学資保険 払込方法。 学資保険で大切な3つの「いつ」を徹底解説!学資保険の保険料を下げる方法

学資保険の代わりに、教育費の準備はどんな方法がある?【保険市場】

学資保険 払込方法

「子どもが生まれたから学資保険に加入したい」という相談をよくお受けします。 学資保険は学資を積み立てる方法として根強い人気があります。 しかし、「学資保険は本当に必要なのか?」と言えば、大いに疑問があります。 少なくとも現在、学資保険は、お世辞にもベストな選択肢とは言えません。 それどころか、他に良い方法がいくらでもあると言っても過言ではありません。 そこで今回は、学資保険とはどのようなものか説明した上で、本当に必要なのか、メリットとされてきたことの真偽を検証し、デメリットにも触れた上で、学資の積み立て方法をどのように選べば良いのか、お伝えします。 なお、学費がいくら掛かるかは「」を参考にしてください。 学資保険とは 学資保険とは、子どもが一定の年齢になった時に「祝い金」「満期金」などの名目で給付金を受け取れる保険です。 子どもにかける保険なので、契約者である親が亡くなった時の死亡保障の役割は、原則としてありません。 ただし、親が亡くなった時と高度障害状態になった時には、保険料の支払いが免除されるものがあります。 なお、掛け捨ての特約として、親に万が一があった場合の死亡保障、子どもが入院したときの医療保障を付けられるものもあります。 しかし、正直言って中途半端で、付けるメリットは乏しく、保障が欲しければ他にきちんとした保険を選んで加入するべきです。 まとめると、学資保険は、「保険」と言うよりも、子どもの学資を積み立てるのに特化したしくみの貯蓄性の金融商品と言えます。 よくある契約例のシミュレーション よく活用されているのが、早い時期に保険料の払込を終えて18歳まで寝かせておく「短期払い」です。 A生命の学資保険の契約例をご覧ください。 子どもの年齢:0歳• 保険料払込期間:10歳まで• 受取学資金総額:300万円• 学資金を受け取る年齢:18歳• 保険料:月額24,150円 10年間にわたって毎月保険料24,150円を払い込み 総額2,898,000円 、さらにそこから8年後まで待てば300万円を受け取れるしくみになっています。 払い込んだ保険料と比べてどれくらいに増えたかを示す「返戻率」は、103. 「年払い」にすると104. 10年間にわたって払い込みを続けた上、さらに8年後まで待った挙句、ようやくこの程度だと、やや寂しいと言わざるを得ません。 お客様にこのシミュレーションを見せると、多くの方は、「銀行に預けておくより利率は高いけど、ずっとお金が拘束されて、これしか増えないんじゃ割に合わないね。 」とおっしゃいます。 しかし、これでも保険会社にとっては精一杯なのです。 なぜこんな惨憺たる有様になってしまったかというと、長年続くマイナス金利政策の影響です。 保険会社の中には、採算が合わないため販売そのものを中止したところもあります。 徹底検証!学資保険のメリットはあるか? よく、「学資保険のメリット、デメリットは?」という問題の立て方がされます。 しかし、結論から言えば、私たちは現状、学資保険にはメリットが乏しいと考えています。 従来、学資保険のメリットとして、以下のことが言われてきました。 確実にお金を貯めていける• 貯蓄性に優れている• 万が一の時は保険料を免除してもらえる• 生命保険料控除が使える しかし、これらはいずれも、実質的にはメリットとは到底言えないものです。 以下、検証していきます。 「銀行に預けておくといつでも引き出して使ってしまう可能性があるため、学資保険に加入することで、ある意味、強制的に学費を貯めていける」という理屈です。 しかし、半ば強制的に継続してお金を積み立てる方法は、保険というジャンルの中だけでも他に選択肢があります。 しかも、学資保険よりも効率の良い保険があります。 したがって、半ば強制的にお金が貯められることを「『保険』のメリット」と言うならまだしも、敢えて学資保険に特有のメリットとして挙げることには無理があります。 そこで、よく、「学資保険の返戻率は減少の傾向にあるとは言うものの、それでも銀行預金に比べれば、大きな利息がつく優れた商品」と言われることがあります。 しかし、10年間にわたって払い込みを続けた上、さらに8年後まで待った挙句、数%程度増えるだけです。 しかも、途中で解約すると、払い込んだ総額よりも少ないお金しか戻ってきません。 やや寂しいと言わざるを得ません。 定期預金であれば、利息はほとんどつかないものの、途中で引き出しても元本割れすることはありません。 それと比べて、はたして加入のメリットが決定的に大きいとまで言えるのか、疑問があります。 