丁目• 谷町九丁目• 四天王寺前夕陽ヶ丘• 天王寺• 阿倍野• 文の里• 駒川中野• 喜連瓜破• 八尾南 地下鉄長堀鶴見緑地• ドーム前千代崎• 西長堀• 西大橋• 心斎橋• 長堀橋• 松屋町• 谷町六丁目• 森ノ宮• 今福鶴見• 鶴見緑地• 門真南 地下鉄千日前線• 野田阪神• 阿波座• 西長堀• なんば• 日本橋• 谷町九丁目• 新深江• 南巽 地下鉄中央線• 大阪港• 朝潮橋• 弁天町• 阿波座• 堺筋本町• 谷町四丁目• 森ノ宮• 深江橋• 高井田• 長田 地下鉄堺筋線• 天神橋筋六丁目• 南森町• 堺筋本町• 長堀橋• 日本橋• 恵美須町• 動物園前• 天下茶屋 地下鉄四つ橋線• 西梅田• 四ツ橋• なんば• 大国町• 花園町• 北加賀屋• 住之江公園 南港ポートタウン線• 住之江公園• 平林 地下鉄今里筋線• 井高野• 瑞光四丁目• だいどう豊里• 太子橋今市• 新森古市• 関目成育• 今里 近鉄南大阪線• 大阪阿部野橋• 河堀口• 北田辺• 針中野• 矢田 近鉄大阪線• 大阪上本町• 俊徳道• 久宝寺口 近鉄けいはんな線• 新石切 近鉄難波・奈良線• 大阪難波• 近鉄日本橋• 大阪上本町• 河内永和• 河内小阪• 八戸ノ里• 若江岩田• 河内花園• 東花園• 瓢箪山• 石切 南海本線• 新今宮• 天下茶屋• 岸里玉出• 住吉大社• 住ノ江 南海高野線• 今宮戎• 新今宮• 萩ノ茶屋• 天下茶屋• 岸里玉出• 帝塚山• 住吉東• 沢ノ町• 我孫子前 南海汐見橋線• 汐見橋• 芦原町• 木津川• 西天下茶屋• 岸里玉出 阪急神戸本線• 大阪梅田• 神崎川 阪急京都本線• 上新庄• 崇禅寺• 大阪梅田 阪急宝塚本線• 大阪梅田• 庄内 阪急千里線• 天神橋筋六丁目• 下新庄 京阪本線• 森小路• 天満橋• 淀屋橋 阪堺電軌阪堺線• 恵美須町• 新今宮駅前• 松田町• 聖天坂• 東玉出• 安立町• 我孫子道 阪堺電軌上町線• 天王寺駅前• 阿倍野• 東天下茶屋• 神ノ木• 住吉公園 阪神本線• 大阪梅田• 千船 京阪電鉄中之島線• 天満橋• なにわ橋• 中之島 阪神電鉄阪神なんば• 大阪難波• ドーム前• 西九条• 千鳥橋• 出来島 賃料 賃料 指定なし ~5万円 ~6万円 ~7万円 ~8万円 ~9万円 ~10万円 ~11万円 ~12万円 ~13万円 ~14万円 ~15万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 上限なし 賃料 事業用 指定なし ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 ~50万円 ~60万円 ~70万円 ~80万円 ~90万円 ~100万円 ~150万円 ~200万円 ~300万円 ~400万円 上限なし 賃料 駐車場 指定なし ~0. 3万円 ~0. 5万円 ~0. 8万円 ~1万円 ~1. 5万円 ~2万円 ~2. 5万円 ~3万円 ~4万円 ~5万円 ~6万円 ~7万円 ~8万円 ~9万円 ~10万円 上限なし 面積• 指定なし• 20㎡~• 25㎡~• 30㎡~• 35㎡~• 40㎡~• 50㎡~• 60㎡~• 70㎡~• 80㎡~• 90㎡~• 指定なし• 10坪~• 20坪~• 30坪~• 40坪~• 50坪~• 60坪~• 70坪~• 80坪~• 90坪~• 100坪~ 広々としたフロア設計のゆったり空間で閲覧席が約1000席設置され、人にやさしい図書館として高齢者や障害をお持ちの方にも細部にまで配慮をしている設計です。 各フロアに検索ブースがあり、広い館内でも本が探しやすい。 AVコーナーも充実していて、DVD・CDの貸出もしています。 ゆったりと本を読める図書館です。 道頓堀・戎橋 心斎橋筋商店街やテレビで有名なグリコの看板やカニ道楽の動くカニの看板やドンキホーテの観覧車やたこ焼き屋さん等、大阪ミナミの中心的繁華街です。 戎橋は「今宮戎を渡る参道」が由来とか、水辺を周りながら散歩もできるようになっています。 