私 の お母様 は 追放 され た 元 悪役 令嬢 で した。 私のお母様は追放された元悪役令嬢でした

私のお母様は追放された元悪役令嬢でした

私 の お母様 は 追放 され た 元 悪役 令嬢 で した

公爵令嬢として生を受けたアデラインには、秘密がある。 それは、前世の記憶があること。 前世によると、この世界はロマンス小説の世界であり、アデラインは聖女である妹を虐める悪役令嬢だった。 けれど、アデラインは、シナリオに逆らわず、婚約破棄され、敗戦国の隣国に嫁がされるという事実上の国外追放の処分をうける。 それでも、アデラインの表情は明るい。 それは、嫁いだ隣国で、夫となるクラウスに 「お飾りの王妃としての職務は全うしてもらうが、私は君を愛することはない」 なんていう冷たい言葉を浴びせられても、そうだった。 なぜなら、アデラインの真の目的は、お飾りの王妃になることだったからだ。 貴族令嬢としての矜持を汚され、家族にも迷惑をかけてしまったことを悔やみ傷心するアイリスは入水をするのだったが… そこで前世の記憶を取り戻す。 死にたくないと思いながらも意識を手放し、目を覚ますととあるギルド商会の若旦那に保護されることになる。 「行く当てがないならここで働けばいい」 優しい言葉に救われるも。 「俺が欲しいのは金になる材料だ。 キリキリ働け」 彼はとんでもなくお金にがめつかったが、必死に働くうちに自分の居場所を見い出し。 あろうことにも… 「お前の就職先は俺の嫁だ」 俺様気質の若旦那に求婚されることになるのだった。 転生先は、乙女ゲームの悪役令嬢でした——。 あの日、わたくしは激昂していた。 婚約者である第1王子が、お茶会でわたくしではない他の令嬢に親しげに微笑みかけていたのだ。 家で暴れたわたくしは、自らが割った花瓶で足を滑らせて頭をしたたかに打ちつけ、意識を失った。 目を覚ますと、わたくしの中には前世の記憶が混在していた。 卒業パーティーでの婚約破棄&王都追放&実家の取り潰しという悪役令嬢定番3点セットを回避するため、社交界から逃げたわたくしは、王都の下町で、メンチカツを始めとするB級グルメに出会ったのだったーー。 「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 「モドイド公爵家令嬢シャロン、不敬罪に婚約を破棄し追放刑とする」王太子は冷酷非情に言い放った。 モドイド公爵家長女のシャロンは、半妹ジェスナに陥れられた。 いや、家族全員に裏切られた。 シャロンは先妻ロージーの子供だったが、ロージーはモドイド公爵の愛人だったイザベルに毒殺されていた。 本当ならシャロンも殺されている所だったが、王家を乗っ取る心算だったモドイド公爵の手駒、道具として生かされていた。 王太子だった第一王子ウイケルの婚約者にジェスナが、第二王子のエドワドにはシャロンが婚約者に選ばれていた。 ウイケル王太子が毒殺されなければ、モドイド公爵の思い通りになっていた。 だがウイケル王太子が毒殺されてしまった。 どうしても王妃に成りたかったジェスナは、身体を張ってエドワドを籠絡し、エドワドにシャロンとの婚約を破棄させ、自分を婚約者に選ばせた。 近年大流行となっている悪役令嬢が主役の恋愛小説。 リリーもそれにハマっており、愛されるだけのヒロインよりも芯まで強く挫けない悪役令嬢に憧れていた。 王子との結婚が生まれた瞬間に決まっていたリリーは悪役令嬢のような振舞いは許されず、品行方正に生きてきた。 だが、そんなリリーに転機が訪れる。 「リリー・アルマリア・ブリエンヌ、お前との婚約を破棄する」 婚約者から突然の婚約破棄を言い渡されてしまった。 大勢の生徒が集まる広場での出来事に呆然とするはずが、リリーはあっさりと受け入れただけではなく満面の笑みを浮かべ「はい!」と答えてしまった。 だってこれからは独り身で周りの目など気にせずあの憧れの悪役令嬢になれるのだから!と思ったらつい…。 しかし婚約破棄された翌日から何故か王子がつきまとってきて——— 婚約破棄をされて悪役令嬢になる日がやってきたというのに……どうして周りのほうが悪役令嬢っぽいの!? 「マリアンヌ公爵令嬢! これ以上貴様の悪行を見過ごすことはできん! 我が剣と誇りにかけて、貴様を断罪する!」 王子から突如突き付けられたのは、身に覚えのない罪状、そして婚約破棄。 更にはモンスターの蔓延る危険な森の中で、私ことマリアンヌはパーティーメンバーを追放されることとなりました。 