ラナ 声優。 オーバーロードラナー王女の本性は?デミウルゴスと協力して王国を裏切る?

未来少年コナンのあらすじを簡単に【ネタバレ】声優はジムシーにのび太?

ラナ 声優

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 現在は 、かつては 、、に所属していた。 来歴 [ ] 幼少期から活発で運動が得意で中学では体操部でに励む。 では体操部がなく部へ入部。 部長を務め、演劇コンクールに参加し、審査員に誉めてもらったことが嬉しくなり、これをきっかけに俳優を目指す。 を受験するため、上京してへ進学。 卒業後はに入団する。 当初は『』等のテレビドラマに出演していた。 放送の『』第3話、「エデンの園だよ! ゼンダマン」のゲストキャラクターのイブ役で声優デビューを果たす。 同年4月スタートの『』ではヒロインの星川ムツミを演じて初レギュラーとなった。 多くの文献や本人プロフィールなどでは、この作品がデビュー作とされており、実際にオーディションに合格して声優デビューが決まったのもこちらが先だった。 これを機に声優業が増えていき、同年12月公開の劇場用アニメ『』でゲストヒロインのクラリスを演じた。 1983年4月から『』のルウリィ役で再びレギュラーの声優の仕事を受けるようになり、の『』、の『』、の『』、『』、『』でそれぞれヒロインもしくは主人公を演じ、人気を博す。 には『めぞん一刻』で演じたヒロイン・名義でシングル「予感」をリリースし、翌には2枚目のシングル「メロディー」と、アルバム「恋するKI・MO・CHI」をリリースした。 『』主催のアニメグランプリでは、の第7回との第10回、の第11回で、女性声優部門1位を獲得。 またと、でも2位に輝いた。 1980年代後半以降は『』のキテレツのママ、『』のしょくぱんまんなど、ヒロイン以外の役柄での出演が多くなり、役の幅を広げていく(しょくぱんまん役は現在まで続いているので、持ち役の中で最も演じている期間が長い)。 以降は母親役を演じることが多くなる。 『』ではヒロインの銀鈴役を担当する。 なお、銀鈴を主人公とした作品も複数作られている。 からは『』で主人公・ことの母親・を担当(しょくぱんまん役に次いで担当期間が長い持ちキャラとなっている)。 業界に入り30年以上が経っているが、その割には出演作が少ないと語っており、本人が言うには「主演作やメインレギュラーのインパクトでキャリアを印象づけた」。 2012年に長女の越川詩織が、島本がレギュラー出演している『それいけ! アンパンマン』で声優デビューしている。 私生活では、に青年座の後輩で7歳下の、お笑いコンビ・のと結婚 、長女で声優のとの三人家族である。 2010年頃にはの専任講師の1人となり基礎講座の講師として活動中。 2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙! 3時間SP』で第25位に選ばれる。 同年3月、第11回で高橋和枝賞を受賞。 宮崎駿との繋がり [ ] 放映開始の世界名作劇場シリーズ『』の主役のアンのオーディションの最終選考まで残り、結果はに決まった。 しかし、と場面設定スタッフとして名を連ねていたが島本の声に感銘を受け、指名で『ルパン三世 カリオストロの城』のオーディションに参加、結果クラリス役に抜擢されたという逸話がある。 この『カリオストロの城』を皮切りに、島本は宮崎の作品に多数出演することになり、新『』の最終話では小山田真希を演じ、『風の谷のナウシカ』では自主的にオーディションに参加し主人公のナウシカ役を獲得。 他には、『』では当初サツキ役でオーディションに臨むも母親役に決まり 、『』ではトキを演じた。 『もののけ姫』では、宮崎から20回ものリテイクを出され、島本自らも1回リテイクを申し出るなど苦戦の連続であった。 その後は宮崎が声優を専業以外からの起用にシフトしたため、『もののけ姫』を最後に宮崎作品には出演していない。 エピソード [ ] 『ルパン三世』のクラリスについては、映画よりもテレビでオンエアなった時に凄く反響があったらしく、劇団に沢山のファンレターが送られてきたと言う。 その時のファンレターの数がよりも多かった。 