これは、契約者 子どもの親 が死亡した場合と、高度障害状態に陥った場合に、保険料の払込が免除され、その後も積立が続いていくというものです。 しかし、保険料払込免除の制度は、学資保険に限らず、他の積立型の保険にも当然に認められていることですので、「学資保険のメリット」として敢えて挙げる意味はありません。 たしかに、学資保険の保険料は「一般生命保険料控除」の対象となっています。 所得税で最大4万円、住民税で最大2. 8万円が所得金額から控除される制度です。 しかし、実質的に考えると、この制度が学資保険のメリットになる可能性は限りなく低いと言えます。 また、学資保険でこの制度を活用するのは、健全な状態とは言えません。 想像してみてください。 子どもが生まれたら、最初に、どんな保険に入ろうと考えるでしょうか。 何をおいてもまず、自分に万一があった場合でも子どもがちゃんと生活できるように、ちゃんと教育を受けられるように、まず、生命保険にきっちり入ろうと考えるでしょう。 そうなれば、生命保険料控除の枠は、学資保険で使う前に、生命保険で使い切ってしまう可能性が高いと言えます。 少なくとも、学資保険で全部の枠を使える可能性は低いでしょう。 もし仮に学資保険で生命保険料控除の枠をフルに使うことがあるとしたら、生命保険を差し置いて学資保険を選ぶということです。 そんなことはまずありえないと言って良いでしょう。 したがって、「保険料が生命保険料控除の対象になる」という点は、現実的には学資保険のメリットにはなり得ないと言えます。 なお、生命保険料控除については「」で分かりやすく解説しています。 お時間ある時に、一度ご覧ください。 学資保険の2つの致命的デメリット このように、学資保険について従来メリットとされてきたことは、実は到底メリットとは言えないものです。 しかし、デメリットについては、確実に、デメリットであると断定できる点が2つあります。 いずれも致命的なものです。 デメリット1|インフレに弱い 学資保険に契約すると、18年後の返戻率が固定されます。 しかし、過去の物価の変動を振り返ってみると、4%増えると言っても、実はあまりお得ではないか、下手をすると実質的に損してしまう可能性もあるのです。 たとえば、軽自動車の新車は1990年当時は80万円くらいで買えましたが、今は100万円出しても買えません。 また、編集長の行きつけの東京都中野区のラーメン店では、ラーメン1杯の値段が1998年当時600円だったのが、今は750円になっているとのことです。 このことからすれば、将来は、今よりも円の価値が下落している可能性が高いのです。 これを「インフレリスク」と言います。 デメリット2|他の方法と比べて積立の効率が乏しい 学資保険は、保険料を払い込んでいる間は、そのお金は保険会社に拘束されることになります。 学資保険は最低でも10年以上の長期間に渡り保険料を支払うものなので、その間に大きな支出が必要になることもあるかもしれません。 マイホームや車の購入、思わぬ病気やケガで医療費がかかったり、収入が減ってしまう可能性もあります。 しかも、途中で解約すると元本割れする可能性が非常に高いものです。 なお、保険には貯まったお金の一部を借りられる「」という制度がありますが、あくまでも借金ですし、利子もつきます。 その上、先ほどお伝えしたインフレのリスクもあるのです。 このようなリスクがあるからには、積立の効率はシビアにとらえなければなりません。 少なくとも、他に効率の良い選択肢があるかどうか、検討する必要があります。 ポイントは以下の2つです。 積立の効率の高さ• リスクの内容・程度と対処法 保険を選ぶなら「米ドル建て」か「変額」を それでは、他の選択肢としてどのようなものが考えられるでしょうか。 保険を活用する方法、株式・投資信託・外国債等で運用する方法などがありますが、保険の分野で学資保険よりもおすすめできるものは、とです。 ぶっちゃけて言うと、保険の世界では、「円建て」の商品は、長く続くマイナス金利政策の影響を受け、軒並み積立の効率が悪くなっています。 最近まで学資保険の代わりとして人気があった円建ての「」は、現状では、実のところ、学資保険より少しマシな程度にとどまっています。 インフレリスクを払拭できるほどの積立効率があるかは心もとないと言わざるを得ません。 積立の効率の高さとリスクの低さを考えるならば、むしろ、「米ドル建て」「変額」といった商品を選ぶ方が賢明なのです。 共通するのは、 お金が大きく増える可能性が高い反面、リスクがあり、その内容と対処法をきちんと知って活用しなければならないということです。 米ドル建て終身保険|積立効率が高く、元本割れのリスクが比較的低い 米ドル建て終身保険は、日本円より利率の高い米ドルで積み立てを行うタイプの終身保険です。 