こどもちゃれんじ すてっぷ。 こどもちゃれんじの年中(すてっぷ)の口コミ!2年続けて感じたメリット・デメリットは?

こどもちゃれんじ(年中)すてっぷ!賛否両論の口コミの読み方/活かし方

こどもちゃれんじ すてっぷ

こどもちゃれんじすてっぷ5月の付録、教材を使ってみた 5月の付録、教材はこれ• スライダーゴーゴー• ふしぎはっけんえほん• キッズワーク• ふしぎはっけんシアター• お手伝い隊員証• なぞりんカード5月号 それでは一つひとつ見ていきましょう! スライダーゴーゴー レゴにハマって2、3時間集中して遊んでいる息子 考えて完成させるのが好きな様子。 実は、このスライダーゴーゴーもちょっとした組み立てが必要です。 ブロックを積み上げたり、橋パーツを繋げたりして遊びます。 中でも普通のブロックとは違うのがこれ この矢印、見てください。 車が通る度に、この中にあるストッパーの向きが変わり車は交互に出ていきます。 この矢印の先にどちらも道がないと、道がない方は車が落ちてしまう仕組み。 この初めて出会いました。 ふしぎはっけんえほん 鯉のぼりの表紙が目印 この絵本でできることはこちら• きまりを発見する• つばめについて• お手伝いについて• こんなときどうする?• 季節について知る• 季節の工作 付録のスライダーゴーゴーの使い方を説明するために物語となり解説をしてくれていました。 どうやって使うのかな?という疑問が解決し、正しい使い方ができます。 正しい使い方をすることによって、考える力も育めるので毎回関心させられています。 キッズワーク こちらは総合コースの基礎 基礎をきちんと把握していないと応用が出てもつまずくかと思い、無難に 基礎コースへ。 基礎のほかには 基礎+応用、思考力特化コースがあります。 カラーページで絵がメインなので親しみやすい見た目。 ひらがなをなぞるところから、迷路や間違い探し、平面図形の絵合わせもあります。 1区切り事に切り取り線があるので、それを切り取って1枚ずつ取り組めます。 ちょっとキッズワークの内容が合わないかな?と思ったら途中からコース変更ができるので安心できるんです。 ふしぎはっけんシアター シアター!?確かに一気に赤ちゃん向けとは違い、子供向けに。 そして冒険風のストーリーで大人のわたしですらワクワクします。 しまじろうも成長中。 このDVDではこんなことが学べます。 つばめについて• ひらがなについて• スライダーゴーゴーの使い方• お手伝いについて そろそろつばめがいる季節 普段は何気なく生活してきた中で、新たに「つばめ」という生き物を発見できる内容でした。 DVD収納ケース、まじ助かる! お手伝い隊員証 お手伝いの冊子かな…ふーん。 と思ったのですが、これがなんと予想外なことが起きました。 DVDで おてつだいたいいんについて見ていた息子 この「お手伝い隊員証」を見つけ目を輝かせていました。 お手伝いをしたら、お手伝いの内容を記入してもらいます。 息子はここにご褒美シールを貼って達成! 目で見える化もでき、達成感も味わえるのでこれは意外に重宝しそうです。 なかなかお手伝いは進んでやらなかった息子でしたが、 このお手伝い隊員証のおかげで前より格段とお手伝いしてくれるようになりました。 次回の6月号では何と! お手伝い用のエプロンが付録についてきます。 これめちゃくちゃ気になっています。 形から入るタイプなら最高かも? だーめー! ちょっと喧嘩勃発 その対策としては、娘より早く起きてなぞりんで勉強をするに行きつきました。 息子はちょっと早起きをしてなぞりんを満喫しています。 ちょっと意外でした。 早起きもして、ひらがなを学んで理想的 飽きたら終わりですが、早起きをしようとしただけでもすごいです。 まとめ こどもちゃれんじの最強のところはなんと言っても教材が連動していることです。 付録、絵本、DVDと連動して使い方を丁寧に説明し、無駄なく活用できます。 月に一度定期的に、いろんな人が試行錯誤されて完成した付録が届くので安心して使うことができるし、忙しい中でも買いに行く手間や選ぶ手間が省けるので大助かりです。 教材も毎年少しずつ変化があるので、下の子である娘はこどもちゃれんじぷちを受講中です。 また6月号が届いたらレビューします!.

