千年 戦争 アイギス。 アイギスおすすめシルバーユニット紹介。簡単に手に入り育成が楽。【千年戦争アイギス】

オークの英雄アナトリア

千年 戦争 アイギス

千年戦争アイギスとは、およびがするのである。 概要 本格的が登場! 突如として復活したの軍団にを滅ぼされたとなって 個性豊かなを揮して敵を迎え撃て! 過酷な戦いを勝ち鍵はたちとの信頼だ! あなたを慕う達との親密度、頼れる男たちとの 信頼度があがるとがする! さあ!と信頼と戦略でを守り抜け! :ラボ 内容 に正式を開始した。 をにしたをに、は奪還と討伐のためにを進めていくことになる。 にはいくつか種類があるが、はその中でも設置と呼ばれる種類のである。 上にはが通ってくる、防衛地点となるいの円(拠点)、そしてを配置できるがある。 には近接と遠がおり、が配置できるも近接用と遠用に分かれている。 敵は味方を攻撃しながら拠点掛けて進み、到達されてしまうとが1減る。 残りが0になると失敗となる。 が始まると出撃がいくらか与えられ、約1に1ずつ増えていく。 は各々出撃が設定されており、配置するにはを消費しなければならない。 しかし開始時のは少ないため、の配置が制限される。 が高いほど質が高い傾向にあるため、高のを置くには、が増えるまで耐えきるか何らかの方法でを増やさなければならない。 こうしてを配置し、敵を倒し、拠点を守り切るととなる。 最終的に1点でもが残っていればとなるが、「配下のをさせない」「敵をすべて倒す」といった条件を満たすことで報酬にが付き、両方満たす(3と呼ばれる)と1度だけ特別な報酬が貰える。 当初は版しかなかったが、に要素を会話に差し替えた「 千年戦争アイギス ~一般版~」がの方でを開始、要素が苦手な人でも楽しめるようになった。 どちらにせよだとできないが。 なお、1週年を迎えたに一般版のが「千年戦争アイギス」に、版のが「 千年戦争アイギス R」に変更された。 ストア経由ででもが可。 千年戦争アイギスA 、向けに調整されてoreでされた。 版及び版(以下版)との共有は可だが、結晶(後述)が共有されず独自のものが用意されていたり、実施されるやが異なったりと多少の違いがある。 また、版で新しく登場したはの関係上、版ではしばらくの間は使えなくなる。 の中には際どいのも多かったが、版では担当達によって露出控えめに手直しされている。 があれば較してみるのもいいかもしれない。 程度の変化から、装飾が増えてゴージャスになったものや、隠したせいでかえってさが強調されたのまで様々である。 にはストアで配信を開始、ストアを経由せずにが可。 ユニットのレアリティ 千年戦争アイギスでは()、ブズ()、()、()、()、()、といったが存在する。 、ブズは通常で。 はの、の、での。 以上は基本的にの報酬か(召喚、召喚)でのみ入手できる。 また、一般のとは性質が異なる「英傑」と呼ばれるも存在する(後述)。 (までに対のが出ると回数はされる。 また、確定の状況でもが召喚される可性があり、その場合はのは維持される) 召喚 召喚. 0 26. 0 2. 5 10. 0 1. 0 3. 0 各レアリティ解説 としては最。 また時点こそ何名か編成に加わっているが、お手軽に入手できるが加入していくにつれて編成から外れ、最後はのために合成されるのが当たり前になる。 最大はだが、・好感度・といった要素はくあまり強くはならない。 ブズ 最大がにまで上昇した以外はと同様。 ただし手に入れやすさ、の下げやすさから一部のブズは差し込みや低にて用いられることがある。 合成に用いた際のもより多い。 余談だがを始めて間もない達がお世話になる「」にて入手できる「 」は 他のたちを差し置いて一番最初ににて記事が作られている。 ここから、好感度(信頼度)、が導入される。 始めて間もないや&微まで多くの達がお世話になること間違いしの。 最大がにまで上昇し、さらにによっての強化(遠系ならば射程の上昇も大きい)によってある程度の強敵とも渡り合うことができる。 のではがするもあるため、同合成による&下げも上位ののよりも行い易い。 ただしの際には1人(、は1人、、は3人)はが必要になるので、と合成の餌にしない方が良い。 また自身はは出来ないが、には「した又は」が必要とされるので、戦以外にもその需要は大きい。 