その為、劇団のスタッフ方々から「須美これは大事にしなきゃ駄目だよ」と言われて物凄い数のファンレター1人1人にお返事を書きまくっていたと語っている。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビドラマ [ ]• (1977年・) - 役• 第63話「痴漢・女子大生被害レポート! 」(1978年) - 中井純子 役• 第1期第22話「快楽(けらく)の館 悟浄白骨の恋」(1978年) - 美宝 役• 第2シリーズ 第27話「やさしい男と女たち」(1978年)• (1979年) - 磯野マリ子の友人 役• (1980年) - 村松節子 役• 第4話「大空より愛をこめて」(1980年) - スーパーの姉・広子 役• 第2シリーズ1話(1981年) - 客室乗務員 役• 「バレンタインデー殺人事件」(1984年) 映画 [ ]• (1977年) - 高野香苗 役• (1980年)• (1985年) - BOYの声 役 テレビアニメ [ ] 1979年• (スージィ、本家アリババ)• (イヴ、)• ( 星川ムツミ、アルファ・ケンタウリ第1惑星の王女) 1980年• (、クレオパトラ、)• (アンナ)• 「」( 小山田真希) 1981年• (1982年 - 1985年、雨森露子 、雪の少女、)• (千秋〈初代〉)• (マリア・マリア〈初代〉) 1983年• (ステファニア)• ( ルウリィ、デン)• 1984年• (住民B)• (1984年 - 2003年、、女神)• (松岡ケイ子) 1985年• (妖怪花)• ( セーラ・クルー )• (マーガレット・タイナー)• (ロミナ・ラドリオ) 1986年• ( フィー・アンダーソン)• (1986年 - 1987年、 ドロシー)• ( エルフィ )• 「」(薫)• 「」(お琴)• (北城真理子〈マアル〉)• (人魚)• ( 彼女)• (1986年 - 1988年、 音無響子) 1987年• (和子)• (氷室真希)• (ヨアヒム) 1988年• ( ユミ)• (1988年 - 1996年、木手美智子〈ママ〉、スーザン、花丸郁江、牛若丸、桜井芳江〈2代目〉 他)• (エリナ姫)• (笠田みよ子)• (1988年 - 、 、ハニー〈初代〉、オムライスくん〈初代〉、でかこ母さん 他) 1989年• (藤井綾乃)• (エライザ、リョーナ)• (ティンカー・ベル )• (調和神ヴィシュヌ)• (春日野かすみ) 1990年• (物部先生)• (ウサ局さま)• ( しょくぱんまん)• (1990年 - 1991年、フィヨンカ夫人)• (精霊オリエ) 1991年• (ヒラリー・ウエントワース)• (朝霞れい )• (平家やまぶき、九鬼キク)• (トニー) 1992年• (坂本栄、、武市富)• (シスター・コンラット)• (甲機メカタートル〈初代〉)• (川上哲子)• (ママベル )• (イベット)• (山口佐和子)• (草凪菊子 ) 1993年• (美香)• (若葉モモコ) 1994年• (うらら園長、ランラン、シロネコ、ピー助、しいねの母)• (ママ) 1995年• (蓮月)• (リプリー)• (ビッグ・マム) 1996年• (朗読)• (ホルン)• (具志堅あかね)• (おばさん)• (関原妙、関原冴) 1997年• (1997年 - 、 )• (紅亜理沙)• (ルースミラー、ナレーション)• (神魔艶儒)• (らら子先生) 1998年• (ココ)• (闇雲那奈)• (早川志乃 )• (アンナ・ブラマー) 1999年• (太田千鶴)• (ナレーション)• (ママ) 2000年• (芸者) 2001年• (樟葉苳子)• (イシュキック)• (イシズ・イシュタール、神官アイシス) 2002年• (水無月妙子の母、妙子の祖母)• (ナレーション)• (パドゥーシカ)• (鈴木みつ子)• (グレートマザー) 2003年• ( ウェスタ)• (お吉)• (志摩聖子)• (神無木登和) 2004年• (アイネ、クライネ)• (敷島夫人) 2005年• (キャンディ・ミュー)• (エイレネ)• (2005年 - 2006年、エメロード) - 