パピー カット。 トイプードルの子犬はカットカタログでパピーカットしよう!!

マルチーズのパピーカットの特徴

パピー カット

かっしーのトリミング室 やんちゃな恐竜くんスタイル 大変遠くからお越しいただいているこちらのトイプードルくん。 三角のお山形の背中は、どこから見ても三角に見えるように立体的にしています。 体はスッキリと短いカットなので毛玉になりにくいですが、お洋服を着ると背中が潰れてしまうので、普段からお洋服を着る子にはおすすめしません。 腰と脚にポンポンをつけて、頭はすっきりさせて耳はボリューミーに。 ただしこのスタイルは毛の量が豊富な子でないとその良さを発揮するのは難しいでしょう。 耳を伸ばすスタイルも楽しめますが食事のときに汚れてしまったり散歩中にも異物が入ってしまうことがよくあります。 エレガントなスタイルの場合、飼い主様の普段からのケアがさらに重要になるといえるでしょう。 原産国 フランス 起源 16世紀 初期のタイプ 愛玩犬 現在のタイプ 愛玩犬 寿命 12~15年 体重 トイ6. 5~7. 5kg ミニチュア12~14kg ミディアム15~19kg 体高 トイ25~28cm ミニチュア28~38cm ミディアム34~38cm トイプードルの歴史 ぬいぐるみのようなトイプードルは、今から約500年前にドイツからフランスに入りましたが、その頃にはすでに、今日の小型化されたトイ・プードルが誕生していたようです。 スタンダード・プードルのミニチュアバージョンであるミニチュア プードルはトイ プードルよりも少し大きめで、1950年代から60年代にかけてたいへんな人気者でした。 動作が機敏なので一時はサーカスの呼び物になっていました。 50年前、プードルは世界一人気のある犬であるがゆえに、性能よりも頭数を尊重した無計画な繁殖が頻繁に行われていました。 その結果人々はプードルから心が離れ行きましたが、見識あるブリーダーの手で繁殖され、今日の人気が復活しました。 もともとは自立心旺盛な犬格を備え、感度、訓練欲、思考力のいずれをとっても抜群の性能があります。 プードルの正確な起源は定かではありませんが、フランスではなくドイツかロシアが発症ではないかとの説もあります。 ただ、フランスで人気があったのでフランスの犬ということにはなっています。 プードルにはスタンダード・ミニチュア・トイの種類がありますが、スタンダードが原型で、それが縮小していったものがミニチュアとトイプードルです。 フランスではプードルとは呼ばずに「カニシュ」または「シャン・カナール(鴨犬)」と呼ばれているように、古くは鳥猟犬として活躍しました。 いちばん大きなスタンダード プードルは泳ぎが得意で、水鳥用の猟犬として大活躍をしていました。 泳ぎのためにに被毛の一部を刈り取ったのが、現在のトリミングとして採用されるようになりました。 中型のミニチュア・プードルは嗅覚が優れていたので、トリュフ狩りの名手でした。 いちばん小さなトイ・プードルは多芸多才で、旅芸人の一座に加わってサーカスの人気者になっていました。 プードルという名の由来は英語でカモ犬またはアヒル犬を意味しますが、ドイツ語の「ブッデンルン」からきたという説もあります。 ブッデンルンとは、泳ぐという意味で、スタンダード・プードルが泳ぎがうまかったからだという意味でしょう。 ロシアではスタンダード プードルが重宝されていたので熱心に繁殖されていった一方、フランスやイギリスでは、ミニチュアやトイが熱心に繁殖されていきました。 とくにトイ・プードルは18世紀のヨーロッパ王族の愛玩犬でした。 毛色 毛はザラザラして密生しています。 毛色は単色のみで、ブラック、レッド、ブラウン、ベージュ、ホワイト、カフェオーレ、シルバー、グレー、ブルー、アプリコットなどさまざまです。 出産と子犬 トイプードルであれば4頭前後の子犬を産みます。 ブラッシングなどは生後4週くらいから始めることができます。 2ヶ月くらいからしつけをし始めると効果的でしょう。 子犬の毛色は成長で変わっていきます。 ちゃんとしたフルコートになるには2年前後は必要です。 性格・特徴・育て方 可愛いだけじゃない!! 実は責任感も強い相棒 古代ローマ・ギリシャ時代から貴婦人たちのお供をつとめてきたプードルは、多くの狩犬やキャトルドッグの原型となった犬です。 逆立ちや玉乗りを仕込まれてサーカスの花形ともなっていた過去もあり、トリュフ狩りの名犬として活躍もしていました。 しつけかた 頭が良く、忠実で人によく従いますが、独断的なところもあります。 活発で陽気な性格ですが、スタンダードは勇敢でこせこせしないタイプ、ミニチュアやトイは少し興奮しやすいのが特徴です。 