株式 デイ トレード。 出来高と株の値動きの仕組み。スイングトレードは簡単に稼げる?

デイライズ

株式 デイ トレード

MENU• 短期売買の種類 スイングトレードは短期売買に含まれます。 短期売買の「短期」という定義には人それぞれの考え方があると思いますが、ここでは一年以内に完了する取引を短期売買とします。 短期売買には買ってから売るまでの期間によりいくつかの種類に分かれます。 スキャルピング スキャルピングとは株を勝って1円でも値上がりすれば売って利益を確定する方法です。 取引が完了するまでにかかる時間は数秒から数分程度です。 もちろんこんな売買方法は一般の投資家にはほぼ不可能ですね。 これは主に証券ディーラーやデイトレーダーなど専用の取引ツールと複数の監視モニターを有する人たちが行う方法です。 いわば「薄利多売」的な取引方法であり、細かい利益でも積み上げれば大きくなります。 デイトレード その名のとおり一日の間に取引を完了させる方法で、取引期間は数分から数時間です。 株式市場では、一日の中でも特に商いが多く値動きの激しいディーリング銘柄と呼ばれる銘柄がいくつかあったりします。 そういった銘柄には証券ディーラーやデイトレーダーといった人々も取引に参加するので、より取引が集中することになります。 そのような銘柄は値動きが激しく売買も楽しいですが、予想外の値動きも多いので勝つのはとても難しいです。 スイングトレード 文頭で説明したとおり、通常数日から最大でも数ヶ月の期間保有し続ける取引です。 主に、相場のうねりを取りにいったり決算などの大きな材料を待つ方法です。 一般の投資家はこのスイングトレードが多いのではないでしょうか。 頻繁に株価をチェックする必要がなく、取引回数も多くないので売買手数料などのコストも少なくてすみます。 保有期間が長い分大きな利益を狙うことも出来る方法です。 短期売買の考え方 短期売買では基本的に企業の業績はほとんど関係ない取引になります。 相場の需給や思惑などを推測し参加者同士でお金を奪い合うゲームとも言えます。 一般的に短期売買の指標となるのはチャートと板です。 チャートからは値動きの傾向を、板(いくらで何株買う(売る)かの一覧表示)からは需給動向などを読み取ります。 もちろんそうは言ってもそれは株価を見てる人が経験から「こうなるだろう」と予測しているだけなので、全くのハズレであることも少なくないです。 大切なのは日々の脳トレ スイングトレードを行う上で、大切になってくることは、• 日々のチャート分析を怠らない• 直感で取引しない(チャートやテクニカル指標などを役立てる)• 短期での相場観をやしなう これにつきると思います。 例えば今後1週間の日経平均株価、あるいはあなたが目を付けている会社の株価の値動きを予想してみましょう。 日経平均が下がっているような時は、いくら良い株でもなかなか株価も上がってくれません。 はずれてもいいので「予測をたて、なぜそう思ったのか?」を考えること自体が重要で、これが後々、自身の大きな糧になることでしょう。 とにかく経験を積むことが一番大切ですが、これは自然と身についていくものだと思います。 株式の売買タイミング 買うタイミング スイングトレードだけでなく、投資全般に言えることですが、「安値で買って、高値で売る」ということは当たり前ですがとても重要なことですよね。 安値で買うといっても、「高値覚えの高値掴み」という言葉があるように、急落したから買うという売買方針では、実は大幅下落の序章だったということもありえます。 これは落ちるナイフを掴むようなもので、大やけどする事になりかねませんので注意が必要です。 買うタイミング、売るタイミングともに重要ですが、売るタイミングは自分のルールに従うとして、買うタイミングについていくつかの基本的方法を紹介しましょう。 