グラン メゾン 東京 くず み。 日曜劇場「グランメゾン東京」主要出演者(キャスト)、登場人物まとめ

グランメゾン東京 無料動画|木村拓哉主演の三つ星レストランドラマ

グラン メゾン 東京 くず み

京野の料理 引用: GYAOスクリーンショット 京野が祥平のために作った「本州鹿ロースのパイ包み」です。 一度フライパンで焼き色をつけた鹿ロースをパイ生地で包んだ料理ですね。 お肉のパイ包焼きは挽肉をパイで包んだものと、塊肉を使うものがありますが、塊肉の方は 火入れが難しくなります。 挽肉は焼きすぎてもホロッと崩れてくれるので食べやすいですが、塊肉を焼きすぎると硬くなって美味しくなくなってしまいます。 今回のパイ包みは一度フライパンで焼き色をつけているため、フライパンで火を入れすぎてしまうことに気をつけなければなりませんし、オーブンで焼く時もお肉の火入れ加減に気をつけながらパイにしっかりと焼き色をつけなければならないので難易度は高くなります。 付け合わせやソースの詳細はほとんど描かれていないのでよくわかりませんが、「今日の料理はぼんやりしている」と言われているにも関わらずこれだけ上手く肉の火入れが出来ているので、 京野も調理技術は高いものを持っていることが分かりますね。 引用: GYAOスクリーンショット ちなみにこのパイのあみあみ模様ですが、お肉を包んだ普通のパイ生地の上から網目模様にしたパイ生地をかぶせています。 よくアップルパイで見る網目模様ですが、このようにパイ生地をカットする器具があり、それを使ってこの模様を作っています。 メッシュローラーと呼ばれて販売されているようですね。 gakuの料理 柿谷の試作品 引用: GYAOスクリーンショット こちらは焼いたキクイモに、周りの白いものが生のカボチャの種、キクイモの上に味噌を乗せ、キャビアを散らした料理だと見て取れます。 昆布出汁とも書かれているので、味噌を昆布出汁で伸ばしているのかもしれません。 ちょっと僕にはプランクトンはよくわかりませんが… 丹後の試作品 引用: GYAOスクリーンショット 湯葉と花を食べるお料理ですね。 山わさびの香りをつけた泡のソースでアクセントにしていました。 この食用花は「 ナスタチウムの花」と書かれていますが、ナスタチウムはフレンチで使われることも多々あるハーブで、そのハーブの花を使っていました。 このナスタチウムの花はキャプシーヌとも呼ばれ、第1話の「手長海老のエチュベ」で使われたキャプシーヌオイルの キャプシーヌと同じものです。 グランメゾン東京の料理 白子のポッシェ 引用: GYAOスクリーンショット これは前回の白子の冷菜に 熱々にロースとしたピーカンナッツを乗せた料理でした。 ポッシェとは沸騰しない程度の温度の液体(大抵お湯ではなくブイヨンやコンソメなど)の中に食材を入れて火を通す調理法です。 すっごい簡単に言うと「茹で」のようなものです。 「ショーフロワ」とは、フランス語でショーが 熱い、フロワが 冷たいという意味の言葉です。 ショーフロワという料理は加熱して熱くなった料理を冷やして提供するものです。 多くの場合はその冷やした食材をソースやジュレでコーティングして仕上げます。 そしてグランメゾン東京の料理はそれにプラスして、冷たい白子に熱々にローストしたピーカンナッツを乗せることで 「熱」と「冷」を名前の通りに強調しているのでしょう。 前回の栞奈から「ワインと合わせるために料理の温度を上げたほうがいい」というアドバイスを取り入れるのも兼ねて。 クスクスのサラダ 引用: GYAOスクリーンショット 次は「リ・ド・ヴォーを入れたクスクスのサラダ」でした。 リ・ド・ヴォーとは 仔牛の胸腺のことで、フレンチでも使われることが多々あります。 フレンチを題材にしたディズニー映画「 レミーのおいしいレストラン」でもこのリ・ド・ヴォーを使った「リ・ド・ヴォー・ア・ラ・グストー」とい架空の料理も出てきます。 このリ・ド・ヴォーは小麦粉で衣をつけてフリットにしていました。 一方クスクスですが、これは 世界一小さいパスタとも呼ばれるもので、大抵の場合乾燥させた状態で販売されています。 パスタなので茹でるかと思いきや、クスクスはお湯を注ぐだけで簡単にふやけます。 普通のお湯を注いでもいいのですが、旨味をプラスするため大抵はブイヨンなど味のついたものを使います。 このクスクスは1話か2話でも「クスクス・ア・ラ・メゾン」として登場しましたね。 上記でも述べたようにクスクスは味のついたものでふやかすのですが、トマトソースやサフランを使うと色もついて鮮やかな見た目にもなります(ただのお湯だと黄色)。 今回のクスクスのサラダも、ほうれん草とセリという葉物野菜とブイヨンをミキサーにかけたものでクスクスをふやかしているので 鮮やかな緑色になっていますね。 キジバトのドゥミ・アンクルート 引用: GYAOスクリーンショット まずはソースから。 ソースは相沢は「赤ワインとフォンドボーのシンプルなものにしてみる」と言っていました。 それ以外の材料には鹿のジュ、ハチミツ、カンパリ、バター、コーンスターチがあります。 コーンスターチはとろみづけ、バターはさせるためものもでしょう。 