ので後の最大がにまで伸び、さらにがに達すると各ごとに個別のを取得できるようになった。 にか、「ラッシュ」と呼ばれるで入手することが出来る。 ここからが導入される。 最大は通常が、後が、後はにまで上昇する。 通常のは論、にまで至れば以下を大きく引き離す。 反面にべて手に入りにくく上にの種類も増えるため、同合成による上げや下げが行いにくい。 様のに従いを回しまくれば別だが。 また一部のを除き、後はが変化してしまうので、同上げを行う時は餌とするもせねばならず、の消費が増えることになる。 には基本的に「した」が必要とされるが、をしていないで代用することも出来る。 もちろん済みであったり果ては済みでもとすることは可だが、そのようなことをする状況になることはまずないだろう。 上限が低い、霊が入手しやすい、の必要数の少ないなど上位にべて育成が非常に楽なことから手持ちの戦がある程度整ったらまずを一人させることをすことを標に据えることがオススメである。 や魔の用意などは多々あるが、乗り越えた後の達成感とそれによる戦拡充は苦労を補ってあるものがある。 にべ、、好感度、最大(後は、後は)が増える。 報酬で手に入るの大部分がこのに属しており、加えて召喚に追加される頻度も高いため全中最もが豊富である。 ゆえに単純なの同一の更なるにあたるわかりやすく強いから、以上にしか存在しない極めて特殊なを持つのまで豊富なとなっている。 上記の通り報酬で頻繁に手に入るため、上から二番のながら非常に入手性がいい。 報酬のは、高難度をできればや上げも狙いやすい。 その分やや召喚のみのには見劣りすることも多いが、後のやにより召喚で手に入るにはできない一芸を持つものや、中にはその特異なによりさえも押しのけるほどの活躍も可なもいたりとあなどれない。 でのみ手に入るはの多さも手伝って下げを狙うのは極めて難しい。 しかしその分を差し引いても有り余るほど性の高いが多い。 運よく引けたらぜひ他の手持ちと相談しながら上手く運用していこう。 手に入れられたあなたは、召喚でも入手率はわずか3だが、その入手のしにくさに恥じない強な強さを誇るが多数っている。 最大は後が、後は99。 配置してからを使用できるようになるまでの待ち時間が極端に少ないという特徴を持つ。 多くのは配置後1で発動が可(をしている場合は5)。 それ以外のはと同様。 ただし基本的には高く、育成には膨大な合成費用と餌を要するため、がい段階で手に入れてもかえって持て余すことも多い。 ともあれ、低でもしていなければ大半のは入手すれば必ずお世話になるだろう。 の所、書籍に付属されたり、等で配布されたによって入手できるの。 並び順ではよりも上のだが、性的には以上未満の。 に対応する霊は全対応のグラディスしか実質存在しないため育成に苦労する 対応霊のリーベがされたが、こちらもなど。 によっては最初からが下限になってる場合がある。 最大は通常時が、後は。 英傑 ので追加された新。 はとの2種類が存在するが、 ・最初から第一している ・や出撃低減のために、専用の、または他の英傑を必要とする ・第一兵舎に入れてけで、味方をさせられる ・出撃に入れておくと「英傑の」に出現する敵のパラメータを下げる という性質を持つ。 入手手段はでの配布や、英傑の配布がある限定召喚、英傑結晶(後述)との交換など。 ゲームシステム ダメージ計算式 に出てくる自軍及びミーにはが設定されており、それが0になると場から退場となる。 (戦況推移だけでなく、結果の評価にも関わってくる) ・自軍:が0になると、扱いで退場となる。 一人でもになると、評価のが一つ減る。 「撤退」で任意に退場することも可であり、その場合は扱いにならず、評価のに影はい。 但し一部のの出撃中だと、のにより同職種のも撤退扱いになり撤退時の出撃も回収される(評価が落ちない) ・ミー:が0になると、撃破扱いでその場で消える。 (やられモーションが全に終わるまでは撃破数ントはされない。 ) を与える攻撃には、「通常攻撃」「攻撃」「貫通攻撃」の3種類がある。 ・通常攻撃の場合:攻撃側の攻撃 A (、などのやが全部乗った数値) 被攻撃側の防御 D (、などのやが全部乗った数値) とし、 A-Dが被攻撃側が受けるとなる。 