コロナ 夏休み どうなる。 2020年夏休みの旅行はどうなる?いつから行ける?気になる夏旅×コロナ関連情報

夏休み(2020)はなくなる?臨時休校の埋め合わせでゼロになる可能性も?

コロナ 夏休み どうなる

岐阜の小学校の夏休みはお盆だけ? 昨年(2019年)の岐阜県内の夏休みは7月21日から8月28日の39日間でした。 今年は3月から始まって4月・5月と2ヶ月半も休校になっています。 すでに夏休みゼロ(正確にはお盆休みのみ)といった方針の学校も出てきました。 兵庫県小野市の 蓬莱務 ほうらいつとむ市長は22日の定例記者会見で、市内の市立小中学校と特別支援学校について、夏休みをゼロにする方針を表明した。 新型コロナウイルスの影響で、同市では今月9日から休校が続いており、不足している授業日数を確保するためという。 蓬莱市長は「早い時期に宣言することで、保護者や教職員に覚悟が生まれる」と、この時期に表明した理由を説明。 夏休み期間を7月21日~8月31日と定めている市の小中学校管理規則を改めるという。 ただし、お盆の数日間は休みにする。 また蓬莱市長はこの日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う支援策として、市内の全世帯と市内在住の個人事業主を対象に、上水道料金を半年間、全額免除することも明らかにした。 所得制限は設けず、5月徴収分から基本料、使用料ともに無料とする。 引用: 兵庫県の夏休みはお盆休みだけってことになりますが、たぶん休んだ期間を考えると2020年の夏休みはお盆だけってのも妥当な判断だと思います。 これはあくまで噂話ですが、最近、岐阜県の学校はすでにお盆休みだけって話を聞きました。 2020年のお盆休みは8月13日(木)〜8月15日(土)の3日間に加え8月16日(日)を足して4日間ってことになりますね。 2020年の夏休みが4日間って・・・ 2020年は旅行に行けないかも? 夏休みは、海・山・川・プール・BBQなど家族や友達と楽しい思い出を作れる期間です! 家族で旅行する人もいるでしょう。 でも考えてください。 いつも混んでいる夏休みですが、この4日間に集中することになるんじゃないでしょうか? そうなると旅行に行きたくても、ほぼみんながお盆期間に集中してしまうので旅行に行きたくても予約ができないなんてことが出てくると思います。 もしすでに旅行に行く計画を立てているのであれば早めに計画することをオススメします。 みんな今年は誰も歳取らないの」 と発言したら 「黙れSF脳」 って禅僧に言われた… まあ実際お葬式増えてて、肌がヒリヒリするような気分。 双子のアネモネさんたち。 — mika n mikanegishi え、え、どうなんだろう。 やっぱり立海だから夏休みまでのばすのかな。 それともただ単にfeat制度なくなっただけかな。 それとも六角日替わりみたいな扱いなのかな。 2020は無かったことにとかまでは行かないけどなんか。 夏休みがどうなるかわからないこともあるし、今が読書感想文を書くのにピッタリの時期だと思うが。

次の

コロナの影響で夏休みはどうなるの?短縮やなくなるのかを調査!

