シック エヴァ。 「シェーブ・インパクト発動」、シックとエヴァがT字カミソリでコラボ

「シェーブ・インパクト発動」、シックとエヴァがT字カミソリでコラボ

シック エヴァ

キャンペーン限定でゲットできる初号機型のカミソリスタンドやミニフィギュアを、実物を借りてじっくり見てみました。 鏡の前に立つゲンドウ。 「これで人類の爽快感は新たなステージまでたどり着ける……」 と、おもむろにカミソリを取り出してヒゲをそりはじめます。 あごヒゲをばっさりとそってしまうゲンドウ。 「このそり心地……なんという爽快感……これぞ魂の開放だ!」と、ヒゲをそってかなりスッキリした様子。 そして、「シェーブ・インパクト、発動!おおおおお!」 「翼をください」のメロディーと共に空へ飛び立っていきます。 「ここに、理想がある。 心からの、開放感がある」 ヒゲをそって爽快になった司令は「ハハハハ……ハハハハハ!」と笑い声を上げながらどこかへ飛び去っていくのでした。 3本目のムービーでは「シェーブ・インパクト」の秘密が明かされています。 「人類は正しいシェービングを理解していない……」 横たわるシックハイドロ5。 「我々が導く必要がある」 「コレをもとに、な」と取り出したのは、極秘の「真・髭剃文書」。 文書を目にしてニヤリとする碇司令。 「シェーブ・インパクトを発動させる!」 「さあ、音楽だ」のかけ声と共にシンジとカヲルのピアノ演奏がスタート。 2人の連弾に合わせて…… 碇司令がヒゲソリを始めます。 まず、肌をぬらしてシェービング剤をつけ…… そりやすいモミアゲや頬のあたりからそるのが良いとのこと。 口周りは固いヒゲが生えやすいので最後にそっていきます。 ヒゲをそった司令は「来るぞ……来る来る……!」とつぶやき出します。 そして背後が輝き、「キター!」 「今こそ人類に衝撃の爽快感!」と言い残して飛び去っていきました。 空へ飛び立つほどの爽快感を得られる「シェーブ・インパクト」が発動してしまったようです。 「初号機型センサースタンド付き シック ハイドロ5 コンボパック」の中身は、初号機型センサースタンド、ハイドロ5、替刃5コ。 箱の側面には上空を見上げる初号機の姿が描かれています。 箱から中身を取り出してみました。 これが初号機型センサースタンド。 スタンドの前面から初号機の横顔が飛び出しています。 側面には「EVANGELION」のロゴ入り。 センサースタンドを使うためには、背面の電池ブタを付属のドライバーで開けて…… 単3電池を2個セットします。 背面下部にシリコンカバーで保護された電源ボタンがあるので、「ON」の方へ動かして電源を入れます。 ハイドロ5をセットするとこんな感じ。 ハイドロ5が初号機の武器になったかのようです。 前面下部のセンサーに手をかざすことでスタンドが作動します。 実際に初号機型センサースタンドを動かしてハイドロ5がにゅーんと上がってくる様子は、以下のムービーで見ることができます。 さらに、初号機型センサースタンドの背面には突起がついていて、ここに替刃ケースをはめ込むことができます。 替刃ケースをスタンドに装着しておけば、替刃が必要な時にアタフタすることなく便利というわけです。 続いては「初号機型ホルダーハンガー付き シック ハイドロ5 コンボパック」を開封。 箱の中には、初号機の顔を模したホルダーハンガー、吸盤、ハイドロ5が入っています。 ホルダーハンガーの背面に吸盤を装着すれば…… タイル面やつるっとした壁などにくっつけることが可能。 カミソリを装着すると以下のようになり、初号機のりりしい角がカミソリを守ってくれそうな感じです。 そしてコレがの4種類の「ぷちえう゛ぁバランスフィギュア」の数々。 箱から出して並べてみるとこんな感じ。 フィギュアは手のひらにころんと収まるくらいのミニサイズ。 レイとマリは机のフチにひっかけて飾ることができます。 後ろ姿もぬかりなく作られています。 アスカはカミソリをにぎって元気よくポージング。 背中は長い髪で覆われています。 ゲンドウは手を組んで何かを考え込んでいるようなおなじみのポーズ。 服のシワもしっかり再現しています。

次の

エヴァ機でシェービング! 「Schick」コラボ商品数量限定発売!

