ご 縁 が ありま したら。 「ご縁がありましたら」の使い方まとめ!意味・類語やメールの書き方も紹介!

ご縁がありましたらの意味とは?ビジネス・メールでも使い方も

ご 縁 が ありま したら

ご縁がありましたらの意味とは? ご縁がありましたらの意味とは「機会がありましたら」 ご縁がありましたらの意味とは、「機会がありましたら」になります。 「ご縁がありましたら」は、「機会がありましたら」という言葉と同様にビジネスシーンを中心に使われています。 「機会」とは、お互いにとっての「良い時」という意味があり、英語で言うところの「チャンス」に当たります。 「ご縁がありましたらよろしくお願いします」と「また機会がありましたらよろしくお願いします」は、ビジネスの場での別れ際に使えるフレーズなのでぜひ覚えましょう。 ご縁がありましたらの意味とは「何かの折に出会い別れる際の挨拶」 続いてのご縁がありましたらの意味とは、「何かの折に出会い、別れる際の挨拶」というものがあります。 「何かの折に」とは、偶然会うことも含めての「会う機会」ということです。 「何かの折に」出会った相手との別れ際の挨拶に相応しいのが「ご縁がありましたら」ということになります。 「またご縁がありましたらよろしくお願いします」というフレーズは、ビジネスだけではなく身近な日常会話でも親しまれています。 別れる際の挨拶に相応しく、特に大きな意味を伝える目的では使われていません。 しかし「ご縁」という言葉を大切にすることで、良い関係が生まれることを期待することができます。 スピリチュアルな意味では「波長やオーラが合う」 「ご縁がありましたらの」という言葉には、スピリチュアルな意味も含んでいます。 言葉で表現するなら「波長やオーラが合う」などになります。 古くから伝わる「ご縁」という言葉は、出会いや機会といった意味として使われています。 「運命の赤い糸」も「ご縁」の存在が大きく、人間同士の関わりを強く表しています。 「ご縁」の「縁(えん)」は、「えにし」とも読むことができます。 古くから伝わる仏語で、「縁」という言葉だけなら男女間で使われることが多いです。 関連語には「よしみ」や「絆(きずな)」などがあり、良い関係性を期待させる際に多く使われています。 先方からの仕事の提案や誘いを受けることができない際には、「今回は遠慮させていただきます」と断りを入れるだけでは心許ないです。 「またのご縁がありましたらよろしくお願いします」と付け加えることで、感謝の気持ちも添えられます。 ビジネスシーンにおける断り方は、当たり障りのないフレーズを使いたいところ。 「ご縁がありましたら」を締め言葉に使うことで柔らかさを与えます。 「せっかくのお誘いではございますが、あいにく先約があり今回は遠慮させていただきます」などのあとに、「ご縁がありましたらまたよろしくお願いします」と加えましょう。 面接の結果、不採用であったことを電話などえ伝えるには「残念ながら不採用です」だけではなく「またのご縁がありましたら幸いです」などと付け加えて伝えるのが一般的です。 初めて就活を経験した人にとっては、「またのご縁がありましたら」と言われてもいまいちピンとこないものです。 こういった遠回しな表現で伝えるのは、本音と建前を使い分ける日本の文化でもあります。 ただし、あまりにも遠回しな表現では困惑させてしまいます。 「残念ながら」と冒頭に加えることをおすすめします。 先ほどは、不採用を伝えるパターンをご紹介していましたが、やはり本音が分かりにくい印象を与えます。 ですので、「ご縁がありましたら」よりも本気で次回も期待したい場合はこちらの方が適しています。 今後も関係を続けたいと願う相手には、「ぜひ今後ともよろしくお願いいたします」や「何卒よろしくお願い申し上げます」といった率直な言葉を伝えましょう。 ビジネスにおいて「ご縁がありましたら」は、どちらかと言えば「後ろ向きの意味」として捉えられることを理解しましょう。 先ほども就活の例をお伝えしましたが、不採用をメールで送る際にもよく使われる言葉です。 「またのご縁がありましたらよろしくお願いいたします」と文面を締結することができます。 