終身保険は「掛け捨て」ではなく、 ある程度長く加入した後で解約すれば、支払った保険料総額を上回る「解約返戻金」を受け取れる商品が多くなっています。 また、終身保険は学資保険と違い、生命保険なので、 自分に万一があった時に、整理費用 葬儀代、墓代等 を賄う程度の額の死亡保険金を残せるという機能もあります。 さらに、解約のタイミングを自分で決められるので、必要な時にお金を引き出せるのもメリットです。 たとえば、子どもが大学に通う年齢になった時に十分な経済的な余裕があり、保険を解約して学資に充てる必要がなくなったのであれば、そのまま加入し続けて老後の資金に充てることもできます。 その間、返戻率は上がり続けます。 米ドル建て終身保険の積立効率はどのくらいか? 国内で低金利が続く現在、米ドル建て終身保険は、円建ての保険と比較して利率が非常に高くなっています。 実際にどのくらいの利率となるのか、D生命の米ドル建て終身保険(2020年6月時点)のプランをお伝えします。 この保険は、返戻率を高くしている代わりに、保険料払込期間中 10年間 の死亡保険金額が、それまでの保険料の総額に限られています。 なお、為替のレートはずっと1米ドル約110円で動かないものと仮定して計算します。 為替レートの変動については後ほどお伝えします。 契約者:30歳男性• 保険期間:終身• 保険料払込期間:10年間• 保険料(月額):151. 25$ 16,638円 このプランでの解約返戻金額・返戻率の推移は以下の通りです 1米ドル110円で計算。 学資保険と比べると、明らかに積立の効率が非常に高くなっています。 米ドル建て終身保険のリスクと対処法 ただし、知っておかなければならないのは「為替リスク」です。 米ドル建て終身保険の為替リスクは、突き詰めて検証してみると、それほど怖いものではありません。 また、対処も容易なものです。 以下は、円を米ドルに換金し、後で再び日本円に換金し直す場合のイメージです。 円安ドル高になった後で日本円に換金し直すとお金が増えますが、円高ドル安になった後で換金すると減ります。 このように、 為替リスクとは、円をドルに換金した後で「円高ドル安」になって、実質的に価値が目減りするリスクをさします。 なお、逆に「円安ドル高」になった場合は、ドルの価値 ドルを円換算した額 が上がり、得をします。 したがって、円の価値が下がってインフレになった場合、有利にはたらく可能性が高いと言えます。 ここで気付いた方もいらっしゃると思いますが、これは、先ほどお伝えしたインフレリスクの逆です。 その意味では、そこまで危険度が高いものではないと言えます。 なぜなら、保険料をその時々のレートで円をドルに換算して払い込むからです。 つまり、円高ドル安の時は払い込む保険料 円 は安く、円安ドル高の時は保険料は高くなります。 たとえば、今回お伝えしているD生命のプランだと、毎月の保険料が151. 25$ですので、払い込む金額 円 は、1$=110円 円安ドル高 の月は16,638円、1$=90円 円高ドル安 の月は13,613円になります。 長期間、毎年、あるいは毎月、一定の保険料を払い続ければ、リスクは分散されます。 また、支払期間が長くなるほど効果が高くなっていきます。 しかも、米ドル建て終身保険は返戻率が高く、加入期間が長くなればなるほどドルが増えていくので、それによって、円高ドル安による元本の減少をカバーできる可能性が高くなっていきます。 そのような極端な事態がどの程度発生しうるでしょうか。 可能性はかなり低いと言えます。 また、そういう最悪のケースに陥ったとしても、最悪、為替相場が回復するまで待つか、あるいは、返戻率がさらに上がるまで待つ方法があります。 ただし、その場合、子どもの学資に使いたいかんじんの時にお金を引き出せません。 これこそが、真に覚悟しておくべきリスクだと言えます。 為替のリスクの中身と対処法については、『』で詳しくお伝えしておりますので、ご覧ください。 このことからすれば、米ドル建て終身保険は、学資保険と比べて、 積立の効率が高く、かつ、リスクが比較的低い方法と考えて良いと言えます。 以上、学資保険の他に、積立の効率が高く、かつリスクも低く対処可能なものがあることを考えると、学資保険に加入することはデメリットが大きいと言えます。 まとめ 学資保険とは、子どもの学資を積み立てるしくみに特化した金融商品で、いわゆる「保険」の役割はないと言っても良いものです。 従来、学資保険のメリットとして挙げられてきた点は、きちんと検証を加えれば、いずれもメリットとは到底言えないものです。 逆に、インフレに弱い、他に良い積立方法がある、という致命的なデメリットがあります。 たとえば、米ドル建て終身保険は有力な選択肢の一つです。 現状、敢えて学資保険を選ぶメリットはないと言えます。 自分に合った積立方法を選ぶポイントは、「積立効率の高さ」と、「リスクの内容・程度・対処法」です。 それらの点に着目して、納得のいく方法を選び取っていただきたいと思います。 私たちも全力でお手伝いさせていただきます。