このまま私がモンスターに襲われて"事故死"すれば、想い人と一緒になれる……という、何とも身勝手かつ非常識な理由で。 パーティーメンバーを追放された私は、森の中で鍋をかき混ぜるマイペースな変人と出会います。 どうにも彼は、私と殿下の様子に詳しいようで。 というかまさか第二王子じゃないですか? なんでこんなところで、パーティーも組まずにのんびり鍋を食べてるんですかね!? そして私は、聖女の力なんて持っていないですから。 「遠い東の国から来た新任教師を紹介する。 」 男女2人の講師が理事長のその声と同時に壇上に上がって前に並んでいた。 見たこともない異国の服に身を包んだ2人を見て懐かしく感じた瞬間稲妻が走ったように私は固まって徐々に浮かんでくるビジョンに意識が遠のきそうになった。 声を出さなかったのは令嬢としてのプライドが許さなかったからだ。 しかも、やってきた新任教師は前世の兄様と前世の私を死に追いやった悪女・・・ マリーは悟った。 この転生はきっと、大好きな兄様を悪女から救い前世の復讐をしなさいという神の導きなのだと!! そう考えたマリーは乙女ゲームそっちのけな行動を始める。 そんなマリーの異変に気付いた王子は・・・・。 完結いたしました(2020. 31) 可憐な妹を虐めるブサイクな姉、それが私。 妹が生まれてから全てが変わってしまった。 妖精のように愛らしい妹とブサイクな姉である私。 両親どころか、誰1人として私を愛してくれる人はいない。 今日も妹と喧嘩。 喧嘩といっても誰も私の味方はいない。 妹を突き飛ばそうとしていて、誤って自分が派手に転んでしまった。 頭を打った私は、そのショックで前世を思いだす。 喪女でおばちゃんだった自分を…… 愛らしい妹を恨んでグレていた私だったけど、前世を思い出すことによって悟る。 どうせ愛されていないのだから、この家を出て自分一人で生きていこう。 そして、私自身を愛してくれる人を探そう。 ブスとはいえ、平民では並……ぐらいはあるはず。 喪女だった自分が将来、恋愛して結婚できるのかは判らないけど、結婚できなくてもいい。 その時は養子をとって、家族をつくろう。 愛し愛される、そんな家族をつくろう。 「家族をつくろう」 この言葉を目標に、私はがんばる。 そう、がんばるはずたったんですけど………え、ここって乙女ゲームの世界だったの? 私の立ち位置は、モブ以下でゲームに参加すらしていない。 ああ、そうですよねぇ、判ります、判りますよ。 なんせ私は顔面偏差値、並以下ですしね。 あのキラキラの中に入るにはちよっとねェ。 ちょっ、ちょっとぉ、なんで乙女ゲームに巻き込まれるのぉ。 巻き込まないでよ。 関係ない、私は関係ないでしょう。 大槻 沙亜耶(おおつき さあや)26歳。 現世では普通の一人暮らしの社会人OL。 男女の痴情のもつれで刺殺されてしまったが、気が付くと異世界でも死にかけの状態に。 そして、拾ってくれたハイエルフのエリュシオンにより治療のためということで寝ている間に処女を奪われていた・・・?! 『帰らずの森』と呼ばれる曰く付きの場所で生活している俺様エルフのエリュシオンに助けられ、翻弄されつつも異世界ライフを精一杯楽しく生きようとするお話です。 生活するうちに色々なことに巻き込まれ、異世界での過去の記憶も思い出していきます。 温かい目で見てくださるとうれしいです。 目の前に現れたのは黒髪黒目…の少年 彼を見た瞬間私は一部思い出した。 彼が誰か…自分が誰か…を その後高熱に魘され全てを思い出した。 この世界は【愛の花束 逆ハーレム乙女】の乙女RPG世界。 私は悪役令嬢役のマリアン・カーリヒルトになっていた。 ゲームでは王子の婚約者で我が儘傲慢令嬢でヒロインを虐め暗殺未遂までする。 その為良くば国外追放、悪ければ一族処刑のどちらか…… いやいや、王子の婚約者は御免です! ヒロインをいじめる?私には出来ません! 隠しキャラである『リオン・マギア・グリアモール』が大好き!一推しなので他の攻略キャラとかに関わりたく有りません! え?【愛の花束 逆ハーレム乙女】では実は三部まで出てる。 前世の私はキャバ嬢でした..。 オタクな私はキャバクラで稼いだお金をお気に入りの乙女ゲーに貢ぎまくるのを生き甲斐にしていたTHEオタ活に生きる女... !! しかしそんな私は急な事故にあい.... 目が覚めると大好きだった乙女ゲーの悪役令嬢に生まれ変わっていた... しかもこの乙女ゲーの悪役令嬢ってどのルートでも残酷な死が待ってるので有名な「我が人生を君に捧ぐ」の世界じゃん...。 