あけぼのばし自立研修センター。 共産党・宮本議員、引きこもりの引き出し屋として悪名高い「あけぼのばし自立研修センター」の強制連行や監禁の実態を国会で取り上げる

ひきこもり・ニート自立支援施設の半年間の利用料wwwwwwwww

あけぼのばし自立研修センター

ひきこもりの自立支援等をうたう「あけぼのばし自立研修センター」を運営するクリアアンサー株式会社(東京都新宿区、代表取締役 監物啓和)と、「東京自立研修センター」を運営するリアライズ株式会社(東京都中央区、代表取締役 監物啓和)が23日、東京地方裁判所で破産手続きに入ったことが破産管財人への確認でわかった。 ある日突然、居室に入ってきた複数の見知らぬ男女により、集団生活型の自立支援施設に入るよう強引に説得されたのち、従わなければ暴力的な手段で連れ出されたなどといった被害を訴える声が相次いでいる。 同様の被害や、適切な支援ではなかったなどと両社に対して起こされている民事訴訟は、明らかになっているものだけでも、クリアアンサー社に対しては4件、リアライズ社に対しては1件ある。 クリアアンサー社に関しては今年11月、東京地検に告訴状も提出されていた。 リアライズ社は、クリアアンサー社の100%子会社であることがこれまでの裁判で明らかにされている。 使用していた東京都新宿区住吉町界隈や商店街にある施設だけでなく、職員らもほとんど共通していたことから、実質的な営業窓口会社として機能していたとみられる。 両センターでは、11月下旬から本格的に研修生を帰宅させる手続きをとっていた。 11月29日付で、「重要なお知らせ」という文書が当時の両社代表取締役の連名で発信され、依頼主である研修生の親や家族に対し、研修生を実家や元の居住地へ返すことになったため、「12月2日17時までに」迎えに来るよう求めていた。 文書にはさらに、研修生を帰宅させる理由として、 ・いわれのない誹謗中傷や誤った情報がインターネットやメディアで報道されており、テレビ記者が職員を追いかけ回したこと ・報道に感化された人物が押しかけてセンターへの批判をまくし立てたこと ・脅迫電話や命を危険にさらすメール等が頻繁に届く状態であること 等が挙げられ、「通常サービスどころか生命の安全さえままならない状態となってしまいました」との説明が書かれていた。 11月下旬には、熊本県湯前町の研修施設「くまもと湯前町研修所」(職員は)が閉鎖に向けて準備。 並行して東京でも、両センター職員らが、カーパーツ販売事業等で知られる関連会社のへ異動したり退職したりしていた。 12月中旬には、近隣の複数施設から荷物をセンターに引き上げる様子が、脱走した元研修生らによって目撃されており、さらに、研修生たちが生活していた各所の寮も次々と閉鎖されたことから、年内の倒産が噂されていた。 25日18時現在、両センターのウェブサイトは残っているが、掲載されている電話番号はどちらもつながらない。 計画的な倒産とみられる。 24日午後に東京地裁(下澤良太裁判長)で開かれた同2社が被告となっている法廷では、被害者側の原告代理人が「事務所を閉鎖したようだが、登記が変更されているのか。 郵便物も戻ってくる」と尋ねると、被告2社の代理人は、「承知していない。 変更があったらお知らせする」と回答していた。 前日から破産手続きに入っていたことを、裁判期日に知らせていなかったことになる。

次の

ひきこもり・ニート自立支援施設の半年間の利用料wwwwwwwww

あけぼのばし自立研修センター

ひきこもり支援をうたいながら、当事者を自宅から無理やり連れ出して軟禁しているなどとして問題になっている「引き出し業者」。 少なくとも3件の訴訟を起こされている会社「クリアアンサー」(東京都新宿区)と関連会社が昨年12月に破産したと原告弁護団が30日、会見で明らかにした。 民事責任を追及できなくなるといい、「国は業者の実態を把握し、悪質な業者を取り締まる法規制をしてほしい」と訴えた。 クリア社は、ひきこもりの人を支援する「あけぼのばし自立研修センター」を運営している。 弁護団によると、同社側は子どもの引きこもりに悩む親などと半年当たり700万~900万円程度で契約。 借り上げたマンションに住まわせ、就職支援などをする内容だった。 だが、実際には無理やり連れ出され、携帯電話や身分証明証を取り上げられてマンションに軟禁されたなどとして、当事者らが昨年、損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしていた。 原告弁護団は都内で開いた会見で、この日あった債権者集会に参加したと説明。 同社の破産管財人は「昨年からの『逆風』で売り上げが減少した」と破産の理由を話したという。 弁護団は「民事裁判が佳境に入….

次の

「連れ去り、監禁、脱走」...。ひきこもりの支援と称し、テレビ番組にも出演していた団体の実態とは?

