七夕 短冊 飾り方。 七夕の短冊の由来!5色なのには意味がある!?願い事の書き方もわかりやすく紹介!

七夕飾りの名前と意味は?笹に飾る理由と短冊の願い事の書き方は?

七夕 短冊 飾り方

五節句の1つに数えられる七夕は、日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が由来していると考えられています。 古代日本の禊の行事・棚機 棚機(たなばた)は古代日本における禊(みそぎ)の行事、つまり 穢れ(けがれ)を清める行事です。 毎年稲の開花時期に合わせて、主に農村部で盛んに行われていたと言われています。 棚機行事では、まず村の乙女が水辺の小屋にこもり、着物を織って棚に供えます。 神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清めるのです。 着物を織る際に使用されたものが、棚機という機織り機でした。 やがて日本に仏教が伝えられ、棚機はお盆を迎える準備のための行事として旧暦7月に行われるようになりました。 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事・乞巧奠 乞巧奠(きこうでん)は、織姫にあやかり 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事です。 7月7日に庭先の祭壇に針や五色の糸を供え、星に祈りを捧げます。 後の世には、機織りや手芸だけではなく芸事や書道といった手習い事の上達を願う行事となりました。 棚機と乞巧奠が融合し、七夕へ 乞巧奠が奈良時代に日本に伝わると、日本にあった棚機と融合し、七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になりました。 七夕(しちせき)は、織姫と彦星の逢瀬と詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ、五色の糸や金銀の針、山海の幸を供える行事です。 供物の祭壇の左右には笹が立てられ、五色の糸がかけられたと言われています。 また、梶の葉に和歌をしたため祀りました。 この五色の糸と梶の葉が、笹飾りの始まりと伝えられています。 室町時代になると、宮中行事である七夕、そして織姫と彦星の物語が民間に伝わりました。 そして、 農村で古来より広く行われていた棚機にちなみ、七夕(たなばた)と読むようになったと言われています。 七夕飾りの意味 七夕飾りに込められた願いは、それぞれの形により異なります。 飾り1つ1つの意味や願いを知ると、より七夕を楽しく過ごせるかもしれません。 折鶴(千羽鶴) 長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。 吹き流し 吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。 紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。 折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。 織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。 網飾り 網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。 財布(巾着) 折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。 また、本物の財布を下げることもあります。 金運の上昇を願います。 神衣・紙衣(かみこ) 神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。 裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。 人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。 くずかご 七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。 整理整頓や倹約の心を育む意味があります。 短冊 五色の短冊に願い事を書いて飾ります。 七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされています。 五色の短冊の意味 初めは五色の糸を飾っていたことから、江戸時代に転じて五色の短冊が使われるようになりました。 五色は、 「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことを指し、古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。 陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち、 「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とする説です。 「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表しています。 この五色を短冊や吹き流しに使用することにより、魔除けの意味を持たせたと言われています。 江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれました。 また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともありました。 おわりに 現在では、七夕は季節の変わり目を祝う年中行事として広く知られています。 しかし最近では、伝統的な方法で四季の移ろいを愛でることは少なくなってきました。 夏の訪れを感じる七夕の夜に七夕飾りと短冊で彩を添え、夜空を見上げながら星に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。 この記事もチェック• 関連特集•

次の

折り紙で七夕飾りの作り方まとめ!簡単な折り方を紹介します!

