京都タワー イルミネーション。 京都ロームイルミネーション2019

カラーライトアップ| Kyoto Tower 公式サイト

京都タワー イルミネーション

ページコンテンツ• 白色以外のライトアップについて この「特別なライトアップ」は主に各種啓発運動に賛同して実施されます。 以前は「年に何度か」程度でしたが、2016年3月に塔体照明がLED化されて以降、やや頻繁に行われるようになりました。 もともと、ピンクリボン運動に合わせたピンクのライトアップ、オレンジリボン運動に合わせたオレンジのライトアップ、パープルリボン運動に合わせたパープルのライトアップは以前より実施されており、世界糖尿病デーに合わせたブルーのライトアップもパープルリボンと日程が重なった2014年を除けば毎年のように 実施されています 実施されていました(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環としてスカイブルーにライトアップされる日程や色合いが重なる都合上、2017年以降は世界糖尿病デーを理由としたブルーのライトアップは実施されず)。 他にも、イエローグリーンリボン運動に合わせたイエローグリーン、グリーンリボン運動に合わせたグリーン、展望の日のPRでレッドなど。 (私の記録が正しければ、)初めてピンクリボンでライトアップされたのは2008年10月11日。 省エネのため、京都タワーは22時で消灯していた時期もありましたが、2016年の晩春頃(あるいは初夏頃)から、昔のように24時(翌0時)まで点灯するようになりました。 2011年の大晦日など、夜を通じて翌朝まで特別なカラーでライトアップされることもありますが、これはきわめて例外的です。 基本的には日没頃から点灯しますが、イベントや点検により変更される場合があり、必ずしも一定ではありません。 また、毎月16日は「DO YOU KYOTO? デー」(環境に良いことをする日)による取り組みで消灯されます(終日ライトダウンされるわけではなく、2時間ほど消灯するようです)。 これら普段とは色が変わるライトアップ(通常の白色以外のライティング・パターン)について、過去の日程や、ならびに最新の日程をリスト化しておきます。 最近の日程を優先的して上に、それ以外は一覧できるよう下にまとめて掲載しています(気が向いたらカレンダー形式にするかも)。 「今日や昨日のライトアップは何色?」「あの日のライトアップはなぜ?」といった疑問を解決できる、かもしれません。 念のために追記しておきますが、私は京都タワーさん公式の同様の企画より先に始めており、リストの内容もより正確です(公式が網羅・把握なさってない時期の記録もあります)。 最近のライトアップ 2020年(今日のライトアップ) 3月3日の18時30分~19時はうすいピンク、19時~19時30分はショッキングピンク。 3月12日と13日はグリーン(世界緑内障週間・ライトアップinグリーン運動)。 3月14日はグリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、若草カラー)。 3月27日の23時~23時30分はグリーン(自分色)。 3月28日はグリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、若草カラー)。 京都タワーの特別なライトアップを撮影した写真の一部を公開しています。 のタグからどうぞ。 今後の予定(未定) 2020年 過去のライトアップ 2020年 1月1日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月11日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 1月25日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月28日の21時45分~22時15分はピンク(自分色)。 1月31日の18時~18時30分はレッド(自分色)。 2月8日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 2月14日はピンク(バレンタインイベント2020)。 2月22日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 2019年 1月1日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月12日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 1月18日と19日はスカイブルー(公益社団法人日本青年会議所2019年度京都会議の開催に合わせJCカラー(JCIアクア)にライトアップ)。 1月22日の19時~19時30分はイエロー(自分色)。 1月26日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 2月9日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 2月14日はピンク(バレンタインイベント2019)。 2月23日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 3月8日はパープル(町家の日・3月=マーチ、8日でマーチヤの日)(カラーは公募で紫に決定)。 3月9日はグリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、若草カラー)。 3月12日と13日はグリーン(世界緑内障週間・ライトアップinグリーン運動)。 3月14日は21時まで多彩な色でライトアップ(下京区誕生140周年記念、厳密には下記)。 (「下京区防犯の日」である毎月14日は21時まで「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環としてスカイブルーにライトアップされますが、下京区誕生140周年と「全国市区 サステナブル度・SDGs先進度調査」で京都市が首位に選ばれたことを機に、市民に広く (リンク先は外務省による解説)の理念を普及するため、SDGsをイメージした多彩な色でライトアップ) (「SDGs」のイメージカラーは全17色? のようですが、京都タワーのライトアップは9~10色ほど変化したような?) 