横浜 医療 福祉 センター 港南。 国立病院機構横浜医療センター

根津 敦夫さん

横浜 医療 福祉 センター 港南

国立病院機構横浜医療センター 情報 正式名称 横浜医療センター 英語名称 National Hospital Organization Yokohama Medical Center 前身 国立横浜病院、国立横浜東病院ほか 内科、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科 許可病床数 510床 一般病床:470 うちICU 10床、SCU 3床、HCU 8床、NICU 6床 GCU 4床 精神病床:40床 一般500床以上:Ver6. 0 開設者 管理者 平原史樹(院長) 開設年月日 2003年3月1日 所在地 目次• 沿革 [ ] 旧国立横浜病院• 1943年 6月、戸塚海軍病院として発足• 1945年 12月、に移管、国立戸塚病院となる。 1949年 1月1日、国立横浜病院と改称• 2001年 1月、に移管 旧国立横浜東病院• 1920年 9月28日 横浜市立療養院として創設• 1943年 4月1日、に統合、日本医療団横浜療養所となる• 1947年 4月1日、分院国立横浜療養所と改称• 8月1日、国立横浜療養所となる• 1968年 4月1日、病院に転換し、国立横浜東病院となる 横浜医療センター• 2003年 3月、国立横浜病院と国立横浜東病院が統合、国立病院横浜医療センターが設立される。 横浜東病院はに譲渡され、聖隷横浜病院として開院• 2004年 4月、と名称変更• 2010年 4月1日 新棟が現病棟裏に完成。 診察室・治療室・病棟を全て移転し、診療開始 診療科 [ ]• 主な機能 [ ]•

次の

神奈川県精神保健福祉センター(横浜市港南区

横浜 医療 福祉 センター 港南

国立病院機構横浜医療センター 情報 正式名称 横浜医療センター 英語名称 National Hospital Organization Yokohama Medical Center 前身 国立横浜病院、国立横浜東病院ほか 内科、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科 許可病床数 510床 一般病床:470 うちICU 10床、SCU 3床、HCU 8床、NICU 6床 GCU 4床 精神病床:40床 一般500床以上:Ver6. 0 開設者 管理者 平原史樹(院長) 開設年月日 2003年3月1日 所在地 目次• 沿革 [ ] 旧国立横浜病院• 1943年 6月、戸塚海軍病院として発足• 1945年 12月、に移管、国立戸塚病院となる。 1949年 1月1日、国立横浜病院と改称• 2001年 1月、に移管 旧国立横浜東病院• 1920年 9月28日 横浜市立療養院として創設• 1943年 4月1日、に統合、日本医療団横浜療養所となる• 1947年 4月1日、分院国立横浜療養所と改称• 8月1日、国立横浜療養所となる• 1968年 4月1日、病院に転換し、国立横浜東病院となる 横浜医療センター• 2003年 3月、国立横浜病院と国立横浜東病院が統合、国立病院横浜医療センターが設立される。 横浜東病院はに譲渡され、聖隷横浜病院として開院• 2004年 4月、と名称変更• 2010年 4月1日 新棟が現病棟裏に完成。 診察室・治療室・病棟を全て移転し、診療開始 診療科 [ ]• 主な機能 [ ]•

次の

国立病院機構横浜医療センター

横浜 医療 福祉 センター 港南

全国初となる少人数制の家庭的な生活の取り組み「ユニットケア」の導入をはじめ、日中活動を充実させる面や施設の立地面など、当事者家族のニーズを多く取り入れた。 小児期発症の慢性神経疾患を対象とした専門クリニックも特徴の1つ。 「18歳で初めて歩けるようになった脳性麻痺の患者もいる。 ベッドが空くと、高齢になった保護者が一斉に申し込む状況だった。 横浜市立大学で准教授をしていた50歳のとき、横浜療育医療センター(旭区)のセンター長をしていた上司から後任に指名された。 大学に残りたい気持ちもあったが、現場に長くいたからこそ障害児者の継続した治療の難しさを知っていた。 「自分がトップになれば、理念を実現できるのでは」。 後任を引き受け、外来を強化したほか、市に新たな施設増設を提言。 設計にも携わり、約7年間の構想がついに実現した。 横浜市大医学部へ進学し「子どもを亡くす病気を1つでも減らしたい」と小児科を専攻した。 「中でも圧倒的に多く、治らないとされるのが脳神経の病気。 高い山に登る気持ちで挑戦したかった」。 小児神経学を専門とし、卒業後は県立こども医療センターや民間病院で経験を積んだ。 「重い障害があるからと分け隔てて考えたことはない。 「気持ちが鍛えられるところが面白い。 突然の不運にも動揺してはいけないのが、経営に似ている」と笑う。 当事者家族をはじめとした多くの思いを背に、新たな一歩を踏み出した。

次の