教場 キムタク 目。 教場/風間(キムタク)の過去や目が義眼の理由!階級や正体は?

木村拓哉『教場』“義眼”カリスマ教官新ビジュアル公開

教場 キムタク 目

スポンサーリンク 教場続編のネタバレ・風間の過去 教場のキムタクもかっこいいな!! — 通りすがりの暇人 uyo5ceRgjq32EFf 風間公親は、警察学校の教官の前に県警本部の捜査一課強行犯係にいました。 県警では、風間の下に経験の浅い刑事を送り込んで、風間の指導によって 新人刑事を育成させるシステムが成り立っていました。 そのシステムでは、上司の命令で風間の元に送り込まれた新人刑事が風間と相棒になって、事件を捜査します。 風間の鋭い観察眼(まだ義眼ではない!)からのアドバイスを受けて、新人刑事たちが事件を解明して犯人を特定します。 警察学校の教官のような冷静さですが、新人を育てようという情熱を少し感じます。 スポンサーリンク 風間教官が義眼になった理由ネタバレ 事件発生 ある日、椎垣久仁臣は、助教である宇部祥宏と一緒に服毒自殺した遺体の解剖をします。 解剖の途中に、宇部が倒れてしまいって、椎垣は胃に溜まっていた青酸ガスを吸ってしまったためだと気付きます。 マスクを忘れていたのは椎垣のミスでした。 それから一週間、宇部は大学を休んでいて、椎垣は彼の家に行って謝罪しますが、椎垣のミスを公表すると言いだしました。 椎垣は、持ってきたお酒で杯を交わすと、中には青酸が入っていて、宇部は苦しみながら外へ行って亡くなりました。 平優羽子と風間が相棒になる 平優羽子刑事は上司の命令で、風間の下で働くことになって、宇部が亡くなった事件を担当します。 宇部の家には「先にテンゴクへ行ってます」という遺書らしき紙が残されていました。 テンゴクが片仮名であることに違和感を感じますが、宇部は死ぬ寸前に外へ行き坂を上っていました。 しかも、宇部の解剖を椎垣が担当します。 宇部の遺体には二度に渡って青酸毒にあたった痕跡がありますが、椎垣はもみ消します。 椎垣は自殺であると判断しますが、風間は他殺の線を疑っていました。 事件を解明 そして風間は、テンゴクのわけに気付きます。 解剖室は1059室で、10、5、9で『テン・ゴ・ク』と読むことが出来る。 宇部が苦しみながら坂を上った理由は、自分の遺体を隣県に運ぶことで、椎垣に解剖させることを防ぐためでした。 しかし、その前に死んでしまったため、椎垣が解剖を担当しましたが、宇部の遺体は風間の指示によって、まだ燃やされずに残されていたのでした。 事件解決後に事件が起きる 事件が解決して、優羽子は風間を誘って飲みに行きました。 それは、風間への感謝と共に今回の件で自分の無力さを知って、転属願を出すためでした。 しかし、風間はそんな優羽子の胸中を見抜き、これから進むべき道を示します。 風間が義眼になった理由 2人が店から出ると、風間はこっちを見ている視線に気付きます。 優羽子は元恋人でストーカーになっている井伏だと思って、つきまとうのをやめるように言おうとしました。 しかし、その男は、井伏ではなく、風間によって逮捕されて出所した十崎でした。 十崎が襲い掛かってきて、優羽子を庇った風間の右目には千枚通しが刺さってしまいました。 十崎は逃亡して、優羽子は追いかけようとしますが、風間は冷静に証拠の保存を優先させます。 風間の右目には千枚通しが刺さっていて、柄に部分には指紋が残っているので、証拠としてそのままにします。 そして、優羽子は咄嗟に十崎のベルトを触って指紋を残していたため、動かぬ証拠となります。 風間は、いつかこうなることを覚悟していたとして、優羽子に辞めたければ遠慮はするなと言います。 しかし、優羽子は絶対に十崎を逮捕することと、これからも犯罪者を捕まえることを心に誓いました。 風間の右目が義眼になった理由は、逮捕した犯人の逆恨みでした。 そのことによって、刑事を辞めて、人を育てる才能から教官になりました。 風間が育てた優羽子が十崎を逮捕してくれて、風間の意思を継いでくれることでしょう。 スポンサーリンク 新キャストでの教場続編 📢本日21時~放送の『』後編に、 さん、 さん、 さん、 さん、 さんが出演🙌どんな役、どんな形で登場するのか、未公表とのこと。 fujitvview 新期の生徒が入学してきて、教室に緊張感が走って、風間教官が挨拶したところで終わりました。 新キャストのコメントでは、三浦貴大さんが「 あれが撮影だったのかどうかも曖昧になる程、不思議な体験でした。 」と語っているので、撮影はラストシーンだけだったと思われます。 バラエティ番組、木村拓哉さんが大好きと熱く語っていた伊藤健太郎さんは、ドラマでの共演に夢のような時間だったと語っています。 好きな木村拓哉さんの作品は「プライド」とも語っています。 教場の原作小説には、ドラマ化されなかった話もあります。 そして、視聴率が良かったので、続編が見られる可能性も高そうです! 教場3やスペシャルドラマのオリジナルストーリーの可能性もあります。 放送は来年でしょうか、楽しみにしています。 王道の木村拓哉さんのドラマもいいけど、貧乏からのし上がっていくキムタク見たくありませんか? 伊藤健太郎さんが好きな「プライド」も見れます! 懐かしいフジテレビのドラマ「プライスレス」や「HERO」(検事)「プライド」(アイスホッケー)「CHANGE」(総理大臣)無料で見れる方法あります!.

