メニコン 水道橋。 「メニコン東京オフィス」と「Menicon Miru 水道橋店」オープンのお知らせ (2016年3月4日)

店舗検索|コンタクトレンズのメニコンショップナビ|コンタクトレンズのメニコンショップナビ

メニコン 水道橋

コンタクトレンズは今では生活に欠かせない品物です。 だからこそ、お客様へ安心して使って頂きたい。 当社では 「コンタクト選びを、もっと楽しく お客様の毎日に、うれしさを。 」をモットーに ・コミュニケーションを大切にするお店 ・お客さまのアイライフを快適にするお店 ・これからの毎日をワクワクさせるお店 そんなお店作りの基盤となって頂ける方を募集いたします。 POINT02 具体的な接客の仕方について 当社では、先ず【聞く】ことを大切にしています。 生活の一部として身につけるコンタクトレンズだからこそ 「コンタクトレンズ選びの時にどんなことが気になりますか?」 「何か不安な点はありませんか?」 「使い心地はいかがですか?」など 是非、お客様側の立場に寄り添う事を意識してください。 相手を思いやる優しさが、当店に必要なスキルです。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の

水道橋駅より徒歩2分|Menicon Miru 水道橋店|コンタクトレンズのメニコンショップナビ

メニコン 水道橋

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

「メニコン東京オフィス」と「Menicon Miru 水道橋店」オープンのお..(株式会社メニコン プレスリリース)

