日本日蓮正宗。 【RPE】★日本、【敵基地攻撃能力】確保へ動き出す

外道宗教、日蓮正宗

日本日蓮正宗

日蓮正宗とは、を宗祖する伝統系の内、の高を祖として寺を総とする宗である。 の法(六十八世)は瀬日如(常聡院日如)である。 の一種と思われがちだが、0年以上ののあるの一宗である。 概要 没後、の高である六老僧(日昭・日郎・日・・日頂・日持)は身延の墓に輪番制で奉仕することを、当時他用で不在であった・日頂以外の六老僧で定めたが、周辺を地帯とする日以外の五老僧はや子の育成で忙しく身延山へすることが困難であった。 この為、周辺に在住している日と六老僧は次第に不仲になっていった。 身延山寺の開基檀那の・波木井実長(日が教化し、に帰依した)は日に身延山寺の住職に山することを要請した。 日が他の六老僧と疎遠になっていた間に、六老僧の一人であるが身延へしてきたので、日はを学頭職につけた。 ・波木井実長はこれを歓迎して日とともに迎え入れた。 しかし、の教義の変遷により、はにいるが居なくなっていると言っており、波木井実長はその教義を受け入れることができなかったため、厳格にの教義を伝持したいと考えていた日と波木井実長は次第に不仲になっていく。 日はの本尊や文章等を持ち出し身延山寺を離れ、嶺の・時の招請により、のの地(ヶ原)に寺を創建した。 その後、身延山寺にはが、波木井実長の推挙により山した。 また、に下った日も日朗や日昭、日頂と和解している。 ただし、信仰上の違いがあるためその点については和解していない。 (上記は日蓮正宗の立場であっての立場は又違う) 日蓮正宗の特徴 前提条件 当時、から伝わった「正法(の教義が正しく伝わる期間)一千年間・像法(の教義が正法でないにしろ伝わる期間)一千年間・末法(間違った教えが広がる期間)一万年間の考え方によりは末法にはに予言として記されている地涌の(複数)が出現し、末法を守る。 「自分は地涌のである。 」と自覚してしていった。 (このため、どこのでもある一定の集団は祖師信仰を保持しており、内でも日門のは祖師信仰がある。 ) 1.教義• 本門壇の大御本尊• が中老僧日法によって謹刻させたと言われる本尊であり、日蓮正宗のすべての本尊の根であるとされている。 日蓮正宗の信仰はこの大御本尊を信仰し、帰依するということを意味している。 宗祖本論• は地涌のとして、に説かれる実成の(的な)に末法を付属された立場であるが、逆の見方をすると末法万年という 困難な時代に対して「実成のでも救えきれない」として、祖師信仰と習合し地涌の()が実は本(の中で一番偉く一番最初に悟った)として末法にをするために僧として仮の形で現れたのであって、のその正体は本であるという信仰している。 法の血脈相承 が日以下寺の歴代住職に法を付嘱したという立場のため、本尊の書写、教義解釈の裁量は法(寺住職)だけが持つ権とされている。 このため、寺住職が法(法脈継承者)、管長(上の代表者)、総住職の任を兼ねている。 謗法厳誡• が書写し定めた十界曼荼羅本尊以外の本尊を崇めることを「謗法(正法を信仰しないことによって正法を謗る行為としている)」といい、 が立正安論の中で「のはのがを信じないから上に帰った。 」としているため及び他のの本尊を拝んではならないとする事をもってとする。 ただし、に祭されているを拝もうとするならば、ご体を十界曼荼羅にすることで拝めるようなになっている。 (宗内では正式名称を宝器と言われ、日蓮正宗に帰依する際に通称「御受」といい誓約する) 立正安論やのである諌抄(の最高に次ぐとされていた大をが叱る内容)を有しているために謗法厳誡の傾向は強く、宗内に伝統として保持されている。 3.活動• と言われるにを解釈し、する方法をする。 しかし、日蓮正宗では「相手に礼儀を正して接するようにしなければならない」(感情的な喧になってはいけない)と規定している。 全にする事をしている。 信徒にのみならず諸の学問を納めるように導している。 (最近は自分の理解度を知るために教学試験というものがあり宗門が実施している。 ) 4.生死観• 上記のように謗法厳誡というと、の四箇があるために、から続く伝統として独特の生死観を有している。 また、自身がその著作(妙法尼抄・千日尼抄)の中で臨終の相は「大論・摩訶止観に書かれているように大事なこと」として説いている。 (伝統なので、古来からその言い伝えがある。 死相観ばかり有名であるが 、一番大事なのは「臨終に対する心構え」と「臨終者への心遣い」である)• 臨終の作法として、臨終者は人が泣き叫ぶことを辛く痛く不安に思うものなので、泣き叫んだりすることを慎んで静かににと唱題(を連続して唱えること)し送ってあげるのが良いとされている。 