デュエプレ カード リスト。 全カード一覧

【デュエプレ】第3弾のカードリストが公式よりついに発表!最新弾のおすすめカードを初心者向けに紹介

デュエプレ カード リスト

2月4日更新:ボルメテウス・カップはプラチナ4だったが、10連勝の末、アルカディアス・カップでマスターランクに到達したので更新。 デュエル・マスターズ プレイスが楽しい 僕はかつて、デュエル・マスターズを小4(サバイバー初登場の5弾ぐらい)から中3(31弾ぐらい)まで5年ほど、《ボルバルザーク》が流行って最悪な環境になってもずっとプレイしていた。 大した戦績を残したことはないが、「日記が面白い」というそれだけの理由で、当時のインターネットデュエマ界隈ではまあぼちぼち知られていた存在だったのではないか……と信じている。 今まで一度も通じたことがない自慢だが、Yoshiki the Deadmanさんの「無秩序デュエル・マスターズ」と相互リンクだった。 これからも一生自慢し続けていきたいと思う。 僕にとって、デュエマは青春だったのだ。 そんなデュエル・マスターズが、ようやくスマホゲームアプリ でオンライン対戦が可能になった。 今みたいにバカっぽくない、かつての渋カッコいいデザインが中心の懐かしいカードでデッキが組めるにもかかわらず、《アストラル・リーフ》や《アクアン》のいないかつてと異なる環境で対戦できる点が魅力(あとフレーバーテキストやボイスが追加されているのは実は豪華だと思う)。 あの頃と同様、流行りのデッキで勝利するよりもオリジナリティを追求することに喜びを覚えるタイプなので、大した戦績は上げていないのだが、使用したデッキ 「デスモーリー・ループ」を紹介したい。 最終的にはマスター4000位前後だったのだが、プラチナ~マスターにかけて10連勝した程度の強さは保証する。 が、DM vaultのCGIで対人戦を回し、これは強いぞ! 面白いぞ! とわくわくしたその直後に、《龍神ヘヴィ》という上位互換みたいなカードが登場したせいで強化されすぎてオリジナリティが失われ、しかも《ダークヒドラ》がプレミアム殿堂になったので、使えなくなってしまったのである。 そんな思い出を持っていれば、デュエプレのカードリストを見たときに、《デスモーリー》をループさせてえ……! と思うのは必然。 《ゼリー・ワーム》のほうが強いわ。 ボルメテウスカップ、アルカディアスカップでは、同じコンセプトのデッキはほぼ見かけなかった。 バロムカップは、《悪魔神バロム》の名を冠するゆえかデーモンコマンドデッキがちょっと増えてきてしまったが、オリジナリティが一番の魅力。 そして、頭を使うテクニカルな戦術なので、使ってて楽しい。 ビートダウン相手に粘り勝ったときは脳汁が出る。 が、突破力に乏しいので除去ボルコンは苦手。 カード紹介 《狩猟魚》……《ブラッディ・イヤリング》のほうが《屑男》とシナジーがあるが、色事故を防いだり、《アクア・ハルカス》や《青銅の鎧》に無理やり殴られるのを防いだりするために、多めに投入。 《スパイラル・スライダー》……速攻に弱かったのでS・トリガーをちょっとでも多くしたかった。 また、軽量除去は《デスモーリー》との相性がよく、バウンスは《飛行男》などのハンデスと相性がいい。 ただし、環境に召喚時発動能力が多く、バウンスそれ自体は環境に刺さっていないので注意。 《飛行男》……《デスモーリー》、《ダイダロス》の種。 《ブラッディ・イヤリング》……《ミラージュ・マーメイド》を牽制できる良いサイズ。 《バロム》で死なない点も重要。 《ダーク・リバース》……《デスモーリー》を回すためのパーツ。 あんまり入れすぎると序盤に事故るので、このぐらいの枚数かなという気がする。 《エナジー・ライト》……《屑男》にドローソースを任せると序盤のハンデスに脆いし、中盤でも除去されやすい。 あとこれはただの愚痴だが、デュエプレのランダムハンデスって必ずドローソース抜いていかないか??? 2ターン目の《ゴースト・タッチ》で《エナジー・ライト》が落ちた瞬間にやる気なくすんだけど。 《ファントム・バイツ》……《デスモーリー》と相性のいい軽量除去。 しかし、除去コンにはほとんど打たないし、《ブルレイザー》や《ペコタン》を除去できなかったりして速攻にもそれほど刺さっていないので2枚。 