バターによる乳化はフランス料理の基礎で、ソースをバターでさせることでトロミがついてツヤも出すことができます。 鹿のジュを使うのは、鹿の野生味をプラスし 鹿と同じジビエであるキジバトとの相性を考えてのことでしょう。 カンパリはカンパリソーダなどで飲んだこともある方もいると思いますが、苦味のあるオレンジのお酒です。 このカンパリの苦味とフルーティな香りでソースに深みを出しているのでしょう。 また付け合わせにザクロを使っているのでフルーツの香りをソースにつけることでまとまりが出ます。 次に付け合わせを。 倫子は「ビーツの アシェも加えよう」と言っていましたが、 アシェとは調理用語でみじん切りのことです。 みじん切りにしたビーツとザクロ、キジバトの内臓を混ぜ合わせて付け合わせとしていました。 「キジバトの内臓」と聞くとゲテモノ感が出てしまいますが、我々もレバーなり砂肝なり普通に食べているのでそれと同じ感覚です。 焼いたりオーブンに入れるなりした内臓を裏ごしして細かくし、ザクロやビーツと和えているのでしょう。 このような火を通した内臓のことをフレンチでは「ファルス・ア・グラタン」と呼んだりもします。 引用: GYAOスクリーンショット キジバトは皮目だけを炭火で焼きいてパリッと仕上げ、反対の面にだけ生地を塗って多めの油で揚げ焼きのようにしていました。 またドラマ中では「パイ生地」と呼ばれていましたが、これは一般的な、何層にもなっているサクサクのパイ生地ではなく、食感的には全く別のものと言っていいでしょう。 ドロっとしていたあの生地も、おそらく一般的なパイ生地と同様の材料、小麦粉、バターなどを混ぜ合わせ、水分を多めにした生地なのではないかと思われます。 名前の「 ドゥミ・アンクルート」ですが、「 ドゥミ」は半分という意味で、アンクルートは食材を生地で包んだりして作る料理によく使われる名前です。 なので意味的には「 半分だけ生地をつけた」という感じです。 片面にだけ生地を塗るというその見た目を表した名前ですね。 このドゥミ・アンクルートという名前は僕は聞いたことがないので、このドラマのために生み出された料理なのではないでしょうか? その他 プチパン 引用: GYAOスクリーンショット この京野が持っている小さい鍋はプチパンと呼ばれるもので、ソースを作ったり、作っておいたソースを温めるのに使われます。 大量に作ったソースを必要な分だけこのプチパンに入れて温めることができるので便利です。 ガスコンロの五徳には小さすぎて乗らなかったら不安定になるので、 プラックと呼ばれる鉄板の上に置いて温めています。 プチパンは見た目もおしゃれですが結構高価です… フレンチ料理人の役職 ストーリー序盤で尾花が祥平に対して「コミのくせに責任感じるなんて100万年早いんだよ!」と言っていました。 フランス料理の料理人には役職のようなものがあります。 シェフ ・・・厨房全体で1番立場が上の責任者• スー・シェフ ・・・副シェフ• シェフ・ド・パルティ ・・・部門シェフ• コミ ・・・平(ヒラ)の料理人• アプランティ ・・・料理人見習い という感じになっています。 部門シェフは前菜やメインなどそれぞれの持ち場に1人配置されます。 尾花が言っていた「コミのくせに責任感じるな」というのは、「 ヒラの料理人で責任取る立場でもないのに」と言うことですね。 この役職分けはフランスの伝統的なものなので、実際の日本のフランス料理店ではこのように分けられていないケースも結構多いです。 小規模のレストランならこんなに役職分けするほど料理人がいないケースもありますしね。 グランメゾン東京でも倫子がシェフ、尾花がスーシェフ、ちょっと前の芹田はアプランティ(見習い)となっていますが、相沢などはどんな立場なのかよくわからないので、細かく役職を決めていないのかもしれません。 フランス料理は常温 フランス料理は常温のものが多いと言われていました。 高級なフランス料理店でフーッ、フーッと料理を冷ましている光景は見たことないしドラマでもそんな描写は無いと思います。 高級な料理なのに熱すぎて口の中を火傷してしまったら元も子もないというのがひとつの理由です。 もうひとつは、1番美味しくなるようにしているからです。 少し専門的な話になりますが、余熱調理と言う言葉がありますね。 お肉などを休ませて余熱で火を入れる手法ですが、お肉は休ませている間 お肉の中で肉汁が動き回ります。 温まった肉汁が肉の内部で動き回ることでその肉汁に触れた部分の肉が温まり火が入るのです。 お肉が冷めてくると肉汁は動かなくなるのですが、温かいうちにお肉を切ると肉汁がまだ動いているので、 断面から肉汁が流れ出てしまいます。 肉汁は旨味なのでこれが流れ出てしまうと非常にもったいないです。 なのである程度冷めて肉汁の動きが止まった時にカットしてお客様に提供することで、旨味を閉じ込めたまま食べてもらえるのです。 そういった事情もあり、ある程度冷めて熱々ではなくなった時に料理が提供されるためフランス料理には温度感がないと言われるのでしょう。

次の

グランメゾン東京

グラン メゾン 東京 くず み