臨終の際に、五辛(・・はじかみ・・)を食べた人や、を飲んだ人を近くづけ臨終者の心を不快にしてはいけないとしている。 臨終に際しては本人が息を引き取ったあとでもしばらく静かに唱題することで、底心に呼びかけることで動けなくなったあとの意識の層に一心に題に注視させることで安心させてあげることでもあるとしている。 総本山・本山・寺院• にある寺(房日開基)を以て総とする。 正式名称は「多大山寺」と言い、「寺」はヶ原の地名から仮にとったものであるとして、 全にしたには「大本門寺」と号する予定であると言われている。 内地は南北約0m、東西約0mで約あり、堂・五重・三門等の的物から には頭として約20の坊舎()があり、その他、御宝蔵・多宝蔵、経蔵、十二堂、鐘楼、鼓楼、五つの門(不開門・総門・二・門・裏門)等からなる巨大である。 その他のとして、以下の三がある。 ・下条妙寺(多山妙寺)二十寂日房日開基 ・本門寺(高本門寺) 二十寂日房日開基 ・定善寺(日知屋山定善寺) 日開基• 末寺として全に七カ寺等ある。 ・日蓮正宗は謗法厳誡であるため厳しい宗であると思われがちだが、各末寺においては結構なお坊さん(ご住職・ご管)もいたりして、いろいろな相談にのってくれる。 ・などのおりの仕方は日蓮正宗で正式なものは一応あるのだが、地域に合わせた柔軟さも持っている。 ・で書かれている要な祭事以外にも、末寺が用にしている大会とかとかとかもある。 ・像の造立はの立てた本尊とは違い十界総具ではないとして謗法として禁止しているが、(や含む)は本尊ではないから飾っても良い。 (ただし以外に) ・謗法に厳しいのと同時に、教義をある程度習得するとにはまり「がが」となりやすいので、 「がが」といった自分勝手な行動や、勝手な教義の変は慎むべき行動とされている。 ・とは学術的な交流はあるが、儀礼的な交流はない。 また、系の方法論についても交流はない。 ・は内においては「」と形容されるが、にる行為は生命の温かみを感じる行為であって、的行為ではないため「」は特に禁止されていない。 ・っ当に信仰やを続けていると、い子みたいに自身の的なもの(心)がくなって化()しそうになるが、そんなときはお題をあげてを開放してやるといいです。 ・それでも苦しい時は、総に参詣してを探索して的なものを浄化します。 ・ご本尊は十界曼荼羅というでもある。 を失ったら、御書(遺文)をしてがんばる。 ・ 頑れないときは、理やり頑らなくてもいい。 なに、ってそんな時はあるさ。 ・宗を変える際は、親族共によく協議して変更することを薦めている。 (理矢理宗を変えさせる様なはさせてはならない) ・ご供養(お)は強制されないので、自分の出来る範囲ですることが望ましい。 (が豊作だから、をご供養するでも可) ・大乗の信仰者として信徒が守るべき五があるが、血流を良くし暖を取るためにを飲んでもいい。 (ただし飲み過ぎて前後不覚になってはいけない) ・さんの普段着(・)ような格好の上に僧衣(・衣)を着用する。 ・題()は「な ん みょう ほう れん げ きょう」と読むとしている。 (の場合、「な む みょう ほう れん げ きょう」と読む) ・信仰は「火の燃え滾るようにするのではなく、が流れるように」するのがいいとされている。 日蓮正宗から生まれた宗派 日蓮正宗といえば、、正信会、の体となった宗として有名であり、 が日蓮正宗と別した今となっても、日蓮正宗=という認識のままの年配が多い。 日蓮正宗から生まれた宗は、多数挙げられるが、 ・柱会 ・ ・霊法会 ・立正佼成会 ・本門立宗 ・所護念会 ・山(各地のいの) ・会(人類がように) など、 系信徒団体から成ったは数え上げると切りがないのがである。 多いのかそれ? は物心付く前に、だったに勝手に入信させられたもんで、の頃からの事なんかったし迷惑しか感じたこともないし、当然一銭たりとを落としたこともないというとしての実態は最初から全くいなんだが破門なんざ食らったこともない。 食らわせてほしい。 というか、ヘドが出るほど嫌いだし近寄りたくも近寄って欲しくもない溜めとしてしか思ってないから脱退させてくれ、なんか手続きとか必要ならそれには協するしなんなら破門扱いでも一向にかまわない、という旨を再三伝えたのに全く取り合ってくれねぇ。 そういうわけで、には全く共感出来ない心情なんだが、の友人がそのへんを不安に思ってるならその心配だけはいから、にやり過ごして静かに手を合わせていればいいと思うぞ 131 ななしのよっしん.