本来は、すばらしく賢い犬なので、従順で忠実で家族によくなつきます。 しつけや訓練も得意で、教えたことをスラスラと吸収してくれます。 また、 警戒心はありますが攻撃性はありません。 とても利口な犬種なので、人間と共に生活をしていれば言葉が理解できるようになる子が多いようです。 甘やかしすぎると偉くなった気になることもあるので、叱るべきところはきちんと叱りましょう。 遺伝性の病気 比較的病気には強い犬種といわれていますが、病気にならないとは限らないので油断はしないようにしましょう。 トイプードルにみられる主な病気は、目の病気では白内障・内眼角のう症候群・進行性網膜萎縮。 その他では拡張型心筋症・甲状腺機能低下症などがあります。 病気予防とお手入れ 毛が伸びるのが速いので1~2ヶ月に1度位はトリミングが必要です。 とくに顔の毛を伸ばしたままにしていると、眼の中に毛が入って病気になることがあるので気をつけましょう。 抜け毛は少ないので日頃のお手入れは3日に1回ほどで大丈夫です。 お手入れをす際には全身の毛をブラシなどですいてあげるのが良いでしょう。 トイプードルといえばお手入れです。 コートの伸びが早く、カットしなければ伸び続けてしまいます。 まずコートのお手入れは、かなりこまめにブラッシングをし、1ヶ月おき程度にはプロのトリミングで手入れをします。 また、耳も頻繁に拭いてあげましょう。 とても運動が好きなので、家では出来るだけ動ける環境をつくってあげましょう。 散歩以外にも近くにドッグランがあれば頻繁に連れて行ってあげましょう。 基本的に巻き毛なので、お手入れを行わないと後で大変なことになってしまいます。 ブラッシングはできれば毎日行ってあげましょう。 毎日のように頻繁に行う方もいらっしゃいますが、犬にとってカットやシャワーのやりすぎはストレスになるばかりか皮膚の疾患の原因にもなりかねません。 犬に必要な皮脂を取ってしまうので、こまめにやりすぎるとこの皮脂が不足してしまいます。 自宅でのシャワーは、ドッグランや散歩などでとても汚れてしまったり体臭が気になるとき程度にしておきましょう。 ただし体臭の場合は病気が元気で起こることもあります。 体臭の原因がわからない場合はまず動物病院で診てもらいましょう。 ブラッシング トリミングサロンでもカットの際にいろいろやってくれますが、普段も毛のお手入れをしましょう。 タオル(できれば蒸したもの)を使用して汚れを落とし、ブラッシングをしてあげることを日課にすれば基本的には大丈夫です。 散歩で草むらを歩いたり、ドッグランで走り回ったりした後には、ダニなどの有害な生物や小さなゴミなどが毛についている場合があるので、散歩の後のブラッシングは日課にしましょう。 爪切り 爪切りは、自分で行っている飼い主もいらっしゃいますが、犬の爪は境目がわかりづらくて難しいので、初心者の方にはおすすめできません。 最近のトリミングサロンは爪切りがセットメニューに入っていたり、オプションメニューになっていたりするので、トリマーさんに任せるのが安心です。 歯磨き 歯磨きも、初心者の方にはとても敷居の高いお手入れになります。 ほとんどのワンちゃんは歯磨きを嫌がって口を閉じて開けてくれなかったりするので難しいですが、トリミングサロンにカットしてもらう際に磨くだけでは不十分なので、是非自宅で歯磨きをできるようになりましょう。 歯磨きの仕方については行きつけのトリミングサロンのトリマーさんに教えてもらうのが一番ですが、基本的なやり方としては、指にガーゼを巻きつけて、トイプードルの唇をめくり、巻きつけたガーゼで歯をゆっくりていねいに磨きます。 磨くというよりも汚れを拭き取る感じでこすってあげるといいでしょう。 歯ブラシ ワンちゃん用の歯ブラシもいろいろな種類が販売されています。 基本的に毛先が小さいのが特徴なので、人間の子供用の歯ブラシでも代用が可能です。 市販の歯ブラシの場合は磨き残しが多くなる可能性が高いので、きちんと磨き残しがないかをチェックして行いましょう。 とくに歯の内側は磨きにくく、ワンちゃんも嫌がるので残りやすい部分です。 歯石が明らかについてしまっている場合は厄介です。 自分で取る方法としては市販のスケーラーを使用して取り除いてあげることができますが、トリミングサロンか動物病院に任せるのが無難です。 歯石がついてしまった後も対処方法はありますが、やはり歯石が付かないようにこまめに歯磨きをしてあげることが重要になってきます。 最初は大変ですが、頑張ってトイプードルちゃんとの絆を深め、立派な飼い主さんになりましょう。

