あべの ま くす。 あべのnini店

ふりそでMODE

あべの ま くす

新型コロナウイルスの感染拡大に対する当社の対応について 平素より、カラオケマックをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 この度の新型コロナウイルスに対する対応として、弊社におきましては、お客様および従業員の健康と 安全を第一に考え、衛生管理及び店舗オペレーションを以下の通り実施しておりますのでお知らせいたします。 お客様および従業員の健康と安全を考慮し、マスク着用での応対をさせていただく場合がございます。 全店舗従業員に対しまして、家族等に新型コロナウイルス感染者がいないことを確認すると共に出勤時に 健康チェックを実施した上で勤務を許可しております。 又、手洗い・うがいを徹底し励行したうえで、 業務を行っております。 客室内のマイク、デンモク、テ-ブル、ソファ-、ドアノブ等につきましては、 アルコ-ル除菌を行っております。 ご来店のお客様に対しては、アルコール消毒液をご用意させていただいております。 カラオケマック店舗では、お客様に安心して過ごしていただける環境づくりに努めて参りますので、 ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 新型コロナウイルスに伴う営業時間変更に関して この度の新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、一部店舗で営業時間を短縮する事といたします。 営業時間・料金につきましては、店舗情報と異なる場合がございますので 各店舗へ直接、お問合せ下さい。 新型コロナウイルスに伴うお客様入室時のお願いに関して この度の新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様に安心してご利用いただくために 入室時に以下ご協力いただく場合がございます。 入室時、全てのお客様に手指のアルコール消毒のご協力をお願いいたします。 弊社スタッフにて体調が優れないとお見受けしたお客様につきましては検温のご協力を お願いさせていただく場合がございます。 お客様が安心してご利用いただける環境づくりに尽力してまいりますので、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次の

カラオケマック【公式サイト】|トップページ

あべの ま くす

着付け準備物 (袴用)• 肌襦袢 (ワンピースタイプ、別々タイプどちらでも可)• 長襦袢• 腰紐 4 本• 伊達締め 2 本• 重ね袴 (ある方のみ)• 半幅帯 (通常の帯を半分にした幅の帯の事)• 足袋もしくは、パンスト、タイツ• 草履もしくはブーツ• 帯枕 (あれば、好みによりますが高さが背中に欲しい方) 着付け準備物 (振袖用)• 肌襦袢• 長襦袢• 腰紐 5 ~ 6 本• 伊達締め 2 本• 重ね袴 (ある方のみ)• 三重もしくは四重仮紐• 帯揚げ• 帯締め• 和装用かばん•

次の

「あべのメディックス」(大阪市阿倍野区

あべの ま くす

概要 [ ] アベノミクスは、 24年 11月の(「」)前後からが使用したことをきっかけ に多用され始めたともされるが、「 アベノミクス」「」という呼称自体は既に 18年 時点で、当時の・による造語である。 における経済政策を指す言葉として命名されたが、第1次安倍内閣の政策はその後のの政策とは基本的なスタンスが異なっており、財政支出を削減しを縮小させ、によって成長力が高まることを狙った「 」路線の継承を意味するものであった。 では新たに、を克服するためにが設定され、これが達成されるまで改正も視野に入れた大胆な措置を講ずるという が発表された。 はこれら一連の経済政策が、第40代の経済政策「 : Reaganomics 」にちなんで、 アベノミクスと呼称されるようになったとする。 命名者は。 「 アベノミクス」は2013年のトップテンに入賞した。 「三本の矢」 [ ] アベノミクス個別の政策としては、それぞれの矢として下記などが提示、あるいは指摘されている。 第一の矢:大胆な デフレ対策としての、• 無制限の• 円高の是正 と、そのための• 第二の矢:機動的な 投資、• 大規模な(国土強靱化)• の買いオペレーションを通じたの買い入れ・長期保有 、ただし国債そのものは• 第三の矢:民間投資を喚起する 政策、• 「健康長寿社会」から創造される成長産業• 全員参加の成長戦略• 世界に勝てる若者• 女性が輝く日本 、安倍首相は紙に「私の『第3の矢』は日本経済の悪魔を倒す」と題した論文を寄稿し、経済再建なしに財政健全化はあり得ないと述べ、のを断行する考えを表明している。 改革の例として、• の引き下げ。 2014年に2. 規制の撤廃、エネルギー・農業・医療分野の外資への開放。 働く母親のために家事を担うの。 を挙げた。 また、2014年4月の増税については「影響は限定的である」と述べている。 同年、安倍首相は月刊誌「」9月号に「アベノミクス第二章起動宣言」と題した論文を寄稿し、「こそが安倍政権の最優先課題」として脱却に向けた決意を表明、地方振興・人口減少対策に全力を挙げる考えを示した。 組織 経済政策を進めるために、・の下にを設け、さらにその下に、を設置している。 政策ブレーン [ ]• (・名誉教授 国際金融論・ 、第2次安倍内閣)。 安倍晋三の父・が興した「安倍フェロー」の研究員となったことから、安倍首相との親交が生まれた。 2001年内閣府経済社会総合研究所長だったときに官房副長官だった安倍と出会い、リフレ政策を勧めた。 (元大蔵官僚、第2次安倍内閣官房参与)。 は浜田宏一と本田の「2人はまさに『アベノミクス』を作った。 多くの反対があったが、実行したらあらゆる経済指標がよくなり始めた」と述べている。 (元財務官僚、で経済政策のブレーン 、教授• - 第31代総裁。 日銀総裁就任以前の総裁の時に黒田は日本経済にとって最大の課題はデフレからの脱却で、15年もデフレが続いているのは異常で、日本そして世界経済にもマイナスの影響を与えており、その修正は日本にとっても世界経済にとっても正しいとし、デフレの克服、および中期的な財政再建を堅持し、成長力を高めていくのは適切な政策とした。 また日本のデフレ脱却はアジアにも世界経済にもプラスになり、アジア各国も支持するとの認識を示している。 黒田は2013年4月4日の「」政策の公表 で、物価目標を2年程度を掛けて年間2パーセントとするため、以下の5点にわたる政策を実施するとし 、市場からは驚きをもって迎えられた。 1 日銀の市場操作目標を無担保コールレートから 日銀券+日銀当座預金+貨幣[硬貨] へ変更 2 2年後の日銀資産を現在(158兆円)の2倍近い290兆円にまで膨らませる。 3 買入れ資産対象を従来の短期国債中心から、中期国債その他に拡大する 平均残存期間を3年弱から7年程度に延長する。 4 2パーセント程度のインフレが安定的に実現するまで継続する。 5 銀行券ルールを一時停止する。 (経済学者、前副総裁。 経済ブレーンの一人。 ・名誉教授 ・。 - 金融政策のブレーンの一人。 (元、自民党衆議院議員) - 野党時代、安倍をリフレ派に導き、アベノミクスの原案作りに携わる。 山本が超党派の議員連盟「増税によらない復興財源を求める会」を作り、その会長に山本が安倍晋三を据えた。 自民党総裁選で安倍を後援したのが山本らリフレ派で、安倍は総選挙の最初から「金融緩和」を掲げた。 において ・。 (大学院工学研究科教授 都市社会工学 、(防災・減災ニューディール政策担当) の提唱者。 「第四の矢」 [ ] 2013年5月28日のでは、のが財政健全化をアベノミクスの「 第四の矢」に位置づけたという。 しかしこの発言は、同日の議事要旨にはない。 自由民主党の税制調査会長は「アベノミクスは率引き上げを前提に成り立っている」と表明している。 財政健全化をアベノミクスの「第四の矢」とすべきかについては、大和総研理事のは賛成 し、でのブレーンの一人であった経済学者のは反対 している。 2013年10月7日、安倍首相はで講演を行い、消費税率の引き上げを決断したことを踏まえ「財政の健全化を図り、国の信認を維持することは、経済再生を進めていく上で不可欠であり、財政再建は私のと車の両輪をなすものだ」として、経済成長と財政再建の両立を図る考えを強調している。 財政健全化以外の政策・事象をアベノミクスの「第四の矢」とすべきだという意見もある。 ジャーナリストのは、政府データの公開 こそ、第四の矢になりうると主張している。 編集委員のは、2013年7月参議院議員選挙前の猛暑を「第四の矢」としている。 2013年9月7日、安倍首相は2020年夏季五輪の東京開催が及ぼす経済効果について、「経済、成長、ある意味で『第4の矢』の効果はある」と述べている。 新「三本の矢」 [ ] 2015年9月25日ので再選した際の記者会見で、安倍首相は、2015年からの3年間を「アベノミクスの第2ステージ」と位置づけ、「」を目指すと発表した。 その具体策として下記の新しい「3本の矢」を軸としている。 希望を生み出す強い経済• 夢を紡ぐ子育て支援• 安心につながる 2015年10月の発足時に、新設の・の下にを設け、「ニッポン一億総活躍プラン」を推進していくと発表した。 2016年8月3日に発足したでは、及びを設置した。 背景 [ ] 「」、「」、「」、「」、および「」も参照 1990年代初頭のを直接の発端とし、1997年の増税やを経て顕著になったによって停滞した日本経済は、、さらには を経験した。 バブル崩壊後の日本銀行による金融緩和政策()によっても民間投資は回復せず、から脱しきれなかった。 ところが元来財政再建のための増税であったはずが、翌1998年度の税収は前年度比4. 5兆円減少し、増税前の1996年には3. しかもその後のの緊急経済対策と重なって、国債発行額は18. 5兆円 1997年 から翌1998年以降、30兆円超へと一気に倍増した。 日本のはのに左右される動きではあるが、米国のが好を出していたものの、のGDPが上がらず、主力株であるやなどが低迷したままの状態であった。 特に関連のメーカーなどはの株価まで下落する状況であった。 の間、2008年に日本のは0. 3%減少し、2009年には5. 2%減少した。 対照的に、世界の実質GDPは2008年に3. 1%増加し、2009年には0. 7%の減少に留まった。 アベノミクスは、このような推移を背景として、長期にわたる経済停滞を打破しようとして生まれた。 「アベノミクスを成功させる会」の前身は、「デフレ・円高解消を確実にする会」である。 前政権のにおいて数回、をしたものの円高や株安は改善されなかった。 この増税は、消費をより低迷させる一要因となるものと推測された。 政府の動向 [ ] 政府政策・方針等の公式表明 [ ]• 2月28日 第183回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説。 同年4月4日、日銀総裁が「量的・質的金融緩和」政策を公表した(第一の矢)。 同年4月19日 安倍総理「成長戦略スピーチ」 日本プレスクラブで第一弾発表。 同年5月17日 安倍総理「成長戦略第2弾スピーチ」 日本アカデメイア• 同年6月5日 安倍総理「成長戦略第3弾スピーチ」 内外情勢調査会全国懇談会• 同年6月14日 「-JAPAN is BACK-」を閣議決定• 同年10月1日 安倍総理「安倍内閣総理大臣記者会見」• 同年、政府は12月の月例経済報告を公表し、物価について「底堅く推移している」として、4年2カ月ぶりに「デフレ」の文言をなくした。 ただし、「デフレ脱却宣言」は見送った。 同年、は4月の月例経済報告で、景気の基調判断を1年5カ月ぶりに下方修正した。 同年11月21日、安倍首相は4月の消費税増税による予想以上の景気の落ち込みで、アベノミクスの継続を問うとして衆議院を解散し、勝利した(。 複数税率(軽減税率)が導入された。 また、安倍内閣は2020年までにを時給1000円まで上げる方針を示している。 閣僚の発言 [ ] 2013年、後の会見で、は「円高がだいぶ修正されつつある」との認識を示した。 