ノースロップ グラマン。 [NOC]ノースロップグラマン 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

ノースロップ・グラマン、豪MQ

ノースロップ グラマン

2015年の ()で展示されているMQ-8Cファイア・スカウト 2010年5月3日、ノースロップ・グラマンはMQ-8Bに自律制御を加えて改良したヘリコプターを飛行させる計画を発表した。 それはFire-Xと名付けられ、米海軍への無人貨物補給能力を実証するためのものであった。 無人機Fire-Xはアリゾナ州の ()で2010年12月20日に 初飛行に成功した。 2012年4月23日にノースロップ・グラマンは海軍から2億6,230万ドルの契約を受注し、新しく指定されたMQ-8Cファイア・スカウトを製造した。 この作業には当初2機の開発用航空機と6機の低価格生産機が含まれていた。 海軍は海軍特殊作戦部隊用に28機のMQ-8Cを必要としている。 2013年3月、海軍はエンジンをMQ-8Cに組み込み、 ()パワーを5%増加、燃料消費量を2%削減、定格離陸電力を8%増加、さらに信頼性を向上させた。 ベル 407ベースのMQ-8Cの飛行可能時間は12時間、飛行可能範囲は150海里 280km 、および約318kgのペイロード 可積載容量 でありMQ-8Bの2倍の飛行可能距離 時間]と3倍のペイロードを備えている。 2013年7月上旬、ノースロップ・グラマンは最初のMQ-8Cを海軍に納入した。 地上試験はシステムが適切に機能し、最初の飛行を行う前に地上管制局と通信することを確認するために行われた。 MQ-8Cはソフトウェア、アビオニクス、ペイロード、および付属機器をMQ-8Bと共有している。 自律制御を使用したMQ-8Cファイア・スカウトの初飛行は2013年10月31日に ()で行なわれた。 MQ-8Cはノースロップ・グラマンと海軍が共同で運用した。 ノースロップ・グラマンは2013年11月25日に2番目のMQ-8Cを納入した。 同社では14機のヘリコプターを製造する契約を結んでいる。 MQ-8Cは、2014年12月16日に駆逐艦に搭載されてテストを開始し、4時間以内に22回の着陸と回復を実行した。 テストは12月19日に完了し、3回の飛行で32回の離陸と回収を実行した。 ノースロップ・グラマンは () STARLite レーダーを搭載したMQ-8Cデモ機を飛行させたが、当時はMQ-8Cにレーダーは不必要であった。 海軍は2014年7月にMQ-8Cのレーダーの情報を、表面探索、 、 ()、および気象モード機能とともに収集し始めた。 MQ-8Cは、2018年に ()任務を、2020年に機雷対策任務を遂行する準備ができている。 本機の最初の配備は2016年に行われ、 LCS に50海里 93km 半径の 諜報・監視・目標捕捉および偵察 能力を与えることが可能となった。 ファイア・スカウト計画部ではエアフレーム自体を装備してより多くの任務を実行するか、大型のヘリコプターによる有人無人混成チームに焦点を合わせるかを検討している。 2016年5月26日にはMQ-8C用のオスプレイ30軽量AESAレーダーの契約を締結した。 360度、 50kgの空中レーダーは、航空機の胴体の周りに配置された固定パネルを使用し、それぞれに11kgをわずかに超える重量のアンテナを取り付ける。 最初の運用可能なMQ-8Cは2014年12月に米海軍に引き渡された。 最終的な開発飛行は327フライトで450時間が完了した後、2015年4月29日に完了した。 2015年8月、ノースロップ・グラマンは11時間の飛行でMQ-8Cの耐久性を実証した。 2015年11月20日、MQ-8Cは3週間の運用評価期間を完了し、11フライトで83. 4時間にわたって無人ヘリコプターのシステムパフォーマンス、耐久性、および信頼性を評価した。 これまで、航空機は427フライトで730飛行時間を記録した。 艦船からのテストは2017年に開始され、 2018年7月、航空試験および評価飛行隊1は、 で実施されたMQ-8Cの初期運用試験および評価を終了した。 MQ-8Cは2019年6月28日にミッション対応 任務投入可能 が宣言された。 敵艦艇の致死性を高めることを含むLCSの焦点の変更と並行して、MQ-8Cの役割は、目標捕捉および監視データの提供に焦点を当てるように変更された。 MQ-8Cは7管 連装 APKWS誘導ロケットポッドを運ぶことができたが、LCSには船のすべての武器を保管するために使用される武器保管庫が1つしかなく、航空機に武器を搭載するためのスペースは十分ではなかった。 MQ-8Cは、兵器プラットフォームとして運用する代わりに、その長い航続性とレーダーを使用して、LCSに高度な視野外からの目標捕捉機能を提供することになった。 なお、MQ-8Cは最大6個のミサイルチューブを搭載可能である。 運用国 [ ]• 仕様 [ ]• National Defense Magazine. 27 February 2018. Aviation International News. 10 July 2019. US Government Accountability Office. 117—8 2015年3月. 2015年7月15日閲覧。 1m remains to be spent on procurement with 96 airframes to be acquired which will all be MQ-8C, the total budget mixes in cheaper MQ-8B's. Flightglobal. com, May 4, 2010. Flightglobal. com, December 16, 2010. Flightglobal. com, April 24, 2012. - Rolls-Royce. com, March 4, 2013• - Flightglobal. com, December 24, 2014• com, 23 December 2014• - Northrop Grumman press release, July 19, 2013• - Flightglobal. com, November 1, 2013• - Flightglobal. com, November 25, 2013• - Nationaldefensemagazine. org, 17 December 2014• - Ainonline. com, 25 January 2013• - Flightglobal. com, July 22, 2014• - Breakingdefense. com, December 17, 2014• - Shephardmedia. com, February 24, 2015• - Flightglobal. com, 4 September 2015• - Flightglobal. com, 10 June 2016• - Defensenews. com, 10 June 2016• navaldrones. com 2014年12月3日. 2015年4月13日閲覧。 - NAVAIR. Navy. mil, 4 May 2015• - Deagel. com, 25 August 2015• - Navyrecognition. com, 1 December 2015• Scott, Richard 2018年7月9日. USNI News. 9 July 2019. 1970年1月1日閲覧。 Northrop Grumman. Retrieved 22 April 2015. 外部リンク [ ]•

