白ニキビ とは。 潰しても大丈夫な「白ニキビ」とは?|フェミークリニック美容皮膚科

黒ニキビの治し方とは?画像と動画で芯の取り方を伝授!

白ニキビ とは

目次だよ• 白ニキビとは まず、白ニキビついて詳しく見ていきましょう! 白ニキビと普通のニキビは違うのか? 白ニキビはどうしてできるのか? そんな疑問に答えていきます。 白ニキビの正体 ニキビはいくつかの段階を踏んで成長していきます。 その段階とは以下の通り。 その結果毛穴の出口が狭くなり、毛穴に皮脂が詰まり始めます。 これを面皰(めんぽう。 別名コメド)と言います。 多くの場合、痛みを伴います。 深いニキビの場合は中で吸収されます。 しこりのようなニキビも閉鎖面皰 前述の通り、閉鎖面皰は毛穴の出口が閉じているもの。 そのため、開放面皰よりも炎症が大きくなりやすいという特徴があります。 また、時折、見た目にはほとんどわからないけれど、触ると奥の方にしこりのようなものがあり、押すと痛いニキビができたりしませんか? これは閉鎖面皰が大きくなって化膿したもので、特に顎や口元など、顔の下部分にできやすいものです。 白ニキビの原因は? 次に、白ニキビの原因について考えてみましょう。 すなわち、どうして閉鎖面皰ができてしまうのか、です。 毛穴が閉じてしまう原因はいくつかあります。 代表的なものは皮 脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れでしょう。 栄養の偏った食事や不規則な生活、ストレスなどはホルモンバランスの崩れを招きます。 ホルモンバランスはお肌の調子と直結していると言っても過言ではありません。 過度の乾燥や皮脂の過剰分泌を招き、これはターンオーバーに乱れにつながります。 ターンオーバーの遅れは角質の蓄積を意味し、角質を肥厚させる要因。 また、お肌は乾燥すると自ら潤おうと皮脂を分泌します。 結果的に、毛穴に皮脂を積極的にためているのと同じような状態になるというわけですね。 女性の場合ですと、生理前に皮脂の分泌が増えることもあります。 これは生理前に分泌が増えはじめる 黄体ホルモンの仕業。 黄体ホルモンには皮脂の分泌を促進する作用があるため、生理前になると肌荒れに悩む女性が増えるわけです。 毛穴が閉じる原因はそれだけではありません。 顔は常に外気に晒されているため、毛穴には細かい塵や埃が詰まってしまうことも珍しくなく、さらに毎日使用するシャンプーやリンス、きちんと落とせなかったファンデーションなども毛穴を塞いでしまう原因なのです。 白ニキビの治し方 白ニキビはニキビの初期段階。 炎症も起こしていないため、この段階で治せば炎症性色素沈着などのニキビ跡もほとんど残らないでしょう。 では、どのように治したらいいのでしょうか? 白ニキビは潰してもOK! 答えは簡単。 毛穴に詰まった皮脂を、取り除くことです。 つまり、潰してしまうことですね。 「ニキビを潰すなんて言語道断!跡が残ったらどうするの??」 そんな意見ももっともですが、この時重要なのがニキビの潰し方。 潰し方を間違えてしまうと、炎症を起こしたり跡が残ってしまうので注意が必要です。 ニキビを潰すときは、お風呂上りや洗顔後などお肌が清潔な時にしましょう。 指先で押しつぶすようにするのはNG。 消毒したピンセットやドラッグストアなどで売っているコメドプッシャーを使って、なるべく手早く中身を押し出しましょう。 芯が出た後は患部を消毒し、なるべく触れないよう注意して過ごしてください。 というわけで、白ニキビは潰してもOK。 ですが…。 やはり、自分で潰すのは正直言ってリスクが高いです。 それに、たとえ潰さなくても、普段の洗顔やスキンケアの見直しと生活を改善することで治すこともできます。 