海老蔵再婚相手。 市川海老蔵の再婚相手に米倉涼子の可能性?実家で密会の現実味!

海老蔵 再婚相手麻耶ではない⁉米倉涼子、社長令嬢と結婚急展開⁉

海老蔵再婚相手

スポンサーリンク Sponsored Link 小林麻耶(こばやし まや)さん(37歳)が、市川海老蔵(いちかわ えびぞう)さん(3 9歳)の事が、実は昔から好きだったからいずれ再婚する相手かもしれないと現在、SNSで囁かれているのを、皆さん知っていますか!? まだ、小林麻央さんのト報から間もないので、この様なお話が広まるのはちょっと不謹慎です が、今のやるせない気持ち、一生懸命に妻や子供たちを支え守ってきた姿を、誰よりも身近にいて知っているのは・・・姉の小林麻耶さんなのではないのか!? っとの声がネットやSNSであがっているのです。 そう言われると、自分も、不謹慎ながら、なるほど~っと感じました。 たしかに、今後、海老蔵さんほどの大きな器や浮気グセ(笑)を持った方を、彼女として支え ていける女性はいるかもしれないけど、『 結婚』してまで、一生を支えていける女性は、そう そういないんじゃないかなと、皆さんも思いませんか? 小林麻耶さんが海老蔵さんを好きだった理由、彼女と結婚してほしい細かな理由、2017年内に再 婚相手となるのか、検証していきたいと思いますので、皆さん、最後までお付き合いをよろし くお願いします^^ 目次• 小林麻耶が海老蔵の再婚相手かもとは!?大きな理由に国民の多くが2017年内に子供たちの為に彼女を作って結婚してほしい声が! 小林麻耶さんと海老蔵さんが再婚してほしい相手として、また、ふさわしいとして大きな理由 を私達、国民の多くの人が、2017年現在、思っているから証拠にSNSやインターネットで 囁かれています! そうです、皆さんもすぐに思い浮かぶと思いますが、子供たちの、これからの子育てや将来 の為に、小林麻耶さんが海老蔵さんの彼女になって早く結婚して欲しい!という、大きな理由ですね。 海老蔵さんに、子供たちがいなかったら、早く彼女を作って、また再婚して欲しいという声も あまりあがらなかったと思いますが、海老蔵さんの最近のブログ記事はちょっと元気がなく、 『心の中がぽっかり穴があいたようだ・・・』っと、何だかやるせない気持ちをコメントして います。 3時間スペシャル 最強女子アナ春の乱 話題のイケメン美女祭』 日本テレビ系 に出演し、歌舞伎俳優の市川海老蔵 38 にフラれていたことを明かした。 麻耶は歌舞伎が大好きで、妹の小林麻央 33 が海老蔵と結婚する前から彼のファンだったとのこと。 海老蔵が麻央と結婚すると聞いたときも、「やったー」と喜んだという。 その後、共通の知り合いを交えた食事会が行われ、「もし麻央ちゃんと出会う前に麻耶ちゃんと出会っていたら?」という話題になったときに、海老蔵は「麻耶ちゃんはダメだわ。 テンションが高すぎる」と、キッパリお断りしたそうだ。 引用元:Mobile Media Production っと、小林麻耶さんは、昔からなんと海老蔵さんが大好きで大ファンでいた事を、テレビ番組 で暴露されていて、それを聞いた海老蔵さんも冗談まじりに、『小林麻耶ちゃんとの結婚はな いよー』っと言っています。 2017年も現在は7月ですし、今年も残り6ヶ月もありませんので、自分の予想としては、 2017年内までに、海老蔵さんがスピード再婚は、世間体もいつもあるだろうし、現在は心 身ともに疲労しきっているので、バタバタするとは思えませんね。

次の

海老蔵と麻耶の再婚・霊視ではどう見えたのか?

