頂く 戴く。 「頂く」と「戴く」の違い!不自然にならない使い分け方法とは?

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

頂く 戴く

「頂く」って何気なくよく使うけど、正しい意味で使えてるのかな…?「いただく」とどう違うんだろう。 「頂く」も「いただく」もビジネスシーンで使い分けることは重要ですが、「どちらを使えばいいんだろう?」と迷ってしまう場合もありますよね。 「頂く」には2通りの意味があり、 1つは「もらう」「食べる」「飲む」といった動詞の敬語表現で、もう1つは「していただく」と他人から動作をしてもらうことです。 ひらがなの「いただく」の場合はどちらの意味でも使いますが、漢字の「頂く」は動詞の敬語表現だけで使われています。 本記事では、「頂く」と「いただく」の違いや、それぞれの使い方と例文、類語について解説します。 この記事を読んでいただければ、ビジネスシーンで「頂く」と「いただく」を適切に使いこなすことができますよ。 ぜひ、最後までご覧ください。 <例文>• お客様からお叱りを 頂戴しました。 お名前を 頂戴してもよろしいですか?• お食事は 頂戴したので、もう。 「頂く」よりもさらに上品な表現や丁寧な表現をしたい場合は「頂戴する」の方を使うようにしましょう。 3-3.「頂く」と「下さる」の違い 「下さる」は「くれる」を丁寧に表現した言葉です。 「物をもらう」という意味で使えるので、その点では「下さる」は「頂く」と共通しています。 また「下さる」には「相手に何かをしてもらう」という意味があるので、その点でも「頂く」と同じです。 ただ「頂く」は「自分が相手に頼んだ結果として、なにかをしてもらう」という意味があります。 対して、 「下さる」は自分が頼んだかどうかに関係なく、単に「相手になにかをしてもらう」という場合に使うのです。 例えば以下のように使われます。 <例文>• 贈り物を 差し上げます。 以前 差し上げたお菓子はいかがでしたか?• 一度食べた物を 戻してしまいました。 気分が悪くなって 戻してしまったようです。 「頂く」の意味によって、反対語が「差し上げる」か「吐く(戻す)」と変わるので、その時の意味によって反対語を必要があります。 まとめ 「頂く」は「もらう」「食べる」「飲む」の丁寧語と謙譲語としての使い方と、「相手に何かをしてもらう」という使い方があります。 「頂く」には、複数の意味や使い方があるため、何を意味しているのかを意識することが大切です。 「頂く」を使うときは、ビジネスシーンで誤解が生じないように、他の似ている言葉と使い分けていきましょう。

次の

「頂く」と「戴く」の違いとは?

頂く 戴く

「頂く」と「戴く」は同じ意味を持つ言葉と考える• 「頂く」と「戴く」で迷ったら「頂く」を用いる• 動詞の「頂く=戴く」と補助動詞「いただく」は区別が必要 「頂く」と「戴く」は同じ意味を持つ言葉と考える 「頂く」と「戴く」という二つの言葉。 同じ意味を持つ言葉として解説している辞書もあれば、異なる意味を持つ言葉として解説しているものもあり、解釈はまちまちです。 インターネット上でも、 「頂く」は行為 「戴く」は物品 などという「頂く」と「戴く」の分類をよく見かけますが、 辞書の王様『広辞苑』は同じ意味の言葉として解説しています。 実際に、「頂く」と「戴く」が同じ意味の言葉であることを物語っているこんな古いことわざがあるのをご存知でしょうか。 「 頂くものは夏も小袖」 他人からもらえるものなら季節はずれで不要なものでももらっておこう、という意味を持ったことわざです。 このことわざで使われているのは「 行為」に使われるはずの「 頂く」ですが、このことわざは物品の受け取りに関する言葉です。 このことわざからも、 「頂く」と「戴く」は同じ意味で使われる言葉である。 二つの言葉の違いを分類することはそれほど意味がないことであるとご理解いただけるかと思います。 そこで、「頂く」と「戴く」の二種類の表記は同じ意味を持つ言葉であるという辞書の王様の解釈を前提として説明を進めてまいります。 「頂く」と「戴く」で迷ったら「頂く」を用いる 「頂く」と「戴く」。 両者の言葉の意味するところが同じということであれば、どちらを使っても間違いないということになります。 しかし、迷ったら「頂く」を使うことを筆者は強くお勧めします。 お勧めするのには理由があるからです。 しかも解釈の余地がない明確な理由が。 理由はひとつ。 「頂く」は常用漢字だからです。 常用漢字は、役所の公用文や学校教育の分野で使われることが規定され、新聞や雑誌などの公共性が高い出版物の中でも原則として使用されています。 ちなみに学校のテストの解答は常用漢字を使うことが求められています。 もしも 答案用紙に「戴く」と書いてしまったら、それは間違いと評価されます。 なお学校の教育現場の外では、常用漢字だから正しい。 それ以外は誤り。 決してそのようなわけではありません。 しかし、常用漢字を用いていれば間違いと言われることはほぼ無くなります。 動詞の「頂く=戴く」と補助動詞「いただく」は区別が必要 「頂く」と「戴く」は同じ意味の言葉であると述べましたが、意味が決定的に異なる「いただく」という言葉が存在します。 この点、注意が必要です。 間違えると恥をかきます。 「頂く」も「戴く」も、いずれも動詞です。 しかし、動詞ではない「いただく」という言葉が存在するのです。 動詞ではなく補助動詞。 他の動詞にくっついて使われる言葉です。 例えば、 【お客様にご来店いただく】 お客様が来店する。 来店してもらう。 来店するという動詞だけでも十分に意味は通じますが語尾に「いただく」を付け加えることで丁寧で改まった表現に変身します。 この動詞を丁寧で改まった表現に変身させてしまう時の「いただく」は補助動詞と呼ばれ、 補助動詞として「いただく」を書く際は、「頂く」でも「戴く」でもなく、ひらがなの「いただく」を使うことが原則です。 「頂く」と「戴く」/「いただく」の違いと正しい使い分けまとめ 以上、説明が長くなりましたので、再び混乱してしまった方もおられるかも知れません。 最後に今一度、「頂く」と「戴く」「いただく」の正しい使い分け方をまとめておきます。