同年の臨時閣議後ので経済財政・再生相は、円安誘導との批判について「(ダボス会議で)説明後に、この政策に対して危惧を持っているという発言は無かった」と述べ、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)ではおおむね理解を得られたとの認識を示した。 甘利経済財政・再生相は、など国際機関の責任者や民間の識者から日本の政策を支持する声が「相次いだ」と説明している。 また、円安誘導との批判については「ごく一部の国からだ」と指摘し、や、を挙げた。 同年、財務大臣の麻生は円安について、進みすぎだと発言している。 また円安のペースは速すぎるとの認識を示している。 同年、安倍首相はとの首脳会談後の記者会見で、オバマ大統領が「安倍政権がとった大胆な政策が日本国民に評価されていると認識している」と応じ「歓迎した」と明らかにし、「日本経済の再生が日米両国、さらに世界に有意義であるとの認識を共有した」との認識を示した。 同年、安倍首相はでの講演で「Buy my Abenomics(アベノミクスは『買い』だ)」と述べている。 また同年の大納会でも「来年もアベノミクスは買いです」と述べた。 「経済再生と財政健全化は両立し得る」と強調し、5兆円規模の経済対策を実施する方針を示した。 各国の評価を得られた」と述べた。 2014年、甘利経済財政・再生相は、衆参両院での経済演説で「もはやデフレ状況ではない」と述べた。 には甘利経済財政担当相が、増税から1週間で「大きく消費が落ち込むという状況にはなっていない。 想定内に収まっているのではないか」との認識を示した。 また、経済産業相も駆け込み需要の反動減に関して「想定を超える反動減は生じていない」と述べた。 同年、副総理・財務相の麻生は午前ので、約130兆円の公的年金の積立金を運用する(GPIF)について「6月以降に動きが出てくる」とし、株式市場で「そうした動きがはっきりすれば、外国人投資家が動く可能性が高くなる」と述べた。 同年、麻生財務相は度の予算編成に関連し、「何が何でもの赤字半減達成が優先順位の一丁目一番地」と述べ、財政健全化目標の実現が最優先課題との認識を示した。 2016年1月4日、安倍晋三は年頭記者会見にて、アベノミクスが国及び地方の税収増をもたらしたと述べる。 2017年1月20日、安倍晋三は施政方針演説で「確実に経済の好循環が生まれている」と述べ、今後の方針についてはこれまでと変わらず「経済再生と財政再建、社会保障改革の3つを同時に実現しながら一億総活躍の未来を切りひらく」と発言。 内閣参与 [ ] は2013年11月15日の講演で2014年4月からの消費税率の引き上げについて「私を含めて慎重派の説得力がの説得力に打ち勝てなかった」と説明し「日銀の総裁は(追加の)金融政策を発動すると期待しており、心配していない」「黒田総裁が積極的にを上げろと言ったのだから、責任とってはちゃんとやってもらわなければ困る」と述べている。 また、アベノミクスの三本の矢を大学の通知表にならって採点すると「はAプラス、はB、の第三の矢はE(ABE)」としている。 2014年、内閣官房参与は「消費増税は消費やに冷や水をかけ(成長)縮小効果がある政策」とし「消費増税とアベノミクスは逆を向いている。 今はアベノミクスに集中すべきである」と指摘している。 本田は、消費税の再増税の判断は「アベノミクスの成功に対して、非常に大きな影響を与える」と述べ、政策を失敗すれば景気腰折れにつながりかねないとしている。 2014年11月に本田はが発表した7-9月期のGDP速報値について「ショッキングであり、もはや消費税増税を議論している場合ではない。 日本経済を支えるため、経済対策に議論を集中すべきである」と述べた。 また、本田はを改正して物価安定とともに「物価安定を阻害しない限り雇用の最大化を図る」ことの条文での明示を主張し 、日銀法改正の必要性は安倍首相に「会うたびに言っている」と述べている。 2015年2月、安倍首相は日銀法改正について「将来の選択肢として視野に入れていきたい」と述べた。 経済の動向 [ ] 2012年(平成24年)、2日後のに()をして12月にを行うことが決まったため、の復帰が視野に入ると共に円安・株高現象が起こった。 安倍首相が11月15日、デフレ脱却・無制限のを打ち出したことで、との動きが連動した。 そして選挙戦に事実上突入して以降は株高・円安がさらに加速したことで「アベノミックス」「安倍トレード 」「安倍バブル 」「安倍相場 」「 」「アベノミクス景気 」という言葉を等が使い始めた。 円安になると円換算の売上が増えてが付き、差益が生ずるため、実際に増収増益となる。 そのため、マーケットは思惑買いから先取りした展開となり、第2次安倍内閣の発足以前から市場が動いて株式市場において株価上昇効果が出た。 第2次安倍内閣発足から2014年3月迄は、2014年4月からの消費増税引上げによる駆け込み需要の影響で、毎月の個人消費は若干増加傾向にあったものの、引き上げ以降は落ち込み、毎月の消費支出は、15年前の小泉政権発足時以降で、最も大きい減少率となる。 2013-2014年 [ ] 詳細は「」および「」を参照 日経平均株価は、2013年に前の水準へ戻った。 同年5月10日(日本時間、未明)には4年1ヶ月ぶり1ドル100円を記録した が、同年5月23日場中につけた最高値を境に、2週間で3000円近く下がり、2か月分の上昇を打ち消した。 安倍首相が発表したアベノミクスの「第3の矢」とされる「成長戦略」が事前に報道された内容に留まった上、実現への具体策も乏しいと市場に受け止められ、失望売りが膨らんだとみられた他 、 のが縮小されるとの観測が広がったこともこの流れを後押しした。 また、これと同時に円相場が円高に進み、1ドル103円だった円は6月7日には94円に上昇した [ ]。 2014年10月31日、アベノミクスに基づいて日銀がマネタリーベースを年80兆円に拡大する追加金融緩和を発表した。 この発表は事前に予想されていなかったサプライズ緩和であった。 2014年12月15日、日銀が発表した12月の企業短期経済観測調査は、3か月後のの見通しを示す先行きの業況判断指数が、中堅企業、の規模を問わず、、非製造業ともに悪化した。 に、からの観光客に対してを免除し、にはからの観光客のうち入りを所持する人についてもビザを免除するなど、客の誘致も積極的に推進され、は1036万人と初の訪日外国人旅行者数の1000万人超えを達成、は1341万人を記録し、前年の過去最高記録を更新した。 また、2014年の訪日旅行客が使った金額も過去最高となる2兆305億円を記録した。 2014年の勤労者世帯実収入は前年比 実質3. 日本経済新聞は、4月の消費税の引き上げの影響によるものと見ている。 2015年 [ ] 詳細は「」を参照 2015年4月10日、が15年ぶりに一時2万円を記録した。 同月22日には、輸出の増大と輸入の減少により同年3月の貿易収支が2年9ヶ月ぶりに黒字を記録した事が発表された事などにより、終値でも2万円超えを記録した。 2015年5月28日、円安ドル高の加速を受けて日経平均が終値で2万551円を記録、27年ぶりに日経平均株価が10日連続で続伸した。 指標となるコアCPIは2014年11月の時点で0. 黒田は持続的な物価上昇には賃金上昇が必要との意見に同意した上で、2015年4月に行われるであろう労組と企業の間での賃上げ交渉の動向を見守ると示唆した。 また、いまだデフレからの脱却ができていない事実について、人工衛星を打ち上げて安定軌道にのせるにはより大きな脱出速度が必要になるのだと述べた。 2015年の指数は速報値で前年比0. このうち3年間はアベノミクスが推進された期間と一致する。 政府主導によるで名目賃金は増加したものの、それ以上に金融緩和に伴う円安による輸入物価の上昇などの影響が大きいとみられる。 2015年の総世帯の家計調査で1世帯当たりの実質消費支出が前年比2. 2016年 [ ] 詳細は「」を参照 2016年1月29日、日本銀行の黒田総裁は日本の歴史上初のマイナス金利導入を発表した。 2016年通年では、正規職員・従業員は、前年から51万人増加し3355万人となった。 一方、非正規職員・従業員は、前年から36万人増加し2016万人となった。 前年度比では、正規職員・従業員は1. 2016年9月、日銀は「総括的検証」に基づき、従来の枠組を変更した上で、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」へ金融政策を変更した。 2016年11月18日、消費税率10%への引き上げを2017年4月から2019年10月に再延期する税制改正関連法が参議院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。 2016年の実質賃金指数は速報値で前年比0. 一方で、16年12月の実質賃金は前年同月比0. 4%減となり15年12月以来1年ぶりに減少した。 2016年の総世帯の家計調査で1世帯当たりの実質消費支出が前年比1. 2017年 [ ] 詳細は「」を参照 2017年2月17日、総務省は2016年の実質消費支出が前年比1. 同年2月には GPIF とが、に上場する企業のうちおよそ半数の約980社で事実上の大株主となっていることが、・・の調べでわかった。 同年5月11日、財務省は2016年度の経常収支は20兆1990億円の黒字と発表した。 年度累計の黒字額が20兆円台に乗せたのは2007年度以来9年ぶりとなる。 一方、16年暦年の対米収支は、円高に伴う輸出額の減少で5年ぶりに黒字額を縮小した。 同年12月25日、日経平均株価は終値で2万2939円18銭の年初来高値をつけた(1992年1月9日以来のおよそ26年ぶりの高値)。 2018年 [ ] 詳細は「」を参照 2018年1月23日、日経平均株価は終値で2万4124円15銭をつけた。 約26年ぶりの2万4000円台の回復。 2018年1月 銀行の貸出金が484兆円と2年前と比べ4%増加、銀行収益はマイナス金利により悪化。 2018年2月7日、厚生労働省は物価変動の影響を除いた2017年通年の実質賃金は16年に比べて0. 2%減ったと発表した。 2年ぶりのマイナスとなる。 名目賃金にあたる現金給与総額は0. 4%伸びたものの、物価の伸びに賃金の伸びが追いついていないと報じられている。 2018年2月16日、総務省は2017年の実質消費支出が前年比0. マイナス幅は前年の1. 7%より縮まったが、4年連続の減少となる。 2018年12月、日経平均株価が一時1万9千円を下回った。 2019年 [ ] 詳細は「」 2019年1月、大臣は景気回復期間が「戦後最長となったとみられる」と表明した。 それまで1位の(命名ダラダラかげろう景気)の年平均の実質国内総生産(GDP)成長率1. 6%を下回る1. 2019年2月 マイナス金利導入から3年が経過するも、消費者物価の伸び率2%は達成できず。 マイナス金利により純損失となる地方銀行が相次ぐ。 2019年3月、政府は月例経済報告で同年1月に「戦後最長の景気拡大」とした日本経済の総括判断を中国経済の減速などを理由に3年ぶりに引き下げた。 2020年 [ ] 詳細は「」を参照 1月 [ ] 15日、は2019年1-12月に早期・希望退職を募集した上場企業は延べ36社、対象人数は1万1,351人で過去5年で最高となった。 件数、人数共に前年の約3倍となった。 2月 [ ] 厚生労働省は、速報で2019年のが-0. 9%で2年ぶりに減ったと発表。 2019年の農水産物の輸出が0. 6%増の9121億円にとどまり政府目標の1兆円に届かなかった。 総務省によると2019年12月の1世帯当たりの消費支出は実質で前年同月比-4. 8%で3か月連続のマイナスになった。 2月17日、は2019年10-12月期のGDPの速報値は実質で-1. 6%(年率で-6. 3%)となり、前回の消費税増税直後(2014年4-6月)の-7. 4%以来5年半ぶりの大幅なマイナス成長になったと発表した。 また、2019年のは前年比+0. 7%と発表。 3月 [ ] 3月9日、東京商工リサーチは2月の倒産件数が前年同月比10. 7%%増の651件となり6カ月連続で前年を上回ったと発表した。 13日、日経平均株価が取引中に約30年ぶりの1800円超の下げ幅を記録した。 3月26日、月例経済報告で厳しい状況にあるとして6年9カ月ぶりに回復が消えた。 