とにかく見た目が気になるから芯を出したい!と思うなら、皮膚科を受診してみて。 白ニキビの芯の圧出は、皮膚科でもよく行われる治療方法です。 お薬も処方されるので、その後炎症を起こすこともほとんどないでしょう。 潰す以外の治療法 前述の通り、白ニキビは洗顔やスキンケア、生活の改善でも治療が可能です。 メイクはきちんと落とし、丁寧な洗顔を心がけましょう。 スキンケアアイテムが肌タイプに合っていない場合もあるので、改めてアイテムを見直すのもいいですね。 そして 食事・睡眠習慣を改善し、ストレスを解消すること。 これらを実践することで、これ以上の皮脂の蓄積は阻止することができるでしょう。 また、白ニキビを赤ニキビへと発展させないためには、炎症を起こさせないこと。 つまり、無闇に刺激を与えないことです。 なるべく触ったりせず、髪が触れるようであれば髪はまとめるようにしましょう。 白ニキビに効く市販薬は? 白ニキビはニキビの初期段階ですので、ほとんど薬を使わなくても治すことができます。 しかし、なるべく早く治したい、赤ニキビに進むのを食い止めたいというのであれば、市販薬を使うのもアリです。 今回はいくつかおすすめの市販薬を紹介しますね。 オロナインH軟膏 常備しているご家庭も比較的多いであろうオロナイン。 「いつでも家にあるから気になった時にすぐ使える」という手軽さに着目したため今回取り上げますが、ニキビへの効果自体は穏やかです。 しかし、オロナインに含まれる抗菌作用は馬鹿にはできません。 アクネ菌を殺菌してくれるため、 白ニキビを赤ニキビへ発展させるのを阻止してくれるでしょう。 クレアラシル ニキビ治療薬と言えばこれ!というイメージのある人も多いでしょう。 クレアラシルは 白ニキビだけではなく、赤ニキビにも黒ニキビにも効果を発揮します。 白ニキビに効果を発揮する配合成分は ・硫黄 ・レゾルシン 硫黄には殺菌作用のほか角質軟化作用と皮脂分泌抑制効果があるため、白ニキビの治療にはぴったりです。 また、レゾルシンにはピーリング作用があり、毛穴にたまった角質や古い角質を除去してくれます。 ビフナイトnニキビ治療薬 ビフナイトは皮脂を吸着して腫れと赤みを抑えるため、 白ニキビと赤ニキビに効果を発揮します。 角質を軟化する硫黄のほか、抗炎症剤のグリチルレチン酸、アクネ菌を殺菌するイソプロピルメチルフェノールが配合されているため、 白ニキビの症状が進むのを抑えるのにも有効です。 ペアアクネリキッド治療薬 ライオンのニキビケアブランド、PAIRシリーズの一つです。 有効成分のサリチル酸が角質を柔らかくして 毛穴の詰まりを除去し、イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌の殺菌、 アラントインが炎症を鎮めます。 白ニキビにも赤ニキビにも効果のあるこの薬はリキッドタイプ。 洗顔後のスキンケア前の、患部にコットンを使ってなじませます。 ニキビと同時に乾燥にも悩んでいる人にぴったりですね。 以上、白ニキビの治療に向いている市販薬でした。 繰り返しになりますが、白ニキビには本来薬はほとんど必要ありません。 薬に頼る前に、まずはセルフケアを頑張りましょう。 薬はそのサポートの一部と捉えるくらいがちょうどいいですね。 おわりに 今回は白ニキビついてのお話しでした。 ニキビは白ニキビの段階で治すことで、跡が残る可能性がぐっと低くなります。 白ニキビを見つけたら、なるべく早く適切に対処しましょう。 ただし、白ニキビが繰り返し出てきたり一度に大量に発生するときは、自分では弄らず皮膚科を受診することをお勧めします。

次の

白ニキビの原因と治し方!治すために潰すのはOKなの?