次の

保険料お払込方法の変更

学資保険 払込方法

学資保険の保険料の支払手段には、一般的な口座振替や送金などがありますが、クレジットカードで保険料を払うこともできます。 クレジットカード払いにするメリットとしては、「ポイントが貯まること」と「家計の管理がしやすくなること」です。 クレジットカード払いができる商品は、アフラック、JA共済、住友生命、三井住友海上あいおい生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命となっており、初回の保険料のみ取り扱っているのが、ソニー生命、かんぽ生命、第一生命、太陽生命となっています。 ただし、クレジットカード払いにする時の注意点もあり、カードの名義が契約者と同じではならないこと、カードの更新を忘れないこと、残高不足にならないように気を付けることが挙げられます。 最後には、各社の学資保険の支払手段と支払方法をまとめています。 ぜひ学資保険選びの参考にしてください! 学資保険はクレジットカード払いが可能か? 学資保険では毎月保険料を払い込んでいくのが一般的ですが、そのときにクレジットカードで払い込んでいくこともできます。 意外に思うかもしれませんが、学資保険を検討している人の中にはクレジットカード払いのできる商品を探している人もいます。 実際私が営業職員だった頃、双子のお子さんを持つお母さんに学資保険を勧めたところ、「クレジットカード使えますか?」と聞かれたことがあります。 まず、クレジットカード払いを含めた学資保険の保険料の支払手段と、クレジットカード払いにすることのメリット等をお伝えしていきます。 学資保険の保険料の支払手段 学資保険に限らず、保険全般の保険料の払込方法には、以下のものがあります。 口座振替などと異なり、自分から払いに行かなければなりません。 初回のみ利用できる会社もあります。 保険料の払い込みとなると、口座から引き落とされる方法しかないのかな?と思っていた人もいるかもしれませんが、クレジットカード払いを始め、多くの払込方法があるのです。 学資保険をクレジットカード払いにすることのメリット クレジットカード払いにすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか? 以下の2つのメリットが考えられます。 どこのクレジットカードを利用するかにもよりますが、ポイントが貯まっていくのが1番のメリットになります。 学資保険の保険料は契約にもよりますが、毎月10,000円~15,000円は支払うことになります。 それが約10~20年近く続きます。 そして貯まったポイントで買い物をしたりすることができます。 家庭によっては、普段の買い物は現金ではなく全てクレジットカードを使っているという人もいると思います。 カード派の人にとっては、学資保険の保険料もカード払いできれば、家計の管理がしやすくなるという人もいると思います。 クレジットカードの支払い状況は、今ではスマートフォンの専用アプリで簡単に確認することができます。 普段スーパーでの買い物や公共料金をクレジットカードでしている人にとっては、特におすすめです。 学資保険を現金払いにした方がお得なケースはある? 逆に、現金払いにした方がお得なケースはあるのでしょうか? 学資保険の保険料の支払い方法には、年払い・半年払い・月払いがあるのが一般的です。 年払い・半年払いでは割引され、月払いよりも払い込む保険料の総額は少なくなります。 現金払いにした方がお得なケースは、クレジットカード払いの月払いにしたときに貯まっていくポイントと現金で年払い・半年払いにしたときに安くなる金額、どちらが大きいかによります。 例えば、ソニー生命の「学資金準備スクエア」の契約例でみると、保険金額2,000,000円で払込期間が10年間となると、 ・月払いの保険料は15,540円となり、総額は1,864,800円になります。 ・年払いの保険料は185,080円となり、総額は1,850,800円となります。 一方、還元率0. このように、カードで払った場合のポイントよりも、現金で年払い・半年払いしたときに安くなった金額の方が大きくなれば、現金払いにした方がお得といえます。 そのうち初回のみ使えるのが4商品です。 学資保険のクレジットカード払いでお得なのは月払い?一括払い? 次に、カード払いにしたときに、お得になるのは月払いか、一括払いかについて、解説していきます。 保険料の支払い方法には、先ほども述べたように、年払い・半年払い・月払いの他に、一括払いと全期前納払いがあります。 