ディーン フジオカ バイオリン。 ディーンフジオカがドラマでバイオリン演奏。嘘?ホント?その曲は?│タサカログ

ディーンフジオカはバイオリン弾ける?シャーロックの演奏動画も!

ディーン フジオカ バイオリン

『シャーロック』主演を務めるディーン・フジオカ(C)ORICON NewS inc. 初回視聴率12%超えの好スタートを切った月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)。 第2話は前番組の影響で開始時間が遅れ9. 3%だったものの、第3話では9. 6ポイントもアップ。 作り込んだストーリーや登場人物、演出も好評で、ディーン・フジオカ演じる主人公のキテレツさがとくに異彩を放っている。 名探偵シャーロックこと誉獅子雄(ほまれ・ししお)をディーン、相棒・ワトソンこと若宮潤一を岩田剛典が演じるミステリードラマだ。 原作でその名称だけ語られる過去に解決した事件(語られざる事件)に着目しているのが特徴で、そのアレンジやトリック、演出や芝居などSNSではおおむね高評価を得ている。 だがそれ以上に(?)盛り上がっているのが、ディーン演じる獅子雄の奇行だ。 突然バイオリンを弾き始めたり、なぜか変装でひげモジャになっていたり、そのひげを大げさなポーズで取り去ってみたり。 とかく言動が芝居がかって大げさで、SNSでも「なぜバイオリン!? 」「ドラマの途中でいきなりバイオリンを弾いても許されるのはディーンくらい」などの声のほか、ひげを取り去るシーンでは「変装解除!(笑)」とツッコミが。 また、単にメガネを外すだけのシーンでも「このメガネ外しプレイがたまらない」とファンが沸いたり、「フジテレビはディーンの魅せ方を本当によくわかっている」と賞賛する声も見られた。 キャラ設定がそもそも変人ではあるが、普通の俳優がやったら微妙になりそうなところ、ディーンだとツッコミを入れたくなりながらも、なぜかハマる。 浮世離れした演技に納得感があり、クセになりそうな予感もある。 いずれも高い評価を得た。 海外の古典を元にしたドラマでは、その特性ゆえ、舞台的な芝居や日常ドラマにはない劇画っぽさ、浮世離れ感が必要となる。 多くの論評では、ここにディーンがハマったのは、彼のバックグラウンドに要因があるとされている。 ディーンは大学卒業後、旅行したことをきっかけに拠点を香港に。 クラブで飛び入りパフォーマンスをしていたところ、現地のファッション誌編集者からモデルとしてスカウトされた、という特異な経歴の持ち主。 逆輸入の形でNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』(2015年〜)でブレイク。 その後も海外で活躍、居住している他、マルチリンガルでアーティストとしての顔もある。 異文化感に弱い日本人、『ディーンなら…』と納得 そんなディーンについて『シャーロック』でプロデュースを務める太田大氏(『モンテ・クリスト伯』『レ・ミゼラブル』ほか)も、「彼の得体のしれなさはとても貴重。 身近すぎない、そして見ていてどこか不安を感じさせるミステリアスな雰囲気。 ディーンさんが本作の企画意図そのもの」と語っている(エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』)。 そんな貴種流離譚を地で行くフィクション感がディーンさん最大の魅力」と話すのは、過去にディーンへのインタビュー経験豊富なメディア研究家の衣輪晋一氏。 同様に、異文化感を持ったディーンであれば、たとえ突然バイオリンを弾き始めようが、いきなりひげモジャになってようが、『ディーン・フジオカなら仕方ない』と納得してしまう部分がある。 これはプロデューサー太田さんのディーンさんの魅力に対する発見であり大発明と言えるでしょう」。 演劇用語で、うまい具合に誇張されていたり演出されている場合に、褒め言葉として用いられる。 ただ、昨今の日本の芸能界で重宝されるのは、自然なスタイルの芝居や、重厚感、味のある演技。 どんな役にも染まり変幻自在に変化するカメレオン俳優、個性派俳優などと呼ばれる人々が評価される。 オーバーアクションやケレン味ある演技は、ときに軽薄だ、俗受け狙いだと嫌われる風潮があるのだ。 衣輪氏は「これはトレンディードラマ以降の風潮」と解説する。 「80年代に起こったポストモダン運動は、それ以前の文化を古臭い、ダサいと蹴落としてしまった。 テレビドラマも同様でナチュラル志向に。 こうして、ガチガチの俳優たち以外の若手が活躍するトレンディードラマの流行につながり、さらにケレン味が持ち味の時代劇も衰退。 ところが、『半沢直樹』(TBS系)あたりで復活。 舞台役者が次々とテレビ進出するなど、少しずつ他のドラマでも見られるようになりました。 ケレン味とは、歌舞伎や人形浄瑠璃に多く見られる放れ業、早変わり、宙乗りなどのこと。 そもそも日本のエンタメの源流にあり、文化の奥底に根付いているものなので、日本人ならば(好みはあれど)、あればあったで楽しめるもののはずなのです」。 かつて壊したケレン味を再生するフジテレビ、体現する貴重な俳優 はったりを利かせて魅力的に、面白く見せるということは、イコール大衆性がある、エンタテインメントであるということ。 つまり「楽しい」ということだ。 原作へのオマージュとパロディの狭間で、ディーンという存在がうまくバランスを保っているのだ。 「まさにディーンさんでなくては成立しない作品が『シャーロック』。 つまりケレン味の強い作品は、トレンディードラマの王であったフジテレビが壊し、フジテレビが本作で再生させたともいえます」(衣輪氏) 重厚感や味のある俳優もいいが、こういったケレン味ある俳優も重要。 それは単に選択肢が増えるということであり、その分、エンタメ界に奥行きが出るからだ。 ケレン味を自然に体現できるディーンは日本の芸能界でも数少なく、エンタメ界にとっても貴重な存在ではないか。 今後も同作で見られるディーンのケレン味を堪能してもらいたい。 ディーン・フジオカ 1st EPインタビュー•