次の

トイプードル、フィルーちゃんのパピーカット

パピー カット

トイプードルのパピーカットはこんなにも可愛い! photo by:Yasuhiko Ito パピーカットとは? 1才から1才半くらいまでの時期の子犬をパピー期といいますが、この期間の子犬はまだ被毛が完全に成犬の被毛になっていません。 ふわっと柔らかくて、綿毛のような独特な質感があります。 人気のテディベアカットなどが可愛らしくきまるようになるためには、成犬のしっかりした毛質の被毛が理想ですし、それがスタイルをより可愛く仕上げる条件でもあります。 なので、まだ被毛の柔らかいパピーの時期には、その期間特有の毛質を活かしたスタイルがあります。 それが、トイプードルのパピーカットです。 パピーカットで気をつけることは、子犬のふわりとした毛質がよく映えるようにカットしながらも、将来的に挑戦したいスタイルのためにベース作りをするようにトリマーさんと話し合うことです。 子犬の毛質をよく理解したトリマーさんに任せることによって、ふわっと可愛いパピーカットにしてくれますよ! これもまたトイプードルの子犬の魅力のひとつです。 パピーカットのトリミング方法について トイプードルの子犬も、全員が同じ体型や顔立ちではないので、パピーカットをするにしても、ボディバランスや顔立ちに合ったスタイルや長さなど、可愛く見える形はそれぞれ違います。 もちろん飼い主さんの希望もよく伝えて、プロのトリマーさんと話し合いながらベストなパピーカットを見つけることが大切です。 トリマーさんは子犬の扱いにも慣れているので、わんちゃんを怖がらせることなくリラックスさせながら可愛いスタイルに仕上げてくれますよ。 どんどん毛が伸びる犬種のトイプードルは、定期的にカットをして、トリマーさんにカットされる事に慣らしていくことも大切です。 また、目の周りや肛門周囲など清潔に保つことも、カットをする大切な目的です。 豊富な経験のある信頼できるトリマーさんを選んで、可愛いパピーカットにするのと同時に、日頃のお手入れについても相談できると色々な情報を教えてくれますよ。 カットの目的はもちろん、可愛く見えるスタイルにすることも大切ですが、爪や耳の手入れなど、安全と清潔を保つこともカットをする大事なポイントです。 トイプードルはどんどん毛が伸びる犬種ですから、被毛や皮膚のお手入れも定期的に行う必要があります。 そういった様々なポイントをおさえて、可愛らしく見えるスタイルを作ってくれる熟練したトリマーさんを探しましょう。 まとめ トイプードルのパピー期にはまだ被毛が子犬の毛質なので、その毛質を活かしたパピーカットがおすすめです。 子犬の毛質を活かした「ふわり」としたカットスタイルをトリマーさんと相談して全体のバランスを決めます。 熟練したトリマーさんは子犬のボディバランスや顔立ちに合わせて、可愛く見えるパピーカットを提案してくれます。 将来的にしてみたいスタイルも伝えて、計画的にパピーカットの形や長さなどを決めることも大切です。 