4月 [ ] 4月23日、月例経済報告で、急速に悪化しており極めて厳しい状況にある。 では既にリーマンショック時以上の激しい落ち込みを示している。 4月25日、厚生労働省はの助成率を要請に応じる事を条件に10割に引き上げると発表。 27日、財務省の4月の経済情勢報告によると、全国の総括判断を引き下げ、極めて厳しい状況にあるとした。 下方修正は10月以来7年6カ月ぶり。 極めて厳しいは年4回の全国財務局長会議が始まった以来初めて。 全地域で下方修正は後の1月以来11年3ヵ月ぶり。 5月 [ ] 13日、東京商工リサーチは4月の倒産件数が前年同月比15. 2%増の743件で増加率は5カ月連続の2桁となりの4カ月連続を超えた。 内閣府は4月の景気ウォッチャー調査はが前月比6. 3p下落の7. 9で3カ月連続で大幅悪化となり以降過去最低を更新した。 基調判断を3カ月連続で下方修正し「極めて厳しい状況にある」から「極めて厳しい状況にある中でさらに悪化している」に引き下げた。 西村康稔は「リーマンショック時をはるかに下回り悪化のスピードも急激だ」。 財務省は3月の経常収支の黒字額は前年同月比32. 1%減の1兆9710億円。 は86. 5%減の245億円と大幅に悪化した。 2019年の経常黒字は前年比1. 4%増の19兆7615億円だった。 旅行収支の黒字額は1%増の2兆4518億円で1996年以降で最高だった。 野党の反応 [ ] アベノミクスをめぐる論戦では二極化し、を重視するを目指すとは方向性には同調しつつ、規制改革の踏み込みが足りないと主張している。 一方で、・・・は格差拡大を助長するとの見方から、アベノミクスの方向性を批判している。 民主党は「賃上げ無き物価上昇、格差の拡大、国債の金利の乱高下などの副作用が生じている」と副作用を指摘している。 みんなの党は規制改革が不十分なことについて「古い自民党体質の政治が露呈していることの表れであり、アベノミクスの欠点」と主張したが、総論としての批判はしていない。 日本共産党は「国民の所得を直接増やす『矢』がない。 の所得を減らして奪うものばかり」とが豊かになれば国民も豊かになるとする、いわゆる「」を批判している。 日本維新の会 2013年、日本維新の会の共同代表はにおいて「何としてもアベノミクスを成功させて欲しい」と要望し 、「日本の国家の会計制度に懸念を持っている。 これを合理化して企業並みにしないと、アベノミクスのバリアになる。 この国には健全な、がない。 国は何でを入れないのか。 アベノミクスを成功させるためにも会計制度を一新させる必要がある。 会計制度を変えると税金の使途がハッキリ分かる」と提言を行った。 後継政党であるも基本的には、アベノミクスを評価しており、「全否定はしないが、普通の暮らしをしている人たちの生活をどう支えるかが足りない」と指摘し、「イシンノミクス」を打ち出した。 みんなの党 2013年、みんなの党国対委員長は、衆議院において、安倍首相が掲げるについて「特定の産業を育成するのは的な発想だ。 は主義の王道から外れるのではないか」と述べた。 新党改革 の代表は、アベノミクスについて「効果があると、大勢のみなさんが感じておられる。 民主党の沈滞、停滞の時に戻していいかと思っている。 」と述べ、家庭にもアベノミクスの恩恵が行くようにしないといけないとして 、アベノミクスを補強する手段として「家庭ノミクス」を提唱した。 次世代の党 は、ののなかで、アベノミクスについて「基本的方向性は是とするが、軌道修正が必要」とした。 「次世代ミクス」として、への過度の依存是正や、増税の延期、などの規制改革などを主張した。 民主党 、のはが掲げるについて「学者の中にもいろんな考え方がある。 国民生活を学説の実験台にしてはいけない」と述べ、対決姿勢を示した。 同年、民主党新代表に選出された海江田はアベノミクスに潜む危険性を予算委員会で指摘した。 では「公共事業の大盤振る舞いは古い考え方」と批判し、金融政策について「日銀の独立性が損なわれるような政策はや円の信任にかかわり、様々な副作用が予想される」と語った。 元首相は「何でも日銀に責任をかぶせるやり方だ。 国際社会では通用しない」と述べアベノミクスを批判した。 首相時代に野田は安倍総裁の金融政策に関する発言について「安倍さんのおっしゃっていることは極めて危険です。 インフレで喜ぶのは株・土地を持っている人。 一般庶民には関係ありません。 借金を作ってそんなことをやってはいけない」「金融政策の具体的な方法まで言うのは、中央銀行の独立性を損なう」と批判していた。 、衆院本会議で海江田万里は、財政政策について「公共事業に偏重した旧来型経済政策は効果に乏しく、財政赤字を膨らませてきた」と批判。 、民主党のは衆院予算委員会において、デフレの背景として、日本の人口減少が影響していると指摘、これに対し安倍首相は「人口減少とデフレを結びつける考え方を私はとらない。 デフレは貨幣現象であり、金融政策で変えられる。 人口が減少している国は他にもあるが、デフレに陥った国ない」と答えた。 これに対して前原誠司はさらに「日本を他の国と比べることは出来ない。 他の国との大きな違いとして、日本には莫大な財政赤字ある。 人口が減っていくという事は一人当たりの負担が増えていくという事ではないか」と応じた。 、民主党のは衆院予算委員会において「三本の矢は我々民主党が言い出し、三本を一体でやっていこうと主張しているが、安倍首相は『一本目の矢の金融緩和は勝手に日銀がやってくれ。 我々政府は知らない』と言っている。 本音は(2013年7月の)が気になっているだけだ。 安倍首相のマクロ経済に対する考え方は私は大変疑問だ」と発言した。 これに対し、安倍首相は「そもそも三本の矢と言い始めたのはあなた(後藤祐一)でも日銀でもなく私であり、を通じて申し上げてきたもの。 単に金融緩和をやるのではなく、それと共にを作っていきを成長させ、そして地域が活性化しやに反映させる時差を短くし、景気回復の実感を持って頂く。 そのために二本目の矢のが必要であると主張している。 しかしこれは何度も打てないので三本目の矢のをしっかり打つ。 これを同時に打ち込み、以前から言ってきた経済三団体への賃上げ協力要請 も本日行う。 私が全く言っていない事について、言った事として批判されても本当に困る」、「議員が先程のヤジで指摘した通り、アメリカは日本より遥かにデフレギャップが大きいのにデフレに陥っていない。 人口が減少している国の中でデフレ脱却していない国は日本だけ」と反論した。 、野田佳彦はのパーティーでアベノミクスについて「海外投資家と食事する機会があり、その1人が『ABE』と言った。 Aはアセット。 Bはバブル。 Eはエコノミー。 資産バブル経済、という意味だ」と述べ、バブルを生み出していると批判した。 、国会ので海江田万里は、安倍政権の金融緩和策について「大変な劇薬を日本は飲んだ。 副作用、あるいは落とし穴がある」と指摘し、物価上昇など負の側面があると強調した。 それに対し安倍首相は株価上昇で5兆円の年金運用益の数字を並べて反論し「何もしなければリスクがないと思ったら大間違いだ。 閉塞感の中で悩んでいた状況を変えることができた」と反論した。 、海江田万里は、でので「円安によって輸入品の価格が上がり、人々の生活は苦しくなっている。 国債が暴落して金利が上昇するのが、アベノミクスの一番のリスクだ」と述べ、安倍政権の経済運営を批判した。 、民主党は参院選公約を発表し、安倍政権の経済政策について物価上昇や国債金利の乱高下など「強い副作用がある」と批判した。 午後、主催の党首討論会で海江田万里は「(安倍)首相の経済政策はの期待を膨らませるのには成功したが、副作用として物価が上がっている」と懸念を示した。 海江田万里は、の街頭演説で「アベノミクスは3年たてば必ず破綻する」と述べている。 日本のためには、約束通り進めることがベストである」と述べた。 、枝野幹事長は「アベノミクスが成功だとして続けながら、消費税を上げないのは最悪である。 消費税を上げられないような経済環境をもたらしている経済政策を維持しながら、景気が良くないからとして消費税を上げないと、結果的に財政はますます悪化する。 財政も経済も両方悪化する最悪の選択である」と指摘した。 、海江田代表は、日銀の追加について「日本売りを加速する。 国民生活にとって禁じ手を使った」「大変リスクを持った判断である。 日銀は円の価値を損なうことをすべきではない」と述べた。 、枝野幹事長は7-9月期のGDPの速報値について「想像を大きく超える悪い数字であり、アベノミクスの限界が消費税の駆け込み需要と反動減をはさんで改めて証明された」「この2年間で実体経済、特に家計に大きな打撃を与えた。 アベノミクスのカンフル剤と痛み止めに頼った施策では限界がある」と述べた。 2015年、は衆院予算委員会の集中審議で、アベノミクスのリスクとして国債暴落の可能性を指摘し、「を巻き込んだギャンブル」と批判した。 日本共産党 2013年2月5日、日本共産党のは衆院本会議で2012年度補正予算案に関し「庶民の懐を温める政策に転換すべきだ。 家計消費が増えれば、内需が拡大しデフレ克服への道が開かれる」とを行なった。 これに対し安倍首相は「成長期待の低下やデフレ予想の固定化」が不況の原因であると答えた。 佐々木は「いま必要なのは、消費税増税の中止など国民の所得を奪う政策をただちにとりやめること」と述べている。 2016年2月、は、実質可処分所得は30年前以下の水準にまで落ち込んだと報道している。 社会民主党 2013年、社会民主党の党首(当時)は内で講演でアベノミクスについて「『アベノミクス』は『安倍のリスク』。 で人々の生活が壊れるのではないか心配だ」と述べている。 世界各界の反応 [ ] 肯定的反応 [ ] アメリカの受賞者は2013年、アベノミクスについて「素晴らしい結果を伴っている」と絶賛し、安倍首相について「国家主義者であり、経済政策について関心が乏しいのでは」「深く考えているわけではないだろう」と皮肉を込めながらも、「他の先進諸国ができなかった財政と金融の刺激策を実施していることは事実で、その結果も完全に正しい。 長期金利は急騰せず円は急落するのは日本にとって非常によいことである」 とし、アベノミクスは「日本がデフレの罠から脱却するために必要な政策」「日本の期待インフレ率はちょうどよい値で推移している。 少しのインフレ期待があることで、経済にとってプラスに働いている状況になっている」「円が安くなれば日本の製造業の輸出増を牽引することになる」 と評している。 発信されたメッセージが何よりも重要である。 緩和姿勢を維持し、景気を後押しするだろうという見通しこそ大事である」と述べている。 また長期金利と株価が同時に上昇してきたことについては楽観論の表れだと分析し、日本の財政問題への懸念を反映したものではないとの見解を示した。 また、「金融・財政政策刺激策への急転換である『アベノミクス』について重要な点は、他の先進国が同様の政策をまったく試していないということである。 アベノミクスという政策実験が奏功すれば、同じような状況に陥った国に対しても意義ある示唆になる 」「(アベノミクスが)奏功すれば、日本が世界のモデルになる 」と述べている。 2013年にを受賞したのは「最も劇的だったのは、明確な形で拡張的な財政政策を打ち出し、増税にも着手すると表明したことである。 財政均衡を目指した刺激策といえる。 世界中で財政緊縮策が広がる中で、日本の積極策がどういう結果になるか注目している」と述べている。 の経済学者は「日本の長引くデフレの責任を日銀に負わせ、それを是正するためのツールが日銀にはあることをあらためて示したことについては安倍は正しい」と述べた。 」というレターを書き市場で話題となった。 名誉会長のは、1ドル90円から100円が適正な為替レートで、そうなれば自動車や電機の輸出も増え、貿易赤字が解消されるだろうとの見解を示した。 会長のは「『』の間に、日本企業の時価総額は360兆円を失った」と分析し「『アベノミクス』でこの内の約半分が取り返せた」と評価した。 IMFアジア太平洋局の局長は「三本の矢」で、日本の株式市場などに多くの海外資金が流入するなど「日本が世界の経済地図の中心にきた」と政策を高く評価した。 ピーターソン国際経済研究所の所長は、安倍政権の政策について、「正しい方向に踏み出している」と評価している。 