アフィリエイト 雑記ブログ。 雑記ブログ作成で参考になる人気サイトランキング!初心者未経験者必見です!

雑記ブログでアフィリエイトはできる??稼ぎ方をまとめてみた!

アフィリエイト 雑記ブログ

こんにちは、覆面先生です。 ブログをやると決めたら、「ブログ名(ブログタイトル)」を決めなくては始まりません。 世の中にはたくさんのブログが存在し、 直球で分かりやすいブログ名からセンスを感じるものまで本当に様々です。 ブログ名、どうやって決めたらいいか分からない… いろいろ候補かありすぎて決めれない… ブログの名前で失敗したくない… そんな悩みを解決するため、 ブログの名前を決めるときに押さえておくべきポイントを解説します。 ブログ名の選定で立ち止まらず、 1日でも早く、記事を書いて欲しいという思いで書きました。 これからブログを始める方も、 何となく適当に名前を決めてしまった方も ぜひ参考にしてください。 収益を意識した戦略的なブログ名の付け方 人対策 何のブログか一発で伝わるブログ名にする 訪問者が何かのきっかけでブログにアクセスしてくれたとき、「このブログはどんな情報を発信しているブログなのか」を瞬時に伝えることはとても重要です。 誰もがブログのトップページからアクセスするとは限りません。 むしろ、複数ある記事のうち1ページが検索結果にヒットしてアクセスされることの方が多いです。 そんなとき、何について書かれているのかブログのタイトルから瞬時に伝われば、 訪問者は「アクセスした記事以外にも読んでみよう!」という気持ちになる可能性が高まります。 そして、そのブログが訪問者にとって有益な記事がいくつもあれば、ブックマークされて定期的なリピートユーザになるでしょう。 ブックマークしてもらえなかったとしても、有益な情報を得た場合、ブログ名は訪問者の記憶に残ります。 このように、何のブログか一発で伝わるブログ名は、ブログの回遊率を上げ、新規の訪問者がリピーターになるチャンスを掴むことができるメリットがあります。 私の場合はこんな感じで挨拶しています。 「覆面先生のブログ講座」というブログを運営しています。 「覆面先生」で検索して頂いたら1位に私のブログが出てきますので、よかったら一度みてみてください。 自己紹介もしやすく、覚えてもらいやすいですね。 先程の 「何のブログか一発で伝わるブログ名にする」でも紹介しましたが、訪問者がブックマークしなかったものの、もう1度あのブログ記事をみたい時は記憶を頼りにブログを探してもらうことになります。 そんなときも、覚えてもらいやすいブログ名にしておくことで、リピートユーザーを逃しません。 誰かに伝えやすいブログ名にする これは先程の「覚えやすいブログ名にする」というのに似ていますが、少し違います。 ブログで有益な記事を発見したとき、友人や同僚にシェアしたくなりますよね? しかし、そのブログ名が卑猥なネーミングだったりすると気が引けてしまいます。 私が経験したのは、「社畜」といった表現に代表される会社員なんてバカ?的な表現でエッジを立てているブログ名は、どんなに記事がよくても会社のSlackで共有する気にはなれませんでした。 そんな実体験からも、誰かに伝えやすいブログ名にすることの大切さを実感しています。 