次の

「頂く」と「戴く」の違いとは?お金やビジネスでの使い分けも解説

頂く 戴く

頂く・戴く(いただく)• 「もらう」の謙譲語• 「飲む」「食べる」の謙譲語 また、「霜を頂く(戴く)」のように「頭にのせる」という意味や、「お小言を頂く(戴く)」のように「叱られる」という意味もあります。 複数の意味をもつ「頂く」「戴く」ですが、ビジネスシーンでは主に「もらう」「飲む」「食べる」の謙譲語として使用しましょう。 「頂く」と「戴く」の違いは「常用漢字か否か」 「頂く」と「戴く」の違いは、常用漢字か否かにあります。 「頂く」は常用漢字なのに対し、「戴く」は常用外漢字であるため公用文では「頂く」が使用されるのです。 一部では「頂く」は「物」に対して、「戴く」は「行為」に対して使用されるという意見もありますが、辞書によるとそのような使い分けは表記されていません。 「頂く」と「戴く」の使い方の違い 「頂く」は「お金を頂く」「食べ物を頂く」のように使う 「頂く」の使い方には「お金を頂く」や「食べ物を頂く」があります。 「お金をもらう」「食べ物をもらう」ことを意味しており、「お金を戴く」「食べ物を戴く」とも表します。 また、目で見てわかる「物」以外にも、「愛情を頂く」や「意見を頂く」のような使い方されます。 「戴く」は敬意を表す状況に適している 同じ意味をもつ「頂く」「戴く」ですが、相手への敬意を強調したい状況では「戴く」が使用されます。 「戴く」を使った熟語をみると「身分の高い人から丁寧に承ること」を意味する「奉戴(ほうたい)」や、「即位のしるしに王冠を頭にいただくこと」を意味する「戴冠(ほうかん)」のように使われています。 このことから、「戴く」は「頂く」よりも、敬意を表す状況で使われるのです。 ビジネスでは主に「頂く」が使われる ビジネスシーンでは主に「頂く」が使用されます。 常用漢字である「頂く」は公用文だけでなく、ビジネス文書へも適しているのです。 ただし、かしこまった状況では、相手へ敬意を表すためにわざと「戴く」を使用することもあります。 「頂く」と「戴く」を使った例文• やりがいと言えば、やはりお客様から感謝の言葉を頂く瞬間だろう• 我が社へのご支援を戴きたく、こちらまで伺いました ・手紙を頂く(動詞) ・手紙を書い(動詞)ていただく(補助動詞) 「話していただく」や「返していただく」のように補助動詞として「いただく」を使用する場合、「話して頂く(戴く)」や「返して頂く(戴く)」とならないよう、注意しましょう。 ひらがなの「いただく」を使った例文• わざわざ作っていただくなんて、申し訳ないです• 全てを話していただく必要はありません• ここまで良くしていただいたのですから、お礼はさせてください 「頂く」「戴く」の類語と英語表現 「頂く」「戴く」の類語は「頂戴」 「頂く」「戴く」と似た意味をもつ言葉(類語)は、「頂戴(ちょうだい)」です。 「頂戴」とは「もらう」のへりくだった表現で、「飲む」「食べる」をへりくだって表す状況でも使われます。 ただ、「頂戴」は「塩を取って頂戴」「プレゼントを買って頂戴」のように、親しみをこめて促す気持ちを表す言葉でもあります。 へりくだった表現として使用する場合、前後に敬語を加えて使用しましょう。 「頂く」「戴く」は英語で「Get」 「頂く」「戴く」の英語表現には「Get」が当てはまります。 「Get」の意味は複数あり、なかには「もらう」「してもらう」という意味も含まれます。 「Get money(お金をもらう)」「Get some food(食べ物をもらう)」のように使いましょう。 まとめ 「頂く」「戴く」には複数の意味があり、主に「もらう」「飲む」「食べる」の謙譲語として使われます。 同じ意味をもつ「頂く」と「戴く」の違いは常用漢字か否かにあり、「戴く」の方が敬意を表す状況で多く使用されます。 ビジネスシーンでは主に「頂く」が使われますが、相手への特別な気持ちを表したいときは「戴く」を使ってみましょう。

次の