白ニキビ とは

年齢によるターンオーバーの乱れ によって毛穴が詰まりやすくなってしまうという原因も考えられます。 ほかの部分にもニキビがある場合 白ニキビの他にも、赤ニキビや黄ニキビが出来ている場合は、 普段のスキンケアが間違っている可能性が高いです。 洗顔などを1日に何度もして、洗いすぎていませんか?洗いすぎてしまうと、肌が逆に乾燥してしまうのです。 それによって皮脂が溜まりやすくなり、結果毛穴が詰まってしまうことになるのです。 最低限のスキンケアと正しい洗顔を行っていれば、ニキビはすぐに治ったり、出来なかったりしますので、他にもニキビがみられる場合は、スキンケア方法を見直す必要がありそうですね。 ニキビや肌荒れはないが肌が乾燥する場合 肌荒れについて特に悩んでいない人に、白ニキビのみが発生してしまうというケースがあります。 でも、肌は乾燥している気がするという人は、肌の乾燥による過剰分泌や、乾燥による肌のゴワゴワや、肌が分厚くなってしまっている可能性が高いです。 このような原因の場合は、まず乾燥肌をなんとかしなければ、白ニキビもでき続けてしまいます。 洗顔後の保湿を徹底することによって、徐々によくなる場合がほとんどです。 このように、白ニキビが出来始めるパターンは人それぞれ。 自分の原因は何なのかを見つけ出し、それにあった対処法でしっかりケアしていくことが大切です。 白ニキビの治し方とは? 白ニキビは初期の段階なので、まだ炎症や膿がない状態。 そのため、白ニキビの段階で皮膚科などを受診しても、潰されることが多いのだそう。 既に炎症や膿がある赤ニキビや黄ニキビを潰すと、ニキビ跡が残ったりして取り返しのつかないことになります。 しかし、白ニキビは基本的に潰しても大丈夫なニキビとされています。 白ニキビは角栓で毛穴が塞がれている状態なので、それを潰すことによって毛穴を開放する訳ですね。 白ニキビを潰すのはOKだけど失敗には注意! 白ニキビを潰すことでキレイさっぱり白ニキビがなくなってくれるのですが、たまに失敗して炎症を起こす場合がありますので、確実に治すには正しい洗顔を行うことです。 肌は、なるべく刺激を与えないようにすることが大切なので、泡立てネットなどを使って洗顔料を泡立て、キメ細かいモコモコの泡を作りましょう。 それを優しく肌に付けて、くるくると円を描くようにしながら泡を滑らせるように洗うと効果的です。 ぬるま湯でしっかりとすすぎ残しのないように洗い流し、綿素材のタオルや肌に優しい素材のタオルで水分を拭き取りましょう。 この時ゴシゴシと拭いてはいけません。 軽くポンポンと押さえるようにして、水分だけを取り除きましょう。 洗顔は1日に朝晩の2回することが、一番良いとされていて、ニキビが気になるからと言って、洗いすぎるのは逆に良くないので気を付けましょう。 白ニキビで皮膚科に行くとどんな治療をするの? 白ニキビの段階で皮膚科に行くことで、早く治り、今後ニキビが出来ないように予防することも出来ます。 皮膚科での治療は主に、面皰圧出、ケミカルピーリング、外用薬の3つです。 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ) 面皰圧出とは、白ニキビに小さな穴を開けて、そこから毛穴の中に詰まっている汚れや、皮脂、古い角質などを、面皰圧出器を使って押し出す治療のことを言います。 面皰圧出器は、このためだけの専用の器具です。 保険が適用される場合が多いのですが、これは今ある白ニキビを綺麗に治すという目的で行われているものです。 そのため今後の予防にはならないことを頭に入れておきましょう。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、フルーツ酸を含んだ薬剤を、皮膚に塗り、余分な角質や汚れを取り除く方法。 毛穴の詰まりを除去したり、取り除きやすくする効果もあるとされています。 白ニキビになる前の、肉眼では見えない程度の毛穴の詰まりまで取り除くことが可能なので、今後の予防にも効果的だと言えます。 また出来てしまっている白ニキビが悪化して、赤ニキビや黄ニキビになることを防ぐ効果もあります。 薬を塗る そして最後は外用薬でニキビを治す方法。 皮膚科で処方される外用薬には、出来てしまったニキビを治療するとともに、今後のニキビ予防にも効果があるものです。 このように、今後の予防まで行ってくれるので皮膚科に通う人が増えてきているのですが、自宅でスキンケアを怠ったり、生活習慣が崩れてしまったりすると、またすぐにニキビが出来てしまいます。 そのため皮膚科に通っていても自宅ケアはきちんと行うことが大切です。 