えっ?生まれ変わってもすぐ死んじゃうパターン?? いやいや無理だから... そうだ!国外に逃げよう!! 転生したキャバ嬢が攻略キャラをたらしこみ国外逃亡を目指す物語...。 前世の知識を生かしてこの世界を変えちゃうかもしれない? わたくしはジェシカ・グレイシア。 グレイシア公爵家の末娘として生まれた。 開国以来、何度も王族の血が入った家柄で、公爵であるお父様。 国王の姉であるお母様。 一つ年上のお兄様から愛情をたっぷり注がれて、婚約者である王太子には恋愛感情はないが仲良く過ごし、幸せな生活を送っていた。 ーーー学園に入学するまでは。 入学式の日、ジェシカが思い出した前世の記憶と恋愛小説。 そもそもジェシカの立ち位置がおかしいが、小説のシナリオ通りに時は流れていると思っていた。 なのに、あることがきっかけで殿下の様子がおかしい…戸惑うジェシカは…? 悪役令嬢の話を書いてみたくて…テンプレであるあるな話になってしまいました。 完結までの道筋はついていますが、なかなかおわれないかも?(汗) 誤字脱字は先天性の難病で治ることは無さそうです。 特効薬の処方、お待ちしております 緩い設定です。 生暖かい気持ちで読んでもらえたら嬉しいです。 「嫉妬で人をいじめるような女など未来の王妃にふさわしくない!貴様とは婚約破棄だ!」 「私はその見知らぬ女性をいじめてなんかいないです!」 昔はこんな人じゃなかった。 それなのにどうしてこんなにも落ちぶれた人になってしまったのか。 小さい頃はそんな風に決めつけるような子ではなかったというのに。 王子の隣であからさまな嘘泣きをしている女性と何を言っても私を信じてくれない王子に私の中に秘められた力が暴走した結果……。 「「「聖女様誕生だ~!」」」 「いやいや、そんな場合ではないでしょう!? 」 目の前には互いに仲が良好だった頃幼い殿下がいた。 かわい……いやいや!これどうすれば? 悪役令嬢が聖女になった婚約破棄に続く婚約破棄シリーズ第二段……シリーズは荷居人タグでまとめています。 ざらめ様ネタ提供ありがとうございます! 冴えない地味女は長年幼馴染の天敵・愛理に食いモノにされていた。 お気に入りの人形、彼氏、そして異世界転生したいからというトンデモナイ妄想のせいで命まで! 神様の眷属を無意識のうちに助けていて、神様が大分過保護な特典をつけ転生した。 天敵はこの世界に主人公はいないと思っているので、関わらずに今世は自分の為に生きようとしていたが、王子の婚約者候補の集いで天敵と再会。 前世と全く変わらないクズは、主人公の従者に目を付けた。 また自分から奪おうとするのかと、主人公は復讐(お仕置き)することを決意する。 ざまぁだけ読みたい方は、Side天敵と第2章からを推奨します。 ある事情で病弱な主人公が同じ症状の王族を救ったり、獣人や異民族を迫害から守り知らない間に慕われたり、新しい食や道具を探訪したり、神玉と言われる魔石のようなものの研究をしたり・・・。 最終地点「ざまぁ」までに、無意識のうちに善行を積んでいく!! 意識しなくても天敵を追い詰めていく主人公と、全てが空回っているがそれに気づかない天敵。 そして病弱な主人公に対して過保護気味な周りの物語。 第一章は主人公幼女です。 ユリアは公爵家の次女として生まれ、獣人国に攫われた長女エーリアの代わりに第1王子の婚約者候補の筆頭にされてしまう。 王妃なんて面倒臭いと思ったユリアは、自分自身に認識阻害と気配消しの魔法を掛け、居るかいないかわからないと言われるほどの地味な令嬢を装った。 15才になり学園に入学すると、編入してきた男爵令嬢が第1王子と有力貴族令息を複数侍らかせることとなり、ユリア以外の婚約者候補と男爵令嬢の揉める事が日常茶飯事に。 ユリアは遠くからボッーとそれを眺めながら〘 いつになったら婚約者候補から外してくれるのかな? 〙と思っていた。 そんなユリアが失敗する話。 初めての投稿なのでゆる〜く読んでください。

次の

追放悪役令嬢 小説家になろう 作者検索

私 の お母様 は 追放 され た 元 悪役 令嬢 で した