法善寺横町 風情のある石畳や提灯に線香の臭い、なにわの風情や人情が楽しめます。 東西両端にある門に「法善寺横丁」の文字は、西は藤山寛美、東は3代目桂春団治が書いた物です。 太平洋戦争の空襲時にも戦火や2回の火災にものがれた、不動尊は 願いを込めた人たちがかけた水で、全身に緑の苔がびっしりついています。 アメリカ村・オレンジストリート アメリカ村通称「アメ村」は若い人が多く流行の発祥地として、SNS映えするような少し変わった古着屋さんや今ではタピオカ専門店など有り、OPAやビッグステップ等の若者向けの大型施設も有り若者で賑やかです。 アメリカ村という町名はございませんが御堂筋に行く目印はアメリカ村だけに、アップルストアを西に行けばエリアに入ります。 アメリカ村三角公園より一本南の筋を西へ徒歩3分、大阪の「おしゃれ」を代表するストリート「立花通り(通称:オレンジストリート)」。 カフェやブティック、雑貨、インポート家具、インテリアショップなど、ここも、土日には若者たちで賑わっています。 ちなみにアップルストアを東へ行くとヨーロッパ通りという名前になります。 なんばウオーク・NAMBAなんなん.

次の

レイワ荘が徐々に動いています。|YouTuberないとー【おるたな】|note

今はレイワ何年

「レイワ・コーポレーション研究所」について 株式会社レイワ・コーポレーションは、令和元年12月より、金沢大学ベンチャビジネスラボラトリー 金沢大学環境健康科学太田富久名誉教授と業務提携いたしました。 健康食品、化粧品分野で更に機能性を研究するため太田富久金沢大学名誉教授と研究開発で業務提携を行い「レイワ・コーポレーション研究所」を設けることで、お客様にとって真に安心安全な商品開発に役立て、健康社会の実現に向けて推進したいと思います。 OHTA太田富久研究所 レイワ研究所 太田教授と向田社長との対談 自然の恵みを活かした健康食品を提供するレイワコーポレーション 金沢大学環境健康科学 太田富久名誉教授・(株)レイワコーポレーション代表 向田社長 「人生100年時代」の構想が現実のものとなりつつある中、健康食品事業を進めるレイワコーポレーションは「人々が安心して口にできる安全な食品を提供したい」という想いから始まりました。 同社の向田社長は、本当の意味での安心安全な食品を開発・提供するため、金沢大学の名誉教授である太田富久教授と業務提携を締結。 この記事では、健康食品を開発・提供するために奔走するレイワコーポレーションの向田社長と、金沢大学名誉教授の太田富久教授の対談インタビューを通じ、どんな効能を持った製品開発を行っているのか、また今後のビジョンなどを詳しくご紹介します。 レイワコーポレーションと金沢大学が共同開発した新商品とは Q.今回新製品の共同開発をしていると伺いましたが、差し支えのない範囲で教えてください 金沢大学にて取材に臨む向田社長と太田教授。 向田社長: レイワコーポレーションでは年齢を問わず身体に良い食品を開発・提供していますが、今回企画している新商品のターゲット層は女性に重きを置いています。 特に30代の頑張っている女性を応援するために、手軽に摂取できる形態で企画を進めています。 その背景には、一口に健康食品といっても、摂取するために手間がかかって、「面倒だ」とに感じてしまう方もいる状況が挙げられます。 そこで、レイワコーポレーションでは、「いつでも手軽に」をコンセプトに、忙しくても健康的な食品を手軽に味わえる製品を開発することにしました。 Q.新商品としてどのようなものを作っているのでしょうか? 取材に際し緊張気味の向田社長。 製品開発にかける熱い気持ちと物腰の柔らかさが伝わってきます。 向田社長: 2020年の6月に販売を予定している製品は「クマイザサ青汁」をベースに使っており、太田教授と共同開発したものです。 女性を中心に年間を通して身体の冷えで悩まれている方に向けて、しょうが麹とクマイザサを合わせた「CHILL-RU AOJIRU 温活」。 