布団 宅配クリーニング おすすめ。 布団の宅配クリーニングを徹底比較

布団 クリーニング ザブザブ 評判 | 布団の宅配クリーニング徹底比較|人気からおすすめまで発表!使ってみた選び方のポイントも紹介

布団 宅配クリーニング おすすめ

クリーニングのスピード(納期の早さ)• 布団をまとめて出せる枚数の上限• 保管サービスの対応(保管期間)無料or有料• 圧縮パックの対応(自宅保管に便利)無料or有料• レンタル布団(布団クリーニング中も安心)• 防ダニ加工の対応 布団をまとめて洗うならパック料金や枚数の上限、クリーニング後の自宅保管するなら圧縮パックお届けに対応しているサービスを選ぶと便利です。 こんなクリーニング店は避けよう 安心して利用できるクリーニング店を選ぶため、以下のことが明確でないクリーニング店は避けた方が無難です。 「初めての布団クリーニングコース」は 布団の種類やサイズに関係なく受け付けてくれるので、追加料金を気にせずにクリーニングできます! その他にも、オーガニック布団や羽毛布団とムートン寝具コースがあり、クリーニング中の布団のレンタルも可能です。 その他にも「ベビー布団、枕・クッション、シーツ・カバー、敷きパッド、座布団」も追加でクリーニング可能です。 他のサービスと比較してもリネットが一番安いです。 セミダブルとダブルサイズも追加料金で申し込め、 無料保管サービスは最長12ヵ月間に拡大されました! 毛布やベビー布団などの小物は追加オプションとなりますが、1点の申し込みでそれぞれ2枚セットで洗えてお得です! その他に、シーツや枕なども追加オプションで受け付けてくれます。 納期も早くリピート割引があるので、定期的なクリーニングにもおすすめです。 申し込み用紙への記入や集荷依頼をするなど多少の手間がかかりますが、クリーニングの品質は満足いく内容でした! 圧縮パックお届けではないので、綺麗になった布団をすぐに使い始めたい人におすすめです。 布団の貸し出し(有料)も行っているので、替えの布団がない場合でも安心して布団クリーニングができます。 防ダニ加工の料金は高いので の方がおすすめですが、 リピート割引を利用した定期的な布団クリーニングにおすすめです! 毛布は2枚で1点カウントなので、1パック申し込めば4枚の毛布をまとめて洗うこともできます。 おねしょやペットのおしっこ跡にもスッキリ落としてくれるのも嬉しいポイントです。 通常なら10日ほどでクリーニングが完了して届くはずです。 集荷指定日時に記入済みの発送伝票をヤマト運輸が持参してくれます。 布団を発送するまでの手間がかかるので、人によってはリネットの方がラクに感じると思います。 布団1枚と2枚~が混在しているので、料金の目安としてご覧ください。 料金は通常の掛け敷き布団の最安値を載せていますが、クーポンやキャンペーン、リピート利用時に割引される場合もあります。 一覧上段の『しももとクリーニング』~『カジタク』までの6社は、布団の種類(綿・羽毛・掛け敷き)などを気にせず出せて、料金も安く納期も早めのおすすめサービスです! 安さだけで選んでしまうと洗濯できる布団の種類が限られていたり、送料や会員費などの別途料金が掛かることがるので気を付けてください。 羽毛布団クリーニングを比較ランキング! こちらでは 羽毛布団の「おすすめ総合ランキング」をご紹介! 布団の総合ランキングとほとんど変わりはないので、参考程度に確認してください。 また、2枚以上を洗う場合は初回1,000円OFFがある が一番安いです! とにかく安く1枚を洗うなら 、 完全個別洗いで2枚以上洗うなら といった感じです。 どのクリーニング店でも集荷キットは早くて2~3日後、遅くても1週間以内には届きます。 梱包から配送手続きは自分次第になりますが、クリーニングから戻ってくるのが最も早い『しももとクリーニング』です。 『フレスコ』や『リネット』も比較的早いですが、キット到着に少々時間がかかります。 その他の加工オプションもクリーニング店によって選ぶことができます。 ですが、 一番のおすすめは定期的に布団クリーニング(丸洗い)を行うことです。 その理由として、加工オプションは効果があまり持続しないほか、肌に悪影響を及ぼさないとは限らないからです。 