一括払いとは、契約時に一括で保険料を支払う方法で、月払いとは対照的です。 全期前納払いとは、保険料の総額を保険会社が一旦預かり、1年ごとに支払いに充てる方法です。 これは、所定の率で割り引いているからです。 他のカード払いができる会社の中にも、このように支払い方法に制限がある場合もありますので、確認するようにしましょう。 どのクレジットカードで学資保険を支払うのがお得か? 次に、学資保険の保険料を支払う際のおすすめのクレジットカードをご紹介します。 ポイントとしては、「還元率が高い」「年会費無料」「ポイントの使い道が多い」の3点が当てはまるカードをご紹介します。 例えば、最初の保険料月15,000円を半年間このカードで支払ったとすると、1か月で300ポイント、6か月で1,800ポイントにもなります。 さらに、500ポイントから商品交換ができ、「Amazonギフトカード」や「iTunesギフトコード」「WAONポイント」「Tポイント」「ファミリーマート」などを利用できます。 年会費は無料なので安心して利用していくことができます。 さらに、2019年9月30日まで発行した人を対象に、所定の条件を満たせば、8,500ポイントがプレゼントされます。 これは楽天市場で買い物をする人に特におすすめです。 オリコカードTHE POINTよりも取り扱っているブランドが多く、「マスターカード」「アメリカン・エキスプレス」「VISA」「JCB」となっています。 貯めたポイントは、マクドナルドやツルハ、くら寿司、Joshinなどで利用できます。 ただ地方では見かけない加盟店が多いのが難点でしょうか。 2019年6月24日まで、カード新規入会と利用で、7,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っています。 ぜひ学資保険の支払いのためだけに使うカードというよりは、それ以外の目的でも活用できるようなカードを見つけてみましょう。 これはクレジットカード払いできる保険会社のホームページに記載されています。 例えば、アフラックのホームページには「カードは、保険契約者の名義のものに限る」としっかり記載されています。 契約者をお父さんにする場合には、クレジットカードはお母さんのものを使うのではなく、自分のものを利用するようにしましょう。 クレジットカードには有効期限があります。 その有効期限が切れる前に、新しいカードの更新手続きを行わなければいけません。 学資保険の保険料は10年以上支払うことが多いです。 その間にクレジットカードの更新時期は来ます。 特に特別な手続きは必要ありませんが、更新をしないと無効のカードとなってしまい、保険料が引き落とされないことになるので、注意しましょう。 クレジットカードを申し込むときに指定した銀行口座にお金が十分に入っていないと、残高不足となり保険料を支払うことができません。 常に、口座に十分なお金があるかどうか、確認しましょう。 まだ学資保険がどういったものだか分からないお父さん、お母さんは理解を深めていきましょう! 学資保険の特徴 学資保険は、子どもの教育資金を貯めていくための保険です。 後ほどご紹介しますが、子どもを進学させるためには多額のお金が必要になります。 加入後、保険料を一定期間払い込んでいき、高校入学時や大学入学時、在学中に保険金を受け取る仕組みとなっています。 このような貯蓄の機能を持つ保険ではありますが、契約者となるお父さん、お母さんが万一死亡したり、高度障害になった場合には保険料が免除されつつも、受取時期にはしっかりと保険金を受け取れる保障の機能も持ち併せています。 貯蓄と保障の両方の機能を持っているため、お父さん、お母さんは安心して確実に、教育資金を貯めていくことができます。 事実、高校生以下の子どもを持つお父さん、お母さんの46. 産後は子育てに忙しくなり、加入したいと思っていても手続きをする時間が取れないことも容易に想像できます。 出産前から加入することによって、先述した契約者の万一の保障も出産前からついてきます。 そういった点においても、安心して教育資金を貯めていくことができます。 特約には、保険料払込免除特約や医療特約などがあります。 医療特約については、通院まで保障してくれる商品もあります。 現在はケガなどは通院で治していく時代なので、通院まで保障してくれるとより安心感が増しますよね。 そしてこの求めた控除額を使って、還付金額を求めることになります。 返戻率をアップさせる方法はいくつかありますが、その方法を使っても5年前ほどの返戻率は実現できません。 税金のかかり方には2パターンあり、契約者と受取人が同じ場合には所得税と住民税がかかり、所得税は雑所得か一時所得になります。 