例)耐性のが攻撃の攻撃を受けた場合、5を受け、残り5 つまり耐性ということは、攻撃のをする事になる。 例)防御耐性のが攻撃の貫通攻撃を受けた場合、 を受け、残り ・回復の場合:回復持ち側の攻撃 A (、などのやが全部乗った数値) が防御や耐性での減算が一切されず、そのまま被回復側の回復量となる。 例)防御200耐性のが攻撃の回復を受けた場合、上限以下ならば 回復し、残り0。 上限をえれば上限まで回復。 用語説明 聖霊 上記に記述したと同じ種類の霊が存在し、それぞれのに対応した霊を合成時に使用することで獲得を2倍にすることが出来る。 合成先のと違うの霊はが1. 5倍になる。 他にも全てのに対応した霊グラディス、を上げるの霊ア、のを1下げる時の霊ーレといった種類も存在する。 (これを8倍煮込みと呼ぶ人もいる) 育成面では論、後述のなどにも用いるので、多くの霊をめる人はとに行われる:霊救出をすることをおすする。 またの「」をに加えているとわずかながら霊のが上昇する。 (前は5、後は6上昇) クラスチェンジ(通称:CC) 以上のが行うことが出来る。 条件はのが以上、ごとに決められたを3体用意すること。 ただしのように自体が存在しないもある。 、のをには2体と1体。 以上のにはが3体。 そしてそれぞれのに対応した霊が必要になる。 を行う事で以下の様な変化がある。 が1に戻る。 (は低下しない)• 以上のは上限が上昇• 遠は射程が上昇• が1~5増える(これはにもなりうるため、低で運用するためにを行わないのもあり)• 以上のではが変化する場合がある。 この場合、前にのを上げていても変化後は1に戻ってしまうので注意。 好感度・信頼度をにまで上げることが出来る。 (前はまでしか上げられない) 第一覚醒 が以上のが行うことが出来る。 条件はの好感度が&済みでが最大に達していること。 にはのように定されたのと、魔個と引き換えに入手できる「の霊」をそろえなければいけないのだが、と違い、「済みのか」が必要とされるのでよりもさらに苦労することになる。 またが存在しないにも一部「特殊」という形でが用意されている。 を行うことで以下のような変化がある。 が1に戻る、さらにと違いが低下する。 (だいたい20~で前のに追いつくので、後はと違ってある程度を上げたほうが良い)• 上限がさらに上昇• 一部のはが増える• ごとに新たなを習得する• が変化する(一部変化しない有) 第二覚醒 上記の第一後に出来るようになる。 基本的な条件は第一と同じだが、こちらはの霊ではなく、20個で引き換えできる「常闇の霊」が必要となる。 第一との差異は以下の通り• のはされず、状態のを引き継ぐので必ずにしてから行う必要はない• 毎に新たなが追加される 基本的には元のやなどのを強化したが多い• のみ二つのからどちらかを選ぶことが出来る(とは最初から毎にが決定している)• のは初回の時のみ、後に同名が前1の状態でボックスに送られる。 好感度・信頼度 が以上のには好感度・信頼度というパラメータがあり、を贈ることで上げることができる。 好感度・信頼度を上げると攻撃や防御など、各種値が上昇する。 特にはの質が問われるであるため、好感度で上がる値とのが合致すると入手が簡単なのでも以上のに優る場合がある。 ただし好感度・信頼度ともに前はまでしか上昇しないので要注意。 また、でされている以上そちらには 要素が存在する。 条件はの好感度が一定に達することで、ご褒美としてなを見ることができる。 この、なんと以上の全に1人2種ずつ用意されている。 ちゃん。 ちなみに男とはを酌み交わすことで信頼度を上げられるが、は会話のみでそういう展開はいので安心して欲しい。 なお女でも一般版でのはのない会話になる。 からは新たに「交流」が追加され、交流がされた済みのは用意されたをすることで新たなを見ることが出来る。 また交流を最高評価の3つですることが出来れば、と同ののをで下げることが出来る「の霊」と結晶3つを入手できる。 魔水晶 内の交換所にてのや霊と交換することが出来る。 な入手方法はでのか、とに行われる「新魔の守護者」で大量にする。 基本レートはのが個、のが200個、のが個。 霊はの霊が個で、、、の霊の順に、、20と必要数が減っていく。 また、のとのに関しては定期的に入れかわる。 