ネガティブな内容を伝えるとき、日本語は遠回しな表現をする文化がありますが、不慣れな就活生を混乱させないように注意しましょう。 「申し訳ございません」などとメールが届いたときには、「またのご縁がありましたらよろしくお願いいたします」と返信をしましょう。 断られたからと言って「誠に残念です」だけを返信してしまうと、先方が気に病んでしまいます。 その後に「またのご縁がありましたらよろしくお願いします」と付け加えることで、クッションの役目を果たすことができます。 「ご縁がありましたら、ぜひ今後ともよろしくお願いします」と伝えましょう。 敬語として使うに相応しく、ビジネスメールでも通用します。 ビジネスチャンスを掴みたいときこそ積極的に使いたい言葉です。 「ご縁があれば嬉しいです」と送るよりも、「ご縁がありましたら幸いです」などの方が敬語として適しています。 「ありましたら」は「あれば」の敬語表現なので、上司や取引先にも通用するメールになります。 相手先に不快感を与えないためにも、「またのご縁がありましたら幸いです」は締め言葉として相応しいです。 「今回はお断りします。 申し訳ございません。 」だけでは、やや言葉足らずな印象を与えてしまいます。 ビジネスメールのように、顔が見えない相手こそ気を遣うものです。 できる限り丁寧な言葉で、角の立たない上手な断り方を覚えておきましょう。 次の記事では、できない仕事の断り方をご紹介しています。 ぜひこちらも合わせてご覧ください。 「ご縁」と同じ意味を持つのが「機会」です。 「機会がありましたら」と敬語表現としても相応しく、ビジネスメールの締め言葉としても多用されています。 「機会がありましたらよろしくお願いします」は、誘いを断るときの締め言葉として、反対に断られた場合の返信などにも適しています。 「ご縁がありましたら」と同じ使い方ができるので、不採用通知の文面としても使われる言葉です。 「この先何かあったときにはよろしくお願いします」を敬語表現にしたのが「何かの折には」という言葉になります。 目上の人に送る手紙にも「お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください」と活用しやすいです。 「何かの折に」は、未来を表した表現です。 「その折はお世話になりました」と使えば、過去を表すことができます。 「また何かありましたらよろしくお願いします」とビジネスメールで使うことができますが、より丁寧な敬語表現もできます。 「また何かございましたら」と、「ございましたら」を付けることで丁寧さを増した表現になります。 「また何かあれば」とメールで使う人もいますが、「あれば」という表現は砕けた言葉なので敬語表現としては相応しくありません。 「何かありましたら」や「何かございましたらご連絡ください」などの方が、より正しい敬語表現となります。 「チャンス」という言葉は砕けた表現でもあります。 ある程度の信頼関係ができている相手であれば、「またのチャンスがありましたらよろしくお願いします」と伝えてみましょう。 「チャンスがありましたら」には、「折あらば」や「機会が合えば」などの意味があります。 ビジネスチャンスを掴むためにも、日ごろから正しい敬語を使っていきたいものです。 「チャンスがありましたら」とメールで使うことで、親しんだ雰囲気を作ることもできます。 「ご縁がありましたら」を正しく伝えよう スピリチュアルな意味が詰まった「ご縁がありましたら」という言葉は、ネガティブなシーンでも多用されています。 「ご縁がなかった」と言われるよりも、「またのご縁がありましたら」と言われた方が柔らかく感じます。 遠回しな表現をするときこそ、相手がどのように受け取るかを考えるべきでしょう。 「ありましたら」「よろしくお願いします」と丁寧語が詰まった便利な言葉です。 断りメールや断られた際の返信メールにも「またのご縁がありましたらよろしくお願いします」と積極的に使ってみてください。 次の記事でも、ビジネスメールで役立つ内容をお届けしています。 ぜひこちらも合わせてご覧ください。

次の

「また御縁がありましたら…」「お元気で」の結び文句こんにちは、お...

