玄 蔵川 水難 事故 ブログ。 ユーシン渓谷入口~玄倉川水難事故跡~丹沢湖ハイキング: 神奈川オヤジ歩き

日本の川一覧とは

玄 蔵川 水難 事故 ブログ

北海道地方 [編集 ]• 東北地方 [編集 ] 青森県 [編集 ]• 一級河川 詳細はを参照• 浅瀬石川• 笹内川• 一級河川• 熊原川• 後藤川• 五戸川• 二級河川• 二級河川• 元小屋沢• 火箱沢• 西国沢• 雲谷沢• 合子沢• 合子沢川• 入内川• 牛館川• (上流では三途川と呼ばれる)• 一級河川• 二級河川 岩手県 [編集 ]• 小本川• 兄川 岩手県• 瀬ノ沢川• 宮城県 [編集 ]• 一級河川• 一級河川• 二級河川• 二級河川• 一級河川• 本砂金川• 碁石川• 太郎川• 支倉川• 坪沼川• 岩ノ川• 新笊川• 小綱鳥沢• 大綱鳥沢• 宮の沢川• 青下川• 豆沢川• 戸立沢• 大栗沢川• 堀切川• ひじり沢• 白坂川• 蒲沢川• 赤坂川• (山鳥川とも呼ばれる)• 綱木川• 石山沢• 七郷堀• 六郷堀• 郡山堀• 木流堀• 一級河川• 雉子尾川• 半田川• 高倉川• 児捨川• 大深沢川• 河原子沢川• 松川 宮城県• 秋田県 [編集 ]• 一級河川• (雄物川分流)• (旧雄物川支流)• 三内川• 大又川• 淀川 秋田県• 荒川 大仙市• 斉内川• 高松川 秋田県• 役内川• 雄勝川• 一級河川• 笹子川 秋田県• 一級河川• 粘白川• 小阿仁川• 下内川• 大森川 秋田県• 花岡川• 犀川 秋田県• 根市川• 間瀬川• 二級河川• 白雪川 二級河川• 馬場目川 二級河川• 三種川• 二級河川 山形県 [編集 ]• 一級河川• 置賜白川• 村山野川• 荷口川• 塩根川• 八敷代川• 中田春木川• 泉田川• 升形川• 指首野川• 一級河川• 一級河川• 二級河川• 福島県 [編集 ]• 四時川• 入遠野川• 大久川• 井出川• 太田川 南相馬市• 比曽川(新田川支流)• 堀川 福島県• 関東地方 [編集 ] 茨城県 [編集 ]• 一級河川• (久慈川支流)• 一級河川• 緒川(那珂川支流)• 藤井川(那珂川支流)• 桜川(那珂川支流)• (利根川分流)• 栃木県 [編集 ]• 鹿股川• 群馬県 [編集 ]• 一級河川• 温井川• () 一級河川• 埼玉県 [編集 ]• 一級河川• 神流川• 谷津川• 安谷川• 浦山川• 一級河川• 蒔田川 一級河川• 一級河川• 篠葉沢川• 伊古田沢• 吉田川 一級河川• 阿熊川 一級河川• 石間川 一級河川• 日野沢川• 金沢川• 三沢川• 新吉野川• 一級河川• 和田川• 一級河川• (荒川支流) 一級河川• 一級河川• 一級河川• 一級河川• 大谷川• 南小畔川• 一級河川• (荒川支流) 一級河川• (鴨川支流) 準用河川• (鴨川支流) 一級河川• 鴻沼川の支流についてはを参照。 準用河川• 浅間川• (荒川支流) 一級河川• さくら川()• (荒川支流) 一級河川• (菖蒲川支流) 準用河川• (菖蒲川支流) 一級河川• (荒川支流) 一級河川• (芝川支流)(準用河川)• (芝川支流) 一級河川• 新堀川• (芝川支流)(暗渠)(準用河川)• (芝川分流)• (荒川支流) 一級河川• (荒川支流) 一級河川• 赤間川(新河岸川支流?)• (新河岸川支流) 一級河川• 久保川(不老川支流) 一級河川• (新河岸川支流) 一級河川• (新河岸川支流) 普通河川• 準用河川• 一級河川• 午ノ堀川• 増野川• 武徳川• 平新川• 七左エ門川• 川内堀• 一級河川• 御陣場川• 天神川• 千葉県 [編集 ] を参照。 