《地獄の門版デスモーリー》……キーカード。 除去するクリーチャーを相手に選ばせるので、ずらずらとクリーチャーを並べるタイプのデッキには相性が悪いが、一点豪華主義のデッキには滅法強い。 《アルカディオス》で止まらない除去手段なのも嬉しい。 小型デーモン・コマンドである点も優秀。 《憤怒の猛将ダイダロス》……《デスモーリー》と相性のいいクリーチャーが、《ダイダロス》と相性がいいのは必然。 環境ではかなりのハードパンチャーで、《アルカディオス》以外にはまず殴り負けない。 特に《クリスタル・ランサー》を牽制できるのが嬉しい。 また、《デス・スモーク》を使ってもらって《屑男》を安全に着地させたりするための囮としても優秀。 ただし、《飛行男》を破壊しながらWブレイクすると相手は手札アドバンテージが+1なので、殴るタイミングは結構シビア。 《汽車男》……デッキの性質上、《デスモーリー》を手札に抱えていることがバレやすかったりする。 ということは、相手は手札を溜めてからクリーチャーを展開しようとすることが多いので、ハンデスが重要になる。 突破力に乏しいデッキなので、無理やり殴れるところも重要。 《悪魔神ロックデウス》……デュエプレのオリジナルカードは、せっかくなので生かしたいところ。 《アルカディアス》がパワー11500に弱体化しているゆえに召喚ターンなら殴り返せるなど、思ったよりはパワー不足に悩む場面は少ない。 《屑男》……《デスモーリー》に2枚ドロー効果がつく最強カード。 特に《飛行男》を生贄に捧げれば、手札アドが3枚稼げることになる。 《ミストリエス》と違って召喚ターンに手札をドローしやすい点が嬉しい。 デュエプレでは手札が5枚以下のときに強制ドローに変更されているので、終盤はライブラリーアウト負けを防ぐためにわざと《デスモーリー》や《ダイダロス》の種にした方がいい場面も多い。 《アクア・サーファー》……速攻デッキに弱いので3枚。 《デーモン・ハンド》……《デスモーリー》を回しても間に合わないとき用に、ピンポイントで除去できるカード。 《悪魔神バロム》……T・ブレイカーに強化されているのは意外と馬鹿にできず、召喚して適当に殴ってれば勝てることもある。 単なるドリームカードではない強さを手に入れている。 《デスモーリー》の性質上、ずらずら並べられたときは《バロム》に頼るしかなかったりする。 入れなかったカード 《暗闇に潜む者バット・ドクター》……《デスモーリー》を回すためのパーツ、のはずだった。 しかし、《デスモーリー》の生贄に捧げて《デスモーリー》を回収する……という美しい動きをするためには、先に墓地に《デスモーリー》がなければならない、というのが難しい。 しかも、カード効果が「探索」に変わっている(任意のカードを選択して回収する効果のほとんどが、ランダムに選ばれたカード3枚から選択する効果に変わっている)というデュエプレの仕様上、墓地にある《デスモーリー》を回収できなくて困る場面が意外とある。 3マナ2000黒だと《ゼリー・ワーム》のほうがシンプルに強かった。 《プライマル・スクリーム》……当初は入れていたが、徐々に抜けていって結局0枚。 序盤に打てる《ダーク・リバース》、だと思っていたのだが、別に序盤に打ちたい場面もほとんどなかった。 《ストーム・クロウラー》……マナからの回収手段があるとプレイングが楽になるのでお守りとして投入したいのだが、「探索」にカード効果が変わっているのでかなり弱体化している。 パワー5000のブロッカーはあまりメタられていないサイズなので、その点でも意外と重要なのだが。 《剣舞の修羅ヴァシュナ》……《ダイダロス》を入れたのは遊び心で、ふつうなら《ヴァシュナ》のほうが強いのでは……と思っていたが、《ダイダロス》のほうが環境にかなり刺さっていた。 《ロスト・ソウル》……青黒2色なので、最終盤にならないと8マナ貯まらない。 最終盤になると、ハンデスしてる暇なんてなかった。 《いけにえの鎖》……《屑男》出してるときに打って、アドバンテージを稼ぎまくりたい!!! と思ったが、一度も成功しなかった。 《ロスト・ソウル》同様、青黒緑で組んだ場合は視野に入りそう。