肌荒れの悩みがある方用に、太田教授が特許を持っているハトムギエキスとクマイザサを合わせた「CHILL-RU AOJIRU美活」。 寝付きが悪い、睡眠が浅いお悩みを持たれている方には、ペザン農園の完全無農薬のカモミールやグリシン等をクマイザサと合わせた「CHILL-RU AOJIRU眠活」。 どの食品も一日を通して手軽に召し上がっていただけるように作りました。 Q.青汁を使った商品の特徴は? 向田社長: 「CHILL-RU AOJIRU」シリーズは、食べる青汁としてスティックタイプのゼリーにしました。 仕事や家事で忙しくても、スティックタイプであれば、ちょっとした時間でも十分な栄養を手軽に補給できるのが特徴的です。 忙しい朝、オフィスでのランチ、寝る前でもおやつのように召し上がっていただけます。 また、飽きることがないようにフレーバーにも注力しており、ジンジャーフレーバーやブラッドオレンジ、紅茶ベースにカモミール風味といったラインアップで提供する予定です。 今までの青汁のイメージを覆すような商品になると信じております。 Q.どういった効果が期待できるのでしょうか? 成分や薬効について丁寧に説明してくださる太田教授。 太田教授: 3種類の青汁寒天ジェルに含まれている生薬・ハーブ類の成分は、昔から繰り返し科学的に検証されてきています。 有効成分を医薬品やサプリメントとして提供するのではなく、加工食品としてまとめ上げたことで安心して食べられる製品になりました。 古来、生加熱して干した乾姜は身体を温める薬効を持っていると言われていますが、温活青汁ゼリーの生姜成分にも同様の薬効が期待できます。 乾姜と同じように体内温度を上げるショウガオール成分が豊富な発酵生姜は、血行を促進してエネルギー代謝を上げて深部体温を高めます。 次に美活青汁ゼリーのハトムギエキスですが、生薬ヨクイニンとして知られているハトムギは表皮細胞と真皮細胞を活性化する成分を含んでいます。 皮膚の保全作用を示すビタミンB6やB12、葉酸と共に継続的に摂取することで美肌効果が得られます。 眠活青汁ゼリーに含まれるグリシン、テアニン、カモミール、ラフマ葉などは、いずれも精神の緩和やリラックス効果を示すことから、安静時の気持ちの安らぎや睡眠の質の改善・向上が期待できます。 ある意味では活性化をさせ、ある意味では機能を低下させる効果があると研究で分かりました。 そのため、若い人から高齢者にとっても健康に寄与する食品だと言えるでしょう。 このホスファチジルセリンも脳機能の改善に効果があると考えられています。 ホスファチジルセリン、コリンも神経伝達物質に作用すると考えられていますが、神経伝達を維持・保全する作用が期待できます。 どちらも摂取した方が脳機能にとって有効だと考えられます。 向田社長と太田教授の食品づくりにかける想い Q.商品を作る上で、成分など特に重要視していることは何ですか? 一般の人でも研究成果を分かりやすく解説してくださるので、向田社長も気兼ねなくコミュニケーションが取れるようです。 向田社長: 第一に安心・安全ですね。 例えば無農薬で育てられた食材の成分を積極的に使ったり、子供から大人まで家族全員で飲んだりできるものを作っていきたいと考えています。 年齢や性別を問わず、人々の健康に貢献できる価値ある食品を太田教授と共に目指していきたいと考えています。 太田教授: サプリメントは薬ではないので、副作用が極力ないような、あるいは避けられるような製品を作っていきたいですね。 まさに向田社長が言ったように、「安全」っていうのが必須条件です。 私たちが狙っていきたいのは、サプリサプリしたような薬に関連するような成分を混ぜるなど「薬に近づけよう」という試みではありません。 どちらかというと、天然由来の成分を使って食品に近いような形で「食べ物」という形でみなさんの健康に役立ててもらいたいと考えています。 Q.食品の成分はどういったものを使われていますか? 太田教授: 神経伝達物質系は大事ですね。 