ご 祝儀 袋 包み 方。 祝儀袋の書き方2】お祝い・包み方・種類・出産祝い・お見舞い・餞別・お祭り

ご祝儀袋の厚紙の使い方とご祝儀の包み方マナー

ご 祝儀 袋 包み 方

御祝儀、御香典といった金封は、袱紗という方形の布に包んで持っていくのがマナー。 また、色や包み方にも違いがあるため、間違えないように注意が必要です。 それが現在、金封を包む儀礼用の布として一般化したものだ。 マナーアドバイザーの松本繁美さんが解説する。 「袱紗で包む目的は、祝儀・不祝儀袋を汚さず、折れ目のない状態でお渡しするためです。 また、受け取る相手に礼儀を尽くすという意味もあります」 色は用途別に異なり、慶事用なら赤やピンクなどの暖色系、弔事用ならグレーや緑などの寒色系。 紫はどちらにも使える色合いだ。 「包み方は慶弔で異なります。 慶事は向かって右側を上、弔事は向かって左側を上にして包みます。 上下の重ね方は祝儀・不祝儀袋と同じで、慶事は下側を上側にかぶせて、弔事は上側を下側にかぶせます。 袱紗は何かと使う機会があるので、大人のたしなみとして用意しておくと安心です」(松本さん・以下同) と松本さんはアドバイスする。 祝儀袋を表向きにして、中央よりやや左寄りに置く。 「喜びは目を上げて(上向き)」と覚えるとよい。 つめが付いている場合は、かけて留める。 不祝儀袋を表向きにし、中央よりやや右寄りに置く。 「悲しみは目を伏せて(下向き)」と覚えたい。 袱紗につめが付いている場合は、かけて留める。 袱紗から取り出すタイミングは、受付の混雑具合を見て判断を。 混んでいる時は、自分の番で手間取らないよう、並んでいるうちに取り出しておくとスマートに渡せる。 相手の方に正面を向けて両手で差し出す。 その際、たたんだ袱紗の上に袋をのせ、少し相手側にずらした状態で差し出すと、受け取りやすく親切。 慶事用は右開き、弔事用は左開きになっており、開けばすぐ取り出せるため人気。 色や渡し方のマナーは正式な袱紗と同じである。 教えてくれたのは…松本繁美さん/マナーアドバイザー、エル・ステーションLTD. 企業研修のほか、専門学校の客員講師、メディアの監修でも活躍。

次の

お見舞いのご祝儀袋|用途別説明・入れ方包み方|結姫

ご 祝儀 袋 包み 方

時折、贈る相手の名前を書く方がいますが間違いです。 また、 水引の上部には「壽」を書きましょう。 これは「寿」の旧字です。 短冊の「壽」と「御祝」は違う? 水引の飾りなどで書きにくいため、あらかじめ「壽」が印字された短冊がセットになったものも多くあります。 短冊には「壽」「御祝」「結婚祝い」など数種類用意されている場合がありますね。 結婚式のお祝いには「壽」を用いるのが一般的です。 「結婚祝い」は式の前に送る時に使い、「御祝」は、入学や卒業、引越しなど、ほかの一般的なお祝い事で用います。 英字や現代文字はカジュアルな印象に 「Happy Wedding」や「寿」でももちろん構いませんが、正式とされる「壽」より、ややカジュアルな印象です。 親しい友人には良いかもしれませんが、目上の方など失礼のないようにしたい相手には「壽」を書きましょう。 もしくは苗字の下に中央揃えで2人の名前を並べて書いても良いとされています。 グループや会社の立場で包む場合は、名前を中央に、右側に小さく肩書きを入れます。 この時頭ひとつ上から書き始めましょう。 こちらももし連名であれば、代表者名の左に「外一同」と記し、別紙を用意します。 4名以上 別紙の書き方 4名以上の連名で包む場合、表書きに名前が入りきらないので、別紙に名前を書きます。 これは中包(中袋)の中にお金と一緒に入れます。 用紙の中央上部に「壽」を書き、右から五十音順に住所と名前を書いていきます。 立場が上の人がいる場合は右からその順に書きます。 家族の場合も右から夫、妻、子供の順に。 苗字と住所は同じなので、夫のフルネーム左に、名前だけ書いていきましょう。 会社やサークルなどグループとして贈る場合は、団体名を右側に入れます。 総額を記すとなお親切ですね。 中包み(中袋)の書き方 金封(上包み)の中には、用紙を袋状に折ったもの(中包み)、もしくは封筒(中袋)が入っています。 お金はその中にいれましょう。 中包み、中袋ともに表には「金 〇萬円」と包んだ金額を書きます。 数字は旧字です。 よく「金 参萬円也」と最後に「也」をつけているのを見かけますが、10万円以上包む場合のみで大丈夫です。 それ以外で「也」はつける必要はありません。 中包み(中袋)の裏には、普段手紙と同じように、左下に住所と名前を書きます。 中包みの場合は留め部分はのりづけせず、「封」の文字を書きます。 お金の向きは肖像画が表&上向き お金を中包み(中袋)に入れる際は、封筒とお札の表裏を合わせます。 お札は肖像画がある方が表ですね。 向きは肖像画が上にくるように。 金封(上包み)、中包み(中袋)、お札の表裏は全てそろえましょう。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