海老蔵再婚相手

米倉涼子(よねくらりょうこ)さんといえば、今、日本で最も視聴率が取れる女優と言えるかもしれません。 2012年からスタートし、米倉涼子さんが主演したテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、高視聴率を獲得し人気を博したことから、米倉涼子さんの人気もまた爆発しました。 そんな米倉涼子さんが新たに挑む主演ドラマが、2018年10月11日木曜21時から始まる『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(たかなししょうこ)~』です。 このドラマの初回放送直前ということもあり、大変注目を浴びている米倉涼子さんですが、 再婚相手としてTBS・安住紳一郎(あずみしんいちろう)アナウンサーと歌舞伎俳優・市川海老蔵(いちかわえびぞう)さんが浮上しています。 そこで、 この記事では米倉涼子さんの再婚相手が安住紳一郎アナと市川海老蔵さんと噂されている理由をご紹介すると共に、米倉涼子さんと元夫の離婚原因についてもご紹介します。 この番組で米倉涼子さんと安住紳一郎アナが食事に行ったり、ショッピングしている姿はとても仲睦まじく、実にお似合いなんです。 米倉涼子さんは1975年8月1日生まれの43歳、安住紳一郎アナは1973年8月3日生まれの45歳ですから、年齢的にもお似合いですよね。 視聴者の多くも同じことを考えているらしく、 ネット上では「恋人みたい」「付き合ってほしい」といった声が数多く上がっています。 ついには、2017年1月19日付けの東スポ(東京スポーツ)に「米倉涼子の恋人候補にTBS安住アナ浮上」と一面にスクープされました。 東スポでは、米倉涼子さんの恋人候補に安住紳一郎アナが浮上した理由として、次のような点を挙げています。 ・ TBSドラマにはほとんど出演していないにもかかわらず、米倉涼子さんほどの人気女優が『ぴったんこカン・カン』に頻繁に出演している。 ・米倉涼子さんの母親が安住紳一郎アナの大ファンであることから、米倉涼子さんにとって、安住紳一郎アナと共演することは親孝行になる。 ・安住紳一郎アナは、もともと米倉涼子さんのファンである。 ・ 最近では、米倉涼子さんへの出演依頼を安住紳一郎アナ自らがしている。 更に2012年8月24日放送の『ぴったんこカン・カン』では、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』のニューヨーク公演中の米倉涼子さんを安住紳一郎アナがサプライズ訪問したり、2018年9月7日放送回では、2人でスペインへ行ったりするなど海外ロケを敢行して、安定した仲の良さを見せつけています。 しかし、スペインロケにおいて、米倉涼子さんが安住紳一郎アナの電話番号を知っているものの、1回しか電話したことがないことを告白すると、その電話は「今、西麻布で餃子食べてるけど食べませんか」という会話だったことを安住紳一郎アナが明かしています。 これが事実だとすれば、米倉涼子さんと安住紳一郎アナが付き合っている可能性は極めて低いと思われます。 ただ、米倉涼子さんと安住紳一郎アナはとてもお似合いであることは事実なので、今後どうなるかは誰にもわかりませんし、再婚する可能性もあるのではないでしょうか。 2003年放送のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で主演した市川海老蔵(当時は市川新之助(いちかわしんのすけ))さんと米倉涼子さんは、恋人役で共演したことをきっかけに交際を始め、結婚するのではないかとまで言われていました。 しかし、理由はわかりませんが2005年末に破局しています。 その後、市川海老蔵さんは、2010年1月にフリーアナウンサーの小林麻央(こばやしまお)さんと結婚し、米倉涼子さんは2014年12月に一般人男性と結婚しています。 ただ、その後も2人は良い関係を続けていたらしく、市川海老蔵さんの父・市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)さんが2013年に亡くなった際には、米倉涼子さんは葬儀に出席しています。 ちなみに、市川海老蔵さんは1977年12月6日生まれの40歳で今年の12月で41歳になりますから、米倉涼子さんの2歳年下になります。 それから1年3か月が経過していますが、市川海老蔵さんには複数の再婚相手が浮上し、噂されています。 これまで、市川海老蔵さんの再婚相手として、妻・小林麻央さんの姉・小林麻耶(こばやしまや)さんや歌舞伎関連会社の社長令嬢などが噂されています。 しかし、小林麻耶さんは今年2018年7月に4歳年下の男性と結婚したことを自身のブログで公表していることから、市川海老蔵さんの再婚相手からは外れました。 このように市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんの死後、1年3か月が経過した時点で、市川海老蔵さんの再婚相手の噂が浮上しています。 人によって感じ方は違うと思いますが、妻・小林麻央さんが亡くなってわずかの期間しか経っていないのに、再婚相手の話が出ていることに疑問を持っている人もいるかもしれませんが、これには理由があります。 実は 歌舞伎俳優である市川海老蔵さんには、13代目市川團十郎襲名と2020年の東京オリンピック開会式という大イベントが控えているのです。 