フリーのフードライター• グルメ雑誌やウェブサイトの記事作成• 小さい頃から食べるのが好き。 グルメ雑誌で3年間働いた後に、渡仏• パリのグルメ雑誌編集をしている時にリンダに出会う 公式サイトを見ると、このように説明がされています。 ただ、6話の最後に『 グランメゾン東京が成功することは許さない』とコメントをしています。 きっと何か企みあるんだろうなぁ。 そしてネットの反応で有力視されているのはこちらです。 中村アンさんの父親が尾花が働くエスコフィユで働いていた。 しかし、エスコフィユで尾花が問題を起こして路頭に迷い、、、というのが多くの方が予想されていました。 恐らく、幼少期から食べることが好きということなのでご両親が料理人だった可能性もありますし。 ドラマの展開として有り得そうですよね。

次の

大切な日に妥協はなし!一度は行きたい東京都内の最上級グランメゾン10選

グラン メゾン 東京 くず み

主演は(令和最初の主演ドラマ)。 第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 第10話は20分拡大(21:00 - 22:14)。 最終話は30分拡大(21:00 - 22:24)。 2019年8月30日、パリの有名三つ星レストラン「ランブロワジー 」でクランクインした。 同店でドラマ撮影が行われるのは世界初。 番組公式サイトにおけるキャッチコピーは「 自分だけの星を掴め。 あらすじ 『』にて最高峰の三つ星を獲得した、フランスのパリにある一流レストラン「ランブロワジー」で修業を積んだ日本人シェフの 尾花夏樹は、同じ店で修業を積んだ 京野陸太郎と共に独立し、パリに自分のレストラン「エスコフィユ」をオープン。 ミシュランから二つ星を獲得するまでに活躍する。 ところが、2015年の日仏首脳会談の昼食会で提供した料理にアレルギー食材(ナッツ)が混入し、またこれについて追及する仏政府関係者を殴ったために尾花は逮捕。 評判を落とした店は倒産し、名声と信用などすべてを失ってしまう。 それから3年後の2018年。 パリの片隅で借金取りに追われるまでに落ちぶれていた尾花は、かつて修業を積んでいたランブロワジーの面接に落ちた 早見倫子と共に、自分たちの新しいレストラン 「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指して動き出すのであった。 当初は、エスコフィユ同様の「高級食材を多用するスタイル」でいこうとした尾花だったが、元同僚・ 相沢瓶人の「日本人の味覚に合う味」が好評だったことなどから、国産食材を主体とした「素材の組み合わせと見えない手間で勝負をする」スタイルへ方向転換し、銀行からの5000万円の融資を獲得してプレオープンに漕ぎ着ける。 プレオープンは上首尾に幕を閉じた。 ところが、招待客の一人の リンダ・真知子・リシャールの記事の影響によって、予約が全てキャンセルされる事態に発展する。 客足が遠のく窮地の中、尾花はフードフェスへの参加を提案し、口コミにより行列が出来るほどの成果を収めたものの、「gaku」のオーナー 江藤不三男の告発により販売中止に追い込まれてしまう。 こうした風評被害に遭いながらも、提供する料理とサービスは高く評価されて常連客もつくようになり、ミシュランの前哨戦となるトップレストラン50では10位にランクインする。 しかし、競合店である 丹後学がシェフを務めるgakuは、グランメゾン東京を上回る8位に選ばれる。 そんな中で、3年前のナッツ混入事件の犯人が、エスコフィユで見習いをしていた 平古祥平の調理ミスであったことが判明する。 すべてを告白し、責任をとって料理人を辞めようとする祥平を、グランメゾン東京はスタッフとして受け入れる決断をする。 ミシュランの審査が迫る中、三つ星獲得にこだわる尾花は、フランス料理では難しいとされる「マグロ」を使った料理に挑む。 だが倫子はオーナーシェフとして、尾花のマグロ料理ではなく自らの「ハタのロティ」を選択する。 その結果、ミシュランの発表会で「三つ星」を獲得するのであった。 その後、相沢は妻子のいるフランスに旅立ち、平古は自身のレストランを立ち上げ、 松井萌絵はケーキ屋をオープンするなど、それぞれのスタッフ達が新たなステージへと独り立ちをする中、グランメゾン東京は『世界一のレストラン』を目指して再スタートする。 キャスト グランメゾン東京 尾花と倫子が東京の目黒の一角で開店したフレンチレストラン。 後に、芹田、京野、相沢、萌絵、栞奈、祥平が一員に加わる。 最終話終盤で三つ星を獲得し、皆がそれぞれの道に歩み出していった。 尾花夏樹(おばな なつき)〈47〉 演 -。 自分の腕と舌とセンスに絶対的な自信を持つ、料理のためならどんな犠牲もいとわない型破りな男。 料理に関しては自他ともに厳しく妥協を許さない性格と多くを語らずぶっきらぼうな言動によって対人関係はかなり悪いが、言葉ではなく料理で人を説得する力を持っている。 何事にも負けず嫌い。 パリ時代は三つ星レストラン「ランブロワジー」でシェフとして修業を積んでから独立して開業した「エスコフィユ」というレストランで二つ星を獲得し、シェフとして絶大な人気を博していた。 