坂本冬美 セーラー服。 【画像あり】坂本冬美53歳のセーラー服姿がキレイ過ぎると話題に!

演歌

坂本冬美 セーラー服

坂本冬美 6月17日 水 にニューシングル「俺でいいのか 追撃盤」をリリースした坂本は、同日、自身の公式YouTubeチャンネルでクラシックギターの伴奏による生配信トーク&ライブを開催。 外出自粛期間中に配信したYouTube動画では、坂本が自宅で自主練習する様子をはじめ、着物姿だけでなく普段着やセーラー服姿まで披露している。 この日、同番組に電話出演した坂本は、YouTuberデビューしたきっかけや、SNSでも大きな反響を呼んだYouTube動画について語った。 徳光:ここ最近はYouTuberとして脚光を浴びてますが、これまでのファンのみなさんの反応みたいなものはどうですか? 坂本:この3ヶ月のコンサートが中止や延期という中で、生でみなさんと接することができないというところから、実は2ヶ月前にレコーディングスタジオから生ライブ配信をやってみようっていうのがそもそものきっかけだったんですけれども。 徳光:うんうん。 坂本:スタジオが使えなくなりまして、でも、ファンの方からはリクエストを募っている、ガッカリさせたくないというところで、「自宅からやってみよう」と。 自宅ですから衣装を身につけることもできないですし、普段着で練習しているような雰囲気でお届けしようと。 徳光:より自然体ということ? 坂本:そうですね。 その中で、音響の設備もうちにはありませんので、本当に小さな3万円ぐらいのスピーカーに、いまだに私はiPadとかそういうのは使えませんので。 徳光:はい、私と一緒です。 坂本:アナログなので、昔でいうウォークマンにカラオケを入れてもらい、その操作をミスってしまったりですね、ドタバタ劇を繰り広げてしまいまして(笑)。 徳光:それも全部入ってるってわけですね? 坂本:それも編集することなく。 マネージャーと2人でやっているもんですから、編集もざっくりなんですね。 そこが意外と「素はこんな感じなんだ」と親近感を持っていただけたみたいですね。 徳光:そうか、いいねぇ。 セーラー服姿もですか! 坂本:セーラー服は、そもそも忌野清志郎さんと細野晴臣さんとの(音楽ユニット)『HIS』を若い頃にやらせていただいていて。 徳光:そうでしたよね! ありましたね。 坂本:たまたまその『HIS』の曲をリクエストいただいて。 「セーラー服を着てもらいたい」とリクエストがあったんですが、「それは無理です〜」なんて言ったら、マネージャーがしっかり用意していたんですよ(笑)。 徳光:あははは(笑)。 あのセーラー服は、冬美さんがかつて着たセーラー服とかそういうのじゃないんでしょ? 坂本:もちろんです(笑)。 徳光:そうですよね。 もしね、かつて着たセーラー服がありましたら、Yahoo! オークションに出してください。 ぜひ買いますんで、私(笑)。 坂本:こわいです、こわいです(笑)。 1991年に細野、忌野とともに結成された音楽ユニット「HIS」では、衣装としてセーラー服を着用していた坂本。 今回のYouTube動画で復活したセーラー服姿は、ファンの間でも大きな話題を集めたという。

