ジュディ マリ takuya 現在。 【インタビュー】元ジュディマリTAKUYA、佐久間氏と目指した音楽とは

ジュディマリの解散理由とは?TAKUYAやYUKIの現在は?恩田快人も今何してんの?

ジュディ マリ takuya 現在

JUDY AND MARY結成から解散まで 恩田とYUKIが出会う JUDY AND MARYは4人編成のバンドです。 バンドの結成はリーダーでありベース担当の恩田快人(おんだよしと)と、 ボーカルYUKIの出会いから始まります。 1991年6月映画「いつかギラギラする日」の撮影現場で、 当時エキストラとして参加していたYUKIと恩田快人は出会う。 恩田はジャクスン・ジョーカーというバンドのメンバーだったが、 そのバンドの一員としてこの映画に参加した。 この「いつかギラギラする日」は、 出典:goo. この映画の飲み会の場で、 YUKIは恩田にバンドをやりたいけど、 どうやったらいいか分からないと相談をしました。 後日YUKIにデモテープを送って貰った恩田は、 YUKIをボーカルにバンドを結成する事を決意します。 JUDY AND MARYは恩田快人、YUKI、 藤本泰司(ふじもとたいじ)を中心に結成された。 このJUDY AND MARYというバンド名は、 快活でポジティブな女の子ジュディと、 捻(ひね)くれた性格の、 ネガティブな女の子マリーという女の子の二面性を表しているという。 恩田がYUKIの為に作ったバンド このバンドは恩田快人が作ったバンドであり、 この時恩田はジャクスン・ジョーカーのメンバーであるから、 このJUDY AND MARYはいわば片手間で行なっていた。 当初JUDY AND MARYの曲の制作だとか、 ライブとかの費用は恩田快人が全て負担していて、 メンバーに恩田快人がギャラを払っていた。 恩田は当初このバンドは期間限定、 YUKIが独り立ちする時の名刺代りになればいいと考えていた。 そんなわけで、アルバム発表、ライブ終了後は解散状態になっていたのだが、 解散後恩田快人の中で、 このバンドへの思いが強くなり、 再結成する決意をして再びYUKIに連絡をしたのです。 このエピソードからして、 このJUDY AND MARYは恩田快人が全ての決定権を持っていた事が分かります。 YUKIにとって恩田快人は恩人と言ってもいい存在ですね。 TAKUYAが加入 その後このバンドにオーディションでTAKUYAが加わった。 出典:goo. JUDY AND MARYメジャーデビュー曲 1996年「そばかす」(作詞YUKI 作曲恩田快人)はオリコンチャート1位を記録1、 00万枚を売り上げ、翌年発売したアルバム「THE POWER SOURCE」は、 それまでのバンド史上最高のセールスを叩き出した。 その後の活躍はみなさんご存知でしょう。 2001年1月に解散を新聞で発表同年3月8日の東京ドームのライブをもって解散した。 JUDY AND MARYの解散の理由 JUDY AND MARYの解散理由は、 元々恩田快人が立ち上げ作ったバンドだったが、 TAKUYAがバンドを乗っ取ったと言われています。 1996年10月28日に発売された「クラシック」から、 1998年2月発売の「散歩道」以外のシングル全ての作曲は、 TAKUYAが担当している。 恩田が支配していたバンドが、 後から入ってきたTAKUYAの発言力が強くなり、 恩田がないがしろにされだした。 TAKUYAは俺が作った曲が売れて金になっているのに、 皆んなと同じ取り分じゃやってられないぜ! と言い出したと言われています。 他のメンバーはTAKUYAのこの発言に、 ドン引きしたのかもしれませんね。 TAKUYAも良かれと思っていたのかもしれないが、 あまりにも恩田を軽視する雰囲気になった為、 バンドの生みの親である恩田はジュディマリから脱退する事を表明する。 TAKUYAは恩田の事を尊敬していたし、 恩田が作る曲から影響を受けたと発言していて、 自分で恩田の事をライバル視していたのだ。 そんなJUDY AND MARYの雰囲気がダルくなったのかは知らないが、 恩田は「じゃあ俺辞めるわ、俺がいなくてもやっていけるだろ?」 と皆んなに対して発言した。 TAKUYAは自分の作曲とYUKIが歌えば安泰だと思っていたが、 自分をすくい上げてくれた恩田に恩義を感じるYUKIは、 恩田が脱退するのであれば、解散すると言った。 後のインタビューでYUKIは恩田に対して 「私を拾ってくれてどうもありがとう」と涙を流した。 ドラムの五十嵐公太もじゃあ解散で!という事で解散した。 メンバーは今何やってんの? YUKI 現在ソロとして活躍中、マイペースに音楽活動を行なっている。 40代になった今でもカワイイ!と評判です。 昔から可愛かったのですが、 今はカワイイというより綺麗と言った方がいいのではないでしょうか? 奇跡の40代と言われています。 現在もそのカリスマ性は健在でYUKIの事が大好きな人は男女問わず多い。 プライベートでは、 真心ブラザーズの倉持陽一と結婚して子供三人を出産している。 2016年7月にリリースされた、 「ポストに声を投げ入れて」のミュージックビデオです。 TAKUYA 他のアーティストへの楽曲の提供、 ギター教則アプリの販売、「商店街バンド」というお笑いと音楽、 芝居を融合した新しい試みを展開中、 後は酒飲んでるかゲームしてるかって感じです。 近況はTwitterで確認できます。 だら飲み。 — TAKUYA takuya54it アメリカザリガニ久しぶりに見ました。 まだ生きていたんですね。 嬉しいです。 恩田快人 JUDY AND MARY解散後はプロデュース、 楽曲提供の傍(かたわら)でいろんなバンドを結成している。 一番最近では、辻仁成がボーカルのZAMZA(ザムザ)というバンドでベースを担当している。 このバンドのドラムはJUDY AND MARYのドラム五十嵐公太です。 五十嵐公太 JUDY AND MARY解散後は、 サポートメンバーやスタジオミュージシャンとして活躍している。 デーモン閣下やガクト、などの作品に参加したり、 様々なバンドに参加している。 TAKUYAの商店街バンドにも参加しているし、 恩田快人のバンドにも参加している。 JUDY AND MARYの事を振り返っているとバンドっていうのは、 それぞれ違った個性の融合で奇跡を起こせるんだなぁという事と、 その反面、その強い個性から来る考え方の違いから、 お互いにぶつかり合い解散していくんだなという事を感じました。 このバンド復活して欲しい! と思っている人はかなり多いんじゃないでしょうか。 芸能人の記事まとめページ (スポンサーリンク) カテゴリー•