3月23日はグリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、若草カラー)。 4月2日と3日はブルー(世界自閉症啓発デーin京都)。 4月27日の18時50分~19時50分はレッド(自分色)。 5月1日はレッド&ホワイト(令和元年、天皇陛下の即位に祝意を表して紅白カラーでライトアップ)。 5月14日は19時15分からパープル(ワールドマスターズゲームズ2021関西の開催2年前を記念して)。 5月25日の19時30分~20時はパープル(自分色)。 6月4日の22時15分~22時45分はレッド(自分色)。 6月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 7月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 7月31日の20時30分~21時はレッド(自分色)。 8月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 9月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 9月19日と20日はレッド&ホワイト(ラグビーワールドカップ2019・ラグビー日本代表応援企画)。 9月21日は19時からオレンジ(世界アルツハイマーデー)。 9月22日は19時15分からグリーン(京都音楽博覧会2019の開催を記念して)。 9月28日と29日は18時からうすいピンク(ピンクリボン京都2019・乳がん啓発)。 9月30日はレッド(展望の日のPR)。 10月6日の22時30分~23時はティール(自分色)。 10月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 10月18日はグリーン(「意思い(おもい)をつなぐグリーンリボン京都府民運動」の一環)。 10月22日はレッド&ホワイト(今上陛下「即位礼正殿の儀」を記念して紅白カラーでライトアップ)。 11月1日と2日はオレンジ(オレンジリボン運動・児童虐待防止啓発)。 11月12日はパープル(パープルリボンキャンペーン2019・女性や配偶者等に対する暴力をなくす運動)。 11月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 11月15日はレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 11月17日の18時30分~19時はショッキングピンク(自分色)。 11月23日はレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 12月14日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 12月22日の21時~21時30分はイエロー(自分色)。 12月23日の22時~22時30分はオレンジ(自分色)。 12月24日と25日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 12月28日は17時55分からスカイブルー(京都タワー開業55周年記念、イベント当日の投票によりカラー決定)。 2018年 1月1日と2日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月6日は京伏パープル(弱虫ペダル GLORY LINE 京都ステージ in 京都タワー)。 1月8日は総北イエロー(弱虫ペダル GLORY LINE 京都ステージ in 京都タワー)。 1月13日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月15日は鏑木オレンジ(弱虫ペダル GLORY LINE 京都ステージ in 京都タワー)。 1月27日はオレンジ(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、初日の出カラー)。 1月31日は京伏パープル(弱虫ペダル GLORY LINE 京都ステージ in 京都タワー)。 2月4日は箱根学園ブルー(弱虫ペダル GLORY LINE 京都ステージ in 京都タワー)。 2月10日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 2月14日は総北イエロー(TVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』タイアップ「想いは届く!! バレンタイン総選挙」、カラーは投票で決まりました)。 2月23日の21時~21時30分はスカイブルー(自分色)。 2月24日はピンク(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅梅カラー)。 3月1日の18時30分~19時はパープル(自分色)。 3月8日はスカイブルー(町家の日・3月=マーチ、8日でマーチヤの日)(カラーは公募でスカイブルーに決定)。 3月12日と13日はグリーン(世界緑内障週間・ライトアップinグリーン運動)。 3月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 3月17日と18日はグリーン(「第20回臓器移植推進国民大会」のプレイベント)。 4月2日と3日はブルー(世界自閉症啓発デーin京都)。 4月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 4月20日はブルー&ホワイト(ブルークローバー・キャンペーンカラー、第106回日本泌尿器科学会総会の告知および京都前立腺がん啓発月間)。 4月21日はショッキングピンク(ナイトパーティー「TOWER DISCO」開催に合わせて)。 5月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 5月15日の19時15分~19時45分はオレンジ(自分色)。 