パリに自分の店を構える日本人シェフとして初の三つ星を獲れると期待されていたが、ナッツ混入事件 によって「日本人シェフの恥」として尾花の名は地に落ち、それからの尾花は堕落していた人生を送っていた。 事件から3年後(2018年)のある日、パリで早見倫子と出会ったことで、彼の料理人としての思いにもう1度炎が灯る。 彼女に三つ星を獲らせるべく「グランメゾン東京」をオープンすることを決意する。 日本に住む家が無かったため、しばらくの間倫子の自宅に居候し、最終的には彼女の自宅のガレージに落ち着くこととなったが、第8話終盤から京野のいるアパートに住みこむことになる。 ナッツ混入事件は祥平が原因であると見抜いていたが、二つ星止まりで落胆していた時に彼が作った賄い料理のを食べて「もう一度頑張ろう」と救われたことを告白する。 最終話ではマグロ料理にこだわっていて、メニュー開発に専念するため、祥平をスーシェフに昇格させた。 早見倫子(はやみ りんこ)〈49〉 演 - オーナー。 食べるとその料理の素材と調理工程がわかる絶対味覚の持ち主。 闘病中だった母親に尾花の記事を紹介され、「エスコフィユ」でその料理を食べて衝撃を受ける。 フランスの三つ星レストランで面接を受けているときに、尾花と出会い、ともに「グランメゾン東京」をオープンした。 自宅は母親が愛人からもらったもの。 なお「店を広く使いたいから」という理由で自宅はレストラン事務所にも使用されている。 実家は餃子の工場を営んでいる。 フランスにいた頃は、3年半もの間「エスコフィユ」で尾花の見習い(コミ)として働いていた。 その当時は仕事が手早いことから「彼がいると厨房の安定度が上がる」と評されていた。 店で提供されない部分の野菜等を使った賄い料理は、「ケチケチ料理」と評されるようになる。 日本で久しぶりに尾花と再会し、「グランメゾン東京」に来るように誘われるが、彼から褒められたことが一度もなかったことや3年前のナッツ混入事件で、彼に不信感を持っている。 しかし、美優の父・西堂に融資の口利きをお願いしたり、レストランの名前を貸して良質のジビエを提供させたりして、「グランメゾン東京」のオープンに向けて秘かに協力した。 「グランメゾン東京」のプレオープンに招待され、魚料理の提供が遅いと感じたときに京野から事情を聞いて、急遽ウニの下処理を手伝って窮地を救う。 3年前のナッツ混入事件は、自分の調理中の不手際によるものと尾花に告白する。 ホテルのブッフェレストランの料理長を辞めようとしている際は、尾花に強引に「グランメゾン東京」が参加するフードフェスの手伝いをさせられる。 ホテルのブッフェレストランの料理長を辞めたあとは実家に戻ろうとしたが、尾花に「フレンチ辞めんじゃねーぞ! 」と言われて心を入れ替える。 ホテルのブッフェレストランの料理長を辞め、店を出た時に丹後がやって来て、彼に「gaku」で働くことを伝える。 しばらくの間は、スーシェフとして「gaku」をトップレストラン50の8位にランクインさせて貢献したが、リンダにナッツ混入事件の真相を知られてからこれ以上店に迷惑をかけたくない思いで店を辞めた。 その後、尾花に「グランメゾン東京」に来るように催促される。 リンダの手によってナッツ混入事件の犯人が祥平であることを公にされる。 それを予期した尾花によって相沢らに謝罪するよう説得され「グランメゾン東京」に行くが、そこで新メニューの開発に関わるように言われる。 かつては居酒屋で半年間働いていた。 「グランメゾン東京」の従業員募集を見てすぐに応募。 彼の情熱さを尾花が見抜いて即採用されるが、シェフとしての腕前はまだまだで、フランス料理に関する知識も薄い。 なかなか料理を任せられない葛藤から、江藤に内部情報を流すように依頼されお金を受け取る。 お金を受け取ったことに戸惑いはあったが、賄い料理を酷評されたり、自身が勝手に行なった鰆のさばきを尾花に激怒されたりして、一時は「グランメゾン東京」を辞め、今までまとめた勉強ノートを江藤に差し出す。 京野の誘いを受けて「グランメゾン東京」に客として来店し、各料理の味に感動するものの魚料理だけは味を疑問視する。 その魚料理が自身がさばいたもので、食材としての扱い方を間違えていたから味が悪くなったと尾花に聞かされ、今まで行なってきたスパイ行為を謝罪し、再度雇ってもらうようにお願いし復帰する。 今までの努力を尾花に認めてもらい、仕込みを任されるまでになる。 その後、江藤から受け取ったスパイ行為のお金を返却する。 自身で作ったデザートは、すぐににアップする。 「センスのある世界一のパティシエ」と豪語する自信家。 1級取得。 幼稚園の頃からケーキ屋になることが夢だったが、パティシエの専門学校ではなく、デザートの美しさを極めるためにに進学する。 大学を卒業してから、有名店を転々とし、数々のパティシエのコンクール賞を受賞する。 尾花たちがプレオープンメニューに出すの味で悩んでいるときに、彼から店のパティシエにスカウトされる。 自身が作ったモンブランを尾花たちに試食させるが、尾花と倫子に「見た目は良いが味は悪く、うちのメニューのコンセプトに合っていない」と酷評を受けてしまい採用は取りやめとなる。 