刻水晶 復刻以外の復刻の際ににてする。 これを一集めることによって、復刻中のを交換所にて入手することが可 基本的に終了日の翌日:まで なお交換直後のの状態はもも素の状態なので、下限やを狙う場合は何体も交換する必要がある(その代わり同を持ってる場合、交換レートが半減される) 以降である「」が常駐しており、時期を選ばずに入手可になっている。 また、週替わりで復刻が開催されるようになり、常に刻を手に入れられるようになった。 さらに土は刻の 量(率ではない)が1. 5倍されるデーとなり、の片手間に回すだけでも1体程度なら毎週容易に手に入れることが出来るようになった。 虹水晶 以上のをさせることによって入手出来る。 交換レートはが20、が、が0だが、の場合はが1、が3、が15と大幅に入手出来る数が減少する。 またのから召喚を引いた際にも入手出来るようになり、を引いた際は20個、それ以外のの時は10個獲得できる。 個で、0個でと交換できる。 (一応、召喚をしなくてもで手に入るなどをさせることで手に入るで賄うことは可。 特に、のが手に入るラットは狙い) リング 好感度がに達したにすることで、さらに好感度を(上限)させられる。 、、、の4種類が存在し、それぞれのに対応している。 1個につき好感度を10、合計5個まですることができる。 入手手段は交換所で魔またはとの交換(1ヶに交換できる個数に上限あり)や、での配布など。 をされたは、パラメータや特殊発動率の底上げなどの恩恵が得られる他、好感度をにすることで、そののに応じた結晶をとして受け取ることができる。 受け取れる結晶の数は、が5、が3、が2、が1。 英傑結晶 ので追加された常設「英傑の」で追加された交換。 の各の成績や時間経過で獲得でき、英傑結晶専用の交換所でやと交換することができる。 神聖結晶 千年戦争アイギスにおけるであり、マネーで買える他、やとして配布されたり、各を初めて3した時などに入手できる。 結晶のな使いは以下の通り。 ( 召喚、召喚、)を引く。 、スタミナを全回復 使い切っていない場合は、その分を上乗せして回復 させる。 所持数上限の拡、兵舎の購入。 のの購入。 20日間、獲得Gや獲得を増加させる。 版をする際、元々あった い結晶は版でしか入手・使用できないようになり、代わりに版では い結晶が入手できるようになった。 版では購入から日間の有効期限があるので注意すること。 関連作品 同時期に同じくで開始されたである「」や「の()」と較されることも多いが、それぞれが全く違うのである。 はその中でもオーソドックスなでなおかつ最も性が高いと評価されている。 またを拝むのには容易に入手できる好感度をげるだけでよく、他のにあるような露な要素は薄く(ないわけではない)、敷居の低さもまた魅のひとつである。 とはを行ったこともある。 には絡みで、これらのとの1日限り(正確には約半日)のが実施された。 もしかしたら今後もこのようなが行われることがあるかもしれない。 には再された「」とのが実施(に復刻) 書籍作品としては達やを中心としたとなっている「千年戦争アイギス 下の」(全7巻済)、のを中心とした「千年戦争アイギス の編」、一の作品である「千年戦争アイギス の」の3作品が存在する。 関連動画 にはにがされており、他のの参考になっている。 どうしてもできないがある場合は、その名や開催中の名でをしよう。 だと開始時から増えた膨大な職種に関してのやを紹介した通称「」などの紹介のもされており、最近始めたは「を育成すればいいの?」という悩みに対して大いに参考になると思われる。 によっては入手しやすい~のでしているものもあるが、それは上述のようにとなるを近くまで鍛え好感度を上げているからでもある。 これらのは更に発動や出撃・撤退に高い精度を要されるに近いものであり、簡単にできるとは限らない。 特に新規にを始めたにおかれては参考程度にとどめられたい。 動画投稿企画• 動画投稿シリーズ• 動画投稿者• (低、メッキ、)• (使い)• (、等)• (の催等)• (等)• ブラック サファイア ユニット以外• 関連リンク•

次の

千年戦争アイギス 「屍骸道士ランファ」の性能まとめ!クラス特性がやっぱり強い | なにかの奮闘記

千年 戦争 アイギス