七夕 短冊 飾り方

七夕に子どもと一緒に、短冊に願い事を書いて飾る家庭は多いでしょう。 しかし、七夕の由来や短冊の意味・願い事を書く理由などを知らない人は少なくありません。 古くから伝わる伝統行事である七夕への理解を深め、より思い出に残る日にしましょう。 そもそも七夕って? 七夕は、広く知られた日本の伝統行事の一つです。 しかし、七夕の由来や意味を知らず、きちんと子どもに伝えられない人もいるのではないでしょうか?まずは、七夕の由来を見ていきましょう。 七夕の由来と歴史 七夕は、中国の暦法で定められた『五節句』の一つで、季節の変わり目を意味します。 五節句は『節日(せつにち)』を元に考えられており、奇数(陽)が重なる日は偶数(陰)になるので、陰の邪気を祓う目的で『七夕の節句』という行事が行われるようになったというものです。 また、七夕は中国から伝わった七夕伝説がルーツという説もあります。 機織りの織姫と牛使いの彦星は、ともに働き者として知られていました。 しかし結婚したとたんに、全く仕事をしなくなってしまったのです。 それを見かねた天帝が、2人を天の川を隔てて東西に引き離しました。 しかし、今度は悲しみのあまり、働かなくなってしまったのです。 そこで、仕事に励むことを条件に、年に1回だけ会うことを許されたという伝説です。 「たなばた」と読む理由 中国から伝わった七夕は、『しちせき』と呼ばれていました。 それが、たなばたに変化したのは、日本古来の神事である『棚機(たなはた)』に由来しています。 棚機は、神事で使用する着物を織る織り機のことです。 『棚機津女(たなばたつめ)』と呼ばれる選ばれた女性だけが、棚機を使うことができました。 棚機女が棚機を使って織った織物を神様に供え、豊作祈願や穢れ(けがれ)を祓う神事が行われていたのです。 この神事は、仏教の伝来とともに、7月7日にお盆の準備をするための行事として変わっていきました。 同時に棚機も当て字の七夕に変わったとされています。 七夕に願い事をするのはなぜ? 短冊に願い事を書く風習にも由来があります。 また、笹に飾ることにも理由があるのです。 願い事をする由来や笹が使われる理由について紹介します。 乞巧奠に由来 七夕に願い事をするのは、中国の宮中行事『乞巧奠(きっこうでん)』が由来です。 七夕伝説の織姫にあやかり、女性の機織りや裁縫の上達を願う風習がありました。 現在も、機織りに限らず、書道や芸事の上達を願う行事として続いています。 奈良時代に乞巧奠が日本に伝わると、宮中行事の一つとして定着していったのです。 貴族たちは庭に祭壇を作り、機織りや裁縫の上達を願ったり、梶の葉に和歌を書いたりするようになりました。 また、サトイモの葉にたまった夜露を天帝からの授かり物と捉え、夜露を混ぜた墨で書くと願い事が叶うとされていたのです。 これらの風習が、七夕には短冊に願い事を書くという形に変わり、現在に至っています。 笹に飾る理由も紹介 抗菌作用のある笹は、古くから人々の生活に欠かせない物の一つでした。 特に食べ物などが腐りやすい夏は、防腐剤代わりとして使用されて、お供え物などの下に敷かれていました。 また、笹は天に向かって力強く成長することから、神聖な物として扱われ、古くから神事にも使われていたのです。 七夕の行事では笹を飾ったり、笹の葉にお供え物を乗せ願い事をして川に流したり、穢れを祓ったりする風習もありました。 このように、笹は七夕には欠かせない物でした。 江戸時代になり、七夕の行事が浸透するとともに、願い事を書いた短冊を笹に飾るように変化していったのです。 実は短冊の色には意味がある? 「好きな色だから」「なんとなく」という理由で、短冊を選んでいませんか?本来は、願い事に合わせるのが、正しい選び方になります。 短冊の色は、全ての事柄は木・火・土・金・水に分類されるという『五行説』由来の『五常(五徳)』に基づいており、それぞれに意味が込められているためです。 青や緑の短冊の意味 木行に分類される青が表す五常は『仁』で、成長という意味があります。 なお、五行説では青ですが、緑の短冊が使われることもあります。 人として成長を目指すような願い事は青(緑)の短冊に書きましょう。 例えば、「人助けをする」「悪口を言わない」「思いやりを持つ」などは、人間力の向上を願っているため、青(緑)の短冊が適しています。 また、子どもの「苦手なピーマンを食べる」「お手伝いをする」といった願い事も成長につながるため、青(緑)の短冊に書きましょう。 赤の短冊の意味 五常において、火行に属する赤は『礼』になります。 文字通り感謝を表しており、特に目上の人を大切にするという意味が含まれています。 従って、祖父母や両親・先祖・周りの目上の人への感謝の気持ちを込めた内容を書くときは、赤の短冊を選びましょう。 例えば、「おじいちゃん、おばあちゃん、健康でいてね」「お父さん、いつも頑張って仕事してくれてありがとう」「おかあさん、いつも良き理解者でいてくれてありがとう」といった願い事には、赤の短冊を選びましょう。 黄の短冊の意味 土行に分類される黄の五常は、『信』です。 信頼や誠実を表します。 従って、人間関係の願い事は黄の短冊に書きましょう。 職場での人間関係の向上や、ママ友との良い関係の継続を願うときなどに使えます。 また、家族や夫婦関係も人間関係に含まれるため、家内安全や夫婦円満などを願うときも黄の短冊が適しています。 