住民 票 抄本 と は。 戸籍謄本・抄本、住民票などの請求 堺市

住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します

住民 票 抄本 と は

人気の関連ページ!• スポンサーリンク 住民票に本籍を記載する方法! 住民票に本籍を記載するのは、実はとてもカンタンです。 なぜなら、住民票を取得する時の「交付請求書」において、 【本籍地の記載】にチェックを入れるだけだからです。 交付請求書のフォーマットは、各自治体によって異なりますが、必ずチェック欄が設けられています。 「本籍」が必要であれば、本籍にチェックを入れればOKです。 コンビニで取得する場合でも「本籍の記載有無」を選べますので、『有』にすればOK。 同じように、「世帯主との続柄」や「マイナンバー」についても、記載の有無を選べます。 人気の関連ページ!• なお「本籍」については、以下も参考にしてみて下さい。 人気の関連ページ!• スポンサーリンク 本籍を記載する時の3つの注意点! 続いては、本籍を載せるときに気をつけたい3つの注意点を説明します。 全員分の本籍が載ってしまう! 何も考えずにパパッと住民票を取ると、住民登録を一緒にしている同居人全員の情報が載ることになります。 すると必然的に、全員の本籍が載ってしまうことに。 通常は問題ないと思いますが、たとえば「同棲」などの場合、住民票は同じでも戸籍は違うため、それぞれ違う本籍地となっています。 もしも『全員分の本籍が表示されるのはイヤ』という場合は、住民票取得時に「世帯一部」にして、必要な人の分だけ請求しましょう。 もしくは「出力様式」を【個人票】にすれば、一枚ずつバラバラに出力してもらえます。 大阪市のフォーマットを例に出すと、• ちなみに、個人票で出力すると以下の様に出力されます。 住民票の請求書の「本籍地」にチェックを入れれば、本籍が載る• 「本籍」を載せると、必ず「筆頭者」も一緒に載ることになる• 諸事情で全員の本籍を載せたくない場合は、「世帯一部」での出力、もしくは「個人票」での出力にする• 請求時に「本籍地」にチェックを入れなかった場合は、「省略」という表示になる 住民票の取り方は4種類ありますが、発行手数料が若干変わります。 >> もしも「マイナンバーカード」をお持ちであれば、コンビニでパパッと取得することが出来ます。 また「取りに行く時間がない!」という場合は、カンタンに「代理人に頼む」ことも出来ますよ。 >> なお住所が変わった際の「住民票の移動」は 住民基本台帳法によって定められているため、移動していない場合は 最悪なケースとして罰金を課される可能性もありますので注意しましょう。 あとは余談ですが、「原本」や「写し」という概念が分からない方もいらっしゃると思いますので、そのあたりもまとめています。 >> スポンサーリンク.

次の

住民票抄本の写しと住民票の写しは違うものなのでしょうか?

