足 の 小指 ヒビ 放置。 足の指の打撲と骨折の違い見分け方!テーピングのやり方に放置はダメ!

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状6つと対処法2選

足 の 小指 ヒビ 放置

タンスにぶつけて足の小指を骨折 そもそもタンスや壁にぶつけただけで、足の小指を骨折なんて、あるのだろうか。 そんな疑問をかねてより抱き、整体師さんに尋ねたことがあるのだが、回答はこうだった。 「足の小指を折ったという話はよく聞きますよ。 骨折は場所によって気づきにくいこともあり、足の小指などはいつぶつけても痛いだけに『こんなもん』と思ってしまう人が多いんです。 骨は自然と形成されるので、そのまま治っていくこともありますが、お医者さんでズレた骨の角度を直してもらわないと、自然治癒では曲がったまま、ズレた角度のまま形成されてしまうことがあるんですよ」 そして、先日、それが「ホントにある」ことをしみじみ痛感する出来事があった。 小学生の娘が、家の壁に足をぶつけただけで号泣し、みるみる腫れてきたので、不思議に思って夜間診療で診てもらったところ、小指の成長線(骨端線)という軟骨部分を骨折していたのである。 救急医には「足の小指の骨折は意外とよくあるんですよ」と説明され、テーピングしてもらい、痛み止めをもらって、後日近所の整形外科などを受診することを勧められた。 だが、近所の外科兼整形外科の先生の見立てでは「子どもの場合は、多少遠くても、専門の整形外科に診てもらったほうが良いですよ。 成長線を損傷していると、曲がってしまう可能性もあるから、炎症がひいてから麻酔して戻すことになると思います」という。 そこで、整形外科専門の先生に診てもらったところ、「骨が曲がってくっつき始めている」という理由から、全身麻酔で手術&入院という大ごとになってしまった。 引用元- 足の小指を骨折するのは女性が多い? ひざ関節評論家の戸田佳孝先生によると、机の角で足をぶつけて骨折する人は、女性が男性の1. 5倍あるという。 ひどい場合には足の付け根部分の、基節骨という所が、斜めに折れている場合もある。 そして女性が男性よりも、骨折が多い理由は、1つ目が骨が細いこと、2つ目が靴下を履かず家事する事が多いからである。 足の指をぶつけたら太い方の隣の指とすぐに固定!? もし机の角で足の指をぶつけた際は、2、3日安静を保つ為に、添え木代わりに、太い方の隣の指(骨)と、テーピングで固定しておいて欲しいという。 つまり小指をぶつけた時は薬指、薬指をぶつけた時は中指と、テープで固定しておいた方が良い。 2、3日しても痛みが続くような場合には、骨折している可能性もあるので、整形外科まで足を運んだ方が良い。 引用元- 日刊てれじろう 足の小指の骨折〜全治までの体験談 直後の症状 捻ったときは、ずきっとした痛みを感じたので、捻挫になったかも、とは思ったのですが、それほどの痛みはなく、自転車には乗れなかったけど、押して家までもどったんです。 2、3時間後 湿布をして安静にしてればマシになるかと、思っていたのですが、2、3時間たつと、小指のあたりが、赤く腫れあがり、体重をかけると、とびあがるほど痛くなり、立っていられないほどになりました。 明らかに、捻挫ではない感じでした。 夕飯の支度を、壁によりかかり、片足で行ったのですが、ものすごく辛かったです。 夫の帰りは遅いし、一人で病院に行ける状態ではなく、翌朝まで待って、症状が改善されないようなら、病院に連れて行ってもらおうと思ってました。 足は、寝ているときは、痛みませんでした。 病院での治療 次の朝も、症状はまったく変らず、立ち上がることさえ困難になったので、夫に近所の整形外科に連れて行ってもらいました。 夫に支えてもらいながら、ほぼ片足のまま、歩きました。 病院の先生にはひと目見るなり、「たぶん、ヒビが入っているか、折れているかでしょう」と言われました。 レントゲンを撮ってもらい、小指にヒビがはいってることが判明しました。 ギプスで固定してもらい、数日後にまたレントゲンを撮り、もし骨が離れていくようなら手術が必要と言われました。 固定してもらうときや、レントゲンを撮ってるときも、痛みは特に感じませんでした。 幸い、経過が順調で、1ヶ月ぐらいの固定で様子をみてギプスを外すことになりました。 鎮痛剤を出してもらったので、痛みはすぐになくなりました。 引用元- タンスの角という悪魔 ヤツは普段はじっとしていて大人しくほとんどの指々も意識していない存在である。 しかしそれはヤツの仮の姿、息を潜めて指々を襲うチャンスをうかがっているのである。 そう・・・それは獲物を視界に捉えたライオンの如く・・・・・ ひとたび動き出せばヤツは一度の攻撃で小指に甚大な肉体的ダメージと、後悔の念やぶつけようのない怒りなど多大なる精神的ダメージを与え、しばらくはトラウマとして忘れられないほどのダブルパンチを喰らわせる。 ひどい時には薬指までもを巻き込んだ大規模な襲撃も行うことがあるので他の指々も油断はできない。 奴が主に狙う指はあわてて行動している小指、短い距離だからと明りもつけないで行動している小指である。 もちろん日頃から隙あらば小指を襲撃するがあまり成功率は高くはない。 指々が油断している時を狙うのだ。 また、ヤツは指目を気にしない。 一指でいる時も複数指でいる時も構わず襲ってくる。 気を付けねばならないのは複数指でいるときにヤツの被害に遭った時である。 他指の不幸は蜜の味、ただでさえ大惨事であるのに、ほかの指共に笑い指にされ大恥をかくことになる。 もはや立派なテロである、心配をしてくれる指などほんのひと握りであろう。 対策 あわてて行動しないこと、めんどくさくても明かりは付けて行動する、日頃からある程度意識しておく等日頃から隙を作らないことがまず肝心である。 またタンスを部屋の角にピタッと合わせて置くなどしてタンスの角の数自体を減らすことも大いに有効。 