卒業したら玉の輿にのるはずだったルーシーは、卒業の日に婚約破棄されてしまう。 ショックで落ち込むルーシーだったが、本人以上に結婚を心待ちにしていた両親から家を追い出されてしまった。 路頭に迷っていると、遊び人で有名だった元同級生のジョセ フと、公爵夫人の密会現場を目撃する。 思わぬスキャンダルに動揺したルーシーは、それを見なかったことにして、勘当の撤回を求めて家に戻るとにした。 家に戻ったルーシーに、追い出さない代わりに両親が出した条件は、次の縁談の相手と婚約することだった。 それを承諾したルーシーは、なんとか勘当されるのを免れるが、両親が血眼になって探してきた相手は、なんとジョセフだった。 当然受け入れられないルーシーは、不倫をネタにジョセフに頼み込み、偽の婚約をすることでなんとか勘当を回避するものの、半年後にはその嘘もバレてしまう。 ピンチに陥り困惑するルーシーに、ジョセフは余裕の笑みを浮かべて宣言した。 「お前を半年以内に、理想の相手と結婚させてやる」 タイムリミットの半年以内に理想の相手と結ばれるため、ルーシーの婚活サバイバルが始まるのだった。 …なんてこったい。 まさかのいけにえ令嬢転生……。 魔法学園への入学を明日に控えた夜、ディアナは前世の記憶を思い出した。 と同時に、前世で遊んでいたゲーム、『イリュージアの光』に登場していた、悪役令嬢Dに生まれ変わってしまったと気づく。 困った、どうしよう。 もし、ゲーム通りにこの世界が進むのだとしたら、半年後には、ぶたの魔物に殺されてしまうかもしれない。 ………そんなのいやだ、なんとかしないと……!! と、ちょっとにぶちんな少女が、運命回避にがんばるお話。 *文字数は、予約分を含んでいます。 *現在、不定期更新とさせていただいております。 *サブタイトルを付け加えました。 2019年12月10日 俺の名前は、田中ヨシヒロ。 社会人5年目で渋谷のソシャゲ会社で『魔王コレクション』の運営をやっている。 突然、前任のマネジャーが失踪して、俺はプロジェクト・マネジャーを任されることになった。 しかし、管理職とは名ばかりでやっているのはマスター データの更新からお知らせの作成、デバッグとやっていることはプランナー時代と何も変わらない。 ある日、深夜にハイパーインフレした『クァンタム・スーパーレア』のガチャのお知らせを更新しようするが、意識を失い眠りに落ちた。 目が覚めると、そこにいるのは薄紅色の髪色のロリ魔王だった。 「…おい。 何をそんなところで呆けておるのじゃ」 「ここは……ダンジョン? それにしてもボロボロじゃないか」 「こ、っこのダンジョンは開発中なのじゃ…マグマ床もこれから発注する予定……なのじゃ」 1ヶ月にやってくる勇者。 完成しないダンジョン。 終わらないデスマーチ。 これは、現代のプロジェクト・マネジャーがダンジョン開発をし、勇者を迎え撃つ物語である。 聖女を害した悪女として断罪され、幽閉されたミリアム、転生した二度目の人生は静かに暮らすことを決意!誰にも邪魔されず、誰を害すこともない人生を所望す!あれ、おかしいな、前はこんな設定なかったはず... ん?設定ってなんだろう?攻略対象?知らない 単語が頭に思い浮かんでくる!なんかやたらと攻略対象たちが付きまとってくるんですけど... いま聖女様に攻略されてるんじゃないの?!ものすごい邪魔ぁ!... あ、もしかして私が聖女様いじめてる証拠集めかな?あぁ!なるほど!納得!いじめてないけどね!令嬢にあるまじき言葉使い!チート?!えぇかかってきなさい!使いこなしてやりましょう!ミリアムと現世乙女ゲーおたくの女の子の記憶が合体して未来を変える! 侯爵家の次女の私、レシア・アレオスは初社交界で運悪く悪役令嬢のアーシャ様に目をつけられてしまった。 アーシャ様が一方的に想いを寄せる公爵令息のエルワード様に話しかけられたというだけで。 そして嵌められて、暴力を振るわれる……そんな散 々な目に遭わされた。 我儘で知られる公爵令嬢のアーシャ。 彼女に目をつけられたら最後、手段を選ばずに害されてしまう。 それは社交界に参加していない令嬢でも知っている事だった。 というのも、すでに何人もの令嬢が彼女の手によって体や心をを壊していたから。 そんな運命は辿りたくないわ! だから、彼女と戦うことに決めました。 普通の女子高生だった主人公は 不運な事故で異世界で『レア』に転生し生まれた。 森の中のバリアで隔離された家に住むレアは 自分の命が危険に晒されないため、この隔離された家に住んでいるのだと聞かされる。 華姫はこの世界の最高神の女神に愛された者という証を持った『女神の宝』である人物しかなれない。 だが、偽の証をもった女神の宝を名乗るやつが華姫になったせいで悲しんでいる人や困っている人が多かった。 だけど、私が本物だと知られたら偽華姫に命の危険を脅かされる! ……もう、そんなの許せない。 