ジオ ブレイク。 テニスショップRyo ソフトテニスラケット ヨネックス(YONEX) GEOBREAK 50V ジオブレイク50V (GEO50V) 【前衛用】

GEOBREAK…注目すべきは回転と柔らかさかな?と思います。ざっくり感想。

ジオ ブレイク

スポンサーリンク 続・ジオブレイク 色々と考えながら、ジオブレイクを味わい中。 いくつか新たな発見があったので、書いていこうと思います。 全てスタッフの私見となります。 悪しからず。 まず、ヨネックスがサイト説明にも記載している「ヨネックス史上最高の威力」について。 これは、おそらく、 小さな力でもボールスピードがしっかりと確保される、ということと、もう一つはバウンド後も失速が少ないことかな?と少し。 他のフレームと試打をしつつ、球質も見ていましたが、なんとなくそうかな?と。 ただ、打ち方的には、おそらくコンパクトなスイングに対してその威力を発揮するようなイメージで、押し込んでいく打ち方をすると球を持ちすぎて失速してしまうように感じます。 手元で弾かせるイメージで打つと、フレームやグロメットとの相性がいいような、そんな気がしています。 新しいフレームが万人受けするわけではなく、やっぱり相性はあると思っています。 (そういう意味ではネクシーガも本当は必要・・・。 ) あとは、ガットについて。 やっぱりちょっとガットが緩むのが早い気がします。 張り上げテンションをちょっと上げることと、たぶんある程度弾き感の強いガットと合わせてあげるとよさそうかな、と。 頭の中ではいろいろと考えていますので、ご相談内容に合わせながら、組み合わせをご提案できればいいかな?と思っています。 お客様に対しての試打は、発売後に順次受付していきます。 軽いことにより、対象年齢が広くなると思いますし、実際、打球感も軽やかです。 70VSはちょっと変わり種なので、あくまでもSとVを中心に考えています。 カスタムフィットのスペックがどうなるのかも非常に楽しみです。 今日当店はお休みをいただいているので、もし発表されていたら火曜日に急ピッチで作業を進めます。 そろそろだと思うんですよね。 ということで、レビューまではいかないのですが、試打続報でした。 ではでは。 今、読まれている記事• そして、結局Gは残るんですね ジオブレイクシリーズのハイエンドモデル、80シリーズが情... 351件のビュー 2020-06-19 に投稿された カテゴリ:• 初回店頭在庫は少しになります。 284件のビュー 2020-06-25 に投稿された カテゴリ:• いくつか生産中止はありましたが。 アシックステニスシューズが来月発売となります。 イイ感じの... 278件のビュー 2020-06-21 に投稿された カテゴリ: ,• 次回発売は9月のようです。 217件のビュー 2020-06-20 に投稿された カテゴリ:• 新ソールパターンを搭載。 あとは色次第かな、と。 エアラスダッシュ3が登場です。 まずは3Eレ... 199件のビュー 2020-06-26 に投稿された カテゴリ: ,• 結局、テンションではないってことですよね。 つい先日、突然発表された新ラバー「アイビス」。... 119件のビュー 2020-06-22 に投稿された カテゴリ:• 週末はしばらく忙しくさせていただきそうです。 118件のビュー 2020-06-23 に投稿された カテゴリ:• NEXIGA 70-ネクシーガ 70-シリーズを今更ながらレビュー! 書いてなかったネクシ... 116件のビュー 2017-11-10 に投稿された カテゴリ: ,• ヨネックスのS張り、V張りとは。 かねてより、業界で密かに話題になっていたヨネックスのS張... 110件のビュー 2017-12-07 に投稿された カテゴリ: ,•

次の

GEOBREAK…注目すべきは回転と柔らかさかな?と思います。ざっくり感想。

ジオ ブレイク

ラケット全体に複合することで、弾性率を上げずに 柔らかさを保ったまま 軽量化を実現。 シリーズ全モデルサイズを現重量から3g軽量化。 パワーを落とすことなく、操作性を高めラリーの高速化に対応。 特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。 従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。 スウィングスピードが速くなっても硬くなりにくい特性を持つ新次元カーボン。 フレーム上部外側に採用し、強打時のたわみと反発性を向上。 フレームトップ~サイド 【極エアロ形状】:極エアロ形状により、コンパクトなスウィングでも鋭い振り抜きを実現。 フレームサイド 【高剛性断面形状】:潰れにくい高剛性断面形状により、打球時のパワーを更に向上。 ヨーク 【極薄形状】:スリム化した極薄形状で振り抜きを高める。 面の安定性と素早い振り抜きを追求した独創の形状。 力を確実にボールに伝え、正確なスピードショットを実現。 扁平形とした独自のグリップ形状。 サーブ・スマッシュの威力が上がり、ボレー・ストロークでもフィットし、安定性が向上。 軽量化した重量をグリップ部に移動。 ラケットヘッドの回転エネルギーを増大させ、相反するパワーとコントロールを両立。 三角断面形状にすることで、高い面安定性と、しなり性能が向上。 広範囲に打ち分けるコントロールとエンドライン際で沈むパワーストロークを実現。