6月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 6月15日の20時~20時15分は試験点灯(事前に告知有り)。 6月30日はショッキングピンク(「タワーディスコ」イベントイメージカラー)。 7月2日の20時~20時30分はパープル(自分色)。 7月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 7月18日の20時~20時15分は試験点灯(事前に告知有り)。 7月21日はショッキングピンク(「タワーディスコ」イベントイメージカラー)。 7月24日はレッド(東京2020オリンピック 2年前記念ライトアップ連携)。 8月25日はショッキングピンク(「タワーディスコ」イベントイメージカラー)。 9月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 9月21日はオレンジ(世界アルツハイマーデー)。 9月22日の20時~20時30分はグリーン(自分色)。 9月23日は19時からグリーン(「京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園」開催記念)。 9月29日と30日の18時頃~22時はピンク(ピンクリボン京都2018・乳がん啓発)。 10月11日は19時から試験点灯(事前に告知有り)。 10月13日と14日はグリーン(「意思い(おもい)をつなぐグリーンリボン京都府民運動」の一環)。 10月20日はショッキングピンク(「タワーディスコ」イベントイメージカラー)。 10月25日は18時からレッド(~手塚治虫 生誕90周年~ 漫画「リボンの騎士」新装版出版記念タイアップ)。 11月2日と3日はオレンジ(オレンジリボン運動・児童虐待防止啓発)。 11月12日はパープル(パープルリボンキャンペーン2018・女性や配偶者等に対する暴力をなくす運動)。 11月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 11月15日は紫&緑(きものの日2018 in 京都)。 11月19日は22時までピンク&オレンジ(「きょうと育児の日」(毎月19日)の啓発活動)。 11月23日はレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 12月8日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 12月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 12月15日はショッキングピンク(クラブイベント「TOWER DISCO FINAL」開催に合わせて)。 12月22日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 12月23日の19時~19時30分はオレンジ(自分色)。 12月24日と25日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 2017年 1月1日0時~7時はオレンジ(元旦のご来光をイメージ)。 1月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 1月15日19時30分~20時はパープル(自分色)。 1月23日20時30分~21時はレッド(自分色)。 2月14日は21時までピンク(バレンタインイベント2017)。 2月28日20時~20時30分はイエロー(自分色)。 3月8日はスカイブルー(町家の日・3月=マーチ、8日でマーチヤの日)。 3月12日と13日はグリーン(世界緑内障週間・ライトアップinグリーン運動)。 3月14日は18時30分~21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 4月2日の18時30分~21時、同3日の18時30分~24時はブルー(世界自閉症啓発デーin京都)。 4月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 5月5日の20時10分~20時40分まで黄緑(自分色)。 5月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 6月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 7月1日はグリーン(京都の情報誌ゴ・バーン創刊15周年記念、ライトアップカラーは当日に決定されました)。 7月10日の20時30分~21時までスカイブルー(自分色)。 7月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 8月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 9月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 9月21日は19時からオレンジ(世界アルツハイマーデー)。 9月22日の20時~20時30分までグリーン(自分色)。 9月30日はレッド(展望の日のPR)。 10月1日と2日の18時~22時はピンク(ピンクリボン京都2017・乳がん啓発)。 10月5日は18時からレッド(京都国際映画祭2017の告知)。 10月8日の22時~22時30分までイエロー(自分色)。 10月12日はレッド(京都国際映画祭2017の開催を記念して)。 10月15日はグリーン(「意思い(おもい)をつなぐグリーンリボン京都府民運動」の一環)。 10月18日の18時15分から18時25分頃まで試験点灯(事前に告知有り)。 10月25日と26日はグリーン(第66回共済医学会の開催を記念して)。 10月31日はパープル(ハロウィン)。 11月1日と2日はオレンジ(オレンジリボン運動・児童虐待防止啓発)。 11月3日は17時30分からレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 11月11日はレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 11月13日はパープル(パープルリボンキャンペーン2017・女性や配偶者等に対する暴力をなくす運動)。 