京王線 計画 運休。 台風19号の計画運休はいつから?JR東日本/私鉄/新幹線(2019)

在来線運行状況

京王線 計画 運休

1,372mmの理由 主な理由 詳細な内容 東京都電のレール幅を採用 京王線が開業した1910年代当時は東京都電に合わせて1,372mmの線路幅にする私鉄が存在。 京浜急行、京成も同じく1,372mmに統一。 京王線でも改軌論争はあったものの結局実施には至らず。 改軌工事のタイミングを失った 改軌工事は工期が長いため長期にわたって運休にしなければならない。 利用者が増えた今では困難で改軌が不可能。 東京都電のレール幅を採用 京王線が初めて開業したのは1911年の笹塚~調布間である。 当時は他の関東私鉄でもレール幅を1,372mmにするところが複数事例があった。 この1,372mmは東京都電が採用していた規格。 今では都電といえば荒川線しか残っていないものの、ここでも1,372mmが使われているのはこのため。 京王線と同じように京成電鉄も1,372mmで新線を建設した。 京浜急行でも元々は1,435mmで建設したものの、品川駅から東京市電への乗り入れ計画が浮上したことで、路面電車で使われていた1,372mmへ改軌した。 その後、今度は三浦半島に路線網を持っていた湘南電鉄を京浜急行が買収したことで、それらの路線への乗り入れを行う計画が持ち上がった。 湘南電鉄は標準軌を1,435mmの線路幅だったため、1933年に1,435mmへ再度改軌した。 元々はいずれも東京都電に合わせる形で自社の路線を建設したため、馬車軌間の1,372mmの規格を採用した背景がある。 戦後も改軌を行わなかった 京成電鉄は都営浅草線および京浜急行線への直通運転を行うため、戦後の1959年に1,372mmから1,435mmへ改軌した。 京成/京急が後に改軌した背景 京浜急行は戦後は1,435mmの標準軌にて鉄道を運行し、そこに都営浅草線という地下鉄が建設されることが決まり、京急と京成それぞれとも相互直通運転を行うことが前提となっていた。 京王線でも都営新宿線の建設の際に相互直通運転を行うことで、京王電鉄側に1,067mmまたは1,435mmへの改軌工事を行うよう東京都側から打診された。 しかし、京王電鉄は長期的に運休することが余儀なくされ、すでに沿線人口が増えていることで、改軌工事は不可能と回答した。 結局1,372mmのまま改軌されることなく、都営新宿線が1,372mmで建設されることとなった。 京急や京成と違って、直通先に自社のレール幅を合わせてもらうことができた点が、戦後も改軌工事を実施しなかった理由と判断できる。 改軌工事のタイミングを見失った 京急は東京都電、旧湘南電鉄に合わせる形で改軌を実施した。 京成は京急に合わせる形で改軌を実施した。 これら2社が標準軌へ変更できたのはタイミングがたまたまあったことに共通する。 しかし、京王線の場合は都営新宿線の運行事業者である東京都側からの打診こそはあったものの、都営新宿線がまだそもそも建設されていなかった段階だったことで、改軌工事を実施しないという選択肢が選べた。 どうしても狭軌または標準軌にしなければならないような状態には至らなかったことこそが、京急・京成とは違ってそのまま1,372mmの「馬車軌間」を継続して利用してきた理由になる。 >> 1,372のデメリット 馬車軌間の1,372mmのデメリットとは次の通りである。 相互直通運転が困難• 車両の導入に支障が出る 他社線との相互直通運転を検討する際のネックになる。 他の私鉄、地下鉄各線は1,067mmの狭軌か1,435mmの標準軌がほとんど。 今後京王線と相互乗り入れを行うという案が浮上したとしても、レール幅が理由で直ちに廃案になるだろう。 車両の導入にも支障が出る。 1,372mmを採用する鉄道事業者は、専用軌道は京王電鉄のみのため、「中古車」を導入することは不可能。 絶対的に新車を投入するしか方法はない。 大手私鉄で経営が安定しているため、中古車を導入するようなことはないとは思えるが、それの可否でいえば不可になる。