次の

トップページ

デュエプレ カード リスト

2月4日更新:ボルメテウス・カップはプラチナ4だったが、10連勝の末、アルカディアス・カップでマスターランクに到達したので更新。 デュエル・マスターズ プレイスが楽しい 僕はかつて、デュエル・マスターズを小4(サバイバー初登場の5弾ぐらい)から中3(31弾ぐらい)まで5年ほど、《ボルバルザーク》が流行って最悪な環境になってもずっとプレイしていた。 大した戦績を残したことはないが、「日記が面白い」というそれだけの理由で、当時のインターネットデュエマ界隈ではまあぼちぼち知られていた存在だったのではないか……と信じている。 今まで一度も通じたことがない自慢だが、Yoshiki the Deadmanさんの「無秩序デュエル・マスターズ」と相互リンクだった。 これからも一生自慢し続けていきたいと思う。 僕にとって、デュエマは青春だったのだ。 そんなデュエル・マスターズが、ようやくスマホゲームアプリ でオンライン対戦が可能になった。 今みたいにバカっぽくない、かつての渋カッコいいデザインが中心の懐かしいカードでデッキが組めるにもかかわらず、《アストラル・リーフ》や《アクアン》のいないかつてと異なる環境で対戦できる点が魅力(あとフレーバーテキストやボイスが追加されているのは実は豪華だと思う)。 あの頃と同様、流行りのデッキで勝利するよりもオリジナリティを追求することに喜びを覚えるタイプなので、大した戦績は上げていないのだが、使用したデッキ 「デスモーリー・ループ」を紹介したい。 最終的にはマスター4000位前後だったのだが、プラチナ~マスターにかけて10連勝した程度の強さは保証する。 が、DM vaultのCGIで対人戦を回し、これは強いぞ! 面白いぞ! とわくわくしたその直後に、《龍神ヘヴィ》という上位互換みたいなカードが登場したせいで強化されすぎてオリジナリティが失われ、しかも《ダークヒドラ》がプレミアム殿堂になったので、使えなくなってしまったのである。 そんな思い出を持っていれば、デュエプレのカードリストを見たときに、《デスモーリー》をループさせてえ……! と思うのは必然。 《ゼリー・ワーム》のほうが強いわ。 ボルメテウスカップ、アルカディアスカップでは、同じコンセプトのデッキはほぼ見かけなかった。 バロムカップは、《悪魔神バロム》の名を冠するゆえかデーモンコマンドデッキがちょっと増えてきてしまったが、オリジナリティが一番の魅力。 そして、頭を使うテクニカルな戦術なので、使ってて楽しい。 ビートダウン相手に粘り勝ったときは脳汁が出る。 が、突破力に乏しいので除去ボルコンは苦手。 カード紹介 《狩猟魚》……《ブラッディ・イヤリング》のほうが《屑男》とシナジーがあるが、色事故を防いだり、《アクア・ハルカス》や《青銅の鎧》に無理やり殴られるのを防いだりするために、多めに投入。 《スパイラル・スライダー》……速攻に弱かったのでS・トリガーをちょっとでも多くしたかった。 また、軽量除去は《デスモーリー》との相性がよく、バウンスは《飛行男》などのハンデスと相性がいい。 ただし、環境に召喚時発動能力が多く、バウンスそれ自体は環境に刺さっていないので注意。 《飛行男》……《デスモーリー》、《ダイダロス》の種。 《ブラッディ・イヤリング》……《ミラージュ・マーメイド》を牽制できる良いサイズ。 《バロム》で死なない点も重要。 《ダーク・リバース》……《デスモーリー》を回すためのパーツ。 あんまり入れすぎると序盤に事故るので、このぐらいの枚数かなという気がする。 《エナジー・ライト》……《屑男》にドローソースを任せると序盤のハンデスに脆いし、中盤でも除去されやすい。 あとこれはただの愚痴だが、デュエプレのランダムハンデスって必ずドローソース抜いていかないか??? 2ターン目の《ゴースト・タッチ》で《エナジー・ライト》が落ちた瞬間にやる気なくすんだけど。 《ファントム・バイツ》……《デスモーリー》と相性のいい軽量除去。 しかし、除去コンにはほとんど打たないし、《ブルレイザー》や《ペコタン》を除去できなかったりして速攻にもそれほど刺さっていないので2枚。 