11月15日は紫&緑(11月15日は「きものの日」、平安時代から伝わる襲(かさね)の色目をイメージ)。 11月24日はピンク&オレンジ(京都府少子化対策府民会議WEEK、「きょうと育児の日」(毎月19日)のロゴマークをイメージしたカラーでライトアップ)。 11月25日はレッド(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、紅葉カラー)。 12月1日は18時からレッド(レッドリボンキャンペーン・世界エイズデー)。 12月9日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 12月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 12月15日は20時からショッキングピンク(ナイトパーティー「TOWER DISCO」開催に合わせて)。 12月17日の18時30分から18時45分頃まで試験点灯(事前に告知有り)。 12月24日と25日はレッド&グリーン(京都駅周辺 Winter Illumination「ときめきプロジェクト」、クリスマスカラー)。 2016年 LED化された3月以降のみ、ひとまず、当ページで記録として残しておきます。 3月10日と12日は緑色(世界緑内障週間)。 点灯式の日より前からLED化されていたことを確認。 3月14日はLEDライトアップ点灯式。 14日は形式上の点灯式で、実際には3月1日にLED化しました。 3月22日は朱色(文化庁京都移転方針決定歓迎)。 3月25日は照明器具の設置調整(塔の頂部のみ点灯したり、時間帯によってはツートンカラーなど)。 4月2日はブルー(世界自閉症デーin京都)。 4月15日と18日は試験点灯(複数色の組み合わせや色変化のテスト)。 4月19日はピンク&オレンジ(「きょうと育児の日」の啓発活動)。 5月13日は器具点検(保守点検で外に作業員さんが……)。 5月21日と22日はドーン・パープル(夜明けの紫色)(リレー・フォー・ライフ・ジャパン・京都)。 6月2日は塔体照明の点灯点検。 6月4日と5日はイエローグリーン(イエローグリーンリボン・世界禁煙デー)。 6月23日は塔体照明の器具点検(次々と色が変化してカラフルでした)。 7月1日はオレンジ(告知や公式発表無しでしたが、翌日、問い合わせたところ、点検作業とのこと)。 8月12日はティール&ホワイト(京都タワー展望室の延べ来塔者数3000万人記念)。 8月25日は試験点灯(約1分ごとに次々と色が変化しました)。 9月3日20時~24時はパープル(自分色)。 9月12日21時35分~22時5分はピンク(自分色)。 9月15日は試験点灯(19時30分まで次々と色が変化しました)。 9月17日19時5分~19時35分はスカイブルー(告知等無し、おそらく自分色)。 9月21日はオレンジ(世界アルツハイマーデー)。 9月30日はレッド(展望の日のPR)。 10月1日と2日はピンク(ピンクリボン京都2016・乳がん啓発)。 10月4日と5日はスカイブルー(かんぽ生命100周年記念)。 10月9日19時45分~20時15分はレッド(自分色)。 10月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 10月17日23時30分~24時はレッド&グリーン(自分色)。 10月23日はグリーン(グリーンリボン京都府民運動・臓器提供意思表示の普及啓発)。 10月30日と31日の19時~21時はパープル(ハロウィン)。 11月1日と2日はオレンジ(オレンジリボン運動・児童虐待防止啓発)。 11月7日18時45分~19時15分はレッド(自分色)。 11月11日18時30分~19時は青緑(自分色)。 11月12日20時40分~21時10分は真紫(自分色)。 11月14日18時~24時はブルー(世界糖尿病デー)。 11月15日はパープル(パープルリボンキャンペーン2016・女性や配偶者等に対する暴力をなくす運動)。 11月22日17時30分~22時はピンク&オレンジ(「京都府少子化対策府民会議」設立キャンペーンで「きょうと育児の日」(毎月19日)のシンボルカラーにライトアップ)。 11月29日20時~20時30分は濃い青(自分色)。 12月2日20時~20時30分はスカイブルー(自分色)。 12月3日はレッド(紅葉シーズンに合わせて)。 12月14日は21時までスカイブルー(「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」市民ぐるみ推進運動の一環)。 12月24日と25日18時~21時はクリスマスで赤と緑(さらに両日の19時~と20時~の各1分間ずつ、特別に2色のライトアップが回転)。 12月26日17時~17時30分はオレンジ(自分色)。 12月29日19時~19時10分頃は試験点灯(元旦に備えたテスト?)。 「自分色」にライトアップできるように 2016年9月から希望する好きな「自分色」でライトアップできるようになりました(要事前申込・有料30分3万円~)。 木津川市夏祭りの打ち上げ花火との組み合わせ例。 他にも生駒山上の花火、宝が池の花火などと合わせることもできます。 京都タワーについて(簡易版) 京都タワーは1964年(昭和39年)12月28日に開業しました(2014年で開業50周年)。 京都駅の北側、烏丸通の西側に所在し、その地上高は131m。 これは京都市内で最も高い建造物 [] であり、世界で一番高い無鉄骨建築とされます。 おおよそ標高(海抜)29m前後の京都駅前に建っていますので、これに地上高を加えると、京都タワーの標高(海抜)は約160m(推定)といったところでしょうか。 京都市内の大きな主要道路(北大路通、東大路通、西大路通)の内側では、とくに標高が高い地点として知られる船岡山の標高が112mですので、船岡山よりも高いことになりますね。 「京都タワーのライトアップに詳しい人」扱いされているようですが、私は一介の京都市民に過ぎません。 夕方から夜にかけて大文字山を頻繁に登っていた関係で、特別なライトアップが開始された当初より眺める機会が多く、遠くから写真を撮影する機会に恵まれていました。 ただそれだけです。