契約者と受取人が異なる場合には、贈与税がかかります。 ソニー生命の調査によると、子どもの教育資金に不安を感じている親が72. 不安に感じる理由として1番多かったのが、「どのくらい必要になるかわからないから」でした。 確かに、今後どれくらい必要になってくるか明確にならないと、毎月どのくらい教育資金のために貯めていこう、保険にかけていこうというのが見えてこないですよね。 「高校、大学は私立」などとある程度進んでほしい道を決めている人もいれば、「それぞれの学校の教育費が分からないから、まったく決めていない」という人もいると思います。 教育費を貯めていく上で特にポイントとなるのが、「大学に進学させるかどうか」です。 国立にするか、私立にするか、文系にするか、理系にするか、1人暮らしをさせるかで必要な金額も全く異なります。 そこで、大学進学にかかるお金を中心にみていきます。 大学の中でも国立なのか、私立なのかで大きな差があり、私立医歯系大学で1人暮らしをした場合には、なんと30,000,000円近くもかかります。 シミュレーションをしていくことで、どのように保険料を払い込んでいき、どのように受け取っていくのかが分かるようになります。 スタンダードなパターンを2つご紹介します。 ・大学入学時18歳で400,000円、19歳で400,000円、20歳で400,000円、21歳で400,000円、22歳で400,000円と、総額2,000,000円を受け取る。 ・大学入学時に一括で2,000,000円を受け取る。 シミュレーションは各保険会社のホームページで行うことができます。 一部の会社ではシミュレーションサイトを設けていません。 その場合には、問い合わせて見積もりを出してもらいましょう。 学資保険の返戻率をアップさせる方法 次に、返戻率をアップさせる方法をご紹介します。 先ほども述べたように、学資保険の返戻率は昔と比べると下がっています。 これから紹介する返戻率アップの方法を理解して、できるだけ受け取れる金額を多くできるようにしましょう。 学資保険は加入年齢を早くすることで、返戻率を上げることができます。 メリットでも説明したように、出産前から加入できる商品もあります。 出産前に加入することによって契約年齢が1歳下がるのであれば、出産前の加入も検討してみましょう。 払込期間を短くするとは、例えば18歳払済を10歳払済にするといったことです。 もちろん払込期間を短くすることで、毎月の保険料は上がります。 先ほど、保険料の支払い方法には月払い・半年払い・年払い・全期前納払い・一括払いがあると説明しました。 その中でも一番総額が安くなるのが、一括払いです。 一括払いを取り扱っていない商品もあります。 その場合には、一番総額が安くなる支払い方法を検討してみてください。 例えば、保険金額を2,000,000円にするよりも3,000,000円にした方が返戻率は高くなります。 このように返戻率をアップさせる方法はいくつもあります。 営業職員は1つの学資保険契約に対して、多くの見積もりを出してきます。 一括払いは取り扱っているのか?この商品の中で一番返戻率が高くなる支払い方法は何なのか、聞いてみるのもアリです。 学資保険に加入するならいつがいい? 学資保険はなるべく早めに加入しましょう。 理由は遅くなってしまうと、 ・返戻率が下がってしまう ・保険料が上がってしまう ・保障の開始が遅くなってしまう からです。 もちろん子どもが2歳、3歳になってからでも、加入できますが、その場合、契約できるプランに限りが出てくることがあります。 例えば、アフラックの「夢みるこどもの学資保険」だと、17歳払済と18歳払済にできるのは子どもが満7歳までとなっていますが、10歳払済だと満5歳までしか契約できなくなります。 そういった契約のプランの幅が狭まるということも踏まえて、学資保険をなるべく早く加入するようにしましょう。 今回は、それぞれの商品で取り扱っている支払方法と支払手段(経路)を中心にご紹介していきます。 まだどこの会社の商品にしようか決めかねている人は、ぜひ参考にしてみてください。 保険金額2,000,000円の払込期間10年、年払いで108. この保険の支払手段(経路)と支払方法については、 ・支払方法 月払い、半年払い、年払い、全期前納払い ・支払手段 口座振替、送金、店頭、クレジットカード(初回のみ) となっています。 ・支払方法 月払い、半年払い、年払い、全期前納払い ・支払手段 口座振替、送金、店頭 以上が主な商品の支払方法と支払手段についてです。 月払いはどの商品にもありますが、半年払いは取り扱っていないところもあります。 ぜひ参考にしてみてください。 クレジットカード払いにすると、一見難しそうに思うかもしれませんが、ポイントが貯まっていくことは非常に大きいことなので、ぜひ皆さんに選択肢の1つとして考えてもらいたいです。 ご紹介したとおり、還元率の高いクレジットカードもあります。 クレジットカードは即日発行できるものもありますので、気になるカードがあればぜひ申し込んでみてください。