東京都 [編集 ]• 一級河川• 盆堀川• 伝名沢• 北大久野川• 玉の内川• (多摩川支流)• 三内川• 刈寄川• 盆堀川• (北秋川より上流の秋川は「南秋川」の名称に変わる)• セト沢• 八割沢• 神戸川• 水ノ戸沢• 赤井沢• 湯久保沢• 惣角沢• 月夜見沢• 白岩沢(月夜見沢と合流し、北秋川になる)• 小坂志川• 湯場ノ沢• 熊倉沢• 軍刀利沢• 出野沢• 丹田沢• 三頭沢(南秋川の源流は三頭沢)• (多摩川支流)• 山田川• 兵衛川• (浅川支流(北浅川と合流して浅川になる))• 小仏川• 小下沢• 日影沢• 案内川• 榎窪川• 中沢川• 入沢川• (浅川支流(南浅川と合流して浅川になる))• (多摩川支流)• (大栗川支流) 一級河川• () 一級河川• (利根川分流)• (江戸川分流)• (中川分流、旧江戸川支流)• 一級河川• 朝霞水路• 綾瀬川・芝川等浄化導水路• (荒川分流。 もとは荒川) 一級河川• (隅田川に合流)• (荒川支流) 一級河川• (芝川分流)• (荒川分流)• (一部暗渠)• (暗渠)• (暗渠。 北沢川と合流し目黒川となる)• (新橋より上流は小山田川、新橋から恩田川合流点までは谷本川とも呼ばれる) 一級河川• 野中谷戸川• 谷戸川• 善治ヶ谷川• 山中川• 堂谷戸川• 馬駈川• 結道川• 大沢川• 山崎川• 薬師川• 小野路川• 別所川• 金井川• 木倉川• 一級河川• 飯守川• 入谷戸川• 下谷戸川• 真光寺旧川(真光寺川分流、麻生川支流)• 沢谷戸川• 多々良川• 一級河川• わさび沢川(今井川と合流して恩田川になる、一部暗渠)• 今井川(わさび沢川と合流して恩田川になる、一部暗渠)• 小川(一部暗渠)• (源流域では大地沢川とも呼ばれる) 二級河川• 権現谷戸川• 真米川• 陽田川• 中ヶ谷戸川• 三ツ目川• 町有川• 沼川 運河であるが、川と呼ばれているもの• (花畑運河とも呼ばれる)• 平久川• 汐見川()• 一之江境川(新川に流入する河川で、運河ではない。 現在は。 ) 埋め立てられ消滅した河川• を参照。 大島分川• えいが川• 平清水川• ポロ沢• 鴨川 八丈島• 大川 八丈島• 唐滝川• 三原川• 洞輪沢• 堤ヶ沢• 南袋沢 神奈川県 [編集 ]• (恩田川合流点より上流は谷本川とも呼ばれる) 一級河川• 多々良川• 一級河川• 真光寺旧川(真光寺川分流、麻生川支流)• 一級河川• 片平川 準用河川• 準用河川• 準用河川• 一級河川• 奈良川(一部暗渠) 準用河川• 準用河川• 山谷川• しらとり川(一部暗渠)• 一級河川• 台村川(下流では谷戸川とも呼ばれる、一部暗渠)• 大熊川 一級河川• 鳥山川 一級河川• 砂田川 一級河川• 一級河川• 布川 準用河川• 一級河川• 有馬川 準用河川• 二級河川• 小松川• 深堀川• 目黒川• 大門川• 相沢川• 和泉川• 宇田川• 滝ノ川• (戸部川とも呼ばれる) 二級河川• 一級河川• (布川・藤熊川)• 早戸川• タライゴヤ沢• 二級河川• 川音川• 中津川• 河内川• 世附川• 二級河川• 須雲川• 普通河川 中部地方 [編集 ] 新潟県 [編集 ]• 大川 二級河川• 小俣川• 中継川• 勝木川 二級河川• 葡萄川 二級河川• 二級河川• 門前川• 高根川• 長津川• 一級河川• 鍬江沢川• 二級河川• 二級河川• 姫田川• 坂井川• 一級河川• 駒林川• 安野川• 新谷川• 常浪川• 東小出川• (福島県内で阿賀川に合流する)• 北ノ又川• 一級河川• (信濃川と阿賀野川を結ぶ河川)• 鷲ノ木大通川• (信濃川と阿賀野川を結ぶ河川)• 加茂川• 下条川• 大平川• 大沢川• 楢山川• 鹿熊川• 坂本川• 中浦川• 曲谷川• 笠堀川• 鎌倉沢川• 小長沢川• 駒出川• 島田川• 新通川• 守門川• 布倉川• 日端川• 貝喰川• (信濃川分流・支流)• 塩谷川• 西谷川• 中之島川• 