次の

「日蓮正宗」/【日本の宗教信者数ランキング(宗教年鑑版)】/<総合ランキング.net>

日本日蓮正宗

日蓮正宗とは? 日蓮正宗とは、日蓮聖人を末法の本仏、静岡県富士宮市の大石寺を総本山とした、仏教の一派です。 日蓮聖人入滅後、建長5年に弟子の一人である日興により開創されました。 750年以上の歴史のある仏教の一宗派になります。 日蓮系宗派は、宗祖である日蓮聖人が大切にした妙法蓮華経の教えを信仰する宗派です。 日蓮聖人が最も尊いお経であるとした妙法蓮華経を日々の務めとして唱えることで、困難な時代から救われ、今世での成仏ができるとされています。 また、日蓮正宗では、日蓮大聖人を宗祖・本仏として仰ぎ、毎日のお勤めとして御本尊に向かって「妙法蓮華経」を唱えることでこの世での成仏が叶うとしています。 日蓮正宗の本山と主な寺院 前述したように、日蓮正宗の総本山は静岡県富士宮市の大石寺です。 正応3年(1290)10月、日興によって開創されました。 山号は多宝富士大日蓮華山とし、寺号の大石寺は地名の大石ヶ原に由来します。 本門戒壇の大御本尊が安置され、五重塔は国の重要文化財に指定されています。 また、この総本山大石寺の他、海外を含めた全国各地に700を越える寺院等があります。 例えば、東京には品川区にある妙光寺、世田谷区の善福寺など30以上の寺院が存在し、さらにアメリカや台湾を中心に海外にも多数の寺院を構えています。 日蓮宗と日蓮正宗の違い もともと、日蓮宗と日蓮正宗は、同じ『日蓮宗』でしたが、日蓮聖人入滅後、弟子たちの思想の違いから分派しました。 5人の弟子が日蓮聖人の少々行き過ぎた思想を緩和させ立ち上げた宗派は、それぞれ独自の発展を遂げました。 それらが近世の動きの中で統合され、現在の日蓮宗となったのです。 このように日蓮宗は様々な宗派を統合したもののため、日蓮宗内では本尊や儀式なども統一されておらず、様々な様式が許容されています。 その一方で、日興という弟子は日蓮聖人の教えを第一に考え、5人とは違う思想を持ち続け、日蓮正宗を立ち上げました。 日蓮宗と日蓮正宗の違いについて簡単に比較はできませんが、大きな違いとしては「本仏」が何を指すのか、といった考え方が挙げられます。 本仏とは、寺院などで本尊としてまつられる仏像、根本の仏のことを指しますが、日蓮宗では教義の一つとして『日蓮聖人が末法の本仏』とされています。 片や、日蓮正宗では、日蓮聖人を釈迦の力が弱まり悟りのなくなった末法の時代に現れた本仏と考えています。 つまり、日蓮聖人を仏やイエスキリストのように、崇拝の対象と考えているのです。 そのため、日蓮正宗では「日蓮聖人」ではなく「日蓮大聖人」と呼び、それが日蓮宗と日蓮正宗の大きな違いだと言えます。 日蓮宗と創価学会との関係 日蓮正宗と創価学会は、似たような妙法蓮華経を唱え、同じ様な御本尊様を祀っています。 というのも、創価学会の前身団体「創価教育学会」が重要視したのが、日蓮聖人の仏法精神です。 1937年、創価教育学会は日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられました。 しかし、平成3年11月に創価学会が日蓮正宗の教義から逸脱した独自思想を持ち込み、日蓮正宗の信条に従わないとし、創価学会を破門としました。 こういった背景から現在は創価学会を破門とした日蓮正宗ですが、創価学会員に対しては大石寺に登山し改心するように、という姿勢で参拝の拒否はしていないようです。 日蓮正宗の結婚式の特徴 日蓮正宗の結婚式は、寺院御宝前において執行することを基本とします。 御本尊への読経・唱題のもと、三三九度・親子固めの杯を行ない、夫婦が末長く契りを結ぶことを、御本尊に誓います。 この作法には、その信心を基盤として健全な家庭を築き、日蓮聖人の慈悲に報いるため、教えを全うするとともに精進し、教えを子から孫へと信心を伝え、受け継いでいくという深い意義と目的が込められているのです。 