ご 縁 が ありま したら

ご縁がありましたらの類語でご紹介する1つ目は、「ご一緒する機会がありましたら」です。 「ご縁」は人とのつながりのことを表しますので、「ご一緒する」という言葉で言い換えることが可能です。 「ご一緒する」は仕事や食事の場などビジネスの幅広い機会で使うことができる敬語なので、覚えておくと便利なフレーズです。 たとえばお誘いした会社の行事を断られてしまい、その返信をする場合の例文をご紹介すると、「ご欠席のご連絡をありがとうございました。 またご一緒する機会がありましたら、よろしくお願いします。 」とお送りします。 柔らかい印象を与えることができるフレーズになります。 「機会がありましたら」と同じ意味ですが、「あれば」の方がよりフランクな使い方になりますので、同僚や友人、部下などに使うとよいでしょう。 目上の人や丁寧な印象を残したい相手には「機会がありましたら」を使うのがおすすめです。 使い方は「また機会があれば、出席させていただきます」のように、相手の提案やお誘いをお断りする時に使うことができます。 逆に提案などを断られた場合に、また仕事やお誘いするチャンスをくださいということを伝えたい時にも「また機会があればよろしくお願いします」と、文末につけて使うこともできます。 面接で落とされてしまった時には、ショックや悲しみが大きなストレスに感じることもあるでしょう。 ただし物事には必ず意味があるので、今回の面接に落ちてしまったことも何らかの意味があるのです。 たとえば「給料がいいからやりたいことができないことに目をつぶっていた」「会社の雰囲気が合わない気がしていたけれど、気づかせてくれた」など実は自分の中でしっくりと来ていない部分に気づかせてくれたのかもしれません。 落ちたことは悲しいことですが、前を向く踏み台にしていきましょう。 「ご縁がありましたら」を上手に使いこなそう! 「ご縁がありましたら」を使った敬語表現をご紹介しました。 ビジネスメールでは「よろしくお願いします」とともに使うと相手に丁寧な印象を残すことができる、便利なフレーズの一つです。 ぜひ活用をして、仕事仲間や取引先の方とも気持ちよく仕事をしていきましょう。 ビジネスメールでは、プライベートでは使わない独特な表現がまだまだ存在します。 でも知っておくだけで、仕事をスムーズに進めてくれるものばかりなので知っておくとよいでしょう。 「これを機に」「お知らせください」も便利なフレーズなので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

縁がある人の特徴と縁がない人の特徴。見抜き方のコツ♪

ご 縁 が ありま したら

Q 長文どうかおゆるし下さい。 転職活動中の40代前半女性です。 過日の二次面接(社長面接)から未練が断ち切れず、どなたかに「転職の現実」を教えていただきたく質問させていただきました。 幸いなことにバブル入社後、数回の転職も若さや時代の運に乗り苦労なく社会人生活を送ってきたせいか、この大就職氷河期の「現実」について行けないでいます。 とあるサービス業(カウンセリング業、社員数160名程度)に応募し、一次面接(人事部)をクリア、先週二次面接(社長)も終了し5日経過、明日で一週間経ちます。 面接にはたっぷり時間を割いていただき、前半では志望動機や過去職歴、自分の強み弱み等、一通りの内容を深く掘り下げた質問の後、「ご縁があったとして」と言う前置きの後、給与(前職より下がる旨の確認等)や福利厚生などのご説明や、接客業初心者の自分に「あなたには2つ不安点があります」と具体的な不安材料を提示して下さるなどとても誠実なご対応をいただきました。 不安材料については自分なりの回答をし、長い面接の終了直前に、社長は「それでは今度は現場のマネージャーに会っていただきます。 現場の人間ですから、色々マイナス面の話などもするだろうし、それでもやって行けるかどうか、と言うような話も出ると思います」「おそらく採用する店舗での面接になると思います」とおっしゃいましたので、私は「それでは人事の方からのご連絡をお待ちすればよいですか?」と伺ったら「はい、そうですね」とのご返事があり、挨拶をして帰宅しました。 それから明日で一週間経過ですが、今のところ何もご連絡はありません。 一次面接時には人事の方がきちんと「一週間以内に採用の場合には電話を、不採用の場合にはご連絡をしません」と、明確に説明いただけましたが、社長面接の二次では、いま思えば採用不採用の結果判断を伺っていません。 それに当時の私はすっかり三次面接に進めたと思い込んでいました。 ここでお伺いしたいのですが、「就活の常識」として、このようなニュアンスの会話までしておいて、「不採用」と言うケースなど、山ほどあるものですか? もんもんと色々考えてしまうのです。 