2013年、スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でパネル討論では、ラガルドIMF専務理事や(OECD)のグリア事務総長、カナダ銀行の総裁らが、アベノミクスへの理解や支持を表明。 円安誘導や中央銀行の独立性侵害、財政規律の維持放棄といった批判や懸念は鳴りを潜めた。 2013年、アメリカのブレイナード財務次官は記者会見し、アベノミクスについて「アメリカは、成長の促進とデフレ脱却を目指す日本の努力を支持する」と述べ、理解を示した。 英エコノミスト誌の表紙に、スーパーマン風の安倍首相の写真が掲載された。 内容的は日本経済の復活と中国へのチャレンジを表している。 条件付の肯定 [ ] は、日本政府がアベノミクスで彼の10年前に推薦した政策を採用することを歓迎し 、「円高を是正して景気を刺激し、本格的なデフレ対策を打つという意図は正しい」と述べ、大胆な金融緩和や財政出動を柱とする安倍政権の経済政策を評価している。 また、第一の矢である金融緩和と第二の矢の財政出動に対しては全面的に支持しているが、第三の矢 現状では規制緩和を旨とする規制改革と雇用の流動化などの構造改革 には警戒感を持っているとされる。 2013年3月21日に安倍首相との会談ではアベノミクスに対して懸念も表明した。 でのインタビューでは、「日本には、自由化・規制緩和もアジェンダに加えるべきと考えている人達がいるから彼らには注意しなければならない」と答える。 同年3月22日、スティグリッツは日本の金融政策を通じた円相場の押し下げは正しいことだとし、楽観的な見通しを示した上で 、「世界にはユーロ危機などの短期的な問題だけでなく、地球温暖化・格差拡大など長期的問題も残っている。 成長戦略の中で、医療・教育など、長期的な課題に予算を振り向け、自立的な成長を目指すべきである」と述べている。 また、スティグリッツは、以下の通り主張している。 「安倍総理が掲げる三本の矢のなかでもっとも難しい三本目の矢の成長戦略については、持続可能な成長を促すためにいかにお金を使うか、これは非常に難しい問題である。 イノベーションといえば、人が働くコストを省くことに焦点を合わせてきた。 その結果、他方では高い失業率に悩まされている。 これはパズルみたいなもので、失業率が高いときに、さらに者を増加させることにつながる、労働力を省くイノベーションを追求していていいのか。 」 、「アベノミクスでは、拡張型の金融政策が必要だということを認識している。 また強力な財政政策が必要であり、そしてなど構造上の強力な政策が必要であるということを認識している。 世界の中でも、包括的な枠組みを持っている数少ない国である。 日本は公共債務が多い。 予算の状況を改善しながら、同時に経済に対して刺激策を講じることができるかどうか。 私はできると思っているが、それに成功するためには各々の政策を慎重に設計しなければならない。 構造改革を考える際は、どのような大きな問題が日本の前に立ちはだかっているのか、またどんな構造改革によって効率を改善し、国民の幸せを改善できるのかを真剣に考えなければならない。 そのため、人々は製造業からシフトしなければならない。 だからこそイノベーションが必要になってくる。 生産年齢人口の減少を調整した場合、日本は過去10年間、OECD諸国の中で最も成功している国の1つである。 ここで必要なことは三本の矢と呼ばれる包括的な経済政策に関する行動計画である。 まず金融政策はターゲットを絞ることで成功している。 これを拡張型の財政政策で補完すべきである。 そして規制をコントロールして、経済に刺激を与えることができるか。 私は、こうした構造上の改革を日本が成し遂げ、持続可能な繁栄を遂げることができ、そして世界に対して模範を示すことができると信じている。 しかし、メリットがデメリットを上回る場合のみ、は経済成長に寄与すると述べた。 日本企業の主要輸出事業者の価格戦略が意味しているところは、経済全体の成長をもたらす乗数効果が存在しないことである。 この効果は2012年末までには表れるが、円安メリットの大きさは不透明であると結んだ。 は「安倍政権・日銀が物価上昇を起こそうしているその姿勢は正しい」とする一方で「2014年4月の消費増税は、景気後退につながった」と指摘している。 ポール・クルーグマンは「黒田東彦日銀総裁が、(2014年10月31日に)追加緩和を発表したが、称賛すべきことである。 日銀・政府が実行してきたことは、消費税増税を除いてはすべて歓迎する。 日銀が実行してきたことは斬新なことではなく、何年も前から私を含め欧米の専門家たちが実行するように促してきたことである。 優先すべきことは、脱デフレのためになんでもやることであり、消費税増税以外の政策はその点で正しい」と指摘している。 クルーグマンは「どれだけ追加緩和を行ったとしても消費税増税はそれと真逆の政策であり、ブレーキをかけている状態となる」と指摘している。 受賞者のは、「日本の優れた経済社会モデルと、欧州のように財政を緊縮する最近までのひどい経済政策は分けてみるべきだ。 安倍晋三首相は縮小均衡から方向転換したのは正しい。 だが「人が中心」という価値観を変える必要はない。 日本の経済や社会が崩壊するというデマには動じるべきではない」と指摘した。 教授デビッド・モス(David A. Moss)は、安倍政権の経済政策は正しいが、このような金融政策は直後に行うべきだったと指摘している。 批判的反応 [ ] は「金融政策だけで日本経済の長期停滞から救うことは不可能であり、他の政策からの支援も必要である」「金融政策が効果を持つには、他の政策も役割を果たす必要がある。 金融政策だけですべての負荷を支えようとすれば、政策の効果と副作用のバランスが崩れ、副作用が効果を上回ること可能性もある」と指摘している。 ()は安倍総理大臣と彼の自民党は、構造的な条件である、高い水準の、、主要な ()の喪失による、経済の重荷に対して為す術の見込みがなく、までに財政的な危機を引き起こす極めて高いリスクがあると報告している。 教授のは「とりあえず、やってみるという真珠湾攻撃と同じ」「世界の常識に反した一か八かのかけ」と批判している。 理事長のはアベノミクスが小手先の金融政策や景気刺激策に終始すれば市場に足をすくわれ、また財政悪化が進めば最終的に日本は悪性インフレに陥ると指摘した。 2013年、日本商工会議所会頭の(名誉会長)、経済同友会代表幹事の(社長)ら財界首脳は会見で、一段の円安を否定的に受け止める見解を示した。 各国の反応 [ ] 韓国 [ ] 2012年、は「円安はの輸出鈍化につながりかねない 」「円安により韓国の輸出品の競争力に及ぼす影響は大きくないとみる専門家も多い 」と報じ、は「韓国の輸出企業は円安高が続くのではないかと緊張感を強めている」と報じた。 2013年、金仲秀総裁は、日銀の決定に問題があり、「為替水準が影響を受ける。 変化のスピードも問題。 動きが急過ぎる」と述べている。 同年、韓国政府はジュネーヴで開かれた(WTO)の貿易政策審査会合で「円安誘導政策が疑われる」と日本を批判した。 また、同時期に韓国ではアベノミクスに伴う円安進行に対する「円安脅威論」が過熱し、韓国メディアは「円安は沈黙の殺人者」(中央日報)などと批判した。 一方で為替市場をめぐっては、韓国の金融当局が「覆面介入」してウォン安誘導しているとの疑念が付きまとっていた。 ハーバード大学教授は、日本の差し迫った経済状況を考えれば、国際社会は円安政策をある程度受け入れるべきであり、過去5年間に実質的な通貨価値が大幅に下落したが日本を非難するのは偽善的だと批判した。 、中央日報は「安倍首相の経済リーダーシップがうらやましい」と題したコラムで「四年間、金融緩和・財政拡張・構造改革という3本の矢を放っているが1次目標のデフレーシヨンからも抜け出せていないので大局的に見ると日本経済を楽観する理由はない。 とはいえ失敗したと見るのは誤算だ。 キジの代わりに鶏は捕まえたと考えられる。 もしアベノミクスがなければ日本経済の沈滞はさらに深刻だった」と評している。 2018年、韓国経済新聞は、アベノミクス施行後の2012年から2017年までの5年間で、日本のが494兆円から過去最大の549兆円に増加し、就業者数は270万人増加、失業者は110万人減少し、2017年時点で失業率は2. 8%で最低水準になったこと、景気拡張傾向が61カ月連続で続き過去2番目の長期好況を経験しているとして、日本経済は「」の軛から抜け出したという評価を聞くほど回復基調が明確だと伝えた。 2000年代まで海外に工場などを移していた大企業から中小企業まで規模や業種を問わず企業の「本国復帰」が2015年以降からブームとなっている。 2015年の1年間で日本企業724社が製造本国回帰したことが就活生が職場を選ぶ「売り手市場」の原動力となっている。 2017年には製造業による雇用が戻ってきてかつての1000万人を越えたとは社説で伝えた。 ドイツ [ ] ドイツの財務相は「日本の新政権の政策に、大きな懸念を持っている」と発言し、大胆な金融緩和策を批判した。 のワイトマン総裁は「新政権が中銀に大きく干渉し、大胆な金融緩和を要求して独立性を脅かしている」などと批判した。 中国 [ ] 中国では円安に伴ってが上昇し、中国の輸出競争力を低下させるとの警戒感が広がり、当局者・有識者の間でアベノミクスへの批判が高まった。 2013年1月、中国・は日銀政策を「このようなを進めれば、他国も追随せざるを得なくなり、世界的なが巻き起こる可能性がある」と危惧し 、政府系ファンドの高西慶社長も意図的な円安誘導であり、「(中国など)近隣諸国をごみ箱のように扱い、通貨戦争を始めれば、他国にとって危険であるだけでなく、最終的には自らにも害が及ぶ」と批判した。 2013年、中国の格付け会社「大公国際資信評価」はの信用を格下げした。 大公はアベノミクスでは日本経済の構造上の問題は解決できず「日本の長期的な低迷は続く」と酷評し、「日中両国の政治的対立がもたらすマイナスの影響にも注目する必要がある」と指摘した。 2013年、新華社は安倍首相の消費税率引き上げ表明について「国際社会の日本の財政状況に対する関心に答えた」と評価する一方で「ようやく回復してきた日本経済の勢いをそぐ恐れがあると心配されている」と報じた。 新華網は、「アベノミクス」は長期的な特効薬とは言えず、その各政策は、日本経済の問題の根本的な解決にならないとしており、日本経済に副作用をもたらしているとしている。 アメリカ [ ] 2013年、(FRB)議長のは上院銀行委員会での証言で、日銀の金融緩和策について「デフレ脱却に向けた試みであり、支持する」と述べ、日銀の政策は自国経済の強化が目的で「為替操作ではない」との認識を示した。 また同年に「日本がデフレに取り組むのは重要であり、デフレの解消とともに『三本の矢』には賛成である。 日銀の政策がアメリカ経済にいくらかの影響を及ぼしたとしても、日銀の黒田総裁や日本の取り組みを支持する」と述べている。 また同年に「日本が力強さを増すことはアメリカの国益にもかなう」と述べ「日本は景気全体を押し上げようと努力している。 その結果として、利益と代償が生まれるが、その利益とは日本経済の強化であり、アジア市場の強化である」と述べている。 同年、FRBの副議長は日銀のマネタリーベースを倍増させる政策について「日本が行っていることは同国の最大の利益となるものである」「成功すれば、世界経済の成長刺激に有益で、我々にも良いことである」「デフレ脱却を目指し積極策を講じるのは理解できる」と述べている。 同年、アメリカのは「日本は長期にわたり内需の問題を抱えていた。 日本が国内向けの政策ツールを用いて内需拡大を目標としている限り、がモスクワ会合で合意した内容に沿っている」「政策が内需拡大に向けた目標に沿っている限り、国内的な政策を利用することは理にかなっている」と述べている。 同年、の与野党議員226人は、日本を主要なと名指しし、安倍首相の政策は「市場を歪めている」として対応を求める連名の書簡を大統領に送った。 同年10月1日、ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で、安倍首相が2014年4月からの消費税率引き上げを決めたことについて「アベノミクスを沈没させる恐れがある」と批判し、デフレが克服されていない状況で消費に打撃を与えるべきではないと強調した上で「より速く、持続的な経済成長」こそが財政健全化の唯一の方策だと主張した。 