また、日蓮聖人は、夫婦はお互いを補い合いながら和合することが大切であると示しているため、信徒は、これらの意義を弁え、神社やキリスト教会などで婚儀を行うことは慎むべきとしています。 日蓮正宗の葬儀の特徴 葬儀の内容や流れは宗教や宗派によって異なります。 日蓮正宗の葬儀の流れは、基本的には他の日蓮系宗派とあまり変わりはありませんが、他の宗派と比べて厳密にルールが決められていたり、厳格な作法が求められたりする場合があります。 日蓮正宗では、お葬式を「日蓮聖人に故人をお迎えに来ていただき、無事に三途の川を渡るための儀式」としており、正しい作法で執り行われなければ、故人が成仏できない重要なものと考えられています。 日蓮聖人以来の伝統法義に基づきお葬式を行うことで、故人は必ず即身成仏し、次に受ける生では今世の悩みから解放され、清らかに過ごすことができるとされているのです。 【合わせて読みたい】 葬儀の流れ ここでは日蓮正宗の葬儀の流れを説明していきます。 大まかな流れは他の宗派の葬儀と同じです。 着席:喪主や親族等が着席します。 僧侶出仕:僧侶が葬儀の場に出てきます。 題目三唱:他の日蓮系宗派と同様に、全員で題目「南無妙法蓮華経」を三唱します。 読経:声を出してお経を読みます。 妙法蓮華経の28品(章)の中から『方便品』と『寿量品』を読み上げます。 焼香:寿量品に入ったら、中心となって式を執り行う僧侶である導師に引き続き、喪主・親族などの順で焼香をあげていきます。 弔辞・弔電:故人の霊前で故人に捧げる弔いの言葉、弔辞を読みます。 読経・題目:再び読経をします。 先ほどと同じ「法華経」二十八品中の第十六如来寿量品 寿量品 です。 観念文・題目三唱:恩恵に対する恩返しとして読むのが観念文です。 観念文の後に法蓮華経の題目を唱和します。 僧侶退出:最後の題目を唱え終わると僧侶が退出します。 そして、その後に喪主謝辞を行い、最後に閉式の辞で終了です。 費用相場 御供養金額には決まりや目安、相場といったものは決まっていません。 日蓮正宗ではお布施のことを御本尊への御供えとして「御供養」と呼びます。 この御供養の相場が気になり寺院に質問する人も多いそうですが、御供養はあくまで御本尊への御供えであり、僧侶が金額をつけることはできないため相場がないようです。 また、宗派によっては住職へのお礼を渡す場合もありますが、日蓮正宗では必要ありません。 なお、以下の費用は寺院によって金額が決まっています。 寺院に問い合わせると教えてくれるそうです。 塔婆代 卒塔婆の料金• 永代回向料 ご遺骨の管理費• 納骨冥加料 納骨料金• 過去帳冥加料 故人の戒名や享年などの記録を記す料金 日蓮正宗の葬儀のマナー 日蓮正宗の葬儀の流れを理解したところで、葬儀のマナーを説明します。 お経 日蓮正宗では法華経の教えを基礎とするため、葬儀の読経でも「妙法蓮華経」を唱えます。 また、題目三唱の部分では参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。 この三唱とは、三回連続して唱えるのではなく、二回続けて唱えてから、一拍置いてもう一度「南無妙法蓮華経」を唱えます。 「南無妙法蓮華経」には「法華経の教えに帰依するという」という意味があり、「南無妙法蓮華経」と唱えることで加護を祈り、これを受持することこそが成仏の道であると説いています。 また、「南無妙法蓮華経」の読み方は、宗派によって違いがあるのですが、日蓮正宗の厳密な読み方は「なんみょうほうれんげきょう」となります。 焼香の作法 日蓮正宗では、焼香の作法と回数が厳密に定められています。 回数にこれといった決まりがない宗派もありますが、日蓮正宗の焼香は以下の方法が正しいとされています。 はじめに、遺族と祭壇に一礼をします。 その後、額に押しいただきながら焼香を3回行い合掌し、最後にもう一度、遺影に向かって一礼をします。 