スカイウェイブ 250。 二代目スカイウェイブ250(CJ43A)|スカブ250の系譜

スカイウェイブ250 タイプS/スズキ|クルマレビュー

スカイウェイブ 250

無段階変速を採用したスカイウエイブ250ですが、「電子制御式CVT」を採用することで、意図的に減速比をマニュアルシフトすることが可能なモデルです。 「CVTモード・7速ATモード・7速MTモード」の3つのモードから選択が可能で、走行シチュエーションやライダーの気分に合わせて手元のスイッチ一つで切り替えることができます。 スポーツモデルのようなバイクを操る楽しさやスクーターモデルの利便性に妥協できない方におすすめのグレードです。 スカイウエイブ CJ46の特徴 2008年に発売されたスカイウエイブ250には、CJ45の他に3つのタイプが設定されたCJ46があります。 さらにパワフルなエンジン性能を発揮するDOHC水冷単気筒エンジンを新たに搭載し、エクステリアのデザインを刷新したスカイウエイブ250。 この年式で多様化されたタイプ別の特徴をご紹介したいと思います。 スカイウエイブ250 タイプS タイプ設定が多様化されたスカイウエイブ250のなかで、ベースグレードとなるモデルです。 ベースグレードとはいえ、リンク式サスペンションの採用により優れた乗り心地を実現していることや、十分なほどの利便性を発揮しています。 必要最低限の装備にすることで、手頃な価格設定となっているのも魅力の一つでしょう。 スカイウエイブ250 リミテッド タイプSをベースとし、通勤やツーリングシーンなどでの快適性を大幅に向上させたタイプが「スカイウエイブ250 リミテッド」です。 ハンドガード・グリップヒーター・大型バックレスト・ロングスクリーンを採用したこのモデルは、タンデム走行や冬季の走行が増えるヘビーユーザーに向けた仕様です。 この手のカスタムは、アフターパーツで構成すると違和感が出てしまいがちです。 しかしメーカー純正カスタムらしいスマートなカスタムは、ドレスアップパーツの要素さえ感じさせます。 スカイウエイブ250 SS CJ46の中でもセンス溢れるカスタムスタイルが特徴的な「スカイウエイブ SS」。 ブームを起こしたカスタムスクーターライクなスタイルが多くのファンを創出しました。 エアロマスク・カラードメーターカバー・ブリッジ付きハンドルバー・クリアテールライト・スムージングシート・メッキパーツでドレスアップされた車体は、オーダーカスタムしたかのようなスタイルに。 特にエアロマスクの装着は、ブームの際には定番のカスタムとされていたこともあり、メーカー標準装備になった当時は驚きの仕様でした。 スカイウエイブ250 中古情報 ホンダのフォルツァやヤマハのマジェスティに次ぐ人気となった、スカイウイエイブ250。 新車が購入できなくなった現在でも、このバイクの中古車市場は賑わいを見せています。 中古市場の多くは2010年以前のモデルで、その多くが「スカイウエイブ タイプS」が販売されています。 ブームを築いた人気モデルということで、カスタムされた車両が多くラインナップされ、年式よりも距離数や程度で価格が左右する傾向が。 距離数は8000kmから20000kmほどの状態が多く、20万円から35万円ほどの相場で動いています。 カスタム車両が多いため、メーター改ざんによる距離数不明な車両や安全性に支障をきたす中古車には注意が必要です。 生産終了から時間が経っていることもあり、球数が少なくなってきています。 購入を検討している方は、早めに中古情報をリサーチしてみてください。 まとめ スカイウエイブには、年式だけでなくタイプ別で全く違った特徴のあるバイクに仕上がっていました。 中古市場の多くがタイプSで構成されていますが、中にはマニュアルシフトが可能な「タイプM」が販売されていることも。 多様化するバイク市場ですが、年式が古くなっても色褪せない魅力がスカイウエイブ250にはあります。 2019年モデル 新型バイクまとめ 新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは? 「このバイク、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しいバイクに手が届かない。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 バイクを売却して購入資金をゲット! やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。 管理人一押しの下取り業者は" バイク王"です。 業界No.