猿橋川• (信濃川分流・支流)• (大河津分水路・新信濃川とも呼ばれる)(信濃川分流)• 道満川• 太田川• 越道川• 相川川• 田河川• 末沢川• 三用川• 水無川• 宇田沢川• 三国川• 飛渡川• 羽根川• 浅貝川• 二級河川• 大通川• 二級河川• 島崎川 二級河川• 二級河川• 別山川• 長鳥川• 二級河川• 二級河川• 一級河川• 戸野目川• 飯田川• 高谷川• 小黒川• 正善寺川• 櫛池川• 矢代川• 大熊川• 渋江川• 片貝川• 小袴川• 桑取川 二級河川• 名立川 二級河川• 能生川 二級河川• 早川 二級河川• 海川 二級河川• 一級河川• 小滝川• 大所川• 青海川 二級河川• 羽茂川 二級河川• 二級河川• 小倉川• 新保川 富山県 [編集 ]• 二級河川• 笹川 二級河川• 寺川 二級河川• 二級河川• 山合川• 導善寺川• 入川 二級河川• 一級河川• 吉田川 二級河川• 二級河川• 神谷川• 大谷川• 二級河川• 小川寺川• 田籾川• 東又谷水流• 阿部木谷水流• 宗次郎谷水流• 北又谷水流• 笠谷水流• 滝倉谷水流• 南又谷水流• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 中川 二級河川• 沖田川• 二級河川• 二級河川• 栃津川• 大岩川• 虫谷川• (真川とも呼ばれる) 一級河川• 一級河川• 赤江川(宮路川とも呼ばれる)• 佐野川• 四ッ谷川• (室牧川・大長谷川とも呼ばれる)• 坪野川• (百瀬川とも呼ばれる)• (万波川とも呼ばれる)• 別荘川• 野積川• 太田川• 樋橋川• 土瀬川• 大久保川• 急滝川• 虫谷川• 小佐波川• 楜ヶ原川• 小原川• 入ノ谷川• 朝月谷川• 銀砂谷川• 横谷川• 新堀川 二級河川• 二級河川• 一級河川• 八幡川• 郷田川• 坪野川• 親司川• 谷内川• 水無川• 梨谷川• 小谷川• 西俣谷• 船牛首谷• 上段谷• 一級河川• 和田川• 頭川川• 祖父川• 広谷川• 谷内川• 岸渡川• 荒俣川• 山王川• 唐俣川• 黒石川• 乱馬川• 上黒石川• 西明寺川• 坂又川• 田川谷内川• 矢波川• 湯道丸川• 久利須川• 横江宮川• 渋江川• 毘沙門川• 薮波川• 砂馳川• 本堂川• 砺波川• 五郎丸川• 八講川• 合又川• 御手洗川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 下田川 二級河川 石川県 [編集 ]• 二級河川• 神野川• 河内川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 二級河川• 一級河川• 安産川• (安産川放水路)一級河川• 平瀬川(安産川放水路支流) 一級河川• 堂尻川(安産川放水路支流) 一級河川• 西川 一級河川• 熊田川 一級河川• 直海谷川 一級河川• 一級河川• 堂川 一級河川• 杖川 一級河川• 阿手川 一級河川• 瀬波川 一級河川• 一級河川• 目附谷川 一級河川• 立屋谷川 一級河川• コイ谷川 一級河川• 雄谷川 一級河川• 中ノ川 一級河川• 丸石谷川 一級河川• 湯谷川 一級河川• 尻高谷川 一級河川• 下田原川 一級河川• 赤谷川 一級河川• 大道谷川 一級河川• 明谷川 一級河川• 小又谷川 一級河川• 風嵐谷川 一級河川• ホイチ谷川 一級河川• 宮谷川 一級河川• 三ツ谷川 一級河川• 東谷川 一級河川• 中の谷川 一級河川• 一級河川• 二級河川• 二級河川 福井県 [編集 ]• 山梨県 [編集 ]• (桂川)• 長野県 [編集 ]• 鹿島川• 横尾谷• 大白川• 水殿川• 共用隧道(稲核ダムにて灌漑・発電共用取水)• (灌漑用取水)• 岐阜県 [編集 ]• 