2シリーズ• (永湖ソノ)• (志波都)• (川の精) 2006年• (月島うらら〈ルナ〉)• (アジサイの声) 2007年• (オーレリア・ジョーンズ )• (2007年 - 2017年、沖田ミツバ) - 2シリーズ• (絶対宇宙)• (泉かなた ) 2008年• (上森シゲ)• (アラゾン)• (アネーク)• (お母さん)• (ミチルの母)• (石動瑠璃子 ) 2009年• 「」(村山秋子)• (ナレーション)• (御景小夜子) 2010年• (2010年 - 2011年、マザースプリング、おなご先生) 2011年• (第21話予告ナレーション:相合傘)• (モーラン)• (立海ユキ)• (女神様) 2012年• (妄想ユー)• (ロイヤルクイーン) 2013年• ( 木下)• (アルバのお母さん) - 2シリーズ• (光の精霊) 2014年• (島田真理 )• (図書館館長 )• (2014年 - 2016年、 ダヤン 、語り部) - 3シリーズ• (馬頭)• (スミ)• ) 2016年• ( カクレモモジリ 、ナレーション)• (工藤有希子) 2017年• (フローラ )• (来栖彩子)• (エリンギ) 2018年• (幸田 母)• (月白琥珀〈60年後〉 ) 2020年• (管理人さん) 劇場アニメ [ ] 1979年• ( クラリス・ド・カリオストロ ) 1983年• ( チェリー ) 1984年• ( ナウシカ ) 1985年• (ラーラ) 1986年• (水乃小路飛鳥) 1987年• (その子) 1988年• (草壁靖子〈お母さん〉 )• (ヨギ)• ( 音無響子) 1989年• (なよ竹のかぐや姫)• ( ) 1990年• ( しょくぱんまん) 1991年• ( しょくぱんまん、ブタお)• (しょくぱんまん、鉄火のマキちゃん) 1992年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん)• (フィヨンカ夫人〈フィリフヨンカ〉) 1993年• ( しょくぱんまん) 1994年• (中村太郎の母)• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 1995年• (三浦由子)• ( しょくぱんまん、鉄火のマキちゃん)• (もくちゃんのお母さん) 1996年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん)• ( ) 1997年• (クレア)• ( しょくぱんまん)• ( しょくぱんまん)• (トキ 、エミシの少女A) 1998年• ( しょくぱんまん) 1999年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 2000年• ( しょくぱんまん) 2001年• ( しょくぱんまん)• (町長夫人) 2002年• (ポポくんのお母さん)• ( しょくぱんまん) 2004年• ( しょくぱんまん) 2005年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 2006年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん、でかこ母さん) 2007年• (伝説のオシャレマスター)• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 2008年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 2009年• ( しょくぱんまん)• (山田先生) 2010年• (沖田ミツバ)• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん) 2011年• ( しょくぱんまん)• (森崎リサ) 2012年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん)• (ナレーション) 2013年• ( しょくぱんまん、フラワー姫)• (しょくぱんまん) 