確かに長い面接の前半では「ご縁があれば」とおっしゃっていましたので、最後の会話にもカッコ付きで「ご縁があれば」とおっしゃっていたのかも知れない。 しかし、社長面接後に現場マネージャー面接って順番がおかしいし自分が接客業初心者だから、念のための面通しなのかも知れない。 けどもう明日で一週間経つし。 などなど。 企業側に聞けばすむだけの話ですが、わかりますでしょうか、それがなかなか出来ないのですよね…。 とてもやりたい仕事だけに、これがダメだと次の職探しまで心の入れ替えが難しい感じです。 40代転職は自殺行為と言うのは想定内でしたが、こんなに毎度、心を揺さぶられるものかと言う事は完全に想定外でした。 こんな思い他ではないな、仕事選びと恋愛は似ているなと、つくづく思います。 長文お読みいただき本当にありがとうございました。 よろしくお願いいたします。 長文どうかおゆるし下さい。 転職活動中の40代前半女性です。 過日の二次面接(社長面接)から未練が断ち切れず、どなたかに「転職の現実」を教えていただきたく質問させていただきました。 幸いなことにバブル入社後、数回の転職も若さや時代の運に乗り苦労なく社会人生活を送ってきたせいか、この大就職氷河期の「現実」について行けないでいます。 とあるサービス業(カウンセリング業、社員数160名程度)に応募し、一次面接(人事部)をクリア、先週二次面接(社長)も終了し5日経過、明日で一週間経ちます... A ベストアンサー これはその会社の内部事情を知るもの以外はわからないですね。 私も中途採用の面接は多く手がけましたが、普通は一次から2次に行くに従って絞込み、最後の役員面接では役員の目での最終確認という順序でした。 従ってその後に現場の人間に判断させるというのはしたことはありません。 でもこれは会社の考え方によります。 多分そこでは社長がよさそうと思った候補者を現場の人間が後で見て最終決定ということなのでしょう。 経営トップに末端の人使いは細かくはわからにでしょうから、自分のめがねにかなった人材を現場の目を通してふるいにかけるということかもしれません。 いずれにしても部外者にはわからないので、ここは勇気を出して電話でお聞きになってはいかがでしょうか。 単に事務手続きが遅れているだけということもないわけではありませんので。 Q 今日、ある会社で面接を受けてきました。 それで採用、不採用の結果は「一週間後、もしかしたら、もう一日二日、遅くなる場合もあるかもしれませんが、待っててください」と言われました。 未経験可と書かれており、もちろん私は未経験です。 まぁそれはいいとして、、、 一週間後、って長いな、、、って思いました。 その会社にはどうしても入りたかったんです。 一週間、不安な気持ちで過ごすのがついらです。 どうせなら、忘れたい。 このサイトで他の人の質問やその質問に対するアドバイスをばぁっと見たら、 『採用通知が遅いほど、合格の可能性は低くなる』、 『採用する方だけ早く連絡し、不採用は後回し』といった内容をいくつか見ることができました。 今、とても自信がないです。。 面接の時点で「通知は一週間後」と言われたその時点で、 「採用」の可能性は低いのかな。。 そう言えば、友達は「面接を受けたその日の夕方に採用の電話があった』とか『次の日に速達で送られてきた』などと言っていました。 それとも(この人は不採用だなぁ)となんとなく思った人には「採用通知」の日付を遅めに設定して言っているのでしょうか。。 不安で落ち着きません。。 (;;) お願いしますm(__)m 今日、ある会社で面接を受けてきました。 それで採用、不採用の結果は「一週間後、もしかしたら、もう一日二日、遅くなる場合もあるかもしれませんが、待っててください」と言われました。 未経験可と書かれており、もちろん私は未経験です。 まぁそれはいいとして、、、 一週間後、って長いな、、、って思いました。 その会社にはどうしても入りたかったんです。 一週間、不安な気持ちで過ごすのがついらです。 どうせなら、忘... A ベストアンサー 会社にもよるのですが、不安なら他会社の求人も考えてみて下さい。 私は病気になる前まで人事に十年勤務していましたが人を選ぶと言う作業は大変です。 みんな入れてあげたいのですがね。 monti55さんも万が一のことを考えて早めに手を打ってください。 今の会社はパートなのですが3月の求人では7名応募があって仕事に欠かせない計算その他教養問題、面接を同時に行って交通費千円と薄謝をお渡しして向いてない方には早急にTELしました。 monti55さんとことは逆ですね。 それが先代からの方針です。 その内3名に絞って1名採用しましたよ。 