年末 ジャンボ 宝くじ 当選 番号。 第818回 全国自治宝くじ(年末ジャンボ)|当せん番号案内

年末ジャンボミニ宝くじ2019当選番号 第819回 結果発表

年末 ジャンボ 宝くじ 当選 番号

2019年に発売された『 第818回年末ジャンボ宝くじ当選番号』の抽選発表は、大晦日の12月31日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 1等 前後賞 1億5千万円 1等前後の 番号 1等組 違い賞 10万円 1等組違い 同番号 2等 1000万円 127組 153771番 2等 1000万円 112組 160975番 2等 1000万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3,000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 抽選日:2019年12月31日 火 大晦日 支払期間:2020年1月7日 火 ~2021年1月6日 火 同時に年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は大晦日の12月31日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 年明けでしばらくたってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 *これは2019年度の年末ジャンボ宝くじの支払期間です。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページでも確認ができます。 年末ジャンボ宝くじの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、年末ジャンボの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去の年末ジャンボ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2000年以降のデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 組 番号 2019 39 153893 2018 96 122234 2017 165 186859 2016 104 167038 2015 86 106608 2014 92 169296 2013 23 130916 2012 61 195280 2011 52 42 124980 163770 2010 84 142297 2009 32 138339 2008 13 191717 2007 83 136917 2006 96 142573 2005 24 158537 2004 43 181793 2003 40 160793 2002 12 108708 2001 29 134687 2000 55 173389 *2011年度は1等番号が2つあります。 2015年から1ユニットが1000万枚から2000万枚へと変更になり、組数も200組まで増えました。 やはり2015年から 1ユニット数が倍になったことで、組数も倍になりさらに1等が当たりにくくなったことが挙げられます。 スポンサードリンク 年末ジャンボがハズレてもちょっと待って! 年末ジャンボ宝くじの抽選結果と、手持ちの券を見比べて見事当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実はその ハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれた年末ジャンボにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。

