天星 新月。 《穆斯林的葬禮》讀書心得

穆斯林的葬禮主要內容_勵志人生網_激勵人生每一天!

天星 新月

もくじ• 星ひとみの天星術とは 星ひとみの独自占術「天星術」は、中国や日本に古来から伝わる東洋占星術をベースに考案されており、統計学・人間科学・心理学などの要素が取り入れられています。 天星術では、人は3つの天室(月、太陽、地球)に属していると考えられており、そこからさらに4つの「時星」に分類され「満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜」の「12天星」をベースに運気を占っていきます。 天室グループと天星タイプの調べ方• 自分の生まれた年と生まれた月から「運命数」を割り出す• 運命数に自分の生まれた日を加える(=天星数)• 天星数から「天室グループ」「天星タイプ」を割り出す 1978年9月15日生まれの場合、運命数は「2」となります。 2に生まれた日「15」を足すと「17」に。 算出した数字から天星を割り出すと、天室グループでは「月」、天星は「上弦の月」となります。 自分の天室グループと天星タイプを知る手順は3つです。 運命数を調べ、運命数から天星数を導き、天星数から「天室グループ」「天星タイプ」を割り出します。 大手占いサービスでは、生年月日を入力するだけで星ひとみさんの占いを体験することが出来ます。 占い」「楽天占い」などです。 運命数の早見表&天星数の導き方 天星数は、運命数の早見表から生まれた年と生まれた月から「運命数」を探し出し、その運命数に生まれた日を足すと「天星数」が導き出されます。 天星数の数字が60以上になっていた場合は「60」を引いて、60以下の数字にする必要があります。 天星タイプ早見表• :4,10,16,33,39,45• :11,17,32,38• :2,8,41,47• :14,20,23,26,29,35• :6,43,49,54,55,60• :3,9,15,34,40,46• :5,44,50,53,56,59• :51,52,57,58• :21,22,27,28• :1,7,42,48• :12,18,31,37• :13,19,24,25,30,36 天星タイプは、運命数に自分の生まれた日を加えた「天星数」から導き出すことが出来ます。 天星は基本的に一生変わることがないので、自分が何タイプかを覚えておくと良いでしょう。 天星タイプが、満月・上弦の月・下弦の月・新月は「月グループ」、空・山脈・大陸・海は「地球グループ」、朝日・真昼・夕焼け・深夜は「太陽グループ」となります。 星ひとみの天星術12タイプと基本性格 天星は分類される12タイプ(満月・上弦の月・下弦の月・新月・空・山脈・大陸・海・朝日・真昼・夕焼け・深夜)で、基本性格や生まれ持った資質を知ることが出来ます。 天室:月グループの特徴• :気配り上手• :感情の起伏がない• :親分肌• :クリエイティブ 月の天室は、神秘的で静かな温かさを持つ想像と愛情が豊かな性質が特徴です。 どこかミステリアスでありつつも、優しさで溢れている人柄。 関連記事: 天室:地球グループの特徴• :幅広い交遊関係• :飽きっぽい• :才能豊か• :穏やかな性格 地球の天室は、地球のように月と太陽の両方を見守りバランス感覚を持った性質です。 安定感がある一方で、現実主義者なので、クールな一面も。 関連記事: 天室:太陽グループの特徴• :マイペース• :合理主義• :しっかり者• :独特な感性 太陽の天室は、太陽のようにパワフルで情熱を持った性質。 どちらかというとビジネスっぽさを感じるグループで、中には温厚な見た目とは裏腹に熱い心を持っている人も。 関連記事: 天星術の開祖・星ひとみとは 星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。 タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。 東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。 結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。 また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。 星ひとみ監修スッキリす占いの伝説 星ひとみさんが監修している日本テレビ「スッキリ」の占いコーナー「スッキリす占い」で、スタジオは騒然となったことも。 2019年7月22日にMCの加藤浩次さんが、吉本闇営業問題で会社の対応に怒り、退社宣言をした日の占いのアドバイスが「立ち振る舞いには気をつけよう」。 さらに、退社が保留した日の占いが「周囲に感謝することを忘れずに」で、まさに加藤浩次さんの行動を先読みしている形となっており、ネットで話題に。 関連記事:.