定期的に布団クリーニングをすることでダニ退治ができますし、清潔な状態を保つことができます。 ダニは天日干しをしても退治することができないので、布団を丸洗いするのに限ります!• ひどい汚れやペットがおしっこした場合などはすぐにクリーニングに出す• 布団を長期保管する前にクリーニングに出す• 常に清潔に保つなら定期的(シーズンごと)にクリーニングする ひどい汚れが付いた場合はすぐにクリーニングに出すようにしましょう! 汚れを放置しておくとダニにエサを与えることになるので、不衛生な布団へと数週間でなってしまいます。 また頻繁に布団を干したりシーツを洗ったりメンテナンスをした布団でも、 長期保管する前にはクリーニングに出すようにしてください! 知らず知らず湿気が溜まっていることもあるので、布団を保管する前にはクリーニングに出してリセットしておきましょう! 常に清潔な状態を保ちたいという人は、シーズンごとやにクリーニングに出すのもおすすめです! 布団 羽毛 の劣化を防ぐには?理想のメンテナンスは?• 布団を洗いすぎは劣化を早める• 普段使わない布団も3年~5年に一度はクリーニング出す• 使う&洗うごとに劣化はするので、買い替える時期の目安を立てておく 使っている布団を清潔に保つには定期的なクリーニングが必要ですが、 洗いすぎても劣化を早めてしまいます。 中綿や羽毛を長持ちさせるためにはクリーニング回数を考える必要もあります。 布団メーカーによっては 推薦洗浄回数が「3年~5年」や「5年~7年」に一度と表記されています。 一年中使っている布団に関しては汚れが溜まりやすく、クリーニング回数を増さないと清潔さを保つことが難しいため、 劣化具合を見て買い替えることも考えておいた方が良いでしょう。 また保管環境にもよりますが、押し入れにずっとしまってある布団も5年に一度はクリーニングに出してメンテナンスをしてあげましょう!• ダニを死滅させるには約60度の高温乾燥が必要!• 天日干しの場合の表面温度は40度ぐらいが限界• 天日干し&布団を叩いてもダニは布団の裏側に逃げるだけで退治できない 布団を定期的に天日干しなど定期的にメンテナンスをしてあげればクリーニング回数を減らすことはできます。 ですが、 ダニや雑菌を死滅させることがはできません。 ダニは約60度以上で死滅できますが、天日干しだけでは布団の表面温度で40度ぐらいが限度です。 また布団を叩いてもダニは逃げるだけなので、 布団を洗わない限りダニ退治はできません! 更にダニの死骸やフンは日に日に溜まっていく一方です・・・。 湿気によるカビを防ぐには天日干しは有効ですが、 布団を清潔に保つには布団の水洗いクリーニングしかありません!• ダニやアレルゲンを一掃できる• 皮脂や汗などの水溶性汚れや臭いも落とせる• 石油系のドライクリーニング溶液を使わない• 天然石鹸を使うクリーニン店は敏感肌の人でも安心 近年の布団(羽毛布団)は 防ダニ性に優れた構造で作られています。 側生地はダニが侵入しにくい仕様で、 羽毛布団に関しては何度も洗浄された清潔な羽毛を使っています。 ですが、経年劣化や布団を使うごとに防ダニ性能は低下し、アカや皮脂汚れが布団に付くことでダニの繁殖を促してしまいます。 ドライクリーニングは油性(皮脂)の汚れに強く生地を傷めずに洗える特徴がありますが、布団の丸洗いとしてはあまり理想的な方法ではありません。 布団をさっぱりと洗いあげることができて、 水溶性汚れやダニを一掃できするなら水で布団を丸洗いするのが一番です! 水洗いなら フケやアカや細菌などもキレイに落とすことができます。 また布団の中までしっかり洗うことができて、管理された高温乾燥工程によってダニを完全に死滅&除去することができますよ! 特におすすめのクリーニング方法は 天然石鹸を使ったクリーニングです。 天然石鹸と水(温水)だけを使って洗うので 敏感肌の人にも優しい仕上がりとなります。 今回調べただけでも24社の布団クリーニングサービスがありました! 天然石鹸洗い、個別洗い、長期保管や防ダニ加工など、料金の安さやクリーニング方法によってお店を選ぶこともできます。 私が実際に利用したサービスの中で満足度が高かったのは、 、 、 の3社です。