このように焼香が3回と決まっている点が特徴です。 また、合掌する際、数珠は掛け房が下に来るように左手で持ち、手を合わせるようにしましょう。 【合わせて読みたい】 お供え 定番は、しきみと果物、お線香とされています。 生花は避け、しきみを供えましょう。 しきみは常緑樹で、いつか枯れてしまう生花よりも強い生命力があると言われます。 また、枝や葉から独特の香りを出すので、邪気を払い、自分の周りを清め、来世で長く生きられるよう願うという意味があります。 日蓮正宗の仏壇やお墓 仏壇の特徴 日蓮正宗専用の仏壇を用意するのが良いとされ、日蓮正宗用仏壇の専門店もあります。 日蓮正宗専用の仏壇は仏壇の内部に厨子がついているものが正式です。 この厨子の中に御本尊を祀ります。 ですが、最近では、内部に厨子をつける代わりに扉を厨子型にしたものが広く出回っていて、その扉の形体から、いわゆる家具調仏壇を選ぶ人もたくさんいます。 お墓の特徴 墓石は、基本的に仏教の他の宗派と大きな違いはありませんが、所属寺院の住職がしたためたひげ文字の「妙法蓮華経」の下に家名を入れることが多いです。 墓石が完成したら、僧侶の導師のもとで供養を行います。 なお、墓参りの際も、生花ではなくしきみをお供えするようにしましょう。 まとめ 日蓮正宗では厳格に教義を守り、正しく冠婚葬祭を行うことが重要とされています。 ただし、地域により作法の多少の違いがありますので、わからないことがある場合は所属している寺院に相談し、誤りなく行うのが良いでしょう。 また、参列する予定のある人は、日蓮正宗における葬儀・結婚式のマナーあらかじめ知っておき、いざと言う時に慌てずに済むようにしましょう。 特に、葬儀・告別式に参列する時には、日蓮正宗に限らず宗教や宗派によって覚えておきたいマナーやしきたりがたくさんあります。 突然の不幸にも慌てずに参列できるよう、基本的なマナーとしきたりは覚えておきたいものですが、何よりも大切なことは故人の冥福を祈り、ご遺族の気持ちを大切にすることです。

次の

日蓮正宗寺院一覧

日本日蓮正宗

日蓮正宗とは? 日蓮正宗とは、日蓮聖人を末法の本仏、静岡県富士宮市の大石寺を総本山とした、仏教の一派です。 日蓮聖人入滅後、建長5年に弟子の一人である日興により開創されました。 750年以上の歴史のある仏教の一宗派になります。 日蓮系宗派は、宗祖である日蓮聖人が大切にした妙法蓮華経の教えを信仰する宗派です。 日蓮聖人が最も尊いお経であるとした妙法蓮華経を日々の務めとして唱えることで、困難な時代から救われ、今世での成仏ができるとされています。 また、日蓮正宗では、日蓮大聖人を宗祖・本仏として仰ぎ、毎日のお勤めとして御本尊に向かって「妙法蓮華経」を唱えることでこの世での成仏が叶うとしています。 日蓮正宗の本山と主な寺院 前述したように、日蓮正宗の総本山は静岡県富士宮市の大石寺です。 正応3年(1290)10月、日興によって開創されました。 山号は多宝富士大日蓮華山とし、寺号の大石寺は地名の大石ヶ原に由来します。 本門戒壇の大御本尊が安置され、五重塔は国の重要文化財に指定されています。 また、この総本山大石寺の他、海外を含めた全国各地に700を越える寺院等があります。 例えば、東京には品川区にある妙光寺、世田谷区の善福寺など30以上の寺院が存在し、さらにアメリカや台湾を中心に海外にも多数の寺院を構えています。 日蓮宗と日蓮正宗の違い もともと、日蓮宗と日蓮正宗は、同じ『日蓮宗』でしたが、日蓮聖人入滅後、弟子たちの思想の違いから分派しました。 5人の弟子が日蓮聖人の少々行き過ぎた思想を緩和させ立ち上げた宗派は、それぞれ独自の発展を遂げました。 それらが近世の動きの中で統合され、現在の日蓮宗となったのです。 このように日蓮宗は様々な宗派を統合したもののため、日蓮宗内では本尊や儀式なども統一されておらず、様々な様式が許容されています。 