コロナ 夏休み どうなる

生活・暮らし 2020. 14 2020. 16 namaradaisuki コロナの影響で夏休みはどうなるの? 短縮やなくなるのかを調査! 新型コロナウィルスの影響により、 緊急事態宣言が発令されました。 それに伴い、対象地域では臨時休校となり、多くの学校ではゴールデンウィークが終わる5月6日までの期間となっています。 さらに、独自で緊急事態宣言を発令する自治体も出てきましたよね。 すでに 夏休みを短縮することを発表しているところもあります。 さらに心配なのが、緊急事態宣言の さらなる延長ですよね。 そうなると、夏休み自体が完全になくなる可能性もあります。 そこで今回は、夏休みはどうなるの?短縮するの?もしくは完全になくなるのかについて調べていきたいと思います。 もくじ• とりあえずの臨時休校の期間 4月7日に安倍首相が緊急事態宣言を発令しました。 その期間はゴールデンウィーク最終日の 5月6日までとなっています。 緊急事態宣言の対象地域では、それと合わせるかのように、学校の臨時休校が実施されています。 しかし、個々の市区町村では、その期間に多少のずれが生じていますが、いずれその足並みをそろえなければならない状況に陥るのではないでしょうか。 そして、愛知県・岐阜県・三重県・北海道・石川県などでも 独自の緊急事態宣言を発令し、期間も政府が決めたものに準じています。 ほかの自治体でも独自の緊急事態宣言を検討しているところもあります。 さらに、感染拡大の状況次第では、さらに増える可能性もありますね。 各自治体の教育委員会は、戦々恐々と その動向に注視しているのではないでしょうか。 およそ1ヵ月の臨時休校なので、授業の遅れは否めませんよね。 しかも、塾なども休業要請に含まれているため、夏休みでその遅れを取り戻すしかありません。 とりあえずは、緊急事態宣言が予定通りの期間で解除されるのを期待しましょう。 Sponsored Link 夏休み短縮かなくなるの? 臨時休校が始まった時点で、その分の穴埋めを夏休みで補うことになります。 仮に 臨時休校が延長となると、本当に夏休みがなくなるのかもしれません。 実際にフランスなどでは、 9月まで臨時休校を検討しているようです。 また、イタリアでも学年末に当たる 6月末まで臨時休校を検討しています。 日本よりも早い段階で強硬な都市封鎖などを行ってきた国々ですらそのような状況なので、日本でも十分に臨時休校の延長が考えられますよね。 日本での緊急事態宣言は、 緊急事態宣言の体をなしていないと、海外から非難されているほどです。 安倍首相は、最低でも7割、極力8割の人との接触を減らしたいと語っていました。 8割が達成できた場合には、1ヵ月である程度の収束が望めるそうです。 しかし、7割となると、感染が収束してくるまでに時間がかかり、 2~3か月ほどの期間を要してしまうという試算があります。 現在の状況を見ると、最低目標である7割にも届いていないのではないでしょうか。 このままだと、おそらくはダラダラと感染が収束せずに、緊急事態宣言の期間が延長することが 濃厚だと思います。 そうなると、臨時休校は7月や8月まで突入し、必然的に夏休みはなくなってしまいます。 そもそも臨時休校なので、 夏休みという概念がなくなるといった方が正しいのでしょうか。 夏休みには、田舎のおじいちゃんおばあちゃんに会いに行ったり、海や山で思いっきり遊ぶことが常です。 しかし、緊急事態宣言の期間中であれば、 それも不可能ですよね。 欧米などの状況を考えると、夏休みがなくなる可能性の方が高いような気がします。 それも、政府の対応次第でかなり変わってくると思うのですが、あまり期待できそうにありません・・・ 感染を早く収束させるためには? 緊急事態宣言の期間が伸びれば伸びるほど、 経済的な影響も深刻さを増してしまいます。 政府のこれまでの対応は、完全に後手後手となっており、その結果が今の日本の状況ですよね。 安倍首相は、口では先手先手と言っていますが、何をもって先手と言っているのかが理解出来ません。 今回の緊急事態宣言で、いよいよ本気を出してくれるのかと思いきや、国民の多くが 肩透かしにあったような状態です。 特に、安倍首相は国民に対して、活動の自粛を要請していますが、その救済措置は完全に不十分となっています。 海外では、今回の新型コロナウィルスに対しては、 戦時下の状況で臨んでいます。 一方の日本では、法的にもそれほどの効力を発揮することが出来ません。 それであれば、根本的に法改正を行い、徹底した姿勢で新型コロナウィルスに対峙する必要があります。 そして、小手先ばかりの緊急経済対策を打ち出すのではなく、 迅速かつ大規模な対策を打ち出すべきなのではないでしょうか。 このままでは本当に、ズルズルと長期化し、経済的な犠牲者が増加することが目に見えています。 完全に疲弊しきってしまった日本経済を立て直すことは容易ではありません。 疲弊しきる前に、国民にある程度の余力がないと、 経済のV字回復は難しいのでは無いでしょうか。 そして、そのような政府の姿勢に対して、来年の東京オリンピックの開催も危ぶまれているとの声もありますよね。 現在の日本のこの状況では、東京オリンピックのことを考える余裕すらありません。 こうしている間にも、経済的な犠牲者が出ているのではないでしょうか。