2月11日、FRBのジャネット・イエレン議長は下院金融委員会の証言で、日銀の金融緩和策について「長期にわたるデフレを解消するためには当然であり、筋の通った政策である」「現時点では有効に働いている」と述べ、「日本経済が成長すれば近隣諸国に恩恵が及び、世界経済の利益となる」と表明している。 2016年12月、の世界経済責任者イーサン・ハリスは、労働市場の引き締まりなどを根拠に、日本が2017年に失われた20年を脱出するチャンスを得るという見解を示した。 2017年2月、アメリカのビジネスサイト・ ()にて、「なぜ日本は遂に失われた20年から脱出するかもしれないのか?(Why Japan may finally emerge from its lost decades)」と題するコラムが掲載された。 フィリピン [ ] 2013年、のプリシマ財務相は、「日本の政策が円相場を下落させていることについて懸念していない。 円安と日本が現在取り組んでいる措置が日本の成長加速につながるなら、我々にとってプラスであり、期待を寄せている」との認識を示した。 インドネシア [ ] インドネシア財務省の財政政策責任者は、緩和政策が日本の内需を刺激し、同国の対日輸出を増やすと期待している。 カナダ [ ] 2013年、カナダ銀行のカーニー総裁は「日銀の措置は、モスクワG20声明と完全に整合しおり、国内目標に照準を定めた金融政策である」と述べ、日銀の政策による需要拡大はカナダにとっても利益との見方を示している。 スイス [ ] 2013年、()のヨルダン総裁はで記者会見し、「日本は長らくデフレに直面しており、日銀はデフレを回避し、成長を促すために政策を変えつつある」と述べ、金融緩和などを柱とした「アベノミクス」に理解を示している。 IMFの反応 [ ] 国際通貨基金のラガルド専務理事は「IMFは、いかなる形でも通貨安競争に賛同しない」と発言した。 2013年、IMFの主任エコノミストは「2本目の矢(の財政出動)が中期的な財政再建策を伴わず、三本目の矢に抜本的な改革が盛り込まれなければ、投資家は懸念を強め、国債金利は跳ね上がるだろう」と述べ、アベノミクスが世界経済へのリスクになり得ると指摘した。 2013年、ラガルド専務理事は日米英ユーロ圏中銀の非伝統的措置について、資本フローに影響を与えたと指摘し、その解除については段階的に慎重に行われるべきだとの見解を示した。 2013年、IMFは世界経済のリスクに関する年次評価報告書を発表し、アベノミクスが失敗すれば世界経済にとって主要なリスクの一つになると警告している。 IMFは、アベノミクスについて大筋で支持し、計画が完全に実施されれば効果を上げるだろうとしながらも、政治的に困難な部分について実施に移せなければ、深刻な危機をもたらすと分析している。 2014年、アメリカ財務省は為替報告書で、アベノミクスについて「大幅な円安にもかかわらず、輸出が伸び悩んでいることは意外である」「3本の矢はデフレから脱却する力強い試みだったが、ここに来て(2本目の矢の一環の財政再建が)経済成長を妨げている」と公表した。 また「財政再建ペースは慎重に策定することが重要である」と述べ、金融政策は「行き過ぎた財政再建を穴埋めできず、構造改革の代替にもならない」と公表した。 批判的意見への反論 [ ] 識者の反論 [ ] ポール・クルーグマンは「大胆な金融緩和をするとハイパーインフレになってしまうというものだが、まったく的外れである。 日本と同じように金融緩和をしているアメリカでハイパーインフレは起こっていない」「大規模な財政出動をやると財政悪化につながるという批判もあるが、現実をきちんと見ていない批判といえる。 インフレ期待は高まっているのだから、政府の債務は実質的に減っていることになる。 日本の財政見通しは、悪くなるというより大きく改善している」と述べている。 また円安について「で、各国は円安を許容せざるを得ないだろう。 の総裁が懸念を示しても、日本に経済制裁を科すわけではない。 アメリカも金融緩和でドル安を導いたと批判されてきたので何も言わない。 日米ともに景気の現状を踏まえて、金融緩和を進めているに過ぎない。 その結果としての通貨安である」と述べている。 は東京都内での国際会議で、アベノミクスの副作用が懸念されていることについて「実施しないほうが将来的なリスクになる」と述べている。 フィナンシャル・タイムズ紙は「中央銀行の金融政策が経済にとって有害である時に政府が中央銀行と意見を交換するのは適切なことで、バイトマン総裁の批判は的外れである」と評している。 G20の当局者は「日本が競争的な(自国通貨)引き下げを図っていると論じることは出来ない」「介入が無い限り、政策期待で市場が動いているだけ」と指摘している。 OECDのグリア事務総長は、日本は円安だけを求めているのではなく、デフレを克服するため行動していると述べ、一部から円安誘導策との批判が出ている日本の積極的な金融緩和策を擁護する考えを示し、「日本が成長を遂げることは、誰にとっても最大の利益になる。 特に韓国にとっては重要である。 日本の成長が高まり、世界経済に寄与することを望む」と述べた。 IMFはモスクワで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議向けの報告書を公表し、円安をめぐる懸念は行き過ぎとの認識を示し、日銀は一段の決意でデフレ脱却に取り組むべきと指摘した。 FRBのベン・バーナンキ議長は「日銀が何も実施していなかった当時の市場は不安定ではなかったことを考えると、日銀の政策変更の結果として市場が不安定になったと考えるのは論理的である。 政策の初期段階では、投資家は日銀の政策による反応を学んでいる状態で市場が不安定になるのは驚くべきことではない」と述べている。 また、中国はを割安な水準で維持しようと為替操作しているとして、日本と中国の金融政策の違いを明確にし「日本は為替レートを操作していない。 また為替水準を維持しようと直接介入することもない」と述べている。 日本政府による批判的意見への反論 [ ] 各国よりアベノミクスは通貨安競争や円安誘導と批判されたが、これに対して日本政府関係者は以下のように反論している。 のは「(2009年4月のG20加盟20カ国の首脳会談で)通貨安競争はやらないという約束をしたが、約束を守った国は何カ国あるのか。 米国はもっとドル高にすべきだ。 ユーロはいくらになったのか」と言及。 通貨安に急激にしているわけではない」と述べた。 2013年の臨時閣議後の記者会見は、各国で日本が通貨安政策をとっているとの批判が起きていることに「ドルやユーロが下がった時には(日本は)一言も文句を言っていない」と述べ、「戻したらぐちゃぐちゃ言ってくるのは筋としておかしい」と反論した。 円相場については、安倍政権がとった施策を受けて「結果として安くなったもの」と分析。 過度な円高の修正局面だとの認識を示した。 また「日本は(金融危機だった)欧州の救済のために融資するなど、やるべきことをやっている」と付け加えた。 のは「麻生副総理も言っておられたように、今まで日本だけが我慢して他国にいいことを続けてきたのに、今自国のために金融緩和しようとするときに、他国に文句をつけられる筋合いはない。 日本の金融政策は日本のためであり、ブラジルや他国のためではない」と述べている。 また浜田は「日本はこの3年間、世界中からいいように食い物にされてきた。 今回は、それをようやく正常な形に戻すことに決めたということである。 それを海外が非難すること自体、おかしなことで、日本はそうした非難を恐れる必要はない」と述べている。 2013年にピーターソン国際経済研究所でおこなった講演では、日本の金融政策は国内の物価目標の達成のみを目指したもので、円相場を操作していると解釈されるべきではないとの見解を示した。 また破綻後の金融危機時に、日本はイングランド銀行やFRBが行った拡張的な金融政策を批判しなかったとし、日本の積極的な金融政策も非難されるべきではないというのが日本当局者の見解と述べた。 また、「変動相場制の下では『通貨安戦争』という概念はない」と述べ、「ブラジルのように不満のある国は、自らの国で適切な金融政策を採用すべきである」と指摘した。 同年5月には、韓国について「日本の中央銀行を非難するべきではなく、自国の中央銀行に適切な金融政策を求めるべきである」と語った。 日本銀行総裁は2013年に「(金融緩和)は国内経済の安定が目的で、為替相場への影響を目的にしているわけではない」と述べ、先進国の一部や新興国による「円安誘導」との指摘を否定した。 議論と論評 [ ] アベノミクス政策を支持する識者は以下の通りである。 大胆な金融緩和 、 、 、 、 機動的な財政政策 、 、 民間投資を増やす成長戦略 、 の名誉教授 は、アベノミクスの3本の矢は、それぞれ異なる経済理論・経済思想に基づいていて相互に矛盾があり、アベノミクス全体は整合的な政策体系ではないと述べている。 また、「アベノミクスには、自民党内の政治力学、あるいは政治的妥協の産物という顔と、経済政策のパッケージという2つの側面がある。 そもそも安倍首相の復活には、ら自民党実力者の力が大きく働いた。 ここから、3人の実力者のお気に入りの経済政策アイデアを束ねるという妥協が生じた。 『第一の矢』大胆な金融緩和(安倍)、『第二の矢』機動的な財政政策(麻生)、『第三の矢』民間投資を呼び起こす成長戦略(甘利)である。 こうした妥協の産物として、アベノミクスは関係者をそれぞれ満足させる『三方一両得』のようによくできている」とも述べている。 2013年に受賞者の教授は「個々の政策に目新しさはないかもしれないが、組み合わせた点は珍しい」と評価している。 フランスのの経済学者は、「アベノミクスは、的なである」と述べている。 日本 は、「の経済政策であるは、1)日銀の政策スタンス、2)インフラ整備中心の財政政策、3)・エネルギー政策の転換・など、によって実現を目指すものであった。 この3つの要素は、アベノミクスの『 三本の矢』と相似している」と述べている。 金融緩和(第一の矢) [ ] リフレーション政策 [ ] 詳細は「」を参照 物価の持続的な下落 をマイルドな 年率2-3パーセント に転換することを目指す一連の政策を 政策という。 これまで多くの国々において、高騰する率を抑制するための対策としてが掲げられてきた。 の設定による(リフレ)政策は、アメリカの受賞者の ・ が提唱し 、それに賛同する経済学者・エコノミストたち が長く導入を求めていた。 リフレ派の代表的な経済学者には、、、ら、エコノミストには 、、 らがいる。 田中秀臣は「現在(2015年)の日銀の金融政策の方向性は、インフレ目標政策・量的緩和などリフレ政策のメニューそのものである」と述べている。 リフレ派ととの間には、過去10年以上にわたる激しい論戦があった。 小野善康は「アベノミクスの金融緩和は、デフレ脱却への道筋とはならない」と批判している。 その一方で、原田泰は「金融緩和によってお金を増やせば、必ず物価が上がり、名目GDPも増加する」と述べている。 アベノミクスの登場により、リフレ派と反リフレ派の争いはさらにエスカレートしている。 アベノミクスに対する経済学者・エコノミストの賛否も、多くはリフレ政策の有効性と危険性をめぐってのものである。 リフレ派の多くは、、、に基づいて、反対しないまでも、財政出動にはあまり効き目がないと主張している。 浜田宏一は、「をつけるために景気を財政で鞭打つというのは、の下では有効な政策ではない」と述べている。 青山学院大学教授は、積極的景気回復策を取ったのはいいがインフレ・ターゲット2%設定は明らかに間違いだったとし、アベノミクスにリスクがあるとする。 の名誉教授 は、「株価上昇と円高ドル安は、総選挙と安倍内閣の発足以前に始まっており、安倍・黒田政策の効果ではない」と指摘している。 の名誉教授 は、「アベノミクスの成果が大きかったことは株価・為替レート・物価上昇率・失業率や有効求人倍率などの雇用指標など、どれをとっても明らかである」と述べている。 経済学部の教授 は、「アベノミクスとはつまり、金融緩和だけである」とし、金融緩和政策が効果を発揮し、雇用が改善されていると述べている。 