次の

ツッコミ必至だけど納得感ある、『シャーロック』ディーン・フジオカのケレン味が時代にフィットする理由

ディーン フジオカ バイオリン

キャリアの上で大きなターニングポイントとなったのは? 「拠点を移し、国を変えるたびにターニングポイントが訪れました。 それまでつくってきた常識を一度ぶっ壊さなければいけないところがあったので。 国籍があれば、何もしなくてもいられるから。 他の国では滞在するためだけに、さまざまな手続きが必要じゃないですか。 観光でなら誰でも行くことができますが、仕事となるとゼロから社会との接点をつくらなければいけません。 言葉と文化の違いを乗り越え、人間関係を新たに築き、さらにビザのことなどで煩雑な手続きも必要。 海外では常にハンディキャップを負っていたので。 日本に戻ってきて、『今までこんなにハンディキャップがあったんだ!』と再認識したほどです。 自分の国で、それも母国語で仕事できると、感覚が全然違う。 だからこそ、できることをただ繰り返すのではなく、どこかしらで常にチャレンジをし続けたい。 いろんな大人の事情があるとは思いますが、ドラマのキャスティングは、楽しかった、一緒にやってよかったと思うから、同じチームから声をかけてもらえると思うんです。 もちろん、僕も良い思い出だからもう一度やりたいと願っているわけで。 時間がたって、再び集結して一緒にクリエイトする。 俳優の仕事はその連続で、人の縁が基本。 そのプロジェクトにとって自分がどんなふうに貢献できるのかと考えていると自ずと導かれていく気がします。 役については、自分でプロデューサーにでもならないと、決められることではないというのもありますね。 名作シリーズに3作続けて出演できたのも、そういった縁からです。 ただ、『モンテ・クリスト伯』で演じた衝撃は半端なく、とてつもないエネルギーを持った作品に仕上がった達成感はありました。 あの現場の日々は、この15年俳優をやってきて、トップ3に入るくらい厳しかった。 みんなで打ち上げしてお別れして、ようやく乗り切った感がありました。 ディーンさんが演じている誉獅子雄(=シャーロック)はどんな人物ですか。 「謎多き存在です。 孤独で狂気じみていて、ちょっと間違えると犯罪衝動がありそう。 いつ追いかける側から追われる側になってもおかしくないと思いながら演じています。 原作『シャーロック・ホームズ』からインスパイアされつつ、一話ずつ作っています。 令和元年の東京を舞台にしている点が、今まで作られた日本のシャーロック・ホームズもの、あるいはホームズをベースにした探偵物語と大きく違います。 現代の息遣いを感じられるタイムリーな話題を取り上げ、そこに複雑な人間関係が絡まります。 どこで誰とつながっているか、誰もが被害者、加害者になってもおかしくない状況。 タッグを組む岩田さんはどんな方ですか。 「礼儀正しくて、一つ一つのプロセスに正面から向き合う努力家ですね。 「バイオリンを弾く自分…でしょうか。 原作のホームズがバイオリンを弾く人物なので、ドラマでも演奏シーンが出てきます。 テーマ曲が出来上がったのがINする直前で、短期間で猛特訓しました。 実はそのフレーズがめちゃくちゃ難しいんですよ! プロの方でも難しいというのに、バイオリン超初心者の僕がやっと音が出るようになったところで弾かなきゃいけない(苦笑)。 頑張れるかな?」.