monti55さんも不安で大変でしょうけどがんばってくださいね。 応援してますよ。 A ベストアンサー 私も#2さんのように、採用者に先に声をかけ、入社の意思を確認してから 採用を迷っていた候補の人に、不採用通知を出す流れが多いような 気がしています。 ただ、企業にもよりますね。 私自身、不採用の連絡をもらった企業に、後から「採用した人が 断ってきたので、どうか?」みたいな連絡をもらったことがあります。 そんなカッコ悪いことを、なかなか企業もしたくないでしょうから 不採用者に連絡を遅くしてしまう可能性が出てくるのではないでしょうか。 また、採用でも連絡が遅いことがあります。 例えば、採用を決めても役員とか部長とかにサインをもらわなくては ならない場合で、その人が出張に行ってたりすると、数日返答が遅れることは 時々聞く話です。 派遣なんかの顔合わせ結果でも、時々ありますね。 Q こんにちは。 転職活動をして、連絡待ちをしている者です。 先日、小さな会社の面接を受けました。 面接を受けて、そろそろ1週間になろうとしています。 面接のとき、「まだ募集をしていて、面接が来週までありますので それが全て終わってから、ご連絡いたします。 1週間くらいかかる予定なのでご理解ください」 といわれました。 しかしこちらで情報を検索していると、返事が遅い場合は、 不採用であることが多いとの回答が多く、がっかり落ち込んでいます 私の経験からしても、1週間かかりますといわれても、採用の場合は2日くらいで、連絡がくることが多かったと思います・・ やはり1週間近くまつということは、理由はどうあれ、不採用だと 考えてもいいのでしょうか。 1週間待たされたけど、採用になった方はいらっしゃいますか? どんなことでも、いいので回答お願いします。 とても不安で、毎日びくびくしています。 Q 転職活動中の女30代です。 転職活動に疲れ気味です。 先日受けたところは、書類審査に時間がかかり 1か月も返答がなかったのでダメなんだろうなーと思いながら 待っていたところ、突然、面接したいと連絡があったので 時間を作っていきました。 しかし面接後もなしのつぶてで毎日不安です。 (ちなみにそこはブラックと呼ばれるような企業ではなく、 伝統ある会社です。 雰囲気はとてもよかったです。 ) 面接後、1週間も連絡がないのはやはり不採用でしょうか。 今まで受けた面接では、[1週間以内に連絡します] 等いわれたのに 今回は、面接中にいつまでに連絡します、という話は一切なく、 質問があれば、人材紹介会社の担当者を通してなんでも聞いて ください、とおっしゃっていました。 (直接応募ではなく、 人材紹介会社が面接のアレンジを しているためです。 ) 私自身も採用にかかわったことがあり 本当にだめだこりゃ、と思った人は すぐお断りすることが多かったのですが。 こういう場合も やる気なし、ってことでしょうか。 なんでもいいのでアドバイスやコメントいただけませんか。 お願いいたします。 転職活動中の女30代です。 転職活動に疲れ気味です。 先日受けたところは、書類審査に時間がかかり 1か月も返答がなかったのでダメなんだろうなーと思いながら 待っていたところ、突然、面接したいと連絡があったので 時間を作っていきました。 しかし面接後もなしのつぶてで毎日不安です。 (ちなみにそこはブラックと呼ばれるような企業ではなく、 伝統ある会社です。 雰囲気はとてもよかったです。 ) 面接後、1週間も連絡がないのはやはり不採用でしょうか。 今まで受けた面接では、[1週間以内に連絡... A ベストアンサー 採用を担当されたことがあれば、おわかりでしょう。 人材は生ものだから、内定でも不採用でもさっさと決めなければなりませんね。 トマっている蝶をつかまえていなければ他の家の葉にいかれてしまいます。 だから採用を決定したら極力早めに動く必要がある。 断りは郵便で出し、内定は電話でお知らせするのが多いのはそのせいですよね。 不採用を極力早くお知らせする意義は会社にとっては何もありません。 蝶が逃げてもいいから。 あなた言われるようにトンデモ野郎の場合は門前払いだから早くだすことはありますけど。 だから、連絡が遅いと不採用かと疑われるのは自然です。 でも、無意味に返事を遅らせることはない。 あなたが担当していた時もそのはずです。 では、内定なのに返事をしばらく待っていたのはどういう場合だったか、思いだして下さい。 受け入れセクションの準備の問題ではありませんでしたか。 こういう場合、直接訊かれてもお返事できませんね。 ラブレターの返事を待つような感覚では神経を痛めます。 もし紹介会社が間に入っておられるなら、そこに相談して、ダメだったときの次の手を相談されておいたほうが精神衛生にはよいと思いますよ。 