歌舞伎俳優がこれらのイベントを成功させるには、妻の存在が必要不可欠とされていることから、市川海老蔵さんの再婚相手に注目が集まっているのです。 そして今、再婚相手として米倉涼子さんの名も上がっています。 米倉涼子さんが市川海老蔵さんの再婚相手候補の1人と噂されているのは、どういう理由からでしょうか。 一部の報道では、米倉涼子さんと市川海老蔵さん一家は現在、同じマンションに住んでいるのではないかと報じられていることから、米倉涼子さんが市川海老蔵さんの再婚相手候補として浮上したようです。 この報道が事実であれば、米倉涼子さんと市川海老蔵さんが再婚する可能性は十分にあるのではないでしょうか。 スポンサーリンク 2.米倉涼子と元夫の離婚原因は? 米倉涼子さんは1度結婚していますが、わずか2年で離婚しています。 お付き合いしていた期間がけっこう長く、米倉涼子さんは夫を本気で愛していたようです。 では、米倉涼子さんは、どうして離婚してしまったのでしょうか。 ここでは、米倉涼子さんが結婚した際の夫との馴れ初めと離婚原因についてご紹介します。 (1)米倉涼子が結婚、夫との馴れ初めは? 米倉涼子さんは2014年12月26日、2歳年下の会社経営者の男性と入籍したことを発表しました。 この電撃結婚は、前日の12月25日に『週刊文春』によって同棲していることをスクープされたことをきっかけに決断したのではないかと思われます。 米倉涼子さんには子供がほしいという思いがあったようですが、結局子供は授からなかったようです。 米倉涼子さんの夫は元リクルートの社員で、入社5年目にして「ホットペッパー」の編集長に抜擢されたほど優秀な方で、2012年に退社・起業して、成功を収めています。 しかも、長身でイケメンという米倉涼子さん好みの男性だったのです。 米倉涼子さんが結婚した夫の名前は、太田靖宏さんという方です。 しかし、この結婚はわずか3か月で破綻し、別居状態にあったようです。 そもそも、米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんが出会ったのは2011年の冬頃で、米倉涼子さんの行きつけのバーで知り合い、交際に発展しました。 どちらが交際に積極的だったかはわかりませんが、米倉涼子さんから積極的にアプローチしたという噂もあります。 この2人の熱愛は、2012年8月、2013年12月に写真週刊誌『フライデー』などで報じられ、結婚秒読みではないかと騒がれたものでした。 (2)米倉涼子と元夫の離婚原因は? 米倉涼子さんが所属事務所のオスカープロモーションを通じて、夫・太田靖宏さんと離婚したことを発表したのは、2016年12月30日のことでした。 米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんの結婚生活はわずか3か月で破綻し、別居して以来、離婚協議が続けられていました。 米倉涼子夫妻が同居していたのは、わずか1日だったという報道もあります。 結婚直後から離婚協議が始まったにもかかわらず、約2年近く、離婚協議がまとまらなかったことになりますが、これには理由があります。 夫・太田靖宏さんがなかなか離婚を承諾しなかったためです。 米倉涼子さんは、夫・太田靖宏さんの会社に資金援助をしていただけでなく、夫の仕事の接待に同行することもあったと言います。 つまり、夫・太田靖宏さんは、会社の経営に米倉涼子さんの知名度を利用していたようなんです。 そのため、米倉涼子さんとの離婚には応じられないと主張していたようです。 米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんの離婚原因には、もっと深刻な問題がありました。 それは、米倉涼子さんに対する夫・太田靖宏さんによるモラハラとDVです。 モラハラとはモラルハラスメントの略で、モラル(倫理・道徳)に反した嫌がらせ(ハラスメント)のことで、言葉による暴力によって、相手を追い詰める行為です。 DVはドメスティックバイオレンスの略で、「家庭内暴力」のことです。 夫による米倉涼子さんへのモラハラは洗脳とも言えるもので、米倉涼子さんのすべてを否定する言葉を浴びせるというひどいものだったようです。 このモラハラは、結婚する前からあったようですが、夫のことを愛していた米倉涼子さんは、 「結婚して、良い奥さんになれば変わってくれるかもしれない」 というかすかな希望を抱いて結婚を決断したようですが、結局はわずか3か月で破綻し、離婚協議の末2年で離婚することになりました。 3.まとめ この記事では、米倉涼子さんの再婚相手が安住紳一郎アナと市川海老蔵さんと噂されている理由をご紹介すると共に、米倉涼子さんと元夫の離婚原因についてもご紹介してきました。 米倉涼子さんは、これからも女優として活躍していくと思われますが、安住紳一郎アナと再婚すれば、女優業を続けられると思います。 一方、市川海老蔵さんと再婚した場合は、米倉涼子さんは梨園(歌舞伎俳優の社会)の妻として、市川海老蔵さんを支えていかなければならないので、女優を続けていくのは難しいと思われます。 そもそも人気絶頂の米倉涼子さんが再婚するのかどうかもわかりませんが、もし再婚するとしたら、米倉涼子さんにとって、幸せと思える方と再婚してほしいと思います。 安住紳一郎アナも市川海老蔵さんもテレビや舞台で見るかぎり、とても素敵な方だと思います。 米倉涼子さんの今後更なるご活躍を期待しています。