その後、祥平と一緒にモンブランの研究をし、プレオープン前日に「グランメゾン東京」にやって来てモンブランを試食してもらい、尾花たちに味を認めてもらったことでプレオープンのパティシエを任せられる。 プレオープンで招待客24人にモンブランを提供し、リンダに称賛される。 閉店後、今までの不適切な発言と自分で作ったように言った新しいモンブランの正体が「私じゃなく平古シェフのアイディアなんです」と詫びて、「もっと勉強したい」思いで「グランメゾン東京」に雇ってもらうようにお願いし、倫子に認めてもらったことで正式に採用される。 尾花が提案したフードフェスでの店の名前を「スリースターズ」と名付ける。 岩城淳 演 - (第7話から出演) 金井勝也 演 - (第7話から出演) 上記2名は、新スタッフ(見習い)として加わる。 ソムリエの資格を持っており、国産ワインにも詳しい。 フードライター当時、リンダの依頼で、3年前に尾花が起こしたナッツ混入事件の真相を探っている。 「グランメゾン東京」と「gaku」にジビエコンクールへの参加を働きかけ、両者の対決を演出した。 京野の誘いで、繁盛し始めた「グランメゾン東京」のホールスタッフを期間限定で務めることとなり、先述の語学力と資格によって「即戦力」として活躍する。 父は外交官で2015年の日仏首脳会談の昼食会に「エスコフィユ」を彼に勧め実施されたが、コンタミネーション事件後に責任を取らされ寒いところに左遷された。 このためリンダからは「私よりもナッツ混入事件の犯人を憎んでいる」と指摘されており、本人も尾花らのいないところでリンダに「エスコフィユの人たちが東京でやり直すのを、私は許さない」と発言している。 ナッツ混入事件の真相を知り「グランメゾン東京」のホールスタッフを辞めようと考えたが、ソムリエとしての能力を倫子や尾花に認められたことで、ソムリエとして「グランメゾン東京」に残り続けることとなる。 かつてパリのビストロでアルバイトをしたのがきっかけで料理の道に進み、そんな中で尾花と出会い、彼が独立して「エスコフィユ」を立ち上げるのに参加してシェフとして働いていた。 尾花が3年前に起こしたナッツ混入事件をきっかけにフランス人の妻が失踪したため、娘を連れて日本に戻り母の実家で暮らしている。 日本に戻ってから、娘のアメリーの面倒を見るため、家にいながらできるレシピサイトへの動画投稿を始め、ウェブレシピの貴公子と呼ばれて話題になるまでに人気を博すようになる。 「グランメゾン東京」をプレオープン準備までサポートしたあと、レシピサイトへの動画投稿を再開する予定だったが、定時に帰ることを条件に「グランメゾン東京」で働くことを決意する。 妻のエリーゼには三つ星を獲得したらレストランを辞めると言い続けていた。 エリーゼが来日した際、トップレストラン50で「グランメゾン東京」が「エスコフィユ」で獲得した10位を超えられなければ、彼女が娘のアメリーを引き取ることを約束される。 「グランメゾン東京」が10位にランクインされたことにより、約束通りアメリーをエリーゼに引き取らせ、アメリーと別れることになる。 アメリーと別れてからは、フルタイムで働くようになる。 グランメゾン東京が三つ星を獲得したのを機にエリーゼとアメリーが待つフランスへ帰る。 かつてはパリの名店「ランブロワジー」で修業を積んでいたシェフで尾花と丹後の先輩だったが、彼らが作った料理を口にして「絶対に越えられない壁」を感じ、自分のシェフとしての才能の限界を悟ってギャルソンに転向する。 その後、尾花と共に独立して店「エスコフィユ」を立ち上げる際の共同経営者となった。 3年前のナッツ混入事件で「エスコフィユ」を解散したときに借金を背負うことになる。 丹後に誘われ、借金を肩代わりしてもらう代わりに「gaku」のギャルソンになるが、倫子に借金を清算してもらったことで「グランメゾン東京」のギャルソンになることを決意する。 を持っていない。 倫子に思いを寄せていて、彼女と仲良くしている尾花に嫉妬している。 倫子の自宅で彼女と尾花が仲良く料理しているところを我慢しきれず、倫子に告白し尾花に一刻も早く家から出てほしいと口走ってしまう。 第8話終盤から尾花と一緒に住み始める。 レストラン「gaku」 東京の南青山にある高級レストラン。 第1話においてミシュランより二つ星を獲得することに成功し、さらに客足が伸びる。 「トップレストラン50」では、「グランメゾン東京」より上位の8位にランクインする。 丹後学(たんご まなぶ)〈45〉 演 - シェフ。 尾花に強烈なライバル心を抱いている。 かつて尾花や京野と共にパリで「ランブロワジー」でシェフとして修業を積んでいた。 尾花に先駆けて独立して店を構えるが、後から尾花と京野が立ち上げた「エスコフィユ」の方が先に星を獲得するに至り店は失敗する。 そして、パリで失意に沈んでいたところを江藤にスカウトされ、帰国後は「gaku」のシェフとして再起の道を歩む。 レストランで出される素材は最適な温度・湿度を保って管理している。 その緻密さは尾花曰く、「科学実験の残骸」。 尾花たちも参加したコンクールで優勝したが、江藤が裏で根回しなどを行っていたことを知り、優勝がすべて実力によるものではないことにショックを受ける。 