住民 票 抄本 と は

戸籍謄本とは 戸籍謄本とは、身分関係(夫婦、親子などの関係)や本籍地などが記載されており、結婚の際の婚姻届やパスポート、相続の際に必要となる書類のことです。 日本国籍があることを示す日本独特の制度です。 戸籍謄本の読み方は、こせきとうほんと言います。 この記事では、これから戸籍を取ろうとしている方のために、戸籍謄本とは一体何なのか、住民票との違いは何なのかを詳しく解説します。 「戸籍謄本ってなに?」という方のために、戸籍の意味をはじめ、附表や転籍、分籍などの難しい用語についてもわかりやすくご紹介します。 ぜひ戸籍を取る第一歩としてお役立てください。 戸籍謄本と戸籍全部事項証明書は同じもの 戸籍謄本と戸籍全部事項証明書は同じものをあらわします。 実は、戸籍謄本というのは別名で「戸籍全部事項証明書」が現在の正式な名前です。 紙で戸籍を管理していた時代には戸籍謄本という名前で呼ばれていましたが、平成16年頃に戸籍がコンピューター化されてからは、名称が戸籍全部事項証明書に変わったという歴史があります。 意味はどちらでも通じますが、戸籍謄本とは戸籍全部事項証明書を意味するいうことを覚えておきましょう。 役所に行けば戸籍謄本の写しを発行してもらえる 戸籍は、 本籍地がある自治体の役所に行けば発行してもらえます。 ただ現在では、戸籍はネットや郵送でも簡単に取れるようになりました。 本籍地がどこにあるかさえわかれば、戸籍謄本の写しは簡単に取ることができます。 戸籍謄本(抄本)を取得するときに、 自治体から発行されるのは写し(コピー)です。 正確に言うと、戸籍の原本は役所でコンピュータ管理されているため、入手することはできません。 「戸籍謄本を取る」というのは、普通は戸籍謄本の写しを取得することを意味します。 戸籍謄本と抄本の違い 戸籍謄本(とうほん)と戸籍抄本(しょうほん)の違いは、記載されている情報が世帯全員分か・一部の人の分かという点です。 謄本には全員分、抄本には1人分の情報が記載されている 戸籍謄本は 戸籍の全員分が記載された写し、戸籍抄本は一部の人(1人または複数人)の写しのことを指します。 違いは簡単で、「謄」と「抄」のふたつの言葉の意味を理解しておけば、悩むことなく簡単に使い分けることができます。 謄本の「謄」は、原本通りに写すという意味。 抄本の「抄」は一部を抜き出すという意味がある言葉です。 ここから、戸籍抄本は、全体の中から個人の情報だけを抜き出すので、個人事項証明書と呼ばれることもあります。 出典: 出典: どちらを取るのか迷ったら戸籍謄本を取る 戸籍謄本と戸籍抄本のどちらが必要なのかと迷った場合には、 戸籍謄本を入手しておくのがおすすめです。 戸籍謄本も戸籍抄本も、 値段は同じで1通450円のため、迷う場合には戸籍謄本のほうが汎用性があります。 ただし、 家族の情報の記載が必要ないという場合には戸籍抄本を取ります。 例えば、パスポートを申請するには「6ヶ月以内に発行された戸籍謄本または戸籍抄本」が必要とされており、抄本でも謄本でもどちらでもよいとされています。 婚姻届の必要書類は戸籍謄本のケースが多いですが、中には「戸籍謄本または戸籍抄本」という自治体もあるようなので、自治体への確認が必要です。 戸籍謄本・戸籍抄本のどちらも、本籍地の役所で取るか、郵送で取り寄せをするという方法で取ることができます。 本籍地以外で、本人以外の代理人が取得することもできるので、本籍が遠方の場合でも安心です。 戸籍謄本と住民票の違い・使い道 戸籍謄本と住民票の違いは、 戸籍謄本は本籍地や身分関係を証明するための書類なのに対して、住民票は現住所を証明するための書類であるという点です。 戸籍謄本には、本籍地・両親の名前などの情報が記載されていますが、住民票には世帯主の住所やといった情報が記載されています 戸籍謄本と住民票の住所が異なる方が多いのではないかと思いますが、本籍地と現住所が違っていても、戸籍謄本と住民票はそもそも使い道が異なるので問題ありません。 戸籍は結婚やパスポートに必要な、身分関係を証明するための書類 戸籍謄本は、 本籍地や身分関係を証明するための書類で、本籍地や両親の名前や出生地、配偶者の情報などが記載されています。 戸籍には、家族や結婚の情報まで書かれているというのが一番の特徴です。 戸籍謄本が必要になるのは、 パスポートの申請や結婚、相続などの特定の手続きです。 戸籍謄本に記載されている内容• 本籍地• 両親の名前• 出生地• 配偶者氏名• 生年月日など 出典: 住民票は免許書などで必要な、現住所などを証明するための書類 それに対して住民票は、 現住所を証明するための書類で、世帯主の住所や氏名、転入日などの内容が書かれています。 住民票は、 運転免許の取得や銀行の口座開設時などの本人確認書類として使用することが多く、戸籍謄本とは異なります。 住民票に記載されている内容• 現住所• 生年月日など 世帯主や続柄、個人番号は記載するかどうかを選ぶことができます。 出典: 戸籍謄本の種類 戸籍謄本の種類には、 戸籍謄本(抄本)・原戸籍・除籍謄本・戸籍の附表があります。 戸籍を請求する時に、戸籍証明書等請求書という申請書を書きますが、この時にどの種類の戸籍が必要なのかを選ぶ必要があります。 出典: 1 戸籍謄本(抄本) 戸籍謄本(抄本)は、 現在の戸籍のことを意味します。 通常、結婚やパスポート用に戸籍を請求するといった場合には、この戸籍謄本(抄本)を取ります。 2 原戸籍(改製原戸籍) 原戸籍は、 法改正が行われ様式が変わる以前の戸籍のことを意味します。 戸籍に関する法改正が行われると様式が変更され、その都度、戸籍の書き換えが行われます。 その、書き換えられる前の戸籍を書き写したものを改製原戸籍(かいせいげんこせき)、通称、原戸籍(はらこせき)と呼び、相続の際などに使用します。 コンピューター化される前に紙で管理していた戸籍のことを、通称「平成の改製原戸籍」と呼ぶこともあります。 3 除籍謄本 除籍謄本は、 すでに廃止された戸籍の情報を書き写したものです。 戸籍に記載されている全員が、本籍地の変更(転籍)をしたり、婚姻や死亡等の理由で戸籍からいなくなったことで戸籍が廃止された場合に、その記録として残っているのが除籍謄本です。 相続の際などに必要となります。 除籍謄本には、除籍全部事項証明書(除籍謄本)・除籍個人事項証明書(除籍抄本)・除籍一部事項証明書(除籍の記載事項証明書)といった種類があります。 それぞれ記載されている情報が異なります。 4 戸籍の附表 戸籍の附表は、 戸籍とセットで管理されている書類のことです。 戸籍の附表には、住所の変更履歴が記録されており、その戸籍に入っていた期間の過去の住所を全てさかのぼって確認することができます。 戸籍の附表も相続の際などに必要になる種類です。 戸籍の使い道:結婚・パスポートは戸籍謄本 結婚やパスポートを取るなどの用途の場合には、 「戸籍謄本」を取るのが一般的です。 戸籍の使い道:相続などの際には原戸籍や除籍方本が必要になることがある 相続に利用する際には、過去にさかのぼる必要があるため、 改製原戸籍や除籍謄本が必要になるケースもあります。 戸籍の転籍・分籍とは 戸籍の転籍・分籍とは、 結婚や転居の際に、戸籍を移したり分けたりする手続きのことを意味します。 転籍とは、本籍地を移転すること 戸籍の転籍とは、 本籍地を移す手続きのことを意味します。 たとえば、戸籍がある本籍地が遠く、いちいち戸籍を取るのに面倒だという場合には、戸籍を現住所に転籍するケースがあります。 本籍地は、実際に住んでいる場所と違う場所でも、日本国内であれば好きな場所に届け出ることができます。 一般的には取りやすい場所に置いておく方が多いようです。 分籍とは、子が親と戸籍を分ける手続きのこと 戸籍の分籍は、 戸籍を分ける手続きを意味します。 たとえば、子供が親の戸籍から籍を分けたい場合は、分籍の手続きを行うことがあります。 ただし、手続きを行えるのは20歳以上の成人している子のみで、未成年は行うことができません。 分籍はそれほど一般的な手続きではありませんが、様々な事情によって分籍の手続きを行うことがあります。 関連記事 私たちは、生活に欠かせない様々な行政手続きをより分かりやすくするために、様々な情報を発信しています。 戸籍について、もっと詳しく知りたいという方は、ぜひ次の情報もお役立てください。 戸籍の取り方・郵送の方法を解説 戸籍を取りたいという方の多くが、まずはじめに抱える悩みとして、「必要なものな何なのか?郵送でもできるのか?」という問題があるかと思います。 これから戸籍を取得したいという方に役立つ情報をまとめてご紹介。 どの方法で戸籍を取るのがよいか比較したい方 戸籍謄本を郵送で取りたい方 戸籍謄本をコンビニで取りたい方 パスポートで使う戸籍謄本について解説 戸籍謄本を使う場面で最も多いのが、海外旅行の際などに使うパスポートを取得する時です。 パスポートの申請で戸籍謄本を取る時には、有効期限に注意する必要があります。 パスポートの申請で戸籍謄本が必要な方 婚姻届の入籍手続きで使う戸籍謄本のポイントを紹介 婚姻届を出す際には、戸籍謄本が必要となります。 ただし、提出が必要でない場合や、戸籍が間に合わない場合の対処方法など、様々な注意点があります。 婚姻届で戸籍謄本が必要な方.