子犬のうちは動きも活発なので、お手入れしやすい長さも考えてスタイルを決めてみてはいかがでしょう。 カットの目的はスタイルだけではなく、被毛と皮膚や爪などのお手入れをする事も大きな目的です。 可愛いペットのためにも信頼できるトリマーさんを探しておくと、自宅でのお手入れ方法やスタイルチェンジの時の相談など、トイプードルの飼い主さんにはとても頼れる存在となりますよ! トイプーは毛ぶきがとてもいい犬種なので、丸くカットするとアフロになって可愛いですよね。 テディベアカットのトイプーちゃんは、そのままぬいぐるみの中に並べて置いてもわからないくらい可愛いです。 耳も丸くカットされていると何の犬種かわからないくらいです。 ヘルメットを被っているような丸さの頭は触り心地も良さそうですね。 トイプーちゃんは小型犬ですが足も長めなので、その体系を生かすカットもいいですが、全体的にシルエットを丸く見せるカットも似合うと思います。 個人的には、被毛を少し長めに伸ばしておくスタイルもくるんくるんの毛が光って恰好よかったです。 他の犬種にはなかなかないほどの被毛密集度ですから個性的なカットができるのも魅力ですね。 パピーカットというのでてっきりパピーのようにかわいらしい丸い感じのカットかと思いましたが、パピーそのものの毛質を生かしたカットということなんですね。 色も当然褪せていないのできれいだしツヤもあってピッカピカ。 トイプーのようにカットのバリエーションが豊富な犬はパピーカット含め、季節や年齢、好みに合わせて変えたりしてたくさん楽しめるのでいいですよね。 なのでカットスタイルを楽しめる犬種は、普段と違った姿が見れるのが楽しいだろうな〜と思います。 プロのトリマーさんでも、得意、不得意やうまい、へたな方まで様々です。 顔周りもカットされるため、私なら信頼した人(信頼できそうな人)にしかお願いしません。 安心して任せていたお店がありましたが、急遽系列から来た方が先住犬のトリミングをしてくれていたのですが、肉球周りをバリカンする際に、肉球を少し傷つけてしまったんですね、、、 正直に話してくださり、病院で診察と処置も受けたし、ほんの少しだけ傷ついた程度で愛犬も全く気にすらしてないほどの些細な出来事でしたが、それ以降はきちんと担当してくれる方を指名し、その人以外には任せていません。 私の行っていたところは、対応など良くその後も傷の経過についても連絡を下さいましたが、知り合いは肉球が傷つけられたにも関わらず何も言われず、家に着いてから気づき連絡したところ、気づかなかったです。 で、軽い謝罪?程度で済まされたそうです。 トリミングは、料金だけで選ばす信頼できる方に任せるのが良いと思いました。 従兄弟がトリマーなのですが、トイ・プードルのカットはやりやすい子、やりづらい子などあるそうで、うまい下手が出やすいそうです。 して欲しいカットスタイルがあれば、イメージ画像や細かく伝えて相談すると良いと思います。 カット後のふわふわしていい匂いなのと、可愛いカットスタイルは見るとたまらないですよね! ぜひカットスタイルを楽しんで欲しいと思いました。