静岡県 [編集 ]• 沢地川• 山田川• (富士川水系) 一級河川• 寸又川• 笹間川• 三倉川• 敷地川• 原野谷川• 倉真川• 垂木川• 西ノ谷川• 仿僧川• 二級河川 愛知県 [編集 ]• 郷下川• 近畿地方 [編集 ] 三重県 [編集 ]• 長島川• 新堀川• 大山田川• 沢北川• 流石川• 三砂川• 新田川• 多度川• 肱江川• 山江川• (町屋川とも呼ばれる)• 三孤子川• 弁天川• 嘉例川• 笹貝川• 蓮花寺川• 鈴鹿川派川• 雲出川古川• 滋賀県 [編集 ]• 京都府 [編集 ]• 和束川• (上流から上桂川、桂川、、、再び桂川と名称が変わる)• 三俣川• 千々川• 犬飼川• 七谷川• 愛宕谷川• 曽我谷川• 雑水川• 年谷川• 鵜ノ川• (賀茂川とも呼ばれる)• 雲が畑岩屋川• 鞍馬川• 上林川• 高野川• 大雲川• 神子川• 男山川• 三田川• 真名井川• 世屋川• 波見川• 吉野川• 樋越川• 木津川• 栃谷川• 久美谷川 大阪府 [編集 ]• (大川、土佐堀川、堂島川、安治川)• 千早川• 佐備川• 近木川• 樫井川 兵庫県 [編集 ]• 六甲川• 淡路島• 樋戸野川• 千草川• 竹原川• 猪鼻川• 初尾川• 志筑川• 宝珠川• 生穂川• 楠本川• 鵜崎川• 茶間川• 大谷川• 野島川• 宝津川• 郡家川• 山田川• 都志川• 鳥飼川• 二級河川• 柿木谷川• 志知川• 新川 三原川水系• 馬乗捨川• 山路川• 牛内川• 成相川• 津井川 奈良県 [編集 ]• (黒滝川とも呼ばれる)• 象の小川• 高見川• 四郷川• (初瀬川とも呼ばれる)• (上流:生駒川、中流:平群川)• 上湯川• 芦廼瀬川• 神納川• 川原樋川• 池津川• 北股川• 小原川• 中原川 和歌山県 [編集 ]• (新宮川とも呼ばれる)• 大塔川• 中国地方 [編集 ] 鳥取県 [編集 ]• 法勝寺川• 印賀川• 河内川 鳥取県• 佐治川 千代川水系• 阿弥陀川 鳥取県• 加勢蛇川• 塩見川 鳥取県• も参照 島根県 [編集 ]• 井川川• 木戸川• 伯太川• 安田川• 吉田川• 頭無川• 山佐川• 田頼川• 朝酌川• 波多川• 三刀屋川• 久野川• 阿井川• 大馬木川• 三瓶川• 白上川• 津和野川• 福川川• 都治川• 八戸川• 出羽川• 砂井谷川• 作木川• 岡山県 [編集 ]• 小坂部川• 西川 高梁川水系• 加茂川 吉井川水系• 香々美川• 備中川• 馬洗川• 西城川• 美波羅川• 田総川• 上下川• 笹ヶ瀬川• 足守川• 広島県 [編集 ]• 神谷川• 御調川• (太田川分流、本川とも呼ばれる)• (旧太田川分流)• (太田川分流)• (太田川分流)• (京橋川分流)• 奥畑川• 三篠川• 根谷川• 南原川• 桐原川• 吉山川• 西宗川• 水内川• 滝山川• 大佐川• 柴木川• 椋梨川• 入野川• 古河川• 熊野川• 畑賀川• 渡ノ瀬川• 長瀬川• 生田川• 馬行谷川• 神野瀬川(神之瀬川ともよばれる)• 布野川• 馬洗川• 西城川• 三反川• 権現川• 大谷川• 片丘川• 坂木川• 永屋川• 大土川• 貴船川• 多冶比川• 砂田川• 瓜作川• 小原川 山口県 [編集 ]• 田部川• 日野川 山口県• 門前川• 生見川• 島地川• 引谷川• 仁保川• 甲山川• 伊佐川• 随光川• 杢路子川• 深川川• 明木川• 佐々並川• 蔵目喜川• 生雲川• 大井川• 深川川• 丸山川 山口県• 原中川 山口県• 宇谷川 四国地方 [編集 ] 徳島県 [編集 ]• 吉野川分流• 旧吉野川分流• 旧吉野川分流• 香川県 [編集 ]• 小豆島• 森庄川• 吉田川• 伝法川• 別当川• 片城川• 安田大川 愛媛県 [編集 ]• (伊予川とも呼ばれる)• 蒼杜川• 高知県 [編集 ]• 