絶対に華姫の座を引きずり下ろして世界を救ってやる! 私が華姫の証である女神の宝なんだから! とレアの奮闘して頑張って勉強したり恋愛したりな 物語。 しかも魔力がほとんどないという設定のレイナのはずだが、女神によって魔力がマシマシにされたことで少しずつ運命の歯車が動いていく……。 平成最後、令和最初のGWに発売された乙女ゲームであり……そして、『伝説のクソゲー』としてその名を馳せた乙女ゲームである。 攻略対象が全員ポンコツ、魅力を感じないという乙女ゲームとして致 命的な欠陥を持つそのゲームに、騙されたと感じながらも、それをプレイしていた藤堂里香は気付いたら『わく学』の世界に転生していた。 そう、ヒロイン……ではなく、ライバルである悪役令嬢…… でもなくて、モブキャラである公爵令嬢、アリス・サルバートに!! 情報が少なすぎてどう行動するのが正しいのか分からないアリス。 だが、やがて気付く。 そう、気付いてしまう。 ……ゲームのキャラみたいなポンコツな行動を攻略対象が取っていれば、きっとこの国は亡びる。 そうなれば公爵令嬢である私の身も危険だ! 教育だ! このアホどもを教育して、この国が生き残れるようにしてやる!! このお話は、クソゲーの世界に転生してしまったら一人の女性が、公爵令嬢としてこの国のトップ層の教育を行い、やがて『王国の肝っ玉母さん』と呼ばれながら、それでも攻略対象を次々と攻略していくお話である。 ……たぶん。 『浩之、来週家から出て行ってね?』 土曜の朝、親父から急にそう言われた俺、東九条浩之高校二年生。 混乱する俺に、親父は言う。 曰く、その少女は容姿端麗である。 曰く、その少女は成績優秀である。 曰く、その少女は運動神経抜群である。 曰く、その少女はお嬢様である。 今日日、ライトノベルのヒロインでも使わない様な設定がもりもり詰まったその少女にはしかし、その全ての美点を引いてもまだマイナスが勝つ様な欠点があった。 『……桐生彩音って……『悪役令嬢』じゃねーか!』 毒舌で、性悪。 着いたあだ名が『悪役令嬢』なそんな許嫁と始まる、ドキドキ同棲ライフ。 現在は番外編である『えくすとら!』を連載中です。 『えくすとら!』はただのイチャラブです。 頑張った主人公の為のボーナスステージ扱いです。 いつの間にかファンタジーの世界に生まれ変わっていた。 王家に近しい血を持つご令嬢シェリスティーナ。 いいところのお嬢様のはずなのに家庭環境が酷い。 前世の記憶持ちなんて怖くて言えないから必死に隠してたら、あれ…おかしいな? なんだか乙女ゲー ムの主人公を虐めて断罪される悪役令嬢っぽい流れ。 結局、私を護ってくれるお兄様に迷惑をかけ引き籠って…生きることを諦めた。 死んだはずなのに、気がついたら十歳のお兄様が目の前に! あれ、また転生?時間逆行?再転生的な? なんであれ、もう一度があるなら前回の繰り返しなんて絶対にダメ! 危ないフラグは回避しよう!王子との婚約なんてダメ。 お兄様を笑顔にして、今度こそ一緒に幸せになるのよ! 意気込んでいたのに、あれれ? なんだか思っていたのと違うような…? 前回とは違った方向に動き出した物語。 さてさて一体どこへ向かっていくのか…。 注)当作品中では魔獣と魔物の区別はありません。 予告なくグロ・残酷描写が入る場合があります。 不定期更新です。 基本、話の内容に変更はありませんがルビや表記などの細かいところは随時調整・変更します。 俺と共に国の未来を掴もうぞ?」 引きこもり魔女アーリアは師匠の屋敷を訪ねた先で、師匠を脅迫する怪しい集団と遭遇する。 咄嗟に師匠の危機だと判断したアーリアだったが、持ち前のどん臭さに加えて空回りの言動の末、魔導士に呪いをかけられ、『声』を封じられてしまう。 しかも、頼りにしていた師匠からは見放されーー身代わりとして囮とされた挙句、屋敷から放り出されてしまい、そのまま魔導士とその手下の獣人たちに追われるハメになってしまった! 『嘘ぉ!お師さまのバカァ……!』 逃走旅の最中に遭遇した獣人の騎士。 敵であるはずの獣人や味方となった獣人騎士からの意味深な言動の数々に、恋愛能力ゼロのアーリアもついうっかりトキメイテしまう事もあって……。 またまたトラブルに巻き込まれたアーリアは北の帝国エステルで俺様皇太子や悪役令嬢に振り回されます。 彼らは『東の塔』と『塔の魔女』を守護する任を任された騎士たちであった。 読み進み型の異世界ファンタジー小説です。 目覚めて早々裸のイケメンから媚薬を盛ったと凄まれ、自分が妹ニコルの婚約者ウィリアムを寝取った後だと知る。 