《地獄の門版デスモーリー》……キーカード。 除去するクリーチャーを相手に選ばせるので、ずらずらとクリーチャーを並べるタイプのデッキには相性が悪いが、一点豪華主義のデッキには滅法強い。 《アルカディオス》で止まらない除去手段なのも嬉しい。 小型デーモン・コマンドである点も優秀。 《憤怒の猛将ダイダロス》……《デスモーリー》と相性のいいクリーチャーが、《ダイダロス》と相性がいいのは必然。 環境ではかなりのハードパンチャーで、《アルカディオス》以外にはまず殴り負けない。 特に《クリスタル・ランサー》を牽制できるのが嬉しい。 また、《デス・スモーク》を使ってもらって《屑男》を安全に着地させたりするための囮としても優秀。 ただし、《飛行男》を破壊しながらWブレイクすると相手は手札アドバンテージが+1なので、殴るタイミングは結構シビア。 《汽車男》……デッキの性質上、《デスモーリー》を手札に抱えていることがバレやすかったりする。 ということは、相手は手札を溜めてからクリーチャーを展開しようとすることが多いので、ハンデスが重要になる。 突破力に乏しいデッキなので、無理やり殴れるところも重要。 《悪魔神ロックデウス》……デュエプレのオリジナルカードは、せっかくなので生かしたいところ。 《アルカディアス》がパワー11500に弱体化しているゆえに召喚ターンなら殴り返せるなど、思ったよりはパワー不足に悩む場面は少ない。 《屑男》……《デスモーリー》に2枚ドロー効果がつく最強カード。 特に《飛行男》を生贄に捧げれば、手札アドが3枚稼げることになる。 《ミストリエス》と違って召喚ターンに手札をドローしやすい点が嬉しい。 デュエプレでは手札が5枚以下のときに強制ドローに変更されているので、終盤はライブラリーアウト負けを防ぐためにわざと《デスモーリー》や《ダイダロス》の種にした方がいい場面も多い。 《アクア・サーファー》……速攻デッキに弱いので3枚。 《デーモン・ハンド》……《デスモーリー》を回しても間に合わないとき用に、ピンポイントで除去できるカード。 《悪魔神バロム》……T・ブレイカーに強化されているのは意外と馬鹿にできず、召喚して適当に殴ってれば勝てることもある。 単なるドリームカードではない強さを手に入れている。 《デスモーリー》の性質上、ずらずら並べられたときは《バロム》に頼るしかなかったりする。 入れなかったカード 《暗闇に潜む者バット・ドクター》……《デスモーリー》を回すためのパーツ、のはずだった。 しかし、《デスモーリー》の生贄に捧げて《デスモーリー》を回収する……という美しい動きをするためには、先に墓地に《デスモーリー》がなければならない、というのが難しい。 しかも、カード効果が「探索」に変わっている(任意のカードを選択して回収する効果のほとんどが、ランダムに選ばれたカード3枚から選択する効果に変わっている)というデュエプレの仕様上、墓地にある《デスモーリー》を回収できなくて困る場面が意外とある。 3マナ2000黒だと《ゼリー・ワーム》のほうがシンプルに強かった。 《プライマル・スクリーム》……当初は入れていたが、徐々に抜けていって結局0枚。 序盤に打てる《ダーク・リバース》、だと思っていたのだが、別に序盤に打ちたい場面もほとんどなかった。 《ストーム・クロウラー》……マナからの回収手段があるとプレイングが楽になるのでお守りとして投入したいのだが、「探索」にカード効果が変わっているのでかなり弱体化している。 パワー5000のブロッカーはあまりメタられていないサイズなので、その点でも意外と重要なのだが。 《剣舞の修羅ヴァシュナ》……《ダイダロス》を入れたのは遊び心で、ふつうなら《ヴァシュナ》のほうが強いのでは……と思っていたが、《ダイダロス》のほうが環境にかなり刺さっていた。 《ロスト・ソウル》……青黒2色なので、最終盤にならないと8マナ貯まらない。 最終盤になると、ハンデスしてる暇なんてなかった。 《いけにえの鎖》……《屑男》出してるときに打って、アドバンテージを稼ぎまくりたい!!! と思ったが、一度も成功しなかった。 《ロスト・ソウル》同様、青黒緑で組んだ場合は視野に入りそう。