次の

【星空系列教程】前期策劃是拍攝成功的保證(上)

天星 新月

星空季又到了,喜歡攝影的你是不是蠢蠢欲動卻被不知從何下手而困擾呢?星空題材看似高深,但其實掌握了相關天文知識和拍攝技巧後,很多新手都可以拍攝成功。 正文之前,先來欣賞幾張星空美圖吧。 本文將分為上中下篇系統講解: 上篇:前期策劃是拍攝成功的保證 1. 相關天文知識• 南北半球銀河特點及差異• 如何利用月光為照片增色 2. 拍攝條件 中篇:銀河及地景的拍攝技巧 3. 拍攝器材 4. 銀河拍攝技法• 星空拍攝參數• 四種利用光源拍攝地景方法• 手動對焦技巧• 景深合成 下篇:降噪方法比較及堆棧降噪實例 5. 降噪處理• 噪點類型及特徵• 五種常見降噪方法適用情況• 堆棧降噪實例(附練習圖片) 星空攝影可以大致分為兩大類:深空攝影(天體攝影)以及星野攝影。 深空攝影一般情況下指以拍攝深空天體為主要目的的攝影門類, 包括月亮,太陽,星雲和星團等,又可分為純深空天體和廣域深空兩大類,需要使用昂貴的特殊專業設備,諸如導星設備、赤道儀、冷凍CCD、天文望遠鏡等等。 此類題材屬於天文攝影,在此不做深入討論。 而星野攝影主要是以拍攝地景加星空(銀河、星軌、流星雨等)的拍攝方式,風光攝影中的星空攝影通常是指這一類。 相比深空攝影,星野攝影的起點並不高,更注重構圖和後期調色等技巧。 相關天文知識 為什麼別人的照片漫天繁星閃爍,而你興致勃勃去拍銀河,照片中卻是星光疏落,失望而歸,根本的原因就是銀河沒有出現在你拍攝的夜空中。 星空攝影是較為特殊的題材,不僅需要精湛的前期和後期技術,了解相關的天文知識是拍攝成功的關鍵。 其實一年四季的夜晚都可以看到銀河,但由於銀心是最明亮壯觀的部分,拍攝銀河在攝影的概念中通常是指拍攝銀心部分。 有過星空拍攝經驗的朋友都知道,銀心在夜空中出現的方向和時間在每個月和每個季節是不同的,拍攝前的周密計劃是拍攝成功的保證。 在北半球,夏天的夜晚可以看到銀河最璀璨的銀心,而冬季只能看到暗淡的懸臂部分,南半球反之。 為什麼會有這種時間和方位的差異呢?首先我們需要了解地球、太陽系和銀河系之間的關係。 大家都知道月亮繞地球轉動,地球及其他行星繞著太陽旋轉,太陽和其他星系繞著銀河的中心旋轉。 但是太陽系和銀河係不在同一平面,由於旋轉角度的關係,所以在不同季節我們看到的銀河的位置是不斷變化的。 但是如果拍攝點不變,相鄰幾天的同一時間, 銀心在天空的出現位置是基本相同的,每一天位置的微小變化可忽略。 總體來說,北半球大部分地區三月至十月可以拍到銀心,南半球大部分地區二月至十月可以拍到銀心,其它月份只能拍到銀河的懸臂部分。 但每個月的拍攝時間都不一樣,平均每月向後延遲兩小時左右,所以在二、三月份凌晨銀心從地平線升起,而十月份是日落之後銀心會逐漸落到地平線之下。 在北半球的冬季和南半球的夏季,由於銀心是在白天時段升起,我們自然是看不到的,這是因為地球公轉的位置使太陽和銀心在一條線上。 由於地理位置和地軸偏角的關係,南北半球看到的銀河形狀和方位都是不同的。 