次の

宅配クリーニングおすすめ比較!最安は?保管や評価、口コミは?

布団 宅配クリーニング おすすめ

クリーニング自体の料金が安くても、送料が高く付いてしまっては意味がありません。 また、宅配の布団クリーニングの特徴の一つとして、枚数をまとめて出すほど1枚当たりの料金が抑えられて、お得に利用できるところが挙げられます。 たくさんの布団を送料を気にせずにクリーニングできるのかどうかは、業者選びでも重要な要素です。 今回はクリーニング料金だけでなく、送料も含めた料金の安さで比較しています。 宅配クリーニングを利用する上で、仕上がりの品質が気になる人も多いと思います。 個別で洗われているか• アレルギー物質の除去率の高さ• 洗浄に使う溶剤の管理や使用する洗剤 これらの項目などを比較対象としています。 高品質で高級品も任せられるけど料金が高い業者や、普段使いの品質でスピードや安さが際立っている業者など、宅配クリーニング業者でもそれぞれ特色があります。 依頼するクリーニング品で使い分けられるメリットがある一方、業者を選ぶ際にはよく確認しておくことが重要です。 地域性や家の状況、その年の気候によって、布団を利用する時期は変動します。 自分に合った保管期間を選択できるよう、最長の保管期間は長いのに越したことはありませんが、料金や品質とのバランスも大切です。 保管して欲しい期間を明確にしておけば、業者選びの助けになります。 布団の宅配クリーニング保管のおすすめ10社比較 保管付き布団の宅配クリーニングのおすすめ10社を徹底比較しました。 業者 送料込みの安さ 100点 品質 100点 保管期間 100点 ダウネット 85点 85点 90点 1枚:7,560円 送料無料 個別洗い 最長6ヶ月 85点 80点 90点 1枚:8,800円 2枚:11,800円 3枚:12,900円 4枚:14,800円 送料無料 アレル物質除去率99. 枚数をたくさん出すと、1枚あたりの値段がかなり抑えられる• 保管料金が無料で保管期間は最長12ヶ月• アレル物質99. パック料金の最大枚数4枚をだすと1枚あたり3,700円と 店舗型と同等の料金にまで下がります。 しかも、この料金で 送料、保管料込みなので、かなりお得だと言えます。 また、保管期間が12ヶ月と長いので、地域を限らず利用しやすいのも特徴です。 布団をクリーニングするメリットの中の一つが、ダニなどのアレルギーの原因になる物質(アレル物質)を除去できることですが、リナビスではこのアレル物質を99. 安くて便利で品質も高いリナビスは、宅配布団クリーニングの中でも特におすすめです。

