行政書士行政法。 行政書士試験の行政法はどう勉強する?科目の特徴や対策法・条文暗記のコツを解説!

【行政書士】行政法おすすめテキストを紹介

行政書士行政法

目的 第1条 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。 業務 第1条の2 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。 以下同じ。 )を作成する場合における当該電磁的記録を含む。 以下この条及び次条において同じ。 )その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。 )を作成することを業とする。 2 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。 第1条の3 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。 ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。 前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法(平成5年法律第88号)第2条第3号に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。 次号において同じ。 )に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法(昭和24年法律第205号)第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。 )について代理すること。 前条の規定により行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること。 前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。 前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。 2 前項第2号に掲げる業務は、当該業務について日本行政書士会連合会がその会則で定めるところにより実施する研修の課程を修了した行政書士(以下「特定行政書士」という。 )に限り、行うことができる。 第1条の4 前2条の規定は、行政書士が他の行政書士又は行政書士法人(第13条の3に規定する行政書士法人をいう。 第8条第1項において同じ。 )の使用人として前2条に規定する業務に従事することを妨げない。 資格 第2条 次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。 行政書士試験に合格した者• 弁護士となる資格を有する者• 弁理士となる資格を有する者• 公認会計士となる資格を有する者• 税理士となる資格を有する者• 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人をいう。 以下同じ。 )又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第2項に規定する特定地方独立行政法人をいう。 以下同じ。 )の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第90条に規定する者にあつては17年以上)になる者 欠格事由 第2条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、前条の規定にかかわらず、行政書士となる資格を有しない。 未成年者• 成年被後見人又は被保佐人• 破産者で復権を得ないもの• 禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから3年を経過しないもの• 公務員(特定独立行政法人又は特定地方独立行政法人の役員又は職員を含む。 )で懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 第6条の5第1項の規定により登録の取消しの処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 第14条の規定により業務の禁止の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 懲戒処分により、弁護士会から除名され、公認会計士の登録の抹消の処分を受け、弁理士、税理士、司法書士若しくは土地家屋調査士の業務を禁止され、又は社会保険労務士の失格処分を受けた者で、これらの処分を受けた日から3年を経過しない者.