dmm. 提供:株式会社DMM. Android一般版はへ。 Android専用アプリ「DMMゲームストア」よりダウンロードできます。 iOS・Google Play版「千年戦争アイギスA」はへ。 DMM GAME PLAYER版はこちら(、)へ。 「DMM GAME PLAYER」のインストールが必要です。 をお読みの上でご利用下さい。 当wikiによる情報提供はあくまで篤志によるものであり、決して 「どこよりも早く、正しい情報が、個々人が求める十分な量提供されて当然」 というお考えで当wikiをご利用にならないようくれぐれもご留意願います。 不正確な情報に気づいたら、気づいた方が率先して訂正しましょう。 もちろん管理人もそのように努めますが、量が膨大ですので 常にどこか行き届かぬ点があることはご了承頂きたく存じます。 各ページのコメント欄は、あくまで「それぞれのページの編集を円滑に進めるために」 存在するものです。 恐縮ですが、上記目的外での利用はご遠慮下さい。 画像アップロードやリンクの前には、を必ずお読み下さい。

次の

千年戦争アイギス:序盤の手引き&おすすめユニット編。

千年 戦争 アイギス

石の使い方 このゲームでは、石はガチャの資源でもあるし、カリスマやスタミナを回復するためのものでもあります。 定期的に報酬1. 5倍期間がくるので、そのときに石を割りながら素材を集める人が多いです。 このゲーム、カリスマはレベルアップで回復しますが、スタミナは基本一時間で1しか回復しないので、ある程度素材を集めようと思ったら石を割ることは必須です。 幸い石はミッションクリアで結構手に入るので、育成期間の時は、割とカジュアルに割ってしまっても構わないと思います。 ただ、の場合、石の優先度は、 ボックス拡張>倉庫>>(越えられない壁)>>金1. 5倍の加護=ガチャ>>>>(越えられない壁)>>>>>カリスタ回復だと思います。 ガチャユニは強力ですが、黒チケで2体もらえるし、10連回せるチケットもレベルアップでもらえるし、イベントでもらえるユニットも強力なので、最初はそこまでガチャしなくても大丈夫です。 あと、石が許せば、ボックス拡張や倉庫の購入を含めて、最初の一か月に150個使うようにしましょう。 理由は、石を150個を使うと、来月のログインボーナスでレジェンドチケットをもらえるからです。 の人は、コツコツと石を貯めつつ、一か月に150個放出できる月を(強力なユニがガチャに入ったり育成期間が来たり)見極めながら、それ以外の月はできるだけ石を消費せずに過ごす、というのが基本的なスタンスになりますが、私は一年近く続けていますが、だいたい月に150個もらえるので、特に困った月はありません。 黒チケで誰をとるべきか 現在では、ランク10になった時とランク25になった時、黒チケ(最高位レアユニットを選べるチケット)をもらえます。 つまり黒ユニ2体自動的にもらえる。 誰を取るべきか、という話ですが、課金者の方は絵で選んだり、しばらくゲームを進めて後で手に入らなかったユニットに使えばいいと思います。 無(微)課金の、序盤をサクサク進めたい、早く曜日ミッションやデイリー復刻の神級を回れるようになりたい、という人は モルテナを選ぶといいでしょう。 というかモルテナ一択だと思います。 でもモルテナ入りのが目立ちますし、黒チケ2枚のうち1枚はモルテナ様に捧げましょう。 ただ、他の有用な黒ユニットを手に入れたり、序盤からきちんとしたい、という人は、モルテナは選ばなくていいと思います。 モルテナが攻略を速めてくれるため便利ですが、(でも)エンドコンテンツが近くなってくると編成からは外れます。 このゲームは石が結構配られるし、ガチャにおける最低保障があるので、長くやっていればでも結構ユニットが集まりますからね。 そういったときでも編成に入ってくるキャラではないと思います。 モルテナをとるかとらないかは自分のプレースタイルに相談して、後の黒チケは好きなのを選ぶといいと思います。 人気なのは、アルティア・イリス・リンネ・アイシャ・ナナリーらあたりでしょうか。 特にアイシャとリンネはスキル覚醒してからが本番なので、最初から強い、というわけではありません。 ナナリーとアルティアは基本職なので、未覚醒でも十分役割をもてます。 