採用を担当されたことがあれば、おわかりでしょう。 人材は生ものだから、内定でも不採用でもさっさと決めなければなりませんね。 トマっている蝶をつかまえていなければ他の家の葉にいかれてしまいます。 だから採用を決定したら極力早めに動く必要がある。 断りは郵便で出し、内定は電話でお知らせするのが多いのはそのせいですよね。 不採用を極力早くお知らせする意義は会社にとっては何もありません。 蝶が逃げてもいいから。 あなた言われるようにトンデモ野郎の場合は門前払いだから早くだすことはありま... Q 他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。 私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。 内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。 面接で 「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。 」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。 」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。 」と言われました。 結局、返答は面接の一日後に返事をすることになりました。 そして、面接当日の夕方に「内定が決定しました。 」という電話をいただきました。 少し結果が早すぎる事や返事を急かされた事に疑問や不安を感じましたがせっかくの内定なので一応受理しました。 面接官の感じは特に不愉快になるような発言や態度はなかったのですが こんなに早く結果が出た事に「とにかく数合わせで誰でもよかったんじゃないか…?」と心配になってきました。 また特に急ぎで何日までに人手が欲しいという話も出ていません(*私はこの会社の仕事に関しては全くの未経験者) 出社までまだ時間がありますが、正直不安や疑問が沸いてきています。 皆さんならこういった場合、どのように思われますか? ちなみ私は26歳の男で受けた会社は30人くらいの零細企業です。 よろしくお願いします。 他の方のご意見もお聞きしたいので投稿させていただきます。 私は現在転職活動をしていて先日にある会社から内定をいただきました。 内定をもらったことはうれしいことはうれしかったのですがいくつか引っかかっている点があります。 面接で 「面接の結果は当日の夕方か明日に連絡がする。 」と面接官に言われたので、こちらが「他にも面接を受けているので(内定が出た場合、御社に決めるかの)返答は来週まで待って欲しい。 」と言ったのですが、「明日に返事が欲しい。 」と言われました。 結局、返答は面接の... A ベストアンサー 小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。 私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが 面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。 10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。 小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、 社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。 社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。 私が辞めた理由は、会社への不満では全くありません。 今の会社は大企業ですが、社長面接の最中に内定が出ました(笑)。 まあ……その場に同席した人事担当者も、 その後電話で報告した転職エージェントの担当者もビックリでしたが。 大企業でも中小企業でも、結局、面接結果はその場で決まっているといいます。 なんだかんだと勿体ぶったり、手続き上の問題だったり、 もしくは「他の人全員面接してから」と思っていたり、 そういう理由で時間がかかることもありますが、 落ちる/受かるはその場で既に決まっています。 「要らないな」と思われた人は、応募者がその人一人きりでも、 どんなに人がいなくて困っている会社でも、落ちます。 「欲しいな」と思われた人は、まあ…応募者が大量にいて 欲しい人が沢山いたら、取捨選択されて落ちることもあるでしょうが そうでなければ(そうであっても)、欲しい人材なのです。 こいつは欲しい/要らない、を決めるのは面接官です。 