たまプラ ラテグラフィック。 素敵なカフェのトートバッグ&コーヒー豆をプレゼント! ソラトニワ

「白猫プロジェクト」「黒猫のウィズ」「ほしの島のにゃんこ」のコラボカフェが1月30日にオープン。小島瑠璃子さんも駆けつけたオープン記念イベントをレポート

たまプラ ラテグラフィック

あけましておめでとうございます. どんな初夢を見られましたか? 初夢、見ましたか? 夢はまだ表層意識に出てきていない無意識が現れ出るもの。 私はよく、タイの原始仏教僧で長年夢も研究されてきたプラユキナラテボーさんと夢分析をしてそこから学んでいます。 私はいつもはっきりとした映像ビジュアルで夢を見るのですが、自分なりに解析してみました。 白黒で分断しない世界へ。 どんな事象にもカラフルな美しさを見いだせる視点を広げ、それを描ききる力も持てる一年になりそうです。 人と人との出会いによって、お互いを磨き合っていく一年になりそうです。 柔らかさを大切にしていた自分だったけど、本当はアツい部分がある。 これからは、隠さずにどんどん本気でやりたいことに打ち込んでいく。 そんな一年になりそうです。 今年の目標はこちら。 人の心の奥底を言語化し、大切なところへ立ち戻れるお手伝いをする。 しみいる優しさと、日常を幸せに生きるための仏教的なアプローチが満載。

次の

「白猫プロジェクト」「黒猫のウィズ」「ほしの島のにゃんこ」のコラボカフェが1月30日にオープン。小島瑠璃子さんも駆けつけたオープン記念イベントをレポート

たまプラ ラテグラフィック

視野を広げ、高い技術力を習得できる環境です。 既存店でも、未経験からスタートしたスタッフ多数。 協力的で面倒見の良いメンバーばかりだから、安心して成長していけますよ! スタッフもみんな仲良しで、楽しく働ける環境です。 ゆったりと読書もできるソファ席から、大人数でわいわい食事を楽しめるテーブル席まで、シーンに合わせた表情豊かな座席をご用意しています。 天井も高く通路にも充分なゆとりを設けました。 心地良い音楽が流れる店内で、快適に働けます。 「将来的に自分のカフェを開きたい!」と独立を目指している方にも絶好の環境です。 「もっと作業効率を上げるには?」「もっとお客様に喜んでもらうには?」 積極的に意見を発信して、作業効率やサービスを向上させていきましょう。 店舗の中心軸として働ける、やりがい充分のお仕事です。 お客様が幸せな気持ちになれるひとときをお届けしたい! そんな情熱あふれるあなたをお待ちしています。 オーストラリアのカフェ文化を通して人々の心を豊かに彩る、それが私たち『LATTE GRAPHIC』です。 日本では数少ないメルボルンスタイルは大人気となり、2020年4月には『たまプラーザ店』のOPENいたしました! *進化を続けるオーストラリアン・キュイジーヌ* 多国籍なメルボルンの文化が生み出す料理は、固定概念にとらわれない自由で斬新なものばかり。 世界中の美味しい食材やスパイス、調理法を組み合わせ、毎回お客様へサプライズと感動をお届けしています。 豊かな調理技術や盛り付けセンスを身に着け、スキルアップが叶う環境です。 *本場のラテアートCoffeeも学べる* シロップなど余計なものを入れないメルボルンコーヒー。 当店でも<厳選した豆で淹れるエスプレッソ><甘いミルク><バリスタの技術>だけでコーヒー本来のおいしさをお届けしています。 コーヒーの仕上げであるラテアートもイチから学べる環境。 スチームミルクでハートやリーフなど色々なアートを施して、お客様を笑顔にできる1杯を作ってください。 <成長率抜群!充実の研修プログラム> サービスの流れから、ラテアートの技術、おいしいコーヒーの淹れ方まで、アルバイト・社員関係なく一つひとつ教えます。 さらにワインやコーヒーの基本知識を学べる講習会や参加自由の講習会も多数あります。 飲食企業イベントへの参加もでき、日々知識や技術のスキルアップが叶います。 飲食店で働くのが初めての方も、安心してチャレンジしてください。 着実に成長するための研修制度や、産休・育休など福利厚生も充実! 結婚・育児など人生の節目を迎えても、安心して長く働ける環境です。 カフェが好き!人が好き!その気持ちを大切に、自分らしく働ける環境です。