先ほど申し上げた抗酸化力が期待できるほか、身体の活動を維持したり生活習慣をコントロールできたり、脂肪の蓄積を阻害したりするような作用があります。 薬は単一の化合物で作られることが少なくありません。 しかし、私たちは副作用が出にくい食品に近づけるため、エキスのような状態で製品の開発・研究を進めています。 昔、ある製薬会社がカルテノイドの一種の成分を含んだ製品を作っていましたが、後々になって発がん性が見つかり、取りやめになった事例もあります。 単一の成分にすると「良い」とされるものでも、副作用が出る可能性があります。 私たちは単一の成分にまで精製せず、できる限りエキスに近い形で安全な食品を作ることを心がけています。 Q.「危険な食品を作らないため」に意識していることは? 太田教授: ハトムギを例に挙げると、医学部の教授と共同で特許を申請しています。 それも単一成分ではなく複合成分のものです。 そもそも、食品は様々な成分で構成された複合体・複合成分です。 場合によっては効きすぎて毒性のあるような食品の中でも、他の成分が入っていることで毒性が抑えられることもあります。 最近、「食べてはいけない食べ物」としてYouTubeに投稿されていたアクリルアミドも、これに当てはまります。 食品を加熱することで生じるアクリルアミドは、単体の成分で見ると毒性や発ガン作用がありますが、食品の中に入っているアクリルアミドでガンになった人はいないのが実情です。 健康食品の効き目を落とさずに毒性や副作用を抑えるため、できるだけ複合成分で構成された食品を開発していきたいと考えています。 Q.太田教授はいくつかの特許を取得されていると伺いましたが、どんなものがあるのでしょうか? イチゴポリフェノールは自身が研究された成果の一つ。 太田教授: レイワコーポレーションの食品でも取り入れられている「ハトムギ」や「ソボク」など、これまでに取得した特許ですが、全部で40数種類以上になります。 レイワコーポレーションの今後の展望 Q.今後はどういった製品を展開していきたいと考えていますか? 向田社長: 現在、企画している食べる青汁「CHILL-RU AOJIRU」のように、安心安全な成分を使用し、企画段階からSDGsの達成を目指した商品展開をしていきたいと思っています。 しかしながら、そのために価格が上がってしまうと大勢の方に購入していただくことが難しくなると思いますので、そこは企業の努力が必要だと捉えています。 将来的には、オーガニック系の食品やコスメを提供していきたいと考えていますが、お客様に安心して食べてもらえるよう十分な検証を行うため、開発や製品化のスパンは明確には定めていません。 今回のインタビューで伺ったように、薬のようなものとは一線を画したビジョンをお持ちの太田教授と手を取り、社会に求められている製品を世に出していきたいと考えています。 太田 富久名誉教授プロフィール 現職 金沢大学名誉教授 金沢大学学際科学実験センター 客員教授 金沢市異業種研修会館 館長 学歴 1969年3月 東北大学医学部薬学科卒業 1974年3月 東北大学大学院薬学研究科博士課程修了 (薬学博士) 主な経歴 1974年度-1976年度 Cornell大学 Research Associate 1976年度-1989年度 東北大学薬学部助手 1990年度-1993年度 東北大学薬学部講師 1994年度-1996年度:東北大学薬学部、助教授 1997年度-2011年度:金沢大学薬学部、教授 (医薬保健研究域薬学系) 2012年度-2016年度:金沢大学、金沢大学大学院特任教授 (医薬保健学総合研究科) 2012年度- 現在 :金沢大学名誉教授 所属学会 日本薬学会 (平成9年度学会賞選考委員、平成11、12年度代議員、 平成17-19年 度 学会誌編集委員) 日本生薬学会 (平成9年度-平成12年度 評議員、平成13年度 年会会長、 平成13年度-平成20年度幹事) 日本化学会 アメリカ化学会 日本補完代替医療学会(平成20年度-現在、理事) 日本菌学会(終身会員) NPO北陸ライフケアクラスター(平成14-現在、理事長) 主な研究経歴 生理活性天然物の単離および構造解析に関する研究 代謝酵素制御物質の天然物化学的研究 抗ストレス科学の評価系を用いる機能性物質の探索 主な特許(他40件~) スイゼンジナ 金時草 を用いた血糖降下剤 イチゴ由来の薬物代謝酵素阻害剤及びその製造法 ハトムギの葉茎を用いた食品及び医薬組成物 腫瘍またはヒト乳頭腫ウイルス性疾患の予防剤又は治療剤 太田研究所は「NPO法人北陸ライフケアクラスター研究会」の運営も行っております。