子どもの「友達と仲良くする」「友達をたくさん作る」といった願い事も、黄の短冊に書きましょう。 白の短冊の意味 五行で金行に含まれる白は五常では『義』です。 規則を守る、または義務を果たすという意味があります。 例えば、子どもなら「遅刻しない」「忘れ物をしない」といった願い事に使えます。 大人であれば、「安全運転をする」「掃除をさぼらない」といった願い事も白の短冊に書くとよいでしょう。 また、「禁煙する」「禁酒する」など、これまでの行いを改めるといった決意表明をする願い事にも白の短冊が使えます。 黒や紫の短冊の意味 五行説では、本来、黒ですが、代わりに紫の短冊が使われるのが一般的です。 黒は縁起が悪いイメージがあることや、文字が見えづらいためです。 黒(紫)は、五常で『智』です。 知識・知恵という意味があるため、学業に関する願い事は黒(紫)の短冊に書きましょう。 学業というと学生に限ったことと思われがちですが、社会人でも使えます。 例えば、「昇格する」「資格試験に合格する」「英会話を上達させる」といった願い事は、黒(紫)の短冊が適しています。 願い事の正しい書き方 「願い事の書き方が分からない…」という人もいるではないでしょうか?どんな願い事がいいのか、また正しい書き方についても紹介します。 物事の上達を願う 近年は、自由に短冊に願い事を書くのが一般的です。 しかし、七夕は機織りや裁縫の上達を願った乞巧奠が由来です。 そのため、「車がほしい」「海外旅行に行きたい」「宝くじを当てる」といった欲望を書くと、本来の七夕の意味とは大きくかけ離れてしまいます。 昔ながらの伝統行事を大切にしたいという人は、七夕の由来を考慮した願い事がおすすめです。 例えば、「受験合格」や「ピアノの上達」など、勉強や習い事といった物事の上達を願うのが良いでしょう。 また、穢れを祓う日本古来の神事である棚機にちなんで、「無病息災」を願うのもおすすめです。 さらに、織姫と彦星の伝説にちなんで、「家内安全」や「夫婦円満」などを願うのもよいのではないでしょうか? 願いは言い切る 短冊に「~しますように」「~できますように」といった希望や期待を書いていませんか?例えば「希望校に合格しますように」「ダイエットできますように」といった具体です。 決して間違った書き方ではありませんが、願い事は言い切る形で書くことが大切とされています。 「希望校に合格する」「ダイエットに成功する」というように、「願い事を叶える!」という強い気持ちを願い事に込めるのが、ポイントです。 そうすることで、自分自身の気持ちも引き締まり、願いが叶いやすくなるということもあるでしょう。 また、かつては、サトイモの葉にたまった夜露を混ぜた墨で書くと、願い事が叶うとされていました。 全く同様にするのは難しいですが、墨で願い事を書くだけでも、昔ながらの風習に触れられるため、おすすめです。 笹飾りの意味も紹介 笹には短冊以外にも、たくさんの笹飾りがつるされています。 これらは単なる飾りではなく、さまざまな願いが込められているのです。 代表的な笹飾りの意味を紹介します。 また、笹飾りは折り紙で簡単に作れる物も多いので、親子で作ってみるのもよいでしょう。 長寿を願う千羽鶴 現在では千羽鶴というと、傷病回復の祈願のイメージがある人も多いのではないでしょうか?しかし、もともとは、『鶴は千年』といわれている通り、長寿のシンボルなのです。 従って、七夕の笹飾りの鶴には、長寿祈願の意味があります。 また、健康や家内安全の願いも込められています。 なお、千羽鶴は、家族の中で最年長者の年齢の数だけ飾るのが一般的です。 千羽鶴を折るのは、小さい子どもには難しいかもしれません。 しかし、毎年七夕の日に鶴を折ることで、「去年は1人で折れなかったのに、折れるようになった」など、子どもの成長を感じられるというメリットもあります。 七夕の季節が巡る度に、家族の思い出に触れられるのも、すてきな七夕の過ごし方ではないでしょうか? 金運アップの巾着 笹飾りの巾着は、昔のお財布のことです。 つまり、巾着の飾りには、お金に関する願いが込められています。 具体的には、商売繁盛や金運上昇・貯蓄・節約といったことです。 「家計を見直して貯蓄に励もう」と思っている家庭にぴったりです。 巾着は、折り紙で作るのが一般的ですが、本物の財布をつるすこともあるようです。 折り紙での巾着の作り方は、簡単な物から複雑な物までさまざまです。 シンプルな巾着は、小さい子どもでも数分で簡単に作れるので、ぜひ親子で作ってみましょう。 また、和紙の折り紙や古風な柄の折り紙で作ると、昔のイメージに近い巾着に仕上がります。 より風情のある七夕飾りを楽しみたい人におすすめです。 魔よけの意味がある吹き流し 風になびく吹き流しは、涼しげで風情のある笹飾りです。 吹き流しは、七夕の伝説に出てくる織姫の糸を表しています。 かつては、5色の糸を笹に1本ずつつるしていました。 現在は、くす玉に多数の吹き流しをつけるのが一般的です。 吹き流しには、魔よけの意味が込められています。 また、長寿祈願や織姫にあやかって裁縫などの上達を願う意味もあるようです。 七夕のイベントなどでは、目を引く大きな吹き流しが飾られていることも多いですが、折り紙やフラワーペーパーなどでも作れます。 ネットには、簡単な作り方もたくさんでていますし、子どもと自由な発想で作ってみるのも楽しいでしょう。