2014年• (島田真理)• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん)• (ルリ王子の母 ) 2015年• ( しょくぱんまん)• (しょくぱんまん)• (島田真理) 2016年• ( しょくぱんまん) 2017年• ( しょくぱんまん) 2018年• ( しょくぱんまん)• (津村容莉枝 )• (青江母) 2019年• ( ダヤン )• (小山聡子〈佐智の母〉 )• ( しょくぱんまん)• (間宮夫人 ) OVA [ ] 1985年• うる星やつら 了子の9月のお茶会(水乃小路飛鳥)• (サー・バイオレット)• (高宮陽子、鏡子) 1986年• (スー)• ( 涼子、すず) 1987年• ( ティキ・カルマク) 1988年• (パオラ)• (ヨギ)• ( 音無響子) 1989年• ( 白鳥美雪)• (母親) 1990年• 聖ミカエラ学園漂流記(シスター弓子)• (シスターグレイ) 1991年• (蓮川すみれ)• ( 音無響子)• (開耶) 1992年• ( 銀鈴〈ファルメール・フォン・フォーグラー〉)• (吉光御前)• (邦子) 1993年• (ママ)• ハローキティのかぐや姫(ママ)• ハローキティのしらゆきひめ(ママ)• (柳姫)• (草凪菊子) 1994年• (綾瀨未緒)• (柏木桐子)• ハローキティの小公女(ママ)• (ミランダ)• (ともみ先生) 1995年• (うらら園長、ピー助) 1996年• (ビッグ・マム)• ( エリス) 1997年• (ロンゴ) 1998年• ( 海野潮風) 1999年• 青山剛昌短編集2 夜空に飛び立つ10個の惑星( 工藤有希子)• (緑川ルリ子) 2001年• 2003年• (ナレーション) 2004年• (和久のぞみの母〈和久光〉) 2008年• (工藤有希子)• (カン医師 ) 2016年• 東方二次創作同人アニメ 秘封活動記録-月-(八意永琳) 2019年• (シスター宮沢 ) - コミックス第17巻アニメDVD同梱版 Webアニメ [ ]• (2018年、ケイ ) 短編アニメ [ ]• (2018年) ゲーム [ ] 1989年• ( 麻生優子)• (加納綾子) 1990年• ( 麻生優子)• (ミュウ) 1991年• (麻生優子)• ( イレーネ・ラ・ティアス) 1992年• (ソフィア)• (マティウ)• ( 麻生優子) 1993年• (ジュリエット)• (綾瀨未緒) 1994年• (清帝マリエーン皇女)• (レピアー、ハリアー)• (ヴィシュナス) 1996年• ( ティナ・ハーヴェル)• (イヴ) 1997年• (精霊獣ルフィス)• (アクアマリン、パール)• ( 音無響子)• ( クラリス・ド・カリオストロ) 1998年• (マルグリット・シャトーブリアン)• (近町佳恵) 1999年• ( 海野潮風、シャウシェン)• (アネット、シスターエリザ) 2000年• (銀鈴) 2001年• (銀鈴) 2002年• (ロミナ・ラドリオ) 2003年• (リアナの母) 2004年• (伝説のオシャレマスター)• ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章(フローラ) 2005年• ( レイリア、ホルン) 2007年• (オペレッタ、イレーネ、ゴーファー姉妹)• (リルム) 2008年• (コスモス神)• (泉かなた) 2009年• (泉かなた) 2010年• (しょくぱんまん)• (須磨寺霞) 2011年• (オペレッタ)• (コスモス神)• ( 倭一花) 2013年• (ロミナ・ラドリオ) 2014年• (プリーステス聖光院) 2015年• (泉の妖精 )• ゆるかみ! (宮内いよか、遍路ふみ ) 2016年• (フローラ) 2017年• (アリサ=ランディール) 2019年• (ナギ、エリス ) 吹き替え [ ] 担当女優 [ ]• (チャイチェン)• チャイニーズ・ゴースト・ストーリー シリーズ• (チュン・チンフォン)• (シュ・チェ) 映画 [ ]• (トゥールベル夫人〈ミシェル・ファイファー〉)• (ブロンディー・パリッシュ〈〉)• クリエイター(バーバラ・スペンサー〈〉)• (リリー〈〉)• (デイル〈〉)• (ギャビー・フロスト〈〉)• (セーラ・クルー〈アメリア・シャンクリー〉)• (ドナ〈〉)• (マーガロ〈〉)• (ケイト〈メラニー・グリフィス〉)• (霊雎〈〉)• (エレン・パーキンス〈レベッカ・リグ〉)• (ティナ〈〉)• (クレア)• デッドチェイス'90・地獄のハイウェイ(カルメン(バリ・マーフィー))• (女性実業家)• (青い妖精〈〉)• (チャッキー・デヴリン)• (リディア〈〉)• (エイミー)• (キャロル・アン〈ヘザー・オルーク〉)• (クリス〈〉)• (エミー〈〉)• (プリッタ)• (プリッタ)• (エブリン・グリア)• (ホルト)• シーズン9(ゴルダナ・ホーバット〈ニーナ・サブリッチ 〉)• (ゾーイ・メルカド〈〉)• (アリス・ターナー)• (アンジェリーク)• (グローリア・コリンズ)• (サンドラ)• (ヒョングム〈〉)• (エイミー・マシューズ)• (エイミー・マシューズ)• 「4階の部屋」(ミルドレッド)• 「戦勝舞踏会事件」(デビッドソン夫人)• 「なぞの遺言書」(バイオレット)• 「ポワロのクリスマス」(ピラー・エストラバドス)• (瓊娥)• (ナレーション)• (ミス・クラベル) 人形劇 [ ]• (先生) ラジオ [ ]• NHK-FM• 原作「」( デボウ・スホ女王)• 森博嗣原作「」( メグツシュカ・スホ女王、デボウ・スホ女王)• NHKラジオドラマ 原作「」(烈)• NHK-FM• 原作「」(アンテ)• 原作「」( ソフィー) ドラマCD [ ]• (ワンダーマリア)• (麻生妙子)• (ジョバンニの母)• 恋するKI・MO・CHI(音無響子)• (琴子)• -破幻の眼-(アンヌ)• 聖少女艦隊バージンフリート(海野潮風)• 劇-I section CHERRY(花房)• ZONE-00 劇-II section KNIGHT(花房)• (ディフォルメ星女王)• 誕生 〜Debut〜(綾瀬未緒)• (エルメス)• 恋ほど素敵なミュージカルはない(大川誠心)• (ホルン)• (弘瀬有壱の母)• (泉かなた)• ラジオマガジン VOL. のアルバム『音楽』に参加(『スピーカーの前の君へ』の語り部分)• (i-steal Feat. 島本須美)• それいけ! アンパンマン ベストヒット(しょくぱんまん)• (泉かなた)• バラエティ [ ]• (2010年5月2日、日本テレビ)(その日のゲストであるが島本の声が好きだということで電話にて出演)• (ナレーション)• キャラクターはナウシカ)• (のママ)• (2011年10月13、20日、テレビ朝日)「雄二のぶっちゃけ部屋」- とがホストとなり、人気声優を招いて、普段は絶対に言えない声優業界の裏話をするコーナーの第1回(2週に分けて放送)ゲストとしてと出演。 (2012年5月11日、) 〜風の谷のナウシカ〜 島本須美と一緒にジブリ作品を見よう• (2013年4月29日、)語り• (2015年5月11日、テレビ朝日)らせん階段クイズでの問題の読み上げを担当• (2016年度より)パンダラの声、2018年7月11日放送分では本人出演• 「どうしても入りたい! (2017年4月15日 - 9月23日、テレビ朝日)ナレーション• (2017年8月24日 - 、テレビ東京)と交互にナレーション担当• (2018年5月9日、日本テレビ)• (2018年5月13日、日本テレビ)• 特集コーナー「あさチョク! 」(2018年11月5日、TBS)しょくぱんまんの声でナレーション担当 CM [ ]• ナショナル住宅(音無響子)• その他コンテンツ [ ]• アルファニッシュ東京ミッド なつみ'S Eye (川原なつみ)• オープンスカイ2. 0(音声解説)• もののけ姫 in U. (ナレーション)• のOH! きな世界(お話、オードリー)• 『日本タレント名鑑(1984年版)』VIPタイムズ社、1983年、336頁。 2018年9月3日. 2020年1月25日閲覧。 goo人名事典. 2020年1月25日閲覧。 NEWSポストセブン. 小学館 2018年2月17日. 2020年3月17日閲覧。 声優グランプリ. 主婦の友社. 2020年3月17日閲覧。 