次の

解散したジュディマリ再結成YUKIが断る理由 TAKUYA恩田快人との仲

ジュディ マリ takuya 現在

TAKUYAの現在のYUKIとの仲。 解散理由は恩田との確執? ジュディマリの解散理由の憶測の1つに、 多く言われているのがユキさんとTAKUYAさんの確執です。 付き合ってるという噂が出ることに違和感があり、 そのことをよくは思っていなかったそうです。 TAKUYAさんはユキさんのことが好きだったと、 公で公表したこともあるので、 その発言も何らかの影響があったのかも? ポジティブな意味の「ジュディ」とネガティブな意味の「マリー」と、 その2つが合わさってこそのジュディマリでしたが、 後半はジュディ色ばかりが強くなってしまい、 出だしの頃よりも楽曲に偏りが出てしまいました。 作詞や作曲などで恩田さんの立ち位置がブレたことや、 TAKUYAさんやユキさんが大きく成長しすぎたことに、 その確執が生まれてしまったそうです。 年長のドラムはメンバーのバチバチを埋めることができず、 最後の最後まで無言の戦いがあったとされます。 最終的にはTAKUYAさんが力を持ちすぎ、 バンド内のバランスが崩れたと言われています。 最後のアルバムに至っては、 ほとんどがTAKUYAさんの作曲。 それでも完成度が高かったことが、 逆に良くなかったみたいです。 「失敗がなさすぎた」というのが、 バンド解散の理由の1つと言えるでしょう。 「みんなが力を合わせなきゃダメになる!」ではなく、 「自分がもっと前に出ないとダメになる!」って気持ちが先走っていたのでしょう。 スターだらけのバンドの末路というのは、 常にファンを寂しくさせます。 それでも解散して何年も経った今でも、 TAKUYAさんはジュディマリメンバーに誇りを持っているそうです。 1991年にSKAFUNKでデビューしてから25周年となるTAKUYAが、インタビューのなかでJUDY AND MARYでヒットした『Over Drive』について「半端ないのが出来た」と当時の昂ぶりを明かしている。 そんななか9月5日、『TAKUYA(takuya54it)ツイッター』に渋谷クワトロで開催する自身のライブについて告知すると、「だったらOver Driveやればいいのに笑」とツイートがあった。 それに対して「あれは、バンドでしかやりたくないの。 あのメンバーで」と返したところ、別のファンから「もう、聴けないと思うけどあの時のメンバーでの演奏聴けたのは、宝です」とコメントが届いた。 「ラッキーです! もう聴けないと僕も思います」というTAKUYAに「あのメンバーで」「その言葉だけでうれしくなりました!」「そんな事言われたら泣けてきちゃう…」と多くのフォロワーが感動している。 excite. html 代表曲の「オーバードライブ」に関しては、 今でも簡単に演奏なんてしない、大切な曲として思い出に眠らせているそうです。 解散後のTAKUYAさんの各方面のコメントを見てる限り、 あの頃のジュディマリに誇りを持っており、 再結成や「またやりたいか?」などの話は曖昧ながらも、 仲間やスタッフに感謝の言葉を述べることが多いです。 解散後の仲については、 あまり情報は出てこないですね。 ユキさんに関してはジュディマリの最後の時期は、 作詞などを巡って衝突することもあったそうです。 グーンと成長していった忙しい時期だったと想定すると、 本来の自分では考えられない言葉や行動が出たりします。 若き日々のTAKUYAさんやユキさんのプレッシャーは互いにわかっていたと思いますので、 いくらもめた過去があったとしても、その部分で憎しみ合うことは絶対にないことでしょう。 時間と急成長によってジュディマリの方向が定まらなくなってしまったとしても、 当時を死に物狂いで頑張った証はしっかりと多くの楽曲に残ってます。 最悪の状態になる前に解散を発表し、 最後にライブができたのは良いことだったのかもしれません。 TAKUYAがももクロのバッグバンドに参加 画像・動画 TAKUYAさんといえば、 今年になってももクロのバッグバンドを務め話題になりました。 あのジュディマリのTAKUYAさんがどうして?と衝撃を受けた方も多いと思いますが、 ももいろクローバーZが、2017年4月8日と9日に埼玉県・富士見市で開催したライブ【ももクロ春の一大事2017 in 富士見市~笑顔のチカラつなげるオモイ~】が映像作品化。 10月25日にLIVE Blu-ray&DVDとしてリリースされる。 同ライブは、富士見市のPR大使である有安杏果にフィーチャーしたセットリストや、「行く春来る春」の初ライブパフォーマンス、元JUDY AND MARY・TAKUYAのバックバンド参加など、見逃せない内容が目白押しとなった。 2日間で45,178人を動員、ライブビューイングには約15,000人が来場し、約7万人がライブを体感している。 billboard-japan. その話題になった音の一部が、 TAKUYAさんのギターの音だったと知ると、 なんだか不思議な気持ちになります。 現在は音楽プロデューサーとしての顔も持ち、 若い頃とは違った形で音楽と関わっています。 きっとジュディマリを愛している人は、 現在のTAKUYAさんの動向も追っていると思いますが、 近年の別方面での話題は、嬉しいのか嬉しくないのか・・・。 やはり、最後の最後にはジュディマリで弾く姿をもう一度見たいと願うと思いますが、 その願いが叶う日は来るのでしょうか? 今年に入ってソロ活動をしていたユキさんが、 所属先との契約を円満で打ち切ったということで、 「もしかしたら?」と胸を膨らませた方も多いことでしょう。 ユキさんはまだまだ元気に歌えて、 TAKUYAさんは多くの活動で視野を広げて、 各メンバーが長年の時を重ねて、成長を続けています。 いつまでも引きずってしまうのは仕方ないことですが、 その想いを持って想像して、TAKUYAさんを見ているのが最高に楽しいのかもしれませんね!.