ご 祝儀 袋 包み 方

お金を入れる向きにもマナーが存在します。 上のイラストのように、ご祝儀袋の中袋の表側に、一万円の福沢諭吉の肖像画が上部に来るように入れるのが正解です。 (中袋からお金を出したときに、すぐに肖像画が現れる向き) 2. 実はこの中包みの折りに関しても正式な折り方が存在するのをご存知でしょうか? 上のイラストのように、上の折りに対して下の折りを重ねるのが正しい折り方となります。 この折の重ね方を間違えると、お葬式などで渡す「不祝儀」の意味合いとなってしまうため、注意が必要です。 中袋(中包み)の折り方・書き方 通常、ご祝儀袋には「中袋(中包み)」と呼ばれる、お札を入れるための封筒式の袋が入っています。 この中袋の折り方は、ご祝儀袋を購入後、袋から出した状態での折られ方の通り戻せばOKです。 また、中袋の表側には「ご祝儀金額」を、裏側には「住所と名前」を記載します。 ご祝儀金額については、楷書で書くのが一般的ですので、以下に漢数字の楷書表記を表にまとめましたので参考にしてください。 新札を用意する 最後4つ目のマナーはご存知の方も多いとは思いますが、ご祝儀に入れるお金は「新札」を用意するのが基本的なマナーです。 これは、「新しい門出をお祝いするので、新しいお札を」という理由と、「前もって楽しみにしていましたよ」という想いを伝えるためだと言われています。 そして意外と知らない方も少なくないのが、「新札」と「ピン札」の違いです。 新札は、銀行で発行した未使用の新札のこと。 ピン札は、折り目も無く綺麗だが、使用されている可能性があるお札のことです。 新しい門出をお祝いするという理由からすると、ご祝儀に新札ではないただの「ピン札」を入れるのは実は間違いなのです。 では、どのように新札を入手すれば良いのでしょうか。 以下に方法をまとめました。 銀行で両替を行う 両替時に記入する用紙の備考欄に「新札」と記入すれば、新札を発行してくれます。 郵便局で両替を行う 郵便局の窓口で「新札に両替してください」と伝えれば、新札を発行してくれます。 銀行にある両替専用ATM 銀行によっては新札に両替できるATMがあります。 直前になってバタバタしないよう、前もって新札を用意しておきましょう。 POINT:会場によってはフロントで新札の両替を行ってくれることも 仕事の都合などどうしても新札を用意できない場合もあるでしょう。 そんな時、会場によってはフロントで新札への両替に応じてくれるところもあるので、前もって電話で確認しておくと良いでしょう。 但し、応じてくれない会場も多かったり、受付とフロントが同じ場所である事も少なくないので、やはり前もって新札を用意しておいた方が安心です。 ご祝儀のマナーについては理解できたでしょうか。 では実際に、どのようなご祝儀袋を用意すればよいのでしょうか。 次はご祝儀袋の選び方についてご紹介いたします。 \条件クリアで最大1. 5万円プレゼント/ 入れるご祝儀金額によって変わる!ご祝儀袋の選び方 一般的に友人などであれば、3万円が相場のご祝儀金額ですが、入れる金額によってご祝儀袋の豪華さなども華やかにする必要があります。 逆に「ご祝儀の金額が少な目だからせめて見た目だけでも豪華に」という考えは、やめておいた方が良いでしょう。 以下に、関係性による一般的なご祝儀金額と選ぶべきご祝儀袋について表にまとめました。 ご祝儀袋を選ぶ際には是非参考にしてください。 新郎新婦との 関係性 ご祝儀 金額の相場 ご祝儀袋 イメージ ご祝儀袋の 金額目安 出席できない 場合 1万円 水引が印刷されたものでOK。 