江藤には今後卑怯な真似をしないように伝える。 平古祥平の才能を評価しており、「gaku」にスースフェとして迎え入れる。 第10話では、自身の殻を破る料理が出来たものの、江藤は結月聡「gaku」のシェフにを据え、丹後は店を去る。 最終話で結月が「gaku」のシェフを放棄した後、柿谷から状況を知らされて「gaku」に戻ってきた。 「gaku」に戻ってきて柿谷の料理を食べた際、成長ぶりに感心して料理を褒めた。 そして、「gaku」を立て直そうと誓った。 尾花の紹介で峰岸から「gaku」に食材の仕入れを受けられるようになっていたため、最終話では渋滞で「グランメゾン東京」に届かない食材を援助することで借りを返した。 星を失いかねないメニューでのチャレンジは報われなかったものの、店の結束は強まった。 結月聡(ゆづき さとし) 演 - (第10話から出演) 丹後の料理では三つ星を取れずにトップレストランからも脱落すると考えた江藤やシェフたちが、丹後に内緒で雇い入れたシェフ。 フランスの二つ星レストランでスーシェフをしていたため料理の腕は良く評価も的確に行うが、他のシェフや従業員からは、厳しい労働態勢に嫌がられていた。 最終話では柿谷以外のシェフや従業員にボイコットされたため、契約事項違反を理由に退職金と称して大金を「gaku」からせしめて、店を放棄して自主退職した。 実際は江藤が送り込んだスパイであり、「グランメゾン東京」プレオープンでは意図的にウニの下処理を行なわず途中で抜け出したが、自分で起こした行動ではなく、「グランメゾン東京」を潰すための江藤の策略だった。 芹田が江藤に差し出した勉強ノートに書かれているレシピを見ながら「鰆のロースト水晶文旦のソース」を調理したが、江藤から「ただの焼き魚」と酷評を受ける。 第10話では祥平の後を継いでスーシェフに昇進したが、丹後の方針に苛立って一度はフランス料理の業界から辞職することを決めたが、結月を新しくシェフに迎い入れることでフランス料理の料理人として続けていくことを決意した。 最終話では、新しいシェフの結月が店を放棄した後に戻ってきた丹後に料理の腕を褒められ、今までは料理を作る頑張りが足りなかったことを確信する。 「グラグラメゾン東京」では美優に横恋慕するなどあったが、最終的には自身も店を持つなど祥平と良きライバルとなった。 江藤不三男(えとう ふみお) 演 - オーナー。 普段はインチキ関西弁を話す。 「オフィス・イーツ」という会社で様々な飲食店をプロデュースし、数軒の店舗を展開している。 「gaku」もその中の一つ。 「gaku」を三つ星レストランにするための汚い手段を厭わない策士だが、コスト競争から解放された料理をプロデュースしたいという夢を持っている。 終盤では、祥平という片腕を失った丹後を見限り、新シェフの結月を雇った結果、店内の不和を助長することになり、営業不能寸前に追い込まれるが、丹後の復帰で救われる。 峰岸に素材を依頼するために喰いさがる(尾花が根回ししたこともあり商談成立)など、丹後との絆も深まった。 「グラグラメゾン東京」では、酔っ払うと恋話好きでお節介なおっちゃんに変貌するという一面も見せた。 相沢家 相沢百江(あいざわ ももえ) 演 - 相沢の母。 相沢アメリー(あいざわ アメリー) 演 - マノン 相沢の娘。 日本に来てから、相沢の実家で暮らしている。 日本に来てしばらくは元気がなかったが、尾花が作ったで元気を取り戻す。 フランスで家族と一緒に暮らした時、熱を出した時は必ず母・エリーゼが作ったリオレ(米のプリン)を食べていた。 エリーゼのために、自身が大好物ののゼリーの作り方を尾花から教わり、プレゼントする。 トップレストラン50発表セレモニー後、エリーゼと一緒にフランスに戻る。 その他 蛯名美優(えびな みゆ) 演 - ホテルのコンシェルジュで、祥平の婚約者だったが、祥平とレシピ研究を介して仲良くなっていく萌絵に嫉妬心を抱く。 祥平と別れてからも未練があったが、「グラグラメゾン東京」最終回で自分のやりたいことを見つけるため単身パリに留学し、数年後には気鋭の辛口料理評論家となって帰国。 再会した祥平のプロポーズを受け、店を共同で運営するようになる。 リンダ・真知子・リシャール(リンダ まちこ リシャール) 演 - グルメ、料理愛好家で、グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長。 フランス在住。 尾花の元恋人でフランス人とのハーフ女性。 忖度なしで料理の味を評価し、称賛した店は1年先まで予約が埋まり、酷評した店は閉店するほどに影響力のある人物である。 3年前に尾花たちのいる「エスコフィユ」を日仏首脳会談の昼食会としてフランス政府に推薦したが、ナッツ混入事件が起きてしまい自身がダメージを受けることになる。 それ以来、その事を根に持っており、事件の真相を探っている。 「グランメゾン東京」プレオープンの1週間前に来日する。 プレオープンの招待を希望し、倫子はためらうものの尾花の一声で急遽決定する。 プレオープンの料理を食したものを記事にして味を絶賛したが、3年前のナッツ混入事件を付け加えたことで、「グランメゾン東京」を窮地に立たせてしまう。 