波介川• 甲原川• 甲殿川• 和食川• 赤野川• 夜須川• 香宗川• 山北川 九州地方 [編集 ] 福岡県 [編集 ]• (矢部川分流)• 塩塚川• 笹尾川• 八木山川• 彦山川• 中元寺川• 金辺川• 建花寺川• 穂波川• 泉河内川• 内住川• 馬敷川• 大分川• 山口川• 山田川• 清藤川• 千手川• 芥田川• 竹馬川• 城井川 佐賀県 [編集 ]• 祇園川• 福所江川• 廻里江川• 吉田川• 鹿島川• 早津江川(筑後川分流)• 休石川• 半田川• 伊岐佐川• 長崎県 [編集 ]• 一級河川• 半造川(本明川支流)• 二級河川• 熊本県 [編集 ]• 菜切川• 行末川• (白川分流)• 浜戸川• 健軍川• 藻器堀川• 木部川• 矢形川• 本山川• 秋津川• 御船川• 八勢川• (熊本県内では田の原川・杖立川と呼ばれる) 大分県 [編集 ]• (山国川分流)• 五十石川• 伊呂波川• 津房川• 恵良川• 向野川• 赤坂川• 三重川• 緒方川• 中津無礼川(奥畑川と総称してと呼ばれる)• 奥畑川(中津無礼川と総称してと呼ばれる)• 尾田川• 子猫川• 末広川• 大越川• 木立川• (番匠川分流)• 久留須川• (上流部は杖立川・・と呼ばれる)• 宮崎県 [編集 ]• を参照。 鹿児島県 [編集 ] 本土• 一級河川• 羽月川(川内川支流)• 二級河川• 山崎川(甲突川支流)• 花野川(甲突川支流)• 雑田川(甲突川支流)• 油須木川(甲突川支流)• 二級河川• 串良川• 米ノ津川 種子島• 西京川• 安納川• 湊川 鹿児島県西之表市現和• 浅川川• 川脇川• 大川田川• 早稲田川• 向井川• 阿嶽川• 大浦川 鹿児島県• 阿武鋤川• 島問川• 谷切川• 苦浜川• 阿高磯川• 大渡瀬川• 上石寺川• 甲女川 黒島• 中里川• 一五川• イノクチ川• 宮向川 屋久島• 湯川 屋久島• 大崎川 屋久島• 鈴川 屋久島• 二又川 屋久島• 鯛ノ川 屋久島• 小田汲川 屋久島• 中瀬川 屋久島• 竹女護川• 安房川• 荒川 屋久島• 北沢 屋久島• 南沢 屋久島• 船行川• 田代川 屋久島• 落ノ川• 女川 屋久島• 男川 屋久島• 城之川 屋久島• 宮之浦川• 白谷川 屋久島• 志戸子川• 一湊川• 吉田川 屋久島• 永田川 屋久島• 土面川• コスギダ沢• トガヨケ沢• トリゴエ沢• 尾の上沢• 下タカヨケ沢• 嶽之川• 瀬切川• 大川 屋久島• 栗生川 屋久島• 小楊子川• 黒味川• 中間川 屋久島 中之島• 宮川 中之島 奄美大島• 屋仁川• 佐仁川• 宮久田川• 嘉渡川• 秋名川• 芦花部川•

次の

ユーシン渓谷入口~玄倉川水難事故跡~丹沢湖ハイキング: 神奈川オヤジ歩き

玄 蔵川 水難 事故 ブログ

ちょっとどころじゃなく、 かなり飲み過ぎたらしい・・・。 胃がむかついて食欲も全然無い。 やっとの思いで起きてはみたものの、 再びダウン! おまけに下痢ときたもんで、 まったく最悪の状態です。 何とかお昼前頃には回復して、 川に出てカヌーで遊ぶ。 戻ってからおにぎりを一個食べるのが精一杯で・・・。 最後に西瓜割りをして、 皆で美味しくいただきました。 二日間とも良い天気で、 心配していた夕立も無く、 無事に終わったのがなによりです。 それじゃなくても、 ここの川は水難事故の絶えない所なので・・・。 皆さんも気をつけてくださいね~。 自然を甘く見ると、 手痛いしっぺ返しがありますよ~。 くれぐれも・・・。

次の

加藤朝香の現在は?玄倉川水難事故の生き残りのDQNなブログ内容を紹介!

玄 蔵川 水難 事故 ブログ