次の

米倉涼子の再婚相手は安住紳一郎?市川海老蔵?元夫との離婚原因は?

海老蔵再婚相手

米倉涼子(よねくらりょうこ)さんといえば、今、日本で最も視聴率が取れる女優と言えるかもしれません。 2012年からスタートし、米倉涼子さんが主演したテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、高視聴率を獲得し人気を博したことから、米倉涼子さんの人気もまた爆発しました。 そんな米倉涼子さんが新たに挑む主演ドラマが、2018年10月11日木曜21時から始まる『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(たかなししょうこ)~』です。 このドラマの初回放送直前ということもあり、大変注目を浴びている米倉涼子さんですが、 再婚相手としてTBS・安住紳一郎(あずみしんいちろう)アナウンサーと歌舞伎俳優・市川海老蔵(いちかわえびぞう)さんが浮上しています。 そこで、 この記事では米倉涼子さんの再婚相手が安住紳一郎アナと市川海老蔵さんと噂されている理由をご紹介すると共に、米倉涼子さんと元夫の離婚原因についてもご紹介します。 この番組で米倉涼子さんと安住紳一郎アナが食事に行ったり、ショッピングしている姿はとても仲睦まじく、実にお似合いなんです。 米倉涼子さんは1975年8月1日生まれの43歳、安住紳一郎アナは1973年8月3日生まれの45歳ですから、年齢的にもお似合いですよね。 視聴者の多くも同じことを考えているらしく、 ネット上では「恋人みたい」「付き合ってほしい」といった声が数多く上がっています。 ついには、2017年1月19日付けの東スポ(東京スポーツ)に「米倉涼子の恋人候補にTBS安住アナ浮上」と一面にスクープされました。 東スポでは、米倉涼子さんの恋人候補に安住紳一郎アナが浮上した理由として、次のような点を挙げています。 ・ TBSドラマにはほとんど出演していないにもかかわらず、米倉涼子さんほどの人気女優が『ぴったんこカン・カン』に頻繁に出演している。 ・米倉涼子さんの母親が安住紳一郎アナの大ファンであることから、米倉涼子さんにとって、安住紳一郎アナと共演することは親孝行になる。 ・安住紳一郎アナは、もともと米倉涼子さんのファンである。 ・ 最近では、米倉涼子さんへの出演依頼を安住紳一郎アナ自らがしている。 更に2012年8月24日放送の『ぴったんこカン・カン』では、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』のニューヨーク公演中の米倉涼子さんを安住紳一郎アナがサプライズ訪問したり、2018年9月7日放送回では、2人でスペインへ行ったりするなど海外ロケを敢行して、安定した仲の良さを見せつけています。 しかし、スペインロケにおいて、米倉涼子さんが安住紳一郎アナの電話番号を知っているものの、1回しか電話したことがないことを告白すると、その電話は「今、西麻布で餃子食べてるけど食べませんか」という会話だったことを安住紳一郎アナが明かしています。 これが事実だとすれば、米倉涼子さんと安住紳一郎アナが付き合っている可能性は極めて低いと思われます。 ただ、米倉涼子さんと安住紳一郎アナはとてもお似合いであることは事実なので、今後どうなるかは誰にもわかりませんし、再婚する可能性もあるのではないでしょうか。 2003年放送のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で主演した市川海老蔵(当時は市川新之助(いちかわしんのすけ))さんと米倉涼子さんは、恋人役で共演したことをきっかけに交際を始め、結婚するのではないかとまで言われていました。 