華山転生 小説を読もう。 【ネット小説】小説家になろうおすすめランキング15【面白い作品を厳選※2017年6月29日更新】

www.mangogames.com [本・コミック通販新着情報 2015年 06月 21日〜30日] 本・コミック通販

華山転生 小説を読もう

次の日の朝いや、結局昼になったのだが… まさか複数のモフモフちゃん達からお願いされたらね、我慢できんぜ? ゴールデンレトリバーみたいな「イル」。 ダルメシアンみたいな「ニナ」。 あのブチくんの妹らしい…。 そして、最後は「サミ」。 まあ「サミ」は、あのボーダーコリーなお姉さんの娘さんだ。 名前が「ササミ」なのが聞いたときに苦笑いしてしまった。 それで娘がサミとか…。 ブチくんのほうも「ブッチー」だったのでそれには笑った。 仕方ないじゃないか…ブチくんなブッチーくんだぜ? モフり過ぎないように常にニニアンに見張られていたが、結局羨ましがったニニアンを我慢できずにモフモフしてしまった。 さすがに子ども達の前では理性を保てた。 危なかったけどな! 「なあ、ニニたん。 その、砦町とやらまっではどれくらいかかる?」 「しっ!」 「え…おれの嫁が冷たい。 」 「ぐ…。 違うわよ、ジュンたん。 父ちゃんが言っていた多分、盗賊かな? まあ、かなり汚くて臭い臭いがする。 気をつけてね?」 そうかそうか、フラグが… 「なあ、盗賊は…どうすりゃいいんだ? 捕まえるのか?それとも…」 「そうね、自分達の安全が第一。 だから、場合によっては…まあ、さよならよね。 」 言葉を濁したが、まあ命の奪い合いか。 盗賊ってくらいだから真っ黒なんだろうが… やむなく、しかたなくってヤツだっているだろうしな。 その時と場合によるか… 「くう~はながやられるわ!これわざとじゃないかしら?」 すると、がさがさと音が… 「く、やっぱり。 獣人と分かっていてわざと臭いを…。 」 おお、野蛮人という言葉が良く似合う男が。 「ふははっ!なんだ、毛深くてきたねぇ獣野郎じゃねえか? その隣りは棒切れみてーなっへごっ!」 「おいおい、ニニたんを愚弄するなよ?」 現れた男におれの回し蹴りが横っ腹クリーンヒット! こりゃ骨も何本かいったか… 「は、早いわね…あたしでも目で追いつけなかったわ今の動き。 まあ、だから湖で襲われちゃったのか… あの時もあたしがいる場所はジュンたんが水面から現れた場所までそれなりに距離あったもんね。 」 「おいおい、てれるじゃねーか。 盗賊家業なんだから…仕方ないわよね。 」 仕方ないよな。 でも、増えてるってくらいだから一匹減っても…まだまだ出てくるだろう? 「きゃー!」 おいおい、女性の悲鳴かよ。 「行きましょう?念のため確認よ!」 「おうっ。 罠じゃなければいいが…。 」 罠じゃなかった。 少女のそばには動かぬ死体。 その少女も服が破られまさに… 「ふへへ上だまっ!うっ!」 金的!やるなお嬢さん! 「クソガキが~がっ!」 ニニアンの鋭い一撃が決まる。 どさりと倒れ、赤い水溜りに沈む。 少女は動かなくなった男から離れ… 「あ、あ、ありがとう。 」 これがおれと後のパーティメンバーを組む魔法使い「ミネル」とのであいだった。 ニニアンからうけとった布を纏い、乱れた茶髪を気にするミネル。 まあ、ことに至ってなかったからよかった。 パーティメンバーと共に盗賊を追っていたが罠にかかりこの有様だそうで… ミネル以外はダメそうだとさ… 実際服をひん剥かれた女性の亡骸も近場にあった。 ああ、ひどい有様だった。 不愉快だ。 ああ、遺憾だよ。 すると… 「ああん?どうなってやがる?おい、小娘。 おまえは… なんだ?ははっ運がいいのか悪いのか! 棒切れ男と獣人の女か? おいてめーら。 