次の

トイプードルの子犬が初めてのトリミング!カットはどう頼む?

パピー カット

カットする頻度• 月に1回程度 マルチーズは放っておくと、毛が伸びて絡まりやすくなりますので、定期的なカットが必要です。 マルチーズのカットの目安ですが、月に1回程度がいいでしょう。 マルチーズの被毛はシングルコートで、季節によって生え変わることがありません。 そのため、気温の変化に弱く、日本の夏の高温多湿は苦手です。 涼しく過ごせるようにも時々カットしてあげる必要があります。 ただし、あまり短くカットし過ぎると、直射日光の影響を受けたり、虫に刺されやすくなりますので注意が必要です。 乾燥した冬場も、静電気で汚れがつきやすくなったり、毛玉ができやすくなりますので、寒い時期も定期的にカットしてあげましょう。 シャンプーは、カットの合間に行います。 子犬の場合、ワクチンプログラム終了後2週間~1ヶ月後にカットすることができます。 それまでは、ブラッシングでケアしてあげて下さいね。 顔のカット方法 マルチーズの顏周りのカットは特に重要です。 目の周りの被毛が長いと、目やにが出たり、涙やけで変色してしまいます。 耳周りも毛が伸びていると、通気性が悪くなり、外耳炎になりやすいです。 頻繁にカットサロンにつれていかなくても、顏周りなら自宅でカットしてあげることが可能です。 顏の毛をカットする際は、顔が動かないよう下顎をしっかりと押さえます。 顎の下からカットを始めて、飼い主とマルチーズともにカットに慣れてきたら、耳周りへと移動しましょう。 カットする部分に、ハサミの下の刃を当て、下の刃は動かさず、親指を使って上の刃を動かしてカットします。 顏周りをカットする際は、目に刃が当たらないよう十分注意して下さい。 短くしてしまえば、カットの頻度が減りますが、あまり短くし過ぎるのもマルチーズの毛質を変えてしまいますので、おすすめできません。 自宅でのカットの頻度は2週間に1度程度が理想です。 足のカット方法 テーブルの上など、高さのある場所の方がカットしやすいです。 滑り止めを敷いておくと、安心ですね。 飼い主はマルチーズのお腹の辺りを脇で抱えるようにします。 まず、脛の辺りをそっと持ち上げてから、手を滑らせて足先をつかみます。 こうすることで、マルチーズが落ち着いてカットさせてくれます。 つかんだ足を後ろへ持ち上げます。 足裏は、指を広げ、ブラシで毛を立たせながら毛先をカットしていきましょう。 指と指の間の毛も、かき出してカットします。 足裏に毛が残っていると、マルチーズが床の上で滑ることがありますので丁寧にカットして下さい。 その後、テーブルに足を着かせて、足の指にコームを当て、飛び出る毛をカットしていきます。 足裏は、バリカンでカットし、残った部分をハサミで整えるカットの方法もあります。 おしりの周りの毛も、伸びていると匂いや汚れの原因になりますから、定期的にカットしてあげて下さいね。 おしり周りはバリカンを使い、しっぽを持ち上げてカットします。 マルチーズのカットにこんなにも種類があるなんて、驚きました。 お気に入りはわたあめカットですが、ショードッグに出てきそうなイメージですね。 そして維持するには、必ずお手入れが必要になります。 よく爪切りが苦手な子が多いと聞きます。 犬は前足を触られることを嫌がるとの理由で、後足から先に爪を切るとよいそうです。 そのときに、飼い主さんが声を掛けてあげると犬は落ち着きます。 また一番恐れているのが、爪の血管を切ってしまわないかだと思います。 これは一度で爪を血管のあたりまで切ろうとはせず、少しずつ切ることで解決できます。 切っていくうちに湿ったような感じがしたら、そこで爪を切るのは終わりにします。 犬の爪は先端へ行くほど乾いていて、血管に向かうほど湿っているのです。 私の通う獣医さんによると、現代の犬はコンクリートの道路を歩いてるため、爪は自然に擦れてそれほど伸びないそうです。 そのため、人間用の爪ヤスリで十分とのことです。 もしあまり爪が伸びていないようなら、恐怖心を与えない爪やすりがおすすめです。 日常のケアを犬との触れ合いの時間として、飼い主さんも一緒に楽しめるといいですね。 フルコートは日々の手入れがとても大変ですが、足元まで流れる被毛は魅力があります。 その犬種のもつ毛質を最大限魅せることができるので、我が家のシーズーもフルコートにしています。 何よりも大変なのは毛玉ですね。 首の周り、足の付け根付近、耳周りなど、できやすい場所はある程度限られています。 ですが、このできやすい部分は梳かしにくい場所でもあります。 可能な限り短時間で仕上げる必要があります。 マルチーズもシングルコートなので、ダブルコートの犬種に比べたらだいぶ梳かしやすい方だと思います。 ですが柔らかく毛が細いので一度絡まってしまうと梳かすのは容易ではありません。 出来る限りこまめに、絡まり防止のスプレーをしながらのブラッシングで解消しやすくなります。 マルチーズは白い毛色なので、涙やけや足元、お尻周りの汚れがとても気になりますよね。 短くカットしてしまえば、お手入れも楽になります。 衛生的にも良いので個性的なカットもいいですね。 わたあめカットはビションフリーゼのようですね。 毛量はそんなに多いわけではないので、マルチーズがこのカットをすると、もっとぺしゃっとした丸になると思います。 老犬になると毛量も減ってしまいます。 若いうちにフルコートから個性的なカットまで、様々なスタイルを楽しんでおくのもいいと思いますよ。

次の