白ニキビに効果的な化粧水の選び方! 白ニキビができてしまう原因の一つに、化粧水が肌に合っていないということが挙げられます。 化粧水は、過剰に落とすものが多いことから、なるべくニキビ対策用のものは避けるようにしましょう。 白ニキビの段階では、過剰に落とす必要はないので、過度のスキンケアとなってしまい、逆に悪化を招きかねません。 白ニキビは無添加の肌に優しい化粧水がおすすめ! 白ニキビには、無添加の肌に優しい化粧水を選ぶことをオススメします。 油分もカットされている化粧水なら、なおさら良いです。 今では薬局やネットで手軽に手に入るのですが、同じような商品がたくさんあって迷うこともあると思います。 そんな時は、その商品の口コミをチェックするといいですよ! 口コミには実際に使っている人の、リアルな声が聞ける便利なものです。 もちろん個人差やその人の肌質に合っているかどうかも問題になってくるので、口コミの評判は良いけれど、実際使ったら効果が現れなかった。 などのこともよくあります。 そのため、自分の症状や肌質の似ている人の口コミを参考にするといいでしょう。 化粧水選びは、なかなか自分の理想のものに出会えないもの。 ですが色々試して自分に合うものを見つけることが、大切です。 白ニキビをメイクで隠す方法 赤ニキビや黄ニキビよりは目立ちにくい白ニキビですが、お出かけする時は、極力目立たないようにしたいものですよね。 白ニキビにあまり負担をかけずに、メイクで隠す方法をご紹介します。 ニキビを隠すのに、ファンデーションとコンシーラーを重ね塗りして隠す人がいますが、これはニキビに何度も触れてしまい、悪化の危険性があるのと、コンシーラーには油分が多く含まれているので、オススメできません。 ファンデーションをコンシーラー代わりに使う方法 そのため、ファンデーションをコンシーラー代わりに使う方法をオススメしています。 薄付きのパウダーファンデーションを顔全体に塗り、ニキビを目立たなくさせるように心掛けましょう。 この際、スポンジを使ってするのではなく、ブラシを使って優しく塗っていくと、刺激を最小限に抑えることができます。 それでも目立ってしまい気になる場合は、同じパウダーファンデーションを指先に付けて白ニキビの上に優しく乗せましょう。 指で触る回数をなるべく少なくし、なじませていきましょう。 このようなメイクを行うことで、白ニキビへの負担を抑えることができますが、多少は負担がかかっているのも事実。 負担を最小限に抑えるには、• アイメイクなどを普段より濃くして他人の目をそらしてみる• メガネや帽子などアイテムを使って、そちらに目が行くようにしてみる というのも、白ニキビへの負担がないので、オススメです。 白ニキビが悪化するとどうなる? 白ニキビはニキビの中でもまだ初期の段階です。 そのため、改善することがほとんどなのですが、スキンケア方法や、生活習慣によっては、悪化してしまう方向に向かってしまうのです。 白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まっている状態のことを言いますが、その皮脂がターンオーバーが出来ていないなどの状態に陥ると皮脂が排出されずに毛穴につまったままになります。 その毛穴に詰まってしまった皮脂が、外に出ようとして、出られない状況になると、毛穴が開いているところにも、皮脂がつまっていることになります。 そしてその皮脂が空気中に触れ、酸化を起こして、黒ニキビへと変化していきます。 黒ニキビになると目立ちやすくもなるので、白ニキビのうちにしっかりとした対処をすることが大切です。 症状が進むにつれて、• 悪化するスピードも早くなる• 少しの刺激でも悪化してしまう• ニキビ跡も残りやすくなる など、どんどん進んで行きますので悪化していいことは何一つありません。 痛みやかゆみを伴うことも多く、膿がたまってしまう場合もあります。 日々の生活習慣やスキンケアを見直しながら、今白ニキビができているうちに治してしまいましょう。 まとめ いかがでしたか? 白ニキビは基本的には、普段のスキンケアや生活習慣が、正しく行われていれば勝手に治ってしまうケースも珍しくありません。 それに万が一潰れてしまってもほとんど問題がないことから、ニキビの初期段階だと言えます。 この白ニキビのうちに治して、次の予防にも繋げれば、綺麗な肌を取り戻せることができるという訳ですね! 白ニキビはほかのニキビに比べて痛みもなく、目立ちにくいことから、背中などに出来てしまったら気づかない場合があります。 定期的に鏡などを使って全身をチェックするなどして、早期発見することが大切です。