次の

坂本冬美 セーラー服がヤバい!YouTubeで暴走?GoPro撮影も

坂本冬美 セーラー服

このYou Tubeを受けて日刊スポーツは次のように報じています NHK紅白歌合戦出場31回を誇る歌手坂本冬美(53)のYouTubeでのはじけぶりが話題だ。 大物歌手にもかかわらず、セーラー服姿を披露したり、自撮り棒にGoProをつけて撮影するなど孤軍奮闘。 再生回数も40万回近くに達し、着物姿の演歌歌手のイメージとのギャップがファンの裾野を広げている。 新曲「俺でいいのか 追撃盤」も17日に発売され、この日は生配信ライブが予定されている。 確かに坂本冬美さんといえば、着物を着て演歌を歌う姿しか思い浮か美ません。 セーラー服を着ている坂本冬美さん、と聞くと「コスプレ!?」と感じましたが、このYou Tubeを見ると、案外似合っているような気がします。 坂本冬美さん、色白で美人ですからね。 ご本人がYou Tubeの中でセーラー服に着替えながら 鏡が無いので自分の姿が見えない 微妙~ですよね なんておっしゃる姿に好感をもてます。 坂本冬美さんのセーラー服姿を見ての感想 以前、NHKの大晦日紅白歌合戦で「 セーラームーン」の衣装を着て歌った坂本冬美さんに心底驚いたことがある私としては・・・セーラー服はコスプレ、というほどの衝撃(笑)もなかったです。 一般人が50歳過ぎてセーラー服を着たら相当おかしいと思うのですが(もちろん私自身を含めて、ですよ)、 53歳の坂本冬美さんがセーラー服を着て歌う動画を見ると案外似合っていて綺麗! と感じたのは私だけではないと思います。 そしてお若いころ(このあと1990年ころのセーラー服姿の動画を掲載しています)に比べて、現在のほうが 色気が半端ないです。 セーラー服を着て色気が半端ない、というのもなんですが、まさにそういう感じ。 そういえば私も中学生の時の制服はセーラー服でした。 今あの服を着たら家族はなんというかしら? 息子からはきっとキモイ、の一言があって目をそらされるでしょうね。 この動画の中で坂本冬美さんは「HIS]のジャケットをもっていてそれをかなりアピールしていました。 「HIS」って何?詳しく知らない私は調べてみました。 Sponsored Link 坂本冬美さんの「HIS」とは何? HISとは 「HIS (ヒズ)」とは 忌野清志郎さんが演歌の坂本冬美さん、テクノの細野晴臣さんを迎えて1990年に結成したユニットのことです。 細野晴臣さん HOSONOの H 、忌野清志郎さん I MAWANOの I 、S坂本冬美さんSAKAMOTOの S の頭文字を取りました。 3人のアーティストを合わせる テクノ+ロック+演歌と なるわけで、いったいどんな音楽?と思うのですが音楽評論家の方々の論評は好評です。 何度も聴くと分かってくる。 この『日本の人』。 激辛料理の後に出されたキンキンに冷えた水というか、甘さが際立つ御菓子を食べた後の日本茶というか、サウンドには棘がないが、独特の清涼感がとてもいい。 しかも、だからこそ、清志郎と坂本のヴォーカリゼーションの素晴らしさがじっくりと堪能できるという代物に仕上がっているのである。 この辺は清志郎のソングライティングのセンス、アーティストとしてのセンスもさることながら、細野のプロデューサーとしての手腕の確かさがあったことは間違いない。 そしてHISの衣装は主に学生服と セーラー服だったのです。 坂本冬美さんはHISの活動の時はセーラー服を着ていらしたのです。 今回、You Tubeでセーラー服を坂本冬美さんが着たのはこの「HIS」の活動を思ってのことなのでしょうね。 ではHISでは具体的にどのような曲を世にだしてきたのでしょうか? HIS 坂本冬美さん SMI逢いたくて逢いたくて ユニットの結成は1990年ですが、この動画の坂本冬美さんのおさげ髪とセーラー服がなんともかわいらしい。 最初、この動画をみて、この女性が「坂本冬美さん」である、ということをすぐには信じらえませんでした。 かわいい! 本当に残念なことに忌野清志郎さんが虹の橋を渡られ、ユニットHISが活動することはなくなってしまいました。 このHISが続いていたら今、どんな楽曲を私たちに届けてくれたんだろうか?と思うと残念でなりません。 演歌でない坂本冬美さんの新鮮な魅力がビシバシと伝わってきます。 すごくいい曲ですね 坂本冬美さんは振り返って次のようにおっしゃっています。 「この経験で、清志郎さんや細野さんに、私の演歌を認めていただいた気持ちになり自信が出たこと。 そして演歌とは違うステージにあげていただいたことで、後年「また君に恋してる」を歌うチャンスにつながり、ポップスへの道が開けた転機になったと、とても感謝しています」(朝日新聞2014年12月1日より引用)。 このようなことを知って現在の坂本冬美さんのセーラー服姿を見るとまた別の感じかたがあります。

次の

坂本冬美53歳のセーラー服姿、今弾けまくる胸の内

坂本冬美 セーラー服

NHK紅白歌合戦出場31回を誇る歌手坂本冬美(53)のYouTubeでの弾けぶりが話題だ。 大物歌手にもかかわらず、セーラー服姿を披露したり、自撮り棒にGoProをつけて撮影するなど孤軍奮闘。 再生回数も40万回近くに達し、着物姿の演歌歌手のイメージとのギャップがファンの裾野を広げている。 新曲「俺でいいのか 追撃盤」も17日に発売され、この日は生配信ライブが予定されている。 加えてテレビの歌番組などスケジュールがぎっしりの坂本でも、新型コロナウイルスの前では無力だった。 活動がすべて止まり「俺でいいのか 追撃盤」のPRのためにスタジオで無観客ライブを開催する予定だったが、これも「密閉、密集、密接」の3密のため中止に。 「仕方なく」と書くと語弊があるが「できることをやろう」ということで、自宅での練習風景をYouTubeにアップしたのが、4月中旬だった。 着物ではなく体のラインが分かるカラフルなセーター姿。 もともとコメディエンヌの評価は高かったが、セーラー服姿まで披露するなど、トークもうまく、スナックの美人ママといったところだ。 坂本 普段の自分をさらしてしまいましたが、和服姿で真面目に歌う私とのギャップに大変驚いたようです。 面白いおばちゃんが、少し浸透したかな? あくまでも、ステージで会えないファンのためだった。 坂本 生の歌を届けられないので何とか届けようと、YouTubeでのライブ配信を予定したのですが、それもコロナの影響で延期となり、仕方なく自宅から普段練習している姿を皆さんに見て頂こうと思いました。 あんなおバカなところをお見せするなんて…。 今回のようなことがなければなかったことですね。 ステイホームでは、歌のレッスンはもちろんだが、映画を見たり読書するなど充電に務めたという。 中でも、地方の仕事が多いことからできなかったガーデニングにも目覚めたという。 坂本 時間に追われる生活をずっと続けてきたわけですが、いま与えられた時間をどう過ごすかを考えさせられました。 殺風景だったベランダにお花やお野菜を植えて育てようと思い、この3カ月でぬくもりのあるベランダになりました。 仕事だけに生きてきた感がある人生でしたが、もともと田舎者なので、ゆったりとした時を過ごすことが性に合っていると再認識しました。 正直、ブランド物を買ったり着飾る事も、面倒になったので、これからはシンプルに細やかな幸せを感じながら生きていきたいです。 それでも、今一番したいことは? との問いに「何をおいても生のステージ、コンサート」と答えた。 人の価値観も変えたコロナ禍後の坂本のステージが期待される。 坂本が歌うあでやかな男唄をギターバージョンでブラッシュアップ。 オリジナルのほか、ギターバージョン、男性キーバージョンを収録している。 坂本は「さらなるヒットを目指し、何かもうひと押しとスタッフと考えて、さらに哀愁のあるギターバージョンと男性にも歌って頂けるように、作曲の徳久広司先生に歌唱をお願いしました」。

次の