メニコン 水道橋

午前は外来診療(内科、老年内科)、午後は緊急時対応と医療機関連携を強化した機能強化型在宅療養支援診療所として、通院が困難な方の訪問診療(老年内科)を行っています。 院長を中心に医師・看護師・医療ソーシャルワーカーが在宅療養の相談に応じています。 健康上のお悩み、病気の治療からご自宅での看取りに至るまで、様々な相談に応じています。 高齢者の認知症についてのご相談も積極的にお受けしています。 東大医学部附属病院ほか都内で20を超える病院と連携しています。 産業医活動(企業の健康経営支援)も行っています。 一般社団法人ライフケアシステムの連携協力医療機関です。 水道橋東口クリニックの4本柱 4つの医療サービスで地域医療への貢献をしています。 1.外来診療 (午前/内科、老年内科) 午後は訪問診療のため、午前中のみの診療になりますが、街のかかりつけ医として外来診療を行っているほか、健康上のご相談に応じています。 同じ水道橋ビル内の「結核予防会 総合健診推進センター」と連携し、血液検査、尿検査、レントゲン検査、CT検査ほか各種検査を受けることができます。 高齢者の認知症についてのご相談は、院長(認知症サポート医)が直接お受けしています。 ご予約の上、当クリニックにお越しください。 2.訪問診療 (午後/老年内科) 家庭医クリニックとして30年以上にわたり高齢者を対象とした訪問診療を行っており、辻院長は1990(平成2)年より在宅医療に取り組んでいます。 また、緊急時対応と専門的対応を強化した「機能強化型在宅療養支援診療所」として24時間対応の在宅医療を提供しています。 訪問診療を希望される方は、直接お電話にてご相談ください。 老人ホーム等の高齢者施設への訪問診療も行っています。 3.産業医活動 (企業の健康経営支援) 日本医師会認定産業医の院長を中心に、企業や団体で働く方々の健康を守るとともに、企業の健康経営の支援を行っています。 *産業医をお探しの近隣の企業様からの新規のご相談に応じています。 社 全国医業経営支援協会が、地域医療を支えるドクターを支援するために発行している医療情報誌 『ドクタージャーナル 第31号』(2019年6月発行) の 「在宅医療で活躍するドクター」に、辻彼南雄院長のインタビュー記事が、ライフケアシステム及び佐藤智医師の紹介記事とともに掲載されています。 その他 当クリニックは、東京大学医学部及び医学部附属病院の協力医療機関として、 医学部学生(学生実習)及び臨床研修医の受け入れを行っています。 お知らせ• 服部ゆかり先生が「第2回日本在宅医療連合学会大会」のシンポジウムに参加されます。 (2020年6月) 日時:2020年6月27日(土)13:40~15:20 会場:WEB開催 参加プログラム:シンポジウム22 非がん疾患の生命維持処置の差し替え、中止を考える 発題内容:生命予後が限られた患者をどう支えるか~経管栄養患者に焦点を当てて~ 発題者:服部ゆかり (東京大学大学院医学系研究科老年病学・東京大学医学部附属病院老年病科、水道橋東口クリニック 医師)• 婦人之友社刊『婦人之友』(2020年6月号)に山内看護師の記事が掲載されました。 (2020年5月) 特集:上半期のヨゴレを一掃! 新型コロナウイルスに効果的な掃除法 家の中で、気にしておきたい場所/消毒液の作り方/布に液をつけて、一方向に拭く/家族がよく触れるもの、場所は、1日1~2回拭きましょう/トイレの清掃/まずは全体を 掃除する/仕上げ拭きで消毒(除菌)/嘔吐物などの処理/ゴミの捨て方/再チェック! 新型コロナウイルス感染予防の基本は「手洗い」• 婦人之友社刊『婦人之友』(2020年5月号)に辻院長の記事が掲載されました。 婦人之友社刊『明日の友』(第245号 2020年4-5月号)に辻院長ほかスタッフのインタビュー記事が掲載されました。 新型コロナウイルス感染症について -厚生労働省より(2020年3月)• 市民の皆様へ「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント -日本老年医学会より(2020年3月) 日本老年医学会より *転用の許可をいただきました。 広報用に作成されたポスターは、 からご覧いただくことができます。 外来受診を希望される皆様へ(2020年3月) 当院の外来受診は、原則として事前予約制です。 また、新型コロナウイルスの影響が広がっている状況の下、当院では 来院前の電話予約をお願いしています。 院内感染、感染拡大を防止するための措置として、皆様のご理解をいただければ幸いです。 研修医受け入れのお知らせ(2020年2月) 外来診療を受診される皆様 当院は、東京大学医学部附属病院の協力医療機関として臨床研修医の受け入れを行っておりますが、本年3月は山﨑医師が1か月間勤務いたします。 期間中は、診察を一部担当するほか、辻院長もしくは飯島医師の診察に立ち会わせていただくことがございます。 何卒、皆様のご理解とご承諾を賜りたく、お願い申し上げます。 水道橋東口クリニック 院長 辻 彼南雄• 今シーズンのインフルエンザ予防接種は終了いたしました。 (2020年1月)• 飯島勝矢先生テレビ出演(2020年1月) 番組名:NHK 総合 ごごナマ「老いに負けない! フレイルを予防しよう」 テーマ:めざせ健康長寿 フレイルを予防しよう! 本放送予定日:2020年1月21日(火)午後2:05~午後2:55(50分) 番組内容: 健康状態から要介護状態へ移行する中間段階と言われる「フレイル」。 早くに予防すれば健康を取り戻すことができます。 チェックテストや口の体操など、予防策を詳しく紹介。 MC:船越英一郎、美保純、阿部渉 ゲスト:三遊亭円楽、平野レミ、飯島勝矢 飯島勝矢先生プロフィール: 東京大学高齢社会総合研究機構 教授 東京大学医学部附属病院 医師 水道橋東口クリニック 医師(水曜日外来・訪問担当)• インフルエンザ患者数が例年を上回るペースで拡大しています。 (2020年1月) 国立感染症研究所が12月27日に更新した流行マップによると、2019年第51週(12月16日~12月22日)の患者報告数は10万5221人。 定点当たりの報告数は21. 22で前週の15. 62から増加。 週の報告数が10万人を超えたのは今シーズン初となりました。 尚、風邪やインフルエンザの疑いがある方でクリニックを受診される方には、院内感染を防ぐため、来院される際の マスク着用をお願いしています。 一般向けに作成された 動画が視聴できるほか、動画の内容をまとめた リーフレット(PDF)のダウンロードが可能です。 インフルエンザの流行が広がっています。 辻彼南雄院長出席の座談会記事が閲覧できます。 インフルエンザ予防接種・予約受付再開のお知らせ(2019年12月2日) 予約受付を再開いたしました。 インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(2019年10月30日) ワクチン入荷の遅れのため、昨年当院で接種を受けられた方を除き、予約受付を一時休止しています。 これは、平成28年度以降、最も多い供給量であり、近年の使用量等からみて、ワクチンを適切に使用すれば、不足は生じない供給量と考えられます」との情報が公開されましたが、11月を前にした現在においても、供給元による出荷調整が厳しく行われている模様で、入荷が安定するのは12月に入ってからになる見込みです。 水道橋東口クリニックでは、皆様方のご要望にお応えするために、ワクチンの確保に引き続き努力してまいりますが、このような状況であることをご理解いただければ幸いです。 受付開始:ライフケアシステム会員・一般 会員紹介者 9月30日、一般 会員紹介者以外 10月7日 *申込人数が定員に達した場合は、受付を終了とさせていただきます。 参加費:500円 *当日つり銭のないようご用意下さい。

次の