その一方で、日興という弟子は日蓮聖人の教えを第一に考え、5人とは違う思想を持ち続け、日蓮正宗を立ち上げました。 日蓮宗と日蓮正宗の違いについて簡単に比較はできませんが、大きな違いとしては「本仏」が何を指すのか、といった考え方が挙げられます。 本仏とは、寺院などで本尊としてまつられる仏像、根本の仏のことを指しますが、日蓮宗では教義の一つとして『日蓮聖人が末法の本仏』とされています。 片や、日蓮正宗では、日蓮聖人を釈迦の力が弱まり悟りのなくなった末法の時代に現れた本仏と考えています。 つまり、日蓮聖人を仏やイエスキリストのように、崇拝の対象と考えているのです。 そのため、日蓮正宗では「日蓮聖人」ではなく「日蓮大聖人」と呼び、それが日蓮宗と日蓮正宗の大きな違いだと言えます。 日蓮宗と創価学会との関係 日蓮正宗と創価学会は、似たような妙法蓮華経を唱え、同じ様な御本尊様を祀っています。 というのも、創価学会の前身団体「創価教育学会」が重要視したのが、日蓮聖人の仏法精神です。 1937年、創価教育学会は日蓮正宗の関連団体の1つとして位置付けられました。 しかし、平成3年11月に創価学会が日蓮正宗の教義から逸脱した独自思想を持ち込み、日蓮正宗の信条に従わないとし、創価学会を破門としました。 こういった背景から現在は創価学会を破門とした日蓮正宗ですが、創価学会員に対しては大石寺に登山し改心するように、という姿勢で参拝の拒否はしていないようです。 日蓮正宗の結婚式の特徴 日蓮正宗の結婚式は、寺院御宝前において執行することを基本とします。 御本尊への読経・唱題のもと、三三九度・親子固めの杯を行ない、夫婦が末長く契りを結ぶことを、御本尊に誓います。 この作法には、その信心を基盤として健全な家庭を築き、日蓮聖人の慈悲に報いるため、教えを全うするとともに精進し、教えを子から孫へと信心を伝え、受け継いでいくという深い意義と目的が込められているのです。 また、日蓮聖人は、夫婦はお互いを補い合いながら和合することが大切であると示しているため、信徒は、これらの意義を弁え、神社やキリスト教会などで婚儀を行うことは慎むべきとしています。 日蓮正宗の葬儀の特徴 葬儀の内容や流れは宗教や宗派によって異なります。 日蓮正宗の葬儀の流れは、基本的には他の日蓮系宗派とあまり変わりはありませんが、他の宗派と比べて厳密にルールが決められていたり、厳格な作法が求められたりする場合があります。 日蓮正宗では、お葬式を「日蓮聖人に故人をお迎えに来ていただき、無事に三途の川を渡るための儀式」としており、正しい作法で執り行われなければ、故人が成仏できない重要なものと考えられています。 日蓮聖人以来の伝統法義に基づきお葬式を行うことで、故人は必ず即身成仏し、次に受ける生では今世の悩みから解放され、清らかに過ごすことができるとされているのです。 【合わせて読みたい】 葬儀の流れ ここでは日蓮正宗の葬儀の流れを説明していきます。 大まかな流れは他の宗派の葬儀と同じです。 着席:喪主や親族等が着席します。 僧侶出仕:僧侶が葬儀の場に出てきます。 題目三唱:他の日蓮系宗派と同様に、全員で題目「南無妙法蓮華経」を三唱します。 読経:声を出してお経を読みます。 妙法蓮華経の28品(章)の中から『方便品』と『寿量品』を読み上げます。 焼香:寿量品に入ったら、中心となって式を執り行う僧侶である導師に引き続き、喪主・親族などの順で焼香をあげていきます。 弔辞・弔電:故人の霊前で故人に捧げる弔いの言葉、弔辞を読みます。 読経・題目:再び読経をします。 先ほどと同じ「法華経」二十八品中の第十六如来寿量品 寿量品 です。 観念文・題目三唱:恩恵に対する恩返しとして読むのが観念文です。 観念文の後に法蓮華経の題目を唱和します。 僧侶退出:最後の題目を唱え終わると僧侶が退出します。 そして、その後に喪主謝辞を行い、最後に閉式の辞で終了です。 費用相場 御供養金額には決まりや目安、相場といったものは決まっていません。 