獣人だぜ?」 えらそうなヤツが後ろを振り返りながら言うとゲラゲラと複数の笑い声が… 確かにお前らからしたら棒切れみたいかもな… 元の世界じゃそれなりなんだが…背丈もあってか細くみられるんだよな。 背が高いのも難儀だな。 えらそうなその男は… 「まあ、まわしてから動物達のえさにするか? それとも、貴族のおもちゃとしてうりつけるかひょっ!」 どちゃっ! 頭をなくしたえらそうな男は体を震わせ、頭があった場所から血を噴出しながら倒れた。 パンチくらいよけろよな…まさか簡単に頭が取れるとは… 「あ~だめだめ、おれさすがに機嫌が悪いわ、嫁さんの前でそんなこといわれちゃあなあ~。 」 「ひ、ひ~お、おかしらぁ~ふぎょ!」 弱い!脆い!雑魚い! ははっ頭なくしたヤツがお頭ときたかっはははははっ! わらえるねぇ~ 「はははははっ!てめーらはクズだ。 しょうがねえさ。 」 そして、一方的な狩人の盗賊狩りが始まった。 「で、おれは何人やっちゃったのかね?」 「あたしはミネルを襲おうとしていたやつだけ…。 」 「わ、わたしは…なにもしてません。 さすがに、足に力が…。 」 それは仕方ないな。 おれは血に染まる森の中心にいた。 「まあ、ジュンたんの大手柄?でも、形が残ってないヤツもいるから…人数が分からないわ。 」 「あ~そりゃあ嫁さんがあんな言われかたしたら怒るよ~ さて、砦町まで行こうか? 日がかなり傾いちまってるが…」 「そうね、流石にこの場所に居たら血のにおいに誘われて夜行性の動物達がきちゃうわ。 」 「ジュンターさんはニニアンさんの旦那様なのですか?」 「そうだけど?」「そうよ?」 なんだろう、凄い羨ましそうな顔をされた。 この顔の意味を知るのは砦町についてから宿屋でミネルに夜這いをかけられるまで気付けなかった。 ああ、嫁さん一筋だと考えていたおれにはあれは刺激的だった。 さんぴ…っと止しておこう。 おれは、二人を抱えて砦町まで走った。 そのほうがかなり早かったからである。 まあ、ミネルが足が震えるとのことでおぶったのだが、それならニニアンも一緒にと。 ついたころにはすっかり夜だったが、門番に盗賊のことを話すと驚かれた。 まさかそれなりの強者だったとは…雑魚だろう? そして、クズだった。 ミネルの衣装を見繕ってもらう。 まあ、女性用の服の予備が詰め所にあってよかった。 男物は流石にだぼだぼだったからな… 休みたいというと、酒場兼宿屋をおしえてもらった… ハンターギルドはもうあいてないとのことで、明日伺うことになったのだ。 酒場では、ニニアンやミネルがいやらしい目で見られた。 さらに酔っ払いのクズがセクハラをしてきたので、無力化した。 だが… 「キミが、酒場で暴れている酔っ払いかね?覚悟!」 急に現れた老人によりなぜかおれも無力化させられた。 酒は一滴も飲んでません。 サラダをつまんでるさいちゅうに他のやつからちょっかい出されただけです。 だが、言うよりも早く技をかけられた。 まさか、柔道まがいな技を使われるとは思わなかったな… それが、『拳翁』ヴォルキン師匠との出会いでもあったが。 そして、ただの酒場のマスターかと思っていたおっちゃんが後々はギルドマスターになるような男とは… 世の中何が起こるかわからんね~ さて、おれは次の日からハンターとして活躍し始める。 盗賊の件もあってか、すぐに有名人となった。 今回は、ここまでかね?この後の話は次の機会に… ああ、懐かしいな。 もう終わったかと思っていた人生いや、確かに終わってはいる。 だが、オーガとして今は竜一のダンジョンにいる。 イル、ニナ、サミの成長した姿も見れた…。 ニニアンにもう一度会えるんだな。 …そうか、逢えるんだな。 それより今は、よだれでギトギトだぜ!.