次の

ジオブレイク70シリーズをレビュー!|tatsumisports

ジオ ブレイク

お待ちいただいているようなので、現時点でのレビューとします。 ジオブレイク 70シリーズがリリースされて、早1週間。 売れ行きは順調なように思います。 70VSは、GSR7と比較していきます。 まず、 70 S。 ネクシーガ 70Sは、どちらかというとソリッドなイメージ。 球持ち系のフレームなんだけれど、割と弾き感も感じられるため、結果的に打感としては割と硬めだったような印象をもっています。 打ち出しからボールをイメージしやすいのが特徴です。 もちろん硬めといっても、弾き系のF-LASER 7Sよりは全然柔らかいです。 面の大きさと適度な硬さ。 結果として、かなり幅広くおすすめさせていただいた完成度の高いラケットだと思います。 ではジオブレイクは?というと、グロメットの効果に加えて、おそらくフレーム自体も柔らかいため、 ゆっくりスイングしてもボールに威力が乗る、そんなフレームです。 球持ち系なのにスピードが出るって、ちょっと違和感があるのですが、面が持つばね的な効果がかなり大きいです。 スイングスピードが速い方が打つとボールを持ちすぎて飛距離が出なかったりすることもしばしば、といった具合です。 面内の動きが大きく感じられるので、スイートスポットを実感することが少し難しく、芯を喰っているのか、わかりにくいことも・・・。 あと、書き忘れていましたが、 シリーズ通して、回転がめっちゃかかります。 ・・・だからバウンド後の球質がいいわけなのですが、面が薄い方が打つとコートにボールが収まらない可能性が高いです。 ネクシーガ70Sから持ち替えるのであれば、まずは同じガットをいつもより張り上げテンションを上げて使用するのをおすすめします。 当店としては、 中学2年生後半~十分におすすめしていけるフレームだと思っています。 力がなくてもいいボールが出るんですよね。 ここはジオブレイクの大きな武器です。 逆にパワフルなスイングをしたり、身体の力が十分にある場合は、違ったフレームをおすすめするかもしれません。 詳しくはご相談ください。 次に 70V。 ネクシーガ70Vって、当店的にはかなりいいフレームです。 ボールを掴む感覚もありつつ、しっかりと弾き出していける。 打感も硬すぎません。 ただ、しなるか、と言われると、しなりはあまりありませんので、しならせたい方は8V REVになるんですよね。 ボールスピードを求めるのであればF-LASER、しなりやラケットの長さを使ってプレーしたい方は8V REV。 バランスを取りたい方は70V、と。 これも実際結構おすすめしたな、と。 ジオブレイクに変わると、70Sと同じくで、 フレーム自体がボールを飛ばしてくれるパワーが強くなります。 楽にスイングしても十分ボールが飛びます。 打感も柔らかめです。 たぶんこれって、 ボレー時にかなり強い味方になってくれて、態勢が崩れていてもいいボールが返るので、相手としては、 「え?まじ?」となる場面があってもおかしくはありません。 パワーアシストが強くなった反面、デメリットももちろんあるでしょう。 インパクトの瞬間の力が強いと、逆にボールが死んでしまうなんてことも考えられます。 例えば太めのガットや、ちょっと張り上げテンションを上げるなどして、組み合わせを工夫することで、ジオブレイクのいいところだけを抽出できるようになるのではないでしょうか。 このフレームも当店としては 中学2年生後半~十分におすすめしていけそうです。 注意点も70Sと同様に。 最後に、 70VS。 比較対象は、フレーム形状的には、GSR7しかないと思います。 GSRシリーズって、フレーム下部は飛ぶけど、他のフレームのイメージでフレーム中央から上で捉えると全然飛ばない、ちょっと変わったフレーム。 シングルスには相性がよさそうですよね。 名前通りです。 (GSR・・・ジェネシス シングルス ラケット) ある程度硬いので、おすすめする範囲は狭いですが、どこでボールを捉えるか、によっては化けるフレームなので一概に悪いとは言えません。 バランスをいじくって、カスタムフィットにすると魅力がアップしますよね。 で、ジオブレイク70VSは? GSR7よりは柔らかいですが、70Sとか70Vと比べると、「 おぉ、硬めやん?」と、そんな印象を持ちます。 グロメットの効果を感じられる(ボールをびよーんと送り出してくれる感覚)のもフレームの下部が中心で、上半分は弾き系の打感に似ています。 独特の形なので、ヒットする場所で感覚が変わります。 ただ、バランスが中途半端なので、カスタムフィットありきなのかな?と思ったり。 SとVどっちに寄ってる?と問われると、 おそらくVに寄っていると思います。 結構ポジションが後ろな前衛さんとか、既製品でハマる可能性がありそうです。 ストロークをこれでするとなると、最低限、カスタムフィットでヘッドヘビーにしたいところ。 ヘッドライト、ヘッドヘビーのカスタムフィットでどこまで印象が変わるのか。 我こそは!という方、お待ちしています。 対象は、どうでしょう。 高校生~? ちょっと表現が難しいフレームです。 長々と書いてしまいましたが、ひとまず現状のレビューとして。 感想は日々変わりますので、そのようにご理解ください。 また、当店スタッフ試打での感想をレビューとさせていただいております。 一つの参考程度にお読みください。 ではでは。

次の