次の

宅配布団クリーニングおすすめBEST3|布団クリーニングナビ

布団 宅配クリーニング おすすめ

宅配クリーニングで一番安いのは?おすすめを比較! はじめて使うものって何を基準に選べばいいかわからないものです。 宅配クリーニングも同じです。 宅配クリーニングの何を比較して選んでいいのか迷ってしまいます。 料金?それともプランやオプション? 「宅配クリーニングおすすめ比較」ではさまざまな視点からおすすめの宅配クリーニングをご紹介します! クリーニングの目的別でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください! 総合でおすすめの宅配クリーニングを比較 数ある宅配クリーニングを調査して、 総合的に最もわたしがおすすめしたい宅配クリーニングをご紹介しています! わたしイチオシの宅配クリーニング会社をさらに深くほりさげて比較しています。 口コミ・評価から比較する 宅配クリーニングに限らず、実際に使ってみた人の体験談や体験レポートはとても貴重です! 実際に使ってみることで気づくポイントやお得な使いかたを発見したりします。 口コミや評価を見ることで、使う前からその予備知識を得ることができます。 利用者の体験談は第三者目線なので、なにより信頼できます。 口コミや評価を参考にしながら比較するのも、宅配クリーニングの上手な選びかたのひとつです! 宅配クリーニングをもっと知りたい!宅配クリーニング一問一答! 宅配クリーニングについてもっと知りたいという人のために、1分でわかる宅配クリーニング一問一答をご用意しました! 宅配クリーニングの料金や使いかたなど、気になる疑問にお答えします!• 料金は高くないの?• ほとんどの会社で店舗と変わらない料金で利用できます!• 送料がかかるのは困るし…• 会社によっては送料無料のところもあったり、クリーニング代が一定額を超えると送料が無料になるところもあります!• 宅配クリーニングの料金には大きく2種類あるってほんと?• 衣類の種類ごとに料金が決まっている「個別料金タイプ」と、衣類の数で料金が決まる「パック料金タイプ」があります。 宅配クリーニングでダウンジャケットをお得に出す方法は?• パック料金タイプがおすすめです!パック料金ならどんな服でも料金が変わりません。 宅配クリーニングvs店舗型クリーニング 宅配クリーニングと店舗型クリーニングにはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのメリットとデメリットをご紹介します! 宅配クリーニングのメリット 宅配クリーニングはその名の通り、宅配がセットになったクリーニングです。 店舗型クリーニングのデメリットである「衣類の持ち運び」をカバーしたクリーニングです! 宅配クリーニングは、 自宅にいるだけで持ち込みから受け取りがすべて完結します! クリーニング店の営業時間に間に合わない人や、外出をできない人には画期的なサービスです。 自宅に居ながらすべて完結できるので、家事の時短にもおすすめです。 自宅に取りに来てくれて、自宅へ運んでくれるので、「重たい布団は宅配クリーニングを活用している!」という人もたくさんいます。 宅配クリーニングは、人とコミュニケーションをとるのが面倒だという人にもおすすめです! 宅配クリーニングは店舗と違って、 すべてネットで完結するので気楽に利用できるというメリットもあります。 宅配クリーニングも店舗型クリーニングと同様に、布団など洋服以外のクリーニングも可能です。 靴やぬいぐるみ、浴衣などのクリーニングにも対応しているので店舗型とまったく変わりません。 宅配クリーニングによっては、 クリーニングした衣類を保管してくれるサービスもあります。 宅配もセットなので「取りに行くのを忘れてた!」「取りに行く時間がない!」なんてこともありません。 宅配クリーニングのデメリットは? メリットがたくさんある宅配クリーニングにもデメリットはあります。 それは、宅配料がかかる場合があるという点です。 店舗なら自分で持ち込むため送料は必要ありません。 ですが、宅配クリーニングは宅配とクリーニングがセットなので送料が必要になる場合があります。 「送料がかかるのはちょっと…」と思った人もいるかもしれません。 実は、 送料が無料で利用できる宅配クリーニングもあるんです! クリーニング料金が送料込みの料金や、クリーニング料金が一定の金額を超えれば送料無料になる特典があります。 送料を気にせず利用できる宅配クリーニングなら、宅配クリーニングのデメリットも解消してくれますね! 店舗型クリーニングのメリット 店舗型クリーニングは「対面式」なのが何よりも魅力です。 店舗のスタッフと対面でクリーニングについてやり取りすることができます。 対面なら細かな指示もその場で伝えることができるので、柔軟な対応をしてもらうこともできます。 常連ともなれば、「クリーニングに出すついでに少し世間話を…」なんてことも楽しめますよね! 頻繁に出す衣類や、よく利用するコースを覚えてもらったり、何度も指示する手間が省けます。 店舗型は直接衣類を店舗に持ち込むので、もちろん送料などは一切いりません。 スタッフの顔を見ながらやり取りができるのは、店舗型ならではのメリットです! 店舗型のデメリットは? 店舗型クリーニングはデメリットもあります。 自分で衣類を持ち込めるのは店舗型のメリットでもありますが、裏を返せば「衣類を運ぶ手間」もかかってしまうということです。 布団や重たい衣類は運ぶのが大変です。 仕事帰りや出勤前にクリーニングに出したいときも、衣類を自分で運ばなくてはいけません。 そうなると荷物になってしまいますよね。 また、営業時間についても注意が必要です。 