どうも、漫画アート芸術家の粕川です! 本日は制作実績の記事となります。 2019年7月に、いつもお世話になっているアマテラスチャンネル様からの発注で「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」という漫画を制作させていただきました。 「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」は、Amazon以外の場所でもダウンロードできる場所があるのですが、 2019年9月2日時点で2800ダウンロードを超えているようです。 さらに 「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」は、Amazon売れ筋ランキングで青年マンガ部門無料Top100において、7位にまで上がりました! 日を追うごとにランキングは下降していきましたが、 無料ダウンロードとはいえ有名作品「金田一少年の事件簿」より上位につけていたこともありました。 筆者は「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」を描くなかで、感じた学びがありました。 この記事では 「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」の元となった事件を紹介するとともに、漫画を制作するなかで感じた学びについて書いていきます。 スポンサードリンク 「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」を無料で読みたい人はこちらから 漫画「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」は、Amazonで無料ダウンロードすることで読めます。 ここでは漫画の雰囲気をお伝えするため、「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」の初めの2ページのみ掲載します。 「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」の打ち合わせをした後、筆者が漫画のネームを描き、ネーム内容を確認してもらいました。 その後、クリップスタジオペイントEX 漫画制作ソフト とペンタブを用いて、完全デジタルで漫画制作をしています。 編集の方が「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」に込めた思いは以下の記事に書かれているので、興味のある方は以下の画像か文字リンクをクリックしてご覧ください。 幼い子供をふくむ若い男女計13名が、自然の怖さを無視したために川に流されて亡くなりました。 DQN(ドキュン)とはインターネットで使われる俗語で、非常識かつ反抗的な人を意味します。 そんなDQNの人たちが、川流れにあった事件でした。 「河童の川流れ」ということわざが言葉の元になっているため「川流れ」とありますが、ダムや海などでの水難事故も該当します。 DQNの川流れの犠牲者になった人たちはDQNと呼ばれるだけあって、自業自得といわれても仕方ない対応をしています。 以下にDQNの川流れの概要を書いてみます。 スポンサードリンク DQNの川流れ(玄倉川水難事故)の概要 1999年8月13日、神奈川県にある会社「富士繋」で働くトラック運転手の一家とその関係者が、玄倉川でキャンプをしていました。 メンバーは6名の子供と、若い男女合わせて25名いました。 彼らは川の中州 なかす という危険な場所で、キャンプを始めてしまいます。 中州とは、川の上流から流れてきた堆積物がたまった場所のことで、川の水位が低い時は陸地にもなります。 しかし 天候が変化して川の水位が増せば、水没してしまう危険な場所なのです。 山奥の天気は変わりやすいので、いつ川が増水するか分かりません。 