次の

ニキビの芯は取っていい?正しく出す方法と取れた後のケア方法

白ニキビ とは

オバジC20はかなりの高濃度ビタミンC() 赤ニキビとは 赤ニキビは、まさに今、• 悪玉アクネ菌が毛穴の中で暴れているぞ! ……という状態。 炎症が起きているので、痛みを伴うこともある。 炎症が長引けば長引くほど、ニキビが肌の深いところまで浸透してしまい、凸凹のクレーターニキビ跡になりやすい。 赤ニキビになってしまったら、考えるべきことは、 いかに早く炎症を抑えるかということ。 赤ニキビの治し方 白ニキビのときは、コメドを取り除いてもOKだったけれど、赤ニキビなったら、もういじったらダメ。 すでに炎症が起きているので、それをつぶしたりすると、ニキビ跡になって残ってしまう。 この時期は、「 グリチルリチン酸(甘草)」などの、抗炎症効果がある成分がおすすめ。 できるだけ早く、悪玉アクネ菌をなだめて、炎症を抑えることを考える。 グリチルリチン酸2K配合の美容液() 黄色ニキビとは 黄色ニキビは、 赤ニキビの炎症が終焉を迎えて、徐々に治り始めている状態のニキビのこと。 もう治ったからと安心しがちだけれど、ここの処置を間違えると、そのままニキビ跡になって残ってしまうから要注意。 黄色ニキビの治し方 黄色ニキビをニキビ跡として残さないために絶対に欠かせないのが「 日焼け止め」。 ニキビの炎症跡が黄色くなるのは、その部分に メラニン色素が発生したから。 メラニン色素は、紫外線を浴びると発生する「シミのもと」として有名だけれど、発生する原因は紫外線だけではない。 メラニン色素は悪者のようにいわれるが、「体内に悪いものが入ってきたら、防御するために発生する」のがメラニン色素。 紫外線に対抗して発生するように、ニキビの炎症にも対抗して発生するのだ。 メラニン色素が発生してしまったら、 できるだけ早く排出することが肝心。 そのような大切な時期に紫外線を浴びたら、さらにメラニン色素を発生させて、メラニン色素の排出を滞らせてしまう。 長時間、肌にメラニン色素がとどまるほど、そのままメラニン色素が色素沈着して、ニキビ跡として残る可能性が高くなるのだ。 黄色ニキビができたら、徹底的に紫外線を避けるべし。

次の