あけぼのばし自立研修センター

ひきこもりの自立支援をうたう団体に無理やり自宅から連れ出され、9日間にわたり監禁されたなどとして、神奈川県内の30代男性、高橋さん(仮名)が11月29日、逮捕監禁致傷容疑などで施設職員ら9人を東京地検に刑事告訴した。 ひきこもり「自立支援」施設をめぐっては他にも、強引な手口で連れ出されたという当事者の訴えが相次いでいる。 高橋さんは監禁された後、精神病院でオムツをつけられ、身体拘束を受けた上に50日間入院させられたという。 「悪質な業者と精神病院は、現在も白昼堂々、深刻な人権侵害を行っている」と訴えている。 告訴状などによると、「連れ去り」が起きたのは2018年5月。 東京都新宿区内にある自立支援施設「あけぼのばし自立研修センター」の職員4人が突然、高橋さんの部屋を訪れ施設への入所を説得し始めた。 助けを求めて電話を掛けようとすると、職員の1人に両肩をつかまれ、腹ばいにねじ伏せられた。 高橋さんは抵抗したり、外に出て周囲に助けを求めたりしたが、結局職員3人がかりで車に押し込まれ、施設に連れて行かれた。 その後9日間、監視をつけられ、地下の部屋に閉じ込められたという。 それでも入所を拒否すると、足立区内の精神病院に連れて行かれ、閉鎖病棟で3日間身体拘束を受けた。 手足や胴体をベッドに縛り付けられてオムツをつけられ、寝返りを打つことすらできなかった。 高橋さんは「拘束初日は、排せつ物の処理すらしてもらえず放置され『とんでもないところに来てしまった。 これから自分は何をされるのか』と、言い知れぬ恐怖に襲われた」と振り返る。 その後もほとんど何の治療行為もないまま、50日にわたって入院させられたという。 病院職員に「入所を拒否したら、別の病院に入院させる」などと言われ、やむなく施設に移った。 すると施設では「ルールを守れない場合は再度入院することに同意する」との誓約書にサインさせられた。 弁護団の一員である林治弁護士は「医療行為の必要性ではなく、指示に従わないと入院させるという意図が明らかだ」と強調する。 弁護団長を務める宇都宮健児弁護士は「病院は施設と結託し、施設側の指示に従わせる目的で男性を長期間入院させた。 犯罪なのはもちろん、医療従事者としてもあるまじき行為だ」と批判する。 高橋さんは施設職員と合わせて、精神病院の医師ら4人も刑事告訴したほか、病院側に慰謝料など550万円を求める損害賠償請求訴訟を起こした。 林弁護士は話す。 「『拘束され、おしめまでされた』という高橋さんの体験が施設内に広まり、入所者が『そんな怖い目に合うくらいなら…』と仕方なく職員に従っている、という話を、相談に訪れた元入所者から聞いた」 同じ施設から脱走した別の30代男性も、仕事を始めたので携帯電話を返してほしいなどと交渉したところ、職員に「抵抗すると病院に入れるぞ」と言われたという。 男性は「脅されるうちに逃げる気力を失ってしまう入所者が、周りにたくさんいた」と話す。 弁護団のもとには、脱走者や現在入所中の脱走志望者からの相談が多数寄せられているという。 だが連れ出しの恐怖からPTSDを発症するなど「本人の心身のダメージが大きすぎて、訴訟に至らないケースも多い」(弁護団)。 入所者とのトラブルを抱える「自立支援施設」は、他にも存在する。 神奈川県内の別の施設では2018年、入所者による集団脱走が起きた。 さらに今月に入って、神戸市から神奈川県内の自立支援施設に移送中の30代男性が、後部座席から高速道路に飛び降り死亡したことも、大手メディアによって報じられている。 高橋さんは「声なき被害者」たちの存在を踏まえて、「私自身だけでなく、様々な事情で裁判できなかった被害者たちの怒りも背負い、覚悟を持って裁判に臨みたい」と、決意を述べた。 一方、同センターを運営するクリアアンサー(東京都新宿区)は「要請があれば捜査に協力するが、個々の事案については現時点では不明な部分も多く、コメントは差し控えたい」としている。 しかし両親は、彼に職に就くよう求めていた。 ある時母親が「ニートやひきこもりが30代を超えると、犯罪に走る」という内容のネット情報を読み、あわてて施設に相談したのが、連れ出しの発端だったという。 両親が契約の際、施設に支払った料金は700万円に上る。 宇都宮弁護士は「こうした施設の多くは親の不安につけこんで確実に子どもを自立させるとうたい、高額な料金で契約させる」と解説する。 ひきこもりに詳しい精神科医の斎藤環氏は11月、横浜市内で講演し「本人の意思によらず強引に連れ出される場合、支援の適切さを問う以前に犯罪行為だ」と述べた。 だが被害者のSOSが、救出につながることは非常に難しい。 高橋さんは入所中、職員の隙をついて、いくつもの相談窓口に助けを求めた。 しかしある行政機関の職員には「自立するのが一番じゃないの?」などと言われた。 また連れ出される時も警官が臨場していたが、職員の行為を傍観していただけだったという。 高橋さんは「一時は国にすら見捨てられたか、と落ち込んだ」と語る。 宇都宮弁護士は「ひきこもりは『家庭内の問題』、本人と家族の『自己責任』だという社会認識があるのではないか。 命と人権を左右する自立支援を、無許可で営める事態も異常だ。 政府がきちんと関与し、当事者・家族を社会で支える体制を整えるべきだ」と訴えている。

次の