さらに事件当時、玄倉川の近辺は熱帯低気圧が近づいており、大雨洪水注意報が出ていました。 そんな危ない状況でもかまわず、DQNは中州でキャンプをしてしまったのです。 まもなく豪雨になり、玄倉ダムは放流予告の警報をならしました。 ダムが放流すれば川は増水します。 ダムの管理者は何度も退避するようDQNに言いましたが、若者たちは無視。 ダムが放流した後21時10分ころ、警察がやってきて若者たちに避難するように言いました。 しかし若者たちは警察に暴言をはき、警告に従いません。 このときDQNは「警察にそんなこと言われる筋合いはねえ」と文句を言っています。 メンバーのうち危険を感じた7名は現場から退避しましたが、18名は中州に残り続けました。 この時点で川の勢いは増し、水位も上がっていたので、中州から移動するのも危ない状況です。 メンバーの中には子供もいたので、避難するのは翌朝の方がよいと警察は判断しました。 18名は、そのままテントのなかで寝てしまいます。 翌14日の5時35分には雨の勢いがさらに増して、水位は大人のヒザ下あたりまで上がっていました。 前日に退避していたメンバーや警察が、18名に避難するよう警告しましたが誰も動きません。 この時点では中州から対岸まで陸続きになっていたので、なんとかなると思い警察は帰ってきます。 しかし 8時30分ころ、ついに中州は水没してしまいました! 大人の腰くらいの高さまで水位は上がっており、対岸までは80メートルも距離がありました。 テントも流されてしまい、18名はパラソルにつかまってなんとか水流をこらえている状態です。 まもなく救助隊がきましたが、暴風雨のため救助がうまくいきません。 また霧が濃く谷間の地形であるため、救助用ヘリコプターも出せない状況でした。 玄倉ダムは人命救助のため一時的に放流を止めました。 しかし大雨なのですぐ満水し、放流しなければ玄倉ダムが決壊する危険にさらされます。 このため5分後には、また放流を開始。 その後テレビカメラもやってきたので、18名の惨状は生放送でテレビ中継されることになりました。 救助隊が必死で救助活動をしているなか、18名のリーダーは驚きの暴言をはきます。 自分たちが原因でこの事件を起こしたにもかかわらず、「モタモタするな」「仕事なんだから早く助けろ」などと叫びました。 AM11時30分ころには、水位が大人でも胸の高さまで達します。 もはやパラソルも流され、18名は濁流をこらえるのが限界にきていました。 ついにテレビカメラが生中継するなか、18名は全員流されてしまいます! この瞬間1才の幼児を抱いていた伯父が、陸に向かって子供を放り投げています。 近くにいた人が川に飛びこんでくれたので、1歳の子供は助かりました。 18名が流された方向には、下流につながる崖のように高い堰堤 えんてい がありました。 ただでさえ暴風雨のなかで堰堤に落ちるというのは、滝つぼから流れ落ちるようなものです。 18名の内リーダーを含む5名は、岸辺に流れついて助かりました。 しかし、残り13名は堰堤から流れ落ちて亡くなってしまったのです。 この事件がきっかけで、 台風の強度を示す表記が変更されることになりました。 これまでは台風の強さを示す尺度として「弱い台風」という言葉がありました。 しかし「弱い」という表記は、台風の脅威を軽視させる危険があります。 そのためDQNの川流れ以降は、台風の強度を示す表記が「強い」や「非常に強い」に変わったのです。 DQNの川流れリーダーが言った驚きの暴言! DQNの川流れで助かったグループのリーダーは、驚きの暴言をはいています。 流された人の救助をしている救助隊に向かって、「テントを回収したら返してくれ」と場違いな発言をしているのです。 