トップレストラン50が東京で開催されるのに伴い再来日し、発表セレモニーではランキング発表を行う。 栞奈からナッツ混入事件の犯人は祥平と知らされ、彼と事件の真相を隠し続けた「グランメゾン東京」を潰しにかかる。 実は直属の上司が混入事件でメンツをつぶされたことに相当ご立腹であり、その意向を指示していただけだった。 ゲスト 第2話 汐瀬智哉(しおせ ともや) 演 - 城西信用金庫の融資担当。 料理には全く興味がない。 最初は「グランメゾン東京」に融資することを断ったが、試食で出された味に感銘を受け、倫子の実家を担保に入れることを条件に融資を許可する。 結婚記念日の料理を「gaku」で行なう予定だったが、キャンセルして「グランメゾン東京」に変更する。 蛯名西堂(えびな せいどう) 演 - (第5・第10話・最終話) 議員。 美優の父。 事件を起こした尾花を快く思っておらず、影で尾花と会っている祥平に対して娘・美優と別れるように伝える。 に出馬予定であったが、のちに鞍替えしようで、「グラグラメゾン東京」最終回では衆議院議員になっていた。 第3話 峰岸剛志(みねぎし つよし) 演 - (第7・第10話・最終話) 伝説のハンターといわれている猟師。 のジビエ料理「ミネギシ」店主。 食肉は、臭みを少なくするために、わなで動物を生け捕りし、自宅で血抜きしたものを提供する。 相沢の紹介で尾花たちがの調達にやってきて最初は門前払いをしたが、彼の料理に感銘を受けて、「グランメゾン東京」への肉の調達を引き受ける。 峰岸春代(みねぎし はるよ) 演 - (最終話) 峰岸の妻。 第4話 大宮 演 - 三浦獠太 (第5話) 並木 演 - (第5話) 上記2名はプレオープンからホールと仕込みを任される「グランメゾン東京」の新人従業員だったが、将来の店の先行きに不安になり共に辞める。 記者 演 - (第5話・第6話) リンダの雑誌記事を見て、尾花たちに事件の詳細を取材しようとしている記者。 第5話 フードフェスの客 演 - 「グランメゾン東京」から「スリースターズ」に名前を変えた店でカレーを食べに家族で訪れた。 その後、「グランメゾン東京」に訪れる。 フードフェスの運営スタッフ 演 - 江藤の告発によって「スリースターズ」に尾花がいるのを耳にして、彼らにフードフェスでの販売中止を伝える。 第6話 魚市場の大将 演 - 尾花がを仕入れた魚市場の大将。 魚さばきを勉強したい芹田のアルバイトを受け入れる。 司会者 演 - (第7話) ミシュランの前哨戦となるトップレストラン50発表セレモニーの司会者。 第7話 エリーゼ 演 - (最終話) 相沢の妻のフランス女性。 尾花が自身の友人に手を出し、「エスコフィユ」に怒鳴り込んだのがきっかけで相沢と知り合い結ばれる。 「エスコフィユ」が三つ星を狙う前まで、夫婦は円満だった。 相沢が三つ星を獲得するために家族を犠牲にしてレストランで働くことを不満に思っており、3年前のナッツ混入事件をきっかけにして失踪したが、トップレストラン50発表セレモニーの1週間前に来日する。 「グランメゾン東京」にやって来て、「エスコフィユ」で獲得した10位を超えられなければ、娘のアメリーを引き取ると伝える。 日本にいる間は、倫子の自宅に泊まる。 トップレストラン50発表セレモニー後、アメリーを連れてフランスに戻る。 「グランメゾン東京」が三つ星を獲得するまで相沢を待ち続けることを、アメリーを通して彼に伝える。 第8話 潮卓 演 - (最終話) 尾花の料理の師匠。 で「浪漫亭」という名のレストランを営んでいる。 3年前にで倒れ、現在も発作を起こしている。 の症状も持っている。 遠藤凪子 演 - (最終話) 潮の娘。 結婚している。 尾花のことを「なっちゃん」と呼んでいる。 第9話 フェルナン・文則・ベルナール 演 - フランス大使館員。 リンダからの告発によって、ナッツ混入事件の真相を調べるために祥平のいる「gaku」に訪れる。 最終話 寿司屋の大将 演 - 尾花がマグロ料理の開発の為板場を借りていた寿司屋の大将。 尾花が作った料理のレシピを後で教えるように言う。 放送日程 各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 第1話 10月20日 手長エビのエチュベ 三つ星を掴み取れ! 挫折から這い上がった 奇跡と感動の料理人 塚原あゆ子 12. 仲間と作った涙の料理!! 肉料理でライバルに勝て 山室大輔 11. 涙の師弟対決!! 料理完成 13. 涙の告白 その時食べる感動飯 塚原あゆ子 12. 盗まれたレシピを取り戻せ!! 青山貴洋 11. 娘のため、三ツ星の約束 山室大輔 11. 涙の復讐に立ち向かえ! 青山貴洋 14. 涙の料理とは裏切者は敵か味方か 山室大輔 11. 料理に命をかけた涙 塚原あゆ子 16. 平古祥平を主人公に、料理人としての成長と苦悩、そして蛯名美優・松井萌絵との三角関係の恋愛模様を描く。 TBS・関東ローカルでは、10月24日より毎週木曜日1:28 -1:33(水曜深夜、週によって時間変動あり)にダイジェスト版が放送。 