次の

元ジュディマリがアマ大会に出場する理由(TAKUYA)。現在の活動と再結成の可能性、YUKIとの関係は仲良し?(画像・動画)

ジュディ マリ takuya 現在

JUDY AND MARY再結成の可能性はない!?YUKIが拒否!? 2019年6月30日東京・代官山のライブハウスで《今だから語ってしまおうトークJAM》というイベントが開催されました。 (ボーカルのYUKIさんがいないと話にならないのでは...) YUKIさんはいませんが150枚のチケットは即完売したとのことです。 JUDY AND MARY復活についてはどうやらYUKIさんがソロ活動を重視しており、復活させるとソロ活動が薄らぐのが嫌なので拒否しているそうなのです。 JUDY AND MARYのCDリマスター発売に関してもYUKIさんはソニーに圧力をかけて止めているのだとか。 ベースの恩田快人さんとドラムの五十嵐公太さん、ギターのTAKUYAさんこの3人は仲がよくしょっちゅう会っているといいます。 しかしYUKIさんとはソニーを通じて会いたいと伝えるが毎回折り返すと言われたまま、その後連絡はこないようです。 ジュディマリの再結成について、どのようにお考えですか? 元メンバーは、連絡すらとれないようですが? 「……、……」 呆然と立ち尽くすYUKI。 「……、……」 数秒の沈黙。 すると、彼女が返答するのを遮るように、女性マネージャーが『週刊女性』の前に立ちはだかる。 そして、YUKIを車の中へ……。 そこで女性マネージャーに、かつて五十嵐と恩田がYUKIのコンサート会場へ行って会いたいと伝えても門前払いだったことを伝えると、 「それは、当時は私にも上司がいましたので、そのあたりは、どのように対応したのかはわからない」と答えると、個人事務所の連絡先を告げて、その場を立ち去った。 後日、改めて個人事務所に取材を申し込んだが、「回答は差し控えさせていただきます」という返答だけだった。 yahoo. tokyo-sports.

次の