これはまさに悪役令嬢の鑑いやいや横取りの手口!でも自分的 には全く身に覚えはない! 記憶にございませんとなかったことにしようとしたものの、初めは怒っていたウィリアムは彼なりの事情があるようで、婚約者をアイリスに変更すると言ってきた。 更には美琴のこの世界でのNPCなる奴も登場し、そいつによればどうやら自分には死亡フラグが用意されているという。 右も左もわからない転生ライフはのっけから瀬戸際に。 果たして美琴は生き残れるのか!?……なちょっとある意味サバイバル~な悪役令嬢ラブコメの開幕です。 アルファポリス様、カクヨム様にものっけてます。

次の

年齢確認

私 の お母様 は 追放 され た 元 悪役 令嬢 で した

公爵令嬢として生を受けたアデラインには、秘密がある。 それは、前世の記憶があること。 前世によると、この世界はロマンス小説の世界であり、アデラインは聖女である妹を虐める悪役令嬢だった。 けれど、アデラインは、シナリオに逆らわず、婚約破棄され、敗戦国の隣国に嫁がされるという事実上の国外追放の処分をうける。 それでも、アデラインの表情は明るい。 それは、嫁いだ隣国で、夫となるクラウスに 「お飾りの王妃としての職務は全うしてもらうが、私は君を愛することはない」 なんていう冷たい言葉を浴びせられても、そうだった。 なぜなら、アデラインの真の目的は、お飾りの王妃になることだったからだ。 貴族令嬢としての矜持を汚され、家族にも迷惑をかけてしまったことを悔やみ傷心するアイリスは入水をするのだったが… そこで前世の記憶を取り戻す。 死にたくないと思いながらも意識を手放し、目を覚ますととあるギルド商会の若旦那に保護されることになる。 「行く当てがないならここで働けばいい」 優しい言葉に救われるも。 「俺が欲しいのは金になる材料だ。 キリキリ働け」 彼はとんでもなくお金にがめつかったが、必死に働くうちに自分の居場所を見い出し。 あろうことにも… 「お前の就職先は俺の嫁だ」 俺様気質の若旦那に求婚されることになるのだった。 転生先は、乙女ゲームの悪役令嬢でした——。 あの日、わたくしは激昂していた。 婚約者である第1王子が、お茶会でわたくしではない他の令嬢に親しげに微笑みかけていたのだ。 家で暴れたわたくしは、自らが割った花瓶で足を滑らせて頭をしたたかに打ちつけ、意識を失った。 目を覚ますと、わたくしの中には前世の記憶が混在していた。 卒業パーティーでの婚約破棄&王都追放&実家の取り潰しという悪役令嬢定番3点セットを回避するため、社交界から逃げたわたくしは、王都の下町で、メンチカツを始めとするB級グルメに出会ったのだったーー。 「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 「モドイド公爵家令嬢シャロン、不敬罪に婚約を破棄し追放刑とする」王太子は冷酷非情に言い放った。 モドイド公爵家長女のシャロンは、半妹ジェスナに陥れられた。 いや、家族全員に裏切られた。 シャロンは先妻ロージーの子供だったが、ロージーはモドイド公爵の愛人だったイザベルに毒殺されていた。 本当ならシャロンも殺されている所だったが、王家を乗っ取る心算だったモドイド公爵の手駒、道具として生かされていた。 王太子だった第一王子ウイケルの婚約者にジェスナが、第二王子のエドワドにはシャロンが婚約者に選ばれていた。 ウイケル王太子が毒殺されなければ、モドイド公爵の思い通りになっていた。 だがウイケル王太子が毒殺されてしまった。 どうしても王妃に成りたかったジェスナは、身体を張ってエドワドを籠絡し、エドワドにシャロンとの婚約を破棄させ、自分を婚約者に選ばせた。 近年大流行となっている悪役令嬢が主役の恋愛小説。 リリーもそれにハマっており、愛されるだけのヒロインよりも芯まで強く挫けない悪役令嬢に憧れていた。 王子との結婚が生まれた瞬間に決まっていたリリーは悪役令嬢のような振舞いは許されず、品行方正に生きてきた。 だが、そんなリリーに転機が訪れる。 「リリー・アルマリア・ブリエンヌ、お前との婚約を破棄する」 婚約者から突然の婚約破棄を言い渡されてしまった。 大勢の生徒が集まる広場での出来事に呆然とするはずが、リリーはあっさりと受け入れただけではなく満面の笑みを浮かべ「はい!」と答えてしまった。 だってこれからは独り身で周りの目など気にせずあの憧れの悪役令嬢になれるのだから!と思ったらつい…。 