鬼 滅 の 刃 より いち。 【#鬼滅の刃】耳飾りの剣士・継国縁壱(つぎくによりいち)の強さ【戦闘能力考察】|ひらめきのきらめき

鬼滅の刃強さランキングTOP10鬼と人間の中で一番強いのは誰?

鬼 滅 の 刃 より いち

概要 本編の400年前、鬼の首領・鬼舞辻無惨をあと一歩のところまで追い詰めた 始まりの呼吸の剣士の一人。 =継国巌勝(つぎくにみちかつ)の双子の弟。 本編開始時点ではすでに故人。 地味ながら老齢男性の主要登場人物の中で初めて顔が描かれた人。 始まりの呼吸の剣士 鬼殺隊が組織されるよりはるか昔、鬼舞辻無惨をあと一歩のところまで追い詰めた剣士、そして日の呼吸の使い手のこと。 また、縁壱から呼吸法を指南された基本5系統の呼吸法(水、炎、風、雷、岩)の使い手のことも指す。 鬼狩り 縁壱の生きた時代にはまだ鬼殺隊が組織されていなかったため、鬼舞辻無惨を始めとする鬼を狩る者たちは 鬼狩りと呼ばれていた。 鬼殺隊がなかったため隊服は存在していなかったものの、この頃から日輪刀に相当する武器は存在していたことがにより語られている。 日輪刀 現代では鬼殺の剣士が所有する刀。 太陽の光を吸収した鉱石から作られる。 鬼を殺すことのできる唯一の武器。 日輪刀で頚を斬ることで鬼を殺すことができる。 持ち主の呼吸への適性によって色が変わる別名「色変わりの刀」。 縁壱の日輪刀の色は「 漆黒」。 が持つものよりも深い色をしている。 戦闘中には赤く色が変化し、赫刀になることが炭治郎に遺伝した記憶の中で語られているほか、上弦の肆・半天狗が鬼舞辻無惨から受け継いだ記憶にも残されている。 黒い日輪刀を持つ剣士は数が少なく、現代でも特性が よくわかっていないが、縁壱は日の呼吸を使いこなしていたようであるので、 日の呼吸に適正を持つ者の色である可能性がある。 現代では日の呼吸の伝承は断絶しているため、確かめる術はない。 経緯は語られてはいないが、縁壱が使用していた刀は刀鍛冶の里の絡繰人形・縁壱零式(よりいちぜろしき)の中に収められ、炭治郎の手に渡った。 日輪模様の花札のような耳飾り 縁壱本人というよりも、始まりの呼吸の剣士、ひいては日の呼吸を象徴する耳飾り。 炎柱・煉獄杏寿郎の父で元柱の煉獄槇寿郎によれば、かつて 始まりの呼吸=日の呼吸を使っていた剣士はこの耳飾りをつけていた(第8巻68話)とのことで、ここで言う日の呼吸の使い手がの双子の弟=縁壱であることが判明した(単行本未収録174話)。 刀鍛冶の里の戦闘用絡繰人形・ 縁壱零式(第12巻103話)も同じものをつけており、日の呼吸の使い手をモデルにしたものであると思われたが、日の呼吸の使い手の名前が「縁壱」であることから、これが確定した(単行本未収録174話)。 現代では炭治郎が父・炭十郎からヒノカミ神楽とともに受け継いでいる。 竈門家と縁壱の関係について、炭治郎の祖先・炭吉が縁壱に助けられたことがあるようだが、詳細は明かされていない。 神楽と耳飾りを継承していくことが竈門家の「 約束」であるらしい。 戦闘技能 鬼狩りの始祖であるため、現代の鬼殺隊に通じる戦闘技能を持つ。 全集中の呼吸• 日の呼吸• 全集中・常中• 透き通る世界・至高の領域・無我の境地• 痣の者 全集中の呼吸 鬼を狩るための 基本技能であると同時に、鬼を殺すための 必殺の奥義。 大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。 その効果は、人間のまま 鬼のように強くなれるともいわれる。 呼吸により止血を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」(第8巻62話)とのことで、 応用性が高い。 縁壱が生まれながらに身に着けていた呼吸を、当時の鬼狩りたちに指南したことで全集中の呼吸が広まることとなった。 