では「グランメゾン東京」本編のおまけとしてダイジェスト版が配信されていた。 スピンオフ独自のキャスト• 料理人1 - 加賀翔()• 料理人2 - 賀屋壮也(かが屋) 祥平がシェフをしていたブッフェレストランの部下。 杉山胡桃 - 萌絵の学生時代の後輩。 バーテンダー - 江口直人()• バーのマスター - スタッフ• 脚本 -• プロデュース - 東仲恵吾、伊與田英徳• 演出 - 山室大輔、青山貴洋• 製作著作 - TBS 配信日程 配信回 配信開始日 サブタイトル ゲスト 第一話 10月21日 平古祥平の満たされない思い 第二話 10月28日 平古祥平のきづいてなかった感情 岩下尚史 第三話 11月 04日 平古祥平の照れ臭い出会い 、手塚とおる 第四話 11月11日 平古祥平の最悪なタイミング 、手塚とおる、尾上菊之助 第五話 11月18日 平古祥平の強い決意 藤田秀世、岩下尚史、尾上菊之助 第六話 11月25日 平古祥平の消えない過ち 手塚とおる、尾上菊之助 第七話 12月 02日 平古祥平の運命的すぎる再会 クリス・ペプラー、寛一郎、手塚とおる、尾上菊之助 第八話 12月 09日 平古祥平とその仲間たち、それぞれの夜 大貫勇輔、中村アン、及川光博 第九話 12月16日 平古祥平の二つの告白 寛一郎、大貫勇輔、中村アン、沢村一樹 第十話 12月23日 平古祥平のほんとうの気持ち 岩下尚史、大貫勇輔、手塚とおる、鈴木京香 最終話 12月30日 平古祥平の旅立ち 椿鬼奴、岩下尚史、大貫勇輔、手塚とおる、尾上菊之助• ORICON NEWS. 2019年5月29日. 2019年8月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年8月30日. 2019年8月30日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年8月19日. 2019年8月19日閲覧。 MANTAN. 2019年9月22日. 2019年9月22日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年11月1日. 2019年11月3日閲覧。 bkj. ray-pro. com. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年9月23日. 2019年9月23日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2019年10月13日. 2019年10月13日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2019年10月19日. 2019年10月21日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2019年11月3日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年9月17日. 2019年9月17日閲覧。 日曜劇場『グランメゾン東京』 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2019年10月8日. 2019年10月8日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 2019年10月21日. 2019年10月28日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年10月28日. 2019年10月28日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年11月5日. 2019年11月5日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年11月11日. 2019年11月11日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年11月18日. 2019年11月18日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年11月25日. 2019年11月25日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年12月2日. 2019年12月2日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年12月9日. 2019年12月10日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年12月16日. 2019年12月16日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年1月3日. 2020年1月3日閲覧。 ザテレビジョン 2019年10月3日. 2019年10月3日閲覧。 TVer. 2019年10月25日閲覧。

次の