イラスト化できるブログ名にする あまり語られていませんが、とても重要なポイントです。 例えば、「覆面先生」と聞くと、覆面した先生を想像できますよね? 文字情報にプラスしてイメージ化して記憶してもらえると忘れられにくいので、ブログ名から瞬間的に脳内でイラスト化できるブログ名はオススメです。 名刺やロゴを作るときも、イラスト化できるとすごく便利ですよ。 この手法は、動物(特にネコやサル、ゴリラが多い)でよく使われています。 Google対策 ビックキーワードをブログ名に盛り込む ブログ名は、Googleをはじめとする検索エンジンに「重要なキーワード」と判断され、検索ランキングに少なからず影響力があります。 当ブログ「覆面先生のブログ講座」の場合、「ブログ講座」が重要なキーワードです。 「覆面先生の楽しい講座」というブログ名と「覆面先生のブログ講座」というブログ名とでは、ブログに関する悩みを持った方の検索結果に表示されやすいのは、明らかに後者です。 テーマを絞ってブログを書かれているなら尚更、 ビックキーワードを入れることをお勧めします。 オリジナリティをもたす 先に述べた「収益を意識した戦略的なブログ名の付け方」を考慮すると、 みんな似たようなブログ名になってしまいがちです。 そこで「収益を意識した戦略的なブログ名の付け方」を活かしつつ、他のブログとかぶらないブログ名にする技をご紹介します。 実名・ニックネーム・ハンドルネーム 個人名をそのままブログ名に入れている方もたくさんいらっしゃいます。 本人の写真を掲載しない限り特定されるリスクも低いため、手っ取り早く差別化をしたい場合は積極的に取り入れたい手法です。 名前で有名になれば、「名前+テーマ」というブログ名でジャンルに縛られることなく、 何でも書けるようになりますし、 専門性を出すこともできます。 ただ、人の名前って、記事に感動しないと全く記憶に残らないので、結局「記事力」なのですが… 例• 『なんで「1㎜」なんだろう?』という疑問(興味)に対して、シンプルで好感の持てるコンセプトが込められてて、私はとても好きになりました。 (もちろん一発で覚えたw) ブログのテーマをそのままブログ名にしないことで、幅を持たせることができます。 書く内容を限定したくない方は、抽象化したテーマにコンセプトを込めて、オリジナルのブログ名をつけるのも良いでしょう。 これ、センスが問われますね。 どうしてもブログ名を決められない人はこれ ブログ名は大切です。 適当に決めずにしっかりと考えたいところ。 ただ、真剣に取り組めば取り組むほど、悩み出したら止まらなくなるのも事実です。 そんなときは、期限を設けるのことをお勧めします。 期日までに決まらなければ強制的に 「名前+ブログ」でスタートすると決めましょう! ブログ名って絶対いつかは変更することになります。 記事を書く前から完璧を求めず、書きながら決めてもいいので、ブログ名を名前にしておけば何でも書けますよ。 さいごに いかがでしたか? あれこれ知恵を絞ってブログ名を考えてみるのは大変ですが、ぜひ楽しみながら取り組んでみてください。 ブログは長く付き合っていくものですので、愛着が湧く名前をつけるのが一番です。 しっくりくるかどうか、それが最も重要なチェックポイントです。 それでは、良いブログライフを! 今回は以上です。