連動銘柄を探す 多くの銘柄は他の銘柄と同じような値動きをしているということが投資を続けていくうちに分かってくると思います。 例えば、同じ業種内の他銘柄と連動していたり、仕手銘柄同士、直近IPO同士など、探せば結構あるものです。 連動銘柄を監視しておいて、その中で出遅れている株を狙うという方法があります。 テクニカル分析(指標)を使う テクニカル分析といって、過去の値動きのパターンから、現在の株価が買われすぎなのか、売られすぎなのかなどを表す指標があります。 例えば、指標で代表的なRSI(売られすぎ、買われすぎを測る指標)があります。 他にも、ボリンジャーバンドやRCI、ウィリアム%Rなど、様々な指標を使って「買い時」、「売り時」を探りましょう。 こういった指標もまた、買うタイミングの手助けをしてくれます。 値動きの波を読む 銘柄には、その銘柄特有の一定の値動きをしていることがあると言われています。 同じ銘柄を長く取引していると勝率が多少なりとも上がるのは、知らずとその銘柄の値動きの癖を把握していっているからかもしれません。 たくさんの銘柄を把握する必要はありません。 少ない銘柄でも毎日の日中足チャートを頭に叩き込んでいくことで買うタイミングが掴めてくると思います。 場中に値動きを監視できない人でも、これは実践する価値があるかと思います。 売るタイミング 買った株をいつ売るか、これは簡単には答えの出ない難しいテーマですね。 含み益になれば、その利益を確定したいという欲求と、もっと上がるのではないかという欲望がせめぎ合い、含み損になれば、損失は確定したくない、でも放置すれば更に損をするかもという不安に苛まれます。 持ち株を売るということは、それ以上の利益を見込めない、ないしはそれ以上持ち続けると損をする、と考えたところで決断するのが普通ですが、もちろんそんな簡単に判断はできないのも普通です。 ただし、相場はあなたの持ち株の状況により動いているわけではないので、あくまでも相場の状況を見て判断することも重要になってきます。 常に資金の効率を考える 時間軸を考慮する スイングトレードにおいての投資家の売買行為には、• ロスカットラインへ下がったので、撤退した。 利益確定額へ到達したので利益確定した。 と、おおまかには2種類ですが、 一番肝心なのは、 値動きが横ばいでどちらにも動かなかった場合の行動です。 短期投資の場合、「 資金を寝かせるリスク」も考慮にいれなければなりません。 短期で値上り(値下がり)を期待して売買したのに、動かなかったということは、思惑を外したということになるのです。 時間軸とはスイングトレードを行ううえで、どのくらいの時間のスパンなのか、つまり1日とか2日なのか、それとも1週間なのか、あるいは1ヶ月以上のスパンなのかといったことを指します。 スイングトレードにおける投資思考は数日~数週間スパンがメインなので、そのスパンを経過しても値動きの無い銘柄は見限って、他へ乗り換えることも大切です。 今一番期待できる銘柄に投資をする 今持っている株が含み益であろうが含み損であろうが、実はそんなことはどうでもいいのです。 株式投資で一番大事なことは、自分が今一番期待できる銘柄に投資をすることです。 既に持っている銘柄が含み損だった場合、自分の見通しが外れたわけですから、それまでの期待を引っ張り続けることに意味はありません。 もし、目の前に投資したい銘柄が現れたら、期待の外れた銘柄から外していくのが道理です。 含み益の銘柄は利益の大小はともかく期待はあたっているわけですからまだ上がるかもしれず、あえて外す必要はありません。 つまり上記の投資行動とは真逆の行動を取ったほうがいいということですね。 少ない資金を効率的に動かしていくにはこのようなやり方がいいと思います。 ロスカットというのは何度もやっていると、普通のこととなり、やがて苦痛を感じなくなっていきますので、そうなってくれば一つ上級者に近づいたということになります。