次の

京都タワーの特別な色のライトアップ

京都タワー イルミネーション

タップできる目次• 京都駅内で撮れる京都タワーの撮影スポット8選 は、京都駅烏丸中央口前に立つ高さ131mの世界一高い無鉄骨建築の建物です。 京都のランドマークであり、季節や時期に応じて様々な色のライトアップを眺めることができます。 撮影ポイントは 20分ほどあれば全て撮ることが可能です。 それでは、1つ目から詳しく紹介していきます! 羅城門 1つ目は京都駅北口広場にある羅城門とタワーを交えた構図。 羅城門は日没からライトアップが始まり、さらに冬にはその周辺でイルミネーションも行われてるので夜には一層華やかに撮影することが可能です。 駅ビルの支柱 2つ目は、ポルタへの入り口付近にある支柱。 柱の中から京都タワーを見上げると見事な 額縁構図を撮影できます! さらにこの柱にはもう1つ撮影ポイントがあります。 壁の側面を見てみると京都タワーがくっきりと反射しているのがわかります。 ここは一眼レフカメラだと撮影しづらいので、 スマホをピタッと壁につけて撮るのがおすすめです。 駅ビルの壁 3つ目は京都駅ビルに反射する京都タワーから。 アクアファンタジーの入り口前から駅ビルを見るとちょうどいい具合に反射してるのが見えます。 バスターミナル 4つ目はバスターミナルの屋根と京都タワーを交えた構図。 バス乗り場総合案内板付近が撮影のベストスポットです。 ダイナミックなかっこいい写真が撮れます。 バスチケットセンター前のオブジェクト 5つ目は 建物の間に挟まれる構図の京都タワー。 バスチケットセンター前にあるオブジェクトが目印です。 烏丸小路広間 6つ目は、駅ビルの烏丸小路広間。 ここからは大理石の壁に見事な京都タワーを撮ることができます。 先ほど紹介した柱に映る京都タワーよりもこちらの方が有名かも。 一眼レフカメラで撮るとピントがなかなか合わない場合は マニュアルでピントを合わせましょう。 大理石でできた床も活用すると、さらに京都タワーのリフレクションが増え、 4本の京都タワーを撮影することができます。 室町小路広場 7つ目は烏丸小路広間の反対側、室町小路広場から。 このポイントからはまるで スマホの電波アイコンのような構図の写真を撮ることができます。 駅ビルの空中回廊 そして最後は駅ビルの空中回廊から。 この場所は京都タワーを 俯瞰して眺めることができるベストポジションです。 周辺のビルも交えて撮れるので夜景観賞にも最適な撮影スポット。 おまけ 京都タワーとは関係ありませんが、京都駅烏丸中央部口の玄関部にある吹き抜けにも面白く撮れるポイントを発見。 一見ただの吹き抜けに見えますが、 少し角度をずらすと人の顔のように撮れます!こちらも併せて是非撮ってみてください。 まとめ 京都駅周辺で京都タワーを面白く撮れるポイントを8つ紹介しました。