縁壱自身は呼吸法のことを単に「呼吸」としか呼んでおらず、全集中の呼吸、日の呼吸と名付けたのは後世の者であると思われる。 日の呼吸 現代の鬼殺隊に伝えられる各種の呼吸の元になった始まりの呼吸。 元柱・煉獄槇寿郎曰く「最強の御技」(第8巻68話)。 竈門炭治郎の家系に伝わるヒノカミ神楽は日の呼吸の型にあたる。 拾参の型 鬼舞辻無惨と対面し、透き通る世界で5つの脳と7つの心臓を見抜いたときに直感し、完成した日の呼吸最後の型。 一撃で無惨の体をバラバラに斬り裂き、再生不能に陥らせた(単行本未収録187話)。 全集中・常中 四六時中全集中の呼吸を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。 直接の戦闘技能ではないが、炎柱・煉獄杏寿郎曰く「 柱への第一歩」(第8巻62話)と言われるほどに重要な技能。 縁壱は生まれながらに習得していたため、後天的に全集中の呼吸を身につけた者とは比較にならない基礎体力を持つ。 透き通る世界・至高の領域・無我の境地 縁壱が生まれながらに習得していた境地。 対象の体を透かして見ることで、筋肉や骨の動きから動作を予測したり、弱点を看破したりすることができる。 人間、鬼に限らず、全ての生き物を透かして見ることができ、鬼舞辻無惨を見た際には心臓が7つ、脳が5つあることを一目で看破した。 痣の者 縁壱をはじめとする始まりの呼吸の剣士たちに発現した痣(第15巻128話)。 その形は上弦の肆・半天狗(憎珀天)曰く「鬼の紋様と似ている」とされる(第14巻124話)。 痣の発現中は戦闘能力が向上するが、縁壱は戦闘時以外でも常に痣が発現した状態になっている。 どころか、生まれた時から痣が発現し続けている。 痣の発現中は体温が 39度以上、心拍数は 200以上にもなることがから語られている(第15巻129話)が、縁壱の存在があまりにも規格外すぎるため、実際のところは不明。 80歳を超えて鬼となった双子の兄・継国巌勝と相対したときも痣が発現したままになっており、高齢にもかかわらず体温、心拍ともに常人では考えられないような状態を維持し続けていることから、年齢を重ねてもなお極めて高い基礎体力を持っていたことが予想される。 痣を発現したものは 例外なく25歳になる前に死ぬという 文字通り致命的なデメリットがあることがによって明かされたと同時に、25歳を超えても死なない 例外が存在することも明らかになった(単行本未収録170話)が、 縁壱がその例外であることが黒死牟の回想によって確定した(単行本未収録174話)。 総評 鬼滅の刃の作中で、 最強である。 黒死牟(継国巌勝)の評するところでは、• 「お前だけがこの世の理の外側にいる」• 「神々の寵愛を一身に受けて生きている」• 80歳になった縁壱の一撃を受けて「全盛期と変わらぬ速さそして威力」「次の一撃で私の頚を落とされる」と確信する• 「神の御技に他ならない」 等、自身も相当な規格外である黒死牟をしてこの評価であり、鬼舞辻無惨さえ寄せ付けない実力は圧倒的というほかない。 縁壱に追い詰められた無惨の記憶には縁壱の姿が色濃く残り、今なお鬼たちにフラッシュバックするほどであるが、人間など足元の虫くらいにしか思わなかったところ、唐突に 一撃で自分を死に追い込むような者が現れれば、それも無理からぬことである。 刀鍛冶の里にあるからくり人形・縁壱零式のモデルでもある縁壱だが、 腕が6本無いと技が再現できないとのことで、人間でありながらその技は 人間の域をはるかに超越しているであろうことが容易にわかるが、おそらく腕6本でも全く足りてはいないだろう。 既に故人ではあるものの、おそらくは現在過去未来全ての登場人物の中で 最強の人物であると言っても過言ではない。

次の

日の呼吸の剣士縁壱(よりいち)とは?黒死牟との関係性は?