また、近年はタンスの角に張ることができる専用のスポンジ等、小指が襲撃されても牙を剥けないようにできる商品が存在しており全国の小指の強い味方となっている。 またスリッパや靴下などで武装し防御力をあげておくと被害を和らげることも可能。 引用元- Q:足の小指の骨折、全治はいつ? 骨折箇所は足の甲の小指側です。 足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。 (うまく説明できなくてすみません。 ) 医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。 全治2〜3週間という医師や4週間という医師まで。 また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。 ・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。 でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。 その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。 引用元- A:こんな回答がありました 今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。 完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。 手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。 方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1〜2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。 この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2〜3週間は体重をかけることは出来ません。 次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。 ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2〜3ヶ月かかると言われています。 ですが、機能的な問題がなくなるのには約1〜2ヶ月程度と言われています。 引用元- 足の小指の骨折は放置しない 足の指の骨折を放置するとうまく骨と骨がくっつかなくなってしまいますし完治するのに時間がかかってしまいます。 応急処置をした上で病院の受診は必要です。 もし骨折を放置してしまうと上手く固定できていないので痛みは残ってしまいます。 病院でちゃんとレントゲンを撮ってもらうことは絶対したほうがいいです。 ただ病院も救急外来など専門の整形外科の先生が見えない場合などは骨折をしていても見落とす場合があります。 病院に行ってレントゲンも撮って打撲だと言われた場合で3回上腫れや痛みなどが引かない場合は専門の先生の見える病院にもう一度掛かられた方がいいですね。 レントゲンを撮ってもらって骨にズレがないように固定をしてもらう必要があります。 骨が曲がったままくっついてしまうと手術が必要になってくる場合もあります。 たかが足の指の骨折ぐらいと放置せず専門医に必ず見てもらってください。 引用元- 足の小指を骨折しないために 誰もが経験したことのあるこの足の小指をぶつける、これは脳が足の小指の位置を正しく認識していなくなっているのが原因です。 人間のカラダの機能には固有感覚というものが備わっています。 この固有感覚によって、自分のカラダが今どういう位置で、どのように動いているかという情報を脳に送り続けています。 しかしこの固有感覚は、普段のカラダの使い方によってズレが生じてきています。 引用元- 足の親指、拇指球を主動で動かしてばかりいると、脳が足の小指の位置を認識しなくなってしまいます。 実は足の指の認識は親指以外にはきちんと出来ていない方がほとんどです。 よく整体の施術時にやるのですが、お客さんに目めをつぶってもらった状態で足の人差し指をさわります。 「これは何指ですか?」とたずねると、ほとんどの方が「中指」と答えます。 中には「薬指」と答える方もいますが(笑) 試しに家族の方にもやってみるとおもしろいと思います。 それぐらい足の指、親指以外の指の固有感覚はずれてしまっているのです。 この固有感覚のズレを正すには、 お風呂に入ったときなどに足の小指から順番に一本ずつ、手でつまんでクリクリと動かしてあげましょう! 足の小指の位置を脳が正しく認識しだせば、もうタンスの角などにぶつけなくなります。 またこの固有感覚が正しく働くようになると、足の正しい動かしかたにもつながります。 ランニングやスポーツでのパフォーマンスアップにもつながっていきます! 引用元- 検索: 今日の人気記事• 医療と福祉にはどんな違いがあって私たちの社会とどうかかわっているのでしょうか?今回は医療と福祉の違いと... 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 紫外線の影響を防いで健康的に肌を焼くための日焼けオイル。 市販の日焼けオイルしかその効果はないと思ってい... 一人暮らしに憧れる人はたくさんいます。 しかし実際一人暮らしをしてみると意外に大変だったり、寂しくなった... 肝臓機能低下が進むと、肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進行します。 肝臓そのものに痛みなどの自覚症状はなく、... 飲食店などの空調の吹き出し口が結露することはよくあります。 それが厨房の中なら問題はないかもしれませんが... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