次の

スカイウェイブ250 タイプS/スズキ|クルマレビュー

スカイウェイブ 250

スポンサーリンク スズキスカイウェイブ250の特徴と魅力 スカイウェイブ250は、流れるようなフォルムやアーモンド型の二灯ヘッドライトをもつスタイルが人気を集めました。 スズキがスカイウェーブ250を発表するまでは、一般的なスクーターのデザインをそのまま大型化したようなスタイルが一般的でしたが、このモデルが市場に登場することで、ビッグスクーター人気に火を付けました。 使い勝手の良さも評価されています。 シート下のトランクスペース容量は63Lもあるため、フルフェイスヘルメット2つを余裕で収納できます。 またハンドル下には収納スペース、スマホの充電ができるDCソケットも装備しているため、移動している間に充電できるビッグスクーターです。 この他にもキーレスシステム採用しているので、離れたところから鍵をさしてのエンジンのオン・オフなど様々な操作ができる使い勝手の良さも評価されています。 スズキスカイウェイブ250のスペック・燃費、走行性能は スズキのホームページにあるスカイウェイブ250のスペックは次のとおりです。 全長(mm) 2,270 全幅(mm) 760 全高(mm) 1,225 軸距(mm) 1,585 最低地上高(mm) 125 シート高(mm) 710 車両重量(kg) 214 燃費 国土交通省届出値:定地燃費値 39. また大型バンパーと大径のタイヤを採用したため高い安定性が知られています。 7段階統制が可能なサスペンションユニットのスプリングプリロードにより体格や好みに合わせて自由に調整できるため、体格の小さな女性ライダーからも評価されているモデルです。 気になる燃費ですが、ガソリン1Lあたり39.0km(2名乗車時)と高い燃費性能を達成しています。 スズキスカイウェイブ250のライバル車は スズキスカイウェイブ250のライバルは、 ホンダのフォルッツア ヤマハのマジェスティです。 いずれもビッグスクーターですし、流れるようなフォルムや排気量が250ccであることが共通しているため、ライバル車にふさわしいモデルといえるでしょう。 気になる1Lあたりの燃費性能は、スカイウェイブ250が39.0km(2名乗車時)、ホンダフォルツアが43.0km、ヤマハマジェスティが38.0kmですが、スズキスカイウェイブ250のみ2名乗車時で測定しているため正確な比較は難しいのですがフォルツアの燃費が一番いいです。 またライバル車に比較すると重量があるため、加速力に遅れを取る傾向がありますが、車両を安定させる大径タイヤと独自のサスペンションユニットが路面の衝撃を吸収し、しなやかで柔らかく安定した走りが評価されています。 まとめ スカイウェイブ250は、街乗りに向いたクールなスタイルをしており、日常生活からツーリングまで楽しみたいという人におすすめの、オールラウンドなスタイルを持つビッグスクーターです。 比較的加速力が弱いため坂道や急加速などは苦手ですが、エンジンブレーキの効きが良いので坂道を下る際に安心して操作できますし、カーブを曲がるバンクでもなめらかなコーナリングを体感できます。

次の

スズキ(SUZUKI) スカイウェイブ250タイプS/ベーシック

スカイウェイブ 250

3 11. 3 11. 3 11. 0L 13. 0L 13. 0L 13. 5つの走行モードを選べるのでライダーの好みや状況によって使い分けられます。 画像の 黄色いボタンが走行モード切替スイッチです。 押すたびに「CVTモード」「7ATモード」「7MTアシストモード」へ切り替わります。 高速クルージングから街乗りまでスムーズで爽快な走りを楽しむ場合。 「CVTドライブモード」 「CVTパワーモード」(登坂、タンデム時など) メリハリの効いた変速によって爽快でキビキビした走りを楽しむ場合。 「7ATドライブモード」 「7ATパワーモード」(登坂、タンデム時など) 自らの意思でシフトチェンジができ、スポーティな走りが楽しむ場合。 スカイウェイブ SS SSの専用装備• 口コミ・インプレ.

次の