次の

ノースロップ・グラマン アメリカ海軍向け超軽量魚雷を開発 | ガジェット通信 GetNews

ノースロップ グラマン

2015年の ()で展示されているMQ-8Cファイア・スカウト 2010年5月3日、ノースロップ・グラマンはMQ-8Bに自律制御を加えて改良したヘリコプターを飛行させる計画を発表した。 それはFire-Xと名付けられ、米海軍への無人貨物補給能力を実証するためのものであった。 無人機Fire-Xはアリゾナ州の ()で2010年12月20日に 初飛行に成功した。 2012年4月23日にノースロップ・グラマンは海軍から2億6,230万ドルの契約を受注し、新しく指定されたMQ-8Cファイア・スカウトを製造した。 この作業には当初2機の開発用航空機と6機の低価格生産機が含まれていた。 海軍は海軍特殊作戦部隊用に28機のMQ-8Cを必要としている。 2013年3月、海軍はエンジンをMQ-8Cに組み込み、 ()パワーを5%増加、燃料消費量を2%削減、定格離陸電力を8%増加、さらに信頼性を向上させた。 ベル 407ベースのMQ-8Cの飛行可能時間は12時間、飛行可能範囲は150海里 280km 、および約318kgのペイロード 可積載容量 でありMQ-8Bの2倍の飛行可能距離 時間]と3倍のペイロードを備えている。 2013年7月上旬、ノースロップ・グラマンは最初のMQ-8Cを海軍に納入した。 地上試験はシステムが適切に機能し、最初の飛行を行う前に地上管制局と通信することを確認するために行われた。 MQ-8Cはソフトウェア、アビオニクス、ペイロード、および付属機器をMQ-8Bと共有している。 自律制御を使用したMQ-8Cファイア・スカウトの初飛行は2013年10月31日に ()で行なわれた。 MQ-8Cはノースロップ・グラマンと海軍が共同で運用した。 ノースロップ・グラマンは2013年11月25日に2番目のMQ-8Cを納入した。 同社では14機のヘリコプターを製造する契約を結んでいる。 MQ-8Cは、2014年12月16日に駆逐艦に搭載されてテストを開始し、4時間以内に22回の着陸と回復を実行した。 テストは12月19日に完了し、3回の飛行で32回の離陸と回収を実行した。 ノースロップ・グラマンは () STARLite レーダーを搭載したMQ-8Cデモ機を飛行させたが、当時はMQ-8Cにレーダーは不必要であった。 海軍は2014年7月にMQ-8Cのレーダーの情報を、表面探索、 、 ()、および気象モード機能とともに収集し始めた。 MQ-8Cは、2018年に ()任務を、2020年に機雷対策任務を遂行する準備ができている。 本機の最初の配備は2016年に行われ、 LCS に50海里 93km 半径の 諜報・監視・目標捕捉および偵察 能力を与えることが可能となった。 ファイア・スカウト計画部ではエアフレーム自体を装備してより多くの任務を実行するか、大型のヘリコプターによる有人無人混成チームに焦点を合わせるかを検討している。 2016年5月26日にはMQ-8C用のオスプレイ30軽量AESAレーダーの契約を締結した。 360度、 50kgの空中レーダーは、航空機の胴体の周りに配置された固定パネルを使用し、それぞれに11kgをわずかに超える重量のアンテナを取り付ける。 最初の運用可能なMQ-8Cは2014年12月に米海軍に引き渡された。 最終的な開発飛行は327フライトで450時間が完了した後、2015年4月29日に完了した。 2015年8月、ノースロップ・グラマンは11時間の飛行でMQ-8Cの耐久性を実証した。 2015年11月20日、MQ-8Cは3週間の運用評価期間を完了し、11フライトで83. 4時間にわたって無人ヘリコプターのシステムパフォーマンス、耐久性、および信頼性を評価した。 これまで、航空機は427フライトで730飛行時間を記録した。 艦船からのテストは2017年に開始され、 2018年7月、航空試験および評価飛行隊1は、 で実施されたMQ-8Cの初期運用試験および評価を終了した。 MQ-8Cは2019年6月28日にミッション対応 任務投入可能 が宣言された。 敵艦艇の致死性を高めることを含むLCSの焦点の変更と並行して、MQ-8Cの役割は、目標捕捉および監視データの提供に焦点を当てるように変更された。 MQ-8Cは7管 連装 APKWS誘導ロケットポッドを運ぶことができたが、LCSには船のすべての武器を保管するために使用される武器保管庫が1つしかなく、航空機に武器を搭載するためのスペースは十分ではなかった。 MQ-8Cは、兵器プラットフォームとして運用する代わりに、その長い航続性とレーダーを使用して、LCSに高度な視野外からの目標捕捉機能を提供することになった。 なお、MQ-8Cは最大6個のミサイルチューブを搭載可能である。 運用国 [ ]• 仕様 [ ]• National Defense Magazine. 27 February 2018. Aviation International News. 10 July 2019. US Government Accountability Office. 117—8 2015年3月. 2015年7月15日閲覧。 1m remains to be spent on procurement with 96 airframes to be acquired which will all be MQ-8C, the total budget mixes in cheaper MQ-8B's. Flightglobal. com, May 4, 2010. Flightglobal. com, December 16, 2010. Flightglobal. com, April 24, 2012. - Rolls-Royce. com, March 4, 2013• - Flightglobal. com, December 24, 2014• com, 23 December 2014• - Northrop Grumman press release, July 19, 2013• - Flightglobal. com, November 1, 2013• - Flightglobal. com, November 25, 2013• - Nationaldefensemagazine. org, 17 December 2014• - Ainonline. com, 25 January 2013• - Flightglobal. com, July 22, 2014• - Breakingdefense. com, December 17, 2014• - Shephardmedia. com, February 24, 2015• - Flightglobal. com, 4 September 2015• - Flightglobal. com, 10 June 2016• - Defensenews. com, 10 June 2016• navaldrones. com 2014年12月3日. 2015年4月13日閲覧。 - NAVAIR. Navy. mil, 4 May 2015• - Deagel. com, 25 August 2015• - Navyrecognition. com, 1 December 2015• Scott, Richard 2018年7月9日. USNI News. 9 July 2019. 1970年1月1日閲覧。 Northrop Grumman. Retrieved 22 April 2015. 外部リンク [ ]•