次の

アフィリエイトお悩み 雑記ブログと特化ブログ、どちらがよいのか

アフィリエイト 雑記ブログ

初心者の方は「3つか4つ程度のカテゴリーを中心とした雑記ブログ」を目指すのがおすすめ 結論として、初心者の方はまず 「3つか4つ程度のカテゴリーを中心とした雑記ブログ」 を目指すことをおすすめしています その理由を解説していきます 雑記でも特定のカテゴリーを決めた方が良い理由は? これは単純に 時間の分散を防ぐためです 個人的に、ブログは「かけた時間がものを言う」と思っています たまに「1日5分で10万円!」とかいうマヌケ専用広告みたいなのを見る事がありますが、そんな美味い話はありませんし、万が一あったとしたら広告なんて出さずにこっそりやってます 断言しますが ブログにある程度の時間向き合う、というのは収益化をしたいのであれば必須です しかし、ここでカテゴリーがあまりにバラけていると、カテゴリー毎のかけた時間が分散してしまいます この事は名古屋にいる凄腕アフィリエイターの水野さんが書いているブログ「」に凄くわかりやすく書いてあったので引用します ブログ型のサイトを見てみてください。 ガジェットやらWPやらメンタル、夫婦関係、ダイエットに筋トレなどもう何からなにまで盛り込まれたカテゴリーになっています。 アフィリエイトサイトは「筋トレ」というテーマならそればかりを詰め込んだサイトになります。 ブロガー型サイトだと、沢山のジャンルがある中の1部が「筋トレ」の記事になり、そのテーマに費やす時間も微々たるものとなります。 より 上記の記事はブロガー、アフィリエイターの方は是非一度読んでほしいです つまりどういうことかというと、一日3時間ブログに使えるとして• 筋トレ の1つに絞った場合は、筋トレ記事に毎日3時間使えます 同じ時間をブログに使っているように見えても、こと「筋トレ」の記事に関しては、後者の方が6倍の時間を使っています そりゃあ成長スピードも後者の方が早くなります。 「過去の自分がリサーチを終わらしてくれている分野」• 書き出してみたら予想以上につまんね~~~• 3記事くらいでもう書く事ね~~~ みたいなことが往々にしておこります これは書いてみない事にはわかりません とりあえずで決めて、書いてみて「やっぱちげーわ」って思ったらそれでもOKなんです むしろ、「このジャンルは違った」とわかっただけでも大きな収穫です そうやって自分で挑戦してみて、ダメだったらダメで今後に活かす そういったことが出来る人はどんどん伸びていきます。 意識的に、行動の量を増やしていきましょう このマインドは以前記事にもしたので良かったら合わせて読んでみてください この機会に自分を見つめなおすのも有り 過去の自分をじっくり振り返ってみたり、自分の強みや得意を分析してみるのも良い手段です 自分の過去を振り返りながらプロフィールページを作成し、その中から記事ネタを拾ってくる、というのも非常に良いと思います• 「自分がどんどん書けるカテゴリー(テーマ)」• 「読者に需要のありそうなカテゴリー(テーマ)」 を是非見つけてください。 途中で飽きたとしても、その記事を消す必要はありません。 何故ならあくまで「雑記ブログ」だからです。 色々な記事があっていいんです この記事では散々 3~4つ程度のカテゴリーを中心とした雑記ブログを作ろう! と話してきましたが、厳密に言うと今行ってる作業はこのメインカテゴリーを決めるための準備です ドンドン書いて、自分に向いているテーマを見つけ出しましょう! 最終的にはさらに絞り込んで、1つか2つのテーマをメイン(残りの二つはサブ、あとは興味ある時にその他の記事も書く)にしていくのを目指していきましょう!.