しかし、理由はわかりませんが2005年末に破局しています。 その後、市川海老蔵さんは、2010年1月にフリーアナウンサーの小林麻央(こばやしまお)さんと結婚し、米倉涼子さんは2014年12月に一般人男性と結婚しています。 ただ、その後も2人は良い関係を続けていたらしく、市川海老蔵さんの父・市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)さんが2013年に亡くなった際には、米倉涼子さんは葬儀に出席しています。 ちなみに、市川海老蔵さんは1977年12月6日生まれの40歳で今年の12月で41歳になりますから、米倉涼子さんの2歳年下になります。 それから1年3か月が経過していますが、市川海老蔵さんには複数の再婚相手が浮上し、噂されています。 これまで、市川海老蔵さんの再婚相手として、妻・小林麻央さんの姉・小林麻耶(こばやしまや)さんや歌舞伎関連会社の社長令嬢などが噂されています。 しかし、小林麻耶さんは今年2018年7月に4歳年下の男性と結婚したことを自身のブログで公表していることから、市川海老蔵さんの再婚相手からは外れました。 このように市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんの死後、1年3か月が経過した時点で、市川海老蔵さんの再婚相手の噂が浮上しています。 人によって感じ方は違うと思いますが、妻・小林麻央さんが亡くなってわずかの期間しか経っていないのに、再婚相手の話が出ていることに疑問を持っている人もいるかもしれませんが、これには理由があります。 実は 歌舞伎俳優である市川海老蔵さんには、13代目市川團十郎襲名と2020年の東京オリンピック開会式という大イベントが控えているのです。 歌舞伎俳優がこれらのイベントを成功させるには、妻の存在が必要不可欠とされていることから、市川海老蔵さんの再婚相手に注目が集まっているのです。 そして今、再婚相手として米倉涼子さんの名も上がっています。 米倉涼子さんが市川海老蔵さんの再婚相手候補の1人と噂されているのは、どういう理由からでしょうか。 一部の報道では、米倉涼子さんと市川海老蔵さん一家は現在、同じマンションに住んでいるのではないかと報じられていることから、米倉涼子さんが市川海老蔵さんの再婚相手候補として浮上したようです。 この報道が事実であれば、米倉涼子さんと市川海老蔵さんが再婚する可能性は十分にあるのではないでしょうか。 スポンサーリンク 2.米倉涼子と元夫の離婚原因は? 米倉涼子さんは1度結婚していますが、わずか2年で離婚しています。 お付き合いしていた期間がけっこう長く、米倉涼子さんは夫を本気で愛していたようです。 では、米倉涼子さんは、どうして離婚してしまったのでしょうか。 ここでは、米倉涼子さんが結婚した際の夫との馴れ初めと離婚原因についてご紹介します。 (1)米倉涼子が結婚、夫との馴れ初めは? 米倉涼子さんは2014年12月26日、2歳年下の会社経営者の男性と入籍したことを発表しました。 この電撃結婚は、前日の12月25日に『週刊文春』によって同棲していることをスクープされたことをきっかけに決断したのではないかと思われます。 米倉涼子さんには子供がほしいという思いがあったようですが、結局子供は授からなかったようです。 米倉涼子さんの夫は元リクルートの社員で、入社5年目にして「ホットペッパー」の編集長に抜擢されたほど優秀な方で、2012年に退社・起業して、成功を収めています。 