鬼 滅 の 刃 より いち

歴代の中でも最高レベルの柱三人に対し,「まとめて斬れる」というほどの高次元な強さをもつ黒死牟さん。 その完璧な強さに楔を入れる一撃を放ったのは, 最弱の兵・不死川玄弥。 黒死牟の髪と刃先を食べることによって劇的に身体能力が向上した玄弥。 もちろん,黒死牟の一部を取り込んだところで黒死牟を超えることなどできません。 黒死牟を止めにかかった無一郎も,弾丸を放った玄弥自身も,「玄弥が「首をとれる」などと思ってはいない。 事実,全ての弾丸は黒死牟によってはじかれて命中していない。 だがそこに一瞬の「余計な動作」ができる。 かつて炭治郎が玄弥に語った 「ギリギリの戦いの中では一番弱いものがバランスを崩すことができる」というそれである。 ここまでは前回感想で予想した通りの流れだったのですが,ここから 「血鬼術」が来るとは思っていなかったぜ。 なるほど... 完成した「譜面」 鬼ならば血鬼術は使えること自体は不思議じゃないですが,こうして 「鬼喰いによる鬼」も使えるという発想はなかったぜ...。 考えてみれば無惨の声が聞こえた段階で相当鬼化は進んでいたわけですし,前回ラストの玄弥の様子を見ればもはや上弦に届かんとするレベルの鬼化が進んでいるようにも見えます。 血鬼術が使えても不思議じゃない。 「止める」ための血鬼術 そこで玄弥が倒すためではなく 「止める」ための所作をしたのもよいね。 自分の役割はあくまで「止める」こと。 剣も振るわば届くまい,である。 こうやって血鬼術で体も腕も固定してしまえば,身体能力で上である黒死牟とて拘束を外すには時間がかかる。 その一瞬の隙が死線を分ける。 強さを極めんと黒死牟こと継国厳勝が鬼になってまで得たその力は,逆に自らの運命をも一瞬で見極めることができる。 自身の生命の危機。 平静が足元から瓦解する感覚,というそれは 「死」が間近に迫っていることを理解しているということである。 玄弥が作った一瞬の隙の前に,痣者でもある歴代最強クラスの柱の剣はもう直前まで迫っている。 完成した譜面 止めさえすれば,行冥か実弥が必ず首を斬る。 無一郎が確信した 譜面がついに完成した瞬間である。 「剣を極めし者」への道 死を直前にしての黒死牟さんの回想。 この展開パターンだと,やはり次の瞬間黒死牟の首は切り落とされていそうですね...。 想い出の内容も 「四百年前の臨死体験(違)」だしね。 鬼となって六十年余り。 その時すでに黒死牟さんは上弦の壱ですが,そんな赤い月夜に出会うはずもない 弟・継国縁壱と再会する。 始まりの呼吸の剣士・日の呼吸「継国縁壱」 ふむ...。 やはり痣が出たにもかかわらず二十五までに死ななかった者とは始まりの呼吸の剣士・日の呼吸の 縁壱であったか...。 かつて竈門家を一時訪れたときには何も為せなかった自分を嘆いていた縁壱。 だが六十余年を経て再び黒死牟こと厳勝の前に姿を現したのは,鬼になってまで強さを求め続けた兄を斬るために生きて姿を現したのであった。 そんな六十余年を経て明らかになる, 兄弟の関係。 なるほど...。 兄・厳勝は弟・縁壱に対して 嫉妬ともいえる感情を抱いていたのか。 「目障りだった」というその表現からは,並々ならぬ劣等感・嫉妬心が見え隠れします。 日の呼吸使いである縁壱は,痣者でありながら二十五を越えて生き延びる特例者。 剣技も無惨をあと一歩まで追い詰めるほどの冴え渡るもの。 それを無感情としか思えないような 泰然とした弟が持っていたとならばなおの事腹が立つのであろう。 燃え盛る嫉妬の炎 「強さ」を信奉し,その強さを失わないため,強さで弟・縁壱を超えるために鬼となる選択をしたのであろう厳勝からすれば,縁壱は「すべてを手に入れた存在」のように見えたに違いない。 自分は倒すべき鬼に堕さない限りその肉体も剣技も崩れ去ってしまうというのに...。 強さを追い求めるがゆえに,それを上回る強さが「幸運かなにか」のように与えられている縁壱に対して 怨嗟の想いを抱え続けてしまったのだろうな...。 「剣を極めよう」とした者としてあまりに憐れである。 黒死牟・継国厳勝の「選択」 六十余年が経ち,再び垣間見えた弟がそのような憐憫の情を自分に向けてくる。 強さにとらわれた憐れな鬼... そこまでしても自分より 「弱い」憐れな鬼に憐みの感情を見せながら,鬼斬りとして始末するという決意の剣を向けてくる。 向けられた憐み 老骨にもかかわらず一瞬で首を切り落とされる寸前となる厳勝。 この時,次の一撃で頸は落とされるという確信をもち, 目前に迫る死への焦燥... 