次の

ごちゃまぜ雑記ブログを4年間運営

アフィリエイト 雑記ブログ

ここではとある3日間のデータを参考し説明いたします。 アドセンスの収益について アドセンスについて説明します。 私は「PVが増えればアドセンス収入も増える」という話に、期待しつつも疑問を持っていました。 「ブログの内容とアドセンス広告の相性がいいだけでは?」というのが主な理由で「全てのブログに当てはまる話じゃないだろう」と思っていたんです。 結果からいいますと、 どんなブログでもPVが増えるとアドセンス収入も増えます。 今回計測した3日間で約43000PVありましたが、そのほとんどがタトゥーの記事でした。 アドセンスで表示される広告にタトゥー関連のものがあった事も驚きですが、逆に言えば世間で認められてないタトゥーの関連広告があるくらいですので、殆どのジャンルの広告があるのではないでしょうか。 その仮説が成り立てば、 アドセンス収入において「書いてるジャンル」の問題は消滅します。 (単価はまた別の話) それに、関連広告が表示されなかったとしても「たまたま見た広告が気になってクリックする人」は必ずいます。 PVが増えるということは、そういう人も増えるということです。 Amazonアソシエイト このブログは約120記事あるんですが、先月まで全く収益を上げておりませんでした。 (2016年3月時点) それが今月から急に売れ始め、計測の前日までに20件ほど売れておりました。 単価もなかなかのものが多かったので喜んでいたんですが、 この3日間で更に同じくらい売れました。 でもこれは意図的にやった部分もありまして、騒動の最中に関連記事のリンクをアフィリエイト記事にすり替えたり、アフィリエイト記事に誘導するような関連記事の貼り方に変更したりしてました。 よって正確なデータとしては正直微妙かもしれません。 ただ、アクセスが増えれば商品が売れていくのは間違いなさそうです。 根拠としましては 「紹介してない商品が沢山売れている」というものがあります。 アクセスしてきた人が、このブログのアフィリエイトリンクを踏み、帰りにAmazonで違う商品を買っていったということです。 PVが増えればそういうことも増えるということです。 バズと検索流入 このブログは9割が検索流入です。 毎日一定のアクセスがありますし、昔書いた記事が上がってくるというような事が起きたりします。 例えば、このサイトではブクマが5つしかついていません。 スターも全然ついてないです。 「それなのに」です。 もちろんこの記事は水物ですので、旬が過ぎれば消えいくでしょう。 しかし問題はそこではなく、こういう記事の積み重ねが大事だと思うのです。 アクセス数の誤差 そしてもう一つ気になったのがアクセス数。 はてなのアクセス解析では約43,000PV(アナリティクスは約44000PV)にもかかわらず、アドセンスのPVは約38,000PVになっています。 最初は「単なる誤差かな」ぐらいに思ってたんですが、「広告ブロッカー」の存在を思い出しました。 「広告ブロッカー」とは、ウェブサイトの広告を非表示にするプラグインやアプリの事で、設定しているブラウザではアドセンスは表示されません。 ブロックされたページはカウントされない仕組みになっているとしたら、全体の11%の人間が広告ブロッカーを使用しているということになります。 ブログ主には耳の痛い話ですね。 ある時期を超えると、爆発的に伸びることがあるようです。 (きっと今ポツポツのところ) その為には何が何でも記事を増やしていく必要があります。 といっても、日記のようなことばかり書いていても収益は上がらないと思います。 日記ブログである程度のPVを稼ぐのは相当面白いブログじゃなければ厳しいです。 定期的にアフィリエイト記事を作成していくことが大事ですし、その記事は突発的なアクセスがあった時などにかなり使えます。 これらのことは、収益を上げたければ必要なことだと思われます。 (マネタイズ) では。 追記 この記事を書いてから2年以上が過ぎ、今一度この記事を読んでみて「我ながら初々しいなあw」という感想を持ちました。 ここから2年以上たった現在は、月に200万以上発生するまで伸ばすことが出来ています。 (確定は秘密) ブログを始めた頃は、「ほんとに儲けれるのか?」なんて思っていましたが、今は「 やり方次第では雑記ブログでも儲けれる」とはっきり断言できます。 しかし、上手くやらないとダメです。 例えば自己満の記事ばっかり書いていてもお金には繋がりませんし、SEOを意識しない書き方をしていてもダメです。 結局は 「常にお金を意識しながら続ける」ことがいちばん大切なような気がします。 意識していればやり方は自然と学習しますし、続けていれば可能性は広がる一方です。 「雑記ブログは儲けれるのか?」という疑問より、「このやり方で儲けれるのか?」という考え方にシフトして、日々探求していけばいつか大金を手にできるでしょう。 がんばってくださいね。 最低コレだけはやっておきましょう 最初ははてなブログ(PROプラン)から始めるのがおすすめ サイト制作はレンタルブログとワードプレスのような自身で構築していくパターンの2つがあります。 レンタルブログはメンテナンス等する必要がなく、ワードプレスは全て自身で行う必要があります。 ですので、全くの初心者は「レンタルブログ」からはじめる事をおすすめします。 はてなブログは非常に優秀なのでおすすめです。 アドセンスを掲載するためには「Proプラン」で独自ドメインを使う必要があるので注意してください。 ASPに登録すると、そこにある広告が自分のブログに設置することができるようになり、収入を得ることが出来ます。 そしてASPと呼ばれる会社は複数存在し、会社によって扱っている広告に違いがあったりしますので、できるだけ沢山登録しましょう。 Amazonアソシエイト Amazonが運営するASP。 Amazonのすべての商品が紹介できますので、必ず登録しましょう。 楽天のサービスほとんど紹介できます。 net ASP大手です。 圧倒的な広告数。 Amazonと楽天のアフィリエイトもあるので、成果をまとめたい方には便利です。 アプリは報酬が発生しやすいので登録しておきましょう。

次の