次の

教場/風間(キムタク)の過去や目が義眼の理由!階級や正体は?

教場 キムタク 目

もくじ• 『教場0』では、 警察学校の教官になる前の風間について書かれています。 風間は、県警本部捜査一課強行犯係の刑事で、新人刑事の教育を担当していました。 それは【風間道場】と呼ばれる刑事育成システムで、各署にいる経験三ヶ月の刑事が一名、定期的に本部へ派遣され、風間指導官の下でみっちり教育を受けるのです。 【毒のある骸】での、風間の部下の刑事は 平優羽子という若い美女。 風間と平は、法医学教室の助教授・宇部祥宏の死について調べることに。 「先にテンゴクに行ってます」という遺書があったことから当初は自殺と見られましたが、実は宇部の上司で法医学教室の教授・椎垣が自身の過失による事故を隠蔽するために宇部を殺したことが判明します。 事件解決後、平は刑事を辞めることを風間に報告するつもりで2人で居酒屋へ。 しかし言い出すことができないまま店の外に出ると、こちらをじっと見つめる人影が。 ストーカー被害にあっていた平は、井伏(ストーカー男)だと思って近づきますが、それは十埼でした。 十崎とは、以前風間が捕まえた殺人犯で、交際していた女性の首を手製の千枚通しで刺して死に至らしめた凶悪な男。 平は、千枚通しで襲い掛かってくる十崎をよけきれず、左肩を限界まで上げて顔だけは守ろうとしました。 次の瞬間、平の身体は突き飛ばされ、風間の右目に千枚通しが突き刺さっていました。 平は、すぐに風間の目に刺さった千枚通しを抜こうとしますが、風間に「証拠物件の保存が第一だ」と止められます。 平が戸崎にぶつかったときにベルトを掴んだので、そこに平の指紋がついているはず。 風間は「でかした」と言うようにかすかにうなづきました。 そして 「いつかはこういう目にあうだろうと覚悟はしていた」と言いました。 平は、絶対に刑事を辞めず、戸崎を必ず逮捕することを誓うのでした。 この話からわかるのは、風間は以前自分が捕まえた凶悪犯・戸崎の逆恨みを受けて右目を千枚通しで突かれて義眼になったということです。 宮坂:「その花は? 」 風間:「この子は学校長がここから送り出して、私と組んで捜査をしていた。 しかし都築の調べたところによると、部下は重症を負ったという情報なので生きている可能性も。 劇中で、風間は幾度となく花壇の花(百日草)を見ています。 百日草の花言葉は『不在の友を思う』『遠い友を思う』『別れた友への想い』『絆』『古き良き時代』『いつまでも変わらぬ心』『幸福』『注意を怠るな』。 長く会えない友を思うという意味から、 今は亡き相棒をしのんでいるのではないでしょうか。 四万田:「あの子たちは卒業すれば交番勤務です。 すぐに刑事にはなれません。 殺人の捜査は早くないですかね」 風間:「みんな勉強はしっかりやってます。 でもまだ足りないものがある」 風間が、憎んでいるのは「警察組織の在り方」とか「教育」ではないでしょうか? 風間ほどの人間が単なる恨みで終わらせるとはとても思えないので、明日の活力(『3年A組』柊一颯の言葉)に変えていることは間違いないでしょうから。 「甘えは許されない」と厳しいことを言うのも、警察官は現場に出たらどんな危険が待っているかわからないから。 風間は卒業式で宮坂にだけ「死ぬなよ」と言っています。 確かに宮坂は何度か死にかけているのでこの言葉は妥当なのですが、それ以上に風間は宮坂に思い入れが強いように見えます。 ドラマ『教場』風間の過去がはっきりしなくてイライラモヤモヤ!続編はある? 風間教官の過去も全て明らかにならなかったし、新入生やたら豪華だったとこ見ると、もしやこのまま連ドラ!? と思ったけど何の予告もなく終了。 続編希望ーーー!!! — Alegro子育て中 qulinqulin 面白かったー引き込まれたー 結局、風間教官の過去がわからないままで、少しモヤッてるけど… ラストの俳優陣も若手の有名な子達がいたから、これはそのまま続編ありって事かな?— かなっぺ kana1105 風間の過去がはっきりわからなくてイライラモヤモヤの視聴者多数です。 これは続編ではっきりさせるのを期待したいところですが、続編はあるのでしょうか? 私は、キムタクのキャラがハマっているし、最後に新しい生徒役として三浦貴大さん、伊藤健太郎さん、上白石萌歌さん、佐久間由衣さんという豪華キャストが登場していることからも、続編はあると思います。 風間の過去にクローズアップしたスペシャルドラマも面白いと思います。 まとめ ドラマ『教場』の風間の過去についてネタバレ考察しました。 とはいえ、まだまだわからないことだらけなので、風間の過去を明らかにするためにも続編はあると思われます。