次の

2020年こどもちゃれんじすてっぷ5月号!付録や絵本のレビューご紹介

こどもちゃれんじ すてっぷ

「こどもちゃれんじは一番人気で口コミも良いし安心だよね!」 「お友達もやってるみたいだからうちも!」 こんな安易なノリで始めると、後々「全然やらなくて無駄になってしまった」という事態になることも…。 最悪の場合、教材選びに失敗して 勉強嫌いになってしまう可能性だってあります。 そうならないためには、事前のリサーチが超重要! ということで、 こどもちゃれんじを検討しているあなたが失敗しないように、年中コース(すてっぷ)の良し悪しが一発で分かる記事をご用意しました! 実際にもらえる教材を画像付きでご紹介しているので、本当に入会すべきかどうかの判断がひと目でわかります。 要点をまとめると以下の通りです。 毎月届く付録や知育玩具を目標に続けやすい• おもちゃで遊ぶのと同じ感覚で知育玩具を使ってくれる• メインワークのレベルも難しくなく、初めてのお勉強にちょうどいい• シールを使ったワークで子どもが楽しめる• DVDや絵本のお陰で、生活面のルールや友達付き合いが学べる• 知育玩具を上手に使うとお手伝いも積極的になる とりあえず思いつく限りを挙げてみました。 もっと他にもあると思いますが、 とにかく続けやすい教材だっていうのが一番です。 もちろんデメリットもないわけではないので、以下でまとめています。 もう少し頑張ってほしかった点 実際に受講して感じた こどもちゃれんじすてっぷのマイナス点は以下の通りです。 実物を見ないとわかりにくいと思うので、この後主な教材を写真付きでたっぷりとご紹介しますね。 【画像で紹介】こどもちゃれんじ年中コースのワーク ここからは、こどもちゃれんじのすてっぷのワークを紹介していきます。 たぶん文字で説明するより画像で見てもらった方が早いので、画像を多めにしてみました。 キッズワーク こどもちゃれんじすてっぷのワークは、 「キッズワーク」というオーソドックスな紙の教材です。 こちらがキッズワーク。 総合学習なので、読み書きだけでなく、数字や知識系、生活面など幅広いワークがあります。 だいたい28~32ページです。 これは普通のなぞり書き。 ミミリンとかトリッピーのお陰で楽しんで練習できます。 こちらはたし算の基礎練習です。 うちの子はまだ指折り数えていますが、5歳ならこれくらいができれば十分でしょう。 難しい言葉で言うと「必要条件」「絶対条件」になるようなワークもあります。 年中さんにとっては割と難易度高めです。 純粋な間違い探しもあります。 これ、実は大人でも苦戦するほどハイレベルで、5歳児にとっては結構難し目です。 7社を比較して感じましたが、なぞり書きの練習は、正直どの教材もあまり大差ないです。 しっかりやるなら、ワークだけじゃなくてノートにも書いて練習した方が上達します。 書くだけでなく、シールを使って「つ」の大小を学ぶページもあります。 個人的に嬉しいのが、各ページの狙いをきちんと明記してくれる点ですね。 親としても勉強になります。 正しい日本語を覚えるページや、 迷路で運筆を練習するページは、子供も楽しんで取り組めます。 ちなみに、 こどもちゃれんじすてっぷの無料お試し教材では、これと全く同じ「よみかきぐんぐんワーク」「キッズワーク」が貰えます。 公式サイト: こどもちゃれんじ年中コースの付録を画像で解説 続いて、こどもちゃれんじの目玉である「エデュトイ(知育玩具)」をご紹介します。 口コミでもあった通り、毎月工夫を凝らしたエデュトイに息子は大興奮。 翌月の案内を見て「早くこれほしい!」って待ち遠しくしていました。 正直、玩具は玩具なので、知育効果はよくわからないです。 でも楽しく学ぶことを第一に考えれば、やっぱりこどもちゃれんじの玩具は理にかなっていると思います。 ひらがななぞりん 口コミでも絶賛されていた、年間を通じて一番の目玉玩具が 「ひらがななぞりん」という、なぞり書き練習の教材です。 普通のノートPCより一回り小さいサイズ。 開くとこんな感じ。 ホワイトボードにペンで書くタイプでして、音声も流れます。 ホワイトボードの部分はビニールカバーで覆われていて、そこに紙のシートを挟む仕組み。 ペンは正直、結構安っぽいです。 キャップにホワイトボードを消すやつが付いています。 中身のシートは10種類以上。 普通になぞり書きするだけじゃ飽きてしまうので、ゲーム性が取り入れられているのが特徴です。 音声で案内してくれるので、子供は自分からすすんで取り組みます。 親は近くで見ているだけでOK。 まだまだ下手くそですが、書き順もしっかり学べます。 こどもちゃれんじEnglish(1回2,933円、年6回)• こどもちゃれんじプラス(545円~1,096円) 以下、それぞれ簡単に解説します。 こどもちゃれんじEnglish こどもちゃれんじEnglishは、本教材と同じように付録や絵本を上手に使って英語に触れることができる教材です。 出典: 隔月で届き、1回あたりが2,933円。 本教材よりも高いんですが、早いうちから英語に慣れさせたい方は一度試してみてください。 こちらも無料でお試し版が貰えます。 公式サイト: こどもちゃれんじプラス もう一つの有料オプションは 「こどもちゃれんじプラス」と言って、伸ばしたいところに特化したコースを選ぶことができます。