超えたいと思いたかった弟に対する敗北感,もうこの強さを保つこともさらに極めることもできないという焦り。 だが次の一撃を喰らう前に,嫉妬と羨望の対象であり,自ら越えたくて超えられなかった弟・縁壱は 寿命が尽きて死んでいた。 なるほど。 強さを追い求めてきた理由はたぶん「縁壱を超えること」だったんだけれど,こうして縁壱が寿命で死んでしまった以上,厳勝は決して縁壱を超えることは無く,これからも超えることができない運命になってしまったのね...。 まして。 齢八十にも届く老骨の剣にもかかわらず,あと一歩で自らの死を確信させられるような状況である。 永遠に乗り越えられない壁。 強さの呪い。 これは無惨の呪いどころではなく,黒死牟が永遠に渇き続ける呪いであっただろう。 「決して超えられない壁」となった縁壱 となると,この後の一撃を喰らった後の黒死牟さんの「選択」が気になるところです。 頸を切られれば鬼は崩れ落ちて死ぬ。 無惨を除けばそうです。 だが 猗窩座さんの例もある。 「さらなる高み」をもとめて生に執着するのか。 決して渇くことのない「強さへの切望」を胸に抱いたまま無間地獄をさまようのか。 どうでしょうね。 彼のこれまでの生き様を見てくれば,猗窩座のように諦めずに強さに執着しそうである。 それが 地獄への道と分かっていてもだ。 決して超えられない壁・緑壱の幻影を追うことになるとしても....。 二つの兄弟の分かれ道 だがそうはならない可能性もある。 不死川兄弟の存在である。 弟に生きてほしいと願った実弥,兄を助けたいと願った玄弥,そんな二人をこの後どんな運命が待っているか,まだ分からない。 黒死牟の肉体を食べた結果,血鬼術まで使えるようになった玄弥。 鬼になってまで「強さ」を求めたのは 兄を助けるため,兄と再び気持ちを通じさせるためでした。 どんなに兄に拒絶されようとも,その理由が明らかになった後も,玄弥は変わらず兄・実弥を想っている。 そんな 弟・玄弥の幸せをだれよりも願っているのが実弥である。 鬼喰いの最後がどうなるかは不透明である。 食した鬼(黒死牟)に意識を支配されるようなことは無いでしょうが,鬼舞辻無惨は鬼を支配できる。 血鬼術まで使えるようになった玄弥は最早ほとんど鬼舞辻の血を分け与えられて鬼になった者とそう変わらない。 どうなる,玄弥 玄弥が玄弥でなくなりそうになったとき,実弥がとる行動をみることになるのか。 無惨に支配されかけ,師匠や兄に刃を向けそうになる 玄弥の葛藤や拒絶, 兄・実弥の愛を見ることになるのか。 あるいは「強さ」を否定し「兄弟愛」を貫こうとする玄弥に己の価値観を覆されるのか。 そんな兄弟愛を見る中で,かつて黒死牟こと継国厳勝の中にもあった兄弟の純粋な親愛の思い出...。 そんな記憶を引き出すことで,黒死牟は最後に 人間の心を取り戻すのかもしれない。 もしかすると。 無論,猗窩座とは違う道を行く可能性もある。 猗窩座が行きかけた道(第153話より) そうなった時,満身創痍の4名が勝つ道筋が見えてきませんが,鬼が人であった以上,最後は 人らしく死ぬこともできるというのはこれまでも見てきた話。 上弦の壱・黒死牟こと継国厳勝は縁壱との思い出に何を見るのか。 興味深いところである。 余談 黒死牟が未熟とは言え 獪岳を鬼にしたのも分かりますね...。 あれも兄弟弟子に対する嫉妬心みたいなものが底にあったからね。 強さに対する渇望と弟弟子への嫉妬心。 そこに自分を見たのかもしれない。 さて,これまで「始まりの呼吸の剣士」とか「日の呼吸使い」と認識していた男の名は 継国縁壱と判明しました。 縁壱零式(102話より) なるほど。 例の刀の里にあった訓練道具は始まりの呼吸の剣士の動きを再現したものとして「縁壱零式」と命名されていましたが,そんまんまだったね。 縁壱の名前からつけたのか...。 鬼滅感想勢の皆さんは遠の昔に気づいていたんだろうな。 そして改めて考えてみると,これが遺されているということは,竈門家を離れた後に縁壱は再び思い直し「鬼斬り」としての道を再び歩み始めたということである。 それ故に今回の回想にあったような出来事が起きているわけですから。 となると気になるのは「日の呼吸」の伝承についてですよ。 竈門家はヒノカミ神楽という形で「技を見様見真似で」伝承してきたと解釈していたのですが,それにしては炭治郎の父は実戦力があったよね(熊の一件)。 もしかすると縁壱はどこかで正式に「日の呼吸」法について 竈門家に伝承したのかもしれないな。 そんなことをぼんやりと思ったり。 というわけで 再度まる。