次の

計画運休(東京)台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況も

京王線 計画 運休

台風19号(2019)の進路予想~関東上陸はいつ? 台風19号は、10月8日朝の時点で、「猛烈な勢力」にまで発達したそうです。 今後も温かい海水上を進むため、勢力を落とさずに北上し、近畿や関東に接近すると予測されています。 台風19号は、10月12日(土)から13日(日)にかけて、関東を直撃する可能性があるそうです。 【 に備えて】昨日の予報と同様、今週末(12~13日)に台風が強い勢力を維持したまま接近するおそれがあります。 最新の を用いて5日先までの警報級の現象について確認し、早めの対策をとってください。 接近時の勢力は先月の台風15号に匹敵。 暴風域がはるかに大きく、影響範囲は格段に広くなるおそれがあります。 非常に強い台風19号(ハギビス)は12日 土 夜には東海や関東に上陸する見込みです。 大雨、高波、高潮、停電などにも厳重に警戒が必要です。 計画運休や飛行機の欠航などが決定しているところもあります。 そのため、上陸する前から、広範囲で雨や風による影響を受けることが予想されています。 台風19号(2019)による電車の計画運休の可能性は? 計画運休とは、事前に利用者に告知したうえで電車を運休することです。 9月の台風15号が関東を直撃した際には、首都圏のほとんどの電車が計画運休を実施しました。 過去の台風15号のときの計画運休についてはにまとめています 今回の台風19号についても、関東を直撃する進路予測のため、計画運休の可能性は大きいと思われます。 【追記】 10月9日の報道で、JR東日本をはじめ小田急や東武鉄道など多くの私鉄が計画運休をすでに検討を始めていると伝えられました。 計画運休を実施する場合は前日までには公表したいとのことです。 ということは、10日(木)から11日(金)にかけて鉄道各社から計画運休の告知が始まる可能性があります。 この記事の後半で、鉄道各社の発表を更新しながらご紹介しています 台風19号(2019)電車の計画運休はいつから? 台風19号による電車の計画運休がどのタイミングで行われるかについては、今後の台風の進路が大きく影響します。 現時点(10月8日お昼)の予想によると、10月12日(土)の夜中、 13日(日)3時ごろに関東に接近・上陸する可能性があるということです。 【追記】10月11日時点での予報では、13日(日)3時には栃木方面に台風の予測円があり、上陸はもう少し早めになりそうです。 秋雨前線の影響もあり、台風の接近前から大雨となることも心配されています。 台風の暴風域が大きいので、影響が広範囲で長時間におよぶ恐れがあるそうです。 早めの対策が必要ですね! 【追記】10月10日時点での予報では、台19号による雨風のピークは、関東の場合は10月12日(土)12時ごろから13日(日)6時ごろまでとなっています。 【三連休初日の外出は極めて危険】 台風19号が関東や東海に直撃するおそれがあり、首都圏を含めた広い範囲で災害発生のおそれがあります。 三連休初日のお出かけは極めて危険ですので、事前にスケジュール調整をお願いします。 12日(土)に外出の予定がある方は、各鉄道会社の発表をまめにチェックされることをお勧めします。 【追記】山陰新幹線および相鉄線では12日(土)午前中から計画運休を行う可能性があるとのと発表がありました! 出来るだけ、10月12日(土)の外出の予定は見合わせることをお勧めします! 前回の台風15号の時は、台風が通過した翌朝、ほとんどの電車が点検と倒木や土砂の除去などの対応に追われ、始発から何時間も運転を見合わせることとなりました。 JR東日本では、翌朝8時まで運転見合わせとの事前発表でしたが、お昼まで運転が再開されない区間もありました。 今回も、10月13日(日)午前中は、天気が回復したとしても、電車が止まっている可能性はあります。 すべては、今後の台風19号の進路次第ですが、十分にリスクを想定しておきたいところです。 台風19号 計画運休の発表タイミングはいつ? 気になるのが、いつ計画運休の具体的なスケジュールが鉄道会社各社から発表されるのかという点ですよね。 現時点(10月9日6時)では、台風19号による具体的な計画運休の発表は、確認ができませんでした。 【追記】鉄道会社各社から、計画運休の発表がされはじめています。 後半で情報を更新しながらご紹介します。 参考として、台風15号のときの計画運休の発表タイミングを振り返ってみたいと思います。 台風15号が関東に上陸したのが9月8日の夜中でした。 その前日7日には、まだ計画運休のお知らせは鉄道会社各社からありませんでした。 9月8日の午前中から、一部の電車で計画運休を発表がされ始め、8日14時ごろまでには新幹線含めて多くの鉄道会社が、計画運休の具体的な情報を次々と発表しました。 つまり、上陸の12時間前頃ということになります。 ただ、その発表タイミングでは遅い!!との指摘も。 9月8日の午後にすでに外出先にいた人は、前もって終電が早まるなどの情報を得ることができず、帰れなくなった人もいたようです。 台風15号のときの教訓から、鉄道会社各社は、早めに計画運休の発表を行うことも考えられます。 今回の台風19号は10月12日(土)から13日(日)にかけて、関東に上陸する恐れがあるため、 早ければ10月11日(金)に計画運休の発表がされる可能性があるのではないでしょうか。 各鉄道会社の公式サイトやツイッターを注目していきたいと思います。 いつどんな発表がされるかわかりませんので、随時チェックができるように この記事の後半では、各鉄道会社のサイトへのリンクをご紹介しています。 【追記】10月8日午後の記者会見で、JR東日本の社長は次の通りコメントしたと報じられました。 「前回の台風15号の反省を踏まえ、運転再開時の対応、情報周知について準備を進めている。 