しかし婚約破棄された翌日から何故か王子がつきまとってきて——— 婚約破棄をされて悪役令嬢になる日がやってきたというのに……どうして周りのほうが悪役令嬢っぽいの!? 「マリアンヌ公爵令嬢! これ以上貴様の悪行を見過ごすことはできん! 我が剣と誇りにかけて、貴様を断罪する!」 王子から突如突き付けられたのは、身に覚えのない罪状、そして婚約破棄。 更にはモンスターの蔓延る危険な森の中で、私ことマリアンヌはパーティーメンバーを追放されることとなりました。 このまま私がモンスターに襲われて"事故死"すれば、想い人と一緒になれる……という、何とも身勝手かつ非常識な理由で。 パーティーメンバーを追放された私は、森の中で鍋をかき混ぜるマイペースな変人と出会います。 どうにも彼は、私と殿下の様子に詳しいようで。 というかまさか第二王子じゃないですか? なんでこんなところで、パーティーも組まずにのんびり鍋を食べてるんですかね!? そして私は、聖女の力なんて持っていないですから。 「遠い東の国から来た新任教師を紹介する。 」 男女2人の講師が理事長のその声と同時に壇上に上がって前に並んでいた。 見たこともない異国の服に身を包んだ2人を見て懐かしく感じた瞬間稲妻が走ったように私は固まって徐々に浮かんでくるビジョンに意識が遠のきそうになった。 声を出さなかったのは令嬢としてのプライドが許さなかったからだ。 しかも、やってきた新任教師は前世の兄様と前世の私を死に追いやった悪女・・・ マリーは悟った。 この転生はきっと、大好きな兄様を悪女から救い前世の復讐をしなさいという神の導きなのだと!! そう考えたマリーは乙女ゲームそっちのけな行動を始める。 そんなマリーの異変に気付いた王子は・・・・。 完結いたしました(2020. 31) 可憐な妹を虐めるブサイクな姉、それが私。 妹が生まれてから全てが変わってしまった。 妖精のように愛らしい妹とブサイクな姉である私。 両親どころか、誰1人として私を愛してくれる人はいない。 今日も妹と喧嘩。 喧嘩といっても誰も私の味方はいない。 妹を突き飛ばそうとしていて、誤って自分が派手に転んでしまった。 頭を打った私は、そのショックで前世を思いだす。 喪女でおばちゃんだった自分を…… 愛らしい妹を恨んでグレていた私だったけど、前世を思い出すことによって悟る。 どうせ愛されていないのだから、この家を出て自分一人で生きていこう。 そして、私自身を愛してくれる人を探そう。 ブスとはいえ、平民では並……ぐらいはあるはず。 喪女だった自分が将来、恋愛して結婚できるのかは判らないけど、結婚できなくてもいい。 その時は養子をとって、家族をつくろう。 愛し愛される、そんな家族をつくろう。 「家族をつくろう」 この言葉を目標に、私はがんばる。 そう、がんばるはずたったんですけど………え、ここって乙女ゲームの世界だったの? 私の立ち位置は、モブ以下でゲームに参加すらしていない。 ああ、そうですよねぇ、判ります、判りますよ。 なんせ私は顔面偏差値、並以下ですしね。 あのキラキラの中に入るにはちよっとねェ。 ちょっ、ちょっとぉ、なんで乙女ゲームに巻き込まれるのぉ。 巻き込まないでよ。 関係ない、私は関係ないでしょう。 大槻 沙亜耶(おおつき さあや)26歳。 現世では普通の一人暮らしの社会人OL。 男女の痴情のもつれで刺殺されてしまったが、気が付くと異世界でも死にかけの状態に。 そして、拾ってくれたハイエルフのエリュシオンにより治療のためということで寝ている間に処女を奪われていた・・・?! 『帰らずの森』と呼ばれる曰く付きの場所で生活している俺様エルフのエリュシオンに助けられ、翻弄されつつも異世界ライフを精一杯楽しく生きようとするお話です。 生活するうちに色々なことに巻き込まれ、異世界での過去の記憶も思い出していきます。 温かい目で見てくださるとうれしいです。 目の前に現れたのは黒髪黒目…の少年 彼を見た瞬間私は一部思い出した。 彼が誰か…自分が誰か…を その後高熱に魘され全てを思い出した。 この世界は【愛の花束 逆ハーレム乙女】の乙女RPG世界。 私は悪役令嬢役のマリアン・カーリヒルトになっていた。 ゲームでは王子の婚約者で我が儘傲慢令嬢でヒロインを虐め暗殺未遂までする。 その為良くば国外追放、悪ければ一族処刑のどちらか…… いやいや、王子の婚約者は御免です! ヒロインをいじめる?私には出来ません! 隠しキャラである『リオン・マギア・グリアモール』が大好き!一推しなので他の攻略キャラとかに関わりたく有りません! え?