最終決定は、社長だったり、責任者が下すわけですが、 最終決定者が応募者を面接していない場合には 面接官の判断を聞くしかないのですよ。 面接官が「あれはダメですよ」と言うのを 最終決定者が「いや、取ろう」と言うと思います?? 面接官が「これは良いですよ!」と言うのを 「そうか、じゃあ取ろう」となるわけです。 そして、面接官はこの判断を、面接中に(その場で)しています。 判ります?? その場でorその日のうちに内定が出ることは 別段おかしなことではないということを。 あなたが本当に欲しい人材であったということを。 要らない人材ならば、応募者一人でも、落ちるんです。 「その日に内定が出たこと」で不安になるなんてばかばかしい! 会社の仕事の内容に不安になるとか その会社でやっていけるかどうかで不安になるならともかく。 小さな会社は、面接官が採用責任者を兼ねていることが多いので その場で採用の決定を下して内定を出すこともできるんですよ。 私の最初の勤め先は、入社試験と面接がありましたが 面接がいきなり社長面接で、その場で内定でした。 10年勤めましたが、ほんとうに良い会社でした。 小さいところは社長がみんなの顔と名前をおぼえていて、 社員が全員お互いを知っていて、非常に居心地が良いです。 社員のことを本当に考えていてくれている社長さんでした。 私が辞めた理由は、会社への不満では全くありませ... Q 現在職探し中のものです。 先日面接がありましたが、ほとんど話しを聞いているだけで終わりました。 聞かれた事と言えば志望動機くらい。 あとは会社の説明でした。 アルバイトなのでこんなものなのか?と思いつつも、競争率が高く、募集もなかなかしていない職種なので、あっさりとした面接に拍子抜けしました。 合否は一週間以内とかではなく、指定の日時に連絡しますとのことでした。 8日後です。 フリーターなのでいつでも入れる、家からもそう遠くない。 いい資格持ってる、とか元気がいい、と言われ、なかなか好感触なのかな?と思いドキドキしながら連絡を待っていました。 しかし、結果は不採用。 他にいい人がいたんだ、と思いつつも不愉快でした。 なぜ一週間以上も合否の連絡を待たなければいけなかったのか、不合格なら早めに連絡をしてくれればよかったのに。 それに、そこの企業に面接するまでにかかった期間が約一カ月ほど。 他の所を受けなかった私が悪いのですが、それまでにいくつ受けられたことか、と悔やんでおります。 また今度、他のところに面接を受けに行きますが、なんだか振り回されて終わる気がします。 知り合いの紹介で面接は受ける事が出来るのですが、なにやら相手の対応が素っ気なく感じています。 紹介だからしょうがなく面接するが、採用する気はない、と案に言われているような気がします。 長文で怒りをぶつけてしまいましたが、私が言いたい事は二つです。 ・採用する気がないのに面接をするのか? ・不採用の連絡がどうしてすぐに出来ないのか? また、同じ体験をしたことがあれば、ぶちまけていただきたいです。 現在職探し中のものです。 先日面接がありましたが、ほとんど話しを聞いているだけで終わりました。 聞かれた事と言えば志望動機くらい。 あとは会社の説明でした。 アルバイトなのでこんなものなのか?と思いつつも、競争率が高く、募集もなかなかしていない職種なので、あっさりとした面接に拍子抜けしました。 合否は一週間以内とかではなく、指定の日時に連絡しますとのことでした。 8日後です。 フリーターなのでいつでも入れる、家からもそう遠くない。 いい資格持ってる、とか元気がいい、と言われ、なかな... A ベストアンサー そういう体験数回したことありますよ。 本当にむかつきますよね! 他の回答者さんは前向きな一般的な回答を出しておられますが、 私の考えとしては、質問者さんと同じ、採用する気があるのか?と 疑問に感じたことは過去何度もあります。 もちろん自己分析しても、及第点以上の感触を感じたのに不採用、なぜ?みたいな。 (ただ、面接に正当性が感じられて、不採用になったケースには納得はしています。 ) それはさておき、質問に答えますね。 冷静に考えれば、採用側の意思がすべてだから、どんな卑劣な手段であろうが、 応募者という弱者はそれになすすべもなく、悔しい涙を流すしかないと思われます。 応募者の生活が苦しくなろうが、そのすべてを賭けて我が偉大なる会社にエントリーしたまえ!という態度なのでしょう。 あとは応募実績などがほしい会社もあるでしょうし。 面接のやりとりは無関係で、何人応募したか、今後の採用人数の資料利用など。 過去に、応募先に同様の質問をした際、採用する気のない相手になぜわざわざ電話をかけないといけないのか、採用者の配布物などを用意するのに多忙である、と さげすまれて言われましたよ。 