いずれの場合でも、モルテナに育成リソースを最優先につぎ込むのか最高率なので、もう一体の黒ユニの育成は遅くなるのを覚悟しましょう。 モルテナを選ばない人におすすめなのはアルティア+リンネです。 風水師はいずれ一体は必要になりますし、覚醒したリンネはその超射程の複数ヒールで他のヒーラーをいらなくするほどの性能であり、編成から外れることもないでしょう。 アルティアも同様で、コスト稼ぎ要因と、覚醒することによって撤退支援(やられても星を落とさない)もつくので、これも編成から外れることはありません。 序盤の手引き まず、ケーティ先生のクトで各種基本銀ユニットを入手しましょう。 新規プレイヤーには、最初の10日間分、一日一回無料でガチャを引ける+ランク5とランク15とランク40になると10連チケットをそれぞれ貰える=合計40連回せる、という特典があります。 更にランク10で一枚目の黒ユニット交換チケット、ランク25で二枚目の黒チケがもらえます。 基本的にランクが上がれば上がるほどユニットが強くなるチャンスが増えるので、経験値1. 2倍の加護を神聖結晶3個で購入しておくと良いでしょう。 ついでに、ゴールド1. 5倍も買っておくと結晶の使い切りの計算がしやすくなると思います(他の結晶は基本5単位で使うので3個使うより6個使う方がきりが良い)。 ストーリーミッションは、とにかく第3章の灼熱のオアシスを委任できるようになるまで進めて、そこからオアシスを回しまくって経験値用のユニットを手に入れて、それを育てたいユニットに食べさせる、ということができるようになるのが第一の目標です。 とはいっても、オアシスまでノンストップで行く、というのは(モルテナを選んだとしても)かなり難しいので、詰まったら適宜マップを周回して自軍ユニットを育てる必要があります。 基本的に序盤はレベルアップの速度とカリスマの速度が合ってないので、ランクが結構上になるまでは常にカリスマが上限から溢れている状態だと思います。 一方、スタミナの1時間で1回復はランクに関係ないので、曜日ミッション初級やチャレンジクト等でスタミナを消費できるミッションを適宜はさむようにすると、あとからスタミナ系のミッションを回す時に、「スタミナ足りない!石割らなきゃ!」と焦らずに済むかと思います。 このゲームは、カリスマに対して、スタミナは(基本)レベルアップで回復しないので、常に消費した状態にする方が効率が良いです。 田園の門はかつては高効率だったが、現在ではオアシス以前の普通のマップというイメージらしいです。 ただ、田園では銅ソルジャーのヘクターが手に入るため、こいつをある程度育ててコストを下げておくと、序盤のコスト責めミッションや王城奪還でだいぶ楽になります。 (王城奪還)なのは、オアシスより王城奪還の方がはるかに難しく、オアシス以前のマップは星3を狙わずに駆け抜けた方が効率が良いためです。 曜日ミッションは上の級をアンロックするために一回クリアすればいいので、躍起になって周回する必要はありません。 周回は神級が最高効率なのでそれをクリアできるようになってから回った方がいいです。 しかしそもそもそれをクリアするためには低難易度の精霊をまわらってレベル上げ素材をゲットしないといけないという。 例外的に精霊救出は初級で(序盤に手に入りにくい)白金の精霊が手に入るチャンスがあります。 デイリー復刻は1~2か月周期で定期的に復刻されます。 前回の進行時ステータスを引き継ぐので、前半の簡単なステージをクリアしておくと、次回開催時に高難易度ステージを周回できるようになるので、クリアできるところまでやっておく価値はあります。 チャレンジクトは、他のクトがどう頑張ってもクリアできない、というときにスタミナ消費用として進めておくものです。 昔はクス2が好感度餌+精霊がドロップする可能性があったため高効率だと言われていましたが、曜日ミッションの精霊救出や空からの贈り物の効率が上がったので、どうしてもカリスマを消費したくないがスタミナは消費したい時以外は周るメリットはありません。 ただ、めぼしいユニットが育て切った後、覚醒用の銀ユニCCのために銀精霊シリルをスタ1で落とす低コストバトルは結構周回します。 (精霊初級の方が銀精霊の効率が良くなりました) 復刻ミッションが一番優先度が低いのは、ユニットを入手するために必要な刻水晶を集めるのにある程度の戦力が必要なことが理由です。 序盤に頑張って周回しても、刻水晶が集まらない可能性の方が大きいです。 しかし例外的に、後にも説明しますが、ヴェルティ・フーコ・(ランファ)が復刻されているときは、結晶を100個割ってでも取りに行くべきです。 しかし、1マップで2体必要な場面は少ないため、序盤の育てやすい銀ユニット1体と、中盤以降に使うゴールド以上の1体という意味で必要になります。 要するに、銀ユニットのアーマーを長く使い続けるならレアンを、他のユニットがいるならベルナールを育てましょう、ということです。 ベルナールは男性限定ミッションで活躍するので、育てて無駄になることはないと思います。 最終的には2~3体育てることになるでしょう。 基本的にはゴールドのケーティを育てることになるでしょう。 ケーティの利点は、第二覚醒までいくとになり、コストが-3されるので、とても使いやすくなるということです。 ソルジャーはケーティ以外にもデイリー復刻のリーゼロッテ等、入手機会がありますが、第二覚醒先がになるユニットは少ないので、そういった意味でも長く使い続けられます。 黒チケでアルティアを選んだ人は、彼女以外に援軍要請持ちソルジャーを序盤に育てる必要はありません。 援軍要請持ちとは別に、銅ユニットのロイやヘクターを重ねて下限にしてある程度育てておくと、緊急時の差し込みや序盤のラッシュに対応できるようになるので、2体ほど育てておいて損はないです。 ヒーラーはCC前とCC後では射程が変わって別のユニットになるので、できるだけ早くCCさせてあげたいので、銀ユニットの場合は、30CCも選択肢に入ります。 後で使わなくなっても覚醒用の餌としても使い道がありますし。 3体ほど育てることを考えると、どんな状況でも、ランク10で貰える金ユニットのイーリスは必ず育てることになると思います。 イーリス以外の高レアリティのヒーラーがいる場合(黒チケでイリスを取った、ガチャでヒーラー(カミラ・サーリア・エリアスなど)が当たった、交換所にシーディスがいる、デイリー復刻でユーノが取れた等)は、そのヒーラー+イーリス+銀ヒーラーでいいと思います(銀ヒーラーは30CCしてもよいでしょう)。 自分はリンネを取ったので、銀ヒーラーを取らずにイーリス+ユーノでごまかしましたが、未覚醒リンネの回復力と射程の短さ的に少しきつい時期がありました。 回復力が心配な場合は、育てやすい金ユニのイーリスに育成リソースを割くのがいい選択になると思います。 あとあまりいないと思いますが、黒チケでフィオレを取ったり、の高レアを当てた人は、+イーリスで回復は安定すると思います。 は魔神のことを考えるとのちのち最低一体は必要になりますしね。 基本ユニットであるものの、3体以上要求されるステージは少ないので、みんなが貰えるバシラを中心に育てていくのがいいと思います。 アーチャーもヒーラーと同じく、CCすることで射程が伸び、使い勝手が劇的に向上しますが、ヒーラーほど決定的ではありません。 回復が届かないところに回復を届けさせる手段は現状ぐらいですが、攻撃が届かないところに攻撃を届かせる手段は差し込み等豊富にありますし、モルテナを選べば、アーチャーの存在意義は「敵を殲滅すること」ではなく、「飛行敵を殲滅すること」に変わりますし。 バシラを基軸に、後一体は適当なレアリティを育てるといいでしょう。 自分はバシラの他に、一応金ユニのクレアを育てましたが、ほとんど活躍する機会は無かったです。 ぶっちゃけモルテナを取ればバシラだけ育てればいい気もします。 過去の銀以下攻略動画における常連ではあるが、黒チケや40連等でいろんなキャラが引けるようになった現在では、ウィッチの需要は高くないですね(というか鈍足が活きる場面がイベ神級以下の難度では少ない)。 モルテナを選べばまず育てる必要がないですし、ゴールド以上でもパッとしない性能が多いので、育てる必要性があまりないです。 ただ、ガチャ等で全く魔法攻撃を行うユニットが手に入らなかった場合には、必ず1体は必要になるでしょう。 その場合銀ウィッチか、育てやすく中盤以降も使える可能性がある金ウィッチを育てるといいでしょう。 