【愛の花束 逆ハーレム乙女】では実は三部まで出てる。 前世の私はキャバ嬢でした..。 オタクな私はキャバクラで稼いだお金をお気に入りの乙女ゲーに貢ぎまくるのを生き甲斐にしていたTHEオタ活に生きる女... !! しかしそんな私は急な事故にあい.... 目が覚めると大好きだった乙女ゲーの悪役令嬢に生まれ変わっていた... しかもこの乙女ゲーの悪役令嬢ってどのルートでも残酷な死が待ってるので有名な「我が人生を君に捧ぐ」の世界じゃん...。 えっ?生まれ変わってもすぐ死んじゃうパターン?? いやいや無理だから... そうだ!国外に逃げよう!! 転生したキャバ嬢が攻略キャラをたらしこみ国外逃亡を目指す物語...。 前世の知識を生かしてこの世界を変えちゃうかもしれない? わたくしはジェシカ・グレイシア。 グレイシア公爵家の末娘として生まれた。 開国以来、何度も王族の血が入った家柄で、公爵であるお父様。 国王の姉であるお母様。 一つ年上のお兄様から愛情をたっぷり注がれて、婚約者である王太子には恋愛感情はないが仲良く過ごし、幸せな生活を送っていた。 ーーー学園に入学するまでは。 入学式の日、ジェシカが思い出した前世の記憶と恋愛小説。 そもそもジェシカの立ち位置がおかしいが、小説のシナリオ通りに時は流れていると思っていた。 なのに、あることがきっかけで殿下の様子がおかしい…戸惑うジェシカは…? 悪役令嬢の話を書いてみたくて…テンプレであるあるな話になってしまいました。 完結までの道筋はついていますが、なかなかおわれないかも?(汗) 誤字脱字は先天性の難病で治ることは無さそうです。 特効薬の処方、お待ちしております 緩い設定です。 生暖かい気持ちで読んでもらえたら嬉しいです。 「嫉妬で人をいじめるような女など未来の王妃にふさわしくない!貴様とは婚約破棄だ!」 「私はその見知らぬ女性をいじめてなんかいないです!」 昔はこんな人じゃなかった。 それなのにどうしてこんなにも落ちぶれた人になってしまったのか。 小さい頃はそんな風に決めつけるような子ではなかったというのに。 王子の隣であからさまな嘘泣きをしている女性と何を言っても私を信じてくれない王子に私の中に秘められた力が暴走した結果……。 「「「聖女様誕生だ~!」」」 「いやいや、そんな場合ではないでしょう!? 」 目の前には互いに仲が良好だった頃幼い殿下がいた。 かわい……いやいや!これどうすれば? 悪役令嬢が聖女になった婚約破棄に続く婚約破棄シリーズ第二段……シリーズは荷居人タグでまとめています。 ざらめ様ネタ提供ありがとうございます! 冴えない地味女は長年幼馴染の天敵・愛理に食いモノにされていた。 お気に入りの人形、彼氏、そして異世界転生したいからというトンデモナイ妄想のせいで命まで! 神様の眷属を無意識のうちに助けていて、神様が大分過保護な特典をつけ転生した。 天敵はこの世界に主人公はいないと思っているので、関わらずに今世は自分の為に生きようとしていたが、王子の婚約者候補の集いで天敵と再会。 前世と全く変わらないクズは、主人公の従者に目を付けた。 また自分から奪おうとするのかと、主人公は復讐(お仕置き)することを決意する。 ざまぁだけ読みたい方は、Side天敵と第2章からを推奨します。 ある事情で病弱な主人公が同じ症状の王族を救ったり、獣人や異民族を迫害から守り知らない間に慕われたり、新しい食や道具を探訪したり、神玉と言われる魔石のようなものの研究をしたり・・・。 最終地点「ざまぁ」までに、無意識のうちに善行を積んでいく!! 意識しなくても天敵を追い詰めていく主人公と、全てが空回っているがそれに気づかない天敵。 そして病弱な主人公に対して過保護気味な周りの物語。 第一章は主人公幼女です。 ユリアは公爵家の次女として生まれ、獣人国に攫われた長女エーリアの代わりに第1王子の婚約者候補の筆頭にされてしまう。 王妃なんて面倒臭いと思ったユリアは、自分自身に認識阻害と気配消しの魔法を掛け、居るかいないかわからないと言われるほどの地味な令嬢を装った。 15才になり学園に入学すると、編入してきた男爵令嬢が第1王子と有力貴族令息を複数侍らかせることとなり、ユリア以外の婚約者候補と男爵令嬢の揉める事が日常茶飯事に。 ユリアは遠くからボッーとそれを眺めながら〘 いつになったら婚約者候補から外してくれるのかな? 〙と思っていた。 そんなユリアが失敗する話。 初めての投稿なのでゆる〜く読んでください。

次の