星空攝影要符合自然規律,照片中的景象應該是在自然界的某一時刻會出現的,切忌不可後期PS成不符合自然規律的畫面,鬧出笑話。 拍攝銀河,南半球的自然條件比北半球略好,不同之處可歸納為以下幾點:• 在赤道是可以看到所有的星座,越往北看到的南天星空越少,越往南看到的北天星空越少,所以南半球的大小麥哲倫星雲在北半球是看不到的。 4月-7月是拍攝銀河最合適的季節,此時北半球是春夏季而南半球是秋冬季。 南半球在東南方向和西南方向拍攝到的銀河形狀呈反向,而北半球只能拍攝到同一形態銀河。 北半球的銀心位置通常能與地景很好地結合,但是在南半球隨著銀心升高到一定位置,就不能與地景結合,不利於構圖。 特別是從八月至10月天黑之後,東南方向銀心已經離開地平線很遠,除非地景有高山否則很難與前景結合,但是可以向西南方向拍攝銀河,銀心形態呈反向。 如何利用月光為照片增色 星空攝影是在夜晚,這就不可避免地涉及到月亮。 由於月光的亮度很強,當一輪明月高懸夜空的時候,很多星星被月亮的光芒覆蓋,可見的星星寥寥無幾,月朗星稀就是指這樣的景象。 如果在這樣的情況拍攝星空,月光會直接影響銀河的亮度,拍出的效果非常不理想。 如何確定最佳拍攝日期,了解月相是星空攝影的必修課。 很多人以為月亮是晚上升起來的,這個概念是錯誤的。 月亮每天升起的時間比前一天大約推遲50分鐘,所以月升月落並不和白天夜晚同步,有時月亮會在白天升起,這也就是為什麼會出現日月同輝的場景。 這樣在每個月中都會遇到整夜沒有月亮的日子,也會出現整夜都有月亮的情況。 月相按照形狀來分,總共有八種。 善用月亮這個自然元素會令你的照片增色不少,一種比較高級的拍攝方法是在月升的時刻拍攝銀河,畫片上呈現銀河與月亮共存的景觀。 月升和日出的感覺相似,都是紅光四射,但在黑夜中看著溫暖的光芒灑向大地,那種感覺更為奇幻。 由於只有短暫的幾分鐘拍攝時間,月亮升起後就會嚴重影響銀河的亮度,因此這種拍法要求精密的前期策劃和嫻熟的拍攝技術。 拍攝條件 天氣:晴朗無雲或者略有薄雲的夜空,參考天氣預報和衛星雲圖 薄云有柔光罩的作用,令畫面中的星光呈現夢幻效果。 地點:城市光污染會影響拍攝,因此需要尋找光污染較少的地方,同時大氣也會影響拍攝,海拔較高的區域空氣更為純淨。 下面幾個網站可查詢全球光污染情況: 《千溝萬壑》 攝於澳大利亞荒涼的中部地區,遠離城市且空氣純淨,璀璨的銀河高懸在夜空,肉眼清晰可見。 這裡拍攝出的銀河細節與離開悉尼兩三百公里的近郊地區大不相同。 時間:首先要確定大的時間範圍,即銀河拍攝季節,其次要查詢當前銀心升起或落下時間,然後結合月相判斷適合拍攝的最佳日期和時間。 手機中的APP星空預測軟件PlanIt! For Photographers, Photopills, Distant Suns, Stellarium 等都有非常精確的銀河及月亮的信息,在拍攝前就可以做出周密的計劃。 本文知識點,部分節選於筆者朱靜姝 Jingshu Zhu 的新書《追光之路》,已於今年五月出版。 轉載自 作者:朱靜姝 延伸閱讀•

