たちあがる女 感想。 「たちあがる女」の映画の感想・評価・レビュー

ジワジワと効いてくる|たちあがる女

たちあがる女 感想

「えいがの」 独特の絵のタッチでギャグで突っ走る作品。 面白いとか面白くないとかより勢いでどんどん先に進むのですが、それぞれのポイントのギャグがかえって平坦になってしまうのはちょっと残念。 監督は。 で童貞の松野家の六子達に高校の同窓会の案内が来るところから映画が始まる。 そして出かけたものの、最悪の展開で、酒に溺れて自宅で一夜が明けると高校時代に戻っていた。 というより思い出の世界に放り込まれていた。 そこで、高校時代に見つけた高橋というクラスメートの女子からの一通の手紙の謎を追いながら、ギャグまたギャグの連続でストーリーが展開。 そして、最後に高橋さんからきた謎の手紙の真相が描かれて映画が終わる。 普通のアニメ画面と一風変わった絵作りがたのしいし、いつもの馬鹿馬鹿しいギャグのオンパレードも楽しい。 ただ、ちょっと緩急強弱が欲しかったかなと思いました。 「たちあがる女」 面白い映像作りと、ユーモアと風刺を組み合わせたストーリー展開が秀逸な一本。 監督はベネディクト・エルリングソン。 主人公ハットラが弓を構えているシーンから映画が始まる。 そして矢を放つと送電線をまたいで向こうへ。 ハットラが繋いでいた紐を引いていくとワイヤーが付いていて、送電線はショートしてしまう。 当然監視のヘリなどが飛んでくるが、巧みに逃げていくハットラ。 彼女は山女という別名で警察に目をつけられていた。 しかも、自転車旅行をしている若者が間違って捕まるというユーモアシーンが挿入される。 彼女は近くのアルミニウム工場の無謀な環境破壊に抗議すべくこの活動をしていたのである。 ハットラは、近くで羊を放牧している男ズヴェインビヨルンに助けを求め、車で脱出する。 ハットラの背後にシュールに楽団が登場する絵作りが面白い。 そして無事自宅に戻り、合唱隊の指導に入る。 そんな時彼女は兼ねてから申請していた養子縁組の許可がおり、一人の養女が斡旋される。 ハットラには双子の姉妹がいる。 政府がさらに経済活動の拡大とアルミニウム工場の推進を進めるというテレビ放映を見て、ハットラはさらに過激な行動に移る。 そして送電線を倒壊させてしまう。 警察はドローンや衛星を使って山女を逮捕すべく全力をあげてくる。 ハットラは必死で逃げるが、破壊活動の時に負った傷による血を途中に残してしまう。 なんとかズヴェインビヨルンの助けで逃げ、海外へ脱出するべく空港へ向かうが、警察はDNA検査をして犯人を特定しようとしていた。 慌てて、引き返すがとうとう途中で警察に捕まってしまう。 養子にもらう予定の女の子も諦め収監されたが、そこへやってきたのが双子の。 こういう話の展開の常道で、彼女と入れ替わり、ハットラは養女を迎えに行きバスで戻ってくると、地盤が沈んで水浸しになっているズヴェインビヨルンの家のあたりが見えてくる。 ハットラと幼女がバスを降りて水の中を進んで行って映画が終わる。 冒頭の弓矢のシーンから、途中ハットラが行動を起こすところになると楽団が背後に現れたり、女性3人が立っていたりとちょっとユーモアあふれた絵がほのぼの楽しい。 物語は破壊活動なのに風刺と皮肉を交えたユーモアある秀作でした。 「サンセット」 疲れた。 一体なんなんなのだというほど長く感じる陰気な映画でした。 背後から主人公イリスを追いかけるのカメラワークとイリスの睨みつける顔の表情を何度も捉える映像、よくわからなく繰り返されるストーリー展開に、ぐったり疲れてしまいました。 監督は。 主人公レイター・イリスが帽子屋で客と間違えられるところから映画が始まる。 彼女の両親がこの帽子屋を始め、今はブリルという男が後を継いで繁盛している。 イリスはこの店に雇われようと思ってきたのだが、体良く追い返される。 そして安宿に泊まっていると、粗暴な男が押し入ってきて、イリスには兄がいると告げる。 イリスは兄カルマンを探し始めるのが物語の本筋と思われるが、時は1913年のブダベスト。 貴族に対する庶民の不満が爆発寸前になっていた。 そんな中、庶民の暴動の首謀者達の中にカルマンがいることがわかり、なんどもイリスはカルマンに会おうとするが近づけない。 やがて暴動が起こり帽子屋は燃やされる。 カットが変わるとどこかの前線のの中。 延々とカメラが進み行き着いたところに兵士になったかのイリスが現れてエンディング。 なんなのだというラストです。 とにかくカメラワークと画面演出が陰気で暗い。 物語展開も単調な繰り返しで、説明描写が全くないのでしんどいだけで終わりました。 kurawan.

