青 藍 泰斗。 学校見学会申込み

青 藍 泰斗 高校 学費

青 藍 泰斗

概要 [ ] が運営する。 である善増寺の敷地内に所在する。 に「葛生(くずう)高等学校」から現校名に改称。 校名 [ ] 校名の「青藍」は『・観学篇』出典の「青は藍より出でて藍より青し」(弟子や教え子がその先生よりも優れた人になることの例え)」からとられている。 「泰斗」は『』出典の「泰山北斗」の略。 「」は中国・にある聖なる山、「北斗」はで共に人々から仰ぎ見られる存在であることから、学問・芸術の分野で権威を持ち尊敬される人を意味する。 親や教師を超え、その道でなくてはならない存在、社会に役立つ存在になってほしいという意味が込められている。 校歌 [ ] 校歌は校名変更に伴い新しく制作し直すこととなり、地元に縁のあるに作詞とプロデュースを依頼。 作曲をに依頼し完成した。 沿革 [ ]• (41年) - 永井泰量によって葛生学館が開校する。 (14年) - 葛生実業学校としてを組織する。 (15年) - 葛生農商学校と改称する。 (15年) - 葛生商業学校と改称する。 (19年) - 葛生工業学校と改称する。 (21年) - 葛生商業学校に復帰する。 (23年) - の制定に伴い「葛生高等学校」と改称する。 (17年) - 現校名「青藍泰斗高等学校」に改称する。 (20年) - 創立100周年を迎えた。 部活動 [ ]• 硬式野球部• 葛生高校時代の1990年に(夏の甲子園)に出場。 初戦の()戦で4-1とリードして迎えた9回裏、2死走者なしの場面から4点を取られ逆転サヨナラ負けした。 2013年夏は栃木県大会決勝に進出しと対戦。 2-1で迎えた9回表2死走者なし、23年ぶりの甲子園まであとアウト1つの場面から逆転され2-3で敗れた。 卓球部• 平成26年度全国県予選大会男子団体・個人・ダブルス優勝。 インターハイ出場。 平成27年度全国県予選大会女子団体・個人・ダブルス優勝。 インターハイ出場。 平成28年度全国県予選大会団体男女アベック優勝(栃木県で34年ぶり)。 インターハイ出場。 国民体育大会出場。 ウエイトリフティング部• 平成28年度インターハイ出場(42度目)。 関東大会出場(43度目)。 陸上競技部• 平成28年度インターハイ出場(5度目)。 国民体育大会出場。 関東大会出場(8年連続)。 吹奏楽部• 平成28年度全国高等学校総合文化祭吹奏楽部門出場。 東関東マーチング大会出場(13年連続)。 定期演奏会、地域行事多数出演。 その他、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部、書道部、チアダンス・応援サークル、インターアクトクラブ他。 著名な出身者 [ ]• (元・)• (元プロ野球選手・阪神タイガース)• (元プロ野球選手・)• (プロ野球選手・)• (プロ野球選手・)• 3代目(落語家) 脚注 [ ].

次の

青藍泰斗(葛生)高校出身のプロ野球選手一覧表

青 藍 泰斗

概要 [ ] が運営する。 である善増寺の敷地内に所在する。 に「葛生(くずう)高等学校」から現校名に改称。 校名 [ ] 校名の「青藍」は『・観学篇』出典の「青は藍より出でて藍より青し」(弟子や教え子がその先生よりも優れた人になることの例え)」からとられている。 「泰斗」は『』出典の「泰山北斗」の略。 「」は中国・にある聖なる山、「北斗」はで共に人々から仰ぎ見られる存在であることから、学問・芸術の分野で権威を持ち尊敬される人を意味する。 親や教師を超え、その道でなくてはならない存在、社会に役立つ存在になってほしいという意味が込められている。 校歌 [ ] 校歌は校名変更に伴い新しく制作し直すこととなり、地元に縁のあるに作詞とプロデュースを依頼。 作曲をに依頼し完成した。 沿革 [ ]• (41年) - 永井泰量によって葛生学館が開校する。 (14年) - 葛生実業学校としてを組織する。 (15年) - 葛生農商学校と改称する。 (15年) - 葛生商業学校と改称する。 (19年) - 葛生工業学校と改称する。 (21年) - 葛生商業学校に復帰する。 (23年) - の制定に伴い「葛生高等学校」と改称する。 (17年) - 現校名「青藍泰斗高等学校」に改称する。 (20年) - 創立100周年を迎えた。 部活動 [ ]• 硬式野球部• 葛生高校時代の1990年に(夏の甲子園)に出場。 初戦の()戦で4-1とリードして迎えた9回裏、2死走者なしの場面から4点を取られ逆転サヨナラ負けした。 2013年夏は栃木県大会決勝に進出しと対戦。 2-1で迎えた9回表2死走者なし、23年ぶりの甲子園まであとアウト1つの場面から逆転され2-3で敗れた。 卓球部• 平成26年度全国県予選大会男子団体・個人・ダブルス優勝。 インターハイ出場。 平成27年度全国県予選大会女子団体・個人・ダブルス優勝。 インターハイ出場。 平成28年度全国県予選大会団体男女アベック優勝(栃木県で34年ぶり)。 インターハイ出場。 国民体育大会出場。 ウエイトリフティング部• 平成28年度インターハイ出場(42度目)。 関東大会出場(43度目)。 陸上競技部• 平成28年度インターハイ出場(5度目)。 国民体育大会出場。 関東大会出場(8年連続)。 吹奏楽部• 平成28年度全国高等学校総合文化祭吹奏楽部門出場。 東関東マーチング大会出場(13年連続)。 定期演奏会、地域行事多数出演。 その他、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部、書道部、チアダンス・応援サークル、インターアクトクラブ他。 著名な出身者 [ ]• (元・)• (元プロ野球選手・阪神タイガース)• (元プロ野球選手・)• (プロ野球選手・)• (プロ野球選手・)• 3代目(落語家) 脚注 [ ].

次の

青藍泰斗高等学校

青 藍 泰斗

右投左打。 高校はセレクションを経て青藍泰斗高校に入学。 2年春、打撃投手を3日続けて自ら買って出るなどアピールした結果、投手に再転向。 3年夏の栃木県大会・準々決勝の石橋戦では、最速となる151kmを記録、チームはベスト4で敗退したため甲子園出場はならず。 2017年のドラフト会議で中日ドラゴンズに2巡目で指名され、契約金6000万円、年俸700万円で入団合意。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2018 中日 1 0 0 0 1 1. 0 0 0. 右投右打。 葛生高の2年生本格的に投手へ転向。 高校卒業後は上武大学ビジネス情報学部へ進学。 4年時の2007年に全日本大学野球選手権8強入り、その後の秋季リーグでは最優秀防御率を獲得。 明治神宮野球大会で12奪三振の好投で4強入り。 同年秋の大学生・社会人ドラフトで阪神から3巡目指名を受け入団。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2008 阪神 7 2 0 0 0 25. 0 16 2. 16 2009 3 0 1 0 0 10. 0 11 7. 20 2010 4 0 0 0 0 4. 2 3 5. 79 2011 — — — — — — — — 2012 — — — — — — — — 通算5年 14 2 1 0 0 39. 2 30 3. 86 中里鉄也 内野手 葛生高-阪神 1993年 ドラフト4位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1994 阪神 — — — — — — — — 1995 — — — — — — — — 1996 — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 — — — — — — — — 通算6年 一軍公式戦出場なし [tochigi].

次の