次の

京都タワーイルミネーション♪

京都タワー イルミネーション

タップできる目次• 京都駅内で撮れる京都タワーの撮影スポット8選 は、京都駅烏丸中央口前に立つ高さ131mの世界一高い無鉄骨建築の建物です。 京都のランドマークであり、季節や時期に応じて様々な色のライトアップを眺めることができます。 撮影ポイントは 20分ほどあれば全て撮ることが可能です。 それでは、1つ目から詳しく紹介していきます! 羅城門 1つ目は京都駅北口広場にある羅城門とタワーを交えた構図。 羅城門は日没からライトアップが始まり、さらに冬にはその周辺でイルミネーションも行われてるので夜には一層華やかに撮影することが可能です。 駅ビルの支柱 2つ目は、ポルタへの入り口付近にある支柱。 柱の中から京都タワーを見上げると見事な 額縁構図を撮影できます! さらにこの柱にはもう1つ撮影ポイントがあります。 壁の側面を見てみると京都タワーがくっきりと反射しているのがわかります。 ここは一眼レフカメラだと撮影しづらいので、 スマホをピタッと壁につけて撮るのがおすすめです。 駅ビルの壁 3つ目は京都駅ビルに反射する京都タワーから。 アクアファンタジーの入り口前から駅ビルを見るとちょうどいい具合に反射してるのが見えます。 バスターミナル 4つ目はバスターミナルの屋根と京都タワーを交えた構図。 バス乗り場総合案内板付近が撮影のベストスポットです。 ダイナミックなかっこいい写真が撮れます。 バスチケットセンター前のオブジェクト 5つ目は 建物の間に挟まれる構図の京都タワー。 バスチケットセンター前にあるオブジェクトが目印です。 烏丸小路広間 6つ目は、駅ビルの烏丸小路広間。 ここからは大理石の壁に見事な京都タワーを撮ることができます。 先ほど紹介した柱に映る京都タワーよりもこちらの方が有名かも。 一眼レフカメラで撮るとピントがなかなか合わない場合は マニュアルでピントを合わせましょう。 大理石でできた床も活用すると、さらに京都タワーのリフレクションが増え、 4本の京都タワーを撮影することができます。 室町小路広場 7つ目は烏丸小路広間の反対側、室町小路広場から。 このポイントからはまるで スマホの電波アイコンのような構図の写真を撮ることができます。 駅ビルの空中回廊 そして最後は駅ビルの空中回廊から。 この場所は京都タワーを 俯瞰して眺めることができるベストポジションです。 周辺のビルも交えて撮れるので夜景観賞にも最適な撮影スポット。 おまけ 京都タワーとは関係ありませんが、京都駅烏丸中央部口の玄関部にある吹き抜けにも面白く撮れるポイントを発見。 一見ただの吹き抜けに見えますが、 少し角度をずらすと人の顔のように撮れます!こちらも併せて是非撮ってみてください。 まとめ 京都駅周辺で京都タワーを面白く撮れるポイントを8つ紹介しました。

次の