次の

たちあがる女

たちあがる女 感想

「シリアスなストーリー、コメディ要素もたっぷり!独特の世界観に飲まれた!」「彼女の戦いが過激すぎて清々しいし笑えてくる!」「すごくコミカルでゆるく仕上げ見やすい作品!」 上映中【2019年3月9日 土 公開】 初監督作「馬々と人間たち」で注目を集めたベネディクト・エルリングソンが贈るユーモラスなドラマ。 セミプロ合唱団講師という顔の裏で、謎の環境活動家としてアルミニウム工場に孤独な闘いを挑むハットラ。 彼女が養子を迎えることになり、騒動が巻き起こる。 一人二役を演じた主演のハルドラ・ゲイルハルズドッテイルの演技が高評価を得たほか、世界中の映画祭で数々の賞を受賞。 ジョディ・フォスター監督・主演でハリウッドリメイクが決定している。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> 風光明媚なアイスランドの田舎町。 この町で暮らすハットラは、セミプロ合唱団の講師。 だがその裏で、周囲に知られていないもう一つの顔を持っていた。 そんなある日、ハットラに予期せぬ知らせが届く。 長年の希望だった養子を迎える申請が受け入れられたというのだ。 母親になるという夢の実現に向け、アルミニウム工場との決着をつけるため、ハットラは最終決戦の準備に取り掛かる……。 "セミプロ合唱団の講師ハットラには、謎の環境活動家「山女」というもう1つの顔があり、 地元のアルミニウム工場に対して孤独な闘いを繰り広げていた。 そんな彼女のもとに、長年の願いであった養子を迎える申請がついに受け入れられたとの知らせが届く。 ハットラは母親になる夢を実現させるため、アルミニウム工場との決着をつけようと最終決戦の準備に取り掛かるが……。 " 観る前の印象が地味で引っかかるものが無い。 強いて言えばアイスランド映画だからきっと一癖あるのかなって思って観た。 ところがどうでしょう、一癖どころかもう全部癖でした。 この映画かなりな曲者です。 だいたい独身中年女性の主人公ハットラが、表の顔が合唱団の講師でその裏が過激な環境活動家で、 話しが動き出すのがウクライナから養子を受け入れるからって、もう聞いただけで面倒くさい! そんでこのハットラがとことんやる。 その「とことん」がほんとに「とことん」で、それが可笑しくて可笑しくて。 無骨にそびえ立つ鉄塔からの火花やハットラを追うヘリやドローンの不快な音が、 アイスランドの雄大で飾り気のない自然と不釣り合いで観るものに違和感を感じさせ、 空想の楽器団によるとぼけた音楽と、 随所に現れる不運なヒッチハイカーの男は違和感通り越してこちら側に常に寄り添う仲間にさえ思えてくる。 原題「Woman at war」邦題「たちあがる女」が表すようにハットラは強くて揺るぎない信念を持っている。 それ故にやがて悲哀が訪れるのだが、未だ見ぬ養子の子を想う気持ちやアイスランドの自然を愛する気持ちに、 いつしか面倒くさい中年女性という印象は消え幸せを願わずにいられなくなる。 そしてこの映画らしいラストもいい。 中々この映画マークしてる人も少ないかと思いますが、 コンパクトによく出来ていて観やすいですし笑えるしグッとくるしおすすめです。 面白かった。 現アイスランド大使のトークショーが上映前にありアイスランドは世界一ジェンダーギャップが少ない国である事、 その成り立ちは女性達が自ら行動を起こした結果である事。 とのような事をおっしゃっていて、 この作品の主人公が自分の信念に基づき、なかなか大胆かつ挑戦的とも取れる行動を続けていのにはそういう歴史が関係あるのかなと思った。 実は物語にあまりノれない状態で見ていただけに終盤で一気にエモくなる流れは緩急すごすぎて印象的だった。 あと音楽の使い方が前に見た『アイスと雨音』でも使われていたようなアプローチ。 