次の

ディーン・フジオカがバイオリン特訓するも実際は吹き替え!先生は誰?【シャーロック】|なるほどログ

ディーン フジオカ バイオリン

まずは屋上で事件に関することを回想しながら弾いていた曲です。 曲名はわかりませんが、恐らくオリジナル曲だと思います。 指とかもキチンと動いていますね! 曲名はわかり次第追記します。 バイオリンでサイレンの音を出す……寄席芸? — 酒上小琴【サケノウエノコゴト】 raizou5th またパトカーの音をバイオリンで表現しています。 パトカー音って楽譜があるのだと初めて知りました。 岡田鉄平さんというプロのバイオリンニストの方がいろいろなサイレン音を演奏してくれています。 2話のバイオリン 2話のバイオリンタイム好きだったな~ ディーンさんの技術が上がってて弾く姿に見惚れるのもあるけど、この瞳孔が開いたような狂気っぽい表情が好き。 美しい人は必死の形相や苦痛で顔が歪むほどに美しい… 変態 — ねこ🐱 toy04231 2話では1話と同じように、事件の経過を思い出しているシーンでの演奏でした。 1話のようなサイレン音などはありませんでしたね! 青い光の中でのバイオリンが印象的でした。 バイオリンを弾くのはいつも夜のようですね。 ディーン・フジオカさんはだんだん落ち着いて弾くようになっている気がしました! 4話のバイオリン 4話でバイオリンを弾いていた場所は「東京ドームシティ」になります。 真実を知りたい獅子雄。 間違いは気持ちが悪い獅子雄。 鋭い観察眼と頭脳で追究していくけれど。 手がかりを辿るバイオリンの音色は、苦しいくらい切ない。 ディーン・フジオカさんの才能が溢れていましたね! こちらのロケ地は世界最大級のマンションthe SOHOになります。 music819 lovemusic819 7話では珍しく日中にバイオリンを弾いていました。 また真っ暗な中での演奏だと思っていたので、少しビックリしましたね! でも突然野球のボールが当たってしまい心配でしたが、それも犯人を確認するための作戦だったようです。 8話のバイオリン 8話のバイオリンシーンは国会議事堂が見えますねぇ。 いよいよ警視庁の側霞ヶ関ですねぇ。 ドラマの内容もだんだん核心にせまってきています。 ディーン・フジオカの生演奏を聞いている方々が羨ましいシーンです。 しかも練習開始がバイオリンの撮影1週間前という、とても短い期間でした。 プロでもあまり弾きたくないという難しい曲だったようです。 でもディーン・フジオカさんは歌手でピアノの弾けるし、ギターも趣味もお持ちなので楽器を弾くのは抵抗がなかったのかもしれません。 「昔からの友達から連絡あって 「ディーンフジオカってずるいよな。 でもお父さんの仕事の関係で小さな頃から海外生活することも多く、お父さんから外国語を教えてもらっていました。 そのため海外での生活のほうが自分には合っているということで、大学もアメリカシアトルにあるコミュニティ・カレッジに留学します。 この留学で「ディーン・フジオカ」と呼ばれていたため、この名前をデビュー後も使っているのですね。 その後香港で俳優として活動し、やがて日本に拠点を移しました。 そんなディーン・フジオカさんはとても多趣味です。 趣味は中国武術・キックボクシング・チェス・写真撮影、特技はギター・ドラム・ピアノ・作曲・作詞・スキー・バスケットボール、食べることなど。 歌手活動もされており、音楽には自信もあったからこそ今回のようにバイオリンをすぐにマスターしたのだと思いました。 またキックボクシングもされていて、とても万能な方ということがわかりますね!.

次の