しかも、長身でイケメンという米倉涼子さん好みの男性だったのです。 米倉涼子さんが結婚した夫の名前は、太田靖宏さんという方です。 しかし、この結婚はわずか3か月で破綻し、別居状態にあったようです。 そもそも、米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんが出会ったのは2011年の冬頃で、米倉涼子さんの行きつけのバーで知り合い、交際に発展しました。 どちらが交際に積極的だったかはわかりませんが、米倉涼子さんから積極的にアプローチしたという噂もあります。 この2人の熱愛は、2012年8月、2013年12月に写真週刊誌『フライデー』などで報じられ、結婚秒読みではないかと騒がれたものでした。 (2)米倉涼子と元夫の離婚原因は? 米倉涼子さんが所属事務所のオスカープロモーションを通じて、夫・太田靖宏さんと離婚したことを発表したのは、2016年12月30日のことでした。 米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんの結婚生活はわずか3か月で破綻し、別居して以来、離婚協議が続けられていました。 米倉涼子夫妻が同居していたのは、わずか1日だったという報道もあります。 結婚直後から離婚協議が始まったにもかかわらず、約2年近く、離婚協議がまとまらなかったことになりますが、これには理由があります。 夫・太田靖宏さんがなかなか離婚を承諾しなかったためです。 米倉涼子さんは、夫・太田靖宏さんの会社に資金援助をしていただけでなく、夫の仕事の接待に同行することもあったと言います。 つまり、夫・太田靖宏さんは、会社の経営に米倉涼子さんの知名度を利用していたようなんです。 そのため、米倉涼子さんとの離婚には応じられないと主張していたようです。 米倉涼子さんと夫・太田靖宏さんの離婚原因には、もっと深刻な問題がありました。 それは、米倉涼子さんに対する夫・太田靖宏さんによるモラハラとDVです。 モラハラとはモラルハラスメントの略で、モラル(倫理・道徳)に反した嫌がらせ(ハラスメント)のことで、言葉による暴力によって、相手を追い詰める行為です。 DVはドメスティックバイオレンスの略で、「家庭内暴力」のことです。 夫による米倉涼子さんへのモラハラは洗脳とも言えるもので、米倉涼子さんのすべてを否定する言葉を浴びせるというひどいものだったようです。 このモラハラは、結婚する前からあったようですが、夫のことを愛していた米倉涼子さんは、 「結婚して、良い奥さんになれば変わってくれるかもしれない」 というかすかな希望を抱いて結婚を決断したようですが、結局はわずか3か月で破綻し、離婚協議の末2年で離婚することになりました。 3.まとめ この記事では、米倉涼子さんの再婚相手が安住紳一郎アナと市川海老蔵さんと噂されている理由をご紹介すると共に、米倉涼子さんと元夫の離婚原因についてもご紹介してきました。 米倉涼子さんは、これからも女優として活躍していくと思われますが、安住紳一郎アナと再婚すれば、女優業を続けられると思います。 一方、市川海老蔵さんと再婚した場合は、米倉涼子さんは梨園(歌舞伎俳優の社会)の妻として、市川海老蔵さんを支えていかなければならないので、女優を続けていくのは難しいと思われます。 そもそも人気絶頂の米倉涼子さんが再婚するのかどうかもわかりませんが、もし再婚するとしたら、米倉涼子さんにとって、幸せと思える方と再婚してほしいと思います。 安住紳一郎アナも市川海老蔵さんもテレビや舞台で見るかぎり、とても素敵な方だと思います。 米倉涼子さんの今後更なるご活躍を期待しています。

次の