混乱が起きないような形にしていきたい」 やはり、早めに計画運休の告知が行われる可能性が高いです。 さらに、10月9日の報道で、JR東日本をはじめ小田急や東武鉄道など多くの私鉄が計画運休をすでに検討を始めていると伝えられました。 計画運休を実施する場合は前日までには公表したいとのことです。 ということは、10日(木)から11日(金)にかけて鉄道各社から計画運休の告知が始まる可能性があります。 台風19号2019 計画運休情報(JR東日本・私鉄・新幹線) 計画運休の可能性があることの告知が始まっています。 具体的な時間については10月11日中に各社から発表される予定です。 以下に発表内容について情報を更新しながらご紹介します。 いつ発表がされるかわかりませんので、各鉄道会社のサイトへのリンクもご紹介します。 東海道新幹線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 10月12日(土)• 台風の進路が西寄りになり、12日朝から東海道新幹線管内が暴風域に入る予報となったことを踏まえ、時間帯を繰り上げて計画運休を実施• 東京駅~名古屋駅間:始発から終日運転を取りやめ• 名古屋駅~新大阪駅間:以下の列車を運転(各駅に停車)し、それ以外の列車の運転を取りやめ<下り> のぞみ 95号(名古屋駅6:20発、新大阪駅7:10着、博多駅 9:40着) ひかり491号(名古屋駅6:35発、新大阪駅7:33着、博多駅10:11着) こだま691号(名古屋駅6:51発、新大阪駅7:53着) <上り> のぞみ200号(新大阪駅6:00発、名古屋駅6:48着) ひかり504号(新大阪駅6:08発、名古屋駅7:17着) のぞみ100号(西明石駅6:00発、新大阪駅6:23発、名古屋駅7:13着)• 山陽新幹線は、午前中より新大阪駅~岡山駅間において運転取り止めが発生する可能性• その他の区間においても運転本数を減らして運転する可能性 10月13日(日)• 安全の確認が取れ次第、運転を開始• 通常よりも列車の本数を減らしての運転や、運転を取りやめる場合がある 【追加臨時列車】 ・10月11日(金)に、以下の臨時「のぞみ」号を運転 (下り) のぞみ375号(東京駅14:53発、品川15:00発、新横浜15:12発、名古屋16:38発、京都17:16発、新大阪駅17:30着) 10月11日(金)夕方以降、各駅で大変な混雑が予想されるため、早めの移動が推奨されています。 JR東日本の各線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 10月12日(土) 各路線で以下の時間までにすべての電車の運転を取りやめ• 9時頃まで:伊東線• 10時頃まで:東海道線・横須賀線・相模線• 11時頃まで:横浜線・八高線• 12時頃まで:京浜東北線・宇都宮線・高崎線・埼京線・川越線・武蔵野線・吾妻線・烏山線• 13時頃まで:南武線・鶴見線・上越線・信越本線・日光線・両毛線 10月13日(日)• 少なくとも昼頃までの運転を取りやめる予定 京急線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 台風の接近にともない、10月12日(土)昼頃から13日(日)昼頃までの間で運転を見合わせる場合があります。 小田急線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 10月12日(土)• 始発から特急ロマンスカーの運転と東京メトロ千代田線との直通運転を休止• 一般列車は12時以降に列車本数を減らして、15時以降の運転を取りやめ 10月13日(日)• 始発から午前中点検完了までの間、小田急全線で列車の運転を取りやめ 東急線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 台風19号の接近により、10月12日(土)~13日(日)午前中にかけて、東急全線は本数を減らした運転や、運転の取りやめ(計画運休)を実施する予定です。 お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、最新の気象情報や運行情報に十分ご注意ください。 また、不要不急の外出は極力お控えくださいますようお願いいたします。 京王線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 台風19号の接近に伴い、10月12日(土)の正午以降順次、本数を減らして運転し、概ね14時頃までにはすべての列車の運転を取り止める予定です。 相鉄線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 10月12日(土)• 午前10時頃より順次列車の運転本数を減らし、午前11時頃より終日運転を見合わせ 10月13日(日)• 台風の影響により運転を見合わせる場合あり 東武線における運休情報 10月11日11:00時点での情報です。 台風19号が関東地方へ接近すると予想されていることから、今後の進路および気象状況によっては10月12日(土)から10月13日(日)にかけ、全線において計画運休を実施する可能性があります。 10月12日(土)から10月13日かけ多くの特急が運休(詳しくはへ)• 運行情報は、11日(金)13時頃に発表予定 西武線における運休情報 10月11日12:00時点での情報です。 前回の台風15号での計画運休を参考に考えると、 このまま関東を直撃する進路を台風19号が進めば、 10月12日(土)午後から計画運休が開始される可能性があります。 台風による被害が大きければ、翌日13日(日)の午後まで電車の運転が見合わされる可能性も。 お出かけの予定のある方は、今後の鉄道各社の発表をこまめにチェックされることをお勧めします。 こちらでも、情報を更新してご紹介していきたいと思っています。