次の

行政法

行政書士行政法

行政書士試験における行政法の概要と特徴 「行政法」とはどんな法律なのでしょうか?そもそも 行政法とは行政と関わりの深い複数の法律を総称したものであり、行政法という1つの法律は存在しません。 行政法は大まかに3つに分類されますが、行政書士試験の出題範囲である行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法と関連性があります。 そのため 行政法を攻略することなくして行政書士試験合格はありえません。 行政書士試験では行政法は捨てられない科目 行政書士試験は300点満点の試験です。 そのうち行政法の範囲は、 5肢択一式問題で76点分、多肢選択式で16点分、記述式問題から20点分の合計112点となっています。 行政書士試験は法令科目と一般知識科目の2つに大きく分けることができますが、法令科目の配点はこのうち244点です。 苦手な人が多いのは範囲の広さ 行政法が苦手な人が多い理由として範囲が広いことがあります。 出題範囲の法令は、行政法の一般的な法理論・行政手続法・行政不服審査法・行政事件訴訟法・国家賠償法・地方自治法とかなり広範囲にわたるうえに、それぞれ突っ込んだ設問が多いため万遍なく対策する必要があります。 それゆえに 行政法を苦手としている人も多いのです。 しかし 行政法の内容自体が難しいわけではなく、出題パターンを掴むことができれば得点しやすくなります。 行政法の問題傾向 行政法の範囲には 明確な問題形式の傾向があります。 すなわち 出題されるようなポイントや問われやすい法令というものが決まっています。 ここでは行政法ではどのような形式で出題されやすいのか、問題の傾向を中心に確認していきたいと思います。 難問は出題されない 行政法の特徴として• 範囲が広い• こまかいところが出題される• 難問が出題されない などがあげられます。 実際の試験では行政法の出題範囲とされる法令が非常に多いため、逆に応用力を試すような問題は少なく 「覚えている法令と照らしあわせて合っているか、合っていないか」のみで判断できるような問題がほとんどです。 細かな知識は数字が多い 行政法で「こまかいところが出題される」とあるなかでも、やはり 問題にされやすいところは決まっており、主に「数字(期間や期日など)」「例外」「推定事項」「他の条文と似ている条文」などがあります。 したがって 条文や法令を覚えるときはこれらのポイントに注意したうえで覚えるべきです。 判例問題は穴埋め 判例問題は基本的に穴埋め形式で出題されます。 判例をそのまま覚えようとしても、長い文章のうえに判例の数も結構あるので、 すべての判例を一字一句覚えるのは大変です。 そのため、 過去問に出てきた判例や法律上インパクトが大きかった判例を中心に覚えることが良い方法です。 判例をまるごと暗記するというより、結論に至るまでの過程を体系的に結びつけながら頭に入れていくと、理解が深まって記憶にも残りやすくなります。 行政法の対策の基本 行政法の勉強は範囲が広いため、対策として 効率良く勉強することが求められます。 覚えることが多くて大変だと感じるかも知れませんが、 勉強のコツさえ習得しまえば大幅な点数アップが期待できます。 重要なのは条文の理解 行政書士試験の行政法の問題を解くうえで最も必要となるのは 「重要な条文・判例を暗記していること」 だということです。 かといって、条文や判例を ただやみくもに丸暗記しても意味がありません。 「公物」「訓令・通達」「行政指導」「羈束行為」など、 わからない言葉に対しては調べて、その都度意味を理解してから覚えることが必要です。 過去問の周回で条文を覚える 条文の覚え方はひとそれぞれあるものの、 最初は簡単なテキストを何度も読み返して条文の内容を(ときどきわかならい語彙は調べつつ)理解したうえで覚えていくことがおすすめです。 そのうえで、 過去問に取り組み、 暗記した条文の知識をもとに条文・判例と問題を照らし合わせて正誤判定を行っていくのが大変効率が良いです。 さらに、テキストの後すぐに過去問を行えば、自分がまだ覚えきれていない条文(抜けや漏れ)を見つけたり、本番での聞かれ方に慣れたりすることができるため、学習効率が良くなります。 記述も条文で攻略 記述試験については、 登場人物が多く慣れるまでは時間がかかりますので、下記のように ステップを踏んで問題を解くことがおすすめです。 まず問題となっている 事柄と人物関係を整理する。 問題のケースに当てはまる 条例や判例が何かを考える。 当てはまる 条例や判例からどのような結論が導き出されるかを考える。 行政法のおすすめ学習ポイント ここでは、 行政法を勉強するときに意識したいポイントを中心に確認していきたいと思います。 暗記プラス理解が大事 行政法では知っていれば解ける問題が多く 暗記することがとても重要です。 暗記といっても用語だけを単に覚えるのではなく、それぞれの用語の意味を理解することが大切です。 問題を解く 行政法では、テキストや六法などで条文や判例を学習することが大事ですが、 問題演習を積極的に取り入れることも大切です。 問題を解くことで、自分がどれくらい暗記や理解できているかを確認できます。 また 過去問を繰り返し解くことが大切です。 行政法では、単純知識を問うだけではなく、独特の表現や言い回しや引っ掛けのような問題もあります。 出題傾向を知るためにも過去問は最低10年分を目安に行うと良いでしょう。 試験での時間配分 行政書士試験は3時間で、見直しを含めて時間内に全ての問題を解き終わらなければなりません。 時間切れにならないように 科目ごとにかかる時間を考慮して計画的に対策をする必要があります。 行政法の場合、比較的、他の科目よりも時間がかからないので、1つ1つの問題にかける時間が少なく済みます。 日頃の勉強では問題文から論点をおさえる習慣をつけて、正確性とスピードを意識しておくと良いでしょう。 模試を受けるのも良いです。 試験のペース配分が参考になったり、今の自分の勉強が正しい方向に進んでいるかを客観的に確認することができます。 本番の雰囲気を味わうためにも会場受験をおすすめします。 行政法の出題形式別の勉強法 ここでは 出題形式ごとの勉強のポイントについて詳しくみていきます。 択一問題 択一式問題では 暗記力が得点力に直結するので、まずは 用語の意味を覚えることが大切になってきます。 といっても単に暗記すれば良いというわけではなく、それぞれの条文について 「他の条文とどういう点が共通していて、どの部分が違うのか」といった相違点を意識しながら覚えるのが効果的です。 暗記がメインであり、ひねった問題はほとんど出題されないので、シンプルに時間をかければかけるほど点数が伸びる問題であるといえます。 多肢選択問題 行政書士試験の多肢選択問題では「長文の一部が虫食いのように空欄になっており、4つの空欄に入る適切な言葉を20個の用意されている選択肢から選ぶ」という試験になっています。 行政法の多肢選択問題は判例を元に出題されるので、 基本的には重要判例を覚えてしまえば回答できます。 ただし、覚える際は判例の結論よりも 「なぜそのような結論に至ったのか」という過程を重視して覚えるのが良く、このように覚えることで記憶定着率も高まります。 選択肢がわからなくなったとき もし試験本番中にわからなくなったら、とりあえず それっぽい選択肢を実際に入れてみて、矛盾なく文章が続くかどうかを見るという力技もできなくはありません。 ただし、この方法は時間がかかるので、 一通り問題を解き終わった後の見直しのタイミングなど、時間に余裕がある時にやるのがおすすめです。 記述式問題 記述式問題では40文字前後にまとめて解答します。 注意したいのが自由な作文ではなく 「問われていることに的確に答えられているか」ということがポイントになります。 まずは問題をしっかり読みましょう。 問題文にヒントが隠されていることもあります。 次に登場人物、条文や判例に当てはまる事柄があるかどうか整理してみましょう。 そして問題用紙の余白などに情報となるキーワードを書き出し、最後に文章まとめるようにします。 いきなり文章で書こうとするとハードルが高くても、 順を追って整理すれば答えやすくなり、部分点も狙いにいけます。 本書では抽象的な行政法を具体的な例に基づいて分かりやすく解説してくれているので、 行政法を体系的に学ぶことが出来るうえに、試験合格に必要な 重要論点も的確に把握することができます。 また、文章も非常に読みやすいので、初学者の方でも抵抗なく読み進めることが出来るでしょう。 現状行政法に苦手意識を持っている方でも、 きっと行政法の面白さに気づくはずです。 勉強法そのものを学びたい方は そもそもどうやって勉強したら良いか分からない!という方も少なくありません。 実際、 法律の学習は初学者にはなかなか難しいです。 そんな方におすすめなのが、 大手資格学校が指導している勉強法そのものを学ぶことです。 資格学校のクレアールでは、 ベテラン講師の執筆した行政書士試験の攻略本「非常識合格法」を無料プレゼントしています。 具体的にどのように学習を進めていけば良いのかや、合格のために押さえておくべきポイントなど、 行政書士試験に合格するためのノウハウが凝縮された一冊となっています。 無料プレゼントは先着100名様限定なので、この機会を逃さず手に入れておきましょう!.