地形の影響をカットすることがでるため、猛毒ステージや砂漠などで大活躍します(いるといないのとでは難易度が大幅に変わってきます)。 とくに砂漠では、風水師がいないとモルテナがほとんど意味をなさなくなるので要注意です。 回復力というより、地形軽減効果を狙って育てるので、できれば覚醒までできる金ユニット以上がいいですが、最悪フェイでもいいでしょう。 ガチャでミアが当たった人は、彼女を育てるといいでしょう。 どんなプレイスタイルでも、ディエーラを引けなかったら、ゴールド稼ぎボーナス目当てで彼女は覚醒させて編成にいれる必要があるわけですし。 ユニットの育て方 プラチナアーマーは必ず精霊と一緒に8倍煮込みや4倍煮込みで使いましょう 自分はこれを知らずにそのままプラチナアーマーを与えて後悔しました。 あと、金・プラチナ・黒ユニットには、それぞれのレアリティに応じた、 小精霊の祝福という単体でものすごい経験値をくれるユニットがあります。 毎月の名声の報酬でそれぞれ2~3枚貰えるので、彼女らをうまく活用するといいでしょう。 最近はケチってそんなに貰えないことが多い。 具体的には、LV1の時に与えると一気にLV50まで上がるので、CCがあるクラスの金以上のユニットに与えて一気にCCするのがいいと思います。 中途半端に経験値を与えていると、その分が無駄になるので、経験値餌をそのまま食わせる生食いは、CCがいらないユニットか、小精霊の祝福がない銀ユニットがおすすめです。 小精霊の祝福は、金ユニットに対応したが一番入手機会が多いので、金ユニットの育てやすさは銀以上です。 積極的に金ユニットを育ててもいいでしょう。 最初のはイーリスに与えて一気にLV50にしてCCを狙い、また最初にファラハはモルテナに上げるととても攻略がスムーズになります。 フロイデはバシラに与えるといいでしょう。 あといろんなサイトでも書かれていると思いますが、 銀ユニはむやみやたらに重ねないようにしましょ う。 使うユニットに一体重ねるぐらいはいいと思いますが。 妖精郷の射手スピカ バシラと同じ、プラチナのアーチャー。 エルフなためHPに不安がありますが、攻撃力が高く、さらにスキルが特徴的なため、黒アーチャーを手に入れた後でも使いどころがあるユニットです。 の場合、バシラ+スピカが基本のアーチャー編成になると思います。 S覚醒はしない方がおすすめです。 ただ、これもタイミング的な都合で私はとっていません。 よほどのステージではない限り(飛行敵が多いなど)アーチャーは2体いりませんし、ある程度未覚醒LVマックスが増えてきたら魔水晶は覚醒精霊に使いたいという理由です。 単純に黒アーチャーやキャロップ、ヴィクトリアを引けたので育てないという人も多いと思いますが。 編成バフがあるので、ダニエラGGで編成に入れるだけで活躍します。 デイリー復刻おすすめユニット デイリー復刻は、毎日日替わりで復刻されるユニット群です。 大体1か月~2カ月の周期で一巡します。 数が多いので、ランク分けをします。 復刻ミッションのユニットは、復刻中に重ねたときの倍率が2倍になるというボーナスがありますが、デイリー復刻はそれがないため、常に25%との勝負になります。 クリスティアや絆を使うにはもったいない性能が多く、さらにスタミナ12を消費して25%のチャンスを手に入れるというまなので、ガチャユニットの方の育成を優先した方がいいでしょう。 混血の狩人フラン プラチナのVHです。 銀VHのユーリが銀ユニット最強なので、プラチナVHのフランも最強…とはならないのがの難しいところです。 VHは高防御相手にするとグッとDPSが落ちますが、高難易度になってくると高防御の敵が増えるためVHはあまり強くありません。 ただ、遠距離ユニットとしては破格のHPとタフネスを持っているので、避雷針にしたり、近接出撃禁止マップ等では何かと輝きます。 と、ここまでは第二覚醒が追加されるまでの話。 第二覚醒でアタリ分岐のシャドウハンターをもらえたので、非スキル中隠密・一度に5回攻撃という、デイリー復刻で貰えるユニットの中で最強になりました。 ダンサーと組み合わせることによって高難度魔神でも役割を持てます。 スーさんがいれば育てる必要はない…と思うところですが、アンデッドマップならVH複数欲しいですし、フランも強すぎるので2体でも育てたい。

次の