骨にひびが入った時の症状や完治期間を説明!治療方法は放置で良い!? | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

足 の 小指 ヒビ 放置

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状 普段の外出時は靴を履いているので、足の指だけ骨折するケースは少ないですが、夏場や屋内ですと、素足のことが多く、強い衝撃を受けると骨折やひびが入ることがあります。 想像するだけでも痛いですが、足の指を骨折、またはひびが入った場合の症状とは、どんなものがあるのでしょうか? とにかく痛い 足の指を骨折した時、誰もが感じるのはとにかく痛いということですよね。 症状を受けた直後はもちろん、 ズキズキとした痛みは時間が経ってもなかなか治りません。 痛すぎて貧血を起こしたり、気分が悪くなる人もいます。 指を動かすと痛い 足の指を骨折(またはひびが入った)直後は、しばらくズキズキとした痛みが続きます。 ただでさえ痛みを感じているのに、動かそうとする気持ちにもなれないとは思いますが、 指を動かそうと試みると、さらに激痛が走ります。 少しでも動かせる時は、骨折ではなく、ひびが入っている程度の可能性が高いです。 変形している 足の指に衝撃を受けた後、足の指の形を確認してください。 普段と違い 変形している場合、骨折している可能性が高いと言えます。 動かした時に音がする 足の指を動かした時に、 軋む音やポキポキと音がしたら、骨折した骨がぶつかっている音かもしれません。 しかし、基本的にはあまり動かすことはよくありませんので、何度も繰り返すことは避けてくださいね。 腫れる 骨折した箇所は、 周りが腫れ上がります。 足の指が倍ほどに腫れ上がっていたら、骨折またはひびが入っている可能性が大です。 色も紫色に内出血することが多く、見ているだけで痛いですね・・・。 体温が上がる 骨折すると、高熱までとはいきませんが、 発熱する場合も多いです。 身体の元々の防御機能による発熱なので、数時間で下がることがほとんどでしょう。 しかし重度の骨折の場合、高熱が出ることもあります。 足の指の骨折(またはひび)の対処法 足の指を強く打ち、骨折または、ひびが入った恐れがある時は、 早めに病院に行くことが1番です。 しかし、その前に 応急処置をしておくだけでも、後々の回復が大分変わってきます。 そこで、足の指を骨折(またはひび)した場合の、正しい対処法をご紹介します。 冷やす 足の指を強く打った場合、たとえ骨折ではなく打撲ですんだ場合も、 患部を冷やすことが大切です。 氷を入れたビニール袋や、保冷剤などでしばらく冷やし続けましょう。 冷やすことで血流をとどめ、腫れがひどくなることを防ぐことができます。 また、痛みの軽減にもつながりますよ。 添え木をしてテーピング 骨折の応急処置と言えば「 添え木」ですが、足の指は小さいので、なかなか添え木をできない場合もあります。 そんな時は、 スポンジなどを小さく切って、患部の大きさに合わせ、隣の指を添え木代わりにしてテーピングしてください。 足の指だからと言って放置しないように 「腕や足の骨が折れたわけじゃあるまいし・・・」などと言って、病院へ行くことを面倒くさがってしまうと、 骨折した足の指が正しい位置でくっつかないことや、 曲がっさたままくっついてしまうことがあります。 またひびが入った場合も、きちんと完治せず、再発しやすくなります。 足の指は小さな箇所でも、歩くにはとても大切な役割を果たしていますので、しっかりケアしてあげましょう。 まとめ ついうっかり強くぶつけてしまうことが多い足の指ですが、屋内でもいつ骨折してしまうか分かりません。 足の指を骨折した(またはひびの)場合、応急処置で動かないようにした後は、早めに病院へ行きましょう。 きちんと処置をしてもらえば、痛みの引きも早いですし、後々のトラブルも少なくてすみますよ。 その他「足の指」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめています。