次の

デイトレード初心者入門テクニック

株式 デイ トレード

デイトレードをこれからやってみようと思っている方、もう既にデイトレードをやっている方も多いと思います。 うまくいっている人はいいとしてこれから始めようと思っている方、始めたばかりの初心者の方、なかなか上手くいかない方は少しでもヒントが見つかればと思います。 このサイトでは主にデイトレードに関する初歩的なことをまとめていきたいと思っています。 まずは「デイトレードとは?」その他にも銘柄の選び方、手法、テクニック、チャートの見方、簡単な指標の見方等を掲載していきます。 難しいことは書かないつもりでいます。 デイトレード初心者の方の何かしらのヒントになればと思いサイトを運営していきます。 では、デイトレードとは株式投資の短期の売買手法です。 短期で売買を重ね利益を積み重ねていく方法です。 大きな値幅を狙わずに資金を次から次へと回転させて一つの銘柄、様々な銘柄を売買していくのです。 次から次へと銘柄を乗り換えることからサーファーが次から次へと来る波を乗りこなすことに例えてサーフィントレードとも言われます。 デイトレードは非常に慌しい場面がありちょっと大げさかもしれませんが反射神経や動体視力が求められる場面もあったりします。 慣れてくるとなかなか面白い投資手法です。 日中時間がとれる人によっては投資の選択肢が増えますよね。 デイトレードに挑戦 ただ闇雲にトレードするのでは勝てません。 楽して勝てる!そんなことありません!なかには天性の才能がある人もいるかもしれませんが・・・ 2005年デイトレードが最も注目された年と言っていいでしょう。 「数十万円を1億円にした!」「簡単に誰でも儲かる!」こんな題名がついた本をよく書店で見かけました。 2005年は上昇トレンド、新興企業も活況、IPO 新規公開株 を買えば爆騰げ!公開価格の何十倍になる銘柄もザラでした。 どんな銘柄でもとりあえず買っておけば儲かる!多少下げても戻ることがほとんど、だから下げても持っていれば儲かることが多かった。 だから損を切る必要がなく初心者でも誰でも楽々勝つことができたのです。 「資産が大きくプラスになった」「上昇トレンドでどこで買っても儲かった」「株って簡単だ」そんな見出しが多くなり新聞、雑誌で見かけるようになりました。 テレビでもデイトレードで億トレーダーになった人が紹介されたり、初心者が簡単そうだと興味をもってわんさか押し寄せていた状況でした。 実際に始めてみて本当に楽に利益を出すことが出来た人は「自分には株の才能がある」と思ってしまった人も大勢出てきてしまったのではないでしょうか。 大抵の場合、株やデイトレードの場合に限らず今まで興味のなかった人達にまで話題が及ぶとブームは過ぎ去ります。 以前「タクシーの運転手さんが株の話をしだしたら警戒しておけ」そんなことを耳にしました。 新規参入者がドッと押し寄せるような状況になったときには投資の場合は常に警戒心を抱いていないといけません。 過熱しすぎたブームはいつか終ります。 上昇トレンドもいつかは何かの弾みで必ず終わります。 そのときはライブドア事件がきっかけでした。 その後の値動きは皆さんもご存知だと思いますが酷いものでした。 新興企業は今までの異常な上昇の反動も強く強烈な下げ、被害者続出でした。 そして高値を掴まされた初心者の多くの方が大損害を食らったわけです。 それまで頂点付近でこぞってブームに乗って新規参入してきた何もわからない初心者の人は大ダメージを食らってしまったわけです。 IPO 新規公開株 を買えば儲かる神話崩壊!今では当時の何十分の一の株価に下がっている銘柄もザラです。 そしてその後2007年のサブプライムローン問題でデイトレブームは完全に崩壊しました。 更に更に2008年は世界同時株安の影響でかつて経験したことのないダメージを投資家に食らわせてしまいました。 そしてそれまで簡単に楽して儲けていた初心者の人は「株、デイトレードは危険だ」「儲からない」そんなふうに言い出しはじめ近づく人は激減してしまいました。 その後も2010年にはユロー危機と何年かおきに大暴落に見舞われます。 この様に突然襲ってくる暴落のダメージを喰らわないために、正しい勝ち方を知らなければ、トレードの世界で戦い続けることはできません。 スポンサードリンク 敗因は何だったのか? 敗因は明らか!確かに相場の流れが弱くなり上級者、プロでも勝つことは難しくなりました。 しかし、大きく負け株式相場から退場した人の共通点、 最大の敗因は「間違った勝ち方をしていた」これです。 今までの間違っていた勝ち方が通用しなくなったのです。 