次の

台風19号(ハギビス)計画運休いつからいつまで(JR東日本,西日本,九州)や私鉄(小田急,京王線,阪急)など

京王線 計画 運休

京王線の笹塚~調布間を複々線化する計画は長年議論の的となっている。 連続立体交差事業と並行して、緩行線を高架上、急行線を地下に線路を建設するという計画が有力になっている。 都心のターミナル駅である新宿駅から相模原線と分岐する調布駅までは、京王線の中で慢性的なダイヤが過密状態となっている区間。 従来の複線区間となっているだけでなく、地上を走っていることから踏切が多数存在する。 しかも、列車の運行本数がかなり多いことからいわゆる「開かずの踏切」が多数存在する。 京王線は日本一開かずの踏切が多い路線としても悪名高い。 複々線化は京王線で輸送力が大幅に改善できる有力な方法であるのは間違いない。 混雑率の緩和もかなり期待できる。 高架化もしくは地下化する事業計画も存在するが、いずれも完成には至っていない。 一般道路と線路が交差する場所が多い点から、人身事故が多発する原因ともなっている。 複々線の計画 区間 複々線の状況 新宿~笹塚 整備済 笹塚~明大前 計画中 明大前~千歳烏山 計画中 千歳烏山~つつじヶ丘 計画中 つつじヶ丘~調布 計画中 京王線で慢性的な過密ダイヤとなっているのは新宿~調布間である。 しかし今のところ複々線化が完成しているのは新宿~笹塚のみである。 団子運転と呼ばれる電車の渋滞が起きるのも残りの複線区間である。 調布駅から西側は京王線(本線)と相模原線で分離するため、まだダイヤには余裕がある。 しかし、調布以東は完全に過密状態になっている。 京王線は混雑がひどいのに複線のまま 京王線は首都圏の中でもトップクラスの輸送人員を誇る私鉄である。 都心と住宅街が広がる郊外を結ぶ路線として非常に重要な立ち位置となっている。 都心のターミナル駅が新宿駅ということもあって、京王電鉄の収益性は非常に良い。 しかし、混雑がひどいというデメリットも抱える。 乗客数が多くて混雑するため、電車の運行本数もかなり多い。 しかし、複線のままのため、線路容量の限界に達していて飽和状態になっている。 複々線がほとんどないことによる悪い影響はかなり大きいと断定できる。 連続立体化事業が先行 現在のところ、京王線の課題解決として最優先となっているのが笹塚〜仙川間の約7. 2kmの連続立体化事業である。 「開かずの踏切」が多数存在していることが地域の大きな問題となっているため、当面は高架化する方向で進められる。 この区間が立体化すれば、区間内の踏切25カ所が撤去される見通しだ。 慢性的な交通渋滞、あるいは地域の分断が解消されるだろう。 また、ダイヤの過密による電車の渋滞を減らすために駅構内の改良も進められていくこととなっている。 千歳烏山と明大前の2面4線化である。 これによって、緩急接続が行える駅が増える。 また2つの線路を同時に使えることで発着を同時に行えるようになる。 よりスムーズな運行ができるようになるということで、京王線が走る地域ではかなり注目されている事業ではないだろうか。

次の