次の

エロ魔物娘図鑑・SS投稿所−小説検索

華山転生 小説を読もう

Contents• 「無職転生- 異世界行ったら本気だす — 」とは 「— 異世界行ったら本気だす — 」とは 小説投稿サイト「小説家になろう」で2012年9月から2015年4月まで連載。 2014年1月からMFブックスにより書籍化されている作品。 無職転生のあらすじ・備考 現代日本に暮らす20年近く引きこもる34歳無職の男は、両親の葬式に参列しなかったことが止めとなり、兄弟に見限られて家を追い出されてしまう。 家を出た後、トラックに轢かれそうになっていた高校生3人を助けようとして事故死した。 ところが目が覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。 そして剣や魔法を目の当たりにし、異世界に転生したことに気づく。 ルーデウス・グレイラットに転生した男は前世での後悔を振り返り、魔法を覚え、家族を大事にし、懸命に生きて、前世のトラウマを乗り越えて成長していく。 参照: 簡単に説明すると 「引きこもりクソニートが異世界に転生して、頑張って生きていく」 という「小説家になろう」で 総合ランキング1位を獲得した作品。 無職転生の世間の評価 小説家になろうで総合ランキング1位を獲得できるから、面白い作品だということはある程度理解しているけど Amazonでレビューを見てみると辛辣なコメントが多く実際どうなのよ?っと思われた方もいるはずです。 現に、私がそうでした。 まだを読み始める前、何か面白いラノベがないかと色んなラノベ探しているときに を読んでみようかと気になり、Amazonでレビュー見てみたら、賛否両論だったんですよ。 高評価のレビューの方が多いんですが、低評価のレビューもそれなりにあって。 無職転生は好みがはっきりと分かれる作品 面白いとはいえ、このは正直言って、読む人を選ぶ作品です。 私はを読んで、笑いあり感動ありで今まで読んできた小説の中でも トップクラスに面白いと思いましたが を毛嫌い毛嫌いする人もいるだろうな。 とも、ぶっちゃけ感じました。 を読んで面白いと思うのは 男性。 しかも15歳以上の人。 逆に、女性は何歳でも、受け付けられない人が多い印象の作品です。 主人公はゲスでクズだけど、人間味が無い無気力主人公なんかよりよっぽどカッコいい(ここから若干のネタバレを含みます) まず、の主人公はゲスでクズです。 それも高レベルで。 1巻からゲスさクズさを包み隠さず、周囲に散らしています。 この時点で生理的に受け付けない人も多くいるでしょうが、私は微笑ましく読めました。 ゲスさクズさはネタとして笑えるレベル(女性には受け入れなれないかもしれないが)で この小説の1番の魅力は 主人公が前世の生活を後悔しており、転生した新しい人生を後悔したくないと、一切の妥協をせず努力し続けるところにあります。 無職転生は家族や仲間の絆も描いている の主人公はとても家族を大切にし ゲスでクズな面は変わりませんが、主人公の行動は全て 「家族や仲間のため」。 家族を守る為、神と戦い、神に仕え、家族ためなら国すらも敵に回しても構わない姿勢を貫きます。 マジカッコいいです。 一夫多妻制が認められている世界なので、多少のハーレム設定はありますが そこに至るまでのお互いの感情や葛藤、後悔、悩み、苦悩がそんじょそこらのハーレムとは違います。 魔法とスマホで無慈悲な「俺TUEEE」をして、出会う女性たちが次々と勝手に惚れていく優男主人公とは全く違うハーレムです。 「まるで将棋みたいだな」なんて訳の分からないセリフも言いません。 爆笑ではなく、クスっと笑えるパロディギャグ の作中には、色んなマンガやアニメのセリフがパロディギャグとして散りばめられています。 サ〇エさんや、ド〇えもんなどの性別年齢を問わない国民的アニメから f〇teなどの人気アニメならまだしも、北〇の拳みたいな性別も世代も問うようなアニメのパロディギャグもぶっこんできます。 パロディギャグの元ネタが全てわかる人にとってはめちゃくちゃ面白い作品でしょうが あまり知らない人が読むと「すべっている」「さむい」などの印象を持つでしょう。 そこが好みが分かれる原因でもあります。 アニメ化が決定したけど期待と不安が半々 アニメ化が決定してのは嬉しんですが、無職転生のエロネタや面白さをどこまでアニメに入れれるか。 無職転生の面白さって、エロネタやパロディギャグありきなので、その部分を入れれないのであれば アニメ化しても面白く感じられないと思うんですよ。 トレーラー映像を見る限りでは、めちゃくちゃイイ作画なので期待しちゃうんですが 映像を見る限り「いきなり魔大陸から始まるのかな!?」とか「シルフィとの出会いから別れまでも省略されちゃうのかな!?」とか 期待と不安が半々、むしろ不安の方が大きいです。