次の

e

行政書士行政法

目的 第1条 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。 業務 第1条の2 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。 以下同じ。 )を作成する場合における当該電磁的記録を含む。 以下この条及び次条において同じ。 )その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。 )を作成することを業とする。 2 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。 第1条の3 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。 ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。 前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法(平成5年法律第88号)第2条第3号に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。 次号において同じ。 )に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法(昭和24年法律第205号)第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。 )について代理すること。 前条の規定により行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること。 前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。 前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。 2 前項第2号に掲げる業務は、当該業務について日本行政書士会連合会がその会則で定めるところにより実施する研修の課程を修了した行政書士(以下「特定行政書士」という。 )に限り、行うことができる。 第1条の4 前2条の規定は、行政書士が他の行政書士又は行政書士法人(第13条の3に規定する行政書士法人をいう。 第8条第1項において同じ。 )の使用人として前2条に規定する業務に従事することを妨げない。 資格 第2条 次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。 行政書士試験に合格した者• 弁護士となる資格を有する者• 弁理士となる資格を有する者• 公認会計士となる資格を有する者• 税理士となる資格を有する者• 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人をいう。 以下同じ。 )又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第2項に規定する特定地方独立行政法人をいう。 以下同じ。 )の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第90条に規定する者にあつては17年以上)になる者 欠格事由 第2条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、前条の規定にかかわらず、行政書士となる資格を有しない。 未成年者• 成年被後見人又は被保佐人• 破産者で復権を得ないもの• 禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつてから3年を経過しないもの• 公務員(特定独立行政法人又は特定地方独立行政法人の役員又は職員を含む。 )で懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 第6条の5第1項の規定により登録の取消しの処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 第14条の規定により業務の禁止の処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者• 懲戒処分により、弁護士会から除名され、公認会計士の登録の抹消の処分を受け、弁理士、税理士、司法書士若しくは土地家屋調査士の業務を禁止され、又は社会保険労務士の失格処分を受けた者で、これらの処分を受けた日から3年を経過しない者.

次の