安藤隆啓、『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』株式会社主婦の友社、2019年、205頁• 87-93• 「愛があれば年の差なんて 越川大介・島本須美」『』1984年11月号、、p. 160。 「人気Voice Actor 島本須美」『人気ヴォイスアクター』、1990年、p. 143。 - アニメイトタイムズ• アニメイトタイムズ アニメイト. 2017年2月21日. 2017年2月21日閲覧。 「ルパン三世製作メモ5 声優決定プロセス」『アニメージュ』1980年1月号、徳間書店、p. 西田宣善「宮崎さん、難しい宿題ばかり出さないでやさしいものを作ってほしい 島本須美インタビュー」『キネ旬ムック フィルムメーカーズ 宮崎駿』社、1999年、p. 190。 『フィルムメーカーズ 宮崎駿』p. 191。 『フィルムメーカーズ 宮崎駿』p. 192。 『フィルムメーカーズ 宮崎駿』pp. 192-193。 浦谷年良「おトキのゾンザイさん苦闘、島本須美さん」『「もののけ姫」はこうして生まれた』徳間書店、1998年、pp. 358-361。 主婦の友社『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』島本須美「素の自分から素敵になること」P208。 「島本久美」と表記• 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。 KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年7月2日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。 プリンセスナイン. 2017年3月9日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。 薬師寺涼子の怪奇事件簿公式サイト. 2016年6月14日閲覧。 エンディングのクレジットなどでは「真夢の母」と表記されている。 下の名前はテレビアニメ第10話で判明。 2014年3月17日閲覧。 株式会社 エムツージーピー. 2014年4月4日閲覧。 株式会社 エムツージーピー. 2016年4月17日閲覧。 株式会社 エムツージーピー. 2016年5月14日閲覧。 アニメ「ベルセルク」公式サイト 2017年2月20日. 2017年2月20日閲覧。 色づく世界の明日から 公式サイト. 2018年10月6日閲覧。 ルパン三世NETWORK. の2016年4月20日時点におけるアーカイブ。 2016年5月3日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月5日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。 アニメ! アニメ!. 2013年10月30日閲覧。 「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」公式サイト. 2018年3月27日閲覧。 2019年2月22日. 2019年2月25日閲覧。 2019年1月25日閲覧。 『天気の子』映画パンフレット スタッフロールページより• オデッサ・エンタテイメント. 2016年5月3日閲覧。 TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト. 2018年12月28日閲覧。 『ソードガイ The Animation』公式サイト. 2018年3月1日閲覧。 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年2月16日閲覧。 ゆるかみ!. 2015年8月14日閲覧。 [ ]• テレビ番組表の記録. 2012年10月8日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• この項目は、(を含む)に関連した です。

次の

ゼルダの伝説シリーズ 声優一覧!各作品の声優まとめ!