次の

知らないと損する学資保険と税金の関係~所得税や贈与税がかかるタイミングと注意点

学資保険 払込方法

確実に保険料を払い続けることができる方法を選びました。 学資保険に加入することを決めた時に考えたのが、払込方法です。 今までは光熱費やスマホ代のように、学資保険も毎月保険料を払うんだろうと思っていました。 しかし月払以外にも年払・半年払があることを知りました。 月払がスマホ代などと同じで毎月保険料を払い込むことに対して、半年払は半年分の保険料をまとめて払い込まなければなりません。 年払は1年分の保険料をまとめて払い込むことになります。 学資保険に加入するにあたって子供のためにも絶対に途中で解約はしたくないと思っていましたので、半年払や年払の方がトータルで払い込む保険料は安くなりますが、まとまったお金を準備しておく必要があることも踏まえて、満期までの期間が長い分、何があるかわからないので確実に保険料を払い続けることができる方法を選びました。 現在の生活に支障の無い範囲の金額を計算して設定しました。 学資保険の保険料は家計に無理のない金額で払っており、毎月口座から自動引き落としにしています。 口座からの自動引き落としでなければ現金を使ってしまいそうなので、3人の子供分すべてそうしています。 学資保険の払込期間は加入年齢が生まれてすぐというわけではなかったので17~18年保険料を払い込み続けるプランにして、なるべく使わず満期までそのまま据え置きにしていこうとは考えています。 保険料に関しては現在の生活に支障の無い範囲の金額を計算して設定しました。 入学などの節目で進学学資金が受け取れますし、安心感はありますね。 年齢が低いほど保険料の負担も軽くなる傾向があるので、子供を持つご家庭ならば学資保険はお勧めします。 家計のやりくりなど計画性が必要ですが、娘が18歳で進学するタイミングなども考えたうえで決めました。 私が結婚した年は21歳で旦那が23歳でした。 私たちは、子供ができたのをきっかけに田舎にもどることにしましたが、田舎では仕事もなく貯金も出産費用しかありませんでした。 子供が産まれたタイミングで学資保険の加入を検討することになり、学資保険のパンフレットや知人などの情報を参考にする機会がありました。 月々5,000円位ならなんとか払い込みができそうと考えていました。 子どもが0歳の時に加入すると1歳以降に契約するとき比べて保険料が割安だというので満期で100万円支払われる保険に加入しました。 保険料を払うのは家計のやりくりなど計画性が必要ですが、娘が18歳になり進学するタイミングなども考えたうえで決定しました。 計算上でも私の場合は100万円で十分進学準備ができ、契約をして良かったと思いました。 自分たちの払い込みが無理なく続けられ、また実際に将来設計が立てやすいかから考えました。 学資保険というのは、そもそも子供の成長を考えた保険です。 なるべく出産したら早いタイミングで保険料の払い込みがスタートできることが負担を少なくできる方法です。 子供の成長は、節目節目で違っていきます。 幼稚園入園、小学校入学、中学校入学、高校入学、そして大学入学です。 この中で、やはり最も大変なのが大学入学からの4年間だと思います。 そこにポイントを置くと、やはり18歳までに保険料の払込が終わるのがいいのかなと私は考えました。 月々の保険料は満期までに貰える金額により異なります。 自分たちの払い込みが無理なく続けられることを考え、また実際にどのくらい貰えると将来設計が立てやすいかを考え、月払の金額を計算してもらい決定しました。 学資保険は満期時にすべてを受け取る型と、各節目の年に受け取れる型がありますが、子供が小さい時にはなかなか働くことは難しく、成長過程で予想以上に出費がかさむことを考え、無理なく払い続けられるように後者を選択しました。 それにより、保険料の払込も、無理なく続けられているのかなと思います。 確実に保険料を払える方法を選ぼうということで決めました。 学資保険は保険料の払込期間がとても長い商品です。 そして大切な子供の将来のための備えなので途中で保険料を払えなくなって解約することになるという事態には絶対になりたくありませんでした。 保険料を払い込む方法として、年払、半年払、月払などがありますが私は月払を選びました。 年払の方が月払と比べると1か月あたりの保険料の負担が軽くなるというメリットがあって、どちらで加入するかとても迷いました。 1年の保険料の差は少しでも満期までの17年になると結構な金額になってしまうからです。 