吉岡徳仁。 吉岡徳仁がデザインしたフェイスシールドを無料公開

【楽天市場】デザイナー > Q

吉岡徳仁

特別公開概要 この度、国立新美術館にて「ガラスの茶室 - 光庵」を特別公開いたします。 「ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。 国立新美術館では「ガラスの茶室 - 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」を併せて展示いたします。 エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の思想にも受け継がれています。 光庵は、空間と時間の概念を超え、日本文化の根源を再考する作品です。 光をガラスによって表現したこの茶室は、伝統的な掛軸や生け花はなく、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出し、クリスタルプリズムの彫刻から放たれる光は虹となり「光の花」が現れます。 その光の建築は、物質の概念から解き放たれ、詩的な光景を浮かび上がらせます。 公開期間 2019年4月17日(水)~2021年5月10日(月) 休館日 毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)年末年始 公開時間 美術館の開館時間に準ずる 会 場 国立新美術館 正面入口 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 企 画 株式会社吉岡徳仁デザイン事務所 協 賛 NTT都市開発株式会社 観覧料 無料 お問合せ 株式会社吉岡徳仁デザイン事務所 Tel. 03-6455-3576 作家プロフィール 吉岡徳仁 デザイナー/アーティスト 1967年生まれ。 倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。 デザイン、建築、現代美術の領域において活動し、光と自然をテーマにした詩的な作品には、日本の美の根源が映し出されている。 光などの非物質的な要素を形象化した作品は、形という概念を超え、人間の感覚を超越するような、独自の表現を生み出している。 作品はニューヨーク近代美術館(アメリカ)、ポンピドゥー・センター(フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。 国際的なアワードを多数受賞しており、アメリカ Newsweek 誌による「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。

次の

吉岡徳仁デザイン事務所

吉岡徳仁

NEWS• 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 11 more• 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 08 サイトリニューアルオープン。

次の

吉岡徳仁がデザインしたフェイスシールドを無料公開

吉岡徳仁

「聖火リレートーチを通して表現したのは、『美しいデザイン』でも『最新のテクノロジー』でもありません。 被災地の方々の『心の復興』と平和への願いです。 デザイナーが見栄えの良いものを追求するのではなく、今回はまず被災地の方に喜んでいただけるようなものづくりをしたいという気持ちがありました。 皆さんの思いをかたちにする何かができないかというところから始まりました。 日本はたくさんの自然災害を経験してきましたが、その苦難の中でも溢れている思いやりや助け合いの心に、私は改めて日本人の優しさと真心を感じました。 それは世界の人々にも感じていただけたのではないでしょうか。 そういう精神をトーチとしてひとつのかたちにしたい、それが表現できれば本当の意味で日本文化を象徴するものになると思っていました」 「すべてにおいて新しい挑戦をしたかったんです。 オリンピックのトーチは、歴史に残るものになる。 だから、今までにないデザイン、製法、技術を用いたかった。 通常このデザインを実現させるためには、筒の部分をビスでとめたり溶接したりすると思うんですが、単純な工法=立体成型で作りたいというイメージを最初から持っていたんです。 新幹線や飛行機などの製造にも使用されている技術、アルミ押出加工によりトーチを一体成型し、構造の強化と軽量化を実現。 アルミを桜型に押し出し、削り出すことで、継ぎ目のないの彫刻のような造形が生み出されます。 製造からデザインすることで、日本の技術を象徴するような、革新的な聖火リレートーチが実現しました」.

次の