次の

住民票の「本籍地」の記載方法と、「省略」の意味!【記載時の注意点】

住民 票 抄本 と は

JSGU共済申請で添付書類に「住民票」と「戸籍抄本」が表示されています。 「住民票」は、【発行された時点の住所に住んでいる人の証明】です。 住民票の記載欄には、「名前」、「生年月日」、世帯主との「続柄」が表示されるので、組合員と家族の続柄証明であったり、出生証明や学齢の証明に使用します。 「戸籍」は、【同一戸籍内で出生または転籍した人の戸籍履歴の証明】です。 戸籍には、指定された人の証明内容だけを記載する「戸籍抄本」と、戸籍に記載されている人全員分を記載した「戸籍謄本」があります。 JSGUでは個人情報保護の観点から「戸籍抄本」の活用を推奨しています。 「戸籍抄本」の記載欄には、「名前」「生年月日」「父名」「母名」「養父名」「養母名」「婚姻日」「死亡日」などが表示されます。 つまり戸籍は自分の父、母、配偶者の証明はできますが、「子」の証明はできません。 「戸籍抄本」は、組合員との続柄の証明や婚姻日の証明、出生証明や学齢証明に使用します。 二親等の証明の場合には戸籍抄本は二人分必要となります。 例えば、「母方のお祖父さん」を証明する場合には「組合員本人」と「組合員の母」の戸籍抄本が必要です。 以上のことを踏まえて必要に応じて証明書を準備してください。 注釈「学齢」…保護者 親権を有する者,または後見人 が就学させる義務を負う,子の年齢。 または就学を義務づけられている年齢。

次の