次の

七夕に願い事をするのはなぜ?意外と知らない笹飾りや短冊の色の意味|@DIME アットダイム

七夕 短冊 飾り方

七夕にまつわる豆知識 ・ 参考リンク集 七夕飾りの作り方・折り方 リンク集 一般的なあみ飾りや吹き流しなどのほか、織り姫と彦星、星飾り、ハートつづりなどの 折り紙で作るかわいい七夕飾りの折り方が、30種類ぐらい紹介されています。 伝統の七つ飾りである、短冊(たんざく)、吹き流し、折り鶴、投網(とあみ)、屑籠(くずかご)、紙衣(かみごろも)、巾着(きんちゃく)と、くす玉(くすだま)の作り方を図解で紹介されているほか、七夕飾りの意味や歴史も紹介されています。 折り紙やペーパークラフトで作る、たくさんのかわいい七夕飾りや短冊の作り方がまとめられています。 とてもきれいな「くす玉」を、折り紙で簡単に作る方法が紹介されています。 たくさんの種類の千代紙をダウンロード・印刷できます。 千代紙を使って七夕飾りを作るのも素敵です。 たなばた飾りの豆知識 七夕飾りの色(5色)の意味は? 七夕に願い事を書く短冊や吹き流しなどの色は、もともとは、 青、赤、黄、白、紫の五色(ごしき)だそうです。 これは、中国の「五行説(ごぎょうせつ)」という思想からきたもので、五行説とは、 「自然界、人間界の現象をつかさどっているのは、「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素だ」という説です。 ベガ(織り姫)、アルタイル(彦星)、夏の大三角が分かりやすく示された、七夕のころの星空の画像と説明、おりひめ、彦星の探し方などが解説されています。 七夕のレシピ リンク集•

次の