さらに地元の人が差し入れでくれたおにぎりを食べたリーダーは、「まずい!」といっておにぎりを地面にたたきつけたといいます。 反省の色がまったく見えないのです。 また、これだけの事件を起こしたら生還者は謝罪の会見をすることがあるもの。 しかしDQNのリーダーは、最後までなんの謝罪もありませんでした。 これら非常識な言動がテレビで放送されてしまったので、DQNのメンバーは大きな非難にさらされました。 世間の見方としてはDQNの川流れの被害者たちに同情しつつも、自業自得という意見が多数出ています。 DQNの川流れは、川に流されて13名が亡くなる悲惨な結末となりました。 しかし同じくらい、DQNのありえない言動が衝撃的な事件だったのです。 スポンサードリンク 2019年8月14日に起きた新・DQNの川流れ なんとDQNの川流れから20年経った2019年8月14日に、新・DQNの川流れと呼ばれる事件が起こっています! 新・DQNの川流れは、大分県玖珠町の大谷渓谷近くでおきました。 天候が悪いなか、中州でバーベキューをしていた18名の車が増水のために水没。 DQNの川流れと同じような状況になった18名は、消防署に救助連絡を入れました。 1999年のDQNの川流れから20年後の同じ日に、共通点が多い事件が起こったのです。 筆者は、何か意味深な感じのするニュースだと思いました。 DQNの川流れから学べること DQNの川流れから学べることがあります。 それは、 自然の脅威を甘く見てはいけないということです。 毎年夏になると、渓流付近でキャンプなどを楽しむ人たちがいるものです。 自然は美しい場所ですが、同時に怖さもあります。 山奥では、いつ天候が悪化するかわかりません。 キャンプを楽しみながらも、いざというときの安全対策はしておく必要があります。 たとえば中州ではキャンプをしないとか、天候が悪い時は山奥でのキャンプを避けるとか、人の忠告は素直に聞くとか。 DQNの川流れは、自然の怖さを思い知らせてくれる事件です。 DQNの川流れが起きてから20年が過ぎ、あの事件を知らなかったり、忘れてしまった方がいるかもしれません。 そんな方たちにDQNの川流れのような事件があったことを思い出してもらい、教訓にしてほしいとの思いから「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」が作られることになりました。 二度とDQNの川流れのような事件を起こさないためにも、自然のなかでキャンプなどをするときは、十分気をつけて行いましょう! DQNの川流れの概要を知って「DQNの川流れ~自然を侮るヤンキーたちの末路」を読みたくなった方は、以下のリンクをクリックしてAmzonから無料ダウンロードをしてください。 その後、自分の中で漫画とアートは一つとなり「漫画アート」の創作を始める。 2010年~2013年ころにFC2やSeesaa 無料ブログ でブログを書いていました。 2016年9月にワードプレスでブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。 漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。 これら全部ひっくるめて漫画アートです。 僕にとって生きること全体が漫画アート!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。 詳細なプロフィールページはただいま作成中。 漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。 1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!.

次の