こちらはわりとユーモラスかつさらに踏み込んだ使い方でそれがアクセントになってて楽しかった。 主人公の判断力は 北欧女子な印象もありました。 所々に、ストーリーの演者たちの眼中にないような楽団が登場 テルマロマエのオペラ歌手より 共演感はある出方。 コラーレぽい渦巻き管楽器のリズムがクセになる🎷🎺 内容は幼女を貰えることになった中年女性、 彼女は環境問題にも立ち向かっていたり、 難しいものありましたが、 ユーモアある流れで重くならずに見られました。 どこでも現れる楽器隊とか、最後の手段それかい!とか😂😂 社会派と思いきや意外にコメディ色強かった しかし超ゆるめ。 風土の特色を効果的に活かした映像作りにも魅了された。 そして、イタリア映画「ザ・プレイス 運命の交差点」は突拍子もないシチュエーションの中から、 自分の幸福のためなら他人の生命も厭わない人間の業の深さを皮肉たっぷりに見つめるが、 オリジナルである米国テレビドラマを踏襲したワンシチュエーションの非現実感が、 いささか私好みではなかったかな。 なんて書くとシリアスな話と取られそうで、 そういう面もありつつ緩っとしたユーモアもあったりと、色々な要素が混じった映画。 どんなことを言われようが、起きようが屈しない強き心を持った女性の話。 環境問題や養子などいろんな現代社会における問題を取り上げてる映画だが、 すごくコミカルでゆるく仕上げみやすい作品でした。 合唱団講師と環境活動家の二つの顔を持つ女性が環境破壊している工場に抵抗するが、 その行動は国から敵視され…。 印象として沖縄の基地移設問題とも重なる。 権力は強いが人の優しさは人を揺り動かす。 ユーモアのなかにも大事な何かを問うている。 『馬々と人間たち』監督最新作。 環境活動家として暗躍する合唱団講師の女性を描くアイスランド映画。 前作『馬々と人間たち』同様、ユーモアのセンスが独特。 至る所に演奏家が立っていて、主人公の心情をその場で表現する演出が笑いを誘う。 この雰囲気が良いので、ハリウッドでのリメイクはちょっと不安。 彼女が立ち向かう相手は巨大だが、その凛とした姿に清々しさを覚えます。 映画としてはすごくユニーク。 音楽は最高に面白い。 主人公のポリシーと行動は環境問題がどうとかいう枠を超えているが、 彼女の戦いが過激すぎて清々しいし笑えてくる。 年間ベストに残りそう。 英題はWOMAN AT WAR。 環境のため国家に一人立ち向かう女性の姿を、 ユーモアと独創的な表現を交え描く。 人類の行く末を暗示するかのようなラストが深く心に残る。 合唱団講師の顔とは裏腹に過激な環境活動家。 アイスランドの自然は豊か。 彼女に養子がくる事になって変わるのかなあって思ったが。 ここまでやるかの闘う女。 笑いや皮肉もちょっぴり。 たちあがる女。 シリアスな話のはずなんやけど、どこかコミカルで、前向き。 私もしなやかな強さを身に着けたい。 予告みただけであきらかに私がすきな映画だったので、自信満々だったのだけど、 ほんとに私がすきな映画そのものだった。 色々考えさせられた… 主人公の女性タフですごい。 アイスランドの大自然美しい。 音楽素晴らしい。 犬と羊かわいい。 馬々の自分の感想「奇作にて佳作。 ユーモラスでシュールだが説明不能。 行きたい国の筆頭 私基準 アイスランドの大自然 後略 」が本作にも当てはまる。 主人公のハットラと言うおばちゃんは、貴女であり私です。 大胆不敵でいじらしくって、感性のままに闘う。 特に音楽の扱いが秀逸です。 映画館とAmazonプライム... 明け方の桜並木を自転車を2人乗りして通るシーン、たくさんの思いが詰まりすぎて、涙が流れ続... 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。