次の

【レイワの育成②】OJTとOFFJTって、何の略??いきなりわからん( 一一)|ホッソン(細野和彦)|人材育成・人材採用に”彩り”をプラス|㈱ハブプロダクト代表|note

今はレイワ何年

「レイワ・コーポレーション研究所」について 株式会社レイワ・コーポレーションは、令和元年12月より、金沢大学ベンチャビジネスラボラトリー 金沢大学環境健康科学太田富久名誉教授と業務提携いたしました。 健康食品、化粧品分野で更に機能性を研究するため太田富久金沢大学名誉教授と研究開発で業務提携を行い「レイワ・コーポレーション研究所」を設けることで、お客様にとって真に安心安全な商品開発に役立て、健康社会の実現に向けて推進したいと思います。 OHTA太田富久研究所 レイワ研究所 太田教授と向田社長との対談 自然の恵みを活かした健康食品を提供するレイワコーポレーション 金沢大学環境健康科学 太田富久名誉教授・(株)レイワコーポレーション代表 向田社長 「人生100年時代」の構想が現実のものとなりつつある中、健康食品事業を進めるレイワコーポレーションは「人々が安心して口にできる安全な食品を提供したい」という想いから始まりました。 同社の向田社長は、本当の意味での安心安全な食品を開発・提供するため、金沢大学の名誉教授である太田富久教授と業務提携を締結。 この記事では、健康食品を開発・提供するために奔走するレイワコーポレーションの向田社長と、金沢大学名誉教授の太田富久教授の対談インタビューを通じ、どんな効能を持った製品開発を行っているのか、また今後のビジョンなどを詳しくご紹介します。 レイワコーポレーションと金沢大学が共同開発した新商品とは Q.今回新製品の共同開発をしていると伺いましたが、差し支えのない範囲で教えてください 金沢大学にて取材に臨む向田社長と太田教授。 向田社長: レイワコーポレーションでは年齢を問わず身体に良い食品を開発・提供していますが、今回企画している新商品のターゲット層は女性に重きを置いています。 特に30代の頑張っている女性を応援するために、手軽に摂取できる形態で企画を進めています。 その背景には、一口に健康食品といっても、摂取するために手間がかかって、「面倒だ」とに感じてしまう方もいる状況が挙げられます。 そこで、レイワコーポレーションでは、「いつでも手軽に」をコンセプトに、忙しくても健康的な食品を手軽に味わえる製品を開発することにしました。 Q.新商品としてどのようなものを作っているのでしょうか? 取材に際し緊張気味の向田社長。 製品開発にかける熱い気持ちと物腰の柔らかさが伝わってきます。 向田社長: 2020年の6月に販売を予定している製品は「クマイザサ青汁」をベースに使っており、太田教授と共同開発したものです。 女性を中心に年間を通して身体の冷えで悩まれている方に向けて、しょうが麹とクマイザサを合わせた「CHILL-RU AOJIRU 温活」。 肌荒れの悩みがある方用に、太田教授が特許を持っているハトムギエキスとクマイザサを合わせた「CHILL-RU AOJIRU美活」。 寝付きが悪い、睡眠が浅いお悩みを持たれている方には、ペザン農園の完全無農薬のカモミールやグリシン等をクマイザサと合わせた「CHILL-RU AOJIRU眠活」。 どの食品も一日を通して手軽に召し上がっていただけるように作りました。 Q.青汁を使った商品の特徴は? 向田社長: 「CHILL-RU AOJIRU」シリーズは、食べる青汁としてスティックタイプのゼリーにしました。 