理屈は分かるが、今の時代不採用者は踏まれて当然扱いなのだと思います。 逆に早めに不採用(次点)を言われて困ったケースもあります。 私の前に採用をされた数十人がいるのだが、その人たちの内何人かが、 子供の学校行事の都合などで、実際に就業するかどうか悩んでいるから、 その人たちに10日の猶予を与えたので、彼らが行かないと決めたら補充の為 もう10日、他の所を受けずに待ってほしいと。 バカにすんな!と思いましたね。 即日入れて、休みなどワガママ言わない自分がなんでそんなやつらの後に回るのか、何が彼らと違ったのか、など怒りまくりましたよ。 あえて、待ってダメだったときの保障はくれるんでしょうね?と訊いたら そんなものはないと言われましたよ。 面接で感触が悪いと、自分に合っていない会社だなと見切りが付けられますが、 半端に好感触だった際の不採用は堪えますね。 採用する気がないんだったらニコニコして、無責任に褒めるなよ、と。 他の所を探せないジレンマもわかります。 他を受けて採用されて、断りをするなど失礼な行為をしないように しているのに、ただの不採用ではなく、不愉快な不採用だと余計苦しみます。 バイト応募は割り切るのが一番です。 最近採用されたバイト先で、大量に募集の中、若干名の中で採用されたのですが、 仕事量が採用人数に到底間に合わないぐらいあって、 もっと雇った方がよかったのでは?と質問したら、 大量の不採用者は気に入らない奴ばっかだったので、どうしても採用したくなかったと言っていました。 その時私は採用されたにもかかわらず、 大量応募であれば、私よりもっと優秀な人材がいたであろうに、 気分で不採用なんて不条理な世の中だと複雑に思いました。 そういう体験数回したことありますよ。 本当にむかつきますよね! 他の回答者さんは前向きな一般的な回答を出しておられますが、 私の考えとしては、質問者さんと同じ、採用する気があるのか?と 疑問に感じたことは過去何度もあります。 もちろん自己分析しても、及第点以上の感触を感じたのに不採用、なぜ?みたいな。 (ただ、面接に正当性が感じられて、不採用になったケースには納得はしています。 ) それはさておき、質問に答えますね。 冷静に考えれば、採... A ベストアンサー No. 4さまがおっしゃるように 「ご縁」というのは、「ある」「ない」と表現するもので 「あげる」「もらう」で表現するものではないと思います。 そして「ご縁」というワードを使いたいなら No. 11さまの表現がスマートと思います。 ただ、これって自己PRの締めのセリフ もしくは面接の最後に、意気込みを語るセリフですよね? 正直言って自己PRの締めで「入社したい」と言おうが 「ご縁を頂きたい」と言おうが合否には関係ない。 その前の自己PRの内容の方が大切。 そして面接の最後に意気込みを語る場合、 どっちのセリフを言おうが、すでに合否は決まってます。 「ご縁を頂きたい」と言ったから不合格が合格、 「入社したい」と言ったから合格が不合格になることはありません。 自己PRの細部にまでこだわって考えるのはいいですが 正直言って合否には関係のないところです。 失礼な表現でさえなければどっちでもいいと思います。 ただ私は「ご縁を頂きたい」という表現は不自然と思います。 元採用担当より。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 題目の通りですが,書類選考が通過する場合は、やはり通過の連絡は早い(2~3日)のでしょうか?それとも通過する場合でも1週間程度は全然普通でしょうか? というのも連絡が早い場合に以下の2つのケースが考えられるのかなと思いまして。 実際どうなのでしょうか?マッチした,または可能性を感じる人材であっても,ある程度の規模の企業の場合など様々な部署での協議もあり最低1週間程度はかかるのが普通でしょうか? 皆様ご意見いただければと思います。 あくまで書類選考に関してです。 A ベストアンサー ハローワークの求人を中心に60社以上書類応募をした経験者です。 また、失業率が高止まりしていて応募者が多いため優秀な人材を優先して面接しているのかわからないけど2週間以上してから面接日の連絡がある場合もありました。 推測ですけど、人事担当者が書類選考する場合は連絡が早く、オーナーが書類選考する場合は結果連絡が遅くなるような気がします。 企業によって選考期間は様々なので一社の結果連絡を気にするより書類応募をひたすら継続された方が時間の無駄を省けますよ、結果連絡すらしない企業も多数でした。 また、経験上ハローワークの求人票に記載されているX日後は全く関係なかったですね。 以上、参考になれば幸いです。

次の