次の

ノースロップ・グラマン社、オム・プラカシュ氏をノースロップ・グラマン・ジャパンの最高責任者に任命

ノースロップ グラマン

航空自衛隊の次期F-3戦闘機の開発コンペに、米ノースロップ・グラマン社が新たに名乗りを挙げた。 ロイターが複数の情報筋の話として伝えている。 ノースロップとロッキードは、1990年代に米空軍の次期戦闘機開発で激しく争った歴史がある。 世界最大手のライバル同士が、日本を舞台に再び火花を散らすことになるのだろうか。 同社は既に日本政府の情報開示依頼書(RFI)に答えており、日本側の防衛担当者と予備的な会談を行ったとされる。 その中で、F-3開発に貢献できるテクノロジーを列挙したという。 F-22譲りのステルス性と強力なツイン・エンジン、F-35の汎用性の高い内部ペイロードを兼ね備えたマルチロール機になるだろうと見られている。 日本政府はもともとF-22の輸入を希望していたが、米政府が機密保持を理由に同機の輸出を禁止したため、自国生産または海外との共同開発にシフトした経緯がある。 ロッキード案は、ある意味、米国側の禁輸措置と日本の当初の希望の両方に配慮した折衷案と言えるかもしれない。 ノースロップの参入にもF-22の影がちらつく。 同社は1990年代の米空軍のATF(先進戦術戦闘機)のコンペで、F-22を打ち出したロッキードに対し、YF-23ブラック・ウィドウで対抗。 水平尾翼と垂直尾翼を廃して一対のV字尾翼とすることでステルス性を高めた意欲的な機体だったが、米空軍は、より保守的ながら小型で整備性や汎用性が高いF-22を選んだとされる。 これを前提に、ノースロップはF-22とロッキードにリベンジを果たそうとしているという論調が米メディアに広がっている。

次の