仕事や家事で忙しくても、スティックタイプであれば、ちょっとした時間でも十分な栄養を手軽に補給できるのが特徴的です。 忙しい朝、オフィスでのランチ、寝る前でもおやつのように召し上がっていただけます。 また、飽きることがないようにフレーバーにも注力しており、ジンジャーフレーバーやブラッドオレンジ、紅茶ベースにカモミール風味といったラインアップで提供する予定です。 今までの青汁のイメージを覆すような商品になると信じております。 Q.どういった効果が期待できるのでしょうか? 成分や薬効について丁寧に説明してくださる太田教授。 太田教授: 3種類の青汁寒天ジェルに含まれている生薬・ハーブ類の成分は、昔から繰り返し科学的に検証されてきています。 有効成分を医薬品やサプリメントとして提供するのではなく、加工食品としてまとめ上げたことで安心して食べられる製品になりました。 古来、生加熱して干した乾姜は身体を温める薬効を持っていると言われていますが、温活青汁ゼリーの生姜成分にも同様の薬効が期待できます。 乾姜と同じように体内温度を上げるショウガオール成分が豊富な発酵生姜は、血行を促進してエネルギー代謝を上げて深部体温を高めます。 次に美活青汁ゼリーのハトムギエキスですが、生薬ヨクイニンとして知られているハトムギは表皮細胞と真皮細胞を活性化する成分を含んでいます。 皮膚の保全作用を示すビタミンB6やB12、葉酸と共に継続的に摂取することで美肌効果が得られます。 眠活青汁ゼリーに含まれるグリシン、テアニン、カモミール、ラフマ葉などは、いずれも精神の緩和やリラックス効果を示すことから、安静時の気持ちの安らぎや睡眠の質の改善・向上が期待できます。 ある意味では活性化をさせ、ある意味では機能を低下させる効果があると研究で分かりました。 そのため、若い人から高齢者にとっても健康に寄与する食品だと言えるでしょう。 このホスファチジルセリンも脳機能の改善に効果があると考えられています。 ホスファチジルセリン、コリンも神経伝達物質に作用すると考えられていますが、神経伝達を維持・保全する作用が期待できます。 どちらも摂取した方が脳機能にとって有効だと考えられます。 向田社長と太田教授の食品づくりにかける想い Q.商品を作る上で、成分など特に重要視していることは何ですか? 一般の人でも研究成果を分かりやすく解説してくださるので、向田社長も気兼ねなくコミュニケーションが取れるようです。 向田社長: 第一に安心・安全ですね。 例えば無農薬で育てられた食材の成分を積極的に使ったり、子供から大人まで家族全員で飲んだりできるものを作っていきたいと考えています。 年齢や性別を問わず、人々の健康に貢献できる価値ある食品を太田教授と共に目指していきたいと考えています。 太田教授: サプリメントは薬ではないので、副作用が極力ないような、あるいは避けられるような製品を作っていきたいですね。 まさに向田社長が言ったように、「安全」っていうのが必須条件です。 私たちが狙っていきたいのは、サプリサプリしたような薬に関連するような成分を混ぜるなど「薬に近づけよう」という試みではありません。 どちらかというと、天然由来の成分を使って食品に近いような形で「食べ物」という形でみなさんの健康に役立ててもらいたいと考えています。 Q.食品の成分はどういったものを使われていますか? 太田教授: 神経伝達物質系は大事ですね。 先ほど申し上げた抗酸化力が期待できるほか、身体の活動を維持したり生活習慣をコントロールできたり、脂肪の蓄積を阻害したりするような作用があります。 薬は単一の化合物で作られることが少なくありません。 しかし、私たちは副作用が出にくい食品に近づけるため、エキスのような状態で製品の開発・研究を進めています。 昔、ある製薬会社がカルテノイドの一種の成分を含んだ製品を作っていましたが、後々になって発がん性が見つかり、取りやめになった事例もあります。 単一の成分にすると「良い」とされるものでも、副作用が出る可能性があります。 