次の

2019年【年末ジャンボ宝くじ10億円】第818回 当選番号速報!令和元年

年末 ジャンボ 宝くじ 当選 番号

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 — 第1回 —• サマージャンボ宝くじやドリームジャンボ、年末ジャンボなど 億万長者を夢見て、宝くじを買い漁る人間たちが毎度宝くじ売り場に長蛇の列をつくる——。 しかしながら バカにしてはいけない。 確率は低いにしても、1千万円以上の高額当選者というのは、 年間で3千本、計算してみると 1日に8名もの小金持ちが誕生しているということだ。 一般人にしてみれば、せいぜい当たって1万円。 それ以上の当選は遠い親戚の中に1人くらいいるか、いないかだと思う。 数年前、私が裏社会ライターとして走り回っていたころ、紹介を受けた 闇金融業者のA氏から興味深い話を聞いた。 「ウチの客の中にサマージャンボで 1億円当選した奴がいるよ。 でもわからんもんで、今では借金まみれでしぼられて、もう汗の一粒も出ない状態だよ」 な、なんと! サマージャンボで 1億円も当てたのに 今では借金大王とはこれいかに! ありえない話だろう、そんなこと。 御大層な一軒家を建てたとしてもお釣りはくるし、残りの金で贅沢しながらリッチなサラリーマンとして、悠々自適な生活ができるじゃないか! 「ウチラの世界に堕ちてくる連中ってのは、まぁちょっとおかしな奴が多い。 大金掴んで狂っちゃったんだろな」 「そうですか…」 「おう、 ちょっと会って、 そいつの記事でも書いてみるか?」 4年前の大阪曽根崎町の中華屋。 私は高額当選して人生を狂わせた50がらみの男と会うことにあいなった。 やってきたのは平凡すぎるオヤジだった 西田春夫さん(仮名・56歳)は久々に口にする日本酒に喉を鳴らせた。 「いやぁ、やっぱりこれですわぁ……。 もうねぇ、 これしか楽しみがないからね」 毛羽だったタートルネックに薄汚れたダウンジャケット、ノーブランドのよくわからないセカンドバッグを片手に、男は待ち合わせ場所に立っていた。 話を聞こうと連れてきた中華屋の座敷で1日の疲れを洗い流すかのように一杯のコップ酒を呷ったのだった。 「あのう、本当に高額当選されたんですか? あの、別に疑っているわけではないんですけど……」 「ははは、見えんでしょうね、そりゃ。 でも、 私の話を聞けばわかってもらえると思いますよ」 「ああ、あの謝礼はお支払いしますんで……」 「 それとぉ、酒ぇ……」 「ええ、どんどん召し上がってください」 彼は、安物の燗した白鶴で再び口を湿らせると、 宝くじ高額当選後のおぞましき半生を話しはじめた。 ごく普通の人生を歩んできたのに、ある日…… それは、平成14年のことでした。 そのころ、私は兵庫の物流会社の営業課長として仕事をしていました。 年収800万円。 生活は中の中。 妻と子供ふたりで、マイホーム持ち。 平凡なサラリーマン家庭です。 酒も付き合い程度、煙草も吸わんし、趣味も読書くらいのもんです。 それと、毎度1万円未満、数千円をつぎ込む宝くじ購入くらいですかね。 つまらない人生の男です。 そのころ、嫁さんとはいつも冗談めいたことばっかり言うてました。 「1億円でも当選したら、おまえにベンツ買うたるわ、な! 5年落ちのステップワゴンももうすぐ車検やし、ええ車買わんと!」 「あほちゃうか、そんなん当たるわけないやん! 毎回毎回、宝くじ代がもったいないわ」 今考えると、 このころが一番幸せやったんです。 やっぱり皮算用してるくらいってええんですよ。 その日は、毎日の習慣通り、トイレで新聞を読んでました。 僕は通勤の道すがらにある販売窓口で機械にかけてもらうので、宝くじの当選番号欄なんて普段は見ないんです。 でも、その日に限ってなんとなく番号を目で追ってたんですね。 そしたら、 自分が買うた連番の宝くじの番号に見覚えが……。 ちょ、ちょ、ちょっと! トイレからズボンも上げずに飛び出して、仏壇の前に飾ってある宝くじを袋を破って取り出します。 ふたつを照らし合わせると、まさしく同じ番号! そうです。 2等が当たってしもうたんです。 総販売枚数でいえば、 全体で3本。 「お父さん、どないしたん?」 嫁さんの声も耳に入ってきませんわ、そりゃ。 全身が震えて、情けないけどその場に腰砕け。 「あ、あ、あ、当たった! 当たってしもうた! 宝くじ当選したんや!」 番号を確認して、飛びあがった嫁さん。 次の瞬間には腰と手足がしだれ柳みたいになってしまいました。 1時間ほどその場でぼんやりして、その日の晩は枕元に当選くじを置いて、 夫婦ふたりで一睡もできしませんでした。 周囲の利用客に聞こえないように、窓口で小さい声で用件を伝えると、そのまま応接室へ。 まもなく宝くじ部署の人間と、副支店長がうやうやしくあいさつにやってきました。 「 おめでとうございます! 当選されておりますね。 ではこれから、当選券と売り場の照合をいたします。 預かり証を発行いたしますので、2週間ほどお待ちくださいませ」 と、相手は腹の足しにもならん紙切れを渡すだけ。 なんや、今すぐくれへんのかいと……。 免許と印鑑で本人確認なんて、こんなええかげんなもんでホンマに「1億くれるんかい」と、 ちょっと疑いましたよ、それは。 「 受け渡しの際なのですが、当選金の1億円を持ち帰られますか? 当行の通帳へ入金させていただきますが、いかがいたしましょう?」 「そんなもん現金で持ち歩くなんて怖いわ、通帳へお願いします」 「 では、入金前に1億円ご覧になりますか?」 「そんなん見られますの?」 「当選されたのですから、当然です。 では、 ご用意させていただきます!」 2週間後、再び家族連れで大阪支店の応接室へ。 担当者と支店長、警備員が見守る中で、テーブルの上に置かれた ビニール袋の札束が10個。 ひとつが1千万ということですわな。 さすがに家族でポカンと眺めてるだけでした。