次の

霍達《穆斯林的葬禮》

天星 新月

星ひとみの天星術とは? 天星術とは、 星ひとみが独自に生み出したオリジナル占術です。 天星術の特徴は 東洋占星術に 統計学や 人間科学、 心理学といった要素を加えていることです。 一般的な占星術はホロスコープと呼ばれる占術図に生年月日などを照らし合わせて占っていきますが、天星術はそれに合わせて星ひとみさんが独自に研究した上記の3つの要素を加えていき、3つの天室と12の天星に振り分けることで占っていきます。 12の天星の種類 12の天星の種類は、満月、上弦の月、下弦の月、新月、空、山脈、大陸、海、朝日、真昼、夕焼け、深夜といったものがあり、天星の種類ごとに人の性質やタイプなどを占っていきます。 3つのグループ また、12の天星は月グループ、地球グループ、太陽グループといった3つのグループのどれかにそれぞれ振り分けられています。 12の天星は下記のように振り分けられています。 西暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1940年 39 10 39 10 40 11 41 12 43 13 44 14 1941年 45 16 44 15 45 16 46 17 48 18 49 19 1942年 50 21 49 20 50 21 51 22 53 23 54 24 1943年 55 26 54 25 55 26 56 27 58 28 59 29 1944年 0 31 0 31 1 32 2 33 4 34 5 35 1945年 6 37 5 36 6 37 7 38 9 39 10 40 1946年 11 42 10 41 11 42 12 43 14 44 15 45 1947年 16 47 15 46 16 47 17 48 19 49 20 50 1948年 21 52 21 52 22 53 23 54 25 55 26 56 1949年 27 58 26 57 27 58 28 59 30 60 31 1 1950年 32 3 31 2 32 3 33 4 35 5 36 6 1951年 37 8 36 7 37 8 38 9 40 10 41 11 1952年 42 13 42 13 43 14 44 15 46 16 47 17 1953年 48 19 47 18 48 19 49 20 51 21 52 22 1954年 53 24 52 23 53 24 54 25 56 26 57 27 1955年 58 29 57 28 58 29 59 30 1 31 2 32 1956年 3 34 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 1957年 9 40 8 39 9 40 10 41 12 42 13 43 1958年 14 45 13 44 14 45 15 46 17 47 18 48 1959年 19 50 18 49 19 50 20 51 22 52 23 53 1960年 24 55 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 1961年 30 1 29 60 30 1 31 2 33 3 34 4 1962年 35 6 34 5 35 6 36 7 38 8 39 9 1963年 40 11 39 10 40 11 41 12 43 13 44 14 1964年 45 16 45 16 46 17 47 18 49 19 50 20 1965年 51 22 50 21 51 22 52 23 54 24 55 25 1966年 56 27 55 26 56 27 57 28 59 29 60 30 1967年 1 32 0 31 1 32 2 33 4 34 5 35 1968年 6 37 6 37 7 38 8 39 10 40 11 41 1969年 12 43 11 42 12 43 13 44 15 45 16 46 1970年 17 48 16 47 17 48 18 49 20 50 21 51 1971年 22 53 21 52 22 53 23 54 25 55 26 56 1972年 27 58 27 58 28 59 29 0 31 1 32 2 1973年 33 4 32 3 33 4 34 5 36 6 37 7 1974年 38 9 37 8 38 9 39 10 41 11 42 12 1975年 43 14 42 13 43 14 44 15 46 16 47 17 1976年 48 19 48 19 49 20 50 21 52 22 53 23 1977年 54 25 53 24 54 25 55 26 57 27 58 28 1978年 59 30 58 29 59 30 0 31 2 32 3 33 1979年 4 35 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 1980年 9 40 9 40 10 41 11 42 13 43 14 44 1981年 15 46 14 45 15 46 16 47 18 48 19 49 1982年 20 51 19 50 20 51 21 52 23 53 24 54 1983年 25 56 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 