名誉教授 ファイナンス理論・日本経済論 は、「2013年から異次元金融緩和することで円安が起きてるが、2014年秋から追加金融緩和を実施したので、将来的に日銀の保有している国債は損失をもたらすだろう」と指摘している。 株式会社 JRI 副理事長のは、「株高・円安をさせ、人々のマインドを変えた効果は評価するが、量的緩和による直接的な効果は出ていない」と述べている。 経済研究所主席エコノミストのは、「『アベノミクス』というと特別・目新しい政策と受け取られるが、決してそうではない。 アメリカをはじめ諸外国で実行されていたにもかかわらず、日本では踏み込んでこなかったことに、遅ればせながら取り組もうとしているに過ぎない」「1本目の金融政策は『異次元』と形容されるが、実際にはリーマンショック以降のアメリカやイギリスの先例に追随した、グローバルスタンダードな金融緩和である」と述べている。 経済調査部長のは、「市場関係者とそれに近い経済学者の間では、『量的・質的緩和』に対する評判はすこぶる悪い。 彼らの間ではアベノミクスの効果は、財政政策(公共投資の拡大)であって金融政策(量的緩和の拡大)ではないというのがコンセンサスになっている。 (量的・質的)金融緩和は、金融政策のレジーム転換が大きな鍵を握っている」と述べている。 コストプッシュ・インフレ [ ] 経済学者は、「アベノミクスが成功しても失敗しても円は下がる。 輸出産業は安泰である一方、エネルギー・輸入品の価格の上昇によって、家計の負担は増える」と述べている。 Office『W・I・S・H』代表のは、「円安株高が本当にアベノミクスだけでもたらされたのか疑問である。 株高ドル高(円安)は、アメリカ発の要素が強いと考えるほうが現実的である」と述べている。 経済調査本部長は、「アベノミクスでは、デフレから脱却することで、日本経済が回復軌道に乗るというシナリオを描いていたが、2014年に実際に観測されたのは、円安によるインフレ上昇がもたらした景気減速であった」と述べている。 のは、2014年10月時点で「企業倒産の数は全体として抑えられており、円安が原因で倒産した企業がごく僅かに増えたというのが正確な状況である」と述べている。 参与のは、「円安が定着すれば輸出は勝手に伸び始める。 財政・税制(第二の矢) [ ] 「」も参照 商学部の教授 は、「(第一の矢は)円安となり株が上がっただけで、評価する点がない。 第2の矢である財政政策の効果は認める」と指摘している。 公共事業 [ ] のは「経済は消費・投資・輸出の総体であり、経済成長の度合いはこれらの増加分で決まる。 経済学者のは「公共事業が、経済を下支えしているのではなく、経済効率を低下させている。 第一の矢と第二の矢の相乗効果などはない」と指摘している。 原田は「景気が良くなったのが、公共事業をしたことによってなのか判断しなければならないが、海外の好景気によって輸出が増えて景気が良くなることもあるし、技術革新によって画期的な新製品が多数登場し、景気が良くなることもありうる。 そのような公共事業と無関係の要因を取り除いて、公共事業を増加させるとどれだけGDPが増えるのかを検証しなければならない」と述べている。 エコノミストのは「現在(2014年)の日本では、公共事業による景気対策を行っても建設労働者の不足で事業が執行できないという状況になっている。 今回(2014年4月)の消費税増税後に予想されていた需要不足に対して、5. 日本全体で建設関連の労働者不足が起こっており、公共事業を増やしても景気の下支え効果が期待できない状況になっている」と述べている。 村上尚己は「建設セクターで人手・材料不足が起きているに、市場メカニズムを無視して、供給力を上回るの発注が実現している。 増税によって集められた税収が、限定的なセクターに対して非効率に配分されている」と述べている。 高く評価する」と歓迎し、投資減税などの5兆円規模の経済対策についても「消費増税のネガティブな側面を下支えする効果が期待できる」とした。 ポール・クルーグマンは「せっかくアベノミクスを始めたのに、いまこの時期に消費税を増税することは、日本経済の復活のために、何のプラスにもならない。 本来なら、デフレを完全に脱却してからやったほうが安全である。 ちょうど光が見えかけていたのに、増税によって消費が落ち込む可能性がある 」「すでに消費増税という『自己破壊的な政策』を実行に移したことで、日本経済は勢いを失い始めている。 このままいけば、日本はデフレに逆戻りするかもしれない 」と述べている。 クルーグマンは当初アベノミクスに肯定的な見解を示していたが、2015年頃より「日銀の金融政策は失敗するかもしれない」「金融政策ではほとんど効果が認められない」として政策の早急の修正を主張した。 ジョセフ・E・スティグリッツは、経済の回復が安定状態に入る前に消費税率を引き上げる安倍首相の戦略のせいで、日本経済は2014年、失速の危機に見舞われるだろうと述べている。 2014年、ロバート・シラーは都内の講演で、安倍首相と面会し、アベノミクスに感銘を受けていると話したとする一方で、市場は人々の心理に依存するためアベノミクスの成功がいつまでも続く保証はないと指摘した。 浜田は、のように経済学者が毎年の1パーセントの税率の段階的な引き上げを提案した ことを付け加えた上で、消費税引き上げは長い景気後退とデフレーションからの復活を始めた日本経済を傷つける恐れがあると警告した。 彼は日本へを適用することで、日本銀行による金融緩和はそれの負の効果を帳消しにできることを予測する。 国内の通貨の引き下げはに合っていればそれの輸出を上げられる。 もしそうでなければ、貿易のバランスは悪化しだす。 2011年の以来、日本の原発は停止され、電気を補うためにを日本は輸入し、電力コストが上昇した。 発電所の再稼動はいまだ論争中である。 原子力発電なしには、化石燃料における大きな依存とそして輸入において増大する信頼にしたがって、そのマーシャル・ラーナー条件は合わないだろう。 は「(2014年4月の)消費税増税が人々の予想に負の影響を与えた。 アベノミクスは振り出しに戻ってしまった」と述べている。 は「個人消費、設備投資、住宅投資、インフラストラクチャー投資、すべて縮小してきている」と述べた。 本田によれば、持続的な経済成長には賃金上昇が不可欠であり、この延期期間を賃金が上昇するための猶予期間にすることができるという。 本田は、実質賃金の減少は2014年の消費増税によるものとしており、「このままだと経済の好循環が確認できなくなる」と述べた。 は「アベノミクスを経済政策として支持していた人の多くは増税に反対しており、安倍首相の政策だからという理由で金融緩和・財政出動に反対していた人は増税に賛成している、という構図がある。 アベノミクスという政策パッケージと消費税増税にはまったく関係がない。 アベノミクスという経済政策の枠組みとは、成立過程がまったく別のものである」と述べている。 は「アベノミクスは最初の1年半は、うまく行っていた。 実際に引き上げたら、景気は失速してしまった。 しかも、マイナスの影響は予想以上に大きく、長期化した」と述べている。 法人税減税 [ ] 詳細は「」を参照 はその経済効果におけるをもったことを主張するアベノミクスからの大企業や富裕層だけが利益を得ているのを批判することに反対した。 日本が投資を引き寄せるためには(現行の)35%の法人税を24%にまで引き下げることが必要だと言った。 日本の若年層を助けるためにその課税体系を変える必要があるとは言った。 そのことは世界の大きなの経済は富裕層や企業に10%から20%まで課税すべきであることを示唆する。 はアベノミクスの第4の矢になりうると彼は見ている。 国内での不平等を低下させるにはVAT(消費税) の引き上げは悪い方法だったことも、彼は付け加える。 合衆国やイギリスで、富裕層への減税がなされていたとしても、大企業は彼らの雇用を引き上げるのに使うのではなく、それを彼ら個人の利得として使いたがるだろう、ことをジョセフ・スティグリッツは示唆した。 成長戦略(第三の矢) [ ] は「アベノミクスの成長戦略は、的なターゲット政策・官民ファンドが中心であり、規制改革・民営化は副次的である」と述べている。 安倍内閣の産業競争力会議メンバーであるは「経済を成長させるためには、規制改革を進めなければならない」「日本経済を動かすには、枠組みを変えなくてはいけない」と述べている。 の教授 は、「第三の矢は供給能力を高める政策、政策である。 第三の矢が景気を押し下げる効果は他の政策(第一、第二の矢)の景気拡大効果には及ばない」と指摘している。 は「スティグリッツ的なに向けさえすれば」と条件付でアベノミクスを肯定しているのと同時に、「今のアベノミクスは内部にとケインズ主義が混在すると言う矛盾を抱えている。 そして成長戦略と言う三本目の矢は、明らかに新自由主義に向いている。 それは日本の経済、社会、政治そして倫理の根幹をも腐らせる毒の矢になりかねない。 日本経済がデフレ脱却するには数年の時間がかかるかもしれない。 その間に公共投資悪玉論や財政健全化論が再燃し、新自由主義が支配的になった場合、日本の希望の灯火も消える。 安倍首相が新自由主義者を退け、スティグリッツ氏の理論を取り入れる事を切に望みたい」とまとめている。 は「第3の矢は、金融緩和の足を引っ張るだけである。 そういうことが課題となるのは、になった後である」と指摘している」と述べている。 論説委員のは、「私自身は100点満点で70点と採点する。 もちろん合格点である」「増税前までは実に3四半期連続で2. この1点をみても、アベノミクスは4月まで完全に成功しており、ただ1つの失敗が消費増税だったことがあきらかだ。 だからこそ、ここで軌道を戻す必要がある」と述べている。 は、「アベノミクスを全否定するということはあるべき経済成長のためのツール全てを否定することなる」、「日本のメディアには経済成長を否定しているところもあり、たとえばがアベノミクス批判を強めるのは、道理としては理解できる」と述べている。 経済評論家のは、アベノミクスや外交政策、軍事政策によって引き起こされる日本国民、日本経済の危機、損失()、「アベノリスク」と批判し、アベノミクスの「三本の矢」を「」と表現している。 スタグフレーション [ ] 銀行ウェルス・マネジメントは「アベノミクス」が失敗すればに突入すると述べている。 ウォール・ストリート・ジャーナルは「2014年4月1日からの消費税率の引き上げ敢行という決断は、安倍首相が前任者たちと同様に、財務官僚とケインズ主義経済学の囚人だということを露呈させた」「景気刺激策を装った公共支出は、過去20年にわたって成果を上げていない。 それでも安倍首相は増税と公共支出で日本に繁栄をもたらせると信じている」と述べている。 公共事業支出や低所得者層への現金配布などの景気刺激パッケージについて、7. 5兆円と予想される増税での増収を帳消しにしてしまうと述べている。 2014年、日本の2014年7-9月期のGDP速報値が2四半期続けてマイナス成長となったことについて、は「日本が景気後退入り」と報じ、ウォールストリート・ジャーナルは「景気後退とみなされる」と報じた。 2015年、北京大学経済学部のは「アベノミクスによって、日本経済はに陥るだろう」と述べている。 格差・労働市場 [ ] 経済アナリストのは「アベノリスク」として、安倍政権によって悪夢のような、利権社会がやってくるとしている。 森永は「2013年7月の後、アベノミクスに沸く中、静かに進む社会変革。 その動きは一気に加速する。 安倍政権が目指すのは、超、かつ強烈な利権社会である。 「そんなこと、おとぎ話だ、妄想だ」と躍起になって否定する人は多いだろう。 体制側にいる人ならなおさらである。 しかし、庶民にとっての悪夢が現実となってからでは遅いのである」と主張している。 教授 は「の切り下げは、アベノミクスの負の側面である」と指摘している。 の准教授 は、「アベノミクスの一本目の矢は、決して金持ちの味方・貧乏人の敵ではない。 所得に関しては中立であり、むしろ格差是正的な側面もある」と指摘している。 教授は、日本の頑固なデフレーションは1997-1998年から減り始めた賃金下落によって生じたとし、賃金上昇によるデフレ克服を提唱した。 しかし、岩田規久男、本田悦朗、浜田宏一は吉田に同意しなかった。 浜田はもし賃金が上がったなら、企業は雇用水準の維持が保てなくなる、と反論した。 