ラナ 声優

とは、(、フリューに吸収合併)がした製品、およびその名である。 音開発はが担当した。 は、からの版が発売されている。 概要 、から創刊される雑誌『ボカロPになりたい!』のとして同梱された。 動作は専用。 各には使用期間が設けられており、2~おきに設けられている用のーが必要。 には以下のウがで収録された。 7 for• Ver9. 10 b・b 付き 同誌は隔週発売、配本の第号でした。 全巻の購は、枚の応募券をの専用に貼って申し込めば、製品版として期限の使用権が得られた。 この際、は、になる。 雑誌のの元には小さく番号が付いており、雑誌で1冊ごとにな番号が配布される。 (ー取得は同梱のーが必要) 前述の通り、雑誌後に急きょとして製品化が決まり、同社ので音が販売されている。 V3保有者は割引で購入可。 V4版は、の両方に対応、機も使えるようになった。 でもそのまま利用できる。 プロフィール(公式サイトによる)• 推奨音域:G2〜F4• 推奨:〜• :さん()• :かみちさん• 担当:()さん• 担当:もけおさん• :色(「が自分色に染めることができるように」との趣旨)• モデ・: さん• 監修:6 関連マイリスト 関連動画 (版、版) 雑誌発売前から開された(に番号入り) 最初にをえた 関連商品 雑誌「ボカロPになりたい!」 関連コミュニティ 関連リンク• 関連項目•

次の

島本須美

ラナ 声優

来歴・人物 [ ] 社会科学部卒業。 大学時代はアナウンス研究会に所属し、2学年上に、4学年下にがいた。 や、声優として幅広く活動した。 特技は 、。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビドラマ [ ]• 第4話「コバルト60の恐怖」(1971年、CX) - 志村伸子• 第17話「すべってころんで大脱線」(1971年、TBS)• 第17話「SAT基地 爆破指令! 」(1972年) - ジャガード人間態• 第11話「壮烈!! 涙の一撃」(1973年、MBS) - 美紀先生• 第12話「見た! ゲドンの獣人改造室!! 」(1974年、MBS) - ひろみの母• (1975年、NTV)• 第35話「女医誘拐事件」(1975年、ABC)• 第215話「七曲署一係 その一日」(1976年)• 第241話「脅迫」(1977年) - 松本道子• 第283話「激突」(1977年) - 坂田知子• 第320話「翔べないカナリア」(1978年) - 宮本夫人• 第353話「ラスト・チャンス」(1979年) - 菊地雪江• 第383話「兄貴」(1979年) - 岩城静子• 第457話「長さんが刑事を辞めたくなった」(1981年) - 時田夫人• 第477話「俺は誘拐犯だ! 」(1981年) - 杉森初恵• 第559話「マザー・グース」(1983年) - 竹宮ゆかり• 第7話「母の離婚」(1976年、TBS)• 第13話「撃つべきだったか? 」(1977年)• 第55話「私の子猫は迷探偵」(1979年、TBS)• 第36話「がんばれ! クワガタ越冬隊」(1980年、TBS) - アッちゃんのママ• (TBS)• (1981年)• 秘密(1982年)• (NHK)• (1982年) - 小山屋の女中• (1990年) - 女• (ANB)• 第36話「奇蹟を呼ぶ新しい生命の輝き」(1986年) - 久美子の母親• 第38話「君は倒せるか?! パパママ機械人の逆襲」(1986年)- 望月静江、ブレンダーの声• 第7話「恐怖のハクションおじさん! 」(1989年)• 第76話「千羽鶴からスペシャルヒント!! (TBS)• 奇妙な同居人(1986年)• 美に捧げる犯罪(1987年)• (ANB)• 第8話「痴漢に間違えられた安浦刑事」(1991年)• 第11話「殺意の女子社員寮・セクハラで辞めた男」(1992年)• (ETV) テレビアニメ [ ] 1976年• (フィオリーナ)• (シェイラ) 1977年• (白木ルミ )• (サリー)• (ニナ) 1978年• (ユカ)• (シャドウ、少年の母親、マチール)• ( ラナ )• (コロス)• (〈2代目〉)• (マリー)• 1980年• (愛子)• (マリア)• (花園かえで)• (ナターシャ) 1981年• (花屋の姉ちゃん)• (ドニヤ) 1982年• (ラナ)• (キャロル) 劇場アニメ [ ] 1979年• ( ラナ ) 1980年• (フィオリーナ) 1984年• (聖母ルウ )• ( ラナ )• () 1989年• (お母さん) 2009年• (陣内万理子 ) ゲーム [ ] 1992年• (シャロン〈キティ・ウィン〉)1980年3月31日 TBS初放映時• (マギー・ハーヴェイ())• ピュリティー・ホックスワース( )• (カトリーヌ)• (ママ)• CM [ ]• クララ• 母と娘編• ファッションショウ編• 定年記念旅行編 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 『日本音声製作者名鑑2007』、2007年、219頁。。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - この項目は、(を含む)に関連した です。

次の