1984年 30 1 30 1 31 2 32 3 34 4 35 5 1985年 36 7 35 6 36 7 37 8 39 9 40 10 1986年 41 12 40 11 41 12 42 13 44 14 45 15 1987年 46 17 45 16 46 17 47 18 49 19 50 20 1988年 51 22 51 22 52 23 53 24 55 25 56 26 1989年 57 28 56 27 57 28 58 29 0 30 1 31 1990年 2 33 1 32 2 33 3 34 5 35 6 36 1991年 7 38 6 37 7 38 8 39 10 40 11 41 1992年 12 43 12 43 13 44 14 45 16 46 17 47 1993年 18 49 17 48 18 49 19 50 21 51 22 52 1994年 23 54 22 53 23 54 24 55 26 56 27 57 1995年 28 59 27 58 28 59 29 0 31 1 32 2 1996年 33 4 33 4 34 5 35 6 37 7 38 8 1997年 39 10 38 9 39 10 40 11 42 12 43 13 1998年 44 15 43 14 44 15 45 16 47 17 48 18 1999年 49 20 48 19 49 20 50 21 52 22 53 23 2000年 54 25 54 25 55 26 56 27 58 28 59 29 2001年 0 31 59 30 0 31 1 32 3 33 4 34 2002年 5 36 4 35 5 36 6 37 8 38 9 39 2003年 10 41 9 40 10 41 11 42 13 43 14 44 算出した運命数「4」を天星表と照らし合わせると天星は「満月」と分かる。 天星タイプ 1 真昼 11 上弦の月 21 朝日 31 夕焼け 41 下弦の月 51 海 2 下弦の月 12 夕焼け 22 朝日 32 上弦の月 42 真昼 52 海 3 山脈 13 深夜 23 新月 33 満月 43 空 53 大陸 4 満月 14 新月 24 深夜 34 山脈 44 大陸 54 空 5 大陸 15 山脈 25 深夜 35 新月 45 満月 55 空 6 空 16 満月 26 新月 36 深夜 46 山脈 56 大陸 7 真昼 17 上弦の月 27 朝日 37 夕焼け 47 下弦の月 57 海 8 下弦の月 18 夕焼け 28 朝日 38 上弦の月 48 真昼 58 海 9 山脈 19 深夜 29 新月 39 満月 49 空 59 大陸 10 満月 20 新月 30 深夜 40 山脈 50 大陸 60 空• マイペースで周りを気にしない• 集団行動は少し苦手• 自分の好きなことを仕事にすると大成しやすい 「深夜」の人はとてもマイペースな性質を持ち合わせています。 何をするにも周りを気にすることがないので、集団行動などには少し不向きです。 我が道を突き進むタイプなので、自分が得意なことや好きなことを仕事にすると上手くいきやすいです。 星ひとみさんってどんな占い師? 天星術を生み出した占い師の星ひとみさんは現在(2020年)39歳で、もともとは女優やグラビアアイドルとして活躍していました。 巫女の血筋を持つ家系に生まれ、東洋占星術・統計学・心理学・人間科学など様々な要素で創り上げたオリジナル運勢鑑定法『天星術』を基に、これまでに20,000人以上の鑑定実績。 高い的中率を誇り、熱い支持を受けている。 公式サイト: 名前 星ひとみ ブログ(Amebaブログ) インスタアカウント Twitterアカウント 巫女としての血筋があり、その影響もあって2004年頃から徐々に占いの世界に参入していきます。 その後は本格的に占い師として活動していくようになり、 2009年にはタレントの石田純一さんと東尾理子さんの結婚を天星術によってつなぎ合わせて話題を呼びました。 最近ではユーチューバーとして活動しているさんの子供の名前も星ひとみが命名していることもあり、占い界のなかでは注目のされている占い師の一人です。 星ひとみさんに直接占ってもらえる? 星ひとみさんの占いは「Ameba占い館SATORI」にて受けることができます。 名前、生年月日、性別を入力するだけで無料で占うことができます。 3つの天室と12の天星によって自分の性格やタイプを簡単に知ることができるので、 自分にとっての最適な生き方や仕事、結婚相手などをを見つけやすくなります。 具体的なアドバイスなどを知ることができないので、あまり有効活用することができなそうですね。 私には電話占いが合っています。 天星術によって占ってもらった人の口コミを見てみると、その評価は大きく2つに分かれているようです。 天星術はその人の性質や性格などを知ることによって占っていくので、人によってはその独特の占術が合わない人もいるようですね。 天星術のまとめ 天星術は今話題の占い師の星ひとみさんが独自に生み出したオリジナル占術で、3つの天室と12の天星によって占うことができます。 今では星ひとみさんの公式ホームページなどで、無料で天星術による鑑定を行えます。 そのため、自分の本当の性格やタイプを知りたいのであれば、無料で鑑定できる天星術を利用してみて下さい。 関連ニュース この記事も読まれています。

次の