は「正規雇用の労働者数が減っているのというのは、団塊世代の正社員が退職している影響が大きく、単純に悪いことだとはいえません。 非正規雇用の労働者数が増えているのは、本でも触れていますが2013年に増えたのは女性の30〜40代のパートタイマーです。 (52ページ)。 こういった人たちの多くは、民主党政権時代に起こったリーマン・ショックからの景気低迷で、職を失った人なんです。 職を失った人が再び職を得られるようになったことを、非正規化の進行と理解するのは短絡に過ぎます。 」と述べている。 また片岡は「名目所得の増加を超える物価上昇率の高まりによって、実質所得が低下していることを問題にするのであれば、早すぎた消費税増税を断行したことこそ批判すべき」と述べている。 は「実質賃金が大きく下がり続けているのが安倍政権の特徴である。 消費税増税前からマイナスが拡大しており、消費増税だけが原因ではない。 日銀の金融緩和による物価上昇もその1つの要因である」と述べている。 2015年2月4日、日銀の副総裁は、仙台市での金融経済懇談会の講演で「消費税引き上げによる実質賃金の引き下げ効果を除くと、一般労働者・パート労働者の実質賃金は前年比で大きく落ち込んではいない」「最終的に実質賃金は上昇に転じる」と述べている。 2017年にジェームズ・メーガは、一億層中流化は既に過去の話であり、アベノミクスは格差拡大を助長し、賃金がほぼ上昇していないことや東京のみがアベノミクスの恩恵に預かっていると指摘した。 他方で、は相対的貧困率の低下を根拠に、「(2017年時点で)日本の所得格差は縮小している」と述べている。 デフレ [ ] 大学院の教授 ・国際金融論 は、アベノミクスを「アホノミクス」と称している。 浜によれば、株やの価格が上がるは起きるものの、が生活に必要とする商品の物価は上がらずになるとしており、得をするというのは富裕層のみであり、庶民にとっては厳しい経済状況になるとしている。 また、浜は週刊誌『』2013年7月10日記事においてアホノミクスは「バブルムードを引き起こして人々をたぶらかすような政策」で、が上がり続けて騒がれているのは、何となく安倍ならばやってくれるというムードからであるとしている。 の業績が伸びたりが昇給となっているのは、一部ののみであり、アホノミクスは0点としている。 「アホノミクス」はのの候補にされた。 のは、「大胆なに加え、景気の下支えには政府のが必要」「私たちが一番恐れるべきはだ。 アベノミクスの第1の矢は極めて正しい」と述べている。 国家安全保障ほか [ ] 「」および「」も参照 「」は、の台頭に関係するアベノミクスは、のの再来でもあり、経済政策というよりもであるとした。 元のは、「アベノミクス」を推進すると発言しただけで、株価が上がり、円高も是正された点を評価しており、アメリカによる情報戦に振り回されなかった政策であるとしている。 者のは、アベノミクスは過小評価されているとしている。 その理由として、安倍政権が進めている外交・安全保障政策は政治思想に直結するものであるためマスコミの取り上げ方も大きくなり、本来的にはリベラル的な経済政策であるアベノミクスを支持したいはずの左派勢力にとっては、安倍政権の思想的DNAが気に入らないのでイデオロギー的に支持できないのではないかとしている。 憲法学者の神戸大学名誉教授は、「『アベノミクス』なるものによって極端な円高が是正され、輸出企業の業績が回復して株高にもつながった、として、なにやら景気が良くなったような雰囲気が作り出されている。 それで多くの国民の生活が楽になったわけではないのに、そういう雰囲気が「右翼の軍国主義者」(受賞の際の安倍の挨拶)の首相への支持につながっているのであろう。 多くの国民は、彼が「右翼の軍国主義者」であるから支持しているというわけではない。 彼の経済政策によって景気が良くなり自分たちの生活も楽になるかもしれない、という期待で支持しているのだと思う。 だが、話は古くなるが、600万人もの失業者を抱えていた1930年代のドイツで、1933年1月にヒトラーが政権について以後わずか3年で完全雇用の状態に改善され、そうした経済政策上の成果がヒトラーに対する国民の大きな支持の一つの理由になった、といわれている。 そうしてヒトラーを支持したドイツ国民が、その後どのような運命をたどったかは、語るまでもなかろう。 「右翼の軍国主義者」を経済政策だけで支持していると、同じ目に遭うことになりかねない。 」と批判した。 の東京大学名誉教授が「アベノミクスは本当に成功したのか」と尋ねたところ、安倍は「アベノミクスは『やってる感』なんだから、成功とか不成功とかは関係ない」「何かをやっている感じが大事だ」と答えたという。 御厨は「本人がそう言ってはダメ」「アベノミクスとは何か、今でもよく分からない」と述べている。 アベノミクスの成果と評価 [ ] この節のが望まれています。 この項目では(新公共経営、新公共管理、NPM)の視点から、アベノミクスの成果・効果の測定を行なう とともに、内閣府広報での数値も紹介する。 (時点で未達成) 労働市場 [ ] 失業率 2012年11月4. 2013年11月時点で非正規雇用者が1964万人と過去最多となり、正社員有効求人倍率は0. 63倍、大半の新規求人は非正規である。 賃金低下 2013年のフルタイム労働者の平均月額賃金が前年比0. 2014年7月実質賃金は前年比6. 国内総生産 [ ] 名目GDP 2012年(10-12月期)493兆円 2019年(7-9月期)559. 2兆円(物価上昇を除いた実質でも43兆円増) 実質GDP成長率 2013年2. 5月末の株価大変動と円高で市場が乱高下し、経済金融アナリストのはの増大を懸念している。 (2017年3月末1万8909円26銭) 消費動向 [ ] 物価指数 前年同月比 6月に入り始めてインフレ方向に転じた 2012年11月-0. しかし百貨店の総売上は0. スーパーの売上高は対前年比-4. 6、6月44. 3、7月43. 6と2ヶ月連続で悪化。 一般世帯季節調整済みでは、5月45. 7、6月44. 3、7月43. 6である。 5 6. 3 59. 8 26. 7 6. 7 -32. 8 収入の増え方 0. 3 5. 4 61. 4 24. 2 8. 7 -35. 6 雇用環境 0. 3 18. 3 60. 9 15. 4 5. 0 -6. 5 耐久消費財の買い時判断 0. 4 15. 3 51. 7 26. 9 5. 6 -22. 0 資産価値の増え方 0. 6 11. 6 65. 0 17. 5 5. 4 -15. 5 企業収益・設備投資 [ ] 企業収益 2012年度48. 5兆円 2018年度83. 9兆円 については、2013年度計画(2012年比 は全産業で10. なお、2011年度実績に対する2012年度実績は、全産業で2. 投資動機では、全産業2013年計画で能力増強39. 3となっている これは設備投資額がキャッシュフローを上回ると答えた企業数が29. 地域別 資本金1億円以上 でも2012年度実績にたいする2013年度計画は全国全産業で9. 税収 [ ] 2012年度当初予算78. 7兆円 2019年度当初予算107兆円 法人税率 2012年25. 速報値は年率マイナス6. これは2009年以降で最大の下落率であり、専門家らはこの下落は消費税の増税のためであると述べる。 国債格付け [ ] 2014年-2015年に、3大格付け会社の、、はアベノミクスの効果を疑問視し日本のの格付けを下げている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 少数ながらに「 アベノミックス 朝鮮日報 2012年• ・でも Abenomicsが使用される 2012年12月26日,(誌、2012年12月26日),。 発音: イーコ ノミクス、 エコ ノミクス。 発音: イ(ー)カ ナーミクス、 エカ ナーミクス。 Oxford Learner's Dictionaries• 語形は「安倍」と "" の第二構成要素 "" で構成されたの形をとる。 メディアに売り込んでいたともされる:日本経済新聞朝刊2006年12月25日 論説主幹 岡部直明• G7後の会見(2013. 11)において、日銀の黒田総裁は、大胆な金融緩和はあくまでも「デフレを脱却するとの国内目的」のものであり、円安を意図したものではないと説明した。 円安は政府・日銀の公式な政策目標ではない。 小野善康・池田新介 2013 「経済学の活用法」『経済セミナー』2013年6・7月号。 小野はアベノミクス全体には批判的であるが、国土強靭批判には賛成している。 リフレ派である田中秀臣は、これら人以外に若田部昌澄、、安達誠司、飯田泰之、片岡剛士、村上尚己、、、、松尾匡、、、、、、、、、田村秀男、、、、を挙げている(田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、210-211頁)• この必要は、アベノミクス第三の矢の集大成である「日本再興戦略」 内閣府、2013年6月14日 でも言及されている。 1 「「成果目標 KPI 」のレビューによるPDCAサイクルの実施」およびII. 消費者態度指数(原数値)は、5項目の消費者意識指標のうち、「暮らし向き」、「収入の増え方」、「雇用環境」及び「耐久消費財の買い時判断」の4項目の消費者意識指標(原数値)を単純平均して算出する。 報告書「利用上の注意」より。 意識指数では、変化の方向が読み取りにくい。 重み付きDIでは、「良くなる」から「悪くなる」を引いており、マイナス数値が大きいほど、強い悪化が予想されている。 なお、重み付DIは以下で定義される。 日本経済新聞 2012年12月24日• 2018年7月15日閲覧。 2018年7月15日閲覧。 2013年6月14日. 2016年7月31日閲覧。 日本経済新聞 2013年1月7日. 2016年10月1日閲覧。 青山繁晴、須田慎一郎、三橋貴明「アベノミクスが激論で解けた! 」(小学館)• 現代ビジネス 2013年• 2013年1月26日付朝刊24面(特集)「話題の発掘 ニュースの追跡」『アベノミクス 実体は? ムード先行 期待と不安』より。 「レーガノミクス」が由来と記載している。 朝日新聞2006年11月28日「どうする財政 安倍成長路線の下で」第1回• 2016年5月6日閲覧。 Reuters• 2013年4月19日. 2016年7月31日閲覧。 時事ドットコム 2014年8月7日• 日テレNEWS24 2012年12月26日• Bloomberg 2012年12月5日• 東洋経済オンライン 2013年2月8日• Reuters 2012年12月6日• Reuters 2012年12月19日• 毎日jp(毎日新聞) 2013年9月10日• Bloomberg 2012年11月28日• 日本経済新聞 2013年2月11日• 日本経済新聞 2013年2月11日• 産経ニュース 2013年2月11日(2013年2月11日時点のインターネット・アーカイブ)• 朝日新聞デジタル 2013年2月11日• 5「アベノミクス第1の矢は放たれた! 黒田日銀が大胆な「量的・質的金融緩和」を打ち出し、今後の焦点はいよいよ"規制改革"に!」• 日本経済新聞 2013年• ZAKZAK 2013年2月21日• 日経ビジネスオンライン 2013年2月27日• Sring , pp. 75-92. MSN産経ニュース 2013年8月1日• DIRコラム• NHKニュース 2013年10月7日• 現代ビジネス・ニュースの深層• 田中陽 2013年7月12日. 2016年11月3日閲覧。 MSN産経ニュース 2013年9月8日• 2015年9月25日. 2016年11月3日閲覧。 内閣官房 一億総活躍推進室. 2016年11月3日閲覧。 2015年10月7日. 2016年11月3日閲覧。 2016年9月26日. 2016年11月6日閲覧。 AEI Mar 1 2008• 2013年8月26日閲覧。 The Economist. 2013年5月18日. 2013年5月29日閲覧。 