但し水引の数は10本のものを選びましょう。 100円~200円 友人・知人 3万円 親しい友人や会社の後輩であれば、 カジュアルなご祝儀袋でもOK。 200円~300円 会社の同僚 3万円 会社関係であれば、正式な白色のご祝儀袋を。 水引は、金銀でも紅白でもOK。 200円~300円 会社の上司 5万円 5万円以上の高額なご祝儀を包む場合、 結び切りは円形状のものを。 檀紙(だんし)と呼ばれる表面に 波上のしぼがある、 格式の高い紙を使ったご祝儀袋を。 300円~400円 兄弟・姉妹 5万円 同上 300円~400円 叔父・叔母など 親族 5万円 同上 300円~400円 会社の社長や 夫婦での列席 7万円~ 10万円 豪華な水引が施されたご祝儀袋を。 400円~500円 新郎新婦との関係性を考えながら、自分らしいご祝儀袋を選択できると良いですね。 では結婚式当日は、どのようにご祝儀袋を持っていけばよいのでしょうか。 次ぎはご祝儀袋を入れる「ふくさ(袱紗)」についてご紹介します。 最後にご祝儀を「ふくさ(袱紗)」に包んで持って行けば完璧! ご祝儀をそのままバッグや内ポケットに入れて当日持参すると、折れ曲がったり、汚れる可能性があります。 そうならないよう、本来のマナーである「ふくさ(袱紗)」にご祝儀を包んで持参するのがマナーとしてはベストです。 使いやすい「金封ふくさ」などもあるが、高額な場合は正式なふくさを ふくさ(袱紗)は元々、「袱紗」と「爪付き袱紗」と呼ばれる2つの四角い布を折り合わせるのが正式なマナーでしたが、現在では、台付きふくさや金封ふくさなど、より利用しやすい形のものも販売されています。 特に、バッグなどに入れやすく、自分で折る必要の無い「金封ふくさ」が人気ですが、10万円以上の高額なご祝儀の場合、正式なふくさ(袱紗)で包んだほうが望ましいです。 結婚式用のふくさの色は赤系統にすること! 結婚式などのお祝いごとの場合、赤や朱色、えんじ色などの赤系統の色を選ぶと良いでしょう。 くれぐれも青系やグレー系など、お葬式などの不祝儀のカラーは使用しないようにしましょう。 「ご祝儀」と「ふくさ」が準備できたら、次ぎは渡し方のマナーです。 \LINEで希望条件をタップするだけ!/ 結婚式当日のご祝儀の渡し方 せっかく「ご祝儀」と「ふくさ」を用意しても、当日の渡し方のマナーが出来ていないと、かっこよくありません。 スマートにご祝儀が出せるよう、ご祝儀の渡し方については次の5つのSTEPを守ると良いでしょう。 関西では、ふくさを開かずに渡す習慣もある 一般的には、ご祝儀はふくさから出して渡しますが、関西地方の一部地域では、ふくさをひらかずにそのまま渡す習慣もあるようです。 当日ご祝儀の渡し方について不安があるようであれば、前もって結婚式場にどういった渡し方の習慣があるか問い合わせてみると良いでしょう。 \条件クリアで最大1. 5万円プレゼント/ まとめ いかがでしたか。 ご祝儀の入れ方・包み方について意外と知らなかったマナーも多かったのではないでしょうか。 ご祝儀の入れ方について再度おさらいしておきましょう。 ・新札を用意する ・お金を入れる向きは福沢諭吉が表の上側にくるようにする ・中袋(中包み)の折り方・書き方には注意する ・ご祝儀袋の裏側は、長い方を上側にする ご祝儀の入れ方について前もって確認しておき、結婚式当日スマートにご祝儀が渡せるよう、この記事が役立てば幸いです。

次の