次の

2019年最新版!読んで面白かったおすすめの人気異世界転生・異世界召喚系漫画ランキング!アニメ化するほど人気な作品多数!【なろう小説コミカライズ/web漫画】

華山転生 小説を読もう

次の日の朝いや、結局昼になったのだが… まさか複数のモフモフちゃん達からお願いされたらね、我慢できんぜ? ゴールデンレトリバーみたいな「イル」。 ダルメシアンみたいな「ニナ」。 あのブチくんの妹らしい…。 そして、最後は「サミ」。 まあ「サミ」は、あのボーダーコリーなお姉さんの娘さんだ。 名前が「ササミ」なのが聞いたときに苦笑いしてしまった。 それで娘がサミとか…。 ブチくんのほうも「ブッチー」だったのでそれには笑った。 仕方ないじゃないか…ブチくんなブッチーくんだぜ? モフり過ぎないように常にニニアンに見張られていたが、結局羨ましがったニニアンを我慢できずにモフモフしてしまった。 さすがに子ども達の前では理性を保てた。 危なかったけどな! 「なあ、ニニたん。 その、砦町とやらまっではどれくらいかかる?」 「しっ!」 「え…おれの嫁が冷たい。 」 「ぐ…。 違うわよ、ジュンたん。 父ちゃんが言っていた多分、盗賊かな? まあ、かなり汚くて臭い臭いがする。 気をつけてね?」 そうかそうか、フラグが… 「なあ、盗賊は…どうすりゃいいんだ? 捕まえるのか?それとも…」 「そうね、自分達の安全が第一。 だから、場合によっては…まあ、さよならよね。 」 言葉を濁したが、まあ命の奪い合いか。 盗賊ってくらいだから真っ黒なんだろうが… やむなく、しかたなくってヤツだっているだろうしな。 その時と場合によるか… 「くう~はながやられるわ!これわざとじゃないかしら?」 すると、がさがさと音が… 「く、やっぱり。 獣人と分かっていてわざと臭いを…。 」 おお、野蛮人という言葉が良く似合う男が。 「ふははっ!なんだ、毛深くてきたねぇ獣野郎じゃねえか? その隣りは棒切れみてーなっへごっ!」 「おいおい、ニニたんを愚弄するなよ?」 現れた男におれの回し蹴りが横っ腹クリーンヒット! こりゃ骨も何本かいったか… 「は、早いわね…あたしでも目で追いつけなかったわ今の動き。 まあ、だから湖で襲われちゃったのか… あの時もあたしがいる場所はジュンたんが水面から現れた場所までそれなりに距離あったもんね。 」 「おいおい、てれるじゃねーか。 盗賊家業なんだから…仕方ないわよね。 」 仕方ないよな。 でも、増えてるってくらいだから一匹減っても…まだまだ出てくるだろう? 「きゃー!」 おいおい、女性の悲鳴かよ。 「行きましょう?念のため確認よ!」 「おうっ。 罠じゃなければいいが…。 」 罠じゃなかった。 少女のそばには動かぬ死体。 その少女も服が破られまさに… 「ふへへ上だまっ!うっ!」 金的!やるなお嬢さん! 「クソガキが~がっ!」 ニニアンの鋭い一撃が決まる。 どさりと倒れ、赤い水溜りに沈む。 少女は動かなくなった男から離れ… 「あ、あ、ありがとう。 」 これがおれと後のパーティメンバーを組む魔法使い「ミネル」とのであいだった。 ニニアンからうけとった布を纏い、乱れた茶髪を気にするミネル。 まあ、ことに至ってなかったからよかった。 パーティメンバーと共に盗賊を追っていたが罠にかかりこの有様だそうで… ミネル以外はダメそうだとさ… 実際服をひん剥かれた女性の亡骸も近場にあった。 ああ、ひどい有様だった。 不愉快だ。 ああ、遺憾だよ。 すると… 「ああん?どうなってやがる?おい、小娘。 おまえは… なんだ?ははっ運がいいのか悪いのか! 棒切れ男と獣人の女か? おいてめーら。 獣人だぜ?」 