Wall Street Jurnal Aug 11 2012• Bloomberg Apr 5 2013• Wall Street Journal Aug 11 2012• Bloomberg Apr 5 2013• Bloomberg 2013年12月24日• ワールドビジネスサテライト 2013年12月24日• 時事ドットコム 2014年4月17日• AP, The Guardian, World, 27 Nov 2015• Reuters 2013年1月22日• Reuters 2013年1月22日• 47NEWS(よんななニュース) 共同ニュース 2013年2月9日• Bloomberg 2013年2月9日• 時事ドットコム 2013年• YOMIURI ONLINE(読売新聞) マネー・経済 経済ニュース 2013年2月23日• YOMIURI ONLINE(読売新聞)2013年9月26日(2013年9月28日時点の)• J-CASTニュース 2013年9月26日• 産経新聞. 2013年12月30日. 2013年12月30日閲覧。 MSN産経ニュース 2013年10月1日• 日本経済新聞 2013年10月12日• 日本経済新聞 2014年1月24日• 毎日新聞 2014年4月1日• 日本経済新聞 2014年4月16日• Reuters 2014年7月11日• MSN産経ニュース 2014年8月18日• 2016年1月4日. 2017年2月13日閲覧。 2017年1月20日. 2017年2月13日閲覧。 日本経済新聞 2013年11月15日• Reuters 2013年11月15日• 日本経済新聞 2014年11月4日• Reuter 2014年11月17日• Bloomberg 2013年10月15日• MSN産経ニュース 2013年10月23日• 2015年2月4日衆議院予算委員会、 Reuters 2015年2月4日• ダイヤモンド・オンライン 2012年• 毎日jp(毎日新聞」) 2012年12月15日• スポーツ報知 社会 2012年(2012年12月27日時点のインターネット・アーカイブ)• Reuters 2012年11月15日• Reuters 2012年• Reuters 2012年• サーチナ 2012年• 2012年• 産経新聞 2012年12月19日• 中日新聞 2013年10月12日• 三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所 2014年12月1日• 2012年• 日刊ゲンダイ 2016年3月10日• 、SankeiBiz 2013年3月11日• NHKニュース 日本放送協会. 2013年5月10日. の2013年5月10日時点におけるアーカイブ。 2013年5月10日閲覧。 Reuters 2013年6月5日• Reuters 2013年6月5日• SankeiBiz 2013年6月6日. 2013年6月6日閲覧。 日経ビジネス 2014年10月31日• 東京新聞 2014年12月15日 夕刊• 総務省統計局• 『日本経済新聞』2015年2月17日• 読売新聞 2015年4月10日• 日本経済新聞 2015年4月22日• 朝日新聞 2015年4月22日• 日本経済新聞 2015年5月28日• Pesek, BloombergView, Asian economy, 4 Jun 2015• 中日新聞 2016年2月16日• 総務省統計局• 時事通信 2月16日• 総務省統計局 2017年2月17日• 日本経済新聞 2016年11月18日• 日本経済新聞 2017年2月6日• 総務省統計局 2017年2月17日• TOKYO Web. 2017年2月18日. 朝日新聞 2017年2月26日• ロイター 2017年5月11日• 日本経済新聞 2017年12月25日• 日本経済新聞 2018年1月23日• 日刊工業新聞 2018年2月16日• 日本経済新聞 2018年2月7日• 朝日新聞 2018年2月16日• 2019年2月15日. 2019年6月9日閲覧。 2019年3月20日. 2019年4月2日閲覧。 京都新聞. 2020年2月7日. 京都新聞2020年2月18日朝刊• 京都新聞2020年3月10日朝刊p14• 京都新聞2020年3月14日朝刊p14• 京都新聞2020年3月27日朝刊p2• 京都新聞2020年4月24日朝刊p3• 京都新聞2020年4月26日朝刊p2• 京都新聞2020年4月28日朝刊p10• 京都新聞2020年5月14日朝刊p12• 衆議院インターネット審議中継 2013年2月12日. 2013年2月13日閲覧。 産経新聞 2013年2月13日. 2013年2月13日閲覧。 産経新聞 2013年2月13日. 2013年2月13日閲覧。 山陽新聞• 毎日新聞 2013年2月5日 2013年2月13日閲覧• 山内康一の「蟷螂(とうろう)の斧」 2013年2月5日 2013年2月13日閲覧。 朝日新聞• 日本経済新聞• 日本経済新聞• 産経新聞• 時事通信2012年12月24日• ロイター2012年12月25日• ロイター2012年12月25日• 2013年1月26日(2013年1月26日時点のインターネット・アーカイブ)• テレ朝news 2012年11月25日(2012年11月27日時点の)• 日本経済新聞 2012年11月25日• Bloomberg 2012年11月25日• 毎日jp(毎日新聞) 2013年1月30日• YOMIURI ONLINE(読売新聞) 政治 2013年1月30日• 2013年1月30日(2013年1月30日時点のインターネット・アーカイブ)• 時事通信2013年1月30日• Reuters 2013年2月7日• 時事ドットコム 2013年2月7日• SankeiBiz 2013年2月13日. 2013年2月13日閲覧。 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月7日• NHKニュース 日本放送協会. 2013年5月19日. の2013年6月1日時点におけるアーカイブ。 2013年6月1日閲覧。 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年6月25日• 日本経済新聞 2013年7月3日• 朝日新聞デジタル 2013年7月19日• NHKニュース 2014年9月28日• 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年10月23日• Reuters 2014年10月28日• 日本経済新聞 2014年11月1日• 産経ニュース 2014年11月17日• 毎日新聞 2015年2月4日• しんぶん赤旗 2016年2月21日• YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月22日(2013年5月6日時点のインターネット・アーカイブ)• のコラム、 ZAKZAK 2013年1月15日• WSJ. com 2013年5月24日• PRESIDENT Online — プレジデント 2015年1月2日• 東洋経済オンライン 2013年10月17日• ウォールストリートジャーナル日本版2013年1月24日• 時事ドットコム 2013年1月24日0時45分配信• サーチナ 2012年11月27日• ロイター通信 2013年2月28日 14:59 JST、 産経ニュース 2013. 28 17:33(2013年2月28日時点のインターネット・アーカイブ)• MSN産経ニュース 2013年5月13日• NHKニュース 2013年1月22日• 時事ドットコム 2013年1月30日• MSN産経ニュース 2013年• 日本経済新聞 2013年2月12日• 現代ビジネス フライデー 2013年6月8日• スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2013年5月17日. 2013年6月1日閲覧。 NewSphere(ニュースフィア) 2013年10月2日• SankeiBiz(サンケイビズ) 2012年12月19日• 日本経済新聞2013年1月26日0:27電子版• 2013年3月22日. (英語)• 2013年3月27日. 三橋貴明の「新」日本経済新聞. 「」『』2013年3月22日。 NHKニュース 日本放送協会. 2013年3月21日. の2013年3月23日時点におけるアーカイブ。 2013年3月23日閲覧。 ジョセフ・E・スティグリッツ「」『kotoba』2013年夏号、集英社。 2013年11月27日. 東洋経済オンライン 2013年5月19日• 日本経済新聞 2014年12月22日• ダイヤモンド・オンライン 2014年12月25日• 日本経済新聞2015年8月6日• 『ハーバードでいちばん人気の国・日本』PHP新書2016. p138• Reuters 2014年3月31日• 2017年10月1日閲覧。 These include a clossal national debt burden, demographic decline, and the loss of competitiveness of Japan's key industries. There is a high risk of a fiscal crisis before 2020, and LDP's eventual replacement by new political forces.... Abe's.... 'three arrows' of 'Abenomics'.... represents the bolidest efforts in many years to rerire Japan's economy. Nontheless, 'Abenomics' reisks pushing the country towards a financial crisis over the coming ysars. (訳:安倍総理大臣と彼の自由民主党は日本経済の持続的な回復と国の構造的な苦悩の措置の見込みがない。 これらは莫大な国家の負債の重荷、人口減少、日本の鍵となる産業の競争力の喪失を含む。 財政上の高いリスクが2020年の前にあり、そして新しい政治的な影響力による自民党の政権交代が起こり得る。 …安倍の(「アベノミクス」の「三本の矢」と呼ばれるものは)…日本の経済が復活するよう数年にもわたり大胆な効果を現した。 それでもなお、国に圧力をかける「アベノミクス」のリスクは来る数年にわたり金融危機に向かう。 ZAKZAK 産経デジタル. 2013年4月9日. 2013年6月1日閲覧。 日刊ゲンダイ2013年3月7日号2面• Reuters 2013年1月7日• 中央日報 2012年12月18日• 中央日報 2012年12月18日• 朝鮮日報 2012年• MSN産経ニュース 2013年3月2日(2013年3月2日時点のインターネット・アーカイブ)• ,中央日報,2016年10月31日. 2018年2月5日、韓国経済新聞• daumニュース• 朝鮮日報2018年2月15日• 時事ドットコム 2013年• 時事ドットコム 2013年1月22日• ウォールストリートジャーナル日本版2013年1月24日• 時事ドットコム 2013年 3月7日• MSN産経ニュース 2013年10月1日• XINHUA. JP 2013年10月2日• 人民網日本語版 2015年1月4日• 時事ドットコム 2013年• 朝日新聞デジタル 2013年2月27日• YOMIURI ONLINE(読売新聞) 経済ニュース 2013年2月27日• Bloomberg 2013年4月5日• 日本経済新聞 2013年4月6日• IBTimes 2013年4月18日• AFPBB News 2013年6月7日• 時事ドットコム 2013年10月2日• MSN産経ニュース 2014年2月12日• Bloomberg. 2016年12月16日. 2017年4月8日閲覧。 MarketWatch. 2017年2月23日. 2017年4月8日閲覧。 ウォールストリートジャーナル日本版2013年• IBTimes 2013年4月18日• 時事ドットコム 2013年2月13日. 2013年2月13日閲覧。 日本経済新聞 2013年2月13日. 2013年2月13日閲覧。 ロイター 2013年7月10日• Reuters 2013年7月16日• com 2013年8月2日• テレ朝news 経済ニュース 2013年5月31日•

次の