次の

初夢の夢分析から見る、今年の目標☆ : ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

たまプラ ラテグラフィック

コロプラは2015年1月30日から4月30日までの期間中,東京都内のスイーツパラダイス 吉祥寺店にて, 「ねこまつりカフェ」をオープンする。 そのオープン前日となる1月29日,同カフェにてタレントの 小島瑠璃子さんをゲストに招いた記念イベントが行われた。 本稿では,その模様をレポートしよう。 主催者を代表して登壇した,コロプラ取締役Kuma the Bear開発本部長の 森先一哲氏は,今回のねこまつりカフェの企画について,以前よりゲームの世界をリアル世界で体験できるようなモノを模索していたとし,今回のイベントが実現できたことの喜びを語った。 カフェのメニューは,社内の女性クリエイターが中心になってアイディアを出したという。 また店内には,このためだけに録り下ろした「白猫プロジェクト」「黒猫のウィズ」「ほしの島のにゃんこ」のラジオ番組が流れており,番組内では, 登場キャラクターの意外な一面が披露されるとのことだ。 このほか,店内でのイベントも実施する予定とのことで,森先氏はコロプラのスタッフとプレイヤー,あるいは異なるタイトルのプレイヤー同士が交流する場となってほしいと述べていた。 コロプラ取締役Kuma the Bear開発本部長の森先一哲氏。 オススメのメニューは「カムイ丼」だそうだ 続いて,各タイトルのプロデューサーが,ねこまつりカフェの見どころなどを紹介。 「黒猫のウィズ」のプロデューサーである 浅井氏は,スタッフ一同で手がけたカフェの内装に注目してほしいとし,オススメのメニューは同タイトルのキャラクターがランダムで描かれるという「ウィズラテ」を挙げた。 「黒猫のウィズ」プロデューサー 浅井氏 「白猫プロジェクト」プロジェクトマネージャーの 角田氏は,入り口付近のショーケースに声優陣の色紙が飾られていることを紹介した。 また,オススメのメニューはゲーム中に登場する熊のキャラクター「カムイ」が描かれた「カムイ丼」で,インパクトが大きいので足を運んだ際にはぜひ注文してほしいと話していた。 「白猫プロジェクト」プロジェクトマネージャー 角田氏 「ほしの島のにゃんこ」プロジェクトマネージャーの 小林氏は, 店内に飾られたにゃんこの等身大フィギュアを紹介し,ぜひ一緒に写真を撮ってほしいと話す。 また,オススメのメニューは,にゃんこの顔を型どったライスと星形の野菜が特徴の「にゃんこカレー」を挙げた。 見た目が可愛いだけでなく,辛さが控えめになっており,辛いものが苦手な人やお子さんでもおいしく食べられるとのこと。 「ほしの島のにゃんこ」プロジェクトマネージャー 小林氏 小島瑠璃子さん イベントの後半には,カフェの記念すべき最初の来客として,タレントの小島瑠璃子さんが登壇。 小島さんは「黒猫のウィズ」をプレイしているそうだが,最初に美麗なオープニング映像に引き込まれ,ゲームを始めてからは可愛いキャラクターとクイズにハマってしまったという。 またカフェのメニューについては,「ほしの島のにゃんこ」はほのぼのな雰囲気で,「黒猫のウィズ」はスタイリッシュであると感想を述べ,各タイトルの特徴をよく捉えた仕上がりに感心している様子だった。 カフェメニューには,コースター(1ドリンクに付き1枚)や,ステッカー(1オーダーで1枚),ランチョンマットなどがついてくるほか,店内で販売されるグッズも用意される 小島さんが,オススメのメニューを試食する一幕もあった。 「にゃんこカレー」は,甘口でありつつもコクがあっておいしいとのこと。 また「ウィズラテ」は,ビターなコーヒーで黒猫のイメージだという。 ヘッドマウントディスプレイを装着した小島さんは,後ろを振り返って360度自身を取り巻く世界を確認し,「本当にゲームの中に自分が入っている感覚」とかなり興奮気味。 また操作がシンプルなことを指摘し,「手許を見なくとも操作できるので,ヘッドマウントディスプレイとの相性がすごくいいです」と話していた。 小島さんは,見事にボスを撃破 なお,「白猫VRプロジェクト」は,ねこまつりカフェに体験コーナーが設けられる。 ただし体験可能な日時は限定されているので,希望者はあらかじめコロプラ公式サイトなどで確認してから来店したほうがいいだろう。 イベントの最後には囲み取材が行われ,小島さんが「ねこまつりカフェは本当に,ゲームを遊んだ人の夢が詰まった世界になっています。 ゲームの世界に入れますし,キャラクターのご飯や飲み物,デザートがすごく可愛く表現されていますので,ぜひチェックしてみてください。 コロプラの3大人気ゲームの世界観にドップリ浸れると思います」と話し,今回のオープン記念イベントは幕を閉じた。 メニュー 一覧.

次の