シック エヴァ

キャンペーン限定でゲットできる初号機型のカミソリスタンドやミニフィギュアを、実物を借りてじっくり見てみました。 鏡の前に立つゲンドウ。 「これで人類の爽快感は新たなステージまでたどり着ける……」 と、おもむろにカミソリを取り出してヒゲをそりはじめます。 あごヒゲをばっさりとそってしまうゲンドウ。 「このそり心地……なんという爽快感……これぞ魂の開放だ!」と、ヒゲをそってかなりスッキリした様子。 そして、「シェーブ・インパクト、発動!おおおおお!」 「翼をください」のメロディーと共に空へ飛び立っていきます。 「ここに、理想がある。 心からの、開放感がある」 ヒゲをそって爽快になった司令は「ハハハハ……ハハハハハ!」と笑い声を上げながらどこかへ飛び去っていくのでした。 3本目のムービーでは「シェーブ・インパクト」の秘密が明かされています。 「人類は正しいシェービングを理解していない……」 横たわるシックハイドロ5。 「我々が導く必要がある」 「コレをもとに、な」と取り出したのは、極秘の「真・髭剃文書」。 文書を目にしてニヤリとする碇司令。 「シェーブ・インパクトを発動させる!」 「さあ、音楽だ」のかけ声と共にシンジとカヲルのピアノ演奏がスタート。 2人の連弾に合わせて…… 碇司令がヒゲソリを始めます。 まず、肌をぬらしてシェービング剤をつけ…… そりやすいモミアゲや頬のあたりからそるのが良いとのこと。 口周りは固いヒゲが生えやすいので最後にそっていきます。 ヒゲをそった司令は「来るぞ……来る来る……!」とつぶやき出します。 そして背後が輝き、「キター!」 「今こそ人類に衝撃の爽快感!」と言い残して飛び去っていきました。 空へ飛び立つほどの爽快感を得られる「シェーブ・インパクト」が発動してしまったようです。 「初号機型センサースタンド付き シック ハイドロ5 コンボパック」の中身は、初号機型センサースタンド、ハイドロ5、替刃5コ。 箱の側面には上空を見上げる初号機の姿が描かれています。 箱から中身を取り出してみました。 これが初号機型センサースタンド。 スタンドの前面から初号機の横顔が飛び出しています。 側面には「EVANGELION」のロゴ入り。 センサースタンドを使うためには、背面の電池ブタを付属のドライバーで開けて…… 単3電池を2個セットします。 背面下部にシリコンカバーで保護された電源ボタンがあるので、「ON」の方へ動かして電源を入れます。 ハイドロ5をセットするとこんな感じ。 ハイドロ5が初号機の武器になったかのようです。 前面下部のセンサーに手をかざすことでスタンドが作動します。 実際に初号機型センサースタンドを動かしてハイドロ5がにゅーんと上がってくる様子は、以下のムービーで見ることができます。 さらに、初号機型センサースタンドの背面には突起がついていて、ここに替刃ケースをはめ込むことができます。 替刃ケースをスタンドに装着しておけば、替刃が必要な時にアタフタすることなく便利というわけです。 続いては「初号機型ホルダーハンガー付き シック ハイドロ5 コンボパック」を開封。 箱の中には、初号機の顔を模したホルダーハンガー、吸盤、ハイドロ5が入っています。 ホルダーハンガーの背面に吸盤を装着すれば…… タイル面やつるっとした壁などにくっつけることが可能。 カミソリを装着すると以下のようになり、初号機のりりしい角がカミソリを守ってくれそうな感じです。 そしてコレがの4種類の「ぷちえう゛ぁバランスフィギュア」の数々。 箱から出して並べてみるとこんな感じ。 フィギュアは手のひらにころんと収まるくらいのミニサイズ。 レイとマリは机のフチにひっかけて飾ることができます。 後ろ姿もぬかりなく作られています。 アスカはカミソリをにぎって元気よくポージング。 背中は長い髪で覆われています。 ゲンドウは手を組んで何かを考え込んでいるようなおなじみのポーズ。 服のシワもしっかり再現しています。