えらそうなヤツが後ろを振り返りながら言うとゲラゲラと複数の笑い声が… 確かにお前らからしたら棒切れみたいかもな… 元の世界じゃそれなりなんだが…背丈もあってか細くみられるんだよな。 背が高いのも難儀だな。 えらそうなその男は… 「まあ、まわしてから動物達のえさにするか? それとも、貴族のおもちゃとしてうりつけるかひょっ!」 どちゃっ! 頭をなくしたえらそうな男は体を震わせ、頭があった場所から血を噴出しながら倒れた。 パンチくらいよけろよな…まさか簡単に頭が取れるとは… 「あ~だめだめ、おれさすがに機嫌が悪いわ、嫁さんの前でそんなこといわれちゃあなあ~。 」 「ひ、ひ~お、おかしらぁ~ふぎょ!」 弱い!脆い!雑魚い! ははっ頭なくしたヤツがお頭ときたかっはははははっ! わらえるねぇ~ 「はははははっ!てめーらはクズだ。 しょうがねえさ。 」 そして、一方的な狩人の盗賊狩りが始まった。 「で、おれは何人やっちゃったのかね?」 「あたしはミネルを襲おうとしていたやつだけ…。 」 「わ、わたしは…なにもしてません。 さすがに、足に力が…。 」 それは仕方ないな。 おれは血に染まる森の中心にいた。 「まあ、ジュンたんの大手柄?でも、形が残ってないヤツもいるから…人数が分からないわ。 」 「あ~そりゃあ嫁さんがあんな言われかたしたら怒るよ~ さて、砦町まで行こうか? 日がかなり傾いちまってるが…」 「そうね、流石にこの場所に居たら血のにおいに誘われて夜行性の動物達がきちゃうわ。 」 「ジュンターさんはニニアンさんの旦那様なのですか?」 「そうだけど?」「そうよ?」 なんだろう、凄い羨ましそうな顔をされた。 この顔の意味を知るのは砦町についてから宿屋でミネルに夜這いをかけられるまで気付けなかった。 ああ、嫁さん一筋だと考えていたおれにはあれは刺激的だった。 さんぴ…っと止しておこう。 おれは、二人を抱えて砦町まで走った。 そのほうがかなり早かったからである。 まあ、ミネルが足が震えるとのことでおぶったのだが、それならニニアンも一緒にと。 ついたころにはすっかり夜だったが、門番に盗賊のことを話すと驚かれた。 まさかそれなりの強者だったとは…雑魚だろう? そして、クズだった。 ミネルの衣装を見繕ってもらう。 まあ、女性用の服の予備が詰め所にあってよかった。 男物は流石にだぼだぼだったからな… 休みたいというと、酒場兼宿屋をおしえてもらった… ハンターギルドはもうあいてないとのことで、明日伺うことになったのだ。 酒場では、ニニアンやミネルがいやらしい目で見られた。 さらに酔っ払いのクズがセクハラをしてきたので、無力化した。 だが… 「キミが、酒場で暴れている酔っ払いかね?覚悟!」 急に現れた老人によりなぜかおれも無力化させられた。 酒は一滴も飲んでません。 サラダをつまんでるさいちゅうに他のやつからちょっかい出されただけです。 だが、言うよりも早く技をかけられた。 まさか、柔道まがいな技を使われるとは思わなかったな… それが、『拳翁』ヴォルキン師匠との出会いでもあったが。 そして、ただの酒場のマスターかと思っていたおっちゃんが後々はギルドマスターになるような男とは… 世の中何が起こるかわからんね~ さて、おれは次の日からハンターとして活躍し始める。 盗賊の件もあってか、すぐに有名人となった。 今回は、ここまでかね?この後の話は次の機会に… ああ、懐かしいな。 もう終わったかと思っていた人生いや、確かに終わってはいる。 だが、オーガとして今は竜一のダンジョンにいる。 イル、ニナ、サミの成長した姿も見れた…。 ニニアンにもう一度会えるんだな。 …そうか、逢えるんだな。 それより今は、よだれでギトギトだぜ!.

次の