私たちは単一の成分にまで精製せず、できる限りエキスに近い形で安全な食品を作ることを心がけています。 Q.「危険な食品を作らないため」に意識していることは? 太田教授: ハトムギを例に挙げると、医学部の教授と共同で特許を申請しています。 それも単一成分ではなく複合成分のものです。 そもそも、食品は様々な成分で構成された複合体・複合成分です。 場合によっては効きすぎて毒性のあるような食品の中でも、他の成分が入っていることで毒性が抑えられることもあります。 最近、「食べてはいけない食べ物」としてYouTubeに投稿されていたアクリルアミドも、これに当てはまります。 食品を加熱することで生じるアクリルアミドは、単体の成分で見ると毒性や発ガン作用がありますが、食品の中に入っているアクリルアミドでガンになった人はいないのが実情です。 健康食品の効き目を落とさずに毒性や副作用を抑えるため、できるだけ複合成分で構成された食品を開発していきたいと考えています。 Q.太田教授はいくつかの特許を取得されていると伺いましたが、どんなものがあるのでしょうか? イチゴポリフェノールは自身が研究された成果の一つ。 太田教授: レイワコーポレーションの食品でも取り入れられている「ハトムギ」や「ソボク」など、これまでに取得した特許ですが、全部で40数種類以上になります。 レイワコーポレーションの今後の展望 Q.今後はどういった製品を展開していきたいと考えていますか? 向田社長: 現在、企画している食べる青汁「CHILL-RU AOJIRU」のように、安心安全な成分を使用し、企画段階からSDGsの達成を目指した商品展開をしていきたいと思っています。 しかしながら、そのために価格が上がってしまうと大勢の方に購入していただくことが難しくなると思いますので、そこは企業の努力が必要だと捉えています。 将来的には、オーガニック系の食品やコスメを提供していきたいと考えていますが、お客様に安心して食べてもらえるよう十分な検証を行うため、開発や製品化のスパンは明確には定めていません。 今回のインタビューで伺ったように、薬のようなものとは一線を画したビジョンをお持ちの太田教授と手を取り、社会に求められている製品を世に出していきたいと考えています。 太田 富久名誉教授プロフィール 現職 金沢大学名誉教授 金沢大学学際科学実験センター 客員教授 金沢市異業種研修会館 館長 学歴 1969年3月 東北大学医学部薬学科卒業 1974年3月 東北大学大学院薬学研究科博士課程修了 (薬学博士) 主な経歴 1974年度-1976年度 Cornell大学 Research Associate 1976年度-1989年度 東北大学薬学部助手 1990年度-1993年度 東北大学薬学部講師 1994年度-1996年度:東北大学薬学部、助教授 1997年度-2011年度:金沢大学薬学部、教授 (医薬保健研究域薬学系) 2012年度-2016年度:金沢大学、金沢大学大学院特任教授 (医薬保健学総合研究科) 2012年度- 現在 :金沢大学名誉教授 所属学会 日本薬学会 (平成9年度学会賞選考委員、平成11、12年度代議員、 平成17-19年 度 学会誌編集委員) 日本生薬学会 (平成9年度-平成12年度 評議員、平成13年度 年会会長、 平成13年度-平成20年度幹事) 日本化学会 アメリカ化学会 日本補完代替医療学会(平成20年度-現在、理事) 日本菌学会(終身会員) NPO北陸ライフケアクラスター(平成14-現在、理事長) 主な研究経歴 生理活性天然物の単離および構造解析に関する研究 代謝酵素制御物質の天然物化学的研究 抗ストレス科学の評価系を用いる機能性物質の探索 主な特許(他40件~) スイゼンジナ 金時草 を用いた血糖降下剤 イチゴ由来の薬物代謝酵素阻害剤及びその製造法 ハトムギの葉茎を用いた食品及び医薬組成物 腫瘍またはヒト乳頭腫ウイルス性疾患の予防剤又は治療剤 太田研究所は「NPO法人北陸ライフケアクラスター研究会」の運営も行っております。

次の