日蓮正宗ではお布施のことを御本尊への御供えとして「御供養」と呼びます。 この御供養の相場が気になり寺院に質問する人も多いそうですが、御供養はあくまで御本尊への御供えであり、僧侶が金額をつけることはできないため相場がないようです。 また、宗派によっては住職へのお礼を渡す場合もありますが、日蓮正宗では必要ありません。 なお、以下の費用は寺院によって金額が決まっています。 寺院に問い合わせると教えてくれるそうです。 塔婆代 卒塔婆の料金• 永代回向料 ご遺骨の管理費• 納骨冥加料 納骨料金• 過去帳冥加料 故人の戒名や享年などの記録を記す料金 日蓮正宗の葬儀のマナー 日蓮正宗の葬儀の流れを理解したところで、葬儀のマナーを説明します。 お経 日蓮正宗では法華経の教えを基礎とするため、葬儀の読経でも「妙法蓮華経」を唱えます。 また、題目三唱の部分では参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。 この三唱とは、三回連続して唱えるのではなく、二回続けて唱えてから、一拍置いてもう一度「南無妙法蓮華経」を唱えます。 「南無妙法蓮華経」には「法華経の教えに帰依するという」という意味があり、「南無妙法蓮華経」と唱えることで加護を祈り、これを受持することこそが成仏の道であると説いています。 また、「南無妙法蓮華経」の読み方は、宗派によって違いがあるのですが、日蓮正宗の厳密な読み方は「なんみょうほうれんげきょう」となります。 焼香の作法 日蓮正宗では、焼香の作法と回数が厳密に定められています。 回数にこれといった決まりがない宗派もありますが、日蓮正宗の焼香は以下の方法が正しいとされています。 はじめに、遺族と祭壇に一礼をします。 その後、額に押しいただきながら焼香を3回行い合掌し、最後にもう一度、遺影に向かって一礼をします。 このように焼香が3回と決まっている点が特徴です。 また、合掌する際、数珠は掛け房が下に来るように左手で持ち、手を合わせるようにしましょう。 【合わせて読みたい】 お供え 定番は、しきみと果物、お線香とされています。 生花は避け、しきみを供えましょう。 しきみは常緑樹で、いつか枯れてしまう生花よりも強い生命力があると言われます。 また、枝や葉から独特の香りを出すので、邪気を払い、自分の周りを清め、来世で長く生きられるよう願うという意味があります。 日蓮正宗の仏壇やお墓 仏壇の特徴 日蓮正宗専用の仏壇を用意するのが良いとされ、日蓮正宗用仏壇の専門店もあります。 日蓮正宗専用の仏壇は仏壇の内部に厨子がついているものが正式です。 この厨子の中に御本尊を祀ります。 ですが、最近では、内部に厨子をつける代わりに扉を厨子型にしたものが広く出回っていて、その扉の形体から、いわゆる家具調仏壇を選ぶ人もたくさんいます。 お墓の特徴 墓石は、基本的に仏教の他の宗派と大きな違いはありませんが、所属寺院の住職がしたためたひげ文字の「妙法蓮華経」の下に家名を入れることが多いです。 墓石が完成したら、僧侶の導師のもとで供養を行います。 なお、墓参りの際も、生花ではなくしきみをお供えするようにしましょう。 まとめ 日蓮正宗では厳格に教義を守り、正しく冠婚葬祭を行うことが重要とされています。 ただし、地域により作法の多少の違いがありますので、わからないことがある場合は所属している寺院に相談し、誤りなく行うのが良いでしょう。 また、参列する予定のある人は、日蓮正宗における葬儀・結婚式のマナーあらかじめ知っておき、いざと言う時に慌てずに済むようにしましょう。 特に、葬儀・告別式に参列する時には、日蓮正宗に限らず宗教や宗派によって覚えておきたいマナーやしきたりがたくさんあります。 突然の不幸にも慌てずに参列できるよう、基本的なマナーとしきたりは覚えておきたいものですが、何よりも大切なことは故人の冥福を祈り、ご遺族の気持ちを大切にすることです。

次の