次の

【腹筋崩壊】鬼滅の刃おもしろコラ画像まとめてみた!!

鬼 滅 の 刃 より いち

吾峠 呼世晴による漫画作品。 「週刊少年ジャンプ」2016年11号より連載中。 既刊5巻。 第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:篠原健太)の佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』が前身となっている。 【ストーリー】 時は大正。 竈門炭治郎は炭を売って生活していたが、ある日家族を襲われてしまう。 さらに唯一生き残った妹・禰豆子も凶悪な鬼と化してしまった。 禰豆子を人間に戻すため2人は旅立った。 「鬼」、それは噂にとどまらず、確かに存在していた。 そしてそのような鬼を狩るべく、人知れず剣を振るって戦う組織「鬼殺隊」もあった。 育手の元で剣術を身につけた炭治郎は、鬼殺隊入隊への最終関門である選別を経て、「鬼殺隊」に入隊する。 宿敵である「鬼舞辻無惨」に辿り着くが取り逃がしてしまうも、医師である鬼「珠世」と知己を得た。 彼女は「鬼を人間に戻す」医療を確立させたいと考えており、炭治郎は鬼の血液を採取することで協力関係を結ぶ。 仲間に我妻善逸、嘴平伊之助も加わり、鬼退治の旅は続く。 産屋敷きりや君がコミケで新刊を落とすコラ ラップする甘露寺 盾効かないガンダム メンタル弱々な冨岡義勇が言いそうな台詞コラ 冨岡義勇、違和感がなさすぎるコラ 冨岡の訃報 義勇「俺…聞いてないよ?」 おはぎをあげる 猗窩座の冷や汗 高級メロン 上弦の壱・黒死牟さん、カラオケコラ 「マスオが柱になってみた」 クソ動画upします。 鬼滅の刃ファンの皆様、大変に申し訳ありません。

次の