次の

エバーアートボード シックシリーズ|株式会社タカショー

シック エヴァ

キャンペーン限定でゲットできる初号機型のカミソリスタンドやミニフィギュアを、実物を借りてじっくり見てみました。 鏡の前に立つゲンドウ。 「これで人類の爽快感は新たなステージまでたどり着ける……」 と、おもむろにカミソリを取り出してヒゲをそりはじめます。 あごヒゲをばっさりとそってしまうゲンドウ。 「このそり心地……なんという爽快感……これぞ魂の開放だ!」と、ヒゲをそってかなりスッキリした様子。 そして、「シェーブ・インパクト、発動!おおおおお!」 「翼をください」のメロディーと共に空へ飛び立っていきます。 「ここに、理想がある。 心からの、開放感がある」 ヒゲをそって爽快になった司令は「ハハハハ……ハハハハハ!」と笑い声を上げながらどこかへ飛び去っていくのでした。 3本目のムービーでは「シェーブ・インパクト」の秘密が明かされています。 「人類は正しいシェービングを理解していない……」 横たわるシックハイドロ5。 「我々が導く必要がある」 「コレをもとに、な」と取り出したのは、極秘の「真・髭剃文書」。 文書を目にしてニヤリとする碇司令。 「シェーブ・インパクトを発動させる!」 「さあ、音楽だ」のかけ声と共にシンジとカヲルのピアノ演奏がスタート。 2人の連弾に合わせて…… 碇司令がヒゲソリを始めます。 まず、肌をぬらしてシェービング剤をつけ…… そりやすいモミアゲや頬のあたりからそるのが良いとのこと。 口周りは固いヒゲが生えやすいので最後にそっていきます。 ヒゲをそった司令は「来るぞ……来る来る……!」とつぶやき出します。 そして背後が輝き、「キター!」 「今こそ人類に衝撃の爽快感!」と言い残して飛び去っていきました。 空へ飛び立つほどの爽快感を得られる「シェーブ・インパクト」が発動してしまったようです。 「初号機型センサースタンド付き シック ハイドロ5 コンボパック」の中身は、初号機型センサースタンド、ハイドロ5、替刃5コ。 箱の側面には上空を見上げる初号機の姿が描かれています。 箱から中身を取り出してみました。 これが初号機型センサースタンド。 スタンドの前面から初号機の横顔が飛び出しています。 側面には「EVANGELION」のロゴ入り。 センサースタンドを使うためには、背面の電池ブタを付属のドライバーで開けて…… 単3電池を2個セットします。 背面下部にシリコンカバーで保護された電源ボタンがあるので、「ON」の方へ動かして電源を入れます。 ハイドロ5をセットするとこんな感じ。 ハイドロ5が初号機の武器になったかのようです。 前面下部のセンサーに手をかざすことでスタンドが作動します。 実際に初号機型センサースタンドを動かしてハイドロ5がにゅーんと上がってくる様子は、以下のムービーで見ることができます。 さらに、初号機型センサースタンドの背面には突起がついていて、ここに替刃ケースをはめ込むことができます。 替刃ケースをスタンドに装着しておけば、替刃が必要な時にアタフタすることなく便利というわけです。 続いては「初号機型ホルダーハンガー付き シック ハイドロ5 コンボパック」を開封。 箱の中には、初号機の顔を模したホルダーハンガー、吸盤、ハイドロ5が入っています。 ホルダーハンガーの背面に吸盤を装着すれば…… タイル面やつるっとした壁などにくっつけることが可能。 カミソリを装着すると以下のようになり、初号機のりりしい角がカミソリを守ってくれそうな感じです。 そしてコレがの4種類の「ぷちえう゛ぁバランスフィギュア」の数々。 箱から出して並べてみるとこんな感じ。 フィギュアは手のひらにころんと収まるくらいのミニサイズ。 レイとマリは机のフチにひっかけて飾ることができます。 後ろ姿もぬかりなく作られています。 アスカはカミソリをにぎって元気よくポージング。 背中は長い髪で覆われています。 ゲンドウは手を組んで何かを考え込んでいるようなおなじみのポーズ。 服のシワもしっかり再現しています。

次の