次の

夏休み発券済み【ANA国際線特典航空券の払い戻し】はどうなる?コロナで夏休みなし?の緊急事態: いつかは...めざせ陸マイラー...ゆるゆる日記

コロナ 夏休み どうなる

県をまたいでの移動が「6月19日」から可能に 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が5月下旬、全国で解除された。 都道府県をまたいでの移動は、6月1日から一部地域で離島を含めて解除され、6月19日からは全国で可能となる予定だ。 旅行先として人気が高い京都も、新型コロナの影響で観光需要が激減した(5月21日・京都伏見稲荷大社/アフロ) 一方、「第2波」「第3波」の感染拡大に対する懸念も根強い。 たとえ国内旅行が可能となってからも、これらを念頭に置いた旅行計画の立て方が重要となる。 旅行会社や航空会社などの特別対応をはじめ、「3密」を予防しやすい場所や旅行スタイル、さらに「ウィズコロナ」での夏休みの旅行など、最新動向を調べてみた。 旅行会社や航空会社・JRに見られる「再開」の動き 緊急事態宣言の解除を受け、旅行業界も「再開」の動きが出てきた。 大手旅行会社のJTBや近畿日本ツーリストは、一時休業していた店舗の営業を、6月1日から順次再開し、HISは一部の大型店舗のみで営業再開する。 ただ、営業再開しても、臨時休業や営業時間短縮、完全予約制である場合などもあるので注意が必要だ。 一方、航空会社各社は、6月以降も減便や運休がすでに発表されているところも。 本格的な再開は、全国的に県外移動の制限が解除される6月19日以降となる見込み。 ただ、ANAが5月末に東京(羽田)=大阪(伊丹)で臨時便、スカイマークも6月に東京(羽田)=福岡で臨時便を設定するなど、増便の動きも徐々に出てきた。 一時閉鎖していたANA国内線「ANA SUITE LOUNGE」は、6月1日から再開。 LCC「Peach」は、6月19日から国内線全路線の運航を再開する。 JR東海は、東海道新幹線の定期列車の運転を6月から通常ダイヤとした。 ANAをはじめ航空会社の大幅な減便や運休は6月以降も続くが、徐々に再開の動きも また、一時休業中のホテルは、緊急事態宣言の解除を受けて営業再開が続々と発表されている。 東京五輪に合わせて今春に開業予定だったホテルは、夏~秋にかけての開業延期を既に発表済みのところも多い。 JAL国内線の機内でアルコール消毒を行うスタッフ(5月26日・東京国際空港/アフロ) 第2波にも備えたフレキシブルな予約がおすすめ 新型コロナウイルスの感染拡大により、旅行会社や航空会社などは、ツアー催行の中止、発着便の欠航、イベントの中止に伴う旅程の変更などに対し、通常は徴収する取消手数料を免除するなどの「特別対応」を実施してきた。 ただ、今後の予約に対しては、通常通りの取消ルールが適用される見込みだ。 旅行の計画を立てる際、予約や支払いなどをより慎重に行う必要がある。 また、施設などが再開したとしても、第2波が確認されて再び休業する可能性も。 現に、5月下旬に新型コロナウイルスの新たな感染者が次々と確認された北九州市では、市内の公共施設などが再開後に再び休館となった。 東海道新幹線は通常運行を再開。 利用状況に応じて本数を追加するとのこと 個人旅行ならば「ホテルは直前までキャンセル無料の予約プラン」「飛行機や鉄道の予約はキャンセルや変更が柔軟な運賃で」といったフレキシブルさ(柔軟さ)をより心がける一方、旅行会社でツアーを申し込む場合はキャンセル時の返金ルール(新型コロナでの特別対応含む)などを必ず確認して欲しい。 「3密」を避ける心がけ、観光施設も旅行者も 都道府県をまたぐ行動が可能となっても、しばらくの間は「3密」(密閉、密集、密接)を防ぐ行動を心がけないといけないのは、旅行でも同様だ。 人気の観光施設では、入場者数を制限して再開するケースが多く見られる。 館内でのイベントなども当面の間中止。 全国の他の施設でも、混雑が見込まれると入場規制が敷かれる可能性がある。 一方、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は、6月8日から入場対象者を制限し、約3ヵ月ぶりに再開する。 当初は年間パスポート所有の大阪府在住に限り、その後、段階的に拡大していく。 子ども向けの屋内施設や夜間パレードなどは引き続き休止する。 大阪の「海遊館」ではWeb予約のみで入場者数を制限する対策を実施 ホテルや旅館、観光施設などは再開に合わせ、できる限り3密を避ける対策を実施している。 公共交通機関の中でも、飛行機は機内の空気が一定時間で循環して正常な空気を送風する機能が備わっており、航空会社各社は乗客にマスク着用を促している。 旅行会社は、新型コロナ対策が万全の施設を対象としたツアーを企画して今後販売すると考えられる。 どうしても3密が気になるのであれば、「公共交通機関よりも自家用車やレンタカーでの移動」「都会の街歩きよりも自然を満喫する旅」「オートキャンプ場でのテントやバンガローなどでの滞在」といった3密をできる限り避けるイメージの旅行スタイルを、自ずと選ぶのも1つの手段といえる。 ひとまず在住する都道府県内やエリア内など、近場への旅行志向が今夏は高くなるだろう。 夏休みの旅行はどこまで可能? 海外旅行は? 旅行好きの人々にとって最大の関心ごとは、「夏休みはどうなる?」ではないだろうか。 6月19日に全面解除された後、さらに、旅行会社でツアーなどを購入した場合にお得に旅行ができる「Go To Travel キャンペーン」が、早ければ7月にも開始する予定だ。 通常の半額で旅行ができると謳うこのキャンペーンは、旅行業界にとって繁忙期である夏休みまでに新型コロナウイルスの感染拡大をなんとか収束させ、コロナ禍で大打撃を受けた業界の需要喚起につなげたい狙いも垣間見られる。 今の事態が大きく変わらなければ、このキャンペーンしかり、今年の夏休みには国内旅行はどこの地域へ行くにもひとまず可能となりそうだ。 京都の清水坂。 混雑を避けるための対策は旅行者にも求められる(2019年1月撮影) 一方、海外旅行に関しては現状、夏休みも非常に厳しい。 他国で入国制限を緩和する動きは、実は徐々にあり、例えば、スペインは7月1日から日本を含めた旅行者の入国を認める。 だが、日本帰国時に14日間の自主隔離を強いられる状況が変わらなければ、旅行などしばらく難しいと言わざるを得ない。 今後、日本国内を旅行する際においても、自宅から旅行先でのマスクの着用、手洗い・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保、検温の実施など「ウィズコロナ」での新型コロナ対策が、旅行者にも求められる。 「コロナ前の旅行とは違う」ということをくれぐれも念頭に置きつつ、旅行の予約をはじめ、様々なことに慎重に動かなければいけない。

次の