忙しい人にとっては、 営業時間がどうしても大きなデメリットになってしまいます。 下町の個人経営のお店では夜遅くまで営業しているクリーニング店はほとんどありません。 小さな子供がいて自宅を留守にできないママや、夜遅くまで仕事をしている人などにとっては店舗型クリーニングの活用は難しいかもしれません。 それぞれのメリットを活用する合わせ技! 店舗型クリーニングにも宅配クリーニングにもメリットがあります。 それぞれの特長を活かして、用途に合わせて店舗型と宅配型とを使い分けましょう! 例えば、 外出ついでに出せるほどの量なら店舗型にもっていきましょう。 車が使えなかったり、布団など大型のものや運べないほど量が多いときは宅配クリーニングを活用しましょう! 宅配クリーニングを比較して選ぶうえで大切なことは? 宅配クリーニングをどこに頼めばいいか迷ったときは、まず宅配クリーニングをどうやって使いたいかを考えてみましょう! 宅配クリーニングを普段使いで利用するのか、衣替えなど年に数回の特別なときにだけ利用したいかでも選びかたは変わります。 普段使いで使いたいときは? 普段使いするなら 利用回数によって割引特典などの会員サービスが受けられるところがおすすめです! 使えば使うほど安くなっていきます。 もし、普段使いでしかもクリーニングに出したい衣類は いつもYシャツやスーツ類だという人は「個別料金タイプ」が向いています。 宅配クリーニングでも店舗型と料金がほとんど変わらないので、Yシャツやスーツなどクリーニングに人気の衣類はお手頃な料金でクリーニングできます。 ビジネス衣類だけ割引料金で利用できる会員サービスがあるところもあります! 衣替えなど特別なときには? 衣替えなどでクリーニングを利用したいときは、 パック料金タイプが断然おすすめです! 特に冬物を衣替えでクリーニングに出すときはパック料金タイプにしましょう! コートやジャケットなどは1点1点で出すと、クリーニング代がどうしても高くついてしまいます。 特にダウンジャケットやダウンコートは、衣類のなかでもクリーニング代の相場がとても高いアイテムです。 1点1点では高くつくものも、パック料金ならパックごとの料金なので相場より安い料金でクリーニングすることができます! 衣類の種類の指定はないので、5点パックにダウンジャケットを5枚詰め込んでもいいんです! そうなればダウンジャケット1枚あたりのクリーニング代がグンと安くなります。 冬物でとくに料金が高くなりやすいコートなどをクリーニングに出す衣替えには、パック料金タイプのところを選びましょう! トラブルが心配!?安心できる宅配クリーニングを選びましょう! 店舗型クリーニング店に慣れている人にとっては、宅配クリーニングの仕上がりに不安を持っているかもしれません。 たしかに、 宅配クリーニングでトラブルが起こる可能性はゼロではありません。 ですがそれは店舗型でも同じことです。 店舗型でも宅配型でもクリーニングの窓口が異なるだけで、 「クリーニング工場に運んで洗う」というのは同じです。 店舗型の場合、洗浄から仕上げまでのクリーニング工程すべてを店舗内で行うところもまれにあります。 ですがほとんどの場合、店舗で受け取った衣類はクリーニング工場へ送られます。 宅配型でも同じです。 つまり、宅配クリーニングのトラブルは店舗型クリーニングでもあてはまることです。 宅配型と店舗型に分けず、「クリーニングのトラブル」における対処法をおさえておく必要があります。 クリーニングの代表的なトラブルのなかには「汚れが取れていない」や「装飾品が破損した」などがあります。 このようなことが起こったとき、 きちんと丁寧に対応してくれるクリーニング店を選ばなくてはいけません。 店舗型では近所の評判を、宅配型では口コミや評価を参考にしながら安心できるクリーニング店を選びましょう! クリーニング会社の賠償の義務とは? 「クリーニング事故賠償基準」というものがあるのはご存知ですか? クリーニング事故賠償基準とは、クリーニングで 万が一のトラブルが発生したときのために参考にされる基準です。 この基準があることにより、公平かつ効率的にトラブルを解決することができます。 全国のクリーニング会社は、破損や紛失などのトラブルの原因が「自社によるものでない」と証明できない限り、消費者に対して補償しなければならないという義務があります。 この補償しなければならない期間には期限があります。 期限が過ぎている場合には、補償の対象外になるので注意してくださいね。 補償期間については、クリーニング会社により様々なので、クリーニング会社の利用規約を確認してみましょう。 クリーニング事故賠償基準が適応されるのは、あくまでもクリーニング会社に過失がある場合のみです。 補償期間が過ぎるまでにトラブルに気付けるように、クリーニングから戻ってきた衣類は、すぐに確認するようにしましょう。 クリーニングに出す前にも、衣類の状態を確認しておくと安心です! クリーニングのプロに任せて大切な衣類を最高の仕上がりに! 自宅で洗濯すると衣類が縮んでしまったり、お気に入りの白のニットが色移りして変な色になってしまったり…。 洗濯って結構神経を使いますよね。 洗濯の方法を間違ってしまうと、せっかくの衣類も台無しになってしまいます。 衣類によっては、洗濯機では洗えず手洗いやもみ洗いをしなければならないものもあります。 ナイーブな洗濯になればなるほど、洗濯の知識と時間が必要です。 けれど、毎日忙しい主婦や働く人にとってそんな時間はありません。 そんなとき、クリーニングはとても重宝します! クリーニングは 洗濯のプロですから、仕上がりのクオリティが自宅洗濯とは比べものになりません! 礼服や高価なスーツなど大切な洋服や、自宅では洗えない洋服はクリーニングに任せましょう!.

次の