佐原 ツアー。 佐原の大祭・秋祭り&小江戸佐原散策バスツアー

水郷の町・佐原市のおすすめ観光スポット10選!小江戸情緒を味わおう

佐原 ツアー

桜の花がまさに満開の 3月31日、21世紀アクティブシニア社会共生研究会メンバーは、55歳から17年間に渡り日本全国を測量して歩き正確な日本地図を作ったことで知られる元祖アクティブシニア「伊能忠敬」の記念館と忠敬の住んだ佐原の町を見学しました。 伊能忠敬は、17歳で酒造業を営む佐原の伊能家の婿養子となり、商売の才覚を発揮し約20年で伊能家の収入を3倍に増やしたそうです。 その後家業を息子に譲り、50歳の時江戸へ出て、以前から興味のあった天文学と暦学を本格的に学びました。 そして、暦をつくる幕府の役所に勤めていた天文学者高橋至時に弟子入りし、55歳で日本地図作製のための測量の旅に出発しました。 測量の旅は、北海道南岸から始まり、計10回に及ぶ日本全国の測量を実に16年間71歳まで行いました。 忠敬の測量方法は、前方に立てた目印(梵天)が北から何度の方角に見えるかを測り、その目印までの距離を測ります。 それを毎日繰り返し、宿では1日に測った分を地図にまとめ、江戸へ戻ってさらに大きな紙に書き写して作りました。 その10回の測量で歩いた距離は、実に「4万キロ・地球1周分」に匹敵します。 忠敬は73歳で亡くなりますが、没後3年にして日本全図は完成しました。 忠敬が作った日本地図(伊能図)は、大正時代までの約100年間のあいだ、正確な日本地図として使われることとなったそうです。 続いては、佐原の町並み散策&ランチです。 桜吹雪が舞う「香取神宮」を参拝し、ユネスコ無形文化遺産に登録された「佐原の大祭」「佐原囃子」を展示する「山車会館」を見学しました。 ランチタイムは、江戸屋敷を再現したたたずまいの店「佐原千与福」にて創作日本料理を堪能。 最後は、創業者が伊能家に弟子入りして酒造りを習得したという「東薫酒造」での地酒造りの行程見学と利き酒タイムで旅を締めました。 今回の見学ツアーでは、商売にキリをつけた50歳のセカンドステージにおいて、自分の興味のある学問をとことん学び、それを実践に結び付けて偉業を成し遂げた、アクティブシニアの元祖と言うべき伊能忠敬の生き方を深く知り、大いに触発されました。 江戸時代は人生50年と言われていましたが、今は人生100年時代です。 我々は、これから益々アクティブに活躍していきたいという思いを新たにし、帰路につきました。 (記 深井).

次の

【東京発日帰りバスツアー】潮来・佐原の2大水郷!トコトコ銚子電鉄&十二橋めぐりと水郷佐原あやめパーク!<6~7月/昼食付/新宿駅発>by はとバス

佐原 ツアー

出発エリア一覧• 北海道• 北関東• 南関東• 甲信越• テーマ別プラン一覧• たびらい公式アカウント メールマガジン登録 旅するエリアを選ぶ• 旅を楽しむ・予約する• 甲信越• 甲信越• Language Tabirai Japan• [繁体中文]• [English]• [한국어]• たびらいについて•

次の

佐原でダックツアーをしてきました~大洗・佐原の旅(2)