どちらにするか悩んだ時に私が考えたことは、これから子供が大きくなって満期を迎えるまでに何があるかわからないということです。 今はボーナスがあってもなくなるかもしれないし、確実に保険料を払える方法を選ぼうということで月払に決めました。 無理なく少しずつ貯金するような感覚でスタートしたかったからです。 学資保険の払込方法を月払にした理由は、いくつかあります。 一番は、無理なく、毎月のお給料から、少しずつ貯金するような感覚で、スタートしたかったからです。 年払にまとめてすることも、可能ではありますが、もしかしたら、急に家族の誰かが病気になったり、まとまったお金が必要なことも考えられます。 そうした場合、簡単に解約やお金を下ろすことができない学資保険に、まとまったお金を使うことは、リスク管理としては、我が家の家計では、あまり良い選択肢ではない、と思いました。 学資保険では、わが子の大学進学の資金を想定しているので、まとまった金額が、必要となります。 契約する前に、見積もりを作っていただく際に、目標金額を月々に分割して、具体的な数字を目にしたことで、毎月の家計から、その分は、絶対不可欠な支出として、天引きすることとし、それ以外の残った金額で生活することにしたので、無駄遣いなどが減りました。 年払できるほどのまとまったお金を工面することが現実的ではなかったため。 我が家が学資保険の保険料の払込方法を月払にした理由は、年払できるほどのまとまったお金の工面をすることが現実的ではなかったためです。 年払にした方が、払込保険料総額が安く抑えられるので、まとまった額が貯まるまで待つことも考えましたが、そうするとなると夫の契約年齢も子供の年齢も変わってきてしまい、結果、若い年齢で契約するときに比べて割高になりそうだったのですぐに契約し月払で払込することにしました。 また、契約者が死亡すると以降の保険料が払込免除となる保障があると知ったのも大きな理由です。 月々払い込みするのも大変ではありますが、コツコツ教育費用(教育資金)を準備している実感があり、資金を準備することが苦手な私には向いていました。 少しでも費用を抑えて教育費用(教育資金)を準備できるから。 学資保険を年払にすることで、少しでも費用を抑えて 教育費用(教育資金)の準備ができると思います。 出産祝いやお年玉でいただいた分を含めて年に1回まとめて払うと、月々の負担は軽くなるので得した気分になります。 実際に月払より少し戻り率(返戻率)がよくなるようです。 払込方法についても変更が可能ということだったので、月々の払込にしたほうが気分が楽になるときは変更したいと思います。 年に一度子どもたちへのお年玉をまとめてしている、と思えば、セールや福袋などの誘惑が多いシーズンも乗り切ることができます。 お金の価値としてはその時に使うのと変わりませんが、将来何かしたいときに必要な資金がある安心感と、今年も無事に1年過ごせますようにという願いも含んでいます。 確実に保険料を払い込める方法を選ぼうということで月払に決めました。 学資保険は保険料払込期間がとても長い商品です。 そして大切な子供の将来のための備えなので途中で保険料を払えなくなって解約することになるという事態にはなりたくありませんでした。 保険料を払い込む方法として、年払、半年払、月払などがありますが私は月払を選びました。 年払の方が月払と比べると1か月あたりの保険料が少なくなるというメリットがあって、どちらで加入するかとても迷いました。 1年の保険料の差は少しでも、満期までの17年になると結構な金額になってしまうからです。 どちらにするか悩んだ時に私が考えたことは、これから子供が大きくなって満期を迎えるまでに何があるかわからないということです。 今はボーナスがあってもなくなるかもしれないし、確実に保険料を払い込める方法を選ぼうということで月払に決めました。 まとめて払い込むことによって払込総額を少しでも抑えたいと思ったからです。 払込方法を年払にした理由は、まとめて払い込むことによって払込総額を少しでも抑えたいと思ったからです。 学資保険に第一に求めるものは貯蓄性です。 将来かかるであろう多額の教育費を賄うために、少しでも少ない保険料で多くの進学学資金等を手にできるというのは非常に魅力的でした。 また我が家の場合、年払にした方が家計のやりくりがシンプルでわかりやすくなるといった点も決め手でした。 通常、月々の生活費の収支は一定ではありません。 食費や光熱費だって違いますし、税金の支払いや冠婚葬祭など思いがけない出費で家計が苦しくなることもあります。 そうした中で月の払い込みに頭を悩ますよりも、ボーナスなどまとまった収入がある時に一括で払い込んでしまった方が家計の管理がしやすいと思い、年払を選択しました。

次の