次の

【遊戯王OCG】本日発売 「デュエリストパック-冥闇のデュエリスト編-」カードリスト トップレアは『ラーの翼神竜(ホロ)』 再録のなかった球体形、不死鳥は高騰 田園補完計画 第十七次中間報告書

デュエプレ カード リスト

【自分のマナゾーンと墓地からダイヤモンドブリザード以外のスノーフェアリーを手札上限になるまで手札に戻す。 その後 こうして戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く】 という効果になっています。 このオレンジ文字の効果が予想以上に優秀で、• 新しく置かれたマナはタップされていない状態なのでダイヤモンドブリザードを出して次の行動がすぐできる点• ダイヤモンドブリザードを出してスノーフェアリーを再展開するというシンプルな動きだけでも強め。 効果の修正(ナーフ)等が今後のメンテナンスでない場合はダイヤモンドブリザードが環境となる可能性があるかもしれませんね。 【ゲームバランスに関するお知らせ】 5月7日 木 のメンテナンスにおいて、一部カードの能力の変更及び、 分解時のDMポイントを一定期間変更いたします。 詳しくは公式サイトをご確認ください。 デュエプレ最新弾のレインボーカード編 第3弾より初めてレインボーカードが収録されます。 今回登場するレインボーカードはどれも優秀で、• ロマンのある無双竜騎ボルバルザーク• 2マナながらもパワー4000と火力のある無頼有機ゴンタ• 性能の高い5マナ2000のクリーチャーたち などなど長いこと活躍しそうなカードが登場しています。 無双竜騎ボルバルザークの評価 5. 0 紙の「デュエルマスターズ」ではある意味伝説となっていたあのボルバルザークが能力を変更されての登場となりました。 紙版では召喚=勝ちか負けか決まるという内容でしたが、デュエプレ版のボルバルザークは特定条件下でもう一度自分の追加ターンとの内容に。 10ターン目以降という縛りがあるため普通のドラゴンデッキに入れるというよりもボルバルザーク専用のデッキを作成した方が上手く使いこなせるかと思います。 第1弾の二角の超人・ボルメテウスホワイトドラゴン• 第2弾のアストラルリーフ・光器ペトローバ などの最強級の立ち位置になるかも? 今後の環境が楽しみですね。 ただ速攻とは相性が悪いのでやはり速攻系デッキは第3弾環境でも強いでしょう。 陽炎の守護者ブルーメルキスの評価 4. 5 5マナパワー2000のレインボーカード。 マナ1枚ブースト+シールドが5枚以下なら1枚追加可能という能力です。 自然と光文明が入るデッキならば採用候補にあがるでしょう。 例えば二角の超人やアルカディアス系のデッキに効果的な感じがしますが、 第3弾はクリーチャーがめちゃくちゃ優秀で呪文はそこまで強いカードが出ていません。 この記事でも紹介しているカードもほとんどがクリーチャー。 また、レインボーの呪文は第3弾では登場しません。 後は第3弾のカード「陽炎の守護者ブルーメルキス」の影響で呪文の採用数は全体的に減っていく傾向にあるかもしれません。 以上を踏まえるとアルカディアス自体は以前よりも見なくなるかも? 電脳聖者エストールの評価 5. 0 映画版デュエルマスターズの配布カードとして紙版ガルザークを持っていた方もいらっしゃるかもしれません。 デュエプレでは性能が大きく変わっていますので、テキストは要チェック。 ドラゴンデッキに入れてみても面白いかと。 第2弾のドラゴン「黒神龍ゾルヴェール」「紅神龍バルガゲイザー」と相性の良いカードになっています。 「紅神龍バルガゲイザー」の能力で出てきた時は非常に強いという感じですね。 火文明と闇文明を入れたドラゴンデッキならば是非採用してみて下さい。 デュエプレ最新弾の単色カード編 続いて単色カード(レインボーカードではない従来の1文明カード)の紹介です。 レインボーが魅力的なのはもちろんですが、単色カードにも有能なカードがそろっていますので是非チェックしてみて下さい。 曙の守護者パラ・オーレシスの評価 4. 速攻相手の際にかなり頼りになる存在。 第1弾カード「悪魔神ロックデウス」をはじめデーモンコマンドは良いカードがそろっていますので、デーモンコマンドデッキならば採用候補となるでしょう。 ここまで第3弾の注目カードを紹介してきました。 特に目玉カードと言えるのが• 無双竜騎ボルバルザーク• 陽炎の守護者ブルーメルキス の2枚。 この2枚は• 第1弾カード「ボルメテウスホワイトドラゴン」「二角の超人」• 第2弾カード「アストラルリーフ」「アクアン」「光器ペトローバ」 級のカードに肩を並べる存在になるかもしれませんね。 その他第2弾までの環境を変えうるカードも多数収録されています。 また、この記事には文字数の関係で紹介しきれていないSRや優秀なカードも存在しますので、興味のわいた方は是非をチェックしてみて下さい。 【おまけ】ロマンを感じる組み合わせのカードたち 最後に第3弾同士のカードでロマンある組み合わせとなるカードを以下で紹介します。 ブライゼナーガ+ジャガルザーorマイキーのペンチ• 4ターン目:マイキーのペンチ• 5ターン目:ギガクローズ 上手くいけば手札全破壊できそう?.

次の