佐原 ツアー

こんにちは!たびこふれ編集部のシンジーノです。 以前、プロカメラマン須藤美香先生の「お散歩撮影会in 浜離宮」に参加しましたが、その須藤先生同行の日帰りバスツアー(東京発)が初めて実施されると聞いて参加してきました。 須藤先生は、いわゆるカメラのハウツーを教えるにとどまらず「写真を撮るとはどういうことなのか」を問い続ける求道者に近いと思います(あくまで私の感想です(笑))が、それを素人にもわかりやすく丁寧に教えてくださるので私のような初心者でも安心です。 今回のルートは、「東京~茨城県潮来(いたこ)あやめ園~千葉県佐原市街並み保存地区~東京」という2か所を巡る所要時間約9時間のツアーでした。 <目次>• 旅のはじまりは東京駅 丸ビル前から 集合は朝8:00JR東京駅(丸の内側)の丸ビル前です。 今回の参加者は10名様。 バス2席をひとりで使えてゆったりVIP気分でした。 天気はあいにくの曇り空、今すぐにでも雨が降ってきそうな気配です。 先生の第一声からツアーは始まります。 「こんな天気も良いんです。 快晴の時、あやめの花を撮ると色がきれいに出ないんです。 生っぽく映るというか、生きた写真にならないんですね。 だから今日は(天気が悪いから)良い写真が撮れそうですよ。 」さすがポジティブシンキング!ちょうどこの日関東は梅雨入りしました。 たしか前回の浜離宮もどんよりと曇っていましたね。 誰が雨男(女)なのか・・・(笑) まずはバス車内で写真撮影の基本のおさらい 東京駅から潮来までバスで高速(東関道)を使って約2時間。 バス車内では須藤先生よりカメラ撮影の基本についてお話がありました。 例えば、• 撮影する角度は水平垂直が基本。 すぐにカメラを取りだせるよう準備しておくこと。 余計な荷物は持たず、両手を空けておくこと。 どこから撮るかという位置取りがすごく大事。 いろいろ動きまわってみましょう。 先ずは立った状態で撮る、次はしゃがんで撮ってみる。 そうすると見える景色が全然違うことに気づきます。 良い位置を探す、これを意識すること。 などなどでした。 バス車内で事前にレクチャーすることについて先生はこう仰っていました。 「写真を撮る時は気持ちを落ちつけて撮ることが大事です。 現地でああだこうだと頭でっかちなお話ばかりしていたら、皆さんが感じなくなってしまう(撮影に大事な撮り手の感性が研ぎ澄まされない)のでバスの中で基本をおさらいしておきましょう。 あたふたバタバタした状態では良い写真は撮れないということなんですね。 ひとつめの撮影地「水郷潮来あやめ園」 途中渋滞もなくスムーズにバスは進み、9:45頃 潮来「あやめ園」に到着しました。 ちょうど花も見ごろを迎えていてきれいでした。 小雨がぱらつく時もありましたがここまではどうにか天候も持ちこたえていました。 まず全員であやめ園内を一周します。 現地に着いたら最初にやる大事なこと まず園内を一周する、これにもちゃんと意味がありました。 「最初に全員で園内を一周しましょう。 きれいな花があるからといってあせらないで。 「あっ!ここからの構図いいな」と思ったら、とりあえず遠めから全体を捉える1枚を撮ってください、そうすれば気持ちが落ち着きます。 「まず1枚撮れた」と。 ここで局地的にズームなど使ってバシバシ撮り始めない事!気になるところは後で戻ってきてゆっくり撮れますから。 まずは全体像をつかむことが大事です」 思わず撮りまくりたくなってしまいますが「まずは落ちついて」です。 その他にも先生からこんな言葉がありました。 「撮る花を「きれいだな」「好きだな」と思って撮ってください。 対象物に愛情を注いで撮らなければ写真を見る人のこころを動かすことなんてできません。 」どうですか、須藤先生が単なるハウツーを教えるだけのカメラマンではないことがわかるでしょう? この日は須藤先生、蛇の目傘をお持ちでした。 お似合いです。 ここでは背丈の高い花の撮り方を解説されています。 色とりどりの花たち。 2色以上あるとグラデーションが効いた美しい写真が撮れるそうです。 花びらの高さにカメラを下して撮ると花が多く見えますね。 自分が気にいった花をひとつ見つけそこを中心に撮ると「心が入った写真」が撮れるそうです。 私がどの花を気に入ったかわかるでしょうか(笑) さすがプロだあ! 今回「さすがプロだなあ~」と感じたシーンがあります。 それは集合写真を撮った時のことです。 もともとツアーでは集合写真を撮る予定はありませんでしたが今回少人数でアットホームな雰囲気であったため「皆さんで一枚撮りましょうか?」となり、須藤先生に撮っていただくことになったのです。 通常、旅行会社のツアーで集合写真を撮る時、その観光地の看板や銅像が立っているところをバックにして撮ります。 