次の

【画像】教場|木村拓哉の目が義眼の理由は?千枚通しが原因で教官に!

教場 キムタク 目

Contents• 教場 風間が義眼になった理由と過去の事件 では早速、風間が義眼になった理由をご紹介します。 風間と平 風間公親は、警察学校の教官になる前は 、県警の捜査一課・強行犯係の刑事をしていました。 風間は平 優羽子(たいらゆうこ)という新人刑事の指導を担当することに。 平は自分の指導をしてくれる風間のことをもっと知ろうと、風間がこれまで検挙してきた事件のことを振り返っていました。 十埼という男 風間は、これまでたくさんの凶悪犯を捕まえてきました。 その中に、十崎(とざき)という、平の記憶の中に強烈に残る、見るからに目つきの悪い男がいたのです。 十崎は、交際していた女性の首を千枚通しで刺し殺した罪で逮捕されていました。 平の相談 実は平は、部署の異動を考えていました。 ですが、なかなかそれを言えずにいたのです。 そこで、風間を飲みに誘い、その場で相談をしようと考えたのでした。 でも、結局飲みの席で話すことができなかった平。 会計を済ませて外に出た時、平は強い視線を感じたのでした。 実は、平は元彼からストーカー行為を受けていました。 そこで、今日こそはっきりと言ってやろうとその男に近づいて行くと… そこにいたのは、元彼ではありませんでした。 でも…どこかで見たことがある… 平と揉み合いになる男 そう。 その男は、実は十崎だったのです! 揉み合いになる平と十崎。 その時、平に向かって千枚通しが振り上げられたのです。 ですが、次の瞬間、平は横に飛ばされます。 そして、十崎が振りかざした千枚通しは風間の右目を直撃! 風間の警官魂 次の瞬間、平が目にしたのは、千枚通しが目に刺さった状態の風間の姿。 それを平が抜こうとすると、「刑事の心得を忘れたか。 証拠物件の保存が第一だ。 犯人の指紋を消すな。 」と言う風間。 さらに冷静に、犯人の特徴を平に尋ねる。 平は揉み合った時に、犯人のベルトを掴んだことを話す。 つまり、十崎のベルトを調べれば、平の指紋が出てくるはず。 風間の見抜く力はこの時から 救急車が到着し、運ばれる風間。 その時、平に「辞めたければ遠慮はいらない」と声をかける風間。 平は「やめません。 十崎に手錠をかけるまで。 」と答えたのでした。 こうして、片目を失った風間は現場を去ることとなり、教官になったのだった。

次の