次の

手指 足指の骨折

足 の 小指 ヒビ 放置

どんな治療をしたか わたしの場合は、そんなにおおげさな治療はしていません。 初めの3日間くらいは、下の写真のギプスシーネで固定をしてもらいました。 これは、ギプスなので、ガッチリ固定できますので、小指がぐらつかないので、安心感があります。 そして、その後、1ヶ月間は下の写真のテーピングでしのぎました。 これは、ギプスのようにガッチリ固定はできませんが、かさばらないので利便性があります。 この治療期間中は、通院時に10分間レーザーを骨折部分に照射するリハビリを受けました。 毎回、テーピングを看護師さんが取り外してくれ、足を温かいタオルで拭いてくれました。 そして、先生が毎回テーピングを巻いてくれました。 週一くらいのペースで、レントゲンを撮り、治り方の進行状況を確認して説明を受けましたよ。 混み具合によりますが、わたしの通院先の診療所の滞在時間は30分~1時間前後でしたね。 普段の靴を履いてどうだったか わたしの仕事は営業職ですから、スーツに革靴スタイルなんですよ。 だから、革靴が履けなかったら、仕事に支障が出てしまいます。 診療所の先生は、ギプスをしてサンダルを履くといいですよ、と勧めていただきましたが スーツにサンダルってのは、ちょっとNGなので、革靴を履きたい希望を伝えました。 それなら、テーピングで固定をしてリハビリしていきましょう、ってことになりました。 テーピングなら、そこまでかさばらないので、なんとか普段の革靴を履くことができ 仕事に支障が出なかったので、助かりましたよ。 ですが、3週間くらいは、一歩歩くたびに小指が靴に当たって、とても痛かったです。 足をかばって歩くもんだから、腰まで痛くなりました。 4週間経つと、少し痛みはあるものの、だいぶ楽になりましたよ。 まとめ 足の小指の骨折の治療は、初めの3日間は、ギプスでガッチリ固定して、 その後1カ月は、テーピングで大丈夫でした。 テーピングは、薄くてやわらかく、かさばらないので、 痛みを少し我慢できれば普段履いている靴で歩けます。 治療期間中は毎日レーザーを10分間照射してもらうリハビリを受けました。 週一くらいのペースでレントゲンを撮り、治り方の進行状況を確認しました。 あと、診療費ですが、健康保険3割負担で以下の通りです。 初診時が約3,500円 リハビリとレントゲン撮影で約1,000円 リハビリのみ330円 治るまでに約5週間かかりましたが、痛みを我慢して地道にリハビリを続ける治療の繰り返しです。 普段の靴が履けないと困るって方は、テーピングで固定すれば、 なんとか大丈夫ですのでお医者さんに相談してみてください。

次の