上昇トレンドでは楽して勝てたけど下降トレンドではそのやり方が通用しなくなったのです。 それまでは上昇トレンドで適当に買えば誰でも儲かった、だからロスカットをする必要がほとんどなかった。 ロスカットする必要がなかったと言っても過言ではありません。 それゆえ大きく下げたときはどうしていいかわからずとりあえずそのままにしておく自体になってしまいました。 相場の良い時は大きく下がったところから再び反発してくれました。 しかし、流れが完全に変わり下げ止まったと思ったところから更に下げる展開に。 そうなってくると怖さ、諦め感が大きくなり塩漬けにするかどん底で投げるしかなかったのです。 そう!始めた当初から間違った勝ち方、経験しかしてこなかったから。 それまでの間違った勝ち癖がしみついていていて自分の過ちをなかなか認められなかったのです。 「きっと戻るはず」そう思うことしか出来なかったです。 もうその方法は通用しなくなったことに気づくのが大幅に遅れたのです。 自分の売買のルールがなかったわけですから当然といえば当然です。 売買のルールがないと必ずどこかで大怪我をすることになります。 たまたま運よく勝ち続けることは出来ません。 相場から退場しないために 相場の流れは完全に変わりました、相場の流れに沿ったデイトレードのテクニックを覚えないと勝ち続けることは難しいです。 上昇トレンドのときにだけたまたま勝てるのでは通用しません。 今が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかはたまたボックス圏での値動きなのか。 全体の流れを見ましょう!その流れにあわせた売買手法があります。 時には一切売買しないときがあったっていいのです。 間違った勝ち方を覚えないでください!必ず大きなダメージをくらいます。 相場の流れに合わせた投資手法をマスターしていきましょう。 流れに合わせた投資手法を知っていれば大損害は免れるはずです。 絶対にしてはいけないこと!それは間違った勝ち方を常習化してしまうことです。 まずは何事も勉強です。 デイトレードも然り!デイトレード関連の本を読みまくる、成果の出ているトレーダーの話を聞いてみたりする必要があります。 勝っている人の成功方法をまずは学ぶところから、そして真似てみることです!学ぶことは真似ることから! バーチャルだけでは上達しません、タイミングを掴むいい練習にはなりますが実際にお金を投入した緊張感はバーチャルでは絶対に体験できません。 緊迫感が違いますから。 最初は小さな金額でとにかく売買になれることから。 最初はなかなか上手くいかないかもしれません、最初は損を小さく抑えるいい練習になると思います。 決して無駄な時間にはならないはずです。 小さなミスを認める練習からまずはしてみませんか? 自分独自のデイトレード手法はまずは勝てるようになってきてある程度自信がついてから、自分の勝ちパターンが見えてきてからだんだんとわかってくるものだと思います。 アベノミクスでのチャンス到来!株価は常に動きます、上昇する可能性が高いときに限ってエントリーする!これも一つの投資法。 あまり難しく考えずに初心者の人もまずはもっと気軽に!もっと楽しく!デイトレードをしてみましょう。 デイトレード初心者の人のヒントになればと思っています。 上げ相場でも下げ相場でも対応できる正しい技術を身につけましょう。

次の

デイトレードとは

株式 デイ トレード

投資顧問・日経225先物・FX・自動売買・シグナル配信・リアルタイムFX教室、セミナー 投資顧問として色々な角度から投資家の皆さんのニーズに答えていきます 日経225先物 シグナル配信 日経225先物 シグナル配信 お昼と夕方の1日2回のデイトレード!。 いつ来るかわからないメールを待つ必要はありません。 株式投資・個別銘柄情報 週に1回3銘柄をメール配信する投資情報サービスです。 スイングトレード銘柄ですので初心者の方も安心して取り組めます。 無料メールマガジン 週1回程度の発行です。 テクニカル分析で今後の日経平均株価を予想!新サービス情報もあります。 無料銘柄情報の的中率は高い! プロフィール 2008年5月運営スタート NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員資格 認定テクニカルアナリスト。 投資顧問(投資助言代理業) 弊社は内閣総理大臣の登録を受けた正規の 投資顧問(投資助言代理業)です。 財務省 東海財務局のホームページでご確認できます。 投資サービス一覧• コンテンツ•

次の