次の

たちあがる女のレビュー・感想・評価

たちあがる女 感想

《推定睡眠時間:1分》 『たちあがる女』はコーラス講師と環境活動家、二つの顔を持つ女性ハットラが、新しい家族を迎え入れ、母親になる決意をしたことから巻き起こる騒動をユーモラスに描くヒューマンドラマだ。 雄大なアイスランドの自然と叙情的な音楽に彩られた現代のおとぎ話ともいえる物語は、とぼけた味わいとコミカルな笑いを醸しながらも、いまの人間社会において見逃してはいけない問題を皮肉たっぷりに浮かび上がらせていく。 本年度最嘘宣伝候補。 上は公式サイトからのイントロダクション抜粋ですがこんな映画の売り文句でよくもぬけぬけとそんなことを書けたなと驚愕しかない。 『太陽を盗んだ男』を余命いくばくもない男が残された人生を精一杯生きようとする姿を通して現代人に生きることの意味を問う社会派感動作、とか売り込むようなものですよこれは。 絶対間違ってるだろ。 絶対間違ってるだろ! 騙された感が振り切れていてむしろ快感だったから全然良いんですけど。 こういう嘘だいすき。 これを騙るシスと…ケーシー高峰じゃあるまいし。 とにかくタイトルバックからして普通ではない。 荒涼としたアイスランドの高原を主人公と思しきオバハンが歩いてくるんですがその動きに合わせてカメラがじわぁ~っとパンしていくとなんとなく画面に表示されているクレジットがズレる気がする。 このクレジットはカメラではなくて風景と同期しているので実際にズレていた、ということがわかるのはオバハンは画面左奥からカメラ右手前に向かって斜めに歩いてくるので、オバハンがカメラに近づくにつれてパンの速度は増しクレジットのズレは大きく…いやそれはいいのだがそこで、さっきから鳴っていたマーチ風のBGMがアコーディオン・トリオの演奏しているものだとわかる。 なぜなら高原で演奏中のトリオがスルっとカメラに入ってくるから。 映像脚本的に言えばこの音楽はBGMではなくMだった。 人を食ったオープニングだ…と思ったらオープニングだけじゃなくてこのトリオはその後も音楽が鳴ると出る。 しかも曲によってはピアノマンだったりウクライナの?民族衣装に身を包んだ女三人コーラス隊だったり演奏担当が変わる。 ということは劇中の音楽は全部BGMじゃなくてオバハンの心象風景としてのMなわけだ。 心象風景と客観風景が同じショットにしれっと混在してるんですよねこの映画。 だから明らかに怪しい隣人とか通行人が画面に映り込むんですけどどうもそれはCIA工作員とか警察の潜入捜査官が(オバハンを捕らえるために)動き出したとの噂を同志から聞いたオバハンの妄想混じりの主観っぽくて…ほらもう既に「とぼけた味わいとコミカルな笑いを醸しながら」どころじゃないでしょ! 電波でしょ! 笑うけどね! ちなみにその同志(コーラス受講生のなんとか官僚)と活動について話し合う際は盗聴を防ぐため冷凍庫にスマホを入れて電波を遮断していた。 このオバハンはなんていうかこう色々と本物なのである。 本物だから破壊活動帰りのタイトルバックで例のトリオを背にランボーが持ってるような弓をジャキンと地面に突き立てるとダダダっと高原をダッシュ、付近を捜索する警察のヘリを捕捉すると岩陰にスネーク的に滑り込み、窪地に転がり込んだりして慣れた感じでヘリをやり過ごすのであった。 オバハンが闘っているのは比較的最近出来たっぽいアルミニウム工場で、こいつが美しいアイスランドの大地を汚す、というのもあるが世界中の様々な災害や異常気象はグローバリゼーションに伴う環境破壊が原因だとオバハンは考えているので、その象徴としてアルミニウム工場が標的に。 アイスランドのアルミニウム製造業は米中資本を入れて目下のところ成長中。 政府はその経済的成果をアピールしてそこらへんの平凡人は経済が強くなるに越したことはないとこれを甘受。 オバハンはそんな状況にテロでもって否を突きつけるのだが、あれこれ指示はするものの自分では破壊活動に手を染めない同志の官僚にはどうも環境保護とは別の思惑があるようでもあり、呑気なシュールコメディのムードなのに描かれている状況はハードコアなポリティカル・サスペンスもしくはアクションなのだった。 セムテックス強奪してプラスチック爆弾作って(アルミニウム工場に電力を供給する)送電鉄塔爆破しに行ったりするからなこのオバハン。 すごいよもう。 弓を背負って大自然を味方につけてたった一人で警察の捜索隊と渡り合う姿は完全にランボーでしたね。 オバハンが破壊活動に打ち込んでいるその頃、ヨガ講師をやってるオバハンの双子の姉は仏僧になるためインド行きを決意する。 不幸にもゲバラTを着ていたため警察にマークされてしまったバックパッカーは行く先々でテロの関与を疑われ拘束される。 意志は強いがメンタルの安定しないオバハンのために何度も呼び出されて疲れたアコーディオン・トリオのリーダーはとりあえず一服する。 掴み所のない映画だがその混沌の中に不意に現れる個の仁義とかアウトサイダーの連帯とか狂気と表裏一体の信念にはぐらっと心を揺さぶられてしまったりし…あの鉄塔が倒れる瞬間の高揚感、終末に沈み込んでいく悲劇にも終末をサバイブしようとする強靱な意思の現れにも、あるいは妄想の破局にも見える壮大かつ不可解な黙示録的ラストは強烈にハートに刻まれてしまったしで…わけはわからんがとにかく、なんかすごいものを見た感があった。 まだ観てない人は騙されたと思ってというか売り方を確信犯的に誤っている配給会社の宣伝に騙されて観に行って衝撃を受けてほしいとおもう。 【ママー!これ買ってー!】 ランボーの新作もまたやるらしいですが今度はオバハンに倣って環境破壊と戦ったら面白いんじゃないですかね。

次の