次の

年末ジャンボミニ宝くじ当選番号 (第819回)|2019年12月31日

年末 ジャンボ 宝くじ 当選 番号

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 — 第1回 —• サマージャンボ宝くじやドリームジャンボ、年末ジャンボなど 億万長者を夢見て、宝くじを買い漁る人間たちが毎度宝くじ売り場に長蛇の列をつくる——。 しかしながら バカにしてはいけない。 確率は低いにしても、1千万円以上の高額当選者というのは、 年間で3千本、計算してみると 1日に8名もの小金持ちが誕生しているということだ。 一般人にしてみれば、せいぜい当たって1万円。 それ以上の当選は遠い親戚の中に1人くらいいるか、いないかだと思う。 数年前、私が裏社会ライターとして走り回っていたころ、紹介を受けた 闇金融業者のA氏から興味深い話を聞いた。 「ウチの客の中にサマージャンボで 1億円当選した奴がいるよ。 でもわからんもんで、今では借金まみれでしぼられて、もう汗の一粒も出ない状態だよ」 な、なんと! サマージャンボで 1億円も当てたのに 今では借金大王とはこれいかに! ありえない話だろう、そんなこと。 御大層な一軒家を建てたとしてもお釣りはくるし、残りの金で贅沢しながらリッチなサラリーマンとして、悠々自適な生活ができるじゃないか! 「ウチラの世界に堕ちてくる連中ってのは、まぁちょっとおかしな奴が多い。 大金掴んで狂っちゃったんだろな」 「そうですか…」 「おう、 ちょっと会って、 そいつの記事でも書いてみるか?」 4年前の大阪曽根崎町の中華屋。 私は高額当選して人生を狂わせた50がらみの男と会うことにあいなった。 やってきたのは平凡すぎるオヤジだった 西田春夫さん(仮名・56歳)は久々に口にする日本酒に喉を鳴らせた。 「いやぁ、やっぱりこれですわぁ……。 もうねぇ、 これしか楽しみがないからね」 毛羽だったタートルネックに薄汚れたダウンジャケット、ノーブランドのよくわからないセカンドバッグを片手に、男は待ち合わせ場所に立っていた。 話を聞こうと連れてきた中華屋の座敷で1日の疲れを洗い流すかのように一杯のコップ酒を呷ったのだった。 「あのう、本当に高額当選されたんですか? あの、別に疑っているわけではないんですけど……」 「ははは、見えんでしょうね、そりゃ。 でも、 私の話を聞けばわかってもらえると思いますよ」 「ああ、あの謝礼はお支払いしますんで……」 「 それとぉ、酒ぇ……」 「ええ、どんどん召し上がってください」 彼は、安物の燗した白鶴で再び口を湿らせると、 宝くじ高額当選後のおぞましき半生を話しはじめた。 ごく普通の人生を歩んできたのに、ある日…… それは、平成14年のことでした。 そのころ、私は兵庫の物流会社の営業課長として仕事をしていました。 年収800万円。 生活は中の中。 妻と子供ふたりで、マイホーム持ち。 平凡なサラリーマン家庭です。 酒も付き合い程度、煙草も吸わんし、趣味も読書くらいのもんです。 それと、毎度1万円未満、数千円をつぎ込む宝くじ購入くらいですかね。 つまらない人生の男です。 そのころ、嫁さんとはいつも冗談めいたことばっかり言うてました。 「1億円でも当選したら、おまえにベンツ買うたるわ、な! 5年落ちのステップワゴンももうすぐ車検やし、ええ車買わんと!」 「あほちゃうか、そんなん当たるわけないやん! 毎回毎回、宝くじ代がもったいないわ」 今考えると、 このころが一番幸せやったんです。 やっぱり皮算用してるくらいってええんですよ。 その日は、毎日の習慣通り、トイレで新聞を読んでました。 僕は通勤の道すがらにある販売窓口で機械にかけてもらうので、宝くじの当選番号欄なんて普段は見ないんです。 でも、その日に限ってなんとなく番号を目で追ってたんですね。 そしたら、 自分が買うた連番の宝くじの番号に見覚えが……。 ちょ、ちょ、ちょっと! トイレからズボンも上げずに飛び出して、仏壇の前に飾ってある宝くじを袋を破って取り出します。 ふたつを照らし合わせると、まさしく同じ番号! そうです。 2等が当たってしもうたんです。 総販売枚数でいえば、 全体で3本。 「お父さん、どないしたん?」 嫁さんの声も耳に入ってきませんわ、そりゃ。 全身が震えて、情けないけどその場に腰砕け。 「あ、あ、あ、当たった! 当たってしもうた! 宝くじ当選したんや!」 番号を確認して、飛びあがった嫁さん。 次の瞬間には腰と手足がしだれ柳みたいになってしまいました。 1時間ほどその場でぼんやりして、その日の晩は枕元に当選くじを置いて、 夫婦ふたりで一睡もできしませんでした。 周囲の利用客に聞こえないように、窓口で小さい声で用件を伝えると、そのまま応接室へ。 まもなく宝くじ部署の人間と、副支店長がうやうやしくあいさつにやってきました。 「 おめでとうございます! 当選されておりますね。 ではこれから、当選券と売り場の照合をいたします。 預かり証を発行いたしますので、2週間ほどお待ちくださいませ」 と、相手は腹の足しにもならん紙切れを渡すだけ。 なんや、今すぐくれへんのかいと……。 免許と印鑑で本人確認なんて、こんなええかげんなもんでホンマに「1億くれるんかい」と、 ちょっと疑いましたよ、それは。 「 受け渡しの際なのですが、当選金の1億円を持ち帰られますか? 当行の通帳へ入金させていただきますが、いかがいたしましょう?」 「そんなもん現金で持ち歩くなんて怖いわ、通帳へお願いします」 「 では、入金前に1億円ご覧になりますか?」 「そんなん見られますの?」 「当選されたのですから、当然です。 では、 ご用意させていただきます!」 2週間後、再び家族連れで大阪支店の応接室へ。 担当者と支店長、警備員が見守る中で、テーブルの上に置かれた ビニール袋の札束が10個。 ひとつが1千万ということですわな。 さすがに家族でポカンと眺めてるだけでした。

次の