次の

とけいマスターがやってきた!こどもちゃれんじ すてっぷ 2月号が届いたよ。

こどもちゃれんじ すてっぷ

好奇心 (エデュトイ:生き物かんさつゴー)• 時計 (エデュトイ:時計マスター)• 社会性 (付録:お手伝いエプロン)• 英語 (DVD内の一部 "えいごのじかん" コーナー) 「こどもちゃれんじ すてっぷ(年中)」の年間ラインナップはこちらから> という事で具体的に届いたものを以下で紹介します。 こどもちゃれんじ すてっぷ 毎月届く教材 毎月必ず届くものは、画像の• キッズワーク• 親向け情報誌 の3点です。 (画像は2月号分) DVDは2ヶ月に1回、1枚で2ヶ月分入ったものが届きます。 こどもちゃれんじ すてっぷ 4月号〜9月号 4月〜9月に届いたエデュトイ(おもちゃ)や付録を紹介します。 ひらがななぞりん(4月〜9月) 「こどもちゃれんじ すてっぷ」の一番の目玉は、なんといってもこの 「ひらがななぞりん」です。 ひらがな46文字を遊びながら書く練習ができるエデュトイ(おもちゃ)です。 これが欲しくて「こどもちゃれんじ すてっぷ」を受講する人も結構いるようですね。 4月におもちゃ本体が届いて、9月まで毎月ひらがなを書く練習ができる数枚のカードが届くので毎月飽きずに取り組めます。 (全部で24枚47種類) ひらがななぞりんの感想について詳しくはこちらの記事で紹介してます。 スライダーゴーゴー(6月) ガタガタ道とスムーズな道ではどちらが遠くまで走れるか?など、車の走り方を予測して自分で設計して組み立てる遊びで、考える力を養えるおもちゃ。 組み立て方の説明書も付いてます。 矢印のついたブロックは矢印の方向にしか車が走れないなど、ブロックの向きなど設計にルールがあるのでちょっと難しそうでした。 プログラミングの思考も養える面白いおもちゃだと思います。 たからさがしゲーム(7月) "なんばんめカード"を引いて、指定された場所の宝箱カードをめくるとそこに書かれている数だけ宝物がゲットできるゲーム。 遊びながら、 「右(左)からなんばんめ?」を楽しく学べます。 うちの子もこのゲームで、「右(左)から数えて何番め」を覚えられたので良かったです。 お手伝いプログラム(7月) 「お手伝い」をやる気にさせる"エプロン"と"お手伝い隊員証"。 うちの子、最初の3日間くらいはやる気になったみたいでこれで「お手伝いしましょうか?」と聞いてきましたがその後はパッタリなくなりました(笑) エプロンはたまに使ってます。 いきものかんさつナビ(8月) カードを入れると虫の鳴き声やクイズが聞ける面白いおもちゃ。 夏は虫の声をこれでたくさん聞きました。 セミはセミでも5種類くらいあって全部鳴き声が違うので、外でも耳をすませて「アブラゼミ!ミンミンゼミ!」など鳴き声で当てっこするのが楽しかったです。 2020年度版は形が少し違うようです。 なかまわけゲーム(8月) ワークについていた付録の"なかまわけゲーム"。 答えはないので自分で考えてカードに書いてある仲間を探します。 おかいものかずすごろく(9月) サイコロを二つふって合わせた数だけ進みます。 ピカッとメッセンジャー(10月) 赤と黄色のボタンを2人で押すと音がなってピカッと文字が光る楽しいおもちゃ。 メッセージを書いたりひらがなの練習ができます。 おふろカタカナポスター(12月) 11月からカタカナ学習が始まります。 こちらはお風呂にはれるポスター。 うごく!へんしんロボキット(12月) 本を見て作ってもオリジナルで作ったりもできるロボットで、色んな動きを楽しめます。 子供も本を見ながら黙々と作って遊んでました。 プログラミング的思考を学べるおもちゃです。 クイズで何度も遊ぶうちに自然に時計が読めるようになるおもちゃ。 タイマー機能があるので、テキパキと時間を意識して動く練習ができます。 ちなみに1月にやることを書き込める「とけいポスター」も届きました。 まとめ ということで、ここで紹介した「こどもちゃれんじ すてっぷ」の付録・エデュトイをまとめると• ひらがななぞりん• スライダーゴーゴー• たからさがしゲーム• お手伝いエプロン• 生き物観察ナビ• なかまわけゲーム• お買い物かずすごろく• ピカッとメッセンジャー• カタカナポスター• へんしんロボキット• カタカナカードゲーム• とけいマスター ですが、他にも3原色を混ぜて色を作る色マジックブックやあったか年賀状、お誕生日特典など色々送られてきました。 価格に見合った内容だと思います。

次の