あやめ園だと例えばこういう感じの場所でしょうか。 ところが須藤先生はそんな場所には脇目もふらずスタスタと別の方向に歩きだしていました。 そして「さあここで撮りましょう!」と場所が決まりました。 その後写真を撮るまでの間、人の並び方、角度、光の当たりぐあい、顔の表情の作り方など、こと細かにチェック、修正が入りました。 まるでその1枚に魂がこめられているかのようでした。 その場所から私シンジーノが撮った写真がこちらです。 そして須藤先生が撮られた写真がこちらです。 う~ん やっぱ全然ちがう(笑)先生、さすが! ちゃちゃっと撮って!なんてできるわけない 須藤先生は友人からよくこう頼まれるそうです。 「あなたプロカメラマンなんだから、ちゃちゃっと簡単でいいから写真撮ってくれない?」でも写真を撮るとは実はそんな簡単なものではないそうです。 先生曰く「ちゃちゃっとなんか撮れませんよ」先生は結婚式とかその他いろいろな写真も撮られるそうですが、1日に数件の仕事が入ると撮り終わった時には疲れ切って吐いてしまうこともあるそうです。 「写真を撮るということはそれほど頭を使うんです。 集中力が必要とされ緊張を強いられるものなんです」 たびコト塾で座学を聴いている時、須藤先生はこう仰っていました。 「良いカメラマンかどうかは「必要な時にシャッターが切れるかどうか」なんです。 これを聞いた時私は「シャッターが切れるかどうか?んんん?どういうこと?」と意味がよくわかりませんでした。 でも写真を撮るという行為の大変さを聞いた時、先生が仰った意味が少しわかったような気がしました。 写真を撮るとは、テクニックを駆使して撮るということだけではない、もっと深いものがあるように思いました。 それはその日に「嫁入り舟」があるからです。 潮来地方では結婚式の時、花嫁さんが舟で嫁入りするという風習があるそうです。 潮来が一年で一番盛り上がる「あやめ祭り」の期間は土日と水曜日に嫁入り舟のイベントがあり、多くの人が集まるそうです。 これを聞いた時私は「ああ、観光目的のイベントなんだな、花嫁さんもモデルさんとか女優さんがやっているんだろう」と思ったらなんとなんと本物の花嫁さんだそうです。 花嫁さんは公募で選ばれ、競争率も高いそうですよ。 こちらが嫁入り舟で川を下る花嫁さんです。 川沿いや橋の上で多くの人たちがお祝いしていました。 そしてこちらが須藤先生が撮られた嫁入り舟です。 単にシャッター押しただけの私の写真とプロカメラマンが狙いすませて撮った写真、やはり違います。 恐れ入りました。 あやめ園ではたっぷり2時間を取りました。 全員で園内を歩いて周り、嫁入り舟を見て、その後各々自由に写真を撮るという充分な時間配分でよかったです。 もう1年分のあやめを見た気分です(笑)。 (実際にはあやめは終わっていて咲いていたのは菖蒲(ショウブ)でした。 今年は開花が例年より1週間から10日早いそうです。 ふたつめの撮影地 小江戸「佐原」街並み保存地区 その後再びバスに乗ること約30分で千葉県の小江戸「佐原」町並み保存地区に到着です。 が!ここで雨が本降りになってきて残念ながら充分な撮影はできませんでした。 ここでも先生がひとこと。 「雨でカメラが濡れるのも心配だし、心ゆくまで撮れないのは残念ですね。 でも雨の風景もこれはこれで晴れの時にはない趣ある写真を撮ることができますね。 」さすが! 確かに風情があって良い感じに撮れました。 佐原では自由昼食で1時間、その後街並み保存地区を約1時間半で巡りました。 かなり雨が降っていましたが皆さん精力的にシャッターを切られていました。 佐原を3時に出発し、東京へ。 復路も渋滞なく4時半前には東京駅に到着しました。 日帰りバス写真撮影ツアーの醍醐味とは? 今回のツアー参加者のレベルはまちまちで、本格的な一眼レフカメラをお持ちの方やコンパクトカメラの方、写真歴も長い方、短い方いらっしゃいましたが、参加者が少人数だったこともあり、特に参加者間の違和感はなかったように感じました。 それは普段されている座学の写真講座は1時間半ですのでどうしても案内できる情報が限られてしまいますが、バスツアーなら丸1日ありますので時間を充分にとっていろいろな角度から、幅広いレベルをカバーしたお話が聞けるという点、そしてくり返しになりますが、須藤先生が単なるカメラのハウツーだけを教えるカメラマンではなく、写真を撮影する時の心構えという視点からのお話も多いので、参加する人たちの学びになったのではないかと思います。 物見遊山のツアーも良いですが、こういう形のツアーも良いなと思いました。 須藤先生が同行する次のバスツアー企画はまだ決まっていないそうですが、須藤先生のカメラ講座に興味を持たれた方はまずはたびコト塾(東京)の座学(無料)に参加されたら良いと思いますよ。 それではまた!.

次の